2024年は天一国安着勝負の年◆2024年2月11日◆三代王権天一聖殿教会/三大王権天一サンクチュアリ教会


2024年2月11日

三代王権天一聖殿・東京礼拝

2024年は天一国安着勝負の年


三大王権天一サンクチュアリ教会

三代王権天一聖殿教会長:三原


年頭標語:天宙平和統一天一国勝利


二代王様:

天宙平和統一天一国勝利。

今年は深刻な1年、2024年。深刻な年です。

世界的に2024年は本当に重要な1年です。

天宙平和統一天一国勝利圏・・・真の御父母様とお父様の国歌、天一国国歌を拡大しながら、

トランプ大統領にありとあらゆることをしながらあいつらは、トランプ大統領を消そうと、暗殺しようと、第三次世界大戦まで起こそうとしながら、

完全に世界混乱無茶苦茶に陥いれて、そのようにしようとしているのですが、

サタン世界の王権と、サタン世界の勢力たちが崩れるようになります。


天一国安着と天一国勝利権圏によって、天宙平和統一解放釈放圏、天一国安着勝利。


その内容によって、2024年のミクロとマクロ、世界摂理の天一国安着圏をどのようにお父様の聖霊がどのように動かれるか誰にも分かりませんが、今年は驚くべき奇跡と、そして困難が、挑戦が、障害物が、私たちの力ではその内容を貫いて乗越えて行くのではなく、お父様の勝利的、真の御父母様の勝利権によって貫いて出て行かなければなりません。

第57回 真の神の日 零時祈祷と御言式典 2024年2月10日

_______________

                  

2024年神の日、いよいよ摂理歴史上もっとも重要な勝負の年となる、そういう天一国勝利の年にしなさいという年頭標語とみ言を二代王様から賜り2024年を出発しました。


2024年陽暦の最初から、お父様が導いておられることが分かる、素晴らしい出来事、出会いが年初から沢山起きています。

まず、TV放送からです。


英国ITVと英国BBC


霊的に、この王権は本物だ、神が導く王権だと左派も分かるのでしょう、トランプを支持する銃器所有、市民王冠王権主義の聖殿、鉄の杖ミニストリーを世界の番組が次から次に取材を申し込み押し寄せてきています。

この現象も三代王権がキリスト王権として、真のお父様の王権として本物であることを実証していると言えるでしょう。



英国ITVがトランプ大統領再選報道番組に鉄の杖ミニストリーをメインとして全英に放送しました。

英国ITVは英国BBCに次ぐ英国のテレビ局です。

 

王様の解説は、この説教を読んでください。

英国全国放送_TRUMP The RETURN◆2024年1月17日テネシー清平水曜礼拝 


ITVの番組訳です。

トランプ・リターン?No.1 英国ITV2024年1月17日放送<最初の15分>

トランプ・リターン?No.2 英国ITV2024年1月17日放送(15-40分)

トランプ・リターン?No.3 英国ITV2024年1月17日放送(40-52分)


ところで、2月10日、その英国一番のBBCに属するマインドハウスがカルト調査報道番組「フォロー・ザ・リーダーを投入してきます。

極左BBC訪問,トランプが大統領になれなければ世界の自由が滅びる ◆2024年2月7日テネシー清平水曜礼拝 <1>


ITVは非常に好意的に報道しましたが、BBCは極めて左派色がつよく、BBCが投入してくるクルーはカルト調査報道番組なので、トランプを支持するカルト宗教テロ組織として非常に悪く放送するでしょう。

しかし、お父様がどのように使われるか分かりません。お父様も何らかの作戦を立ててこられるでしょう。


お父様の三代王権が動くところが、世界の中心点

_________________

二代王様:

だから今、とてつもなく危険な時代が来ているのに、私たちが、お父様の三代王権が動くところが、世界の中心点です。


だからこれを通して、私たちは2024年に金色のタワー、トランプの金色のタワー、最も高いVVIP室に、ドナルド・トランプ・ジュニア、ビベック・ラマスワミと(の出会い)、全てそのような役事が、あなたたちは作ることができなかったではないですか。全てお父様です。お父様が作られたではないですか。そのような役事が起こっています、今。(2024年の)クリスマスパーティーを一緒に開く、そのような役事が全て出てきます。


私たちは小さなただの・・・。それでも霊的に、ここは完全に世界の中心地。どうして?キリストの血統、三代王権、お父様の勝利権があるから。カインとアベル、勝利権。

だからここは世界の中心になった。摂理の世界の中心。イエス様がいらっしゃるところが世界の中心。モーセがいるところが、その時代の世界の中心。摂理は世界の中心で動く。


だから、ここで勝ってこそ、トランプ大統領を当選させてこそ、韓国と日本は救われます。


2024年1月31日テネシー清平水曜礼拝

_________________


三代王権に1月のラスベガス、ショットショーでトランプJrが訪ねて来て、夜にラスベガスのトランプタワー、金色のタワーに招待を受けました。

30組程度の、本当にVVIPだけが招待されたのです。


そしてトランプJrと、トランプが大統領になったら副大統領になると言われているビベック・ラマスワミと一緒の写真です。

この人は共和党の予備選でトランプと指名を争っていました。つまり未来の米国トランプ大統領政権と二代王様、國進監査院長は非常に密接な関係になったということです。

二代王様、國進監査院長はトランプ大統領のクリスマスパーティーにも招待されています。まさにトランプ王権と三代王権の交流が始まりました。

アーカンソー州サラ・ハッカビー知事との出会いもあったようです。

先日まで単なるMAGAの一人、普通の市民だったのに、こんなに一気に急接近、米国トップまで行かれたのは、まさに、お父様の聖霊の御業、お父様の三代王権が動くところが、世界の中心点であるからだといえるのです。


ここで結論ですが、私たちは まさにこのような天のお父様の 摂理の中心に侍り従っている、 中心民族、宗族王家家庭たち、そのような私たちであるということです。

私たちが この時代の中心人物たちであるということです。

これが事実です。 

私たちはそのような摂理的中心人物たち、神様の願いの中心であるということを自覚して、これからの患難辛苦の時代を勝利してキリストのリバイバルを起こし人類を導く使命がある中心人物たちということです。

私たちは普段は喧嘩をしていても、 同じ民族としてお互い尊重し愛し合う、モーセの時のイスラエル民族のように約束の地 天一国、神様が願うお父様が願う 天一国を創建していく同じ民族ひとりびとりなのです。 


今の時代は世界を支配するヨハネの黙示録の四騎士と戦う時

今、黙示録の四騎士と戦う時◆ 2024年1月31日テネシー清平水曜礼拝 


今回久しぶりに黙示録の四騎士の話です。

私たちはそのように三代王権、 キリストのリバイバルを起こし、 天一国を創建していく民族ひとりびとりです。

その道は険しく、ヨハネの黙示録ではは、この復帰歴史の最終的局面に於いて、人類は、私たちは、この4つの馬との戦いになるということを預言しています。

黙示録第6章 
6:1小羊がその七つの封印の一つを解いた時、わたしが見ていると、四つの生き物の一つが、雷のような声で「きたれ」と呼ぶのを聞いた。 
6:2そして見ていると、見よ、白い馬が出てきた。そして、それに乗っている者は、弓を手に持っており、また冠を与えられて、勝利の上にもなお勝利を得ようとして出かけた。 
6:3小羊が第二の封印を解いた時、第二の生き物が「きたれ」と言うのを、わたしは聞いた。 
6:4すると今度は、赤い馬が出てきた。そして、それに乗っている者は、人々が互に殺し合うようになるために、地上から平和を奪い取ることを許され、また、大きなつるぎを与えられた。 
6:5また、第三の封印を解いた時、第三の生き物が「きたれ」と言うのを、わたしは聞いた。そこで見ていると、見よ、黒い馬が出てきた。そして、それに乗っている者は、はかりを手に持っていた。 
6:6すると、わたしは四つの生き物の間から出て来ると思われる声が、こう言うのを聞いた、「小麦一ますは一デナリ。大麦三ますも一デナリ。オリブ油とぶどう酒とを、そこなうな」。 
6:7小羊が第四の封印を解いた時、第四の生き物が「きたれ」と言う声を、わたしは聞いた。 
6:8そこで見ていると、見よ、青白い馬が出てきた。そして、それに乗っている者の名は「死」と言い、それに黄泉が従っていた。彼らには、地の四分の一を支配する権威、および、つるぎと、ききんと、死と、地の獣らとによって人を殺す権威とが、与えられた。 
6:9小羊が第五の封印を解いた時、神の言のゆえに、また、そのあかしを立てたために、殺された人々の霊魂が、祭壇の下にいるのを、わたしは見た。 6:10彼らは大声で叫んで言った、「聖なる、まことなる主よ。いつまであなたは、さばくことをなさらず、また地に住む者に対して、わたしたちの血の報復をなさらないのですか」。


何度も出てきているので、もう覚えておられると思いますが、復習です。

・白い馬は、ロスチャイルド、ロックフェラーなどの金融資本家、

・赤い馬は、中国共産党、

・黒い馬は、ディープステート、CIA、MI6、モサド、日本だと東京地検特捜部(GHQ時代、CIAが設置、そのためCIAの影響が大きいとされる)、

・青白い馬は、過激イスラム。


_________________

二代王様:

今、このグローバリストのやつらの共産主義の軍隊の剣はどこだ?中国。中国。

中国は最も重要な剣になります、人を殺す。

中国は共産主義を通して世界で最も大きな大虐殺をしたではないですか。中国自体の中で1億名の大虐殺。人類歴史で最も大きな大虐殺です。

2024年1月31日テネシー清平水曜礼拝

_________________


ダボスグループ、ビルバーダーグループ、クラウス・シュワブ、ビル・ゲイツらのグローバリストが中国共産党を賛美しましたが、全ての資産、 地球上の ありとあらゆるものを自分のものと考え、 人の命や人権を蟻のように考えるクローバーリストたち。

 彼らが共産主義を育て上げました。そして、人を殺す 剣として利用しているということなのです 。 

もちろん、世界各国の共産主義を利用しています。

欧州では リベラル 共産主義による穀物規制、 ディーゼルに対する増税 、難民政策に 対して農民たちのデモが起きています。日本でも同じような規制、 増税によるリベラル共産主義がとても強くなってきました。

_________________

二代王様:

黒い馬、CIA、モサド、MI6、こいつらは世界で最も大きな恐喝脅迫組織。最も大きな性売買、児童性暴行組織を運営していました。そして、しています。

自分たちは子供たちを売買して、子供たちを殺して、人々の食料を奪って、そのようにしても全て無罪。完全にサタンたちだ。これは黒い馬。


このようなことがなくして、白い馬と赤い馬は力がありません。黒い馬はとても重要です。

大変危険な悪い組織です。絶対に市民たちの友達ではない。恐喝脅迫の組織達です。


この組織はワシントンDCでものすごく強くなった。そして、トランプ大統領はエプスタイン島で児童性暴行をしなかった。だからトランプ大統領をそのように恐喝脅迫できない。だから最も嫌う。 


だからこの全ての組織、イスラム教政治システム、恐喝脅迫システム、中国共産党システム、ロスチャイルドシステム、全て何を作る?政治サタン主義を作ります。神様主義ではなく。

2024年1月31日テネシー清平水曜礼拝


_________________


グローバリスト 共産主義者たちは、 もちろん 中国 共産主義も当てはまりますが、 このような黒い馬、スパイ組織を使ってエリートたちを児童性暴行などをさせてエリートたちの弱みを作り 握り、 恐喝脅迫をして自分たちの望む 政治経済を行ってきたということです。 もちろんその手段が通じない場合は暗殺します。 このようにしてディープステートを作り 世界各国の政治経済を掌握して掌握してきたのです。


この手が通用しなかったのがトランプ大統領だった。だから ディープステートはトランプ大統領を最も嫌います。

だからトランプ大統領は、キャロルという80歳のお婆ちゃんに、何の具体的証拠もなく、しかも27年前の事に強姦されたというただの言葉だけで128億円もの賠償金の支払の判決がニューヨーク マンハッタンで命じられました。 20年以上も前の時効となった性犯罪も2023年11月までの1年間だけ、その訴訟を有効とするとんでもない法律を作ってです。

トランプに「性的暴行巡る名誉毀損」で123億円賠償命令の愚…アメリカの司法はいつまで「魔女狩り」を続けるのか


左派リベラリスト、グローバリスト、反トランプたちは、この決定をとても喜びましたが、 司法律法の正義は完全に崩れ去り、 アメリカ本来の 自由と正義を求める保守派たちは、大変な憤りを持っています。 そしてもともと民主党支持であった黒人 や左派たち、リベラリストでさえも、その余りの不条理に、トランプ 支持に回っています。


_________________

二代王様:

全ての左派、社会主義、、共産主義、政治サタン主義の言論は本当の言論ではありません。今、本物の言論は誰ですか?タッカー・カールソン。その人は本物の言論です。

一人で自分のチームとソ連(ロシア)に行ったではないですか。プーチンにインタビューするために。

しかし、主流言論は全て、これは”反逆”だと。

今こいつらはプーチンと戦争しているのに、戦争を継続して拡大しているのに、市民たちが、プーチンがどんな話をしているか聞いて見なければならないでしょう。私たちは直接見なければならない。


しかし西洋のグローバリスト、EUと米国のワシントンDCの詐欺師たち、左派の詐欺師たちと偽りの右派の詐欺師たちと一緒に継続して戦争をして継続してお金をもらう。そのとてつもないお金を儲けるのでこいつらは戦争を止めたくない。

ただそのままこの政府から出てくる、主流言論から出てくる詐欺の内容を継続して、戦争を作成している。

トランプが大統領になれなければ世界の自由が滅びる 

◆2024年2月7日テネシー清平水曜礼拝 

_________________


今、この歴史的タッカー・カールソンのプーチンインタビューに対して、グローバリスト左派、米国民主党、ディープステート側は、タッカーのインタビューに半ば発狂してタッカーを批判、非難しています。

自分たちが正しければ これほど 批判する必要はありません。本物の言論は真実を伝えなければならないし、それを評価するのは市民たちであるべきなのです。 しかし権力者政府側からすると、特に左派グローバリストからすると、市民は政府の情報操作のなかで生きるべきであって市民が真実を知ることは我慢がならないのです。言論マスコミも市民が真実を知ることは許せないのです。

これが私たちが生きている世界の真実です。


プーチンは、ディープステート、グローバリストのこと、その真実を今回言いました。これは先に見た二代王様と同じ内容になります。


これから、プーチンが何を言ったのか明らかになってきますので、是非、旧Twitter,

現Xをフォローしてください。

イーロンマスクは本当に素晴らしい言論の自由を守ってくれました。

他の言論では、このような真実は語られることはないですし、語ったらバンされます。

このXのおかげで真実を私たちは知ることができます。

Xがなければ、今回のタッカー・カルソンによるプーチンインタビューを私たちは知ることが出来なかったでしょう。

お父様は、こういうことでも役事しておられることを感じます。天は間違いなく導いておられます。 


プーチンは、

「NATO に参加することをブッシュ大統領に申し出たが、CIA、ディープステートに反対され、実現できなかった。」

「ロシアと米国と欧州がミサイル防衛システムを共同開発しようとしたが、この話も米国がけった。もしもこれが実現していたら、核戦争の心配はなかった。」

「ノルド・ストリームを爆破したのはCIAだ」

「我々は、アメリカを動かしているのはバイデンではないと確信している。ずっと同じ勢力が支配している。大統領を替えることはできても真の支配者達を替えることはできない。私達が対峙しているのは彼らだ。バイデンはこの権力構造の表に立てられたカカシに過ぎない」


このように言っていました。

プーチンはグローバリスト、ディープステートと戦っていることをよく理解しています。

プーチンはディープステートの正体であるCIAを知り尽くしていました。


これは先に見た二代王様のヨハネの黙示録の四騎士の話と同じです。白い馬ロスチャイルド・グローバリストは、黒い馬グローバリスト・CIAを通して力を得ているというみ言です。


だから グローバリストとディープステート、 米国民主党は、ロシアをプーチンを目の敵にしているのです。 

そして同様にトランプもグローバリスト、ディープステート、左派 、民主党、共産主義と戦っています。


トランプは福音派、保守クリスチャンです。

プーチンはロシア正教会クリスチャンです。


これもグローバリストからすると甚だ腹立たしいのです。人々の主権が神から来るなどという宗教思想を持つ指導者は邪魔で仕方ないのです。


今回、 タッカー ・カールソンのインタビューに 対して、 プーチンはロシア正教会のことを強く言っていました。 ロシアも プーチンも正教会キリスト教が、精神思想の中心だということを強調していました。


二代王様も、プーチンはこのロシア正教会であり、本来、トランプとプーチンは一緒になって、中国共産主義を倒さなければならなかったとずっと言って来られました。


この同じ キリスト教という意味において トランプは必ず大統領にならなければなりません。

ロシアは共産主義から解放されました。プーチンも共産主義や グローバリストが嫌いです。 それはこのインタビューでよく理解することができます。

その意味において、 トランプが大統領になって、アメリカとロシアにキリストのリバイバルを起こさなければなりません。

 神様はイエス様は お父様は、 そのための様々な御業をしておられることを感じます。

 

近い将来、 アメリカとロシアが一つになって中国共産党を倒す、 そのような歴史を迎えることができるかもしれません。 


鉄の杖自由フェスティバル、テネシー清平のお父様の摂理は、その中心摂理なのです。


_________________

二代王様:

だから、今、この四大馬に乗る奴ら、白い馬、赤い馬、黒い馬、緑の馬と戦う時節です。

全ての世界万民達が立ち上がらなければならない。特に米国が一線だ、米国。他の国が一線ではない。


ところで、私達は今、見えるでしょう。お父様が門を開かれていらっしゃるのが見えます。

だから、強い信仰と勇気と死を超越した愛で、世界のために死ぬことができるそのような勇気で、2024年大勝利のために、全ての祝福中心家庭達が、天一国の民として、鉄の杖祝祭の勝利とトランプ大統領勝利を通しながら、お父様に大きな勝利と栄光をお返しすることができるマクロコスモスミクロコスモスの精誠、祈祷をしながら、三代王権とカインとアベルと共に大きな勝利を収めなければなりません。

2024年1月31日テネシー清平水曜礼拝


だから、6月にトランプ大統領が、6月から出て、トランプ大統領が7月に公式的に発表されて、11月まで一生懸命戦わなければなりません。


今回、トランプ大統領が当選できなければ、そうすれば米国は死んだということだ。今や米国は回復することができない状況になってしまう。そうなれば、全ての国は死ぬことになる。今、自由がある国は全て死ぬことになる、それならば。

暴君主義に反対した人たちを大虐殺が始まります。


このような部分として、今や国が死にかけていることが見えます。大虐殺の前!

だからこれはものすごく深刻な時です。深刻な時。だから、2024年はそれほど重要な時です、

だからトランプ大統領が再び入ることができたら私たちはそれを防ぐことができるが、トランプ大統領が入る前に戦争。第3次世界大戦が狂ったように爆発的に勃発させようとしているではないですか、そいつらは。


トランプが大統領になれなければ世界の自由が滅びる 

◆2024年2月7日テネシー清平水曜礼拝

_________________

 

黙示録6:9小羊が第五の封印を解いた時、神の言のゆえに、また、そのあかしを立てたために、殺された人々の霊魂が、祭壇の下にいるのを、わたしは見た。 6:10彼らは大声で叫んで言った、「聖なる、まことなる主よ。いつまであなたは、さばくことをなさらず、また地に住む者に対して、わたしたちの血の報復をなさらないのですか」。

 2024年というこの年が、どれほど今後の人類の歴史において、その未来を決める 、何千万何億という命にかかわる最も重要な1年になります。

ヨハネの黙示録では、この四騎士を裁かれる事が暗示されています。ですから、勝利をするのです。

ただし、とてつもない戦い患難辛苦がある事も事実です。しかし、何れにしても私たちは勝利するのです。


上に掲げた、 二代王様の御言を胸に、この新しい年を出発し 皆様と共に勝利したいと思います。


それでは聖霊祈祷会に入りたいと思います。



聖霊役事祈祷会

_____________________________________

それでは聖霊様をお呼びし皆様とともに聖霊役事祈祷会を始めたいと思います。

天皇家のルーツをエフライム族の王家とする説があります。

天照大神という女性神信仰、八百万の神信仰など日本の文化に、このバアル神を見ることができます。

エフライムはヨセフの二番目の子、日本人はヤハウェの神に帰らなければなりません。


熊本バンドの霊人が言ったように、日本はキリストを迎えないといけません。

「日本にキリストのリバイバルを起こしたい」もう一度、そういう熱意を持って、このキリストを受け入れる日本のキリストのリバイバルを祈り続けたいと思います。


それでは聖霊役事の祈りを捧げて行きたいと思います。


今はヨハネの黙示録の時代、堕落天使ら悪霊との霊的な戦いであると言いました。そのような 霊的な戦いに勝利するために聖霊役事の祈祷を捧げていきたいと思います。

https://h2fanclub.blogspot.com/p/blog-page_41.html

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

多くの人にテネシー清平霊界圏役事とヨハネの黙示録12章霊界圏役事が起きるよう祈ります。

2015年、真のお父様聖和三周年の8月30日に韓国清平に行って清平役事を奪還し三代王権に相続する儀式を行って以来、テネシー清平の訓師達より7年早く先駆けて三代王権清平役事の祈り、三代王権清平解怨祝福の祈りを捧げてきました。この祭事がなければ真のお父様は二代王様を通してテネシー清平役事摂理を、地上起こすことが出来なかったかも知れません。

 

今、テネシー清平役事は真のお父様が指導される康お母様主管の、洪順愛テモニムがサポートされ、孝進様、興進様、榮進様、喜進様、恵進様が共にされる聖者聖軍、天使天軍による霊界の役事になります。もちろん真のお父様の聖霊、イエス様の聖霊が主体です。

これからもそのような テネシー清平役事が皆様にありますよう祈り続けていきたいと思います。


それでは、これより、ヨハネの黙示録12章天宙霊界圏聖霊役事と、真のお父様のご指導による康お母様、孝進様、興進様、榮進様、喜進様、恵進様と洪順愛テモニム補佐官によるテネシー清平役事の祈祷会を始めたいと思います。

 ー信仰告白 ー <信仰告白問答> 


キリストが熱い祈りを捧げたことが分かります。
「父よ、みこころならば、どうぞ、この杯をわたしから取りのけてください」と跪いて泣きながら血にまみれて祈りました。血が毛穴から噴き出していました。
床に染みを付けながら。十字架に付けられる前に最初に流した血です。
十字架の前から血を流していました。


 イエス様があなたの主であり救い主であることを信じますか?

はい、イエス様が私の主であり救い主であることを信じます。


 イエス様はあなたの罪を背負いながらもあなたを救うために死に行かれたことを信じますか?

はい、イエス様は私の罪を背負いながらも私を救うために死に行かれたことを信じます。

 イエス様はあなたを救うために聖霊とともに蘇られ聖霊とともに今まさに生きて働いておられると信じますか?

はい、イエス様は私を救うために聖霊とともに蘇られ聖霊とともに今まさに生きて働いておられると信じます。


 そのように信じる方は前に出てともに今した信仰告白を祈祷を持って捧げ聖霊の役事を受けましょう。

聖霊役事祈祷会


今、私は聖霊とともにあることを感じます。私自身祈れば聖霊の炎で手が包まれ熱くなるようになりました。康お母様と共に聖霊の御業が皆様に起きるよう主に賛美を捧げます。
今日は少数ではありますが、日本全国ではこの時間祈りをもってこの礼拝と儀式に参加して下さっています。
それでは、ヨハネの黙示録12章の天宙霊界圏の真の父母聖霊役事と康お母様の天使役事が、トランプ大統領に勝利をもたらすように、そして、ヨハネの黙示録16章の7つの鉢の災禍から多くの人が逃れ、日本にキリストのリバイバルが起きるよう、祈りを共にする人々にそして日本にありますよう聖霊役事祈祷会と合わせて、また皆様の条件が二代王様の先祖解怨祝福式に連結されるよう祈りを行いたいと思います。

まずそれでは祈祷します。

ーアノインティング心得 ー 
2018年10月7日英語説教より編集

キリストが熱い祈りを捧げたことが分かります。「父よ、みこころならば、どうぞ、この杯をわたしから取りのけてください」と跪いて泣きながら血にまみれて祈りました。血が毛穴から噴き出していました。床に染みを付けながら。十字架に付けられる前に最初に流した血です。十字架の前から血を流していました。

キリストにとって何が危機に瀕しているのか考えてみてください。処刑台の上に行こうとしている人です。いつでも屠り場に行く準備ができています。いつでも鞭でずたずたにされる準備ができており、十字架に投げつけられて血を流す準備ができています。彼はいつでも処刑台の上に行く覚悟ができている人です。

神様がアノインティングを与える時、あなたはもっと大きな責任を持つことになります。

神様があなたを高めている時に人に期待しないでください。

神様のために熱狂的になって、人をキリストにつなげようとしていても期待しないでください。人は様子眺めをするでしょう。腕組みをしながら「うまくいかないと思う」と言って。

それでもあなたは信じて祈り、地獄の軍隊に抵抗して立ち上がります。

何とか突破して神様が救出してくださり、強力な勝利を与えてくれるとすぐにみながやってきて、「やったー!最初から信じていました」と言うのです。「一瞬も疑わなかった」と。そして「小切手を切ってください」。

しかし失敗すれば、「前から分かっていたよ」「そうなると言ったじゃないか」と言います。

神様があなたを高める時、神様があなたを裁き主にして権威と力を与える時、あなたは弱くてはいけません。それはあなたのためだけではなく、神様の栄光のためです。

地の果てに行って福音を説き、鉄のつえの王国を黒人、白人、アジア人、全ての人にもたらす人たちです。そうして人々は抑圧と支配と権威、暗闇の世界の支配者、天にいる悪の諸霊から解放されるようになります。そして最後には王国が到来します。

この場に神様の霊をとても強く感じます。この場にアノインティングを感じます。神様は私たちにあらかじめ警告しています。

なぜならあなたが共同相続人として神様の王国に足を踏み入れる時、またサタンの勢力に抵抗する力強い柱として立つ時、彼らはあなたに反対します。

またあなたはいつも正しいわけではないかもしれません。しかし、自分の理解ではなく神様のみ言を求め、いつも自分の理解を当てにしないで神様を認めるなら、あなたの道を神様がまっすぐにしてくれます。

みなさんの中には途方もない経験をする人もいるでしょう。神様だけがご存知です。神様はあなたが経験しようとすることをご存知です。

<聖霊役事祈祷会後の簡単な証>

昨年2017年5月神様から賜った「我が息子イエスは今も私の聖霊とともにあり役事をしていることを知らせなさい。」というみ言を賜りました。

この啓示を受けてから私はずっと神様とお父様とイエス様の聖霊三位一体のことを祈ってきました。

そして昨年2017年9月23日、天宙完成真の父母完成祝福式の時、康お母様が真のお母様になられ、この三位一体も完成することを事前に悟り、このヨハネの黙示録12章の天と地が一つになるよう三位一体の聖霊の完成するよう儀式をもって祈りました。

そして今年同じ日の9月23日、同じヨハネの黙示録12章の日、その真のお父様とイエス様の三位一体の聖霊を賜りました。

このように二代王から聖霊を賜り聖霊役事、聖霊洗礼という形で、この御言を実践できるようになったことを嬉しく思います。

二代王の聖霊洗礼の時、人が倒れて横たわっていますが、ある女性は同じように横になって2時間ほど立てない状況でした。別に二代王のように頭を押したわけではありません。アーメンと頭に触れただけです。また体がチクチクと治療される感じがあったという証もありました。

2015年8月30日、韓氏オモニが天の父母様と言う霊と結婚することにより清平に閉じ込められていた、天使天軍の解放儀式を行いましたがその解放された天使達が、聖霊の僕として大いにこの聖霊の役事を助けいるのかも知れません。

私は聖霊役事の祈祷をすると両腕が、手のひらが聖霊の炎で燃えている感じになります。熱く手が燃えるようにジンジンと響きます。

毎日聖霊役事祈祷をしていますが、毎回そのように腕が聖霊で燃えます。

ですので、これからはイエス様の名で祈り、この聖殿として成功するためのお父様とイエス様の聖霊の炎が日本中に届き、キリストのリバイバルが起きることを願い、三代王権が成されることが成就されるよう毎日聖霊役事の祈りを捧げ、礼拝の後は聖霊役事祈祷会と聖霊洗礼を行いたいと思います。

<当教会が聖霊ペンテコステ聖殿教会である理由>

1.直接聖霊役事を受けたこと。実際体に入ってくるその聖霊を見たこと。

二代王の役事祈祷文:「お父様の大きな能力で、お父様の聖なる聖霊でお父様、この聖殿に現れて下さり、お父様の聖殿として祝福して下さり、役事してください。お父様の大いなる聖霊で成功の御手をお父様、役事して下さい。」

2.既に聖霊役事の証がある

①光が見えた。先祖の霊が自分に入ってきた。②ずっと涙が流れっぱなしだった。③親から自立するよう叱られたと感じた。

④ある婦人は床に倒れて霊動しながら、3時間あまり立ち上がることができなかった。

⑤自分の霊人体が急に大きくなった。⑥亡くなった両親の霊を感じた。⑦霊界から体を治療されているように感じた。⑧頭に力を感じた。⑨手がビリビリと来た。⑩腹痛が治ったなど。

もちろん、何も感じなかった人の方が多いですが。

3.聖霊役事を行う度、腕が聖霊の炎で満たされ燃えるように熱くなりジンジンする。

4.当教会は天宙霊界圏聖殿教会である。

2017年9月23日ヨハネの黙示録12章・完成祝福の内容を悟り祭事を行ったところ、

「何らかの理由で霊界が降りてきて、天宙霊界圏におおわれました。」2017年9月24日のお知らせと言って頂いたこと。

5.2017年5月神様の啓示を受け、神様とお父様とイエス様の聖霊三位一体のことを祈ってきたこと。

6.2015年8月30日清平で清平役事天使の解放と相続の儀式を行った。聖霊とともの清平役事を天使が行う聖殿教会なのかもしれません。

これからは

お父様の聖なる聖霊で、この聖殿に現れて下さる聖殿、

お父様の聖殿として祝福された聖殿、

お父様の大いなる聖霊で成功を役事して下さる聖殿

そのような聖霊役事を行う聖霊教会として皆様とともに日本にキリストのリバイバルを起こして行くイエス聖霊ペンテコステ聖殿教会でありたいと思います。

この聖殿教会は9.23ヨハネの黙示録12章天宙霊界圏とそのイエス様とお父様の聖霊とともにある希有な教会です。


この礼拝に参加している方、聖霊の役事を受けた方の中から是非、聖霊の役事を行える方が出てこられイエス様とお父様と二代王を証して行かれますよう祈願します。


* 参 考 *

<ヨハネの福音書に見る聖霊>

ヨハネの福音書、特に14~16章は、聖霊の章句とも呼ばれている。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

御霊:

1:32ヨハネはまたあかしをして言った、「わたしは、御霊がはとのように天から下って、彼の上にとどまるのを見た。1:33わたしはこの人を知らなかった。しかし、水でバプテスマを授けるようにと、わたしをおつかわしになったそのかたが、わたしに言われた、『ある人の上に、御霊が下ってとどまるのを見たら、その人こそは、御霊によってバプテスマを授けるかたである』。 1:34わたしはそれを見たので、このかたこそ神の子であると、あかしをしたのである」。


聖霊

3:34神がおつかわしになったかたは、神の言葉を語る。神は聖霊を限りなく賜うからである。 3:35父は御子を愛して、万物をその手にお与えになった。 3:36御子を信じる者は永遠の命をもつ。御子に従わない者は、命にあずかることがないばかりか、神の怒りがその上にとどまるのである」。


7:38わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その腹から生ける水が川となって流れ出るであろう」。 7:39これは、イエスを信じる人々が受けようとしている御霊をさして言われたのである。すなわち、イエスはまだ栄光を受けておられなかったので、御霊がまだ下っていなかったのである。

14:16わたしは父にお願いしよう。そうすれば、父は別に助け主を送って、いつまでもあなたがたと共におらせて下さるであろう。 14:17それは真理の御霊である。この世はそれを見ようともせず、知ろうともしないので、それを受けることができない。あなたがたはそれを知っている。なぜなら、それはあなたがたと共におり、またあなたがたのうちにいるからである。

14:25これらのことは、あなたがたと一緒にいた時、すでに語ったことである。 14:26しかし、助け主、すなわち、父がわたしの名によってつかわされる聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、またわたしが話しておいたことを、ことごとく思い起させるであろう。 14:27わたしは平安をあなたがたに残して行く。わたしの平安をあなたがたに与える。わたしが与えるのは、世が与えるようなものとは異なる。あなたがたは心を騒がせるな、またおじけるな。

15:26わたしが父のみもとからあなたがたにつかわそうとしている助け主、すなわち、父のみもとから来る真理の御霊が下る時、それはわたしについてあかしをするであろう。 15:27あなたがたも、初めからわたしと一緒にいたのであるから、あかしをするのである。


助け主:

16:7しかし、わたしはほんとうのことをあなたがたに言うが、わたしが去って行くことは、あなたがたの益になるのだ。わたしが去って行かなければ、あなたがたのところに助け主はこないであろう。もし行けば、それをあなたがたにつかわそう。 16:8それがきたら、罪と義とさばきとについて、世の人の目を開くであろう。 16:9罪についてと言ったのは、彼らがわたしを信じないからである。 16:10義についてと言ったのは、わたしが父のみもとに行き、あなたがたは、もはやわたしを見なくなるからである。 16:11さばきについてと言ったのは、この世の君がさばかれるからである。


16:12わたしには、あなたがたに言うべきことがまだ多くあるが、あなたがたは今はそれに堪えられない。 16:13けれども真理の御霊が来る時には、あなたがたをあらゆる真理に導いてくれるであろう。それは自分から語るのではなく、その聞くところを語り、きたるべき事をあなたがたに知らせるであろう。 16:14御霊はわたしに栄光を得させるであろう。わたしのものを受けて、それをあなたがたに知らせるからである。 16:15父がお持ちになっているものはみな、わたしのものである。御霊はわたしのものを受けて、それをあなたがたに知らせるのだと、わたしが言ったのは、そのためである。


20:21イエスはまた彼らに言われた、「安かれ。父がわたしをおつかわしになったように、わたしもまたあなたがたをつかわす」。20:22そう言って、彼らに息を吹きかけて仰せになった、「聖霊を受けよ。 20:23あなたがたがゆるす罪は、だれの罪でもゆるされ、あなたがたがゆるさずにおく罪は、そのまま残るであろう」

0 件のコメント:

コメントを投稿