2021年5月5日水曜日

2021年4月24日(土)キングスリポート ◆ 白人左派が作った白人憎悪文化

 2021年4月24日(土)キングスリポート

白人左派が作った白人憎悪文化

The King's Report 04/24/21

日本語訳:Yumi HOSHINO

 

リチャードパンザー会長


2021年4月24日のキングスリポートへようこそ。

私はリチャードパンザーです。天一国二代王様のために立ち上がっています。現在、二代王様と王妃様はテキサスにいらっしゃると思いますが、ペンシルベニアすぐに戻ってこられることと思います。お二人はあちらで重要な事をしていらっしゃいます。


では訓読します。今日は歴代誌下の20章17節です。

 20:17この戦いには、あなたがたは戦うに及ばない。ユダおよびエルサレムよ、あなたがたは進み出て立ち、あなたがたと共におられる主の勝利を見なさい。恐れてはならない。おののいてはならない。あす、彼らの所に攻めて行きなさい。主はあなたがたと共におられるからである』」。


この戦いには、あなた方は戦うには及ばない。ユダ及びエルサレムよ。あなた方は進み出て立ち、あなたがたと共におられる主の勝利を見なさい。恐れてはならない。おののいてはならない。明日、彼らのところに攻めて行きなさい。主はあなたがたと共におられるからである。


パンザー会長:

私は今日この聖句を選びました。なぜならサタンはアメリカ合衆国を絞め殺そうとしていると感じるからです。私達には横領者と首謀者と彼らに何をするのかコントロールしている左翼たちがいて、彼らは私達の共和制の首を閉めて殺そうとしているからなのです。


私はこの共和制をどうやって救うことができるのかを見つけ出そうとしました。ある人は私達はただ2024年を待つのだと言いました。多分トランプ大統領が再選されるだろうと言いますが、それは私にとっては良い計画ではありません。もしも去年の選挙が盗まれ私達がその問題を解決できないのだとすれば、同じことが起こらないとは言えません。


しかし、神様は私達が真理のために立ち上がって戦わなければならないと言われています。

そうすれば神は私達と共におられるでしょう。

なぜそれが重要なのかといえば、事実が誤魔化されているからです。メデイアは選挙の不正はなかったと言い、私達がそのように言えば、人々は陰謀論者や潜在的なテロリストだと考えます。


私やミホ、また多くの兄弟姉妹たちが誇りを持って1月6日にはワシントンDCの国会議事堂に行きましたが、彼らは私達を脅迫しようとしました。それが主な目的であって私達が真実に立ち上がらなければならず、その真実はどこからくるのかといえばそれは神様からなので、私達はその真実を否定することはできないのです。


私達には真実を知る特権がありますが、私達は真実を作り出すことはしません。ですから真実の神の真理は神から来ますので二代王様が言われましたが、私達は立ち上がる必要があります。私達は戦争になることを願っていません。しかし現在、戦争の考えが人々に教育され、嘘をつかれ脅かされています。


二代王様が何度も言われたように、共産主義を止める時期は彼らが権力を統合する前です。もしも皆さんが彼らが権力を統合するのを待っていれば、彼らは皆さんをシベリアや死の収容所に送るでしょう。ですから早期に食い止めることが良いのです。

ですから私達は立ち上がって、できる限り左翼の攻撃から共和制を守らなければなりません。FBやどんなプラットフォームでも良いので、皆さんの隣人や真実を述べ始めて今すぐ立ち上がらなければなりません。


では、お父様のみ言葉を読みましょう。


皆さんは迫害がくることを予測することができますが、迫害がなければ挑戦も価値もありません。皆さんはその目的のために生まれたことを知り、感じなければなりません。

「神の摂理に責任を持つのは誰か。1975年3月23日」


パンザー会長:

ですから、お父様は私達が迫害されて、反対されても驚くべきではないと言われました。

もしも反対や迫害がなければ皆さんは自分がしていることが正しいのかを疑問に思わなければなりません。ですからそれを予測して準備しなければなりません。そして神は私達をもっと強くされ、迫害を通して資格を与えておられます。ですから恐れないでください。

これがここの中心的なメッセージだと思います。


オーケー、それでは今朝皆さんにお見せしたいビデオは、これまで私がかなり長い期間見なかった悲しいビデオです。このビデオはたった3分半なのですが、「ミネアポリスの抗議者たちは実際何を考えているのか?」というタイトルです。


---

(ビデオ再生)


アミ・ホロウイッツ:私はアミ・ホロウイッツです。ミネアポリスに戻ってきました。緊張感はとても高いです。都市は爆発しています。わたしはここで何が起こっているのかを見つけました。

アミ:もしもシャウビン(ミネアポリスの警官でジョージ・フロイド氏の首を膝で圧迫して殺害したとして殺人罪で起訴された)が殺人罪の有罪判決を受けなかったら、都市は焼き払われないと思いますか?

男性A:はい。略奪している人たちの何人かは、彼らはただ物を壊しています。彼らは何も奪っていません。彼らはただ怒っています。

アミ:あなたはそれが公平だと思いますか?

男性A:はい。彼らはその感情のはけ口を知りません。それでそれは怒りとなって彼らは物を壊し始めます。

アミ:あなたは「私達は都市を焼き払いたい」という人々を非難しますか?

男性B:いいえ、絶対にしません。私は最終的にはそんなことはしないでしょうが、しかし私は黒人の怒りを理解します。

アミ:あなたはそうしませんか?

男性A:いいえ。しません。

アミ:彼らがなぜそうするのかあなたは支持しますか?

男性A:はい。

女性2人:全都市を焼くって、それがどうだって言うの?

女性A:私は都市を焼きなさいと言います。そして彼らは私達がここで運動を続けることを見ることができます。

アミ:あなたは都市が焼かれると思いますか?

女性B:ええ。必ずそうなるわ。

アミ:なんの疑問もない?

女性B:いいえ。そしてそれは私達の最小の問題になります。

アミ:都市を焼くことで彼らに教訓を与えることになる?

女性A:正直言って私は全て焼いているわ。

アミ:司法のシステムを完全に排除すべき?

女性B:完全に排除すべきかって?うーん、はっきり言って:そうね!

アミ:司法のシステムは根絶されるべき?

男性B:はい。

アミ:私達はシャウビンがジョージ・フロイドにした事を知って、裁判を省くべき?

彼を即刻囚人にする?

男性A:はい。

女性A: 裁判になんてすべきでなくて、彼をただ有罪判決にすべきよ。

アミ:彼がもしも出たら彼に課せられるストリートジャステイス(犯罪者はや不正行為者とみなされた人に一般市民が与える罰)を支持する?

男性:はい。

女性B:彼をだいぶ前に狼の餌にすべきだったわ。

アミ:去年何人の非武装の黒人が警官に殺されたか知ってる?

女性2人:100人以上?それはミネソタだけで?

アミ:いや、国中で。

女性2人:オー。何千人!

アミ:非武装の黒人?

女性:数千人よ!(実際は2020年に警官によって殺された非武装の黒人は18人)

女性2人:あなたは全ての人種を消そうとしてるみたいね。アフリカ系のアメリカ人とか。

アミ:あなたはこれをジェノサイドだと考える?全ての人々を根絶する?

女性B:それは良い質問ね。それに現在私は直面しているわ。そうだと私は言うわ。

アミ:ジェノサイドは一つの人種をその破壊のために標的にしてする、という意味で彼らはそれをやっていると考える?

女性2人:誰に対してもジェノサイドは行われるけど、白人はそうではないわ。

アミ:あなたは起こっていることはジェノサイドだと言いますか?

男性B:はい、その言葉はそのためにあると思いますよ。

アミ:これはジェノサイド?

女性A:ええ、絶対にね。

アミ:これはジェノサイド?

男性A:はい。そうです。

アミ:真実の正義のためにこの国には内戦が必要?

女性A:必要なら私達はそうしなければならないわ。

アミ:自分たちには今、内戦が必要?

女性2人:もし必要ならそうだと思う。もしも全てを刷新するようになれば。

全てが平等になるために。少なくとも私達の公平な正義のためにそう信じるわ。

女性B:内戦が起こるかって?たぶんね。

アミ:この国の何%が白人至上主義者?

女性B:数字は上げられないけどこの国の殆どがそうでしょう。

アミ:この国の大多数ってこと?

女性B:ええ。

アミ:私達は全ての白人至上主義者たちを連れてきて彼らにストリートジャステイスをすべき?

女性B:そういう考えもあるわね。もう一度、私は自分が直接に犯罪を犯すようなことはしないと言うけど、それはいい考えね。

女性2人:私は全ての白人たちを殺す必要があるとは言いたくないけど、でも、、、多分彼らには痛みを感じることが必要でしょうね。

女性2人:彼らには私達が感じたと同じ痛みを感じる必要がある。

女性:多分彼らには私達が何年も感じてきた痛みを感じる必要があるわ。

アミ:平和と愛を。

女性B:あなたもね。

アミ:平和と愛を。

女性A:あなたにもね。

(ビデオ終了)

---


パンザー会長:

私が何年も見なかった最も衝撃的で気落ちするビデオです。

実際、若い黒人の男女たちは全ての多数の白人たちは彼らのことを嫌っていて、彼らを滅ぼしたいと思っていると説得されています。誰がそのように彼らに言うのでしょうか?実際に私自身このメッセージを数年前に聞きました。


皆さんの中ではご存知の方もいると思いますが、私は都市で若い人々を対象にしたNPOの仕事をしていました。そして会議があったんですが、完全にそのプログラムに対して中間位置のある若い女性がいたんですが、彼女が「白人を殺せ」というコメントをしたんです。私は彼女がそのような考えをどこで持ったのかと考えました。そして彼女がBLMや彼女の住んでいた都市のラリーで得たのだと知りました。このケースもそうですが、他の黒人少数派が若い人たちに彼らの葛藤の原因は、黒人の彼らが警官と対話することが難しくて時に殺されるのは、白人警官が黒人を嫌っているからだと教えています。そしてこれは共産主義が教えていることです。


共産主義は人々が苦労するのは圧制者、このケースだと白人のせいだと言っているのです。これに対する解決策は、彼らも言っていますが白人たちを取り除くことなのです。数ヶ月前にお見せしたと思いますが、あるビデオでは黒人の大衆が中級階層の近隣の通りを行進して、2時の深夜に人々に向かってその家は自分たちのものだ、と叫んでいました。裕福な人々が持っていたものは盗まれて、更に奪われた人たちは他の人々の物を奪って都市を焼き払って、最後には人々を殺します。


これは共産主義の憎悪のイデオロギーなのです。私達の殆どはこれが教えられて特に都会の地域で拡散していることに注意しません。そしてこれらは都会のみならず、エリートのプライベートスクールを含む多くの学校で教えられているのです。そしてこれはクリスチャンの視点ではありません。私はこのようなステイトメントが作られるのを見ると、ミネアポリスの牧師たちはどこにいるのかと、彼らは若い人たちに正しい道を教えないのかという疑問を持ちます。多分若い人たちは教会に行かないのでしょう。

悲しいことですがそれが真実です。人々への抑圧について聖書はなんと言っていますか?


全旧約聖書にはイスラエルが虐げられたことが書かれていますが、預言者が彼らになんと言ったのかを見れば、「他を批判する前に、あなた自身の罪を初めに見なさい。あなた自身の内面を見なさい。あなたが何をしたのか反省しなさい。」と聖書は言っています。まず初めに悔い改めるのです。それがユダヤキリスト教の視点です。まず問題の原因となっているのが自分自身や家庭、コミュニティの罪ではないかと見るのです。


正直に言って私の見る視点は、この若者たちの苦労というのは他の人種が彼らに何かをしたからではないのです。彼らの苦労はそれは社会主義が原因です。


1960年代にフランクリン・ルーズベルトのような偉大な人物になりたかったジョンソン大統領によって始まった偉大な社会のプログラムでは、基本的に彼は社会保障を拡大しました。それは少なくとも家に父親のいない子供を持つ女性に対してのものでした。それから50年以上過ぎて、殆どが父親のいない家庭のコミュニティがどうなったのかを見ることができます。たとえその父親がそんなに素晴らしくなかったとしても、少なくても父親が家にいて家族を支え、捕食者たちから家族を守り、ガイダンスをして、もちろんそれが完璧でなかったとしても、無責任に女の子を妊娠させる代わりに、責任を果たそうとするのです。自己中心な彼らは罪悪感に苛まれます。なぜなら彼らはそれが間違ったことだと知っているからです。


今私達には二代王様が説明されたように天使長の位置にいる政府の誘惑があります。彼らはエデンの園でアダムとエバに神の律法や真理や正しいことに従うのではなく、少なくともあなたが赤ちゃんを殺して家には夫がいないのなら、こちらに来なさい、政府があなたを保護して保証しますよと言うのです。それはサタン的であり社会主義なのです。


それはこの黒人の若い男女を見れば皮肉なことに彼らは街を焼き払い、ビジネス、レストラン、美容室、などを焼き払いますが、それらは他の黒人個人事業主が所有していたものなのです。彼らはそのビジネスを始めるため、多くの汗と涙を投入しました。多のケースを見ればスーパーマーケットや雑貨店、薬局などを焼き払えばそのコミュニティにはそれらがなくなってしまいます。それで彼らは食料を買うためにバスに乗って何マイルも行かなければなりません。


サタンがこれらの若い男女にしていることは驚くばかりで、私は彼らを気の毒に思います。しかし、誰かが嘘をついています。私は民主党に良い点をつけなければならないでしょう。なぜなら彼らはとても良く嘘をついています。私は彼らに人々に嘘をつく優良の賞をあげなければなりません。人々に嘘で影響を与えて利用しています。それは本当に悲しいことです。


私はこの馬鹿げた奴らに対抗して立ち上がっている人たちをお見せしますが、悲しいことに、お父様はアメリカ聖職者指導者会議を初められましたが、カリフォルニアでの同性愛者の結婚についての投票でACLCは立ち上がらず、この問題について何も話さず、何もしませんでした。

家庭連合はリーダーの投票の1,2日前にプレスリリースを発行しましたが基本的に何もしませんでした。それはとても悲しいことです。彼らは全ての会議で学んだ原理を知っていながらも立ち上がらなかったのです。彼らは自然な結婚のためにも立ち上がりませんでした。他のキリスト教会の牧師たちは多く立ち上がったのにも関わらず。兎に角このような毒を人々の脳に撒き散らすのを見ることは悲しいことです。


そして悲しいことは多くの高校生は学校を卒業しますが、実際の彼らは読み書きができません。数学や多くの場合読み書きが良くできないのです。なぜそうなのでしょうか?私は勿論良い先生もいますので全ての教師に文句を言いたくありませんが、その公立学校のシステムが特に多くの都市部では、よくやっていないのです。彼らは競争させたくありません。


私達は私立の学校で勝共理論を共有しましたが、そこでのでデーターはチャーター・スクールでは黒人や少数派の人種の子どもたちがとても優秀なのです。なぜならチャーター・スクールでは官僚になることを考えるのではなく、如何に良い仕事を見つけるかを考えるからです。チャーター・スクールでは廃業の方向には行きません。それが真実です。


しかし民主党はチャーター・スクールに反対しています。なぜならそこは馬鹿な学生を輩出しないからです。

黒人の兄弟姉妹の皆さん、彼らは皆さんを利用しています。私は民主党が皆さんの友人でなく、皆さんをただ利用していることに皆さんが気付いてくださることを祈りたいです。民主党は皆さんが白人たちを圧制すれば小切手を受け取れますよと初めは言いますが、それは皆さんへの賠償金だと。


しかし彼らは皆さんを利用しているのです。皆さんは政府の支払い小切手と皆さんの父親を取り替えることはできません。その事を考えてください。目覚めてください。それでは次に関連した記事に移りたいと思います。「有名な大学の目覚めた学生は、自動石鹸デイスペンザーが人種差別主義であると不平を言っていると報告されています。」


パンザー会長:

オーケー、馬鹿げているんですが、皆さんがこれも大学の中で起こっていることなんです。一緒に読んでみましょう。


---

(記事)


もしも皆さんがまだ、狂った人たちが亡命を実行していることを信じないなら、カリフオルニア大学ロサンジェルス校の土木工学科の学生が大学の修繕のために書いた論説を沢山入手してください。

その中でサリバン・イスラエルはブルーイン共和党員が後援する「システム的人種差別」についてのオンライン討論に参加して、あるUCLAの学生が自動デイスペンサーは人種差別だと不平を言ったことを共有しました。

はい。

皆さんは皆さんが下に手をおいた直後に魔法のように液体石鹸が放出する全ての仕掛けについて公衆トイレの矛盾について知っていますか?

兎に角イスラエルは、ある学生はそのデイスペンサーは彼女の手を見ない。なぜなら彼女の手がダークスキンカラーだから。

オーケー、それはまだ良い方。他の学生はデイスペンサーは手のひらをかざすことで、黒か茶色の体を見せるように強要したと話した。そして明るい色の手の側をかざしたときだけ、液体石鹸が出てきたと言った。

(記事中略)

---


パンザー会長:

私は皆さんがポイントを理解されたと思います。これらすでに彼らは抑圧されたと教育された少数派の学生たちは、それが人種差別だと考えます。このことは実際に全ての私達への警告だと思います。もしも私達が恐れや怒りの心で物事を見れば、もしくは文句をいう誰かを探していれば、たとえ石鹸のデイスペンサーが壊れたとしてもそれは人種差別だと考えるようになります。もしくは宗教的な偏見だと言います。

私達は自分たちが使っているレンズにとても注意しなければなりません。私はもっとこの記事を読むことができますが、多分気分悪くさせますのでキングスリポートではそうしたくありません。ですから共産主義思想は恐れと狂気と非難の思想で、それは健康的ではありません。


(翻訳はこれで終わります)

__________________________

2021年5月3日月曜日

’21年4月24日テキサス韓国語礼拝<2>TXリバティロック文化文明圏

 TXリバティロック文化文明圏

2021年4月24日テキサス韓国語礼拝<2>

文亨進二代王


Sanctuary Church Sunday Service at Liberty Rock Camp Ground (자유반석 캠프장 일요예배) 2021 04 24
51:05 翻訳:fanclub

私達ここサンクチュアリーアカデミーのために大きな拍手を送りましょう。大きな拍手!(拍手)

私たちのアカデミーチームは、ここランニングブランチリバティロック(Running Branch  Liberty Rock)にある様々な部分を、美しく作りました。 

あちらのほうを見てください。韓国の食口達は見ることができますね、あちらの方をズームインしてください。


↑ビフォー, ↓アフター

オイルタンク、あれほど醜かったオイルタンクだったのに、今や美しい星条旗とテキサス州旗が描かれています。(拍手) 


そして皆さんもカフェを見ましたね。

コンビニエンスストアも更に美しくなりました。 ランニングブランチにもカフェが出来ました。

ここでも私たちの若者が、そこでもマークアンドレさんの息子さんが、カフェが綺麗になるように手伝って下さいました。



そうしながらトイレも、トイレに入れば、韓国の食口がここに来て修錬会に参加すれば、最初のトイレが、どういう状態であったかビクターの写真に取ったね。写真に撮ったので私たちは前とその後の写真とビデオで次に見せることができますが、今のトイレは完全に変わりました。

それほどまでに古びた醜い臭いうんちの内容でしたが、ははは、今や、とてつもなくアップグレードして、特にアカデミーの男子達と女性チームが、私たちのトイレをそれほどまでに美しくしたので、もう一度大きな拍手を送りましょう。(拍手) 


ところで、、ヒロエ、ヒロエもこの子も絵を一人で全て仕上げて一晩中、その絵を8個描き上げ、聖書の句節を書いて綺麗にしました。朴会長も見ないといけません。ところで開所式をしようとしたのですが、次の日に完全に倒れてしまいました、あまりにも遅くまで、絵を描いていたので。そうしながら一晩中していたので完全に次の日に倒れてしまって。

とにかく美しい作品まで、そこに描かれています。 



ところでこのような訓練を通して、このような所有権、 このような土地を多くの人々が楽しむことができる土地、また多くの愛国者や、トランプ支持者たちや、米国を保護するこのようなテキサスの強い男と女の家庭、もっと数多くの修練生たち、多くの食口達が全世界的にここに来て、修練会をして心の美しいテキサスの春、本当に美しいですね。テキサスの春は本当に素晴らしい。しかし冬にお前たちは来なかったので、冬に来ればほこりはものすごく多い。サンド砂が多い、風と共に。 しかしここが春になると、ヤー新しい芽が息吹き、美しい芝も芽吹き、完全にテキサスの春が咲きました。完全に春の。トイレも見たね、冬に見ただろ。ところが完全に変わった。色も全く変わり、あちらこちらに感じる自然、とにかく美しい場面が生まれたのです。


ところでここを発展させる時に、この子が発展するのみならず、ここにいる全ての人たち、あのおばさんたち、昨日トイレで会ったのですが、王妃が会ったのですが、そのおばさんが「ここは初めて来たのですが、とても良い、新しいオーナーが入って来たと聞いたのですが」と、こういう噂が流れるだけでなく、ここの市民とここが発展していくことを見ながら感動と希望を感じるのです、自分たちが。自分のコミュニティにあるキャンプ場ではないですか。だから自分にも希望が生まれるのです。そのような小さな内容であったとしても。

ですから私たちは、 カイル&ダイエラ・ヨーダー(Kyle and Dyella Yoder)家庭は、そしてハイエルとインガボーグ、三代がここを管理するので、カイルも若者ですが、それでも事業を20年間してきた若者です。自分の自動車会社、(自動車を)販売修理して売ってこのような会社の20年間社長をしてきたので、ここを十分に、また情熱、1日でこの広い芝生を刈り上げたではないですか。1日で。(拍手)それほどの多くの情熱がある若者なのでカイル&ダイエラ・ヨーダー三代が今ここで立派に開拓しており、事業を進めています。


とにかく私たちもここでとても驚くべき修練会をするつもりですが、 ここを見てください。ここだけでも この土地だけでも この土地が死んでいるのではなく ここに人々を集めれば 人々と文化、 文化が来るようになります。

私たちはそのトイレも綺麗に作り上げ、単に絵を描くだけではなく聖書の句節、聖書を中心とした芸術が上がってきたではないですか。聖書を中心とした神様の御言を中心とした芸術が来れば、その芸術だけではなく、その芸術の後ろにある意味、芸術の後ろにある御言、その芸術の後ろにある文化、芸術の後ろにある文化文明圏、全てが込められているのです、そのひとつの作品に。 


それだから、 聖書をを中心とした内容を通して、そのような文化が来るのだ。


星条旗とテキサス州旗、そこに USA があって、その下に赤い線で、ONE NATION UNDER GOD 、 私が書きましょう、ONE NATION UNDER GOD、私が書きましょう。


とにかく、お父様は いつも米国を見ながら、ONE NATION UNDER GOD、神様の下で一つの国 といつも応答されました。


そのごとくそのようなメッセージと、文化文明圏、ただ芸術は、芸術のための芸術ではなく、それは見せかけの意味がない偽の芸術、本当の芸術は大きな深い文化深い文化文明圏を象徴する、 そのような深い意味が込められています。

そのような星条旗にアメリカの自由のために戦ったそのような文化、そのような軍隊、そのような勢力、そのような文化文明圏。もちろん完璧ではありませんが、それでもユダヤ・キリスト教の原則と、奴隷制度を世界的に破棄させ、世界的に国々を発展させる、そのような心と歴史、それらが、その星条旗に込められているのです。 


テキサス州もこれからローンスター・ステート(ひとつ星の州)と言って、その星の下にいる全てのテキサスの人々が神様の下でひとつの州であるという、そのような意味だそうです。そのテキサス州旗に、 そのような意味であるということなのです。そのような意味で神様の下で一つの国、神様の下で一つの州、神様の下で一つの文化、神様の下で一つの文化文明圏。


その内容を通しながら、テキサスはとても強い保守の国として、特に市民たちが重機所有の責任として、自分達も隣り人を保護する、鉄の杖の市民となる責任性。 

そのような内容を通しながら、 市民達もそのような星条旗を見ながら、本来腐った錆びついたそのようなオイルタンクだったのに、今や美しい作品としてのみならず、意味が深い、神様の下で一つの国という意味が深い文化文明の愛国心と、その深い国、文化文明圏。そのような内容を象徴するのです。

59:24

- 中略 -

1:47:57 翻訳 grazia

ところで考えてみなさい。幼い時からお前たちが5歳の時から、父母と一緒に訓練して、父母と一緒に1対1の日を過ごし、父母は5歳の時からお前たちについて感謝すること3つを分かちあい、お前たちも父母について3つ感謝することを分かち合い、お前たちもそれぞれの特別な日があり、他の兄弟にも自分の特別な日があり、嫉妬することもなく、お互いに喧嘩をすることもない。お前たちの日とお前たちに対する関心を受けるから。 そうだろ。だから兄弟喧嘩や兄弟に対しての嫉妬もなくなるだろう。少なくなるだろう。


グループにしたら性格がうるさい子たちだけが、父母の関心を受けるようになる。おとなしい子供たちは段々と縮こまってしまう。

お前たちも見ただろ、他の家庭でそうやって大きくなって、或いは、お前たちの家庭だ。ハハハ。だからその様な関心が、人は怖いのだ。関係は恐ろしいのだ。関係を間違えば、その人の未来と力まで殺してしまう。


しかし!お前たちは驚くべきアルファ男女と驚くべき0.0001%の父母の訓練をすることができれば、お前たちが子供たちに与える贈り物がこの世界を3周、4周、100周回っても見つけられなかった心の、心を満たす愛をあげることが出来るのだ。そのような1対1の訓練と1対1の関係。いやあ、それはお金では買えないのだ。


だから、塾!韓国や日本の多くのお母さんたちが子供に投資をして塾に送ります。これは投資ではない!これは投資ではない、子供は塾を望んではいない。子供はお母さんを、お父さんを求めているのだ!お父さん、お母さんを望む。お父さん、お母さんを望んでいる。その関係を求めているのだ。

でも、それをずっとやらずに、やらずに、やらずにいると、子供たちは10代20代になると求めるのをやめてしまう。放棄してしまう。そうしてお父さんお母さんとは分離した生き方をするようになる。何故か、その関係からは否定的な関係しか得られないから。これじゃ駄目だろ。


天一国の文化では、子供と共に1対1訓練、夫婦の日訓練、そして一緒に平和軍警察として共に暮らす。冒険の暮らし、辛いことを一緒に楽しくすることの出来る生き方。このような文化文明圏を通して、神様を愛し隣人を保護し、そのような内容を通して活発で楽しい、世の中を歩き回りながら人が探し出そうとしても探し出すことが出来ない、そのようなパワーのあるアルファ男子とアルファ女子、アルファ家庭。アルファの、国を守り隣人を保護し、神様を愛し、自分より大きなものの為に生きることの出来る、そのような慈悲深いアガペー、愛のある人。そのようなことを通して平和が出てくるのであって、政府ではない。政府はサイコパスたちが集まった場所だ。


分かるだろ?だから詩篇37篇で、皆が、神様を知り信じる者たちが、そのように我々は発展していかなければならない。訓練しなければならない。訓練してこそ、難しいことも出来てこそ、後生遺伝子も開き、その後生遺伝子が開きながら、私達に見えなかった1段階をパン!と、新しいレベルに上がることが出来るのだ。


お前たちも初めは、2か月前は、友達と試合をした時は、何も出来なかったが、今では少しずつ、こいつがガードを外しても再びガードを入れることが出来るではないか。ある時はそうだろ?


考えてみなさい、2か月前とは完全な差だ!はるかに違う。今ではお前たちはある程度身体が憶えて、万が一このようなおじさんが攻撃してきて、お前たちを地面に投げ倒しても、お前たちは自動的にサッと自分をガード出来るはずだ。自然に。2か月訓練しただけで。


考えてごらん、2か月前まではそのような習慣は一つもなかった。地面に投げ倒されたら、誰かが地面に倒したら、お前はそのまま狂ったように騒いだだろう。或いはただ立ち上がるだけだろう。或いは、馬鹿のように膝に行くのか?首を閉めないといけない。

お前たち、習っただろ?膝に行けばどうなる?小さな奴でも背中に乗るだろ。脚もねじ込むことができる。さあっと入っていけるだろ。え?そうだろ?

 

だから2か月前に比べればお前たちはすでに、なかった習慣を自動的に出来るようになったのだ。今では自然にできている。それはすごいことだ。それはすごい発展だ。


女の子たちもそうだ。この女子たちも身体を捕まれて地面に投げ倒されたとしてもお前たちはサッとガードに入るだろう。すぐさまディフェンス状態(防御体勢)に入れるではないか。そうか、そうでないか?女の子たち。そう?そうじゃない?そうだろ。


お前たちの脳も生まれ変わったのだ。体をコントロールする能力も発達した。少し、少しづつ、このような内容を通して。でも、訓練は辛い。訓練はしたくない。言い訳をしたい。でも…。そんな思いが湧いてきても、ただ(訓練)するんだよ。とにかくやれば、訓練が終わった後には気持ちが良いか?良くないか?良いじゃないか!


ああ、辛いことをやり終えた!何かをやり遂げたという事を得られるではないか!そうだろ。それがどれほど重要か。それがどれほど重要か。


だからお前たちも、そのような訓練を通してお前達だけの発展だけでなく、お前たちの奥さんの生活、夫の生活もより活発な生き方になる。お前の子供がいる時、お前の横にいるから、お前はそのような才能や能力があるから、子供たちに自動的に分けるようになる。子供と一緒にやるようになる。いやあ、孫たちも一緒に。


関係、関係、関係だ。我々が死ぬときにその関係が一番重要なのだ。神様との関係、そして我々が皆望むもの、我々のすべての子供たちが神様に侍り、隣人を保護する、そのような平和軍警察としての生き方、そのように責任感のある生き方、一生懸命挑戦する生き方、悪いものと一生懸命に闘う生き方、子供たちと共に、そのような道に、サタンと闘いより多くの市民の人を解放し、天一国憲法を通して、より多くの市民が自由を得ることが出来る、そのような内容で我々は驚くべき摂理の内容に同参することが出来るのだ、我々よりも遥かに広く深く高い内容を含むのだ。


そのような内容、広く深く高くても家庭は共に訓練する家庭、共に冒険する家庭。そして、その家庭を通して隣人を保護する倫理、倫理。そうしたものがあることにより世界は完全に、政府が 永遠に仕事をしても作り上げることが出来ない平和。作ることが出来ない、お互いに助け合う、そのようなシナジーが、現れてくるのだ。詩編37篇にそのような驚くべき内容が出てくるのだ。

どういうことが分るだろ?OK?頑張って訓練しなさい。今回は、お前達は明日、試合があるから熱心に戦って、ハハハ、熱心に楽しい冒険もして、またペンシルベニアで会うことになります。

(祈禱) 

父なる神様、ありがとうございます。今日このように貴重な日を許して下さり、そしてこのように貴重な天気を許してくださいました。


テキサス州でこのようなフェローシップと、このようなみ言を学ぶことの出来る貴重な時間を許諾してくださり、感謝、感謝いたします。アカデミーと若者たちがここに来て奉仕の愛として、多くの発展を、私たちのチームのメンバーと共になし、また明日、楽しいお父様のお好きな海辺に行き、海辺でお父様と共に、お父様が海辺で見られるように一生懸命に海辺で闘いながら試合をする、そのような愉快な大会を、お父様ご覧になってください。


またそのことを通して若者たちが、そのような厳しい内容を貫き通すことが出来る、超越することが出来る、更には勇気をもって打ち勝つことが出来る能力と才能を与えて下さり、またこの若者たちが驚くべきアルファ男子とアルファ女子、アルファ夫婦、アルファ家庭となることができ、その神様を愛し、隣り人を愛する、そのような責任感のあるパワーの家庭になることが出来るよう許諾してくださいますように。

今日も尊い天気とキャンプグラウンド、ランニングブランチの中で私たちはあなたを讃美しながら感謝して、このように時間を過ごすことが出来ることに、心から感謝、感謝をお捧げしながら、祝福中心家庭、三代王権の名によって報告をお捧げ致します。ア~ジュ、ア~ジュ、ア~ジュ。

 

皆一緒に立ち上がり、神様に大きな栄光の拍手を捧げながら、

神様の王権樹立勝利、億万歳。万王の王天地人真の御父母様三代王権、億万歳。天一国創建、億万歳。

シックの皆さん、カメラを見ながらバイバイしましょう。バイバイ~!

1:58:30

__________________________

2021年5月2日日曜日

’21年4月24日テキサス韓国語礼拝<1> 米国サイコサタン政治主義 文化◆文亨進二代王

 米国サイコサタン政治主義 文化

2021年4月24日テキサス韓国語礼拝<1>

文亨進二代王

Sanctuary Church Sunday Service at Liberty Rock Camp Ground

(자유반석 캠프장 일요예배) 2021 04 24


6:00翻訳:fanclub

さぁ、座って下さい。英語の方はこちら。日本語の方はあちら。今日は韓国語で礼拝を進めるのですよね。ははは、OK

さあ今日は、詩篇37篇。37篇を見ましょう。

オンマ(ヨナ王妃)は韓国語で読んで、日本の人達が聞けるように近くに行って、アッパ(二代王)はここで英語で読みます。


第37篇

ダビデの歌

37:1悪をなす者のゆえに、心を悩ますな。不義を行う者のゆえに、ねたみを起すな。

37:2彼らはやがて草のように衰え、青菜のようにしおれるからである。

37:3主に信頼して善を行え。そうすればあなたはこの国に住んで、安きを得る。

37:4主によって喜びをなせ。主はあなたの心の願いをかなえられる。

37:5あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ、主はそれをなしとげ、

37:6あなたの義を光のように明らかにし、あなたの正しいことを真昼のように明らかにされる。

37:7主の前にもだし、耐え忍びて主を待ち望め。おのが道を歩んで栄える者のゆえに、

悪いはかりごとを遂げる人のゆえに、心を悩ますな。

37:8怒りをやめ、憤りを捨てよ。心を悩ますな、これはただ悪を行うに至るのみだ。

37:9悪を行う者は断ち滅ぼされ、主を待ち望む者は国を継ぐからである。

37:10悪しき者はただしばらくで、うせ去る。あなたは彼の所をつぶさに尋ねても彼はいない。

37:11しかし柔和な者は国を継ぎ、豊かな繁栄をたのしむことができる。

37:12悪しき者は正しい者にむかってはかりごとをめぐらし、これにむかって歯がみする。

37:13しかし主は悪しき者を笑われる、彼の日の来るのを見られるからである。

37:14悪しき者はつるぎを抜き、弓を張って、貧しい者と乏しい者とを倒し、

直く歩む者を殺そうとする。

37:15しかしそのつるぎはおのが胸を刺し、その弓は折られる。

37:16正しい人の持ち物の少ないのは、多くの悪しきの者の豊かなのにまさる。

37:17悪しき者の腕は折られるが、主は正しい者を助けささえられるからである。

37:18主は全き者のもろもろの日を知られる。彼らの嗣業はとこしえに続く。

37:19彼らは災の時にも恥をこうむらず、ききんの日にも飽き足りる。

37:20しかし、悪しき者は滅び、主の敵は牧場の栄えの枯れるように消え、煙のように消えうせる。

37:21悪しき者は物を借りて返すことをしない。しかし正しい人は寛大で、施し与える。

37:22主に祝福された者は国を継ぎ、主にのろわれた者は断ち滅ぼされる。

37:23人の歩みは主によって定められる。主はその行く道を喜ばれる。

37:24たといその人が倒れても、全く打ち伏せられることはない、

主がその手を助けささえられるからである。

37:25わたしは、むかし年若かった時も、年老いた今も、正しい人が捨てられ、あるいはその子孫が食物を請いあるくのを見たことがない。

37:26正しい人は常に寛大で、物を貸し与え、その子孫は祝福を得る。

37:27悪をさけて、善を行え。そうすれば、あなたはとこしえに住むことができる。

37:28主は公義を愛し、その聖徒を見捨てられないからである。

正しい者はとこしえに助け守られる。しかし、悪しき者の子孫は断ち滅ぼされる。

37:29正しい者は国を継ぎ、とこしえにその中に住むことができる。

37:30正しい者の口は知恵を語り、その舌は公義を述べる。

37:31その心には神のおきてがあり、その歩みはすべることがない。

37:32悪しき者は正しい人をうかがい、これを殺そうとはかる。

37:33主は正しい人を悪しき者の手にゆだねられない、またさばかれる時、これを罪に定められることはない。

37:34主を待ち望め、その道を守れ。そうすれば、主はあなたを上げて、国を継がせられる。あなたは悪しき者の断ち滅ぼされるのを見るであろう。

37:35わたしは悪しき者が勝ち誇って、レバノンの香柏のようにそびえたつのを見た。

37:36しかし、わたしが通り過ぎると、見よ、彼はいなかった。わたしは彼を尋ねたけれども見つからなかった。

37:37全き人に目をそそぎ、直き人を見よ。おだやかな人には子孫がある。

37:38しかし罪を犯す者どもは共に滅ぼされ、悪しき者の子孫は断たれる。

37:39正しい人の救は主から出る。主は彼らの悩みの時の避け所である。

37:40主は彼らを助け、彼らを解き放ち、彼らを悪しき者どもから解き放って救われる。彼らは主に寄り頼むからである。


皆さん聞きましたね? 韓国語で聞いたでしょ?日本語にこれを翻訳するのは難しいね。日本の聖書で読むことが出来れば、正にいいのですが。OK、とにかく。


この聖書の句節を見てみれば、 神様の義と神様の正義を見ることになります。そして神様の民族は、所有権、土地を所有するようになり、地上を所有するようになり、それから平和を持ってきます。平和が訪れます。


ネへミアにおいても、バビロンにおいてイスラエル民族が奴隷生活をしてから70年後に再び出てきました。そうしながらエズラを通してネヘミアを通して、ゼルバベルを通じて、今やイスラエルを定着させようとする、バビロンでの奴隷生活を終えて、 バビロンキャプティビティ(Babylonian captivity=バビロン捕囚)と言いますね。バビロン捕囚後に、イスラエルに来て、再びイスラエルを再建するのです。

そうしてゼルバベルをは聖殿を再び作り、エズラはコミュニティと文化を再び建てようとし、その次にネヘミアは城壁を建てたのです。


ところで特にネヘミアにおいて、城壁を立てている時、片手は石を積んで、もう一方の片手は剣を持っていました。刀。 なぜならその状態で、イスラエルは完全に開かれてしまっている土地であり、そして侵略をたくさん受けた都市であるために、再び城壁を立てているのですが、その壁を立てながら再び自分の文化と国を設定しなければならない、そのような重要な仕事をしていたということなのです。 


それなので数多くの左派、社会主義、共産主義、政治サタン主義の奴らは、平和、平和、平和と言いますが、こいつらが言う平和とは、政府が全ての事をコントロールして政府が強制力を使って偽りの平和を作る、人々がよかろうと嫌であろうと、平和が政府と政府人員が定めた通りに、人々が全ての人類が暮らさなければならないということなのです。 


それは平和ではありません。 それは奴隷支配です。全ての市民を奴隷にしてしまうことなのです。

そうであるので、政府は20世紀だけ見ても、中央政府は、 20ミリオン(200ミリオンの言い間違い)ですから2千名...、2億名以上を政府が殺しました。

どのような犯罪組織よりも、どのようなマフィアよりも、どのような宗教よりも、一番最も危険なものが中央政府中央パワーなのです。 


どうして?そこに捕食動物とサイコパスの奴らが集まって、自分たちがいい人、いいことをするフリをしますが、後ろで政府を利用して強制で市民等からお金を盗んでいって、市民たちがやりたくないことをさせ、マスク、何の科学的根拠も無くても着けろ、二枚、三枚、マスクを着けなさいとする、このような狂ったことをして市民たちを自分たちの僕にするのです。


ジョージ・ワシントン大統領はこのように言いました。「政府は何であるか?危険な奴隷であり、もっと危険な主人である。」ですから、政府が万が一、主人となれば、全世界が、全ての国の人々に、もはや暗闇が来るようになるのです。 

良いふりだけをする。 ふりだけをするパリサイ人のように、しかし後ろでは全て強制です。 お金を出さなければ、税金を出さなければ市民たちを殺すことのできるということだ。 牢獄に連れて行くことができるということだ。 捕まえることができる、強制、強制で。 

16:07翻訳:minion

ある宗教が、市民が献金しなかったからといって警察を送って市民を監獄に送ることはできません。それは、イスラム教だけがそうであってキリスト教は絶対にそうではない。人々はこの御言のように、人の心から献金をするのです。強制ですることはできません。 


しかし、政府は反対です。中央政府は強制です。あなたたちが税金を出さなければ明らかに脅迫されて法的に脅迫されて、法的に訴訟されて、法的な内容が終わってから警察が来て、警察が銃を持って来て、もしそれと戦ったら、皆さんは死にます。


ですから全ての政府が話して作る新しい法律は、実は脅迫です。市民にとって。

神の王国で、また、エデンの園を見ても、政府、サタンは、アダムとエバの王ではありませんでした。アダムとエバの僕です。その様に政府も市民の僕の立場に立たなければ、市民の主人になったら、その市民は全体主義、左派社会主義 共産主義 政治サタン主義に行くしかない道を行くようになります。


米国も今、大変危険な状況で、テキサスも今、左派の奴らが左派、自分の都市と左派の州を壊して、左派の詐欺師と政治家を継続して選んで、市民の自由を奪い、市民の自由を奪うだけでなく、お金も盗んで行きます。今、見て下さい。左派が運営する州は犯罪率も高く、殺人率も高く、自殺率も高く、全ての無茶苦茶な内容がある。


そうしながら今、ニューヨーク、LA、サンディエゴなど、その様な左派都市を見たら、今、マルクスを中心としたテロ組織、BLMのような組織が立ち上がり、そいつらは白人を、ブラックライブズマターと言うのだが、白人を保護するのではなく、マルクスのサタン主義のシステムを通して黒人を続けて奴隷にする悪い組織、そのようなテロ組織は暴力を使って、暴力だけでなく爆弾でビルを燃やして、完全に狂った行動をしています。アイシス、ISのような行動をしているのです。


このような内容として、米国は少しだけ左派だと、政府は少しだけ信じることができると考えましたが、しかし20-30年後の今や、中央政府の獣がもの凄く大きくなり、あまりの多くの職員がいて、市民を抑圧する第一層、エリート層になってしまいました。


ですから、今や市民はこのようなテキサスの田舎に住んでも、遙か彼方のテキサスとは何の関係もないワシントンD.C.で作った彼奴らが法律を通して、ここにいる人の首を絞めるのです。ランバーストアに行ったら、・・・木や材料を売るお店に行きました。トイレ(を綺麗にする)ために。そこのおじさんが、お店で電動のこぎりを使うことができないと、ワシントンD.C.の法律のために電動のこぎりで木を切ることができないと(言うのです)。自分が。

だから、もし木を切りたければ私たちが買った電動のこぎりを使って後ろに行って、電気のラインがあるから、それをもって、私たちがしなければならないそうです。ワシントンD.C.の狂った法律のために、その店で木材のお店で木を切ることができないと言うのです。これがどれほど狂ったことですか?


このような狂った内容、一般市民と何の関係もない使いものにならない狂った内容を通して、このような左派の共産主義者達がワシントンD.C.のエアコンのきいた事務室で座りながら、このような使いものにならない法律を作るのです。

一般市民はこれに従わなければなりません。これに従わなければ自分の事業に危険負担が生じます。自分の仕事にも、家庭にも危険負担が生じます。政府のライセンスとパーメットと免許証に危険負担が生じます。このような脅迫を通してこの獣、666獣の中央政府は市民を徐々に抑圧するようになります。


ですから、アダムとエバがエデンの園にいたとき、神様はサタンを、ルーシェル、ルーシェルは本来善い奴でした。善い奴でしたが、アダムとエバの僕として立てたのであって、アダムとエバの父親として立てたのではないのです。神様が父親です。ルーシェルは僕です。ルシェルはアダムとエバに仕えて、アダムとエバが光り輝くようになる王と王妃と王権を立てることができるそのような大人になることができるように支持しながら、育てるだけでなく助けると言うことですね。それは政府も同じです。政府も市民を助けながら、市民がその国の王と祭司長としてそれを主管できるようにしなければならないのに常に逆さまになります。


何故なら、その主体と対象の位置が逆さまになってサタンの主管権に入るようになります。ですから、市民が政府の立場で見たときに、ルーシェル天使長の立場で、政府を完全になくすことができます。しかし、政府は、天一国憲法を見たら特別な仕事があります。独占を破壊する仕事があります。


今は独占の会社を見たら、ツイッター、ビルゲイツ、フェイスブック、ザッカーバーグ、このような内容を見たら、こいつらは独占を作りながら政府の法律を使って、この会社が潰れないようにして、こいつらは例えば2008年、さらに銀行が潰れたのは2014年だったか?2014年に、銀行がずっとお金を貸りて銀行が潰れます。市民が税金を出さなければならないのです。銀行が危険な決定をして、色々な人にお金を蒔いてお金を借りたのに、その銀行が潰れなければならないのに、その銀行が潰れる前に政治家が入って来て銀行を助けるのです。市民の税金で。


ですから、市民達がその銀行にこんな決定をしろ、危険な決定と危険な貸し付けをしろとは言っていません。しかし、銀行がその様にして潰れたのに市民がそれを出さなければならないのです。これは話しになりませんね。


なぜならば、このような銀行と大きな財閥は政府のロビーを通して、ビルゲイツはロビーのお金を自分のR&D(研究開発)、何かと言えば自分の新しいテクノロジーとシステムを発展させるためのアレンディー、お金です。そのお金より、自分の会社を発展させるために投資することよりロビーのお金に沢山投資したのです。ビルゲイツがマイクロソフトにいたときの話しです。


それは、ロビーさえ上手くできればワシントンD.C.にいる詐欺師達は大きな財閥を保護するようになります。韓国も日本も同じです。米国もこのような不正腐敗とワシントンD.C.にいる政治家達は大きな財閥をずっと保護するのです。大きな財閥を保護して全ての市場、市場が自然に、自然を見たらこんな木が死に、こんな木が生きと、このようになっていますが、この自然市場を壊してこいつらが入って来て、この会社は成功して、この会社は潰れて、自分が嫌いな会社は潰れるようにして、好きな会社は勝つようにしますが、これは人工作成です。


これを通しながら、自由市場と市民が実体的に跳ぶことができる、さらに自由に事業を始めて跳ぶことができる市場ではありません。


自然世界で、ずっと入れ続けてこの木は生かして、この木は殺してこのようにすればこの自然システムが、エコシステム(生態系)と言いますね。この全てのエコシステム(生態系)が違うようになってしまいます。ここにいる動物も死んでしまうということです。ずっとこのようにしたら。


しかし、中央政府が全てのパワーを得るようになれば、こいつらはその様にするようになります。何故ですか?中央パワー。中央パワーは全てのお金、盗んで行ったお金、・・・考えてみて下さい。ワシントンD.C.ここ米国がこのようになっていたら、ワシントンD.C.はあっちの方です。テキサスはこちら側です。あっちのワシントンD.C.からテキサスの全ての借金、金蔓が全てワシントンD.C.に行きます。


ですから、市場で跳ぶことができない奴ら、ベータ男、左派の奴ら、悪い女性達、サイコパス。サイコパスの奴らは中央政府に入って金蔓が自分に来るようにして、自分が一つの部署、一つのプロジェクト、一つの組織を作りさえすれば数千億を受け取ることができるのです。実体的な市場ではそうすることはできまなにのに、こいつらは中央政府を使ってそうなるようにするのです。


ですから、サイコパスの奴ら、もの凄く悪い奴らはそのパワーが集まるようにします。市民をコントロールして、市民の人生を一つ一つ指示して、このように狂ったサイコパスの奴ら、コントロールしたい奴らは集中的にそのような場所に集まるようになります。


そうしながら、全人口の中で徐々に最も悪い奴らがそこに集中的に集まるようになります。

では、どのような法律が出てきますか?集中的に最も悪い奴らが集まる、サイコパスの奴らが集まるところにどんな法律が出てきますか?

市民が支持して市民が発展して市民に自由とパワーを与える法律ではなく、自分達により多くのパワー、より多く集中的にお金を組織を持って行くことができるそのような法律が継続して出てきます。


ですから、市民達は中央政府を絶対に信じてはいけません。その組織は再臨主、メシアである真のお父様を北朝鮮で中央政府がお父様を殺そうとしました。韓国でお父様を殺そうとしました。日本政府がお父様を殺そうとしました。米国政府がお父様を殺そうとしました。全て中央政府。サタンは中央政府を使ってお父様を殺そうとした歴史に出てきます。


何故ですか?キリストの身体のようにサタンも手と足を使うように、サタンも人を使って、その人達が集中的に市民を奴隷にしたい、そのようなシステムとして支持するところに集まるサイコパスの奴らと悪い奴らを使って一般市民を、このようなトラックを運転する人、釣りをする人、自然の中で狩りをする人、自然を楽しむ人ではなくサイコパスの奴らが集中的にパワーを掌握するようになります。

このような人達、トランプ大統領を支持する人達、今通り過ぎ去った人達は自然を愛しますね。自然。外に出て自然(の中)に出て、土地を所有して牛を育て子供達と釣りをしてイノシシ狩りをして、このようなこと、このような人達、サイコパスではない人達には幸せを与えてくれるでなないですか、幸せ。


そのような内容を通して自分の関係、自分の子供と孫と友達と教会の友達、このような内容を通して幸せではないですか。平和があるではないですか、平和。

他の人達の土地と事業を主管しなくても一生懸命に働いて、時間があるときに家族と一緒に出て釣りをして舟に乗って武道を習って銃を(訓練して)、このようなことは一般の人に、サイコパスではない人に幸せを与えます。


しかし、このようなサイコパスの奴らにはこれはパンクです。一つも面白くないのです。サイコパスの奴らは人々をコントロールしながら、人々の人生と事業をコントロールしながら色々な法律を作って市民達が自分の法律に従うようにする、このような狂った奴らが狂った事をしながら中央政府の中で狂った法律を作って市民をコントロールして事業をコントロールして、あれこれの市場をコントロールして、パワーを感じながら自分達は快楽を感じるのです。


(外に)出て自然を見て釣りをして孫と遊んで、そうではなく、その様な事で幸せを与えるのではなく、そのサイコパスの奴らは市民をコントロールすること、新しい法律を作ること、市民は自分の法律に従え、このような狂った精神病者達の内容によって、そいつらは快楽を感じるのです。快楽を。


心理学者が、このような研究したのですがサイコパスのパワーを求めるサイコパスの奴らにはコカインの麻薬と同じくらい中毒性があるそうだ。ですから政治家をみたらそいつらはパワーの中毒になり、パワーが生じながら、よりもっと大きなパワー、こんな法律を作ったらよりもっと多くの市民に影響を与える法律、このようなより多くの市民をコントロールする法律、よりもっと、よりもっと大きいもの、さらにさらに大きく、より沢山、限界と制限、このようなことを通して快楽を感じるのです。


こんな奴らがワシントンD.C.と中央政府に集まるようになるから国が滅ぶのです。そして、そいつらが常に、左派社会主義 共産主義 政治サタン主義を支持してこそ、中央政府を立てることができるのです。何故なら、自由があったら中央政府は必要無いからです。


天一国の場合は天一国憲法においてGDPの10%よりさらに成長できないのです。何故なら中央政府がそれよりも大きくなったら市民達を徐々に抑圧するようになります。ですから、GDPの10%になったら全ての部署は削除するようになります。


そして、天一国において、中央政府は教育部は不法、環境保護部は不法、福祉部は不法、農事部は不法。何故なら、市民たちが上手くすることができるからです。


この中央政府が福祉部を作る前、ニューヨークの都市だけでも1万件以上の福祉財団がありました。宗教が福祉財団をしていました。カトリックもしていました。修道女もしていました。教会もしていました。また慈悲深い一般市民も福祉財団をしていました。

しかし、政府がリンドン・ジョンソン、悪い社会主義共産主義政治サタン主義の大統領を通して、この白人優越主義者のリンドン・ジョンソンは黒人をもの凄く憎んで、黒人を嫌う悪いレイシスト、悪い白人、そいつはLBGが福祉財団をつくりながら黒人のコミュニティをターゲットにしました。その時から黒人達は、・・・1940年代は80%以上が、父親が家にいました。しかし、福祉財団が入って来て福祉が受けたければ、その女性が離婚書を見せなければならないのです。離婚書を見せてこそ多くの福祉を受けられるのです。


そのシステムを通して黒人の家庭の父親を離婚させて、妻は政府と結婚させて、今や黒人の家庭は20-30%しか、父親がいません。二人の父母がいるのです。しかし、社会学、科学を見たら、父親のいない家庭はもっと多くの男達、男達は特に、男の子はより多くの犯罪率、低い教育費、低い月給、より高い離婚率、もっと高い暴力率。全ての問題が生まれるのです。

↓ 36:02翻訳:fanclub

どうして?男性たちが全ての暴力の99%を行うようになるからです。99%、全ての社会にある、全ての暴力の99%は男!それだからその男を育てる父親たちがいなければ、その男たちは限界なく、 暴力をするようになり 自分が気に入らなければ、やたらに人を掴んで殺して銃を使う、このような狂った犯罪組織を作ってしまう。


父がいてこそ、どのように暴力を、男の善なる暴力性を良い方向に行くことができるようにし、使うことができるようにするかことが出来るのです。

市民等を保護するために警察のように。市民が国を守るのです軍人のように。

そのような戦いたい心、 自分の利己的な盗みや犯罪、性暴行などなどの悪い方向ではなく、 その力を使ってその暴力性を使って、悪い奴らが悪なる行動をする時、警察のように防ぐことができる能力者として、育てなければならないということなのです。

それだから父なる存在がそれだけ重要なのです。


父親がいる時、男の子たちの犯罪率が爆発的に低くなります。 なぜならば、若い男達がだんだんと大きくなりながら、今やお母さんよりも大きくなり、お母さんよりも声が大きくなり、お母さんを肉体的に怖がることもなくなれば、もはやお父さんが必要になるのです。 自分よりも大きな強いお父さんがいてこそ、お父さんを尊敬し、自分よりも強い男を見ながら、強い男に従い男の世界を学ぼうとするようにしなければならないのに、お父さんがいなければ、あ~、その男としての内容に限界がないのです。自分の思いのままに行動してしまう。お母さんが何も出来ないのです。 

特に、その子が暴力を使い始めれば。

そうですね。

それだから父が、それだけ重要なのです。

 

白人優越主義、レイシスト、左派社会主義共産主義、政治サタン主義の奴らは福祉団体を通して黒人達の家庭を破壊しました。父親を追い出し、そうしながら続けて父親のいない母子家庭だけで男たちは成長するので、男のローモデルがいないので、もはやヤクザたちに従っていくようになるのです。 

そしてCIAは黒人コミュニティを通して、 特に黒人ブルースとジャズクラブを通してCIA,FBIはコカインや自分たちが作った LSD、ミッチー二(2C-B,MDMA?)という非常に悪い毒性の強い麻薬を黒人コミュニティにばらまいたのです。 そこで混乱が起きたのです。


黒人たちは解放されましたね? 解放されて投票することができるようになったではないですか。 リンドン・B・ジョンソン(民主党)の時、(投票権法 :1965年)、黒人たちは投票することができるようになったので、黒人達は皆保守(共和党)に投票しました。 左派(民主党)には投票しませんでした。保守!

アブラハム・リンカーンは一番最初の保守党の会長で有り、大統領でした。アブラハム・リンカーン大統領は。 この方は保守(共和党)でした。

黒人たちを解放したのはアブラハム.リンカーンではないですか。 それだから黒人たちはみな保守(共和党)に投票しました。


ところが段々と政府のパワー、賄賂を通しながら、この福祉団体にあげると約束をしながら、誘惑し、家庭を離婚させ女性を主管するようになり、 その次に子供たちを学校に、中央政府教育部の学校に入れるようにして、完全にアメリカの家庭を破壊するのみならず、 家庭を主管するようになりながら、政府の先生達が子供達を育て、政府のお金を受けている女性、お母さんが夫と離婚するようになり、そうなればサタン主義が入ってくるしかなくなるのです。

 

そうしながら国が段々と教育を通じながら、教育は教育にならず、教育は段々と虚偽宣伝、プロパガンダになってしまったのです。


 

いやーとんでもない、このような狂った奴らが、人間たちを心理学を通して、皆さんは知らないと思いますが、 知ってる方もおられると思いますが、ジークムント・フロイト心理学、そのサタン主義の悪い奴が、(フロイト心理学には)色々な理論があるのですが、エディプスコンプレックス(Oedipus complex)と言いながら、ジークムント・フロイトが信じた内容は児童性暴行(小児性愛暴行)、赤ちゃんとセックスをするのは問題ないということです。それは知らなかったでしょう?


ジークムント・フロイトは心理学の王であった、心理学の父であった、このような名前だけ聞いたのであって、ジークムント・フロイトは児童性暴行(小児性愛暴行)それだから、大人が子供と性関係を持つことを支持したのです。完全にサタン主義野郎です。


そうしながらジークムント・フロイトの家庭は、無神論であることはもちろんであり、 無神論なので快楽主義となりました。

神様がいなければ、最後の審判の日に何の代価もなく、どんなに悪く暮らしても代価が無く暮らすことができれば、そうなれば市民たちは快楽主義になります。

 ジークムント・フロイトを、それ程、頭のいい人であると言いますが、 こいつは邪悪な変態、邪悪なサタンだったのです。 


子供と関係を結ぶことは問題ないと。そのような理論をばらまいたのです、狂ったやつ。 


そして ジークムント・フロイトの甥が誰であるかというと、エドワード・バーネイズ( Edward Bernays)というのですが、エドワード・バーネイズが誰であるかというと、米国虚偽宣伝王なのです。米国虚偽宣伝王。米国虚偽宣伝王の父、エドワード・バーネイズジークムント・フロイトの甥でした。


いや、どうしてサタン主義家庭から、このような狂った内容が出てくるのか。

エドワード・バーネイズはプロパガンダという本を書いて、 その後にタバコ、 タバコ会社を通してマーケティングをしました。


 ジークムント・フロイトから学んだ、多くの心理学を使って、市民たちをどのように利用し、市民をどのように作るか、市民をどのように社会操作、上位から操作するかを研究しながら虚偽宣伝の方法を通して、最初のプロジェクト、 エドワード・バーネイズが何をしたかというと、タバコを主流化したのです。


どのようにしたのか? 「タバコは自由の火である! 女性、本当に自由がある女性たちは タバコを吸う。」本当は自由がある女性たちは自分の体を破壊する。肺を殺すタバコを吸って。 、このようには言わないのですが、 そのようなことをしていたのです。 そうしながら自分の宣伝で、タバコをフーフーこのようにふかす女性を自分の宣伝物に載せて、女性市場を切り開いていったのです。 

バージニア・スリムタバコと言って。


そうしながら女性達を通して、このような体にとても悪い邪悪な、とても良くない中毒性のある習慣性を与え、その内容をもって家庭に対する責任や子供を育てることそういうことは関係なく、ただ遊べ遊べ、快楽、快楽、中毒、中毒になれ、このような文化を市場にばらまいたのです。

タバコの中毒を通して、お酒の会社をマーケティングしました。ここでも中毒性がありますね。それも快楽「女性達も、自由のある女性達はお酒をたくさん飲む。お歳ならタバコだけでも吸えばいい。」そう言いながら「遊べ遊べ快楽主義、男と性関係をたくさん持て」このように。

虚偽宣伝、虚偽宣伝、虚偽宣伝。


そして若い女性、女の子たちが、後ろでそれを見ながら「ああ、そうなんだ、私も大きくなったらその女性のように、タバコを吸ってお酒も飲むの。それは自由がある女性だから。」 このように幼い頃から、 ずっとプログラミングを受けて「あーこれが自由だ」と洗脳されていくのです。


体に極めて悪い内容なのに、体を破壊する内容なのに、体を弱くする内容なのに、体に問題を引き起こし病気になる内容なのに、体が癌になる内容なのに、これをむしろ良いことだと信じるようになり、虚偽宣伝とテレビによって、アドバータイズメント、広告を通して、そうしながら女性達に快楽、快楽、快楽の文化、そうしながらだんだんと女性達は、タバコを吸ってビキニを着て、服を脱いで遊んで「ヒヒ、快楽、快楽」と快楽主義の文化、中毒の文化、快楽を追求しろ。このようになり快楽主義の国となって、快楽を追求すれば、快楽だけを追求する人々になれば、その国は必ず滅びてしまいます。  

46:17 翻訳fanclub

どうして?人間はただ動物ではありません。 人間はただ虫ではない。人間はただ虫や鷲ではない。人間は天宙的目的があるということなのだ。宇宙の創造主が 人間を作りながら何か動物、豚や牛はただ快楽主義、獣はただ快楽主義者だ。人間が特にできることは快楽主義を超越して、もっと大きな目的を追求することはできるということだ。

そのような内容として人間は自分と神様との関係と自身の根本的目的と自分よりももっと偉大な内容のために生きることができるパワー、超越的なパワーがあるということです。 


単に動物や獣、快楽と美味しいものを食べること、ただセックスするそのような快楽だけではなく、もうひとつの事がある。人間達はもっと高いこと、もっと偉大なことを通して、社会を発展させることもでき、電灯、ビルディングやテクノロジーなど全て作ることができるのです。ところで現代にある全てのテクノロジーを快楽のために利用するようになれば、どのようになるでしょうか。


そうなれば人間は再び動物性の存在となり、今皆さんが見ておられように、若い奴らがコンピューターだけを見てそこにずっと嵌まっている。 そこでゲームだけをして快楽、快楽、ポルノだけ見て快楽、そこで女性ポルノドラマだけを見て、女性達も中毒してしまう。そうなれば人々はもっと弱くなってしまう。もっと多くの鬱病となり、 もっと多くの緊張症となり、もっと多くの内容、酒とタバコなど依存症メカニズムで自分のバランスをとろうとするのです。このような内容を通して、人々は狂ってしまうのです。 


なぜならば、 どうして自分が宇宙に存在しているのか、なぜ地球があるのか、どうして私は生きているのか、人生とは何であるのか、 このような内容に対する答えがなからです。

自分がただテレビを見ながら、インターネットを見ながら、自分が貰った答えは何であるのか、快楽、快楽、快楽、、中毒、中毒、中毒、、楽しめ、楽しめ、楽しめ、、このメッセージだけを送っている。 そのような内容だけを受けるようになれば市民たちは豚になってしまう。市民達が牛になってしまうのです。


そしてエリートたちが見た時に、市民達があまりにも動物、獣のようになってしまっているので、もはや市民たちを簡単にコントロールすることができるのです。いとも簡単に。市民農作、市民税金農作、「市民達はこうしろ、ああしろ。あなた達のインターネットを閉鎖しないから、私たち左派の内容だけ登録しなさい、シェアしなさい。保守の内容をシェアしたら、お前たちを監視検閲して、お前たちのチャンネルも閉じるだろう」こうしているではないですか、こいつらは。 


それだからスーパーエリート、左派の奴らの中央政府を支持する、そのようなサタン主義思想を支持しなければ、その小さなチャンネルであったとしても、私たちのチャンネルを削除したではないですか。 

そのようなとてつもない全体主義システムが来るしかないのです。何故ならば、天使長のシステムであるからです。 

滅びるのです。そうなれば国が滅びるのです。 


それでこの人員たちが一番恐れるのは何か? 天一国を最も恐れるのです。

天一国の文化、天一国の価値観、強い市民達、エピジェネティックアンロック(epigenetics unlock)後世遺伝子を開いた市民たち、強い男・強い女、恐ろしいことができる男と女、悪い奴らと戦って勝ち抜くことができる市民たち。鉄の杖がある市民たち。武道ができる市民たち。オートバイに乗ることができる市民達。スキューバーダイビングができる市民達。落下傘訓練ができる市民達。


このようなアルファ人生をおくることができる市民たちをとても怖がります。この政治サタン主義者たちは。

何故ならば、そのような市民たちはコントロールすることが難しい。またそのような市民たちは土地も持っており、そのような市民たちは事業も沢山してお金もたくさん稼いでいれば、それならば、もっと難しいのです。その市民たちをコントロールすることが。

それだからこの左派の奴らは、いつも鉄の杖と銃器所有を奪って行こうとするのです。

51:05

(二部へ続く)

__________________________