テネシー清平と共にある三代王権天一聖殿◆2024年6月16日◆三代王権天一聖殿教会・三大王権天一サンクチュアリ教会

2024年6月16日

三代王権天一聖殿・東京礼拝

テネシー清平と共にある三代王権天一聖殿


三大王権天一サンクチュアリ教会

三代王権天一聖殿教会長:三原



三代王権先祖解怨祝福と共にある聖殿教会


2024.0606. 先祖解怨浄火祭


2023年6月18日、第62回_真の萬物の日、世界基督教統一神霊協会創立70周年、先祖解怨祝福式が行われました。

 

ペテロ第一の手紙

3:19こうして、彼は獄に捕われている霊どものところに下って行き、宣べ伝えることをされた。

4:6死人にさえ福音が宣べ伝えられたのは、彼らは肉においては人間としてさばきを受けるが、霊においては神に従って生きるようになるためである。


聖書にも霊界伝道、つまり先祖解怨のことが書かれています。

当然ながら、二代王様の先祖解怨はこの聖句に基づいています。


テネシー清平摂理が始まり、今は批判は聞かなくなりましたが、2015年から今まで聖殿にも清平摂理が重要であることを主張していましたので、2021年9月テネシー清平摂理が始まるまでの6年間は色々と言われました。


2015年8月30日に韓国清平に行って、真夜中に祝福の樹のところ(天勝台)で、もちろん萬物の樹など他の清平霊界圏を復帰する祭事を行いました。

韓氏オモニが寝ている天聖宮に向かって大声で清平霊界圏復帰の宣布をし、

もちろん大母(金孝南)が行っていた全ての霊界役事の権限を復帰相続することも宣布しました。


その翌日、先祖解怨をしないと言っておられた二代王様は、その年の12月に210代先祖解怨をすることを発表されました。

この清平霊界圏復帰祭事によって、この210代先祖解怨式ができるようになったから二代王様に真お父様が210代先祖解怨式を行うよう指示されたと思っています。


それから続けて清平霊界圏の祈りを捧げてきたのですが、4年のその精誠が実り、ついに2021年9月テネシー清平摂理が始まりました。

もしも、清平霊界圏を復帰する祭事を行っていなければ、真のお父様はテネシー清平摂理を行うことが出来なかったでしょう。

私の天の摂理のために道具として使って下さった、お父様に栄光をお捧げします。



清平役事は、結局天使が行っていました。清心苑の大きなろうそく一本一本に大きな天使が配置されていました。愛の樹に、数多くの天使が集まって小さく光っているのを見たことがある人もいるでしょう。


私はあることがきっかけで祝福の樹の天使と知り合いになりました。この天使が清平天使圏をまとめる天使長のようです。

清平の奇跡は、イエス様の数々の奇跡に携わっていた天使が行っていると言われています。そして清平の役事は、このイエス様の天使が行っていたと言われています。

ですから、このイエス様が使っておられた天使が、この天使である可能性が高いといえます。

こういうことからも、今にして思えば、私は清平霊界圏を復帰する使命があったのかも知れません。

また、このようなことからテネシー清平霊界圏とともにある祭司、金孝南が行っていた全ての役事の権限を持つ祭司だと思っています。


それで出雲神社を一番最初にして、靖国、長崎原爆犠牲者、花岡山プロテスタント、山口を中心とした隠れキリシタン霊界、そして今回広島原爆犠牲者と二代王様の先祖解怨式に連結する祭事を行ってきました。

日本人のキリスト教徒の先祖解怨式に連結する祈りは、隠れキリシタン霊界解放以降、続けて条件を捧げ祭事を行ってきました。

もちろん今も敬拝と祈りの条件を捧げています。


山口での隠れキリシタン先祖解怨、この時は、聖霊の波状攻撃と言っていいほどの、涙が何度も何度も溢れ出る聖霊体験をしました。

その時の解怨祝福によって、山口聖殿の教会長婦人は、エクモにお世話になるほどの重いコロナからの奇跡の生還が出来たのだと思います。

沢山の善霊や天使がそのサモニムのところに集まっていましたので、私は助かると思っていました。


そのように解怨対象になった霊人との、その時々の出会いは、強烈な思い出です。

出雲「来てくれてありがとう」。

靖国「遅いもっと早く来てほしかった」。

長崎「主が望まれた生命です。捧げることが出来て嬉しい」。

花岡「日本は国がキリストにたたなければならない」。

広島「何も恨んでいません。私達は救われるのですから。でももう少し早くきてもよかったですね」。・・・

このような強烈な出会いがあったにもかかわらず、深刻に受け止めることが出来ていません。

私自身、このような霊との出会いを大切に出来ていないのかも知れません。

どうすれば、お父様に栄光を返すことが出来るか、とても悩んでいます。


先祖解怨を簡単に考えてはいけない


霊界は恐ろしいところです。

韓氏オモニ、偽りの基元節の時、韓国清平の傍系先祖解怨式を行ったところ、足に数多くの痣ができました。つまり韓氏オモニの呪いです。その呪いの霊も見たことがあります。

この韓氏オモニの呪いの霊を先祖解怨するのに10年かかりました。

今年2月22日、足が突然とても綺麗になって痣がなくなっていました。もちろん加齢による痣は消えません、歳ですから(笑)。


それにしても本当に不思議なことに韓氏オモニの呪いが始まったのが2013年2月22日(旧暦1月13日)偽りの基元節から、その呪いから解かれる2024年2月22日(旧暦1月13日)まで、きっかり一日も違わずピッタリ10年です。さすが韓氏オモニの呪いです。


ですので、安易に霊界解怨をやるととても危険です。相手の霊を被ってしまいます。

贖罪条件、精誠条件が必要です。

私は真のお父様の聖和の日から今までの12年、条件を捧げて来ました。

贖罪条件をしてくださる方の分立された恨霊の二代王様解怨式参加願いの祭事を毎年行っています。傍系先祖の解怨をしたい方にももちろん条件を立てていただいています。


二代王様のテネシー清平の先祖解怨には、その解怨の願いを受けいれて下さるかどうかはお父様次第だというアナウンスがあります。

これは色々なイレギュラーな申請があるということでしょう。

どのような解怨を願っているのか知りませんが、その霊に関する恨霊を被ることになるので、安易に申請しない方がいいでしょう。

贖罪条件、精誠条件が必要です。


テネシー清平霊分立役事、治癒役事


これからテネシー清平の霊分立の役事、治癒の役事が始まっていくことでしょう。

私自身は清平を実体的にお父様の三代王権に復帰した、お父様のテネシー清平霊界圏とともにある祭司です。

その時金孝南から復帰し相続した清平の権能を持っています。

また清平のその中心的大天使や医療天使たち、その他の天使たちがともにしていると思っています。

ですのでテネシーに行かなくてもテネシー清平の治癒役事ができると思っています。


それで私の聖殿教会員や、別聖殿教会でも一緒に条件をしてくださる方、献金をして下さる方の解怨の祈りを、治癒の祈りを毎日捧げています。

霊分立、病気治癒の役事、奇跡も起きています。


しかし、そのような恨霊を被るという危険性があるので、安易に祈って欲しいと言われても、祈るつもりはありません。

日々の精誠は容易ではありません。

そういう意味では小さな聖殿教会でよかったのかも知れません。

そのように限定して、精誠を捧げて下さる、そのような方々のために解怨を祈り、霊界治癒役事の祈り、これからも敬拝を捧げ訓読し、祈り続けたいと思います。


蛇足ですが、祝福家庭にはその家庭担当の天使がいます。二世にはその二世を導く担当天使がいます。

それにもかかわらず、ほぼほとんどの祝福家庭と二世が、お父様、二代王様の三代王権に来ることが出来なかったことを残念に思います。

しかし、これらの担当天使たちが導くことを信じています 


独自霊分立を行う金孝南


ところで、大母をやっていた金孝南は韓氏オモニに更迭され、その後、霊界治癒役事を独自にやっているようです。

韓氏オモニとは別に独自に行っているようです。


▲江原(カンウォン)平昌(ピョンチャン)清誠愛苑(チョンソンエウォン)入口

▲金孝南霊分立ビデオ

清誠愛苑、これだけの立派な建物を作れるのですから、清平役事で、家庭連合への献金以外に、自分の私腹をかなり増やしていたのだと思います。

おそらく、このことが韓鶴子総裁にばれて公職から追放されたのでしょう。

それはほとんどが日本人からの献金。

それは現金ですから会計検査でチェックされることもなく、いくらでも自由にできます。


それでも多くの日本人を中心とした、もちろん他の外国からも、家庭連合の多くの信徒が金孝南の、この役事を受けに訪れているようです。

この霊分立のビデオを見て、 とても驚いたのですが、 なんと 韓国演歌で霊分立役事をしています。明らかに真言のお父様を背信しています

それでも金孝南を偉大な霊能者と仰ぐ信徒が多いという事のようです。

これは韓鶴子総裁にとっては献金を奪われているような気がして、非常に気分が悪いことでしょう。

しかし金孝南の霊界解怨、霊界治癒の権限は、2015年8月30日お父様の聖和三周の時、私はそれを復帰相続した上、清平霊界圏を復帰しましたので、彼女にはそのような権限は当然ありません。

彼女はどのような権限で霊を分立しているのでしょうか? その分立された霊はどこへ行くのでしょうか?考えてみただけで 恐ろしい気がします。


釣り伝道、ページビュー4百万回記念


最近のみ言は釣り伝道をしなさいです。

日本でも7000家庭伝道に向けて出発しました。

_________

伝道の釣針に食らいつく大物たち◆ 2024年5月22日テネシー清平水曜礼拝

釣り道具:2Aヴィトン、アドベント、KBH、ジープ、ハーレーetc


イエス様の漁師になりなさい◆2024年5月29日テネシー清平水曜礼拝


マタイ4:18さて、イエスがガリラヤの海べを歩いておられると、ふたりの兄弟、すなわち、ペテロと呼ばれたシモンとその兄弟アンデレとが、海に網を打っているのをごらんになった。彼らは漁師であった。 4:19イエスは彼らに言われた、「わたしについてきなさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう」。 4:20ると、彼らはすぐに網を捨てて、イエスに従った。


人を釣る漁師、この精神を持たなければなりません。特に伝道に出るときには。

私たちの教会は日本でだけ伝道して、献金摂理があったため、韓国、米国教会は全て弱い。

伝道しなくても良いからです。

伝道は実際、釣りです、釣り。釣りは実際最も深い内容です。深い内容で面白い内容です。人に会って同時に神様の役事と王国に連結することができる、祝福家庭にもなることができる道に、とりあえずチャンスがあります。機会があります。

ボートに入るかどうかは分かりませんが、それでも私たちは信じて連結します。そのようにすることによって、そこから新しい生命が現れることができる。

___________

昨日6月14日の時点で4,008,736回のアクセスがありました。

釣り伝道、私は2015年1月からこの釣りを始めました。

ネット宣教、伝道は2015年3月から始めて満8年になります。

そうして、2015年8月8日、137家庭が集まってエルダーさんの祝祷で真のお父様の権限圏に戻る祝福式をしました。もちろんネット伝道だけではありません。直接伝道した人もいます。

ほとんどが他の聖殿教会に行きました。所属は関係ありません、生命が重要です。

そのように極わずかの信徒しかいない中で頑張ったのではないでしょうか。


ただ、全体の信徒数、聞いている家庭数の割には、読者数はとても少ないです。

それが理由なのかは分かりませんが、王様の御言を理解している人は、とても少ないと感じます。

最近、王様の御言に関心度が少なくなったのか、どうか分かりませんが、アクセス数はとても少なくなりました。


2020年頃までは、キングスリポートが毎日あるなどの影響から3日間寝ないで翻訳してブログ発信したり、寝ることも出来ずそのまま会社に行くことは毎週、1日や2日はありました。

痛みを伴う慢性眠気と目の周りの頭痛神経痛片頭痛は固定化し、いつポックリ過労死で逝ってもいい状態なのですが、まだ生きています。


そういえば昨年コロナでぶっ倒れて、堕落天使に殺されそうになり3週間ほど生死を彷徨っていましたが、真のお父様と康お母様に助けて頂きました。

助かったのを無念そうに見つめる堕落天使、そのような朝日を背に立つ堕落天使、初めて見ました。

この時「休むな。み言葉を出せ。止まったら死ぬぞ」というコメントが残されていましたが、まだ生きています。(笑)

ただ、生死を彷徨う戦いをしましたので、かなりその後遺症ダメージは残っており、本当に翻訳、ブログ作成が困難になってしまいました。


いずれにしても、このブログを読んで聖殿教会に行きたい思った人は、ほぼ100%他の聖殿教会に行くようです。

そのように他の聖殿教会であろうと、真のお父様の権限圏に帰り、新規に伝道されたりしているようで、それは素晴らしいことです。

お父様に栄光を捧げ、天が願う7000家庭伝道に少しでも貢献できればと思います。


以下はページビュー400万の国別内訳です。



意外にも米国が多いですね。そして韓国、ロシアと続いています。

このように世界の日本語圏の人々の宣教に役立っているようです。

日本での7000家庭伝道プラス、世界伝道に少しでも貢献出来ればと思います。

アボジカムサハムニダ


キリストにあって、ひとつの民族、アブラハムの子孫


これも伝道の御言です。そしてとても励みになる御言です。

__________

キリストの中にいてこそ、アブラハムの子孫、神様の子孫

◆2024年5月29日テネシー清平水曜礼拝 


ガラテヤ人への手紙3章16節です。

16 ところで、約束は、アブラハムとそのひとりの子孫に告げられました。

アブラハムとそのひとりの子孫に話された事ですが、


神は「子孫たちに」と言って、多数をさすことはせず、ひとりをさして、「あなたの子孫に」と言っておられます。その方はキリストです。

ああ、その方はキリストです。

だから誰がアブラハムの種になったのですか?キリスト。


そしてこれはアブラハムと子孫に約束されたではないですか。

イスラエルの国でなく、イスラエル政治の国でなく、アブラハムと子孫に。

アブラハムの種の福はどこから出ますか?イエス・キリスト。キリスト。

その次28節

28 ユダヤ人もギリシヤ人もなく、奴隷も自由人もなく、男子も女子もありません。なぜなら、あなたがたはみな、キリスト・イエスにあって、一つだからです。

ユダヤ人、ギリシャ人もなく、一つだから、次


29 もしあなたがたがキリストのものであれば、それによってアブラハムの子孫であり、約束による相続人なのです。

聞きましたか?キリストのものであればアブラハムの子孫だ。


ですからアブラハムの子孫は、ただユダヤ人だけでなく、キリストの中に。アブラハムの種はイエス様。キリストの中にいる方もアブラハムの子孫になってしまう。


だからユダヤ、今現在、政治イスラエルにした国でなく、子孫、アブラハムの子孫。

キリストの中にいる人もアブラハムの子孫。そうでしょう?


なのでキリストの中で私たちは新しい生命を得て、新しい人になり、新しい子孫になります。新しい子孫。

__________

この御言通りです。

キリストの中にいてこそ、アブラハムの子孫、神様の子孫。

キリストにあって、ひとつの民族、アブラハムの子孫。

真のお父様を通して、兄弟姉妹だと私たちは言いました。 またそのようにも感じてきました。

ところが 家庭連合ではイエス様に対する認識がとても低く、 それどころか 真のお父様に対する認識もとても低いものでした。

ですから このガラテヤ人への手紙、「あなたがたはみな、キリスト・イエスにあって、一つ。あなたがたがキリストのものであれば、それによってアブラハムの子孫であり、約束による相続人なのです」、この意味が理解できていなかったと思います。


先月の礼拝、「二代王様の低位キリスト論、高位キリスト論」でも語ったように、低位キリスト論、高位キリスト論のことを家庭連合どころか聖殿の教会長もまるで理解していませんでした。

イエス様、真のお父様に対する理解は極めて低位キリスト論的でした。

福音書も、 マタイ、マルコ、ルカは低位キリスト論と言われています。 イエス様に対する理解が人間的です。

ヨハネによる福音書は高位キリスト論、イエス様を神として論じています。


イエス様をお父様を、ヨハネによる福音書のように高位キリスト論 、イエス様を真のお父様を、神として見ることによって、私たちはアブラハムの子孫であり 神の子孫であり 1つの民族であるという共通認識が聖霊の役事によって持つことができます。

 私たちはこのヨハネによる福音書のキリストの理解によって信仰し伝道していく必要があります。

そうでなければ このガラテヤ人への手紙、 この二代王様のみ言の意味は 理解できないですし キリストにあって伝道によって一つの民族になるということは 感性的に成り立たないのです。 



WHOパンデミック条約反対、世界的トランプ・ラリー


__________

ハート絵禁止、真の愛は血の滴 ◆ 2024年6月5日テネシー清平水曜礼拝


だから今年、・・・日本も同じです。日本も愛国の市民たちが出てきて、コビット反対、WHO反対、UN反対をしたではないですか。大きな行事を。UKも出てきてトランプ大会をしました。UKでも。


今や世界的にトランプラリーが現れました。どうして?今回の選挙は世界人類歴史で最も重要な選挙です。世界で。米国だけの問題ではありません。

これにトランプ大統領が勝つことができなくてこいつらが再び盗んで行ったら、世界は4年間これ以上することができません。今は完全に第三次世界大戦、核をすぐに落とす直前ではないですか、今!


だからこいつらは狂った奴らなので、世界を滅亡させてこそ自分たちが世界にある全ての資産を安く買うことができるのです。

ロスチャイルド銀行家たちはこちらにも支援して、あちらにも支援して。2つとも戦争させる。


だから戦争に誰が勝つか、関係ありません。そいつらが常に勝ちます。なぜなら2つとも支援します。勝つ方が全てのお金を返さなければならないので、全ての資産を持って行って、負けた国は再び再生しなければならないので、再びリビルディングしなければならないので、再びお金を借りなければなりません。


そうしながら銀行家たちは、詐欺師たちは、ロスチャイルド銀行家はこのようなシステムとして続けて戦争を起こさなければならないシステムで世界を支配。

世界中央銀行。天一国憲法で、中央銀行は合法ですか不法ですか?不法!

だからこいつらは、グローバリストのやつらはこのようなことをとても恐れます。

__________

5月31日のWHOから命を守る国民運動、相対者も頑張りました。5万人は集まったようですが、マスコミは一切報道無しです。


聖殿には安倍元首相のことをあまり評価しない人もいます。

しかし、どれほど真のお父様は、安倍首相に期待をしておられたか知って欲しいと思います。


岸田政権は、当時、安倍元首相の助言があり、バイデン政権の言う事を聞きません。

そうしたところ、安倍首相の暗殺が起こりました。

その真実を知っている岸田政権や政治家はそのことを知っているのであとはバイデン政権の言いなりです。WHOの言いなりです。もちろんマスコミも言いなりです。


世界ではWHOに反対する国の首相、大統領、イランは大統領、外務大臣がヘリ機事故で命を失い、チェコスロバキアのフィツォ首相が銃撃され重傷を負いました。


どれほど日本が悪くなりましたか?5万集まろうが100万集まろうが、実は無駄なのです。安倍元首相暗殺で、国民の声よりもバイデン政権やWHOの言うことが重要なのです。

いまや日本は世界のどこでも行わないレプリコンワクチンの大量生産、大量摂取を日本人に行おうとしています。

他にも、移民政策、LGBT法案可決、急激な課税拡大、控除をなくしたりなどのステルス増税拡大など、

このように安倍首相が彼らに殺されて、日本国民はこんなにも悪くなりました。

摂理的にどれほどの神側の損失であったか。


日本でデモしても無駄だと叫んでいる二世を含めそのような聖殿食口が多い中、もしかしたらサンクよりも一般の方のほうが意識が高いかもしれません。


皆さん、こんなデモをしても無駄なことは分かっています。それでもデモするしかない。

そんな思いで、これからも皆さんデモしていきます。そのデモは続いています。

その思いは霊界に通じると思います。

トランプが勝利するしかありません。霊界が働いて勝利が起きることを信じています。


______________________



聖霊役事祈祷会

_____________________________________

それでは聖霊様をお呼びし皆様とともに聖霊役事祈祷会を始めたいと思います。

天皇家のルーツをエフライム族の王家とする説があります。

天照大神という女性神信仰、八百万の神信仰など日本の文化に、このバアル神を見ることができます。

エフライムはヨセフの二番目の子、日本人はヤハウェの神に帰らなければなりません。


熊本バンドの霊人が言ったように、日本はキリストを迎えないといけません。

「日本にキリストのリバイバルを起こしたい」もう一度、そういう熱意を持って、このキリストを受け入れる日本のキリストのリバイバルを祈り続けたいと思います。


それでは聖霊役事の祈りを捧げて行きたいと思います。


今はヨハネの黙示録の時代、堕落天使ら悪霊との霊的な戦いであると言いました。そのような 霊的な戦いに勝利するために聖霊役事の祈祷を捧げていきたいと思います。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

多くの人にテネシー清平霊界圏役事とヨハネの黙示録12章霊界圏役事が起きるよう祈ります。

2015年、真のお父様聖和三周年の8月30日に韓国清平に行って清平役事を奪還し三代王権に相続する儀式を行って以来、テネシー清平の訓師達より7年早く先駆けて三代王権清平役事の祈り、三代王権清平解怨祝福の祈りを捧げてきました。この祭事がなければ真のお父様は二代王様を通してテネシー清平役事摂理を、地上起こすことが出来なかったかも知れません。

 

今、テネシー清平役事は真のお父様が指導される康お母様主管の、洪順愛テモニムがサポートされ、孝進様、興進様、榮進様、喜進様、恵進様が共にされる聖者聖軍、天使天軍による霊界の役事になります。もちろん真のお父様の聖霊、イエス様の聖霊が主体です。

これからもそのような テネシー清平役事が皆様にありますよう祈り続けていきたいと思います。


それでは、これより、ヨハネの黙示録12章天宙霊界圏聖霊役事と、真のお父様のご指導による康お母様、孝進様、興進様、榮進様、喜進様、恵進様と洪順愛テモニム補佐官によるテネシー清平役事の祈祷会を始めたいと思います。

 ー信仰告白 ー <信仰告白問答> 


キリストが熱い祈りを捧げたことが分かります。
「父よ、みこころならば、どうぞ、この杯をわたしから取りのけてください」と跪いて泣きながら血にまみれて祈りました。血が毛穴から噴き出していました。
床に染みを付けながら。十字架に付けられる前に最初に流した血です。
十字架の前から血を流していました。


 イエス様があなたの主であり救い主であることを信じますか?

はい、イエス様が私の主であり救い主であることを信じます。


 イエス様はあなたの罪を背負いながらもあなたを救うために死に行かれたことを信じますか?

はい、イエス様は私の罪を背負いながらも私を救うために死に行かれたことを信じます。

 イエス様はあなたを救うために聖霊とともに蘇られ聖霊とともに今まさに生きて働いておられると信じますか?

はい、イエス様は私を救うために聖霊とともに蘇られ聖霊とともに今まさに生きて働いておられると信じます。


 そのように信じる方は前に出てともに今した信仰告白を祈祷を持って捧げ聖霊の役事を受けましょう。

聖霊役事祈祷会


今、私は聖霊とともにあることを感じます。私自身祈れば聖霊の炎で手が包まれ熱くなるようになりました。康お母様と共に聖霊の御業が皆様に起きるよう主に賛美を捧げます。
今日は少数ではありますが、日本全国ではこの時間祈りをもってこの礼拝と儀式に参加して下さっています。
それでは、ヨハネの黙示録12章の天宙霊界圏の真の父母聖霊役事と康お母様の天使役事が、トランプ大統領に勝利をもたらすように、そして、ヨハネの黙示録16章の7つの鉢の災禍から多くの人が逃れ、日本にキリストのリバイバルが起きるよう、祈りを共にする人々にそして日本にありますよう聖霊役事祈祷会と合わせて、また皆様の条件が二代王様の先祖解怨祝福式に連結されるよう祈りを行いたいと思います。

まずそれでは祈祷します。

ーアノインティング心得 ー 
2018年10月7日英語説教より編集

キリストが熱い祈りを捧げたことが分かります。「父よ、みこころならば、どうぞ、この杯をわたしから取りのけてください」と跪いて泣きながら血にまみれて祈りました。血が毛穴から噴き出していました。床に染みを付けながら。十字架に付けられる前に最初に流した血です。十字架の前から血を流していました。

キリストにとって何が危機に瀕しているのか考えてみてください。処刑台の上に行こうとしている人です。いつでも屠り場に行く準備ができています。いつでも鞭でずたずたにされる準備ができており、十字架に投げつけられて血を流す準備ができています。彼はいつでも処刑台の上に行く覚悟ができている人です。

神様がアノインティングを与える時、あなたはもっと大きな責任を持つことになります。

神様があなたを高めている時に人に期待しないでください。

神様のために熱狂的になって、人をキリストにつなげようとしていても期待しないでください。人は様子眺めをするでしょう。腕組みをしながら「うまくいかないと思う」と言って。

それでもあなたは信じて祈り、地獄の軍隊に抵抗して立ち上がります。

何とか突破して神様が救出してくださり、強力な勝利を与えてくれるとすぐにみながやってきて、「やったー!最初から信じていました」と言うのです。「一瞬も疑わなかった」と。そして「小切手を切ってください」。

しかし失敗すれば、「前から分かっていたよ」「そうなると言ったじゃないか」と言います。

神様があなたを高める時、神様があなたを裁き主にして権威と力を与える時、あなたは弱くてはいけません。それはあなたのためだけではなく、神様の栄光のためです。

地の果てに行って福音を説き、鉄のつえの王国を黒人、白人、アジア人、全ての人にもたらす人たちです。そうして人々は抑圧と支配と権威、暗闇の世界の支配者、天にいる悪の諸霊から解放されるようになります。そして最後には王国が到来します。

この場に神様の霊をとても強く感じます。この場にアノインティングを感じます。神様は私たちにあらかじめ警告しています。

なぜならあなたが共同相続人として神様の王国に足を踏み入れる時、またサタンの勢力に抵抗する力強い柱として立つ時、彼らはあなたに反対します。

またあなたはいつも正しいわけではないかもしれません。しかし、自分の理解ではなく神様のみ言を求め、いつも自分の理解を当てにしないで神様を認めるなら、あなたの道を神様がまっすぐにしてくれます。

みなさんの中には途方もない経験をする人もいるでしょう。神様だけがご存知です。神様はあなたが経験しようとすることをご存知です。

<聖霊役事祈祷会後の簡単な証>

昨年2017年5月神様から賜った「我が息子イエスは今も私の聖霊とともにあり役事をしていることを知らせなさい。」というみ言を賜りました。

この啓示を受けてから私はずっと神様とお父様とイエス様の聖霊三位一体のことを祈ってきました。

そして昨年2017年9月23日、天宙完成真の父母完成祝福式の時、康お母様が真のお母様になられ、この三位一体も完成することを事前に悟り、このヨハネの黙示録12章の天と地が一つになるよう三位一体の聖霊の完成するよう儀式をもって祈りました。

そして今年同じ日の9月23日、同じヨハネの黙示録12章の日、その真のお父様とイエス様の三位一体の聖霊を賜りました。

このように二代王から聖霊を賜り聖霊役事、聖霊洗礼という形で、この御言を実践できるようになったことを嬉しく思います。

二代王の聖霊洗礼の時、人が倒れて横たわっていますが、ある女性は同じように横になって2時間ほど立てない状況でした。別に二代王のように頭を押したわけではありません。アーメンと頭に触れただけです。また体がチクチクと治療される感じがあったという証もありました。

2015年8月30日、韓氏オモニが天の父母様と言う霊と結婚することにより清平に閉じ込められていた、天使天軍の解放儀式を行いましたがその解放された天使達が、聖霊の僕として大いにこの聖霊の役事を助けているのかも知れません。

私は聖霊役事の祈祷をすると両腕が、手のひらが聖霊の炎で燃えている感じになります。熱く手が燃えるようにジンジンと響きます。

毎日聖霊役事祈祷をしていますが、毎回そのように腕が聖霊で燃えます。

ですので、これからはイエス様の名で祈り、この聖殿として成功するためのお父様とイエス様の聖霊の炎が日本中に届き、キリストのリバイバルが起きることを願い、三代王権が成されることが成就されるよう毎日聖霊役事の祈りを捧げ、礼拝の後は聖霊役事祈祷会と聖霊洗礼を行いたいと思います。

<当教会が聖霊ペンテコステ聖殿教会である理由>

1.直接聖霊役事を受けたこと。実際体に入ってくるその聖霊を見たこと。

二代王の役事祈祷文:「お父様の大きな能力で、お父様の聖なる聖霊でお父様、この聖殿に現れて下さり、お父様の聖殿として祝福して下さり、役事してください。お父様の大いなる聖霊で成功の御手をお父様、役事して下さい。」

2.既に聖霊役事の証がある

①光が見えた。先祖の霊が自分に入ってきた。②ずっと涙が流れっぱなしだった。③親から自立するよう叱られたと感じた。

④ある婦人は床に倒れて霊動しながら、3時間あまり立ち上がることができなかった。

⑤自分の霊人体が急に大きくなった。⑥亡くなった両親の霊を感じた。⑦霊界から体を治療されているように感じた。⑧頭に力を感じた。⑨手がビリビリと来た。⑩腹痛が治ったなど。

もちろん、何も感じなかった人の方が多いですが。

3.聖霊役事を行う度、腕が聖霊の炎で満たされ燃えるように熱くなりジンジンする。

4.当教会は天宙霊界圏聖殿教会である。

2017年9月23日ヨハネの黙示録12章・完成祝福の内容を悟り祭事を行ったところ、

「何らかの理由で霊界が降りてきて、天宙霊界圏におおわれました。」2017年9月24日のお知らせと言って頂いたこと。

5.2017年5月神様の啓示を受け、神様とお父様とイエス様の聖霊三位一体のことを祈ってきたこと。

6.2015年8月30日清平で清平役事天使の解放と相続の儀式を行った。聖霊とともに清平役事を天使が行う聖殿教会なのかもしれません。

これからは

お父様の聖なる聖霊で、この聖殿に現れて下さる聖殿、

お父様の聖殿として祝福された聖殿、

お父様の大いなる聖霊で成功を役事して下さる聖殿

そのような聖霊役事を行う聖霊教会として皆様とともに日本にキリストのリバイバルを起こして行くイエス聖霊ペンテコステ聖殿教会でありたいと思います。

この聖殿教会は9.23ヨハネの黙示録12章天宙霊界圏とそのイエス様とお父様の聖霊とともにある希有な教会です。


この礼拝に参加している方、聖霊の役事を受けた方の中から是非、聖霊の役事を行える方が出てこられイエス様とお父様と二代王を証して行かれますよう祈願します。


* 参 考 *

<ヨハネの福音書に見る聖霊>

ヨハネの福音書、特に14~16章は、聖霊の章句とも呼ばれている。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

御霊:

1:32ヨハネはまたあかしをして言った、「わたしは、御霊がはとのように天から下って、彼の上にとどまるのを見た。1:33わたしはこの人を知らなかった。しかし、水でバプテスマを授けるようにと、わたしをおつかわしになったそのかたが、わたしに言われた、『ある人の上に、御霊が下ってとどまるのを見たら、その人こそは、御霊によってバプテスマを授けるかたである』。 1:34わたしはそれを見たので、このかたこそ神の子であると、あかしをしたのである」。


聖霊

3:34神がおつかわしになったかたは、神の言葉を語る。神は聖霊を限りなく賜うからである。 3:35父は御子を愛して、万物をその手にお与えになった。 3:36御子を信じる者は永遠の命をもつ。御子に従わない者は、命にあずかることがないばかりか、神の怒りがその上にとどまるのである」。


7:38わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その腹から生ける水が川となって流れ出るであろう」。 7:39これは、イエスを信じる人々が受けようとしている御霊をさして言われたのである。すなわち、イエスはまだ栄光を受けておられなかったので、御霊がまだ下っていなかったのである。

14:16わたしは父にお願いしよう。そうすれば、父は別に助け主を送って、いつまでもあなたがたと共におらせて下さるであろう。 14:17それは真理の御霊である。この世はそれを見ようともせず、知ろうともしないので、それを受けることができない。あなたがたはそれを知っている。なぜなら、それはあなたがたと共におり、またあなたがたのうちにいるからである。

14:25これらのことは、あなたがたと一緒にいた時、すでに語ったことである。 14:26しかし、助け主、すなわち、父がわたしの名によってつかわされる聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、またわたしが話しておいたことを、ことごとく思い起させるであろう。 14:27わたしは平安をあなたがたに残して行く。わたしの平安をあなたがたに与える。わたしが与えるのは、世が与えるようなものとは異なる。あなたがたは心を騒がせるな、またおじけるな。

15:26わたしが父のみもとからあなたがたにつかわそうとしている助け主、すなわち、父のみもとから来る真理の御霊が下る時、それはわたしについてあかしをするであろう。 15:27あなたがたも、初めからわたしと一緒にいたのであるから、あかしをするのである。


助け主:

16:7しかし、わたしはほんとうのことをあなたがたに言うが、わたしが去って行くことは、あなたがたの益になるのだ。わたしが去って行かなければ、あなたがたのところに助け主はこないであろう。もし行けば、それをあなたがたにつかわそう。 16:8それがきたら、罪と義とさばきとについて、世の人の目を開くであろう。 16:9罪についてと言ったのは、彼らがわたしを信じないからである。 16:10義についてと言ったのは、わたしが父のみもとに行き、あなたがたは、もはやわたしを見なくなるからである。 16:11さばきについてと言ったのは、この世の君がさばかれるからである。


16:12わたしには、あなたがたに言うべきことがまだ多くあるが、あなたがたは今はそれに堪えられない。 16:13けれども真理の御霊が来る時には、あなたがたをあらゆる真理に導いてくれるであろう。それは自分から語るのではなく、その聞くところを語り、きたるべき事をあなたがたに知らせるであろう。 16:14御霊はわたしに栄光を得させるであろう。わたしのものを受けて、それをあなたがたに知らせるからである。 16:15父がお持ちになっているものはみな、わたしのものである。御霊はわたしのものを受けて、それをあなたがたに知らせるのだと、わたしが言ったのは、そのためである。


20:21イエスはまた彼らに言われた、「安かれ。父がわたしをおつかわしになったように、わたしもまたあなたがたをつかわす」。20:22そう言って、彼らに息を吹きかけて仰せになった、「聖霊を受けよ。 20:23あなたがたがゆるす罪は、だれの罪でもゆるされ、あなたがたがゆるさずにおく罪は、そのまま残るであろう」

0 件のコメント:

コメントを投稿