2016年3月1日火曜日

米本ブログに感動的証掲載

<以下、マルスム・説教に関して抜粋。感動の全文はリンク先で>

お父様の聖和後
 お父様が聖和された途端、下記のようなことがお母様によってなされた。
(1)神様の呼称を天の父母様に変更
(2)天聖経の再編纂
(3)天一国国歌を「栄光の賜物」から「天一国の歌」に変更
(4)家庭盟誓の変更
(5)原理本体論の封印


 いつの間にか正当なお父様の相続者とされていた亨進ニムも国進ニム同様、公的な場から去ってしまわれた。
 お二人の退任は、お母様の指示によるものだということは、あるツイッターで知った。その退任理由については、なんのアナウンスもなかった。


 私は徐々にお母様に対して違和感を感じるようになった。


 さらに2014年7月には、あの「独生女宣言」がお母様の口から語られた。
 お父様のみ言とは相容れない「独生女宣言」だったが、その頃の私にとっては、まだお母様は侵してはならない聖域であり、否定することはできなかった。
「独生女宣言」を無理やり都合のいいように解釈し、ギリギリのところで信仰を保っている状態だった。
 お母様ははっきりとご自分が無原罪だとおっしゃっているわけではないし・・・。
 しかし、その後の“み言”で、
「大韓民国、韓国という『韓』が偉大になるのでしょうか。摂理歴史においてアジアの主人は韓王朝です。東夷族です。」
 というくだりは納得がいかなかった。「韓王朝」ってなんぞや?
 私の大好きな韓国宮廷ドラマにも韓王朝なるものは出てきたことはない。
 これが、6000年ぶりに誕生した一人娘の「証拠」になるのか?


 この「独生女宣言」についてはネットでは多くの議論が交わされていたが、亨進ニムは相変わらず沈黙を保っていらっしゃった。
 私はこの頃になると、早く亨進ニムが表に出てこられるのを心の底から願うようになった。早く真実を語ってくださいと・・・・。


亨進ニム沈黙を破られる


 ついに昨年2015年1月18日、亨進ニムは沈黙を破られ、お母様が幹部からコントロールされていること、幹部の不正など驚くべきことが語られた。
 天一国の国歌が、「栄光の賜物」から「天一国の歌」に変わったことはおぼろげながら記憶の片隅にはあったのだが、亨進ニムの口から語られたことで改めて変だと感じた。
 この「栄光の賜物」は、お父様が興南の収容所で作詞された聖歌で、お父様にとっては格別な思い入れのある聖歌であることも語られた。お父様が聖和されたとたんに、変えてしまうことには悪意を感じた。
 
 また天聖経の改ざんについても語られたが、当初、天聖経の増補版と謳っていた新しい天聖経だったが、のちに本部は新しい天聖経はお父様の天聖経とは"別の本"だと説明が変わった。
 削除された部分もかなりあるようだ。統一教会にとって大切な経典の一つであり、生前お父様が人類に対する遺言書と明言された天聖経をここまであからさまに変えることには強い違和感を覚えた。
 経典を改ざんすれば混乱が生じるのは自明のことだが、それを承知で改ざんしたのであれば、都合の悪い部分を削除する必要があったからだと判断されても仕方がない。私はそのような心証を抱いている。


 私は次々に発表される亨進ニムの説教に衝撃を受けながらも、自分が抱えていた疑問が解決されていった。


母の死


 私は、4月25日に母を亡くした。
 あまりにも突然だった。
 死後2日経ってから、私が変わり果てた母の遺体を発見した。


 私を拉致監禁した母ではあったが、ここ数年はとてもいい関係が続いていた。
 母の死のショックは大きかった。


 私の韓国人の夫も母になついていた。彼は、実の母に接するように私の母に接してくれた。


 葬儀が終わり、遺品整理に取り掛かった。
 母は昭和の人間。なんでも捨てないで取っておく人だった。私にとって非常に心が痛かったのは、私の信仰のことで苦しみ抜いた様々な痕跡がいたるところに残っていたことだ。
 私は、この見るのも辛いこれらの痕跡を消すために、毎週実家に通った。
 痕跡はだんだんと消えていったが、私の心には、親にこんな思いをさせてまで続けてきた信仰に対して不誠実な態度をとってはいけないという思いがずっしりとのしかかった。


ますます過激になる亨進ニム


 その後、亨進ニムの説教はどんどん過激になった。
 最初はお母様をコントロールしている幹部が悪いというものだったが、だんだんとお母様自身に問題があり、ついには亨進ニムの口から「バビロンの大淫婦」という言葉まで出てきた。息子の口から母を罵倒する言葉としてこれほどの言葉があるだろうか?私は大きなショックを受けた。
しかし、亨進ニムはお母様に対する強烈な批判をその後も続けられた。


 とくに私がショックを受けたのは、「2015年10月25日」の説教だった。
<引用はじめ>
 お父様の聖和の直後でした。
天正宮の最上階のお母様の部屋での会話を忘れることができません。
会話の中で私はこう言いました。
「お母様は勝利された真の母であり、真のお父様の花嫁です・・」 それに対してこう言われました。
「違います。私は神でありメシアです」「私は何でもできます」。お母様は「절대 권력(絶対権力)」という言葉を用いました。
「私は絶対権力を持っている」
<引用終わり>


 お母様はお父様の聖和後、亨進ニムの前で、ご自分を「神」であり、「絶対権力」を持っていると言われたのだ。
 私の知っているお母様は、お父様のために泣かれるお母様だった。17歳でご聖婚されてから苦労が絶えない人生を送ってこられたが、決してご自分を主張することなく、じっと耐え、夫であるお父様を支えてこられた姿、それが私の信じてきたお母様の姿だった。
 私のショックは決して半端なものではなかった。


 お父様の遺言であった八大教材教本は排除され、原理本体論は封印され、その代わりに独生女神学が教えの中心になった。
 真の父母経は、独生女神学について書かれたものだ。


 亨進ニムの過激なお母様攻撃は決して親不孝からくるものではなく、お母様を破滅の道から呼び戻すための悲痛な叫びにも感じられた。


教会長との面談


 数日後、教会長から面談の要請があった。
 教会長との面談は2時間に及んだ。
 教会長は終始、目が泳いでいて、気の毒になるほどであった。後半は、核心部分に触れたくないのか、教会長の横道にそれたお話をただ聞いているだけだった。
 印象に残った話だけに絞れば、下記の3点である。


①お母様が絶対「性」を語るなとおっしゃったのは、仁進ニムの不倫問題が起き、天宙の母としての面目が立たなくなったためだというのが教会長の説明だった。
絶対性:聖なる神様の血統=聖なる神様の種を絶対視しそれを地上に残す為の全ての手段や行為としての性、すなわち独身生活及び夫婦生活における純潔と貞操の永遠的死守により初めて実現化される神様が人類に与えられた神聖かつ絶対的価値としての性)


 正直驚いた。私は、お母様は真理よりも、母親の面目が大事なのかと質問すると、教会長は目をまん丸にして「それはそうでしょう」答えた。


 今年に入ってから、お母様は仁進ニムを表舞台にカムバックさせようとされた。


 お母様が面目を気にされる方なのであれば、不倫出産した娘を表舞台に立たせるのだろうか?しかも、純潔をモットーにする家庭連合の牧会者に。
 この計画は、アメリカの食口の強烈激烈な反対によって、結局は頓挫した。
世の中のすべてを手に入れられる独り娘」でいらっしゃるお母様も、たった2日で計画を諦めなければならなかったようだ。


 お母様肝いりのトップガン修練会では、原理本体論ではなく、独生女神学の講義がなされている。
 お父様が原理本体論による絶対性の教育を強調されていたが、お母様はそれを封印され、ご自分を「6000年間待ち続けていた独生女」とし、ご自分を中心とした独生女神学を中心に据えたのだ。


②ネットの情報を信じるな


 また私は、教会長にコピペの真の父母経を40万円で売るのは詐欺だと言ったら、教会長は、あなたはそんなネット情報を信じているのかと言われた。
「真の父母経」の一部が既刊本「真の父母様の生涯と摂理2」からのコピペであることは、ネット上では知られている。そのコピペ部分は編集者がテモニム(金孝南氏)の言葉を編集したものだったが、「真の父母経」では堂々とお母様のみ言として掲載されているのである。
 小保方さんでも博士号を剥奪され、職を追われ、社会的に抹殺されたのに、真の母のみ言がコピペとは・・・・。話にならない。
 
③お父様の延命措置をするかしないかは喪主であるお母様の権限だ


 お母様はお父様が意識のある状態で生命維持装置のプラグを抜こうとされた。このことはヨナニムがカメラの前で堂々と証言されている。


 この動画がアップされたのは2015年11月24日。これがもしこの内容が嘘であれば、お母様に対するたいへんな名誉毀損になるはずであるが、いまのところ、家庭連合サイドから抗議はされてないようだ。それどころか、この病室の場面は録画されていて大陸会長は視聴したという情報まである。
 
 なぜお母様がお父様の死を早めようとされたのかがわからない。もしなにか理由があるとすれば、「山口安雄さんの退会届」のなかで、「生命維持装置で生きておられる時点で絶対に助からないという確信を得てから、お母様も父母経の編纂の指示を8月23日に出されたのです。」と書かれているように、お母様も幹部も、基元節まで数ヶ月しかなく焦っていたということなのかもしれない。
 このような恐ろしい計画がお父様ご存命中から進行していたということは、にわかには信じられなかった。


 家庭連合に苦言を
 どうか、食口たちに、都合の悪いことを隠すことはやめてほしい。
 亨進ニムの動画を見せないように、グーグルに圧力をかけるのもどうかと思うが、それは亨進ニムにサタンが侵入し、信徒たちを守るための措置だといえばまだ聞こえがいい。
 しかし、お母様の”み言”まで隠してしまうとは・・・。


 お母様の“み言”によれば、お母様は、「6000年間待ち続けていた独生女」であり「今日の再臨のメシヤである、アボニムを成功させることができた」方であり、「世の中のすべてを手に入れられる独り娘」だそうだ。


 なぜ、”尊いお母様のみ言”を食口たちに隠さなければならないのだろう。
 お母様の”み言“には、お父様のご生前のみ言と矛盾しているところがある。食口たちが躓き、離れ、献金の金額が減らないように、まずい部分は削除したと正直に言ったらどうだろう。


 お母様はクリスマスの晩餐会の”み言“のなかで
「私たちは、私がいる間は続けて発展していくはずなのです。」とおっしゃっていたが、ここもカットしているのは、実際は、家庭連合がまったく発展してないからだろう。
 
 まったく発展していないどころか、最近は、新聞ニュースを賑わす醜態を見せている。刑事事件も起こっている。


 さらにもっと驚いたことにここ一年の間で純潔をモットーにする家庭連合から、3人の高位公職者が性犯罪で逮捕される事態になっている。


 どうかこれ以上恥ずかしい醜態を見せないで、不正に対しては、毅然としてノーという姿勢を見せて欲しい。誰に対しても。


 また、拉致監禁解放プロジェクトが分派対策プロジェクトになったことについても、大きな失望を感じる。
 サンクチュアリ教会が家庭連合の食口たちに対し、害悪の告知などにより恐怖心を煽って勧誘活動をし、家庭連合の食口たちに金銭的、精神的被害を与えているのならまだしも、サンクチュアリ教会は、高額な献金は要求していない。
むしろ、前述したように、献金の軛から解放され、うつ病が快方に向かっている例すらある。


 未来の後孫に誇れる「箱モノ」よりも、今、「世間」に、「食口たち」に対しての信頼を取り戻して欲しい。


励ましのクリックを頂ければ聖霊感謝です。

聖酒送ります。戻る祝福を受け幸せをつかんで下さい。お問合せホーム 
fanclubcomm@gmail.com    tel 電話050-7124-8027   www.sanctuaryjp.org