2020年4月10日金曜日

20年4月5日 英語日曜礼拝<前編> 神様がいなければ、闇だけがある ◆ 文亨進二代王

2020年4月5日 英語日曜礼拝<前編>
神様がいなければ、闇だけがある

https://www.youtube.com/watch?v=29tNYbEGt-8


ジュリーヘインさんのシューティングクラスです。とも本格的で目の写真をとって科学的で本格的です。シューティングに関して目や脳の動きを科学的に分析して説明します。素晴らしい証、御父様を通して銃を撃つきっかけになりました。



翻訳:YUMI HOSHINO 編集fanclub
士師記映像翻訳:聖殿情報

二代王様:
それではビデオに行きましょう。テクチーム、ビデオの準備してください。士師記概要です。
 
士師記 バイブル プロジェクト ザ ブック オブ ジャッジズ THE BOOK OF JUDGES  

ヨシュアがイスラエルの部族を約束の地に導いた後、ヨシュアは、イスラエルの民に律法の命令に従うことによって、神との契約に忠実であるようにと呼びかけました。そうすれば、神がどのような神であるかを他のすべての国に示す…というのです。

士師記はヨシュアの死の話から始まります。基本的には、イスラエルの完全な失敗の話を教えます。この「ジャッジズ」という本の名前は、当時のイスラエルのリーダー達のタイプ(職責名)から来てきます。イスラエルの民は王を持つ前にこれらの士師達によって治められていたのです。(「ジャッジ」と言っても)裁判官ではありません。各地域の政治的・軍隊のリーダー達です。部族長のようなものです。

士師記は非常に乱れて暴力的であることに注意する必要があります。イスラエルの道徳的腐敗と悪い指導者の悲劇的な物語を教えます。基本的にカナン人と変わりません。

しかし、この悲しい物語は未来への希望を生み出すことも意図しています。この本は次のように構成されています。

イスラエルの失敗の舞台の紹介から始まります。彼らは(カナンの地を征服しながらも)生き残りのカナン人を追い出さなかったのです。大きなメインセクションには、イスラエルの士師達の腐敗の拡大に関する物語があります。イスラエルのリーダーがどのように、かなり良い状態から、悪い状態へ進行するかを見せています。

最後のセクションは本当に乱れています。イスラエル国民全体の腐敗を見せています。では、各部をもう少し詳しく見ていきましょう。

オープニング セクションは約束の地に居るイスラエルの部族から始まります。ヨシュアがいくつかの主要なカナン人の町を破りました。まだ取るべき土地がたくさんありました。これらの地域には多くのカナン人が住んでいました。

▼チャプター1
チャプター1=第一章では、カナン人のグループと町の長いリストが書いてあります。イスラエルが約束の地からカナン人を追い出す事に失敗した所です。

ここで、覚えておいて下さい。カナン人を追い出すポイントは、道徳の腐敗を避け、子供をにする神達への崇拝を避ける為です。

神はイスラエルの民を「ホーリー ピープル」と呼ばれました。しかし、民達はそうはなれませんでした。

▼チャプター2

チャプター2では、イスラエルの民がカナン人とどのように同化し、すべての文化的、宗教的に取り入れたかが書かれています。

ここで物語が止まります。ほぼ全体の章でナレーターは、これから起こるすべての概要を教えてくれます。

ナレーターによると、イスラエルの歴史のこの部分は、一連のサイクルが下降スパイラルで動いていました。イスラエルの民はカナン人のようになり、彼らは神に対して罪を犯しました。そうして、神は彼らがカナン人に征服されることを許されました。そして最終的にイスラエルの民は自分達の誤りを知り悔い改めます。そうして、神はイスラエルの中から敵を打ち負かした士師を立て、平和の時代をもたらします。

しかし、最終的にイスラエルは再び罪を犯します。そして、最初からやり直します。このサイクルは、本の次のメイン セクションの文学的なデザインと流れを提供します。物語が語られる6人の主な士師達のそれぞれに対して繰り返されるのです。

▼オスネイル=オトニエル、エフド、デボラ

物語の最初の3人の士師は、オスネイル=オトニエル、エフド、デボラであり、冒険物語であり、また、非常に血まみれの物語です。その士師達と士師を助けた人達は、敵を打ち負かし、イスラエルの民を救い出します

ストーリーは次の3人の士師についてであり、ますます悪くなる士師達の性格の欠陥に焦点を当てます。

▼ギデオン

ギデオンは臆病者ですが、最終的に彼を通して神がイスラエルを救えると信じるようになります。
ギデオンはたいまつと土鍋を持つわずか3百人の男でミディアン人の巨大な軍隊を打ち負かします。

しかし、ギデオンは厄介なことに、彼を助けなかった仲間のイスラエル人の集団を殺します。そこからすべて下り坂になります。彼は戦いで勝ち取ったから偶像を作ります。ギデオンが死んだ後、全イスラエルの民は、その偶像を神として崇めて、再びサイクルが始まるのです。

▼エフタ

次の士師はエフタで、彼はならず者で丘の上に住んでいました。イスラエルに紛争が起こると長老達がエフタに助けを求めました。エフタは大変有能なリーダーで、アンモン人との戦いに勝ちました。

エフタはイスラエルの神についてよく知らず、戦闘に勝ったらカナンの神に対するように、独り娘を生贄にして神に捧げます。戦いに勝ったらエフタが娘を生贄にすることを誓います。

この悲劇的な物語は、イスラエルの民が自分達の神について知る事ができないほど堕落した事を示しています。それが殺人と偽りの崇拝を引き起こしたのです。

▼サムソン

最後の士師であるサムソンはさらに最悪です。彼の人生は約束されていました。しかし、彼はイスラエルの神を顧みません。彼は無差別に暴力的で傲慢でした。サムソンはペリシテ人に対する残酷な戦略的勝利をしました。しかし、それはただ彼の完全性によるものでした。そして、彼の人生は大量殺人の激しいラッシュで終わります。

▼ノート

ここで簡単なノートを書いて置きましょう。本のメインセクションで繰り返されるテーマに気が付きます。つまり、重要な瞬間に、士師達それぞれに神のスピリットが救出を達成する偉大な力を与えるという事です。

神がこれらの本当にでたらめな人々を使われているという事実は、士師達が決定したすべてを神が支持しておられる事を意味しません。神は何よりもまず神の民を救う事を約束されました。しかし、これらの腐敗した指導者を通し御業をされるしかありませんでした。

セクション全体は、物事がいかに悪くなったかを示すように書かれています。イスラエル人とカナン人を区別する事もできません士師達はただのリーダーです。

▼最後のセクション

最後のセクションでは、イスラエルが完全に討たれてどん底に落ちた事を見せています。ここには二つの悲劇的な物語があります。彼らは臆病者ではないのですが。

本の終わりに4回繰り返される話が出ています。「当時、イスラエルには王がいなかった。 誰もが自分の目で正しいと思われる事をした」


最初の話はミカというイスラエル人についてです。ミカは偶像をる私的寺院を建てます。そしてそれはダンの部族から送られた私軍によって略奪されます。ダン族はすべてを盗み、ライシュの平和な街を焼き払い住民全員を殺します。

それは恐ろしい話です。イスラエルが自分の神が正しい事を忘れた時。

本のファイナル ストーリーはさらに悪くなります。セクシャル アビューズ(性的虐待)とバイオレンスのショッキングな話で、それがすべてイスラエル初の内戦につながります。大変、乱れます。

それがポイントです。これらの物語は警告として役立つ事を意図しています。イスラエルの自滅は、神に背を向けた結果です。神はイスラエルを愛し、エジプトの奴隷制から救った神でありましたが。イスラエルは再び自ら解放する必要があります。

この物語のかすかな希望の光は、本の最後のリピートされた部分です。それは実際に物語の最後の文になります。「イスラエルには王がいない」。
次の舞台は、ダビデ王の家族の起源をルツ記に伝えるために書かれています。また、イスラエルにおける王権そのものの起源は、第一サムエルの書です。

しかし、士師記は悲劇として価値があります。それは人間についての冷静な説明です。そして最終的には、民を救う王を送って下さる神の恵みの必要性を指摘します。それが「ブック オブ ジャッジズ」です。

 以上翻訳:聖殿情報 以下翻訳YUMI HOSHINO

二代王様:
オーライ!とても良くできた士師記のあらすじです。それでは士師記の21章に行きましょう。19節を見てください。ビデオの中で話しているのは彼らが行った性的暴力についてです。聖句を読んでから学習しましょう。19節です。
(士師記21章19節)
 21:19それで彼らは言った、「年々シロに主の祭がある」。シロはベテルの北にあって、ベテルからシケムにのぼる大路の東、レバナの南にある。 21:20そして彼らはベニヤミンの人々に命じて言った、「あなたがたは行って、ぶどう畑に待ち伏せして、 21:21うかがいなさい。もしシロの娘たちが踊りを踊りに出てきたならば、ぶどう畑から出て、シロの娘たちのうちから、めいめい自分の妻をとって、ベニヤミンの地に連れて行きなさい。 21:22もしその父あるいは兄弟がきて、われわれに訴えるならば、われわれは彼らに、『われわれのために彼らをゆるしてください。戦争のときにわれわれは、彼らおのおのに妻をとってやらなかったし、またあなたがたも彼らに与えなかったからです。もし与えたならば、あなたがたは罪を犯したことになるからでした』と言いましょう」。 21:23ベニヤミンの人々はそのように行い、踊っている者どものうちから自分たちの数にしたがって妻を取り、それを連れて領地に帰り、町々を建てなおして、そこに住んだ。 21:24こうしてイスラエルの人々は、その時そこを去って、おのおのその部族および氏族に帰った。すなわちそこを立って、おのおのその嗣業の地に帰った。
21:25そのころ、イスラエルには王がなかったので、おのおの自分の目に正しいと見るところをおこなった。


二代王様:もう一度あらすじのスクリーンを出してください。最後の場面に士師記のあらすじの全ての絵が出てきましたね。その部分を停止してください。

さあ、何が起こったでしょう。彼らは偽の偶像を崇拝して堕ちていきました。
何と言ったかと言えば、“おのおのが自分の目に正しいと見ることを行った”これは何の哲学でしょうか?皆さんの考えることが正しいというのはどんな哲学ですか?
それは相対主義であり、ルシファー主義の基礎ですね。
全員が、「あー、それは本当にあなたにとって真実です。それは私にとって真実です。」というそれらは多分違いますね。真実は外的に誰もが考える事です。

引力は実在しますか?しませんか?皆さんが信じようと信じまいと引力は皆さんの外側に存在します。アーメン?それは真実ですね?

そこに絵が出てきましたね。真実は外側にあります。
宗教は皆さんの内面を探せば真理が見つけられると言いますが、そうではありません。皆さんは罪を発見し、腐敗を発見します。皆さんは堕落を発見し、歪曲を発見します。それらが皆さんが発見することです。皆さんが内面を見ればそこには貪欲と強欲を発見します。

いいですか?真理は私たちの外面に存在します。それは大きなことです。なぜなら私は仏教など多数の宗教が、自分の内面を見つめなさいと教えるからです。
もしも皆さんが救われて、神様の霊が皆さんの中に住んでおられるならば、皆さんには強い方位軸があるでしょう。それは皆さん自身の中に探しなさいと言う意味ではありません。皆さんはまた罪を発見するでしょう。しかしそれは神様の恩恵の中に覆われているのです。神様の力によって、私たちが持っている神様との関係性によって覆われているのです。オーケー?

その時に私たちがみ言葉を通して、聖句を通して、自分たちの心を調べてみる時に、私たちはキリストをより深く理解します。もしも私たちがそれと関係を持てば。それは大きな変化ですね。
キリストが誰なのか知らず、自分自身を発見するのは腐敗ですね。混乱と腐敗なのです。皆さんが発見するのは本能とそれはあまり祝えない自分の基準なのです。そうですね。

あの士師記を見てください。彼らはエジプトを出て、すぐに全ての戦いがあって、そのあとでカナンに到着しましたが、それは乳と蜜の流れる土地、約束の地にたどり着いたという事です。
彼らは他の多数の民族を倒して、安全で重要な土地を得ました。
しかし、何が起こりましたか?彼らはその精神を失い始めました。彼らは神様とのつながりを失い始めました。初めの場所を所有する目的は何でしたか?それはただ繁栄のためではありません。繁栄は何に向かいますか?快楽主義です。それも宗教の一つです。
繁栄は快楽主義の宗教に導きます。ですからそれは戦いです。
皆さんが繁栄すれば其の宗教と闘わなければなりません。
そしてもう一つの宗教があります。それは相対主義です。
そして相対主義の次は何ですか?道徳的相対主義です。それは快楽主義になります。

それでは若い人たちを見てください。彼らは社会的メディアに洗脳されて快楽主義のカルトに混ざります。快楽主義の宗教は何と言いますか?あなたは神になれると言います。あなたがしたいことは何でもできる、あなたが自分自身の現実を想像できると言います。

もちろん彼らは子供たちに沢山の幻想を注入します。彼らは性別を選べるし、それらの狂った主張全てです。要するにそれは彼らをその宗教に引っ張るのです。彼らを信奉者、信者にします。どこでも若い人たちはとても簡単です。裸の女の子を彼らに投げて、SEXをさせれば彼らはすぐに信奉者になります。何と哀れで動物的なのでしょうか?

ですから若い人たちには利用するのにとても簡単なシステムです。理解できますか?それは宗教的になるのです。それは倫理の形になっていきます。

このビデオが話しているように、それはどのように置き換えられるでしょうか?それは私の平等の権利となっていきます。なぜなら快楽主義の宗教と相対主義の宗教には制限がありません。道徳的差し止めがありません。その意味は皆さん自身自身の真理で決定できるのです。

それは文化に寄りますが、もしもクリスチャンの文化の中で生きていれば、私たちは殺人はしたくない、なぜなら規範は自分たちの所にあるので、と言います。
しかしもしも、キューバの様な或いは中国の様な権力があれば、大量に殺戮します。バーニーの狂人たちは自分たちが愛国者たちを殺すと言っています。ですからとても早く下がっていきます。その文化によって保たれています。

私たちはユダヤキリスト教文化を持っていますので、子供とのSEXは悪いという規範があります。それが悪いというのはユダヤキリスト教文化の規範だからです。

彼らは彼らがもっと力強く感じるまで、とてもそわそわと境界のテストを受けさせられます。ヒラリーが去るまでこれらすべての遅れた、洗脳された、トラウマのSEX中毒の子供たちはカリフォルニアのショーに来て、自分には未成年者とSEXをした友人がいるけど、彼らは牢屋に行ったけど、とてもいい人たちだ、牢屋に行ったのは馬鹿げている、と言います。
それはこのような白痴なのです。彼らは公開的にそれを促進しています。

そしてもちろん逸脱した違うタイプの性別を学校で促進し、子供たちが真実の倫理のどんなものとも交わるのも願いません。特にユダヤキリスト教が基礎の倫理です。

特にステファン モリノーの様な、彼はとても素晴らしい心と素晴らしい知識を持っていますが、実際彼は無神論者です。しかし、彼はクリスチャン文化文明を持った無神論者です。なぜなら彼は善良を生み出せと言っています。

興味深いのは彼はすべて侵略的ではない原理を生み出しました。そして本を書きましたね。彼が生み出したものは無神論にもなりえますが、その中にも善徳を保存しています。そして彼は無神論者たちがそれで幸せになると考えました。彼は祝福されると思いました。

“皆さん、私は哲学のシステムを発見しました。それは何故私たちが善を追求しなければならないかを説明しています。”と。そして大きな政府に対抗しています。なぜならば彼の動機は私たちだからです。

彼は無神論者のコミュニティに賛美されると思いました。しかしどうなったと思いますか?彼は無神論者たちのコミュニティから嫌われました。それは彼らは(無神論者たちは)カルトだからです。彼等の基本は知識ではありません。

彼は実際全てのシステムを構築しました。それは少なくとも無神論者の世界では倫理を持った最も強靭なシステムです。しかし、それは無神論者たちに嫌われたのです。彼がクリスチャンだったら彼らは喜んだでしょう。
彼は自分がクリスチャンに変わるか本当に深刻に考えている。なぜなら理由と論理では、哲学を通しては世界は変えられない、と考えるタイプの無神論者です。なぜなら人口の約10%だけが知的志向だからです。90%は動物的志向か本能的志向です。

彼は知的に訴えています。10%が知的志向です。ですから彼は“自分がこれで世界を本当に変えられるかどうかわからない”と最後に言っています。キリスト教の力は、神の倫理の力はどんな地球上の宗教とはるかに違います。
彼らは“イエスは復活したオシリスの神(古代エジプト神話の神と死者を裁く者)、墓から復活した。”と言っています。全くばかげています。彼等への全ての比較研究は終わっています。完全に彼らとは違うのです。

もっと勉強したければジェームズ ウッズのビデオを見てください。そこには最近の弁証学の素晴らしいビデオもあります。しかし無神論者の教授から何かを聞いたからと言って、馬鹿にならないでください。

ユダヤキリスト教は善の追求に私たちを導きます。私たち自身でなく、私たちの外側です。
なぜ真理を外側に追求することが重要なのでしょうか?
なぜなら皆さんが人のグループの中にいて、その人たちが土地のコントロールと真理は彼らの中にあると信じるとします。その皆さんは決して合衆国憲法や天一国憲法を理解できないでしょう。なぜなら真理は多彩であり得るからです。

しかし、もしもそのグループの人々が真理は外側にあると信じるなら、そして私たちが追求しなければならない外側の本物の真実以外は、誰も信頼しない、とするなら、実際それは個人の権利と人間の権利を守ろうとします。

もちろん共産主義やマルクス主義はそうしません。事実、殆どのマルクスの著書は彼らが暴力革命と呼ぶ権利について書いています。それは殺人です。彼は彼に反対する人たちのことを反動的と呼んでいます。それはただマルクス主義を認めない人たちと言う意味です。それは基本的に愛国者を意味します。しかしマルクスは反動的だと、彼らは反動している、と言います。資本主義が堕落し自然の成り行きでプロレタリアンがコントロールを取り戻すと言いますが、輝く政府、そんなことは決してありません。とんでもない嘘です。常に世俗化した悪魔的トータリタリアン(全体主義者)政府。

なぜ私たち全ての家庭は全体主義になるなと言うのが重要ですか?
真理は皆さんの内にはありません。真理は私たちの外側にあります。それはとても重要なことです。
なぜなら私たちは継続して外側に真理をみつけなければなりません。
ですから聖句を読み、神の言葉を読みます。
ですからキリストを追求してイエス様をお父様を追求します。
なぜなら、彼らは私たちの外にいるからです。

彼らが皆さんの内に住むというのはわかります。しかし、1日に何回くらいそのことに注意しますか?ですからこのことを覚えておかなくてはなりません。訓練もそうです。肉体の訓練、コンバット訓練はとても素晴らしいですが、それらは皆さんがそれはできそうだと見せて、幻想させます。
実際にそれをやろうとすれば皆さんはその中のある部分は自分にはできないと気付くでしょう。限定された動きははそれぞれのポジションでできるでしょうが。
実際の戦いではそれを早く学びます。
また射撃のコンバットにおいても皆さんは現実の銃について、それが信じられないほどパワフルだという事も学ぶでしょう。
ですから良いインストラクターは人が撃たれるのを見せます。皆さんを怖がらせるのでなく、現実を教えるのです。自己の中に起こる破壊の影響の結果です。

もしも皆さんがビデオゲームにはまれば、その行動に何の結末もないと信じ始めます。特にビデオゲームや韓国ドラマ、ポルノです。「喜びを求めて結果は考えない。人生を破壊しても気にするな。その若い男性や女性の人生を破壊しても気にするな。なぜなら全ては喜びを追求するので。」これは常に問題です。挑戦です。繁栄の場所、その宗教は相対主義と快楽主義になります。
若い男の子たちは誘惑に弱く自分をコントロールできません。若い女性は狼の罠に捕まります。それはロマンスですね。ですから韓国ドラマはロマンスポルノです。それはポルノグラフィです。

そして彼らは何を教えていますか?「行為に結果はない。心配するな、楽しめばよい。」それは皆さんが習った原理ではありません。皆さんが学んだのは致死力です。
どんな政府の公立学校で、どこで彼らは彼らの生殖器が他の人々の人生を破壊すると教えられましたか?いつ習いましたか?私たちが教えられたのは、ピストルは皆さんの頭を吹き飛ばすという事です。

なぜ若い年齢の時に生殖器がどれくらい人を破壊するのか教えられなかったのでしょうか?それは明らかに人々の人生を破壊して殺します。皆さんはどこでもそのことを聞きません。
残念ながらキリスト教会でも聞きませんね?
彼らは人間堕落は果実をかじったことによると思っています。リンゴを食べたことで。ところでそれは悪魔のリンゴですが。聖書はリンゴとは言っていないですね。それは禁じられた果実でもちろん皆さんその意味を知っていますね。なぜなら聖書は誰かを知るというのはその誰かとSEXをすると意味しています。聖句の多くの場所に出てきます。

しかし、もしも一般のキリスト教が原理を通して堕落の意味を理解したという事を想像して見てください。
あるいはもしも彼らが若い人たちに明確に教えていたら、
第一にもちろん彼らを自己防衛を使って訓練します。そして危険なことを乗り超えて責任を持たなければどんなに危険になるのか。悪人は責任を持ちません。危険を乗り越える力を持ちません。善の人たちは銃の様な、自己防衛、隣人を守るということ、コミュニティを守るという危険な事を乗り越えるコントロール力を持たなければなりません。
しかし同時にまた、社会の保護の一部は同じように皆さんの生殖器が武器になるという事を知ることです。銃のように危険なのです。それ以上です。
それは人々が喜びの為にそれを利用しようとすればそれは他の人の人生を破壊することができます。
男性だけが女性の人生を破壊するのでなく、女性も男性の人生を破壊します。

皆さん知っていると思いますが、高校生の女の子たちは男の子をレイプしようとします。特にクリスチャンの若い男の子は意図的に標的になります。欲望の力で締め上げられます。それらは悪の遊女たちです。彼女たちは自分の女性器を武器として使い誰かの人生を破壊します。そしてその価値を破壊します。
それはスパイラルになります。そのスパイラルは多分快楽主義に向かい、多分相対主義に向かいます。それが私たちの一般的な文化です。

若い人たちは脳死状態で反応して考えます。何故なら彼らはどのように考えるのかを教えられていないからです。彼らは考える過程を教えられていません。

皆さんが士師記を見れば、彼らは約束の地を得ました。乳と蜜とは物質の祝福です。繁栄の地です。彼らは乳と蜜の地を得て心ゆくまで食べられます。お腹いっぱい食べられます。彼らはこれ以上訓練したくありません。彼らはこれ以上聖書を読みたくありません。彼らはパーティーに行って酒を飲んで、ビキニガールを見て遊びまわりました。許されたことは同じようにばかげた狂った哀れなことです。同じ馬鹿げたパターンです。しかしそれは宗教なのです。

皆さんは韓国のある一つの教会を知っていますか?それは教会と言うより、そこのリーダーが原理を学んで盗んだんです。それはGMSと呼ばれていますね。彼が若い時に原理を学んで、それをおおまかに盗んで、JMSですね。それを盗んでその運動の全員が彼とSEXをしなければなりません。全ての女性がです。
ではどうやって若い女の子たちを伝道するのでしょうか?若い女の子たちは講義を受けます。女の子たちはミニスカートです。彼女たちは講義で神様の話を聞くときにミニスカートです。そして3人を伝道してそのうちの一人と結婚しなければなりません。
そこに多くの男性たちが、私たちもその男性たちを知っていますが彼らはそこに吸い込まれました。彼は?で働いていましたが最後に移りました。彼が言うにはそこに行けば女の子が得られると、皆さんがそこに行けばミニスカートの女の子と神様の話をするのです。そしてやーやー、これは良いこれは良い。

これはJMSだけではありません。そしてまた相対主義も同じことなのです。彼らはSEXを売って、それはマーケティングではありませんが皆さんをその思想に植え付けます。自分自身を楽しめ、喜びに生きろと言って。皆さんは簡単に誘惑され悪質な活動に引き込まれます。もしも皆さんが喜びだけを求めれば簡単に犯罪者になります。皆さんは簡単に腐敗して、腐敗したギャングに入るでしょう。そのギャングとは道端の低レベルのギャングではありません。お話ししているのは高いレベルのギャングです。それはアカデミーであり、学校、大学であり、政治や小児性愛者犯罪グループなどです。簡単に妥協します。

今皆さんが道徳があると言いますが、皆さんは道徳的に神に対しての責任があると言いますがそうではありません。
私はここに生きているのは喜びのためではありません。私の人生の目的は喜びではありません。事実は私の人生は多くの場合痛みで満たされています。
しかし、私はその痛みを超越します。なぜなら私は喜びの為に生きてはいないからです。
もしも私が喜びの為に生きているなら、痛みは私の敵になります。私は喜びの為に生きていません。だから痛みは私の恐れではありません。みなさん、理解できますか?私の恐れは何ですか?それは神の怒りです。神が私を知らないと言われることです。私は神様との関係を失うことです。

それは痛みとは違う感覚です。なぜならそれが最高の人間の繁栄だからです。それは愛の美徳です。それは人間の最高の美徳である私たちの創造主との関係です。これらは超越的価値或いは超越的規範と呼びます。

これらのない社会は動物のグループです。闘う民族のグループです。
皆さんが絵を見ましたが丁度士師たちはそうなりましたね。あのコーナーを見てください。覚えていますか?彼らは合法的な士師ではなく首領たちでした。宗教の首領たちです。彼らはそこらを歩き回るムースたちのようです。悪意は彼らにとって良くありません。
武装の力を使って悪を行う民兵を彼らはもちました。
これらの民兵を何故コントロールできないのか?それは彼らが聖書の神様との関係を失ったからです。ユダヤキリスト教の価値を失ったからです。

人間の犠牲を捧げてはいけない。小児性愛をするな。子供をレイプするな。レイプは悪です。罪のないものを守れ。貧しい人たちを助けなさい。ただ与えるだけでなく、彼らを教育しなさい。そう言ったことです。わかりますか?
それらの価値を失いました。彼らは神様との関係を失い、バアル神崇拝の価値を取り入れました。私を、金の子牛を崇拝せよ、そうすれば裸の女性を与えると言うようなことです。私を崇拝すれば金の力を与える、などです。

繁栄と若い世代がそのために堕落しました。
なぜならば彼らの殆どが考えませんでした。だから彼らは若い人たちを捕まえ、彼らにSEX教育をしました。なぜなら子供たちは考えないからです。そして若い彼らの精神は乱され彼らはトラウマとなり、早期のSEX教育はSEXに結果は無いと教え、そして全人生は完全に彼らにコントロールされ、快楽主義と相対主義のカルトに入っていきます。
もちろんそれらは.サタン主義を弱く希釈したものです。文化的に彼らはサタン崇拝の多くを行っていませんでした。

中絶クリニックで赤ん坊を殺す多くの無神論者たちがいます。彼らはサタン主義になるでしょう。彼らはサタンの名を叫んでいても気にしないでしょう。彼らはサタンの仕事をして手伝っています。彼らは人権を保護していません。彼らは弱く、彼らは悪です。多くの場合人々は混沌とします。

「私たちが神様を知っているならなぜ私たちは問題を起こすのでしょう。」「どうして私のお父さんとお母さんは沢山喧嘩するのか?」「なぜ私の兄弟姉妹はこんなことをするのか?」「何故なら彼らは不良の人たちです。」
若い人たちは常にこの便利な言い訳をします。
馬鹿げた言い訳で合理的でも何でもありません。

「私は教会が嫌いだ、私はあの人が嫌いだ、私はあのミニスターが嫌いだ」などです。神様とは何のも関係ありません。「私はクリスチャンにあったが彼にこんな風に扱われた。」
オーケー、それが神様と何の関係がありますか?それは神様のせいではありません。人々には自由意志があって彼らは選択しなければなりません。

多くの人が日曜礼拝に来て神様の言葉を学び始めます。そして彼らは彼らの態度を改善しようとその過程の中にいます。彼らは完ぺきな天使ではありません。彼らはここに来てそれと向き合うために一生懸命話を聞こうとします。彼らはどうやって自分の気違いさと向き合うのか、ガイダンスが欲しいのです。その狂った状態を何とかしたいのです。

皆さんが完璧なのでここにいるわけではありませんね。理解できますか?しかしまた人々は脳死です。サタン主義者たちはこれを使って早い時期に若い人たちに言いますね。彼らはそれが実際の論争だと考えますが、論争ではありません。それはクリスチャンへの反論ではありません。それは哀れで無慈悲な攻撃です。

そこには何の神様や聖句の正当性も妥当性もありません。そしてキリスト教が提供する倫理もありません。何にもありません。そこに馬鹿な人が自分はクリスチャンだと主張する人がいますが、彼の行動はどうしようもないことを見せています。それが何でしょうか?教会は病院です。そこは病気の人たちが良くなるための病院です。
教会は全ての人が健康なのでしょうか?理解できますか?それは教会に対する誤った理解です。

「アーこの教会の人はポルノを見ているので自分もポルノを見る。」
それは何にもなりません。それは馬鹿げていて多くの若い人たちがそうしています。なぜならば残念なことに彼らは読んでいます。彼らには彼らの反論が弱いという考えがありません。もちろん友人のエコーは同じように馬鹿げています。なぜなら彼らは実際、教育を受けて彼らの反論をとても早く崩す誰かに直面します。そして彼らは逃げたくなります。
何故なら真理は皆さんの中にはありません。

聖句はとてもパワフルですが、私たちは聖句を読んで時々逃げ出したくなります。それは私たちが暴かれるからです。それは私たちが馬鹿のように見えるからです。私たちが哀れだと思い出させます。私たちが清くないことを思い出させます。

私は完全でなく、それは誰にでも起こります。これらのエジプトから来たばかりの人々は奇跡を見て、彼らが受けた種はすべて半分に分かれました。彼らは敵を破って約束の地に入り、良いものを食べて神様を忘れました。同じ馬鹿げたサイクルはいつも起こります。馬鹿のように何度も何度もです。それは知恵深くありません。

問題は親がこのサタン主義文化を受け入れています。多くの親がこのふざけた相対主義を受け入れ始めます。皆さんこれを知っていましたか?

その例が韓マザーはその背後でフエミニズムを特に指導者の中で作り始めました。そしてお父様は悪だ、お父様は私を抑圧した、というような文化が背後にありました。
またそれと並行したことが外側の世界で起こっていました。それは既に学校でその哲学に洗脳された若い人たちにとっては簡単に受け入れさせられることです。強い保護の男性そして父親の悪魔化は「女性は何も悪くない、女性はいつも正しい」という宗教に役に立ちます。「女性は清く男はみな変質者」狂ったカルトです。

男性は多分性的変質者にはならないでしょう、誰かはそうなるかもしれませんが、全員はそうはなりません。しかし皆さん女性は永続的な力でとても変質者になれます。とてつもない変質者です。それは深刻な問題です。
しかし、その様な文化があります。

私たちの兄弟姉妹の結婚を見ればそのように分裂して、成功しません。多くの場合、お母さんがこのような馬鹿なフエミニズムを受け入れているのです。「自分はいつも正しい、私はいつも被害者でお父さんはいつも私を攻撃する。」このように常に被害者化します。それを韓マザーがやりました。
その結果何を生み出しましたか見てください。
真の家庭の女の子女は誰もお父様に従いません。どんな影響があるかわかりましたか?とても影響があります。

私たちが韓国にいた時のことを覚えていますが、韓国男性と結婚した日本女性の文化は「私はこれらの男性には良すぎる。私たちは日本から来て宣教師として神に仕え韓国を救う、韓国を攻撃した自分たちの国の罪を悔い改める、私はこの国のいなかっぺが与えられた。」
もしも皆さんが男性を継続してこのように扱えば、彼は本物の憎しみをみなさんから常に感じる事でしょう。彼の国のいなかっぺの銃が出てきます。皆さんが彼のいなかっぺさを放たせています。傲慢馬鹿の様な行動によってです。これは問題です。
王妃様もこれについて多くの姉妹たちと話しました。「私は韓国の夫に問題がある。」いつも全部同じシナリオでした。初めはかの女達が夫から言葉の暴力、肉体の暴力を受けてこれは問題だ、危険だと信じました。それは本当です。
しかしポイントは彼女たちは決して自分たちがしたことは話しません。それを残しておくのはとても便利ですね。その部分をです。
もしも男性が皆さんが彼を嫌っていると感じればそれは皆さんが彼を見下しています。そして皆さんは自分が彼より良いと思っています。皆さんは女性としての神の役割を果たしていません。
皆さんは彼が最高の神の祭司になるように助けてあげなくてはならないのです。それをしないで見下して、あなたが優れていると。皆さんは彼を励ましてあげなければならないのです。もしも皆さんがスキルを学んでいるなら、誰かが見下して「あなたは問題だ馬鹿だ」とそのように言って見下されたくはないでしょう。
女性の皆さん、真実ですか? 
おー、なんで美しいの?こっちの側もペイントしてみたらもっと良くなるわよ。オー、良く見える。

どちらの先生がいいですか?あなたが間違って描いたものを掴んで、しわくちゃにして、これはダメだという先生がいいですか?皆さんはそんな芸術クラスはすぐにやめるでしょう?皆さんは芸術の先生ととても早く離婚するでしょうね。それは冗談ではありませんね。
なぜ皆さんは自分の夫にそうしますか?私は殆どのサンクチュアリの姉妹たちは今そうしないことを知っていますが、私は皆さんが過去にしたことを言っています。

皆さん、過去に沢山のことをしたでしょう。皆さんはそのカルトの中にいました。サタンは皆さんにサタン的神の文化を紹介します。真のお父様から分離させます。それは皆さんがこの運動に入ってキリストに従ったからです。
もしも皆さんが「女性はいつも清く、犠牲者で、愛に満ちていて、そして男性には愛がないと。」これらの男性はいつも戦争で戦っています。血を流し愛はありません。「彼らは自己中心な変質者だ」と、その様な哲学を一旦受け入れたら、韓マザーがそうですがどうなるか皆さんは知っていますね。

皆さんにお聞きしますがそれがより良い人生だと思いますか?もちろん違います。
___                     ___
キリストのリバイバル、クリック感謝です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村 

本部公認の冠婚葬祭・二代王より聖霊を賜った聖霊教会《イエスお父様聖霊役事と清平天使役事を相続した、聖霊役事天使役事聖殿教会です。

2020年4月8日水曜日

アメリカに対する神の視点◆キングスリポート4月7,4(2日分)

アメリカに対する神の視点
キングスリポート4月7,4(2日分)
4月4日(土)パンザー会長キングスリポートに何故米国が聖殿の立場で重要であるかの講義がありました。全文訳を頂きましたので、前回に続き、こちらに追加投稿します。
                                        
2020年4月7日(火)キングスリポート
神様は私達を神様の美しさに導きます。

God Leads Us into His Beauty (The King's Report 04/07/20)


チャット通訳 英韓ヨナ王妃 韓日Yuko Morita 監修fanclub



​キングスレポートへようこそ。
​天一宮の天気をお伝えします。
​今日は少し風が吹く暖かい天気になるでしょう。
​しかし夜になると雨が降る予定です。
​いい天気だということなので、良かったです。
​昨日は実は子供達と一緒に、良い天気というのもいつも良い天気だと、その良い天気になぜ人が飽きるのかについて話しました。

​実は四季を経験し、寒い冬を経験することで、暖かくて澄んだ晴天に感謝するという話をしました。
​だから、真のお父様もそのように四季のある地域を愛されたのかもしれません。

<武漢コロナウイルス19・世界の感染者数136万人、死者数7万6千人>

<武漢コロナウイルス19・米国の感染者数36万9千人と死者数1万1千人>


​アメリカの武漢肺炎の確定者数は300.000人を超えました。 
しかし、確定者数の増加グラフが少し遅くなりました。
​それで、それを鼓舞的に見て、アメリカでもコロナウイルスがだんだん捕まりつつあると評価する人もいます。

◆​今日の聖句リマはコリント第一10章です。

​1 兄弟たちよ。このことを知らずにいてもらいたくない。わたしたちの先祖はみな雲の下におり、みな海を通り、 2 みな雲の中、海の中で、モーセにつくバプテスマを受けた。 3 また、みな同じ霊の食物を食べ、 4 みな同じ霊の飲み物を飲んだ。すなわち、彼らについてきた霊の岩から飲んだのであるが、この岩はキリストにほかならない。

​7 だから、彼らの中のある者たちのように、偶像礼拝者になってはならない。すなわち、「民は座して飲み食いをし、また立って踊り戯れた」と書いてある。

​12 だから、立っていると思う者は、倒れないように気をつけるがよい。

​13 あなたがたの会った試錬で、世の常でないものはない。神は真実である。あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか、試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さるのである。

​14 それだから、愛する者たちよ。偶像礼拝を避けなさい。

​17 パンが一つであるから、わたしたちは多くいても、一つのからだなのである。みんなの者が一つのパンを共にいただくからである。

​24 だれでも、自分の益を求めないで、ほかの人の益を求めるべきである。

29 良心と言ったのは、自分の良心ではなく、他人の良心のことである。なぜなら、わたしの自由が、どうして他人の良心によって左右されることがあろうか。

31 だから、飲むにも食べるにも、また何事をするにも、すべて神の栄光のためにすべきである。 32 ユダヤ人にもギリシヤ人にも神の教会にも、つまずきになってはいけない。 33 わたしもまた、何事にもすべての人に喜ばれるように努め、多くの人が救われるために、自分の益ではなく彼らの益を求めている。


​(33節までお読みになりました。)


​神様に選ばれ、神の多くの奇跡を経験した民族イスラエルは、同時に多くの裏切りを神様に犯します。
​神様は荒野の水のない所で、モーセを通し、モーセが岩を打って喉を渇かしたイスラエルの民に水を供給してくださいます。
​そしてそれは生命の水を供給をしてくださったイエス様の姿と同じです。 
神様はモーセを通じて荒野で経験したすべての内容をとても詳しく書いておくことを命じられました。
それは荒野の2世たちが同じようなことをまた経験することを知っておられたからです。 

異邦神たちは生きた赤ん坊を祭物に捧げることを望みます。 人間の祭祀を望みます。 それは異邦神たちの後ろにサタンがいるからです。

​それと同じように神様も祭祀を願われます。しかし、神様が祭祀を願われることは全くその意味が違います。 
神様が祭祀を願われるのはイスラエルの民に神様を畏敬することを記憶させ、コミュニティの中心との分かち合いを教えるためでした。 常にすべての偶像の祭祀儀式には異教徒宗教の哲学と神学が付いてきます。 それを見逃してはならないのです。

​これは、私たちが椅子を作ろうとすると、少なくとも3つの足が必要です。(1つの足の椅子もありますが、誰かがその椅子を蹴ると、その椅子がぱっと倒れます。 良いデザインではありません。)そのように何かを実現するためには、一緒に行くイメージと備えなければならないものがあります。 

異邦神を祀ると、いつも一緒に付いて来るのが、女神の崇敬と赤ちゃんを殺し、祭祀をさせることです。
​そうやってサタンに落ちるように誘惑するのです。 

面白いのは、多くの異邦神には、男の性器を崇めるように描いているイメージが多いです。 まるで男性の性器を豊かさや多産の一つの決定的な要素として見るのです。
​それはチベット仏画でも見られます。 
(また、山羊の頭をサタン主義の絵のイメージでもそれを見ることができますね)
ある宗教伝統では悪魔サタンがとても勇敢な性格を持っていると言いますが、実は悪魔たちはとても臆病です。 悪魔たちは自信と勇気がないため、隠れて他の人に罠をかけてその人がその罠にはまり、人生が台無しになることを楽しんで喜びます。

​どれだけ人々に善と悪を区別する基準がなくなったかというと、ある人は悪魔が自分に現れたことが幸運だと考えたりもします。 

◆私は自然で楽しめるものを探すのが好きです。 そのような一環として私は盆栽するのがとても好きです。
​常に盆栽に興味がありましたが、まともに勉強する機会はありませんでした。しかし、少しずつ試しています。 良い盆栽は自然の自然さに似ています。 自然には温かさもありますが、自然がどれほど過酷であるかも盆栽に盛り込んでいます。 

今、見える盆栽のように風が吹き、茎がゆがむほどの苦痛があったのですが、それが盆栽の美を作るということです。
​雪と気温の厳しい格差の中でも、小さな盆栽は日差しをもっと受けようととても必死になります。
​それでも盆栽は死なず、美しさを作ります。 それが真の美なのです。 

ある盆栽専門家はこう言います。 多くの学生を教える中で、たまに盆栽で何か画期的な形の盆栽をしたいという学生がいるそうです。 自分の美を開拓するということですね。でも盆栽というのはそうではありません。
​盆栽では自然のありのままの美を、この盆栽が自然の中にあるようにしてこそ、最も良い盆栽になるということです。 

最近、3本のツツジを天一宮の正門前の庭園に植えましたが、鹿が来てそのツツジを全部食べてしまいました。
​また、去年、生い茂ったので切ったレンギョウからどんどん新しい芽が出ました。 それで、そのツツジとレンギョウで盆栽を作りました。 
まだアマチュア水準ですが、その自然の一本を持ってきて新しい自然のアートを作るのです。 

そして盆栽という芸術は、私の望み通りにするものではありません。
​その盆栽がすでに持っている美があり、また、その盆栽がよく育つためには土の性質が合わなければならず、日光と水が必要です。 私が盆栽に必要なものを決めるのではありません。
​自然の一部分である盆栽は、すでに必要なものがあり、また制限があります。 
私はそれが自然の芸術の美しさだと思います。 現実に基づいているのですから 。

それとは反対に、空想主義はそうですね、空の雲を取って綿菓子のように食べて、金が欲しければ金になりなさいと言うと金になるのは、ただの空想や妄想に過ぎません。 どんなに盆栽に、君は水が要らないと言っても、盆栽に必要なものはすでに決まっています。
すでにその盆栽が持っているものと、その盆栽がすでに必要なものを無視せずに供給してあげた時、その盆栽は本当に美しい盆栽になるということです。 

私は真のお父様と釣りに行き強風が吹いた時、山の上にある木の形を見ながら、その自然を楽しむように努力しました。
​真のお父様は木を見ながら、その木の葉が風に揺れる時、「神様の愛をあなたに伝えようと揺れながら挨拶していることを知っているか」とおっしゃいました。 
そのように私もそういう瞑想をしようとしました。 まるで良い性能のカメラでフォーカスポイントを木の葉が揺れるのをフォーカスしながら見るのです。
​一本の全ての木の葉が、私に神様の恵みである自然の創造物の美としてあいさつするということは本当に素晴らしい事です。

​私を救ってくださった神様の愛がこんなに大きいんだな。神様がこのような創造物を私の周りにくださり、私を激励して私に挨拶をするようにされ、私に向ける神様の愛を伝えるようにしてくださるんだな。また私をちょうどこの時間に歩くようにして私のために木を揺らすんだな、と感じてみてください。
本当に素敵ではないですか。

​これは私たちが絵を描きながら鳥が突然恐竜になり、 その恐竜が私の心に入ってきた。それをコンピューターでアートにして見ることをほとんどの人は楽しみ、それが木の葉が揺れるよりももっと驚くべきことだと思いますが、そうではありません。 
そんなアートは目的がないのです。 神様を賛美し感謝をするという目的がないのです。
​そんな芸術は、その絵を作った画家にその画家が創造主のようだと錯覚させ、自分はあまりにも創意的だと錯覚させます。 
神の創造物である自然の芸術を愛することとはまったく違うものです。 

神の創造物である自然は、生態系の中で生命を創造し、その生命が地で生きていけるようにします。 これよりもっと美しいバランスが取れた芸術はないということです。

偶像に仕えることは神と離れる道だということを忘れないでください。 また偶像から離れて、神の自然の中で喜びと美と神の恵みを見つけることを常に覚えてください。 

今日のリマはここまでにします。 ありがとうございます

​(休み時間)

​キングスレポートにティムエルダー本部長が再び戻ってきました。 

◆今日の共産主義者の一言です。
ある民主党国会議員が、トランプ大統領が人類に対する犯罪を犯した、と言ったのが、今日の共産主義者の一言に登録しました。

​これはオハイオの女性国会議員Dem lawmakers が言った言葉です。
彼女はトランプ大統領がコロナウイルスを治癒することで、ヒドロキシクロロキンハイドロジェン·コラクイーン)というマラリヤ薬を推薦したのは、非常に不注意なことだとして、こんなことを言いました。

​しかし、別の民主党の国会議員は、トランプ大統領がヒドロキシクロロキンハイドロジェン·コーラックィーン)を強く推薦したことを感謝すると言って、自分が死ぬところだったのに、その薬で自分が助かった、と食い違ったストーリーを出しました。

​実は薬というものは完全なものがないのです。
​今、コロナウイルスにいかなる確実な治療剤もない状況で、50年間常用してきたし、価格が安い薬を使うことは大統領の立場では合理的なことだと思ったのです。

​そのオハイオの国会議員は、アメリカ国民の命を心配しなくてもいいですが、大統領はそのような立場ではありません。
​もちろん注意して供給して服用しなければなりません。

◆​イギリスの首相(55歳)ボリス·ジョンソンがコロナウイルスの集中治療室に行きました。
​今首相職は代行しています。

​◆2代王様が、べンカルソンが米国のコロナウィルスの状況が好転していると言ったことを少し言及されました。

​べン·カルソンはコロナ·ウィルス·タスクフォースチームのメンバーで、現在仕事をしています。 (元医者です)
​べン·カールソンによると、ウイルスが思ったより急速に全アメリカ人口を速いスピードで荒らして通り過ぎたように見え、思ったより被害が少ないものと分析される、と述べました。

​これはアメリカ人が自己隔離と社会的距離を置いているためだと解釈されます。 継続して人々の協力が必要な状況です。 まだアメリカの死者数は増え続けているので、緊張を緩めることはできません。

◆​今ご覧の写真はフロリダです。
​車がずらりと並んでおり、無料フードバンクで受け取ろうと待っています。

​これを見ながら、今アメリカの食糧供給が円滑になっていないように思う人たちもいますが、それは事実ではありません。
​これは無料の食べ物を配っているので(買うのではなく)待っているのです。 食べ物の量は十分に供給されていると確認されています。

◆​韓国でも、ある大邱のコロナ確定者が陽性だったのが、自己隔離をしてから陰性になり、再び陽性だと判断されました。
​まだこのように陽性判定もその結果が食い違っており、専門家の間でもこのコロナウィルスの結果に対して意見が分かれています。

​今私たちがコロナウイルスについて持っているコロナ資料も、結局2年後には変わるかもしれません。 我々は良い大統領が必要であり、そのために結局、大統領が良い決定を作らなければなりません。
​トランプ大統領に神様の知恵が臨まれ、何がいい決定なのか、その分別力と判断力を下せるように私たちは祈らなけれななりません。

◆​あるマクドナルドの店員がフレンチフライを揚げて、私の命を危険にさらすわけにはいかないと言って店から飛び出したそうです。
​そうですね、今仕事をしている警察、看護士、スーパーマーケットのレジ係などは、自分の健康を危険に陥れながらも仕事をしているのです。
​会う一人ひとりが危険要素になることがありますから。 そんな方たちにもう一度感謝を申し上げます。

◆米国の海軍軍艦の司令官が、航空母艦*でコロナウイルスが広がっているかもしれないという強いメッセージが書かれた手紙を海軍に送り、それがメディアに漏れ、その司令官をトランプ大統領が解任しなければならない状況になりました。
​これは軍事的な機密であるため、米軍艦にこんなことが起こったということが、空中波で出ることは、中共によい餌を与えることです。
​トランプ大統領はこのことについて、メディアは自重してくれるようにと記者懇談会でお願いしました。
 *グアム基地の原子力空母「セオドア・ルーズベルト」
  横須賀基地の原子力空母「ロナルド・レーガン」

​(休み時間)

◆どこからコロナウイルスが来たんですか?
​はい、そうです 中国から来ました。 中国、中共からです。
​中国は自分たちがウイルスを広めてから、自分たちが全世界の救援者であるかのように振舞っています。 
最近、そのような中国に対し、ニューヨーク州知事は感謝の意を表しています。
中国はもう全く武漢肺炎の死亡者がいないと主張しています。
​中共では、コロナウイルスで死んでも、その人が糖尿病があったとか持病があったなら、その持病で死んだとし、死亡原因を区別する方法を使ってコロナウイルスの死亡者数から除外しています。
​中国共産党はヨーロッパにも救援品を送っています。 

中国はコロナウイルスは中国から出ていませんし、最近はイタリアから出てきたとも主張しています。 
イタリアのある医者が昨年11月、ある患者が肺炎に似た症状を見せたという記事を書いたのですが、それを見て中国は、「見ろ、中国で広がったのではない」と主張するなど、コロナウイルス責任回避に全力を投入してきました。

​しかし、それは中国からイタリアに渡った人たちのために、イタリアで広がったように見えるのです。
そうしておいて、ヨーロッパの国々に中国は自分たちが救援者であるかのように救護品を熱心に送っています。 特に、イタリアに中共は集中救護品を送っています。

​開いた口が塞がらないようなコロナウィルスの事態が起きていますが、欧州連合はそのまま手を挙げて何の役割も果たせず、むしろ中国がイタリアを助ける状況になりました。 そのようにイタリアではもはや欧州連合はまったく役に立たない 、私たちも脱欧州連合をしようと声を出しています。 
中国は意図しなかったと思いますが、これは鼓舞的な現象ですね。


​◆欧州と米国がコロナ事態を経験し、多くの収入をアフリカから得ることができなくなると、アフリカの多くの国の財政状態が底をつき、IMFに資金救護を要請しています。

​米国のコロナウイルスの事態が続けば続くほど、米国の経済はますます揺らいで迷宮入りしてしまうでしょう。

​現代貨幣理論では、アメリカのような国はただお金をたくさん使っても全く問題にならないと考える人が意外と多いです。 しかし、それは事実ではありません。世の中にそんなことはありません。

​今回の米国の経済浮揚パッケージのようなことは、懸念の声が高いです。
​アメリカは約2000兆ウォンを経済浮揚パッケージとして出すことにトランプ大統領はサインをしました。

​我々は、バーニー·サンダースがこのような現代の貨幣理論で、無制限の無償福祉、無償保険、無償教育をすべての国民にすると公約するのを見て、3ヶ月前は舌打ちしたのですが、今、現政権がこのように2000兆ウォンものお金を人々に配るなんて、本当に呆れることです。

​実は紙幣というのはおびただしいインフレが来たら紙くずのようなものです。 今のように無理な紙幣のプリントはドルの価値を下げ、結局紙くずのようになってしまうのです。

​(休み時間)

​◆それでは、whatfingerのサイトのヘッドラインを一度見てみましょう。
​主流マスコミはいまだにコロナウィルスの事態を大げさに報道することで、トランプ叩きに全力を注いでいます。

​また、それをタッド·クリーズ·テキサス国会議員が皮肉りました。

​トランプ大統領はヒドロキシクロロキンハイドロイククロロクイック)を推したことで民主党の中でも騒がしいです。

​​いつもトランプ大統領を非難できず、焦っているニューヨークの州知事クオモまでも、今回はもっとヒドロキシクロロキンハイドロイククロロクイック)をもっとニューヨークに供給してほしいと叫んでいました。

◆​政府が発行した資金(価値が全くなく、金で全くバックアップされない電子資金)で実際の資産を市政府たちに売り買いするということで、現代貨幣、つまり発行された電子マネーは、さらに問題が生じるでしょう。

​1913年に中央銀行の金のバックアップ銀行方式は失われ、その後、経済恐慌とバブル経済がアメリカで始まりました。

​(米国の第7代大統領のジャクソン大統領が米国の創建初期の中央銀行を追い出してしまいました。しかし、1913年にまた入ってきたのです。)

​今、米国経済は中央銀行からの資金発行で沈滞を防いできたのですが、​実際、そのようにしてお金を刷ることができるし、それがまったく問題にならないのなら、アメリカ国民全員に120万ウォンだけ個人に与えずに、10億ウォンずつ全部渡せばいいんのではないですか?

​でも、そうできないのは、それは問題になるからです。

​我々はそのため、コロナウイルスが過ぎ去ってから、その後の経済低迷の嵐をさらに準備しなければなりません。

​皆さんがキングスレポートを 一生懸命聞いたなら、どう準備すればいいのか 分かると思います。 (^^)

​◆ある親中・記者が月曜日のトランプコロナウイルス・ブリーフィングに参加して問題になりました。
​その記者は自分は中国と関係がないと言ったのですが、後で、その記者は中国のプロパガンダ政府パートとつながっていることが明らかになりました。
​ホワイトハウスまで親中プロパガンダが浸透していますね。

​神の王国が天で行われたように地でも行われるその日まで。
​キングスレポートが皆さんと共にあります。

​アーメンアジュ

                                        
2020年4月4日(土)キングスリポート 
神の摂理におけるアメリカ

America in God's Providence (The King's Report 4/4/2020)


(1:08:58~)翻訳YUMI HOSHINO
(この講義は4月4日キングスリポートの後半に行われた講義です。
パワーポイントのタイトルごとにパンザー会長が説明する形式です。)

キングスリポートへようこそ。私はリチャードパンザーです。天一国の二代王の為に立ち上がっています。

私は二代王様が発展させるようにおっしゃった新しいプレゼンテーションを皆さんと共有したいと思います。それはアメリカについてです。それは特に神様のアメリカに対する視点です。このことについては真のお父様はとても深刻であられました。お見せしたいと思いますが、お父様のアメリカの目的についての展望と二代王様が継続されてアプローチされていることです。

◆アメリカに対する神様の視点


1<アメリカとその価値が攻撃されている。>

全ての人は自然と自分の国を愛すると思います。皆さんが日本人であれば自然に日本を愛するでしょうし、韓国人であれば自然に韓国を愛します。それは自然で私たちは自分が生まれた国の影響を受けてその国を愛しますね。

しかし何か、アメリカは独特です。
それは私たちがただこの国で生まれたからと言うだけでなく、自然が美しいとかでなく、アメリカは神様の摂理の中での役割を持っています。このことを沢山考える必要があります。

二番目にアメリカのとその価値は攻撃されています。
アメリカがもしも自由な国を継続するなら、私たちは自由の国としてのアイデンティティが危険にさらされていることを覚えておかなければなりません。清教徒たちがここに来て、皆さんがご存じだと思いますが、彼らは英国を離れました。なぜなら国教会は彼らをコントロールしようとしました。その国の人たちは実際には宗教の自由がなく彼らは迫害されました。

彼らには神様を崇拝する上での違った展望がありましたのでオランダに行きました。オランダに住みましたが、それはより多くの寛容さがあり、彼等の方法での崇拝に対して迫害されることはありませんでした。しかし、オランダは道徳的ではありませんでしたので、彼らは非道徳的な国で子供たちが育つことを願いませんでした。
それで基金を募ってキャプテンを雇い、私たちがアメリカと呼んでいる良く知らない国に来るために、3つの船を準備しました。それは彼らが神様を崇拝したかったからであり、神の国に住みたかったからです。だから来ました。お金のためではありません。
ジェームスタウンにきた入植者たちは殆どが金のためでした。しかし、清教徒たちは違いました。清教徒たちの最も重要な考えは、神様を崇拝する事への自由でした。そして神様の文化の確立でした。彼等の動機は他の人たちととても違っていました。そしてわたしたちはアメリカを宗教の自由を保護する国として築くことができました。

視点は私たちが持っている権利は、政府によって付与されたものではないということです。これらの権利は神の子としてのアイデンティティによって相続されます。キリストを通して私たちは神様の血統の中で生かされています。神の子女としてのアイデンティティによってのみ私たちには自由があります。それは神様からです。そのような意識の下で私たちの国は建てられました。次でもう少し説明したいと思います。

2<なぜアメリカは成功しなければならないか>

なぜアメリカは強く、そして成功しなければならないのでしょう?
それはただ、他よりももっと自分たちの国が強靭であり、他の人たちを支配したいというだけではありません。それは全くポイントではありません。アメリカは人類の中で独特です。殆どの国は地理的な民族的な出来事でした。

人々は、地球上の特定の場所で、特定の民族の中で生まれます。日本なら、日本人としてその島で生まれました。しかし、アメリカの共和国はここに来れば皆さんの民族性はそんなに重要でなく、皆さんがどこで生まれようとアメリカ市民になるという事は、アメリカのアイデアを認めたという事です。
それは理想を基にした国だからです。それは他の国と全く違います。
お父様が説明されたように摂理の中心国家、神様の摂理に重要な国です。それがお父様がアメリカ人に本当に理解して欲しいことです。

アメリカ人が何かをすればそれはアメリカ人だけでなく全世界に影響します。それは私たちがただ経済のパワーをリードしているからではありません。もちろん経済の力で他国に影響を与えているのは事実です。しかし、それ以上のことです。アメリカの運命は世界の運命を決定する。それはもう一度私たちが考えてみなければなりません。
トランプ大統領はアメリカをもう一度偉大にしたいと言いますが、クリスチャンの目はただ私たちの国が大きくパワフルな国になることだけを見ているのではありません。このアメリカが何かを代表しているという事が、全世界にとって重要です。
  
3<私たちはこれらの真実を自明にする>

私は既に権利は政府から来るのではないという事をお話ししましたが、彼らは神によって恵まれています。それがもちろん独立宣言の視点です。
ギャリーハスケル牧師が“信仰と家庭の防御の連立”朝食祈祷会で説明されたように、独立戦争の何十年も前から、聖職者たちはこの内容について説いていました。
事実は“黒い礼服連隊”の本の中にあります。それは実際、独立宣言における初期の説教者たちの言葉は独立宣言が実際に書かれる前に与えられた調査から一語一句引用しているものです。
私たちが“黒い礼服の聖職者”と呼ぶ聖職者たちは、闘いの服装があって彼らはマスケット銃(銃身が短く馬上で使いやすくした騎兵銃)を始めに手に取り、自由の為に前線に立ちました。彼らはただ説教していたのではなく、彼らは彼らの黒の聖職者の礼服を脱いでその下に来ていた戦いの服の準備をしていました。
彼らはマスケット銃を掴んで、そして信徒たちが英国と戦うようにしました。
英国人はこれは長老派革命だと言わなければならないでしょう。彼らは英国教会の一部分ではなかったため、見下げられた宗教人たちのリベンジのようでした。
最初のアメリカ創設文書は人間のアイデンティティと個人の罪、そして神の理想の正義に関する聖書の見解に根差しています。そこに私たちの国が建国されました。 
  
4<権力の分離は人間の罪の認識、腐敗の可能性に基づいている>

私はここでザ.フエデラリスト(英:The Federalist Papers アメリカ合衆国憲法の批准を推進するために書かれた85編の論文)のナンバー47(権力分立制の意味)を読みたいと思います。

これはマジソンによって書かれたと思うのですが、政治哲学者モンテスキューを引用しています。
引用:立法権力と執行権力が同じ人物で統一されていると、アフリカ人は市長が同じ君主を去るか、暴力的な方法でそれらを実行するために暴力的な法律を制定する必要があるため、自由はあり得ない、
とモンテスキューは言います。

引用:私たちは立法府に参加した裁判官の権力であり、裁判官は主体に自由が恣意的なコントロールにさらされ、裁判官が全ての暴力で行動する可能性のある執行権に参加する立法者のルートになる。

ザ.フエデラリストペーパーはモンテスキューの引用が、もし立法上の司法及び執行力が1人の人か立法上の一つであれば、その人物かその一つは抑圧者になる危険があると言っています。ですから彼らは大統領の行政権と議員の立法権とを最高裁から分離したいのです。それらは違わなければなりません。行政は法律を作ってはならず、司法は法律を制定してはならず、議員たちは行政と最高裁の権力を尊重しなければなりません。不幸なことに現在この法が攻撃されています。

これより2020年4月8日YUMI氏追加翻訳

三権分立設立のビジョンはこれらの司法権と議員が法律を作り、最高裁判所が法律を裁くことを必要なら不承認にする権利、そして行政が法律を実行する権利です。彼らはなぜそうしたのでしょうか?それは彼らが人間の罪に気が付いたからです。彼らはどんな人間でも腐敗する可能性があることを知っていたからです。
ですから二代王様が2006年に天一国憲法も同じように権力の分離があります。それは私たちすべてが権力を誤用する可能性があるという事です。ですからその権力を分立しています。

 5<中央集権の限定>

それでは権利章典を見てみましょう。
憲法修正第1条、信教、言論、出版の自由の保障。修正第2条、武器保有の権利の保障。第4条、不合理な捜査及び押収に対する保護。第5条、生命、自由、財産保護の権利。私たちの政府の基礎は国民を政府の権力から保護することです。誰も法の適切な手続きなく、命と自由、財産を奪われることはないのです。その人と考え方が違うからと言って、ただ殺すことはできません。それを私たちは承認しません。

6<アメリカの革命的聖書的世界観>

アメリカの革命はフランス革命とは反対でした。フランスの革命は神中心の視点ではありませんでした。フランスの革命は王室に対する憎しみが基となって、聖職者への憎しみであり、フランスの王や王族、聖職者の腐敗がありましたが、フランス革命の彼らは無神論でした。

彼らは何をしたかと言えば王を殺し、王族を殺し、彼等の首をはねました。多くの聖職者の首を切って殺しました。神聖な命という考えのない彼らの殺人は止まりませんでした。
革命戦士を送って老若男女子供全て50万人のクリスチャンがフランスのボンデリージョンで殺害されました。彼らは全てを殺しました。
そしてその後革命の指導者たちはお互いに認め合えず殺し合いました。ですから、無神論の視点を持つフランス革命は、悪の人々を全員殺して自分たちが限界のない権力を持つ、そしてこれらの迷信的な思想抜きに素晴らしい国をつくるというものでした。
それは終わりがありません。人間の権利に対する保護がなく、政府の権力に限定がありません。それは災害でした。

アメリカの革命が違う展望であったことを神様に感謝します。アメリカ革命はまた社会基盤の仏教、儒教、イスラム教とも違います。
二代王様が何度も話されました。仏教は例えば苦しみの原因は欲望だとして、自分の欲望を取り除かなければならないという考えです。自分の欲望を取り除けば、私は失望しないというようなことです。仏教にも良い点がありますが、瞑想や感情を落ち着かせることを教えています。しかしそれは正義を導いてはいません。正義であるためには正義に対する欲望がなければならないからです。
聖書には神の正義がはっきりと貫かれています。違う展望なのです。人間の権利の理想は殆どが、正義の明らかな考えを持つアメリカや、西欧のキリスト教国家から伝来しました。ユダヤキリスト教国家からです。

7<歴史の中のアメリカ建国の特異性>

アメリカ合衆国の国民は民族やどこで生まれたか、という事が基礎ではなく、建国精神の受け入れによります。では奴隷はどうなのかと言う人もいるでしょうが、勿論奴隷制は間違っています。
ジム クロウ法(1876-1964の人種差別的内容を含むアメリカ南部諸州法の総称)は私たちの国に1950年代に現れましたが、それは間違いです。人々が投票することを阻止して違う人種の隔離を行い、誤りました。

しかし、建国の精神は奴隷廃止の基礎になりました。そして、1960年代の市民権運動は、マーチンルーサーキングがワシントンモニュメントでの彼のスピーチの中でカールマルクスを引用せず、独立宣言を引用しました。マーチンルーサーキング牧師は政府を変えようとしたのではなく、政府が私たちの国家の建国精神に生きるようにしようとしました。アメリカ人は彼が正しいことに気付きました。

私たちの国は権力を持った人によって成り立ってはいけません。私たちは神が与えたこれらの権利について明確な建国の文書を持っています。それに基ずいてアメリカ人は悔い改めなければならない、と彼は黒人に脅威を与える事に対して言うでしょう。
お父様がインタビュアーを受けられて、今世紀で最も称賛する人物は誰かと聞かれ、マーチンルーサーキングだと答えられました。なぜなら、彼は神様中心の展望によって解放をもたらしたからです。

8<アメリカ ユダヤキリスト教 の理想は全世界に広がった>

天宙的人権の理想。限定的憲法の政府。政府より大きく、人民より小さく。

右下に去年の香港でのデモの写真がでています。多くの香港市民が通りに出て、私たちは香港に中国の共産主義の法律はいらない、と言っています。中国が約束した通り、英国が香港を去った後少なくとも50年は独自の政府を持つという法が必要だと言いました。これらの香港のデモの人たちが持ちあげている旗は何でしょうか?彼らはアメリカの旗を掲げています。写真の左下を見てください。“トランプ大統領、香港を解放してください!” 私はトランプ大統領が兵士を香港の解放の為に送るとは思いませんが、彼らはアメリカを見ています。アメリカはただの経済の繁栄の代表ではありません。自由の代表です。それはアメリカだけのものではありません。二代王様が言われるように武器所有はアメリカ人だけの権利ではありません。それは人類の権利なのです。ですから世界中の人々がそれを志しています。

9<進歩的統計学者思想への挑戦>

国際社会主義、共産主義は全く反対の考えです。彼等の視点は政府は限定され、個人に主権が与えられるというものではなく、彼等の考えは個人が国家の或いは革命の従者となります。もしも私たちが国家強化の為に言論、宗教、財産の所有、自己防衛の自由を取り上げられればどうしますか?それは全く反対なのです。

10<国家の敵を排除>

ここにドイツナチスの国家の敵がいます。ユダヤ人の子供たちが見えますね。ヒトラーは民族浄化、ダ―ウインの視点の様な優生人種が白人に必要だと信じました。そしてこれらの汚れたユダヤ人は取り除かなければならないと考え、彼らは600万人のユダヤ人を殺害しました。多くの女性や子供たちもです。老若全て裸にして宝石を取り上げてガス室に入れて殺しました。また、彼らは多くのジプシーを殺し、他の民族も同じように殺害しました。

11<9400万人の共産主義大量虐殺の犠牲者>

これを見てください。共産主義はナチスよりも悪いです。共産主義の黒い本は約9,400万人の政府による死人の犠牲者を出したと言っています。6,500万人の中国人が中国共産党によって殺害され、2,000万人のロシア人、200万人のカンボジア人、200万人の韓国人、200万人の北朝鮮人、170万人がエチオピア人、150万人のアフガニスタン、100万人の東ヨーロッパ、100万人のベトナム人、15万人の南米人が虐殺されました。

共産主義の思想に人々を殺すことが間違っているという考えはありません。どんなことも全て労働者の楽園建設のためには正当化されるのです。唯物的視点によって人間は動物とほぼ同等に扱われ、動物を殺すことのように人間を殺してもたいしたことではないという考えです。

12<前世紀にアメリカの理想が攻撃された>

アメリカと同盟国がナチスドイツと日本帝国、イタリアファシズムを敗北させた後で冷戦がはじまりました。共産主義との戦いです。

金日成はソビエト連邦によって支持されました。彼は殆ど全韓半島を占領しかけましたが、幸いにもアメリカが16の国家をリードして韓国の南半分を解放することができました。それはダグラスマッカーサ将軍によって指揮され、真のお父様、文鮮明牧師が解放されました。それによって南へ逃げることができました。ですからお父様はいつもアメリカがそのようにしたことに対して大きな感謝と愛を示されました。二代王様も国進様もそうです。

不幸にも韓半島は裂かれました。お父様は半分の韓国が共産主義下になったことは摂理的過ちだったと言われました。そして私たちはベトナムの共産主義と闘わなければなりませんでした。実際、アメリカ軍と南ベトナム軍によってベトナム戦争は勝ちました。北ベトナムとの平和条約によって、北はこれ以上南ベトナムを侵略しないと誓いました。アメリカは南ベトナムの兵士を撤収しました。それで何が起こったかと言えば、ニクソン大統領はウオーターゲート事件を起こして、実際彼は間違ったことをしました。ウォーターゲートホテルに押し入ったことを隠しました。

お父様は彼が間違ったことをご存じでしたが、“許せ、愛せ、団結せよ”のキャンペーンを指揮されました。私たちは大きな図を見ながらニクソンを許そうとしました。
お父様はニクソンが大統領執務室を追い出されて、東南アジアの何百万の人たちが死ぬことをご存じでした。そしてその通りのことが起こりました。

もしもアメリカが軍事的に敗北しなければどうなったでしょうか?それは思想的な心理的な戦争になっていました。アメリカの左翼はメディアを使い毎晩テレビでアメリカ人やリーダーたちに、アメリカがベトナムで行ったことが、いかに悪で過ちだったかと思わせるように仕向けました。そしてニクソンが辞任させられ、北ベトナムは南ベトナムを侵略しました。なぜなら、共産主義が約束することは嘘です。また議員の中の民主党は南ベトナムは自分たちには関係ない、自分たちで防御すると言いました。
自分たちには関係ない。そして何百万のベトナム、カンボジア、ラオスの人々がボートに乗って逃げました。

神様に感謝するのは、1980年のロナルド レーガンの選挙で、彼は平和な力の教義を持って、ソビエト連邦の終焉を助けました。彼はベルリンの壁に行って、ゴルバチョフはこの壁を取り壊さなければならないと言いました。
そしてここに写真がありますが、ベルリンの壁は取り壊されました。この写真はレーガンが去った1年後の写真です。
そしてソビエト連邦は崩壊しました。彼らは共産主義を離れました。神様に感謝します。

しかし、多くの人が共産主義は死んだと考えましたが、死にませんでした。左翼は殆どのアメリカ、ヨーロッパの大学を乗っ取り、彼らは共産主義を教えます。大学はマルクスの視点で学生たちは意気消沈しました。
二代王様が大学は神様が攻撃される場所であり、唯物主義が中心に教えられ、ダ―ウイン進化論が証明された事実として教えられ、それは事実ではなく。それは左翼のアメリカへの非難です。

私が大学生だった時、私たちのクラスにエロスと市民と呼ばれたハーバート マルクスの本がありました。彼はドイツのフランクフルトの学校から来た左翼、共産主義者でしたが、彼の本はマルクスとフロイドが取り混ぜてありました。
彼はその本の中で性の自由は革命の一部と言っていました。あなたの革命の為にどんな女性ともあなたが望めば性関係を持って良いと言うのです。
多くの学友はそれは自分にとってとても良いことで自分たちは道徳的でなくてよい、自分たちのやりたいことは何でもやってよいと、魅了されたと思います。

私たちは私たちの王国と責任を経済に置き換えたと思います。私たちは自分たちの経済の責任を政府によって諦め、政府が経済をコントロールするようになりました。そして性の自由が無責任な、まるでウサギのような奴隷になりました。
王様が何年か前に話されたのを覚えておられると思いますが、KタイプとRタイプの話をされました。(ライオンなどのように強靭で少数を繁殖する動物とネズミやウサギのように軟弱で多数繁殖する動物を人間の例えとして話された。)ですから私たちは無責任であればウサギの様なRタイプになります。それは多くの大学のキャンパスで促進されました。そして現在もそうです。

13<文鮮明牧師のアメリカでのミニストリー>

真のお父様が1970代の初期にアメリカに来られて、ヤンキースタジアムとワシントンモニュメントでスピーチされましたが、1976年はアメリカの革命の丁度200周年記念の年でした。
お父様はアメリカは神によって建国される新しい国家のモデルと言う意味だと話され、そのアメリカは現在共産主義によって脅かされ、そして家庭は道徳の腐敗と人種の差別によって崩壊していると話されました。

ビデオをお見せしたいと思います。1976年6月1日のヤンキースタジアムです。

(ビデオ)

リチャードパンザー:
私は皆さんに全スピーチをお見せすることは出来ませんが、真のお父様はアメリカの人々に、もしも私たちが神様から離れれば、私たちの家族は共に住むことができなくなり、社会は崩壊し、人々は共産主義の内容に魅了されて抑圧された暴政に向かって行くと警告されました。
お父様は共産主義が何であるのかご存じでした。そして警告されました。お父様の預言がそのように過ぎていくのを見ることができます。

この国の本当に少ない人たちが結婚して、多くの家庭が分裂しています。私たちは悔い改めて神様に帰る必要があります。そしてお父様はアメリカが世界をけん引しているとおっしゃいました。アメリカはアメリカのためだけに祝福されたわけではありません。アメリカは神によって選ばれた中心国家であり、自由と正義が世界に拡大することを助けなければなりません。それは私たちが他の国を侵略するという意味ではなく、私たちがこの国の使命についてはっきりと知るべきです。
お父様はそのことを知っておられました。

もちろん、左翼はお父様の立場を全て憎み、この大会の故に多くの迫害を受けられました。そして、7,000ドルの税金を払わなかったという容疑で起訴されました。それはまるで冗談のようです。ニューヨーク市の市長は何十万ドルの脱税をしましたが彼は投獄されませんでした。お父様はこのことゆえに3年間牢獄に行かれました。お父様は年間2,500ドルを支払わなかったという容疑です。

彼らはお父様をアメリカから追い出そうと韓国へ帰国させる目的でしたが、お父様はもしも私を監獄へ送るならそうすれば良い、私は韓国へは行かないと言われました。アメリカを愛するのでそうすると仰いました。そのことを通して、お父様の教えの内容をよく知らない、アメリカの聖職者たちまでも、お父様が不正義のもとで迫害されたとして、宗教の自由のために立ち上がりました。

皮肉にも神様はこの状況を利用されて、お父様がジェリー ファウエルや沢山のアメリカの宗教指導者たちと繋がるようにされました。その時も神様が実際働いて下さいました。

私は1973年に教会に入りましたがその時はそのような論争はありませんでしたが、そのわずか数か月後にはウオーターゲート危機が訪れ数年間大変でした。私は神様の実在に気付いて、再生の経験をして、何かを助けたいと思って教会に来ましたが、突然、統一世界が論争の的になったのです。メディアは毎日攻撃してきました。それは過去の話ですが。お父様はアメリカは聖書的な基礎がなければそれはもはや神中心の国ではないと言われました。

14<アメリカはその目的を完遂しなければならない。>

私たちはその建国のビジョンを成し遂げなければなりません。それで私たちは神の王国を建設しなければなりませんが、その王国は政府が皆さんの面倒を見る社会主義の王国ではありません。二代王様が何度も言われたように自由と責任の王国です。今日はすべてお見せすることは出来ませんが、この辺で終わりにしようと思います。

15<イエスキリストの一意性(独特)>

私たちは33年の生涯を送られ、たった3年間の公生涯をあゆまれたイエス様をしっています。彼は十字架の前に全ての弟子たちから見捨てられました。その期間イエス様は限定された世界に住んでおられました。彼は失敗者として軽蔑されました。しかし、この方が人類歴史の中で誰もできなかった、世界を変えるという事をされました。それは本当に驚くべき奇跡です。たった3年間の彼の教えによって世界を変えたというのは本当にそれは奇跡です。
アメリカはイエスキリストなしには現れなかったでしょう。そのことに気付かなければなりません。
自分が罪人であると悔い改めを通して神様の血統に生まれ変わることができます。
イエス様を通して私たちは沢山の霊的な贈り物を受け取ることができます。そして私たちの人生は完ぺきに変わることができます。

私たちがキリストを通して本当に生まれ変われば、私たちの人生は変わります。しかしまた、イエス様が個人の救いのためだけに来られたのではないことを知るべきです。イエス様は世界を変えるために来られました。

16<イエス様は王国について教えておられる>

まず、神の国と神の義を求めなさい。そうすればこれらのものはすべて添えてあたえられるであろう(マタイによる福音書6章33節)

イエスはすべての町々、村々を巡り歩いて諸会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、あらゆる病気、あらゆるわずらいをおいやしになった。(マタイ9章35節)

イエスはこの12人を使わすにあたり、彼らに命じて言われた。異邦人の道に行くな。またサマリア人の町に入るな。むしろイスラエルの家の失われた羊のところに行け。行って“天国が近付いた”と宣べ伝えよ。(マタイ10章5節から7節)

リチャードパンザー:
イエス様は地上に神の王国を建設するため来られました。
7時が来ましたので、ここで終わらなければなりません。この続きは来週にします。
しかし、皆さんこのことを考えてください。イエス様は個人の救いの為に来られましたがまた、全世界を神の国に再建するために来られました。個人のためだけではありません。

それでは終わりにします。今日もキングスリポートをご覧になって下さり、ありがとうございました。祝福された一週間となりますように。

(終わり)

アメリカに対する神様の希望
真のお父様の公演「ゴッド・ブレス・アメリカ」フェスティバル
ヤンキースタジアム 1976年6月1日 God’s Hope for America
 
アメリカの優れた市民および世界からの誉れ高い代表者の皆さま、私は今晩皆さまがたに「アメリカに対する神の希望」という題でお話ししたいと思います。その前に、私は今日このように記録的な盛況をなすまでに皆さまがたがおいで下さったことに心からの感謝を表したいと思います。

さて私達は、ここ大ヤンキー・スタジアムでアメリカ建国二百年を祝うために集ってまいりました。

今年の数多くの祝賀行事の中で、私達のヤンキー・スタジアムでのフェスティバルは次の二つの理由でユニークなものであります。それはまず第一に、私達が神の御名によって集まってきたということ。第二には私達はここで国際的なお祝いを行っているということです。

 無私の精神を貫いた歴史上の人物

今日、私達はあらゆる個人、あらゆる国家を世界の不可欠の要素として見なければならない時代に生きております。この私達の世界には基本的に二種類の生き方があります。その一つは利己主義的な生き方で、もう一つは、人が自分のことや自分の家庭、そして自分の生活以上に国家や世界というより大きな目的のために生きる、非利己主義的な生き方です。歴史を通じ、その東西を問わず、重要な役割を果たした人間は、公的精神を持ち、あるいは無私の精神を持った人々でありました。歴史上の正義の男性、女性そして聖人達は、自己を捨て、神や人類のために自分自身を犠牲にした人々であります。事実イエス・キリストはそのような正義の人の最高の実例でありました。

しかし、最も自己意識を持たず、最高の公的精神を持ったお方は、まさに神であります。人類が神に反逆した時、神は復讐をするのではなく、むしろ人類を許されました。そして神は罪深い人間を罪から救いへと引き上げるべく倦むことなく働いてこられています。救いのわざを行うために、神はその独り子イエス・キリストを地上に送りました。神はその独り子を犠牲にしてまで世界を救おうとなさいました。神はまた、イスラエルを選民国家としてたてられました。選民国家をたてられた目的はまた、世界を救うためでありました。また神は同じ目的-世界を救うためにキリスト教を立てられたのです。

 聖書のヨハネによる福音書三章十六節には「神はそのひとり子をたまわったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである」と書かれています。この世界こそが神の目的であることを覚えておいて下さい。ちょうどイエスが世界を生かすために、その生命を喜んで献げたように、神はすべてのクリスチャンが世界の救いのために自分自身を喜んで献げることを望んでおられます。しかしながら今日、世界のクリスチャンは神のこの心情を実現しようとする努力さえしていません。

 神は人類が一家族になることを願っておられます。それ故に、神が願われる家庭、教会そして国家は、人種や国籍の障壁を超越したものです。皮膚の色を一つに混じり合わせ、人種や国籍を超越した人々は神の目から見て、最も美しく、神にとって最も喜ばしいものです。

 アメリカを見てみましょう。アメリカ合衆国が神により生まれたものであるのかどうかを知ることは、最も重要なことであります。紳士淑女の皆さま、アメリカがまさに神により生まれたというのが私の固い信念であります。あなたの血筋には多種類の血が混じりあっています。かつては敵同志であった国々が、今ではあなたの血の中で一つになっているのです。人種的また国家的壁を乗り越えた個人や家庭が、教会や社会や国家を造るためにともに集うならば、その国家こそが、すべての人々にとって神の理想の国となります。

全歴史を通じ、そのような国はただ一つしかありません。アメリカ合衆国です。アメリカというこのユニークな国が、神の創造であることは明白です。アメリカの人々は、世界のありとあらゆる所から来ております。アメリカ人であるということは、あなたがどのような人種であり、どのような信仰を持ち、どのような文化的背景の出身であるのかということによるものではありません。あなたがたがどこからの出身であるにもかかわらず「これは私の国です」と言えるのは、ただこの国だけです。それがアメリカなのです!!

 アメリカは世界の縮小体です。国籍や人種を超えて、アメリカは理想世界のための雛形を造に出しました。神御自身が、神の国アメリカ大陸を、時の満ちるまで文明から意図的に隔離し、そして神はこのモデル国家を建設されたのです。神の摂理の中で、神はアメリカに油を注ぎ、その地に豊かな祝福を注がれました。わずか二百年の間に、神はこの国を地上で最強の国家に育て上げられたのです。

 しかし、祝福は決してそれのみではやってきません。それには必ず責任が伴う

しかしながら、皆さまがたの祖先の中にも二種類の人がいました。その一方は、富を求めてこの地にやって来た人々であります。もう一方は、神と自由を求めてこの地にやって来た人々です。彼らは神を中心とした新しい国家の建設を夢みておりました。もし、前者がアメリカ、の主流となっていたならば、異なった人種や民族グループの間での粉争や分裂、闘争は今よりもはるかに大きなものとなっていたことでしょう。そしてアメリカは不義や不正が満ち満ちていたに違いありません。しかし、神はその初めより、これに干渉なさいました。そのため、あらゆる移民の中で、神の義人達がアメリカの指導者としてふさわしい地歩を得ることになりました。世界中のあらゆる異なった人種や国籍の人々が、神を中心とした家庭、教会、そしてアメリカという国家を創建するために、この土地で和合しあいました。アメリカの美しい伝統は皆さまがたの祖先より築かれたのです。

 人種や国籍を越えた一家族の世界

あなたがた自身の家庭をごらんなさい。ほとんどの家庭は明らかに国際的な性格を持っています。あなたの血統にはおそらく数多くの異なった国籍が結合されています。………います。もし祝福を受けるものがその責任任を投げだすならば、そのものは神の祝福をも投げだすことになります。その結果、神の御旨は必ず去り、その国家は衰亡いたします。そして、そのような衰亡の兆候が今日のアメリカにおいて明らかになっているというのが真実ではないでしょうか。

愛するアメリカの皆さま、私達にとって悔い改めなければならない時が来ています。私達は神の怒りを畏れなければなりません。最も真実な意味において、誰が真のアメリカ人でしょうか。真のアメリカ人とは、宇宙的な心を持った人々のことです。真のアメリカ人は、神が願っておられるように皮膚の色や国籍を超えて、人類一家族という理を信ずる人々です。真のアメリカ人はそのように国際的な家庭と教会と、そしてあらゆる民族から構成される国を誇りとする人々です。

神の目の中には、黒人もなければ、白人も黄色人種もありません。私達は人種というものを神が見るように見なければなりません。アメリカは真のアメリカ国家の精神、そしてその祖先が汗と血をもって建てたいと求めた理想に立ち返らなければなりません。アメリカは絶対的に神を中心とした理念、神主義(ゴッドイズム)に立ち戻らなければなりません。

神がアメリカ独立の動機であり、原因であり、また基であります。アメリカは神の摂理により生まれました。もし私達が神を中心にしているならば、私達は変わることなく一つであり、繁栄に浴することができるでしょう。しかし、私達が神から離れるとするならば、その瞬間に分裂してしまうでしょう。

 紳士淑女の皆さま。もしアメリカが世界の指導国家として神の祝福を受け続けたいとするならば、アメリカは神とのパートナーシップを形成しなければなりません。あなたの家庭に神はいますか。あなたがたの社会や国家に神がいますでしょうか。神はセメントのような存在です。神と共にあってアメリカははじめて、コンクリートのように固く結合していることができるでしょう。しかし、もし神が去ってしまうなら、アメリカは砂のようなものです。いったん洪水が起これば、すべてが洗い流されてしまいます。

 神の国建設がアメリカの使命

アメリカの偉大さと誇りは、神からきています。神と共にあってアメリカは祝福を受け、最強の国でいつづけることができます。神と共にあってあなたがたは、威厳と世界のリーダーシップを保つことができます。しかしもし私達が、アメリカから神を立ち去らせてしまうならば、この国は衰亡し、アメリカはサタンの手で征服されるでしょう。それが現実に起る時、アメリカの未来は悲惨で悲劇的なものとなるでしょう。アメリカは生きながらの地獄となってしまうことでしょう。

神の祝福が大きく、それを受ける者が神の御旨を投げ出す時、神の罰はそれほど大きいものとなります。一九六〇年代の初頭、アメリカは世界の希望のようであり、そのアメリカの象徴はニューヨークでありました。しかしながら今日では、世界がアメリカに対する信望を失い。ニューヨークは不道徳と退廃のジャングルと化してしまっております。ニューヨークは悪の襲撃をほしいままにする都市に変貌してしまいました。

 シカゴもそれと何ら異なるところがありません。ロサンゼルスも同じです。アメリカ全土でサタンがその主人となってきております。神はこの国で忘れ去られてきております。もし神が忘れ去られたならば、神はアメリカを離れ去るより仕方がありません。現在はまさにこのようなことが起こりつつある時なのです。

もし神の結合力がアメリカから去ってしまうならば、アメリカを一体化させることのできるものは何もなくなってしまうでしょう。家庭は崩壊し、教会は分裂し、アメリカはその体の細胞がこわれているために、致命的な病にかかってしまうでしょう。そうなるならば、それは共産主義の害悪がアメリカを支配下に置く、最高の機会となるでしょう。そのような緊張事態がここに存在するのです。誰かが何かをしなければなりません。

こんな批判をする人があります。「レバレンド・ムーンはなぜアメリカの二百年にそうまで深くかかわりあっているのか。それは彼にとって何ら関係のないことだ」。紳士淑女の皆さま、もしあなたの家で誰かが病気にかかった時、私達は外部から医者を呼ぶ必要がないでしょうか。あなたの家がもし火事になったならば、あなたがたは外部から消防士を呼ぶ必要がないでしょうか。神は私を、医者の役割を演じさせ、消防士の役割を演じさせるためにアメリカに遣わされました。これが私のアメリカにまいりました理由です。良い薬は口に苦いかもしれませんし、手術は若干の痛みを伴うかもしれません。しかし処置はただちにとり始められなければなりません。医者が患部に触れる時、患者は不平を言いながら、その手を払いのけるべきなのでしょうか。

 ここ三年の間に、私は全身と全霊を注いでアメリカの青年に神からの啓示を教え続けてきました。彼らは今や、神を中心とした家庭、教会、そして国家がどのようなものであるべきか、はっきりとした考えを持っております。彼らはまた、アメリカの暗い現実についても知っています。こうして彼らは、手遅れにならないうちに、アメリカに新しい生命と、救いをもたらすために強い決意した闘士となっています。彼らはアメリカの危機的な状況を知っています。彼らは神の嘆きの心を知っています。また彼らはその潮流を神の方に押し戻す絶対的な決意を持っております。彼らの情熱は見るからに美しいものです。

 献身したあなたがたの子息子女は神の御旨の勝利のために活動する神のチャンピオンです。彼らは神の最前線に立ち、悪に対する宣戦を布告して、この高尚なる戦いを勇敢に戦っております。私達は悪を克服しなければなりません。この地上に神の国を建設することが私達の使命です。それ故に私達は、神が最も愛し、準備してきたまさにここアメリカに神の国の雛形を建設しなければなりません。

 新しく起ってきた精神的試練

紳士淑女の皆さま、これらの青年達が倦むことなく働いていることを覚えておいて下さい。彼らの心は、涙も嘆きもない世界を造り出すために、涙と嘆きで満ちています。これらの青年達は、闘争も苦痛もない世界を造り出すために闘い、苦しんでいます。私達の願いは、サタンに対する神の戦いであります。神のために、私達はたとえどのような犠牲があろうとも、決して後退することなく勝利するでしょう。


私が迫害されているかどうかが重要なのではありません。私はただ、神の御旨と神が私に与えられた使命について関心を持っているだけです。私が心配しているのは、事情をはっきり知らないが故に、あなたがたが神の御旨に反対するようになることです。もし私のしていることが神の御旨でなかったとすれば、いずれにしろそれは大したことにはなりません。しかし、もし、私のしていることが神の御旨であるとするならば、一部の人々がいかに私達を排撃し迫害し、その道を妨害しようとも、この使命は達成され成功するでしょう。

 レバレンド・ムーンはなぜ、そのような苦難を受けるアメリカに来たのでしょうか。私は自分自身の栄誉を追求しているのでしょうか。金が私の目当てでしょうか。あるいは権力でしょうか。いいえ、決してそうではありません。私がアメリカに来たのは、この国が私達の天なる父、神がお選びになった国であるからです。私は神の心情を知っているが故にアメリカに来たのです。私は、たとえアメリカが神に反逆しようとも、神はこの国を見捨てないことを知っています。



神の御旨はアメリカを、世界の国々が習うことのできる神の国の雛形とすることです。私は神の御旨は世界を救うことであり、そうするためにはアメリカが先頭を切らねばならないことを知っています。これが私がアメリカに来た理由であります。神と共にあれば、あなたがたは勝利し、サタンとともにあればあなたがたは滅びるでしょう。

 紳士ならびに淑女の皆さま。二百年前、大陸陸軍のあなた方の勇敢な祖先達は、神への信仰をもって、アメリカ革命-独立戦争を戦いました。ジョージ・ワシントンはフォージ峡谷で、ひざまずいて神の介在を求め、彼とその軍隊は不滅のイギリス軍を打ち破ることができました。神の介在によってのみ、彼らはその戦争と、アメリカの独立を勝ちとることができたのです。その瞬間、神はアメリカに「土地の基盤」を置きました。

 約百年後、神の御旨に反して、このアメリカで奴隷制と人種差別が行われるようになった時、神は神のチャンピオンとしてアブラハム・リンカーンを起こし、南北戦争に勝利させ、奴隷を解放し、あらゆる人々が平等であることを認めさせました。このようにすることにより、神はアメリカに、人種と国籍を超える「人の基盤」を置きました。しかしこれはそれでも、外的なテストでありました。

 二百年後の今日、アメリカはよう一つのテストを受けています。今度のテストは内的もしくは精神的なものです。それは宗教的なテストであり、歴史的、理念的なテストであります。世界のもう一方では、神を否定する共産主義というイデオロギーが起っており、自由世界に対して全面的攻撃を行おうとしております。アメリカを滅ぼすことは、共産主義の最大にして最終的な目的であります。彼らはアメリカが地上における神の最後の橋頭堡であることを知っています。これは、何よりも、アメリカが神の国家として立つか、あるいは滅びるかのテストであります。

 アメリカはこの戦争に単独で勝つことはできません。アメリカは神を必要としています。このテストにおいてあなたがたは、すべての真理とすべての真実の理念である神なくしては勝利を得ることができません。神を承認する世界と神を否定する世界と、この両陣営の間で、対立は避けられません。それは思想の対立です。そのためアメリカは、神のチャンピオンとして、あらゆる人種と国籍の一致団結をもって、無神論共産主義に対し思想的に世界的規模で勝利をなさなければなりません。私達の神に対する信仰は、彼らの共産主義に対する信仰よりも強くなければなりません。アメリカは神の御名において勝利しなければなりません。このようにして、神はより高い次元で「新しい世界理念の基盤」を設立されるでしょう。

アメリカの祖先達は、ヨーロッパの宗教的迫害を逃れて新世界にやって来ました。彼らは「神のもとにある一つの国家(ワン・ネーション・アンダー・ゴッド)」建設の精神で、この地に新しい国家をもたらしました。それが、今や第三世紀の門口にいるこのアメリカなのです。これと同じように、今日では奴隷的共産世界から自由世界へと、人々が逃れてきています。多くの人々が、その宗教的信念と思想的相違のために迫害されました。今や神を中心とした新しい世界を建設するために、これらの人々の団結する時がきました。自由世界は団結して、奴隷化された共産主義世界を解放しなければなりません。このたびの私達の仕事は「神のもとにある一つの世界」を建設することであります。

 地上天国めざし勇気ある前進を

これを成し遂げるには、世界のキリスト教が一つにならなければなりません。教会は分派主義から自らを解放しなければなりません。教会は抜本的な改革を行い、超教派で超宗派の宗教統合を達成しなければなりません。このためには私達にとって、精神的な霊的革命が必要です。私達には新しい理念が必要です。そしてその新しい理念は東洋的哲学を伴合し、東洋と西洋の両文化を統合するものでなければなりません。

 この新しい理念は、世界中に現存するすべての宗教と理思想を統一することもできるでしょう。そのため、それは新しい宗教的もしくは精神的な運動の形となってすでにきているのです。統一教会の運動は、この目的を満たすために神によって創造されました。この精神的運動は世界中に広められるために、まず、このアメリカで成功しなければなりません。統一教会がもたらしたその新しい理念は「神主義(ゴッドイズム)」です。絶対的に神を中心とする理念です。それはアメリカを目覚めさせる力を持っており、この地上に神の理想とする国のモデルを勃興させる力を持っています。

 それがなさることによって、他の世界の国々がアメリカの例に見習い、それぞれの国に神の王国を築き上げるでしょう。その時私達はみんな本当に、一人の父なる方、神のもとで兄弟になり、姉妹となることでしょう。これは愛の世界です。幸福の世界です。私達の惑星、地球は一つの家庭となり、人類は一つの家族となるでしょう。神の御旨、神が時間の始まりから長い年月をかけていつくしんできたその願いが、ついに満たされるでありましょう。これは永遠の理想の、神の世界です。それは実に地上の、神の王国でありましょう。


これが私達の至上の使命です。それはまさに神の与え給う神聖な使命です。神は世界に向かって泣いておられます。私達はそして、神の道具です。世界は神の叫びに応えなければなりません。神の命令に耳を傾けなさい。地上の神の王国めざして勇気ある行進を始めなさい。どんな困難も私達をとどめさせることはできません。私達の行進は神のものです。それは最後のところまで行きつくでありましょう。

私のいとおしいアメリカ市民の皆さま、今日私達は全能の神に、この神聖なる使命を満たすための私達の忠誠と献身を誓いましょう。紳士淑女の皆さま、神の御名において団結し、ともに地上の神の王国、地上天国を築きましょう。

私達は共に神の前に、一緒に感謝を献げましょう。世界万民の名において、私に、偉大なるアメリカ、二百回目の誕生日おめでとう、と言わせて下さい。神があなたがたを祝福しますように、神がアメリカとその第三世紀を祝福しますように。
___                     ___
キリストのリバイバル、クリック感謝です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村 

本部公認の冠婚葬祭・二代王より聖霊を賜った聖霊教会《イエスお父様聖霊役事と清平天使役事を相続した、聖霊役事天使役事聖殿教会です。