2023年2月8日水曜日

2022年11月27日英語日曜礼拝<全文> 真なる唯一の神◆ 文亨進二代王

2022年11月27日英語日曜礼拝<全文>

真なる唯一の神

文亨進二代王

kijoksori さんの、ご厚意による連載一挙掲載です。ありがとうございます。

One True God (Sanctuary Church Sunday Service 11/27/2022)

〔2022年11月27日 英語礼拝①〕


 家庭連合崩壊に気が付き始めた家庭連合信徒たち


神のご加護を。ありがとう、カイル王。(略)

 

私たちはここはテネシーにいますが、それは、信じられないことです。韓マザーの呪いが世界中に広まった後、(審判が)世界中で起こっているのです。人類史上初めて地球を覆う災い、世界的なロックダウン、そういった信じられないようなことが・・・お父様が聖和された直後に私たちは予言しました。なぜなら、私たちはそのことの重大さというものを知っていたからです。私たちはただ、信仰によってそれを行いました。しかし、10年以内に、この信じられないような現実がやってきました。それはお父様がどういう方であったのかという証拠に他なりません。

 

今、日本では、家庭詐欺連合全体が文字通り停止されています。政府全体が、日本政府が、それを追及しているのです。文字通り毎日ニュースになっています。 生き残ることができず、もちろん、韓マザーが行っている冒涜的な背教のためにお金を送ることもできません。彼らは、モロク、サタン、悪魔の神の1つに敬意を表して、汚らわしいフクロウ寺院を建てているのです。韓国では、私たちが言ったように、今、完全に崩壊しようとしています。数ヶ月前に私達が言ったことを思い出してください。彼らはすでに、お父様が投資された大きな土地などを売っています。

 

そして今、普通のメンバーは、気づき始めています。韓国人の莫大な数の兄弟姉妹が気づき始めているのです。もっともっと売れれば、もっともっと現実味を帯びてきて、もっともっと破砕されるでしょうから、そういうことが今急速に起きているのは信じられないことです。


そして、文字通り10年の間に、(略)裁きの鉄槌が下されたのです。私は子供たちにスペインの歴史を話したのですが、世界的な災難のために7年間の役事がありました。そして、10年以内に韓マザーという異端が完全に爆発することが予言されていました。歴史的に見れば一夜にしてという感じです。

イエス様は3日目に復活し、神殿は焼き払われ、取り壊されると言われましたが、その時、イエス様が亡くなってから40年かかりました。40年という年月は、私たちにとっても5年、7年、10年という年月に感じられるでしょう。長い時間でした。

 

40年というと、皆さん、想像してみてください。若い人たちが50歳、60歳になったとき、家庭詐欺連合が爆発するのです。それと比べると、これがいかに速いか、おわかりいただけると思います。信じられないことです。歴史の中でこれを見ると、信じられないほどの速さです。摂理の動きの速さです。


さて、そうなると、もう逃げ場はなく、詐欺と異端を続ける場所もなくなります。それで、神はミクロコスモスのレベルで裁きを注いでおられるのです。


初めから男と女を造られた


さて、今日の聖句に飛びましょう。マタイによる福音書第19章です。マタイによる福音書第19章です。今日は、ジョナサン・カーンの新しい本に書かれている、とても素晴らしい洞察をたくさん紹介します。

そして、イエスがこれらのことばを言い終わると、ガリラヤから出発されました。そして、ヨルダンの向こうのユダヤの海岸に来たが、人々が彼に従ったので、彼はそこで彼らを癒したのです。アップにしましたか?はい、3節です。

 

さてパリサイ人たちが近づいてきて、イエスを試みようとして言った、「何かの理由で、夫がその妻を出すのは、さしつかえないでしょうか」。


 マ19:4イエスは答えて言われた、「あなたがたはまだ読んだことがないのか。『創造者は初めから人を男と女とに造られ、

 

聞きましたか、皆さん。「初めから」です。

 

私たちが猿から進化して何千年も経って、というのではありません。そして、日本ではチンパンジーが進化したのです。アメリカや西洋では、現代の進化論の宗教です。しかし、それは、イエス様が言われたことではありません。イエス様は「初めから」そう言っていたのです。進化論が、しばらくしてから、とかではなくて、「初め」からです。「初め」から、神は男性を造られ、男性とその人々を造る目的があったのです。では、5節を見てみましょう。

 

そして言われた、それゆえに、人は父母を離れ、その妻と結ばれ、ふたりの者は一体となるべきである』。彼らはもはや、ふたりではなく一体である。だから、神が合わせられたものを、人は離してはならない」。

 

皆さんも聞いたことがあると思いますが、夫婦の結びつきは初めからそうだったのです。何の話かわかりますか?原因があって、目的がある。それは神の本来の意図であり、初めから目的があったのです。結婚と家庭と男と女の話ですが、イエス様はどうされたのでしょうか?イエス様は神に訴えます。いったい何を?初めから、創造の初めからと。それがイエス様が訴えられたことです。男性と女性に関する全体的な問題、男性と女性の結びつきと結婚に関する問題全体を、このように訴えられたのです。それは、創造の始まりからだと。アーメン。


はい、それではこのまま続けましょう。

 

19:7彼らはイエスに言った、「それでは、なぜモーセは、妻を出す場合には離縁状を渡せ、と定めたのですか」。19:8イエスが言われた、「モーセはあなたがたの心が、かたくななので、妻を出すことを許したのだが、初めからそうではなかった。

 

そうです、人々は心が硬くなり、罪深くなったのです。彼らは神から離れ、サタンと結びつき、悪を増長させたのです。それで、神は彼らの心の硬さに応じて、そのようにされたのです。

 

19:9 そこでわたしはあなたがたに言う。不品行のゆえでなくて、自分の妻を出して他の女をめとる者は、姦淫を行うのである」。

 

そうです。

 

マ19:10 弟子たちは言った、「もし妻に対する夫の立場がそうだとすれば、結婚しない方がましです」。19:11 するとイエスは彼らに言われた、「その言葉を受けいれることができるのはすべての人ではなく、ただそれを授けられている人々だけである。19:12 というのは、母の胎内から独身者に生れついているものがあり、また他から独身者にされたものもあり、また天国のために、みずから進んで独身者となったものもある。この言葉を受けられる者は、受けいれるがよい」。

 

さて、繰り返しますが、明らかに、独身者やそのようなものについて話している人たちです。でも、初めには、そういう存在はいないのです。独身者(宦官)が目的だったんですか?

違うのです。その場合、彼らは結婚できないかもしれない。でも彼らは神の国のために働いているのです。しかし、初めから男と女がいるのです。それはとても単純なことではありませんね。しかし、とてもシンプルであるべきで、とてもとてもシンプルであるべきなのです。誰もが理解できることです。しかし、今日はそうではありません、今日はそうではありません。

 

19:13 そのとき、イエスに手をおいて祈っていただくために、人々が幼な子らをみもとに連れてきた。ところが、弟子たちは彼らをたしなめた。するとイエスは言われた、「幼な子らをそのままにしておきなさい。わたしのところに来るのをとめてはならない。天国はこのような者の国である」。19:15 そして手を彼らの上においてから、そこを去って行かれた。

 

なるほど、ここでもイエスが子供たちに信じられないほどの霊的価値を吹き込んでいるのがわかります。彼は、王国へ行くためには、これらの子供たちのような純粋さと心を持たなければならないと言いました。だから、彼はそうなのです。


古代世界では、子供には何の価値もなかったことを思い出してください。古

代文明では、中絶して子供を殺し、国家や寺院に売り渡すことが普通でした。では、古代世界では子供には価値がなかったのかというと、イエス様が登場し、そうではないとおっしゃいます。イエスが登場して、「子どもには価値がある」と言ったのです。

つまり、子供は社会で最も罪のない市民なのです。その社会が最も罪のない人々をどう扱うかで決まる。その社会について多くのことを示すことになるのです。アーメン。そうなのです。

 

 


〔2022年11月27日 英語礼拝③〕

子供を犠牲にする女神が戻ってきた


つまり、あなたの社会で最も罪のない人々、市民をどう扱うかは、あなたが今、良い人であるかどうかの大きな指標となるのです。

さて、それはさておき、本題に入りましょう。この作品の一部をお見せしましょう。

これはかなり、かなり、かなり、かなり、かなり、かなり、かなり深くやっています。

しかし、重要なことは、先週、3つの異なる神が戻ってきたという話をしたことです。


アメリカの再異教徒化が始まり、それはほとんど、西洋文明、西洋を基本的に支配しています。

私達は、異教徒の国、異教徒の国、異教徒の世界になっています。特に、このグローバルな通信システムや、私たちのほとんどが持っている携帯電話、iPhoneなどのグローバルな通信システムによって、異教徒の国になってしまったのです。

西洋の再異教化が起こっているのです。

私たちはかつて、福音の力、そう、キリストの力によって、これらの異教の神々を古代世界から追い出しました。ローマ、ギリシャ、メソポタミアなど、さまざまな地域で異教徒の神々が追い出されたのです。それらはすべてが追い出されました、悪魔に取り憑かれたように追い出されたのです。

そして、彼らは皆、イエスの力、そう、神の力を持って追い出されたのです。そして、何世代にもわたって、これらの神々はこれらの土地に住むことはなかったのです。住まなかった。そう、住まなかったんです。ヨーロッパは実は非常に強力なキリスト教国だったのです。 


今、私たちは自由を手に入れました。そして、キリストがいるところにも自由があります。そう、聖書が語る自由があるのです。その自由とは何からの自由ですか?罪からの自由、砦からの自由、サタンからの自由、悪や邪悪さからの自由です。

キリストは闇と悪に立ち向かう善だからです。

しかし、アンチ・ゴッド(神に反対する者)からの自由もあります。アンチ・ゴッドは文明を作り、神話の風景を作り出します。神話的な風景を創り出し、それによって人々が生き、社会に参加するための壮大な物語を創り出すのです。

 

アンチ・ゴッドの壮大な物語は、親が子供を守らない環境を作り出し、親は子供を国家に売り渡すことになります。親は子供を国家に売っているのです。売春婦になるように売ってるんのです。

皆さん、何の話か分かりますか?


例えば、今アメリカには 母親であるべき女性たちがいます。彼らは子供たちの保護者であるべきです。でも今、彼女たちはこう言うのです、「私は赤ちゃんを殺したい」と。「生きているのは分かっている。私はそれを殺すつもりです。」

これは、これは、看護師もそう言っている投稿がたくさんあります。医療に携わる人たちです、医療に携わる人たちです。

なるほど、生物学的には本物の人間なんでしょうけど。しかし、私はそれを殺します。それは私の体の中に居させない。そうすることは、私の体、私の選択なのです。

彼女たちは、母親は胎児の保護するものであることから、自分(母親)を守るモンスターになってしまったのです。彼女たちはモンスターになったのです。西洋の女性たちは、赤ちゃん殺しの祭壇の血に影響されています。子供を殺す祭壇の血は、モンスターになりました。怪物的な女性、悪魔に取り憑かれた女性です。


皆さん、何の話か分かりますか?

しかし、それはすべてどこかで、明らかに自己を崇拝していることからきているのです。しかし、もっと大きなコンテクスト(背景、文脈)では、先週見たアンチ・ゴッド(反神)からきているのです。


そこで私たちは、バアルについて話をしました。彼は金の子牛として非常によく知られています。

彼はまた、フクロウでもあるモロクと一緒に子供の生け贄を捧げました。彼はまた、子供を生け贄として殺したり、イシュタルやアシェラ、アフロディーテもいましたね。彼女はローマ時代にはアフロディーテになり、ギリシャ時代にはヴィーナスになります。ローマ時代にはアフロディーテになり、ギリシャ時代にはヴィーナスになります。

このように、さまざまなものがありますが、そこには女神もいるのです。

 


2022年11月27日 英語礼拝④


戻ってきたアシェラ神


先週、話をしましたね。先週話したニンシュバーとアシヌを覚えていますか?これを覚えておいてください。アシヌは男と女という意味で、古代世界ではイシュタル、アシャラのパレードや祭りで使われていました。メソポタミアやバビロンの古代の世界です。それは、人々が女神を崇拝する場所であり、それは何ですか?堕落したエバなのです。

堕落したエバはサタンと一体化して堕落したのです。堕落したエバの霊です。堕落したエバの霊、悪魔に取り憑かれた女、そして彼女が持っているアシェラ。彼女はニンシュバーの援助を受けていることを忘れないでください。ニンシュバーとは何ですか?インターセクシュアル(ユニセックス:男性、女性の区別がない)な存在、トランスジェンダーな存在なのです。

 

皆さん、何の話か分かりますか?そうです、彼らは彼女を助ける人たちです。彼女を裏社会から脱出させるヒーロー的存在なのです。何を言っているのか?冗談だろう?どうやって飛ぶのだ?

そう、モラルの低下を知っているからだ。スーパースロープにつながるが、そこからどうやってジャンプするのか?女の子は放蕩者になるのです。

フェミニズムやオカルトと寝てばかりいて、シーンを崇拝し始めるのです。そして、明らかに赤ちゃん工場、赤ちゃんの殺人工場が欲しくなります。少女たちが望まない妊娠をするようになったからです。その子たちを排除したいのです。


その子たちは、何というか、健康とか、えーと、障害とか、そういう権利のために、基本的には自分たちのキャリアのために、遊び続けられるようにしたいのです。そうすると、彼女たちはモンスターや殺人犯になるわけです。だからプレーを続けるのです。

 

では、大学はできたとして、そのあとどうやってジャンプするのでしょう?フェミニズムの運動は、ゲイの運動とどのように結びついているのでしょうか?

そうすると、このゲームは男性の割合が多いので、女装やトランスジェンダー運動とどのようにつながるのでしょうか?それらはすべて、どのように結びついているのでしょうか?

そうですね、一見すると目的が違うように見えます。一方は男と男の愛のために戦い、もう一方は女のために戦っています。後者は男性より優れているとか、そういうことです。皆さん、何の話か分かりますか?彼らは、ここではあまりにも多くの異なる目的を持っていることがわかります。しかし、彼らは、彼らは一緒に働いています。

 

もちろん、ジョージ・ソロスとロックフェラーは歴史的にこうしたものに資金を提供してきました。

特に1960年代の第二波のフェミニズムなどです。ロックフェラー財団を通じて、課税ベースを増やすことで、連邦政府からより多くの金を奪い、人々からより多くの金を奪い、もちろん、家族を傷つけ、破壊することができるのです。

しかし、重要なのは、何が起こるかということです。

これらの異なるグループがどのように集まって、うまく機能するかということです。

私たちは、イシュタルが単なる女神でないことを見ました。それはつまり、売春の女神です。彼女は神ではありません。地下蔵や酒蔵、パブなどのアシュタムの女神であるだけでなく、パトロンでもあるのです。

  


〔2022年11月27日 英語礼拝⑤〕


トランスジェンダーの守護神、アシェラ神


彼女は、私たちが今日見ている、この守護神です。つまり彼女は、そう、もちろん性的不道徳の女神なのです。彼女は人々を誘惑し、もちろん、昨年、アスヌのことを話しましたが、 男性の娼婦、つまり「神官」が彼女のもとで踊っているのを覚えていますか?彼らは男性です。彼らは何者なのですか?女装した男たちなのです。女性のように見える男性で、女性のように見えるように化粧やあらゆるものを誇張しているのです。そう。女体化した男性です。男らしさが失われています。男は男らしさを奪われるのです。皆さん、何の話か分かりますか?そして彼らは女にされるので

す。

 

では、その反対側はどうでしょう?

女は女らしさから取り出されます。女性は女性であることを引き受け、女性は何であることが推奨されるのですか?テストステロンを摂取して ヒゲを生やすのです。いや、真面目な話です。冗談ではありません。みんなそう思ってるのです。テストステロンとホルモンを摂取するのです。ヒゲを生やそうとしてるのです。長くなります。

あそこのディランはそうでしたね。だから、男性になることを奨励するのです。これはアシェラの伝統の一部でもあるのですね。そうそう、先週はアシェラの話をしました。娼婦が行列の中で踊ります。そしてもちろん、神話に登場する異性の存在であるニンシュバーが、彼女を冥界から救う手助けをするのです。

このように、トランスジェンダーをヒーローに据えるというのは、今のアメリカでは若い人たちに何が起こっているのか、ということです。この人たちの年齢、若い子たちは トランスジェンダーをヒーローに祭り上げているのです。


ミス・ユニバース優勝トランスジェンダー

 

 

ニューハンプシャー州のビューティコンテストで優勝したには、肥大した肥満のアジア人少年でした。彼は太ったアジア系の少年ですが、美人コンテストで優勝するのにふさわしいと思われた女の子たちを打ち負かしました。

もし彼が女性だったら優勝できないでしょう。でも、彼は女性として認識されているので、性器や下半身の手術をしていない男性の一人なのかも知れません。そして、彼は完全に肥満で、美人コンテストにはふさわしくないことを示しています。

そして、彼は男性です、彼は男性です。

ミス・ユニバースが主催するコンテストでどうやって勝つというのでしょうか?

皆さん、何の話か分かりますか?私が言っていることがわかりますか? そのビデオをお見せしました。技術的に、洗脳された最悪な女の子たちだということが分ります。

エリートがこれを推し進めるということだけではありません。こうなることは、かなり予想されていたからです。

 

さて、彼らは我々の社会をさらに衰退させ、混乱させたいようですが、しかし、若い女の子たちがいかに洗脳されているかを見てください。太った生意気な豚に負けたというのです。カウボーイズのディフェンスのラインマンに負けたというのです。フットボールをやってるような大男に負けたのですよ。

そして後ろの女の子たちというと、おいおい、冗談でしょう?そして、彼の後ろにいる女の子たちが拍手しているのです。

 

 

それがどれだけ脳死状態で、洗脳されているかということがわかりますか?美少女戦士の女の子たちが拍手してるのです。

なんてことだ!とんでもないことです。ちょっと待って、一体どうなっているのか?

男はどうなるのか?男性であることをやめさせ、女性であることの識別や社会的な要因をすべて引き受けさせます。そして彼は勝ったのです。そして、女性の奨学金を盗むことにもなるのです。コンテストで獲得できる奨学金をです。


そして、彼女たちは、優勝すれば、全国ツアー、国内ツアー、世界ツアーができます。ミス・ユニバースで優勝すれば、すぐにでもミス・ユニバースが誕生するのです。皆さん、これはいったい何の冗談ですか?

 

そうそう、これは今日来ている国進総監ですが、彼の奥さんはミス・コリアだったのです。想像できますか、彼女の年齢を?この話を適用すれば、彼女がミスコンで肥満の男性に負けたということになるのです。皆さん、これは狂気の沙汰です。狂気だ これは世界記録なんです。

そして、若い人たちを見てください。年配の方は、どうやってこれを買うんだ、という感じです。とても馬鹿げていますよね、そうです、そうです。

でも、それだけ若い人たちは洗脳されているのです。彼女たちはこれに拍手を送らなければならないのです。彼女たちは拍手しなければならないのです。

 

見てください。社会的プログラミングと社会工学の力が何を証明していますか?公教育、政府による教育です。


彼らは文字通り、2+2=5と信じさせることができます。ちなみに、ジョージ・オーウェンの「1984年」では、これは洗脳されている証拠だとされていました。もし、2+2=4と言わないなら、それはあなたがシステムの一部であることの証しです。


でも、若い子たちにその写真を元に戻して。この、赤いドレスを着て食事をしている大きな男の子を拍手喝采しているのです。わかりましたね。

そして彼は美人コンテストで優勝します、皆さん、皆さん、これは信じられない内容ですが、これは奇妙なことではありません。


古代の歴史を見てみると、古代の歴史では、そうです、今日はそれをやってみましょう。その中に入っていきましょう。あまりにも多くの、あまりにも多くの研究があるので、ペースを落として話します。



〔2022年11月27日 英語礼拝⑦〕

 

ビールの神、イシュタル


なんてことでしょう。とんでもない話です。さて、とてもクレイジーです。そこでイシュタルという女神の話をしました。堕落したエバは、娼婦であるハリムの女神です。彼女は娼婦であるハリムを守る女神であり、さらにイシュタルの女神でもあります。それは何ですか?それは居酒屋です。酒場であり、バーであり、パブなのです。あなたはそれを理解していますね。

 

聖書のコリント人への手紙には、このように書かれています。コリントの地で、パウロが話しているのは、アフロディーテが大きな力を持って存在していることです。そうです。女神の神殿は、売春と結びつきます。

 

もちろん、そこに船乗りたちが集まってくるわけですね。コリントは港町で、多くの船乗りがやってきました。船乗りが多いとどうなりますか?海軍の皆さん、そうですよね。ここには港に沿ってたくさんのバーがあり、酒場にはたくさんの人がたむろして、船乗りたちを娼婦に誘惑しようとするのです。だからお父様は、酒は飲むな、タバコは吸うな、ドラッグはするなと言ったんです。なぜかというと、それらはあなたの価値を低下させ、あなたが、サタンと一つになる可能性が高くなるから、お父様は言われたのです。皆さん、何の話か分かりますか?

 

そして、その性質上、興味深いことがあります。これは何でしょうか?彼女は、イシュタルは、酒場の女神なのです。これは彼女の家と呼ばれています。この場所で、彼女は巫女を雇い、信奉者たちをこの場所に誘い込みました。でも、それだけじゃなくて、一般的に酒場としてだけでなく、彼女はビールと関係があったんです。彼女はビールの女神だったんです。面白いでしょう?面白いと思いませんか?もちろん、現代の科学では、ビールは体内のエストロゲンを増加させることが分かっています。ビールを飲んでいると、(略)より女性らしくなるのです。皆さん、何の話か分かりますか?

 

そして、その性質上、興味深いことがあります。これは何でしょうか?彼女はイシュタルは、酒場の女神なのです。これは彼女の家と呼ばれています。この場所で、彼女は巫女を雇い、信奉者たちをこの場所に誘い込みました。でも、それだけじゃなくて、一般的に酒場としてだけでなく、彼女はビールと関係があったんです。彼女はビールの女神だったんです。面白いでしょう?面白いと思いませんか?もちろん、現代の科学では、ビールは体内のエストロゲンを増加させることが分かっています。ビールを飲んでいると、(略)より女性らしくなるのです。より女性らしくなるのです。ビールを飲めば飲むほど、より女性らしくなるのです。ビールはエストロゲンに似ています。

 

産業なのです。彼女はアルコールだけでなく、ワインの女神でもありません。ディオニュソスはワインと結び付けられるかもしれませんが、彼女はワインを司る女神です。彼女はイシュタルの古代で知られていました。特にビールやエールハウスと呼ばれる飲料です。女神は、ビールの家(酒場)に住んでいたのです。もちろん、彼はこれについて書いていない。しかし、男性の体内にエストロゲン擬態を作り出すので、より変化しやすくなるのです。私が言っていることがわかりますね。


〔2022年11月27日 英語礼拝⑧〕

 ゲイの神イシュタルとゲイ神官、アシヌ


それでは、悪魔のような女神であるイシュタルの全体的な目的は何ですか?それは、男性であるべきものを女性に変えることなのです。それでは、どうやって?ビールは、ビールは、あなたに何をしているのでしょうか。酩酊させるだけでなく、体にエストロゲンや天文学的な物質を加えて、より女性らしくしているのです。つまり、性別を曲げてしまうんです。そうです。曲げているというか、変化させているんですね。通常なら、男としてあるべき姿を、普通とは違うものに変化させているのです。

 

 

同時に、イシュタル、アシェラ、アフロディーテの神官や巫女は、エールハウス(酒場)を人々が訪れる場所として、それから女の子たちがやってくるのです。そして、人々が娼婦たちと寝るように仕向けるのです。男性はどうだったのでしょう?男たちは、ひげを生やした戦闘用のがっちりとした格好をしていたんですか?いや、彼らは女装していたのです。それは何て言うのですか?トランスベスタイト(服装倒錯者)と呼ばれるものです。現代ではそう呼ばれています。多くの人がやっているドラッグ(女装)ショーです。 男性がドラッグ(女装)をして、誘い込むのです。

 

人々が酔っ払っているときに、どうやって見分けることができますか?痩せこけた男が女装していたら、女にしか見えないでしょう?その人が酔っているときに見分けがつきますか?あれは女じゃない、とか判別できるのか?いや、無理でしょう。彼は、彼は、判別する能力がない、そうです。言う能力がない。それで、あなたは娼婦やハーレムだけでなく、アシヌ、つまり男娼や女装した男性とも付き合うことになるのです。同性愛を行うことになるでしょう。

 

そうなると、イエス様の血統に寄らずしては、もう戻ってくることはできません。それが唯一の方法ですが、もちろん、彼らはそれを望んでいません。彼らはキリスト教徒を憎んでいます。それが90年代の話なのです。


ゲイの聖地ストーンウォール


人々は、それが1969年であることを知らないので驚きです。バーがあったのです。特に性転換が有名だったゲイバーがありました。ゲイ・バーで 男子が女装して、彼らはそれを引きずりこむのです。そう。そして、女の子はドラッグをしています。彼らは自分たちをドラッグ王と呼ぶのです。まるで、神の祭司の王を嘲笑っているように見えます。皆さん、何の話か分かりますか?

 

そうそう、ニューヨークのグリニッジ・ビレッジにストーンウォールというエールハウス(酒場)があるのですが、1969年のことです。このゲイバーは、グリニッジ・ビレッジのニューヨーク市にあった1969年。ところで、それは、お父様が米国に来られる直前の場面です。皆さん、何の話か分かりますか?そう、文字通り、その直前なのです。サタンが既にアメリカを攻撃し、殺そうとしている直前です。1969年にストーンウォールというゲイバーがありました。

 

そして、ここでは暴動が起こります。暴動が起こるのです。まずは一般的なことをお伝えします。もっと深く掘り下げますが、暴動が起こるのです。そうです、とてもひどくなり、何かが起こったのです。何かが弾け飛んで、そして、暴動が起きたのです。さて、それからどうなりましたか?警官が来ました。警察は事態を収拾しようとしたのです。警察が怖くなって、ストーンウォールの中に入って、暴徒が、警察を殺すために焼き討ちを始めて、それがストーンウォールの暴動(反乱)として知られています。


皆さんはこの話を聞いたことがないでしょう。聞いたことがある人はいますか?じゃあ、聞いたことがあるかもしれませんね。ヒッピーと一緒にクレイジーになるとか、そういうのは聞いたことあるかもしれないけど。でも、ストーンウォールの暴動があったのです。その話に戻りましょう。それは信じられない、信じられないことだったのです。サタンは実在するのです、皆さん。

 

 

 

そうです。エールハウス(酒場)はストーン・ロイヤルと呼ばれていてとても興味深いです。イシュタルとアシュラのストーンウォールは 石壁に座る女神として知られています。古代の文書で知られています。そう、壁に座る女神として。ギルガメッシュ叙事詩の女神はイシュタルを倒し、ウルクの長城を築きますが、彼女は「壁を築く女神」として知られています。(略)


皆さん、何の話か分かりますか?ハロー、大丈夫ですか?それで、彼女はストーンウォールと関連しています。そこは、ハディムとアシヌ、男性の女装者などがいるゲイバーです。そこのゲイバー、ハウス・オブ・ビールは彼女の守護神です。彼女はビールの守護神なのです。 

そうしたら、大暴動が起きました。さて、このまま話を続けましょう。イシュタルの主なシンボルは動物です。そう、多くの神々は動物の観点からシンボルを持っているからなのです。

 

イシュタルの主なシンボルは何ですか?ライオンの頭です。それは彼女が自分の性別を曲げていることを表しています。そして、彼女は男性の中でより強力になってきています。女戦士になりつつある一方で、男僧侶は彼女を崇拝しているのです。

彼らは皆、βの目をしています。弱体化し、女性化した男たちです。皆さん、何の話か分かりますか?男たちは戦闘に参加しないのです。よし、彼らは単なる友人なのです。イシュタルの女と踊って、戦闘に入ります。彼女たちは男性の上に立ちます。彼女たちは男らしさの特徴を身につけているのです。そうだ それは、何を守護するのですか?そうですね。キリストは羊飼いです。その女性たちはその役割を担っています。羊飼いや保護者の役割を担うというのです。そして男性は何になるかというと、羊です!羊になってしまいます。


〔2022年11月27日 英語礼拝⑩〕

 イシュタル、男性を支配する女性たち

さて、では彼女の他のシンボルはというと、ラバートゥー、またはメスライオンです。これは古代のいくつかの祈りと詩から来ています。イナンナまたはイシュタル、天の偉大な光の獅子、天と地の異郷に挑戦する戦いの女性獅子への詩です。

 

あなたは獅子のように吼え、恐ろしい獅子のように人々を荒廃させる。不服従な者を目標になだめるのか、ああ無害な馬具の獅子よ。彼女は、敬意を示さない彼に切りかかる。

 

何の話か分かりますか?これは古代の、古代のテキストに由来しています。そうです。(略)彼女はストーンウォールの一員でもあることを忘れないでください。ストーンウォールの隣は、何の建物だと思いますか?その建物です。「ライオンの頭」という別の建物です。

そうなのです。クリストファー・ストリート・グリーンフィールドのもう一つのビルもライオンの頭だったのです。面白いでしょう?

 

ゲイを擁護する代表的な組織のひとつが、グリニッジ・ビレッジにオフィスを構えたのです。本部を置き、今は、「ライオンの頭」の真上、何の石垣のすぐ横にあります。そうですね。では、このまま進みましょう。

 

彼女はアバター(化身)になります。つまり、彼女をまねる人たちです。彼らは基本的に、基本的に悪魔に憑依されているのです。異教徒の世界ではよくあることです。悪魔に取り憑かれた人は霊性を獲得するようになるのです。霊になって、狂い始めるのです。

 

女神の使いがいるんです。だから女戦士がいる。女戦士がいますね。行列の中で、彼女は男性を女性化させ、女性を男性化させました。彼女の神話では、すべての戦争は男性によって戦われてきました。彼女はそれを逆転させて、すべての女性が神話の戦士になるようにしたのです。ところで、そんなことはすぐには起こりません。でも、神話や文化の中で、女性は強いもの、男性は従順なものとして作られたのです。

 

聖書には、夫がキリストに服従するように、妻も夫に服従しなければならないと書かれています。つまり、神は夫が家庭の祭司長であるように秩序を創られたのです。アーメン。悪魔に取り憑かれた人は霊になるのです。霊になって狂い始めるのです。

 

女神の使いがいるのです。だから女戦士がいる。女戦士がいますね。行列の中で、彼女は男性を女性化させ、女性を男性化させました。彼女の神話では、すべての戦争は男性によって戦われてきました。彼女はそれを逆転させて、すべての女性が神話の戦士になるようにしたのだ。ところで、そんなことはすぐには起こりません。でも、神話や文化の中で、女性は強いもの、男性は従順なものとして作られたのです。

 

聖書には、夫がキリストに服従するように、妻も夫に服従しなければならないと書かれています。つまり、神は夫が家庭の祭司長であるように秩序を創られたのです。

 

ところが今は、これをひっくり返して、このように、女性がトップで、男性は対象になり、彼女の支配下になっているのです。明らかな逆転が起こっています。

 

また、アシャラ、つまりイシュタルは火と関連しています。 

なぜかというと、彼女の妃は稲妻の神であるバアルだからです。

彼は稲妻と雨の神で、イシュタルは彼と一緒に稲妻を操ることもあります。そしてもちろん、雷が地球に落ちるとどうなるのですか?火がつくのですね。火がつくと、石垣の中にいた私が大暴動に巻き込まれるわけです。どういうわけか、何かが起こり、何かが弾け飛んだのです。ライオンの頭のすぐ隣にあります。両方とも、イシュタルと女神、堕落したエバのシンボルです。

 

それと同時に火事が起きたのです。何が起きたのか?火事で何が起こったのです。警察の報告書によると、暴動を起こした誰かがいて、その人は、女性の格好をした男性だったか?いや、女性だった。男性になりすまして暴動を起こしたのは、女性だった。彼女は、その横顔が女神のように印象的でした。男性的な属性を持っていた。女神のように、普段の仕事では男性になりすましています。彼女は激しい闘争心を持っていたのです。


女神はアシュタムの守護神でした。ストーンウォール蜂起の発端となったとされる女性たちを保護するエールハウスは、家の保護者としての役割を果たすことで知られるようになるのです。女神はアシュタムの守護神でした。ストーンウォール蜂起の発端となったとされる女性たちを保護するエールハウスは、家の保護者としての役割を果たすことで知られるようになるのです。

 

〔2022年11月27日 英語礼拝⑪〕

レズビアン 


彼女は、グリニッジ・ビレッジのレズビアン・バーの用心棒として働くことになります。彼女は女性の用心棒であり、男性化した女性なのです。それを見て、レズビアンとは何ですか?レズビアンは、「男性なんていらない。」と言ったのです。さあ、イエス様が初めに何と言われましたか?「(初めに)男と女というものを造られたことを知らないのか」と語られました。しかし、レズビアンの女性は、「いいえ、私は男性なんていらない」と言い、基本的に、「私は男性になります。男になるために自分を曲げます。」

 

そう、そしてこの女性が暴動の発端となるのです。彼女は実は、グリニッジビレッジのレズビアンバーの用心棒なんです。皆さん、何の冗談ですか?アシャラ、イシュタルは嵐の女神で、バアルと交際して、二人の結合が嵐を作り出し、嵐と雨を降らせます。つまり、彼女は嵐でもあるのです。皆さん、何の冗談でしょうか?アシャラ、イシュタルは嵐の女神で、バアルと交際して、二人の結びつきが嵐を作り出し、嵐と雨を降らせます。つまり、彼女は嵐でもあるのです。

 

古代の書物には嵐と書かれています。では、そのうちのいくつかを読んでみましょう。例えば、古代シュメール語やアケイド語の文章では、嵐のように突進し、轟音とともに咆哮し、絶えず雷鳴を轟かせている状態です。彼女は壮大な戦いを持ち出し、嵐に覆われた大嵐を呼び起こし、偉大な女性イナンナ・イシュタルを逃がしたのです。

彼女は矢と力をもって強大な土地を破壊し、土地を圧倒するのです。彼女は、襲い来る嵐のように攻撃し続け、吠える嵐よりも大きく吹き続け、雷を鳴らし続けました。皆さん、何の話か分かりますか?

 

というわけで、彼女もまた嵐と関連しているのです。さて、神話的に彼女はどうやって嵐を永続させるのでしょうか?彼女は踊ります。そのイメージは、インドのヒンズー教のシヴァ神の踊りに似ています。シヴァ神は破壊の神です。でも、彼女は踊っているのです。彼女の踊りは嵐を巻き起こすのです。彼女は踊り、神話的な力があり、嵐を作り出しているのです。

要は、踊りがあるということです。

では、その踊りには何があるのでしょうか?カゼツと呼ばれるものがあります。古代シュメールの石版には、カゼツのように振る舞い、歌を歌い、観察者を弄ぶ少女について書かれています。

 

 彼女は、歌や楽器演奏、カゼツの踊りなど、さまざまな事に携わっていたようです。女性は独特の髪型をしていて、歌を歌い、踊ります。この言葉の語源は、髪を巻くという意味のケゼルから来ているそうです。なるほど、面白いでしょう?


〔2022年11月27日 英語礼拝⑫〕

 

ストーンウォール・ガールズ


そうです、踊る少女の名前の由来は、髪をカールさせるという意味から来ているのです。叙事詩『ギルガメッシュ』では、イシュタルがカゼルを召喚しています。そして、イシュタルは自分の仲間である踊り子と歌い手を呼び寄せたと書かれています。覚えておいてください、彼女は民たちに何と呼ばれたのかを。踊り、歌う少女たちです。そうでしょう?それで、それで、何が起こったのですか?早送りして、1969年のストーンウォールのことに話を進めましょう。

さあ、ストーンウォールです。もう古代メソポタミアの世界ではありません。

 

ストーン・ウォールに戻ってきました。何が起こったのですか?暴動が起こって、どうなったのですか?ドラッグクイーン達が破壊の中で、踊り始めたのです。彼らは踊り始めたのです。彼らは降り注ぐ霊に取り付かれ始めたのです。

彼らは踊り始め、そして、単調な音調で繰り返し歌い始めたのです。歌い始めたのです。何を歌い始めたですか?彼らの歌は、淫らなものでした。しかし、歌詞が最も重要だったのです。彼女たちは、自分たちはストーンウォール・ガールズだと言って始め、それから、私たちは髪をカールさせていると言ったのです。まさか、冗談でしょう?ふざけてるのか?皆さん、今の聞きましたか?今聞いたのは、彼女らが基本的に英語で言っていることです。彼女らは何を言っているのですか?自分たちは、男性にもなりうる踊る少女のカザクだというのです。


覚えておいてください、彼らは男性である可能性があります。この人たちのほとんどは男性で、パトロンの90%は男性です。つまり、彼らはイスラム教徒の男性なのですが、自分たちを女の子と呼んでいるのです。それが心を変える、性別を変えるというイシュタルの本質なのです。皆さん、聞いていますか?まだついて来ていますか?ここでスピード出し過ぎましたね、減速しますね。ここでスピード出し過ぎましたね、減速しますよ。


それから、彼女は、髪をカールさせることを意味するキャラクターでもあるのです。この大混乱の中、火事と狂ったように走る警察官、そして彼女らは彼の無血を流すことなく、警官を殺そうとしているのです。(略)彼女らは血を欲しがっているのです。血を、血を欲しがっているのです。彼女らに憑依する霊がいます。彼女らは踊り始め、そして歌い始めるのです。何を歌っているのですか?

 

"We Are The Girls of Stonewall"(私たちはストーンウォールの女の子)です。髪をカールさせます。それを見始めるのです。彼らに憑依する霊がいる。彼らは踊り始め、そして歌い始める。何を歌っているのか?We Are The Girls of Stonewall(私たちはストーンウォールの女の子)です。髪をカールさせるんだ。 それを見始めるんだ。

 

 


冗談でしょう、皆さん?これは、その場所で外国の女性たちにイシュタルの悪魔と堕落したエバの悪魔が取り憑いていたという別のサインです。古代の女神讃歌では、異国の地を破壊する獣に乗った女神に、燃え盛る炎が降り注ぐと記されているのです。嵐に力を授けるのです。


大きな門があり、火のセットがあります。この神々は異国のものとなっていたのですが、今、彼らは戻ってきたのです。1969年のストーンウォールに戻ってきたのです。待ってくれ、それはおそらく孤立した事件だったのです。(略)

 

古代メソポタミア暦で、6月はタムス月と呼ばれています。そうです、タムスというのですね。タムスとは誰ですか?タムスとはイシュタルの不倫相手です。聞いていますか?何の話か分かりますか?タムスは不倫の恋人で、彼女はバアルと合体したのです。そう、天空の神様と。そして、悪魔が常にそうであるように、彼女にも他の恋人がいたというのです。それで、彼女のメインの相手の一人がタムスです。彼の月は6月です。その月、彼女はタムスの機嫌を損ねたので怒り、弓でタムスを殺したとありますが、この神話は本物ではありません。


〔2022年11月27日 英語礼拝⑬〕

悪魔的ロマンス

 

そうです。分かりましたか?本物ではないのです。これは全て偽物の悪魔です。悪魔ではありません。わかるでしょう。これは本物じゃないのです。悪魔が信じているだけなのです。

それで、その神話では、彼女はタムスを弓で殺しました。タムスは冥界に降り、彼女は、彼を殺したことを後悔しているというのです。なぜなら、彼をとても愛していたからです。(彼女にしてみれば)それは、答えのない情熱、欲望、長引く別離だったのです。

 

さあ、これらはすべてばかばかしい内容です。何の話か分かりますか?悪魔の文化では、女の子はロマンスに夢中なのです。そう、そうやって女の子を誘惑するのです。「私は悪魔の恋愛を経験しました。」と。しかしそれは愛ではありません。夫への愛でもなく、キリストに対する愛でもないのです。悪魔的なロマンスによって、興奮しているだけなのです。

それで、韓国ドラマは女性向けポルノだというのです。タムスの時代、月は6月、そうです。さあ、では6月の要素は何でしょう?さて、また、6月の月には、えー、があります。10番目のオプティマス、それはタムスの月の10日目であり、それは夏至であるものです。太陽が最も高くなる日で、昼は最も長く、夜は一年で最も短くなります。

 

だから異教徒の文化は、夏至と冬至の頃に精力的な儀式のほとんどを中心にして行っていたのです。皆さん、お分かりですか?そうなのです、例えば、冬至の12月25日はイエス様の誕生日ではないのです。聖書を見ると、イエス様は春に生まれているのです。でも、でも、でも、異教徒は、12月25日に自分たちの神様を祝うのです。冬至ですね。初期のクリスチャンたちは、ギリシャの神々を拝まないと殺されてしまうのです。だから、偽りの神を拝んでいるふりをしながら、本当はその日にイエスを拝んでいたというのです。

 

とにかく、このポイントは冬至と夏至、太陽からの距離が主要な場所です。それで、夏至はエネルギー源なのです。異教徒の文化では夏至と冬至で、(冬至は)夜が最も長く、(夏至は)昼が最も長いので、そこに、ある種のエネルギー的な力があると信じています。そこに、ある種のエネルギー的な力があると信じています。

 

さて、そのエネルギー的な力とは何でしょう?タムスのテントでどんな魔法をかけるか見てみましょう。タムスの10番目(10日)にはどんな呪文がよくかかっているのでしょうか?古代バビロニアの文献によると、10日は、男が男を愛するために引用する呪文を、実行するために与えられた日であることが明らかにされています。つまり、ゲイの呪文なのです。ゲイの呪文はタムスの10日に、今の夏至にあたる日に唱えられるのです。

 

ストーンウォール暴動はいつ起きたのですか?正確にはタムスの10日に起こったのです。その日に、すべてのドラッグクイーンや、火事と踊り、自分たちのことをストーンウォールの ヘアーカールガールと名乗る女の子たち、ライオンの頭、火事、嵐。それらが全てその日に起こったのです。そして、その日に、男が男を愛するための呪文を唱えられたのです。ゲイの呪文。分かりますか?聞いていますか?暴動はいつ起きたのですか?そう、まさにゲイの呪文の日に起きたのです。


〔2022年11月27日 英語礼拝⑭〕

 ストーンウォール・パレード


とんでもない話です、皆さん。冗談でしょう?そうです。ただ、それ以上のことはあり得ません。確かに、これ以上のことはありえないのです。さて、ストーンウォールのパレードですが、皆さんが今、聞いたところです。まず、この話を今日初めて聞いた人は?手を挙げてください。今日初めて聞いた人は?そうですね、ランダムな話のように思えます。そうですね、信じられないような話もありますね。ある特定の日、古代の夏至、その日にゲイの呪文を唱えるエネルギー的な力、暴動が起きる日、そしてイシュターに結びつく日、そして、彼女はストーンウォール暴動にも居合わせたり、女神であること、ライオンの頭がその場にあったのです。(略)

 

では、ストーンウォール暴動の後はどうなったのでしょうか?ストーンウォール暴動の5ヵ月後、ゲイの活動家たちがフィラデルフィアで集まり、記念の行進を計画したのです。それは毎年6月の最終の日曜日に繰り返されることになったのです。6月といえば、タムスの月になります。さて、ニューヨークでそれを繰り返すことになっていました。サンフランシスコ、シカゴ、ロサンゼルスのハリウッド大通りで、それぞれ1回ずつ行われて、1970年6月28日には、同時に抗議デモ行進とパレードが行われることになったのです。

 

ストーンウォール暴動の1周年記念日に参加者がストーンウォール近くのグリニッジ・レッジに集まり、クリストファー・ストリート、解放の日の行進と呼ばれる行進が始まったのです。予定通り、このパレードは毎年夏、恒例行事として繰り返されることになりました。その後、「ゲイ・プライド・パレード」、そして単にパレードとよばれるようになります。

 

(略)ある意味で、私たちが見る最初のゲイパレードは、今西部の放蕩の象徴となっているストーンウォールで始まったのです。イシュタルのダンスの下で、ロサンゼルス、ハリウッド大通りはクリストファー・ストリートと呼ばれていました。ストーンウォールの西の延長線上にある西の社会的パレードなのです。ヨーロッパの主要なフェスティバルも、クリスタルストリートと呼ばれるものの一部だったのです、これらは、アメリカだけを覆ったのではなかったのです。海を渡って、ヨーロッパを覆い始めたのです。プライド・パレードや行進、フェスティバルはすべて、イシュタルの入城門であるストーンウォールにその起源を持っているのです

 

皆さん、これはどういうことでしょうか?皆さんはゲイパレードがそこから始まったって知っていましたか?

古代の象徴と、悪魔が、実際に憑依して、彼女の僕(しもべ)であるゲイの祈祷師たちが、そう、エールハウスの女神であり、伝道師である彼女らの僕(しもべ)になっているのです。本当にばかげた話です。確かに、それ以上のことはあり得ないいのですが。

 

古代の作家たちは彼らをシュメールの人々のパレードと描写したのです。(略)女神の賛美は、女装した男性、男装した女性で特徴づけられていました。それぞれ、女性のように祈る男性の祭司と、男性のように振る舞うカルト的な女性の格好をしていたのです。

 

メソポタミアを研究している学者によると、それはまるでカーニバルのような行列だったというのです。(略)古代の行列を描写しているのです。それによれば、人々が楽器を演奏してパレードを行うだけでなく、右側に男性の衣装、左側に女性の衣装を身に着けた性的、または両性具有者の服装倒錯者の衣装で着飾っていたというのです。

 

他の賛美歌では、イナンナはアヌンナの神々の中で誇り高き気性の激しい女性として扱われているが、何に満ちているのだろうか。高いプライドです。プライドが高いのです。

 

さて、ちょっと変な話ですが、2世紀ローマの作家アプリウスは、小説『変身』の中で、女神のパレードに参加するスキップ・スペクタクルを垣間見ることができるのです。彼はこれを2世紀に書いています。聞いていますか?アプリウスの2世紀に書かれた小説にあるのですが、次の日、彼らはターバンやサフランの衣やリネンの衣を着て、様々な色の下着を着て出て行きました。そして皆、泥の絵の具で顔を狂ったように化粧して、目には芸術的な線を描いたのです。

 

男性は目の周りにラインを引くのが上手ですか?聞いていますか?そんなことはありません。

 

彼らの目は完全に芸術的なラインです。(略)男たちが女装して、何をつけているかというと、重い、重い化粧をしているのです。それは何が起源なのでしょうか?プライド・パレードは、ゲイが女装することです。それって本当ですか?聞いていますか?皆さん、それは本当ですか?それは文字通りゲイ・プライドのシンボルです。男性か、女性か、レズビアンが男性の格好をするのです。レザーとかそういうものを着ているのです。でも、男性は女の子のような格好をして、濃いドラッグメイクをしているのです。ローマ時代のアポリウスが書いています。このパレードはイシュタルのパレードで、2世紀に作られたものなのです。

 

〔2022年11月27日 英語礼拝⑯〕

♀はイシュタルの子宮を表す 


それは、聖書の神に反するものの一つです。アンチ・ゴッドのメインの一つです。堕落したエバに続いて出てきたバアルは、ルーシェルの姿をしていたのでしょう。(略)サタンと堕落した彼女は、夫の代わりにサタンに、そして神の代わりに自らを捧げたのです。

だから、イシュタルのサインは、現代における女性の記号なのです。女性の記号とは、十字架の上に円が描かれているものです。この円は、太陽か、政府だと言う人もいます。しかし、古代のシンボルでは、円は何だったのでしょうか?それは、子宮です。

 

 

皆さん、何の話か分かりますか?イエス様の上に座っているのは誰でしょう?それは父なる神ですか?いや、女性のシンボルは、イエス様の十字架はりつけの体の上に座っているもの、それは女性の子宮なのです。(略)冗談ですか?それは、それは、果物ですか?その記号を最初に使ったのはスウェーデン人で、18世紀にスウェーデンの植物学者カール・リンネが女性の花を表現するために使ったのです。

 

リンネはこの記号をギリシャ人から受け継ぎました。ギリシャ人はこの記号を使って、金星に関連する銅という金属を表現していました。金星はアフロディーテのことで、アフロディーテはイシュタルの化身だったのです。だから、この女性のシンボルは、文字通りイシュタルのシンボルなのです。冗談でしょう?

 

リンネはこの記号をギリシャ人から受け継ぎました。ギリシャ人はこの記号を使って、金星に関連する銅という金属を表現していました。金星はアフロディーテ、アフロディーテはイシュタルの化身でした。ですから、この女性のシンボルは文字通りイシュタルのシンボルであり、それは堕落したエバであり、悪魔の女神なのです。だからこの記号は、今日、ヴィーナスとして知られる女性を表しています。さて、ストーンウォールの後のパレードでは何があったのでしょうか?ストーンウォールを記念したゲイパレードの後で何があったのですか?(略)それは今、ニューヨークや大都市の特徴です。

 

彼らは、何月にやったのですか?彼らは何月にそれを行うのですか?6月、それはタムスの月であり、混沌のフラストレーションを待ち望む月です。その月に行われたのです。それで、この行進のもう一つの特徴は、毎年、より大きな、より大きな都市で行われるようになったことです。

 

より多くの人が参加するようになりました。今日、欧米では何百万人もの人々が毎年この行進を行なっています。今や、文字通り西洋の象徴となっています。街頭で巨大な十字架を掲げてキリスト教の大行進をすることは、もうありません。そう、もうそんなことはしないのです。西洋が世界的に知られているものは何ですか?派手で放縦で淫らなボディ・ゲイのパレードです。それはすべて女神のエールハウスであるストーンウォールから始まりました。今、ゲートブリッジの別の特徴は何ですか?レズビアンです。この現代のレズビアンのリバイバルは、これはギリシャの詩人サッフォーから行われました。サッフォーは若い女性のコミュニティをリードしました。彼女はそこで教師として務めていました。

 

彼女のセクシュアリティについては、多くの議論がありますが、女性たちにロマンチックな、またはエロチックな魅力を示しています。サッフォーはギリシャのレスボス島で生まれましたが、島の名前からレズビアンという言葉が生まれたのです。したがって、レズビアンという言葉の背後にあるのは、レスボス島があり、サッフォーの背後にはアフロディーテがおり、アフロディーテの背後にはイシュタルがいるのです。


〔2022年11月27日 英語礼拝⑰〕

 娼婦神イナンナの両刀斧


ゲイパレードのトレードマークは、男性ドラッグと女性レズビアンの両方です。レズビアンという名前も、イシュタルの崇拝にさかのぼります。1970年、レズビアン・ムーブメントにあるシンボルが採用されました。これは1970年代の主要なシンボルの一つで、何に関するシンボルだったのでしょうか?レズビアン・ムーブメントのシンボルは?バラかの花か、スミレ、蘭ですか?いいえ、そうではありませんでした。なぜかというと、女性は女性であるべきではないからです。何になりますか?男性です!だから、今は何か男性的なものだということにしています。それは両刃の斧で、レズビアンの復活のシンボルである紫の旗の上にあったのです。さあ、テックチーム、それを見つけてください。

 


両刃の斧はレズビアンのシンボルだったのです。神官の武器として使われ始めました。

古代の書物には こう書いています。スメラの民があなたの前をパレードして、フープ(輪)を持った若者があなたに歌いかける。では、若者は武器を持っているのか、それとも何を持っているのか、わかりますか?彼らはフープ(輪)を持っています。フープは子宮のシンボルであり、女性のシンボルなのです。つまり、彼らは武器を持っていると同時に、何をしているのでしょう?ただこの輪っかを運んでいるだけなのか、それとも何をしているのか?


彼らはまた、誰もが知っているような格好をしています。彼らは女装しているのです。そうです。男たちはフープを運ぶ女性の格好をしています。若い男性が女性化されているのです。

では、古文書にはどう書かれているのでしょう。巫女と慰めの巫女はあなたの前を歩き、彼らは源を運ぶ。巫女たちは剣を運んでいるのです。両刃の剣のことです。古代メソポタミアのイナンナとイシュタルの女神が持っていたのです。

それは、男性化された女性たちの象徴であり、誠実で男性的な女性たちを担わなければならなかったのです。男性・女性という伝統的な性別の役割に従わないということです。彼女らは男性的です、だから彼女らは何をしたいですか?男性は何をしたいのですか?女性か男性か?女性です。レズビアンは女が欲しいのです。女性は女性が欲しい。そういうことなのです。


皆さん、何の話か分かりますか?両刃の斧のシンボルは、悪魔の娼婦イナンナのカルトの 女祭司のシンボルだと知っていましたか?

彼女らが戦士のグループであったことを示し、男性は、ああ、女の子だった。この者たちは、西洋のフェミニズム、レズビアン運動のフラグになりました。冗談でしょう?これはとんでもない話です。(略)ゲイ活動家は同性愛を祝うために行進や賞賛を確立し、そして1週間まるまるゲイ・プライド・ウィークとなったのですが、古代には、女神が1ヶ月まるまるその行事を行う権利を主張していたのです。そして、ゲイ・プライド・ウィーク(週)はゲイ・プライド・マンス(月)になり、プライド・マンスと言い方が短縮されたのです。不思議な現象なのです。かつて社会の片隅で禁じられたものを祝うことが、アメリカや西欧の文化に浸透し、支配するようになったのです。


アメリカや西洋の国々は、少し前までは、ほぼ例外なく不道徳とみなされていた、ある種のセクシュアリティを賞賛し、祝うために丸々一ヶ月を捧げるようになったのです。そして今、それは認められ、当然のようになってしまったのです。皆さん、これはいったい何の冗談でしょうか?

 

今、プライド・マンス〔※プライド月間◆LGBTQ(性的少数者)の文化や法的・社会的権利への支持示すさまざまなイベントが世界各国で行われる時期(毎年6月)〕を、彼らの不道徳の崇拝の神聖な月として扱っているのです。神を憎む思想、まさに神を憎んでいたのです。

  

(注)オバマ大統領の発言

私、米国大統領バラク・オバマは、米国の憲法および法律によって私に与えられた権限により、2012年6月を「レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー・プライド月間」と宣言する。◆【出典】2012年LGBTプライド月間に関する大統領宣言(2012年6月12日) (The White House)


〔2022年11月27日 英語礼拝⑱〕

レインボープライドフラッグ

 

 さて、さて、さて、それでは、この異教とキリスト教の変換の時にローマ帝国に住んでいた聖ジェロームに戻りましょう。


キリスト教の歴史の初期に、ヴルガータというラテン語訳の聖書を作ったことで有名ですが、聖書の注釈書を書いたことでも知られています。そのうちの一つが、エゼキエル書です。初期キリスト教時代、ローマ帝国時代等で、エゼキエル書の一節を解説する中で、イシュタルの霊になったヘブライ人女性がタムスのために泣いている描写があった本である。

 

ジェロームは、彼の執筆当時、まだ行われていた儀式や慣習の知識をもとに、その儀式や慣習を描いたのです。(略)私はそれらの解釈を必要としません。アドニスはヘブライ語でもシリア語でもタムース(Tamus)と呼ばれているのです。その後、彼は6月に、(略)神の死を書き込み、6月に殺害されています。聖ジェロームは、6月の月としてタムースの死の時間を識別します。そして彼は、彼らが同じ名前で6月のこの月を呼び出して、毎年恒例の祭りを維持し続けます。

 

これは信じられない話です。2000年後、ユダヤ・キリスト教文化の国々が、6月全体を性的堕落に捧げ、(アメリカの建国の)7月4日よりも大きく祝っているのです。信じられますか?

 

でも、きっとこれ以上のことはないでしょう。これ以上は無理です。きっとこれ以上は無理です。(略)男性と女性の分離に対する嘆きではなく、お祝いとなるわけです。男性は男性を、女性は女性を欲するようになったからです。彼らは男性を欲しがらず、男性を養うことを望んでいるのです。ですから、彼らは男と女を切り離すことを嘆きません。(略)これは同じ月であることを思い出してください。その月に夏至が来て、タムースの月の10日に何が起こるのでしょうか?呪文が唱えられます。その呪文とは、ゲイが男と恋に落ちる呪文なのです。

 

(ここで二代王は、When a man loves a woman の一節を歌われる。)

 

 "男が女を愛する時 "ではなくて、その呪文だと "男が男を愛する時 "になってしまう。

 

オーケー、オーケー、要点はわかったね。オーケー、それが判明したのです。何の話か分かりますか?とんでもない話です。

 

(略)

 

さて、このように、西洋文明キリスト教の変換の最も見過ごされてきた兆候の一つは、その6月に行われていた性別が混ざり合ったようなパレードを終了させたことです。

キリスト教国の特徴は、この6月の真夏の大祭のパレードを廃止したことだと聞いたことがありますか?それが、キリスト教国のやったことです。それが次世代の人間を破壊し、毒するから排除したのです。だから、夏至の祭りの1カ月間の祝賀行事が復活したのである。それは西洋文明の脱キリスト教化とそれに続く再異教化の兆候だったのです。

 

背教者たちがかつてキリスト教だった西洋に背教を広げる間、キリスト教徒は参加したり、あるいはアリバイを立てたり、ただ黙っていたりするようになったのです。そのような背教の6月となったのです。これ以上のことはありえない。

ゲイパレードの主要なサインは何だったのでしょうか?虹のマークです。誰もが知っているプライド・フラッグと呼ばれています。この旗はギルバート・ベイカーがデザインしたのです。ゲイであることを公言しているドラッグクイーンです。

 

これを見てください。ゲイとドラッグクイーンというテーマです。どういう意味ですか?衣装を着て、女性の化粧や服装をしているのです。自分自身が同性愛者であることを公言しているギルバート・ベイカーがデザインしたレインボー・フラッグは、1978年6月25日に初めて写真に掲げられ、再び真夏の6月、タムースの月、淫蕩を祝う月、それはゲイ・プライドの正式なシンボルになったのです。すぐにゲイのシンボルとなり、世界中に広まりました。おかしなことに、政府でさえもこの旗を自国の旗として買い求めるようになったのです。


米国大使館は、あなたが米国を代表しているからと言って、決して(国と関係のない)他の旗を掲げることはできません。その国は、あなたが何か他の旗を掲げることできない国なのです。それは本当ですか?そうですね、大使館は各国の代表なので、(国と関係ない)何かの旗を掲げたことは一度もありません。皆さん、何の話か分かりますか? まあ、これだけでは終わらないので、この分野の話はまた後ほど触れるとして、旗の話に戻りましょう。

 

虹の最初の呼び名はピンクでした。旗の6色はあるものを少々しているのです。赤は生命を表し、2番目の虹の色のオレンジは、癒しを表します。その次の3番目の黄色は、太陽を表していて、その隣の4番目は緑で、イシュタルの自然の生命力と大地の実りを表しています。雨や雷など、自然を表しています。その次の5番目のインディゴ(藍色)は、イシュタルと深く結びついた魔法の領域です。(6番目の)バイオレット(スミレ色)はアフロディーテだけでなく、イシュタルの色でもありません。でも、もちろん、バイオレットはバビロンの娼婦の色でもあるのです。

 

(バイデン政権は、トランプ政権の決定を翻し、世界中の米大使館でプライド・フラッグを掲げることを認める) 

(プライド・フラッグに関する参照記事)


冒頭でも述べましたが、実はレインボー・フラッグは当初8色でした。一番上に「性」を意味するピンク。「生命」を意味する赤、「癒し」を意味する橙、「太陽」を意味する黄、「自然」を意味する緑、「芸術」を意味するターコイズ、「調和」を意味する藍、「精神」を意味する紫。しかし、8色だったレインボー・フラッグは、LGBTの運動が広がるにつれ大量に必要となりました。そうすると、技術的な問題から8色の旗を大量にプリントすることが難しかったため、ピンクとターコイズを抜いた6色に落ち着きました。 


虹色はイシュタル女神のシンボルカラー

 

イシュタルは天空の女神であり、テンペストの首領であり、稲妻を投げつける女神であり、古代の賛美歌では大きな雷鳴の嵐を賛美した。彼女は嵐を支配した。古代エラム語の碑文には、マンサット・イシュタル、マンサット・イシュタルとあるが、これは何を意味するのか?虹色のイシュタル、それは女神の色であり、偉大なるバアルであった。彼女のプライドの色、神からの分離の理由と目的の色、その色は虹色だった。

 

(略)

 

バビロニアの「虹の目を持つ女神」賛歌では、彼女の目は色とりどりの虹色であると賞賛されている。女神と庭師の神話もある。彼女は眠りに落ちる。すると、庭師は、この神話の町で彼女が眠っている間に彼女をレイプする。彼女は怒った。明らかに彼女は怒り狂い 地球に災いをもたらした そして、彼女は父のもとに助けを求めに行く。彼は彼女に庭師たちの居場所を教えた。(略)彼女の復讐の使命は、そうして打つことだ。さて、彼女はその方法で殺すつもりだ。どうやって、彼女は、どうやって自分自身をうまく具現化するのだろうか?古代の石版によると、彼女は空を横切る虹のように自分を伸ばし、それによって地球まで到達した。

 

これは何かの冗談ですか?


虹は、マンザット・イシュタルの色であり、彼女の象徴で名誉でのシンボルでした。なんということか! 冗談でしょう?で、これはどうなったのですか?プライド・フラッグはどのような存在として、私たちの社会に入ってくるようになったのか?それはゲイのための戦旗になったのです。彼らのプライド・フラッグは彼らの戦争旗になるのです。彼らのパレードはすべて、あれもこれも、プライド・フラッグが復讐の旗に、虹の旗が復讐の旗になったのです。そして、私たちを迫害して、クリスチャンたちを急き立てるのです。そして、子供たちがこの虹の旗を掲げるように仕向けるのです。

 

〔2022年11月27日 英語礼拝⑳〕

ゲイの合法化と、ゲイの祭りタムス 


さて、彼らの望みはタムスの月、そう、西暦での6月にことを起こすことでした。夏至の日とともに動き出したのです。さて、これはタムスの満月を中心とした、女神にまつわる今までのおさらいです。それは1969年6月26日にすべて封印されたのです。そう、タムスの10日目でした。ストーンウォール暴動を思い出してください。バビロン暦で西暦の呪文を唱える日であり、男が男を愛するためのものです

 

そうです。皆さん、その話をしたのを覚えていますか?(略)ストーンウォールの暴動の後、私たちの国に何が起こったのですか?そして今、ゲイ・プライドの40年です。さあ、イシュタルのために、最初のドアが開かれました。それは同性愛の合法化でした。


最初の扉は、同性愛が合法化されたケースです。2003年の「ローレンス対テキサス裁判」です。2003年の「ローレンス対テキサス裁判」では 最高裁の決定により アメリカ全土で同性愛が合法化されました。では、最高裁の判決はいつ下されたのですか?それは夏、太平洋時間6月の終わりごろに起こったのです。(略)


アメリカ全土で同性愛を合法化する判決が下されたのは、2003年6月26日でした。6月26日は、ストーンウォールの蜂起が勃発したのとまったく同じ日なのです。その後、ストーンウォールのパレードが始まったのも同じ正確な日です。 冗談でしょう?ゲイパレードやゲーム運動の開始、レズビアンの復活など、アメリカや西洋の異教徒化、放蕩の祭典が行われ、その合法化は常にそれに関連する法律が定められてきました。

 

冗談でしょう?(略)2つ目の扉は 2013年に起きた「アメリカ対ウィンザー裁判」で開かれました。その結果、結婚防衛法を覆す判決が出たのです。その時点で合法化されていた各州で行われた同性婚を、連邦政府が承認することになるのです。そして、この判決は、2年後の最高裁判決への扉をさらに開くことになるのです。「結婚防衛法」を覆す判決は、いつごろ出されたのですか?2013年の夏、6月の終わり頃、夏至の数日後に起こりました。

 

その日は、特にタムスのお祭りと重なります。 判決が出た正確な日はいつですか? 結婚法が覆されたのは、2013年6月26日でした。2003年に同性愛を合法化する最高裁判所の同じ正確な日にちょうど10年です。(略)

 

第三のドアが最高裁判所で開かれたのは、「オーバーグフェル対ホッジス裁判」の時です。これは、アメリカ全土で同性婚を合法化した最高裁判決なのです。これが3つ目のドアで、完全にアメリカ全土で同性婚が合法化されたのです。

 

男女の契約としての結婚は、2015年6月26日、防衛結婚法が覆された2013年の同じ日、2003年に同性愛が合法となったのと全く同じ日に打倒されたというのです。そして、ストーンウォールの立ち上がりと、世界中に広がったゲイパレードのきっかけとなったのと全く同じ日なのです。とんでもない話です。そう思いませんか?

 

今日はこれをシェアしました。さて、これはかなり不気味です。なんということでしょう!古代の扉を開く3つの歴史的に転機となる出来事は、すべて全く同じ日に行われたというのです。皆さん、これは偶然に起こることはありえません。そんなことはあり得ないのです。これは明らかにサタンの仕業です。3つの最高裁判決が同じ日であり、ストーンウォール暴動が封印された日なのです


古代異教徒の暦では、それらがすべて同じ時(日)に集中しているということは、特別な意味と思想的な強烈さがあるのです。この時期に行われたのは、古代の精神に特別な関係があり、特にジェンダーを曲げたり、セクシュアリティを変えたりすることに関係があるのです。


イシュタル女神カラーに染まる米国


では、その当時に何が起こったのでしょうか?

皆さん、そのアメリカはどんどん破壊され、殺されていきました。

女神マンザット・イシュタルの印は、夜の虹の夜として知られていました。

虹は、エンパイアステートビルを、ナイアガラの滝を、ディズニーワールドを、そしてアメリカを統治する場所、ホワイトハウスを虹色に照らし出し、イシュタルの虹色、イシュタルの堕天使の紫色で照らし出したのです。

アメリカは今、聖書のカレンダーの中で、娼婦に象徴されているのです。(天地創造の話で)1日は夜から始まることを知らなければなりません。

さて、その夜に、閉じた虹がホワイトハウスを照らしました。聖書の暦では、新しい1日は夜から始まるからです。

分かりますか?歴史的な転機となる勝利をした後、彼らは夜に何をするのでしょうか?聖書の世界では、昼と夜と、どちらが新しい1日なのでしょうか?


夜になると、マンザット・イシュタルの虹の旗が掲げられるのです。そうです、聖書の暦で新しい1日である色の虹が。わかりますか?その夜、ホワイトハウスに、その虹が掲げられたのです。それが意味する新しい日とは何でしょうか?タムースの10日目のことです。呪文が唱えられる日でしょう?ゲイを愛する男の呪文が唱えられ、合法化されて、法律として制定されるのです。そして、その祈祷師と後援者は、新しい地獄の文化の英雄として賞賛され、崇拝されるというのです。


皆さん、何の話か、分かりますか?聞いていますか?この狂気の中で、もしこれが狂気であるなら、神に大きな栄光の叫びを捧げましょう。神はまだ生きているのです。アーメン! さあ、神をほめたたえましょう、早く、大きくほめ讃えるのです。私でさえも、このすべてを見逃すことがありますが、彼らは決して勝つことができないのです。彼らは決して勝つことができません。神は勝利されるのです。

(二代王が歌われる)"God wins wins, win, win, winning."

 

さて、1つの過去に根ざしたアメリカは、変更された記憶と変更された歴史を与えられるでしょう。そして、歴史的な転機となった環境は、反乱のサイトでストーンウォール暴動を削除し、違う意味合いで再解釈されるでしょう。



〔2022年11月27日 英語礼拝㉒〕

進行する 小児性愛暴行の合法化


警察は、キリスト教の信仰における神の経典と十字架を表す他のシンボルから、今、虹に関連するエンブレムやロゴになってしまったように思います。

キリスト教に関連する物は、公共物やパブリックスクエアから撤去されつつあるのです。女神の記号は、公立学校、教室、裁判所、政府の建物や米国大使館の庭に持ち込まれ、誇示されているのです。


(マンザット・イシュタルの虹の旗は掲げられるのに、)十字架は決して掲げられることはないのです。それはほんとうですか?(略)違法です。でも彼らはそれを掲げたのです。あのイシュタールの旗は淫乱を象徴するものなのに、アメリカとして、我々のアイデンティティとして、世界中(の米大使館)でそれを掲げたのです。なんてことだ!

かつてのキリスト教徒が異教徒化したのです。虹は今、パトカーにも見ることができます。(略)旗の戦争の旗、戦争の虹の旗は、政府の公的機関、大使館、FBI、誰もが掲げるでしょう。(略)

私達はカルトだと言われています。バアルや、マンザット・イシュタル、そしてサタンに対抗しているからカルトだと言われるのです。

 

そうです。信じられないような話だが、皆さん、こんなおかしな歴史を信じられますかか?全てはストーンウォールから始まったのです。全ては女神のダンスから始まりました。 暴動、ダンス、巻き毛、女装、性別をねじ曲げる、酒場、娼婦の行列、マンザット・イシュタルの軍旗が、空に虹のように広がっていき、世界に放蕩の限りを尽くしているのです。

 

これが今や、西洋の象徴となっています。私たちは今、世界中に発信される狂気の放蕩と放縦なゲイパレード、あるいは寛容とリベラルな進歩、そして国家権力の拡大で有名になりました。今ひとつ、ジョナサン・カーンは明らかに踏み込んでいない内容があります。彼は、統一原理を知らないので、そのことには触れません。彼はおそらく知っているのでしょうが、原理を読んではいるのでしょう。彼はもう1つの反転に触れていないのです。

 

男性から女性へ、女性から男性へ、そうです。彼らは結婚を同性婚に逆転させています。

わかりますか?

彼らがどのようにすべてを逆転させるか、すべてがひっくり返るのですが、彼らはこれを忘れています。これを忘れているのです。

それは、大人から子供へ、子供から大人へと逆転させるのです。これがトランスジェンダー主義です。トランスジェンダー主義は何を求めているかというと、大人の権利を子供に与えているのです。

皆さん、何の話か分かりますか?大人の権利を子供に、とは逆転の発想です。そうそう、もう一つあるのです。これはもう一つの大きな、おそらく最大の、最大の違いです。なぜなら、今、文明の現実全体が覆されているのですから、最も能力が低く、意思決定ができない人が、意思決定されるのです。


だから、左派はこう言いたいのです。「それでは、選挙権の年齢制限をもっと下げるひつようがある」と。

彼らは何を言っているのでしょうか?16歳って、言っていましたか?(略)

とにかく、彼らはそれを下げようとしているのです。16歳です。男性だけでなく、女性、すべてのものが大人から子供へ。この世代では、大人は講義を受け、スポーツに熱中し、ビデオゲームに熱中しています。子供たちの面倒を見ることもありません。離婚はまるで水のようで、何の意味もありません。結婚していない状態で子供を何人も産みます。彼らは生活保護を受ける国家の奴隷なのです。彼らは完全な負け組で、子育てに真剣ではありません、そうです。親が、大人が、子供になっているのです。皆さん、何の話か分かりますか?

 

そして、彼らがやろうとしていることは何ですか?子供たちに法的権利を与えて、何者になろうとしているのですか?大人ですね。その結果、12、13歳で自分自身を切断することにつながるからなのです。そうすれば、製薬会社や医師は、膨大な費用のかかる手術をすることになり、1回の切除で8~10回の手術をすることになります。

 

大金を手にすることになるのです。彼らは、親の同意のない子供たちに、こうしたことに同意させ、何があっても女の子か、男の子かのふりをさせようとしているのですね。(略)

5歳、10歳で自分の体を永久に切除すると決められるなら、その法的先例を作ろうとしているのです。もし社会が、あなたは大人と同じように長期的な思考ができる年齢で、5歳でもその決断ができるのだから、大丈夫だと言うのです。

 

もし社会がそこまで落ち込んだら、どうなると思いますか?社会は、その5歳児が、自分の身体を切り刻んだり、あらゆる種類の手術を受けたりすることを法的に決定することができると言わなければならないのです。 その5歳児は、何を選択するかという権利も持つべきであるというのでしょうか。それは性的パートナーです。ちなみに国連は同意年齢を10歳に引き下げようとしています。ドイツでは確か16歳です。16歳の少女が40歳、50歳、60歳、70歳の男性とセックスできるんです。

 

それで問題ないってことですね?でもエプスタイン島のような陰謀組織や小児性愛者リストはFBIを隠れ蓑にしているのです。

彼らはなぜ子供を欲しがるのか?それはカーンが書かなかったカルトの別の秘密部分だからなのです。彼はそれを書くべきだったのです。

本当のイシュタルのカルトは男娼や女娼ではないのです。それは何ですか?それは子供だったのです。これらのプロセスの実態は子供たちでした。

例えば、インドのイエラマ・カルトでは、女の子は3歳か5歳くらいで売られて、レイプされ、略奪され、売春に売られています。これは彼が書かなかったことなのです。彼はその点を暴露するべきだったのです。

 

結局、悪魔、サタンは子供たちを狙って、汚すだけでなく、強姦し、殺し、むさぼり、食べ、破壊し、血の儀式を行う、すべてです。これらの古代の習慣はすべて、消滅したと思われていましたが、そうではなく、すべてのイシュタルと君主の文化を持ち込む門口で再び現れて、どこに戻ってきたのでしょうか?

地上を歩いていた最も強力なキリスト教国家の中心、アメリカ合衆国に戻って来たのです。脱キリスト教化することは異教徒化であり、全世界がアンチ神であるサタンの奴隷となり、サタンに嘆願することになります。

皆さん、何の話か分かりますか?


〔2022年11月27日 英語礼拝㉓〕

中国の内乱と台湾のために祈りなさい 


だから、私たちの願いはすべてなされるのです。ほんの数週間前、数ヶ月前だったと思いますが、思い出してください。私たちは一緒に祈り、みんなも一緒に祈っていたのを覚えています。

私たちは、そう、熱核戦争の可能性があることを説いていたんです。しかし、中国が内部で革命を起こすように、みんな祈るべきであり、それが起こることは非常に重要なことです。

これは2、3ヶ月前だったでしょうか。誰もが、中国が内部から崩壊し始めるように祈るリストに載っていたのを覚えています。今、中国で何が起こっているのか、皆さん?

神は人々の祈りに答えておられるのです。抗議行動だけでなく、中国ではインスタグラムにアップしてみましょう。中国では今、暴動が始まっています。

 

それは今続けているように、新しい中国が展開し始めています。

これは、神が信仰の祈りに耳を傾けておられることのしるしです。

ミクロコスモスに耳を傾けておられるのです。

天のお父様は、私たちの祈りに耳を傾けておられ、潜在的にはそれ自体が熱核戦争の危険性を信じられないほど減らしているのです。もし、中国の愛国者たちのために祈り続けるなら、彼らはそれを維持し、どうせ殺されるのだからとあきらめないように祈ってください。

 

実際に暴動の写真があるわけではありませんが、インスタグラムのページに行けば、実際の彼らの動画があるから、それを見てください。

彼らは、警官が置いた金属のバリケードを拾って、警官を叩いているのです。それは、凶器による攻撃なのです。彼らは実際に警察と戦っています。このために死ぬんじゃないかってくらいにね。彼らは死ぬかも知れません。逮捕されて殺されるけど、彼らは行動しているのです。これが今の中国です。皆さん、これは中国です。神に賛美を捧げましょう。私たちは神に賛美を捧げなければなりません。さあ、神に賛美を捧げましょう。それが起こり始めているのです。

 

私たちが特に中国のために祈るようにと皆に頼んだことを思い出してください。

内部闘争や反乱、あるいは暴政に対して立ち上がる人々がいます。今、解放され始めています。彼らはより厳しく締め付けようとしています。

彼らはより多くのロックダウンを行うつもりです。それは明らかに悪化していくでしょう。

しかし、これが続く限り、熱核兵器の可能性を大きく遅らせることができるかもしれません。これは実は不可欠なことなのです。

天の父なる神、イエス様、真の父は私たちの祈りを聞いてくださっています。皆さん、私たちに賛美を捧げましょう。さあ、賛美を捧げましょう。

 

今日も、ああ、主よ、憐れんでください。だから私たちは祈り続けなければなりません。私たちは正義を貫かなければなりません。皆さん、神の義の王国を第一に求めることで、すべてのものがあなたに備えられるでしょう。私たちは、この道を歩み続けなければなりません。アーメン。私たちはその道を強く歩み続けなければなりません。そして、決して希望を失わないように、信仰を失わないように、です。なぜなら、たとえ暗闇が暗くなったとしても、何が起こますか?光が明るくなります。たとえそれが小さくても、です。小さな光は、一万年の闇を追いやってしまうのです。これは古い言葉ですね。そして、神様は私たちを光となり、癒すために召されたのです。

 

神は私たちをこの世界で彼の光となるように召されたのです。そうです、ルーシェルの光ではないのです。それは偽物の光であって、違うのです!

キリストの光、犠牲的な愛の光は、自分や価値のない人々に降り注ぐものです。

それがキリストの恩寵であり、誰でも受け取ることができるもので、それが自由の文化の出発点なのです。それは、自分が解放されたことを知ることです。あなたはもう悪の主人であるサタンの奴隷ではないのです。アーメン。

しかし、あなたは再び解放されたのです。だからこそ、祝福の血統がとても重要なのです。あなたは、霊的にも肉体的にも解放された種であり、その実なのです。アーメン。だから、私たちはこの暗黒の時代に強く、この重要な時間に強く立たなければなりません。

 

しかし、兆しがあります。私たちが見ることのできるサインがあります。私たちはこの問題のために直接祈っていたのを覚えているからです。多分、2か月前だったかと思いますが、このことを話して、皆さんは全員聞いたのです。

 

中国で内乱が起こらなければならないということを、皆さんはそれを正しく聞いたのです。私は正常です。私は狂っていません。

しかし、しかし、この神は私たちの祈りを聞いておられますから、中国や台湾の人々のために祈る必要があります。

日本、韓国は攻撃されるでしょう。彼らはその影響下にいるのです。

ロシアから新しいリークされた戦闘計画があり、彼らは日本を攻撃するつもりだったようです。彼らは日本を攻撃するつもりです。もし中国と決裂した場合、彼らは戦略的に日本を攻撃することも視野に入れています。

 

つまり、今は危険な時期なのです。しかし同時に、私たちには自信と希望があります。神が何をしておられるかを知っているのです。神は悪魔の王国を崩壊させようとしています。


韓マザーの失敗は、神も止めることができません。彼らはそれを遅らせるだけです。神の摂理を止めることはできません。

何の話か分かりますか?なぜでしょう?

彼女は神ではないからです。彼女はマンザット・イシュタルと一体となって、彼女は異端者、背教者のバイオレットのローブ(紫のガウン)を着て、自分自身を賞賛しているのです。

 

皆さんもそれが分るでしょう。マクロに影響が行くかもしれません。なぜなら、悲しいことに、私たちの目の前でそれが展開されているからです。この重要な時期に、私たちは警戒を怠らず、強く、勇気を持たなければなりません。それは近づいています。私と一緒に祈りましょう。


祈祷 

 

 父なる神様、私たちはこの美しい日を感謝します。今日与えられた、この素晴らしいみ言に感謝します。マタイによる福音書の19章で、小さいものの価値と、社会がどのように私たちを守り、彼らを打ち負かさなければならないかを教えてくださったことを感謝します。

同時に、あなたが初めに男と女を創造し、それで人はその父と母を離れて、妻と結び合い、一体となるという価値観を、私たちに教えるために用いられたのです。

あなたが教え、あなたが持っていた創造の目的は、契約の結婚を高め、さらに結婚の果実は、あなたの血統、この地球上のあなたの血統、あなたの王権となっていくのです。

 

親愛なる神よ、あなたは多くのことを成し遂げてきました。そして今、物事が開かれ、この重要な時期に明らかにされるべきことがあるのです。

私たちは、人々の目から霧が取り除かれ、人々が完全なものとなり、あなたの中で見始めるように祈ります。耳を傾け、目を聞き、そして見ることのできる人々に、到来しつつある王国の到来を見させるのです。


あなたは、大気中に放たれた神の王国の設立を見て、悪魔と反神々に、イシュタル・マンザットに、空から雹を降らせ、火の炉に落下させるようにしてください。アメリカのユダヤ・キリスト教の心臓を破壊しようとしているすべての悪魔を打ち、その心臓が再びあなたのために鼓動を始めるようにしてください。

 

主よ、イエスの血によって、祝福の血によって、それを覆いましょう。邪悪な者たちの不義から守られ、再び栄えさせてください。もう一度あなたのもとに戻ってきて、不義に立ち向かい、もう一度永遠に、この地から悪魔的なアンチ神を追い出して、

あなたを崇拝し、あなたを賛美し、あなたの民として、あなたの子供として、あなたの相続人として、代表者として、あなたに喜びを与えるようにしてください。

私たちは家族と共にこの世界にある王国におり、地球再生のために立っている王として、祭司としています。


私たちはあなたの第一の御名によってこれらを祈り、捧げます。アーメン、アーメン。


それでは皆さん、立ち上がって主を賛美しましょう。アーメン。

__________________________