2019年6月19日水曜日

二代王より:デポジション(証言録取)最初の日、見様の精誠に感謝します◆ キングスリポート 6/17.19(2日分)


二代王より:

デポジション(証言録取)最初の日、見様の精誠に感謝します。


キングスリポート 6/17.19(2日分)



お元気ですか食口の皆様

皆様の精誠と祈祷が今日の法廷尋問の大変大きな助けとなりました。
今は夜10時半、10時ですが、天一宮に着いたばかりですが、朝は7時に出発しましたね。7時半、そして夜10時まで。
しかし今日一日が勝利的に過ぎて行き、明日もまたありますので、 皆さんの祈祷と精誠が大きな力となっています。ありがとうございます。

今日最初の日に一緒に出かけて祈って下さった食口の皆さんありがとうございます。
今日は最初のデポジションでしたが明日は最後です。一緒に出かけ祈ってくださった皆様の精誠に心から感謝します。神様の祝福がありますように。お休みなさい。ありがとうございます。

チャット翻訳:Yuko Morita 編集ファンクラブ
キングスレポートへようこそ。
今日は一人です。

2代王様の裁判の件について少し後から話します。皆さんも気になっていると思います。

​リマはサムエル記上23章3節

​3 しかしダビデの従者たちは彼に言った、「われわれは、ユダのここにおってさえ、恐れているのに、ましてケイラへ行って、ペリシテびとの軍に当ることができましょうか」。

​最近サムエルのリマが良く出ます。
​家庭連合が王様に対して攻撃をしているからでしょうか。

​今日のリマは23節です。
​23 それで、あなたがたは彼が隠れる隠れ場所をみな見きわめ、確かな知らせをもってわたしの所に帰ってきなさい。その時わたしはあなたがたと共に行きます。もし彼がこの地にいるならば、わたしはユダの氏族をあまねく尋ねて彼を捜しだします」。

​ダビデのいるところを報告しろと言っています。
​ダビデは他の地域に逃げますがサウルが追いかけていきます。

​25 そしてサウルとその従者たちはきて彼を捜した。人々がこれをダビデに告げたので、ダビデはマオンの荒野にある岩の所へ下って行った。サウルはこれを聞いて、マオンの荒野にきてダビデを追った。 26 サウルは山のこちら側を行き、ダビデとその従者たちとは山のむこう側を行った。そしてダビデは急いでサウルからのがれようとした。サウルとその従者たちが、ダビデとその従者たちを囲んで捕えようとしたからである。
​ダビデは完全にサウルに包囲されます。

​27 その時、サウルの所に、ひとりの使者がきて言った、「ペリシテびとが国を侵しています。急いできてください」。
​28 そこでサウルはダビデを追うことをやめて帰り、行ってペリシテびとに当った。それで人々は、その所を「のがれの岩」と名づけた。

​しかし、ペリシテ人が国を犯しているとサウルは報告を受けてサウルは国に帰ることになるので、ダビデは生きます。

​家庭連合が統一マークの件で2代王様を起訴したので裁判になったのです。
​しかし、統一マークはお父様が2代王様に譲られたものであり、すべての基盤はお父様が譲られたものであると主張している状況です。

​2代王様が法廷での戦いを望んでおられるのではなく、家庭連合から告訴したので2代王様も家庭連合を告訴をされる、そのような戦いになっているのです。

​弁護士がおり、2代王様に対する質問と答えの話の全ての内容をタイピングしている人がいます。
​そして家庭連合の人もそこに居ます。

​相手の首席弁護士がおり、我々の側の首席弁護士があり、食口は10人くらいが近くにおり、昨日はホテルの部屋に食口が35人いて、デポジションの内容を聞けるようになっていました。

​弁護士の質問の内容に2代王様がこたえられるのです。

​どんな質問をするかというと、この問題に対して全く関係ない質問をすることも可能なのです。
​朝食は何を食べたとか。
​しかし意味のない質問をすれば時間が制限されているので無駄になります。

​天一国憲法は誰が書いたのか?王の権限についても質問しましたし、天一国憲法は修正できるのか?などの質問をしました。
​王様は質問の一つ一つについて、特に神学的な内容についてはとても詳しくお話しされました。

​すると相手の弁護士が短く話すように言ったりもしました。

​統一神学を全く知らない弁護士なので短く話せる内容ではないと言いました。

​全く原理を知らない人たちにこのような質問の答えをするには短くできないのです。
​全ての映像が公開される予定なので皆さんものちに見ることができます。

​各国の食口が祈祷されているので王様はとても力を得ることができるとおっしゃっていました。

​天聖経リマ

​昨日も弁護士がお父様のみ言葉を見せながら、質問をしたのですが、お父様が霊界に行けばお母様(韓氏オモニ)が責任を持つことになるだろうという内容でした。

韓氏オモニが責任を持って引き継ぐという訳でした。
​しかし、その翻訳は間違っていると王様は指摘されました。

この責任は韓氏オモニが責任を果たさなければならないということなのですが、
​韓国語のみ言葉を英語で相手が有利に翻訳した内容だったのです。
​責任というのはどのような責任なのかということがはっきり出ていないのです。

​前後のみ言葉を見ないとわからないのです。

​責任という言葉の意味がはっきりしていないのですが、翻訳する人の自分の考えを入れているのです。

​作用という言葉も、英語でアクションと訳しています。英語の天聖経でです。

​英語と韓国語の差があるので、翻訳が変わるしかない場合もあります。だから韓国語を学ばなければならないのです。
​学ぶしかないのです。

​今日は時間があまりありません。

◆​昨日トランプは再選出馬を公式に宣言しました。
​先回はアメリカを偉大にしようというスローガンだったのですが、トランプはアメリカを続けて偉大にしようという風に変えました。
​トランプの公演に参加するために人々は月曜日から列に並んでいたそうです。
​それくらいトランプは今人気があるのです。
​堕胎反対の立場もはっきりと表明しました、すべての命は神様から与えられた贈り物だと言いました。
​トランプがもし来年選挙に負ければアメリカは大変なことになります、王様も心配されています。
​アメリカが大変になれば韓国も日本も世界が大変になります。

​中国が世界を主導することになればキリスト教ではなく共産主義が世界を支配するでしょう。とても危険な状況になります。

​もう一つ重要なことは英国の状況です。
​王様が連邦政府がとても危険だと言われましたが、EUも同じです。英国がEUからブレグジットで脱退するかどうかも注目されています。

​ボルス・ジョンソンという人が今勝っているのですが、​この人は以前はブレグジットを支持人でした。
​しかし、見守らなければなりません。政治家は言うこととやることが違う場合が多いので。

​この人は同性愛を支持していますし、移民を支持しています。問題のない人ではなさそうです。英国には指導者が必要なのですが、この人が決まりそうですが見守るしかありません。

​神様が保護され導かれるように祈るしかありません。
​皆さん今日も2代王様のためにたくさん祈祷をお願いします。

​韓国語の放送を終えます。ありがとうございました。


The King's Report 06/17(月)2019

チャット翻訳:英韓ヨナ王妃。韓日Yuko Morita 編集ファンクラブ

キングスレポートへようこそ。
今日の天一宮の天気は曇りで雨が強い天気になります。

今週の金曜日になると夏至になりますね。
夏が本当に近づいてきましたね。 昨日はアメリカでは父の日でした。

真のお父様が昨日の日曜礼拝のリマでエスラをくださり、真の御父母様の記念館と本郷院を建てながら、ただの建物ではなく、真に神の聖霊が込められている場所にするようにと聖書のエスラ5章を通じて命じられました。

父の日を迎えて、真のお父様が、真のお母様が横になられるところを本郷院として作ってほしいと願っておられるということを強く感じました。

食口と一緒にその周辺の石で強い山城を真のご父母様の本郷院として建てる予定です。
そのタワーは食口が真の御父母様に感謝の言葉を石に書いて、その石で真の御父母様の故郷を守ることに使おうと思います。
また、本郷院の周りには真のお父様がお好きな天一宮の鯉のガーデンと共にジャルディンで真のお父様が望まれた農業とさらに果樹を植える予定です。

それで食口のみなさんが本郷院を訪ねたときは、ただ建物だけでなく真の御父母様の文化を体験できる場所にしたいと思います。
若いカップルが3日の行事(家庭出発)をする時、本郷院に来て真の御父母様に報告をして、私たちが植えておいた果樹で神様がエデンの園でアダムとエバに許可されたように、果物を取って食べることができれば良いという考えをしました。

堕落したアダムとエバとは違って神の祝福の中で家庭を出発できるのです。真のお父様が愛していらっしゃる果物の木をいっぱい植えて池も作らなければならないと思います。梨の木、柿の木、ぶどうの木などを植え、錦鯉を池に入れ、自然の地形を最大限利用して、自然と調和するようにしなければならないと思っています。

花の中には食べられない花がたくさんあります。
ツツジは実は花を食べることができません。 蘭の花も食べられないそうです。 清平をツツジ祭りだと言いましたが毒の花だという事実を考えるとその悪行にぴったり合うと思いました。
真の御父母様の 本郷をただ見るには美しいところではなく、真のお父様の文化を感じて経験する場所だと思います。 食口の中でも土地がなくて畑ができない方たちには本郷院周辺の土地を貸すこともできます。 それで畑を作るのです

私たちが自給自足することを暮らしで実践すれば、国の状況と経済が悪化した時に、どう生きていけばいいかという方向に進むことができます。

今日のリマはイザヤ書53章です。

5 しかし彼はわれわれのとがのために傷つけられ、われわれの不義のために砕かれたのだ。彼はみずから懲らしめをうけて、われわれに平安を与え、その打たれた傷によって、われわれはいやされたのだ。
6 われわれはみな羊のように迷って、おのおの自分の道に向かって行った。主はわれわれすべての者の不義を、彼の上におかれた。
7 彼はしえたげられ、苦しめられたけれども、口を開かなかった。ほふり場にひかれて行く小羊のように、また毛を切る者の前に黙っている羊のように、口を開かなかった。
8 彼は暴虐なさばきによって取り去られた。その代の人のうち、だれが思ったであろうか、彼はわが民のとがのために打たれて、生けるものの地から断たれたのだと。

イエス様は苦難の十字架の路程を行かれることを予言したものです。イエス様は主として来られて十字架にかかりながら祝福結婚も子供も生むことができませんでした。 ただ霊的な子弟のみがいましたね。
しかし、真のお父様はこの地に来られて血統を残して逝かれました。

イエスが血統を残して逝かれ、彼らがイエス様の最も信心深い弟子になったと考えて見てください。 それは本当に違った状況だったはずです。
初代教会もイエス様の血統を重視し、初代ローマ法王の資格でヤコブ(イエス様の異父弟)を立てら、再びイエス様の遠い親戚をその場所に立てました。 ローマがキリスト教徒を虐殺するまではです。

  • 注:王様がヤコブについて語られ、王妃様が”ヤコブはイエス様の異父弟””야고보(예수님의 이부동생)”であると訳されました。今まで異母弟、ヤコブはイエス様の腹違いの弟であるという話があったのですが(父親がザカリヤで母親がマリアの姉)、今回王妃様に直接確認したところ、ヤコブはイエス様の異父弟であるとおっしゃいました。すなわちヤコブの父親はヨセフであり、母親はマリアです。ヤコブは自分の母親であるマリアと一緒に最初はイエス様を批判していたのですが、イエス様の復活と昇天を巡り、イエス様の弟子になったそうです。

真のお父様の最大の勝利は、いかなる状況でも真のお父様を裏切らず、自分の血統でありながら自分の地位を相続した息子がおり、カインとアベルがいるという事実です。
韓氏オモニが真のお父様を裏切ったので、真のお父様は新しいお母様として康賢實お母様を送ってくださったのです。
また真のお父様の法と伝統が血統につながり、真の御父母様の相続者、後継者であり未来の天一国の王様につながるのです。

そうして真のお父様は十字架を背負ってあらゆる罪を蕩減され、前に歩いて行かれたのです。真のお父様の文化は万王の王であり、王中の王の文化なのです。

(休み時間)
続いて事前に録画されていたキングスレポートインタビューを放送します。

フリーダムキャンプの総管理者であり、牧師であり、狩猟旅程(妖精?)という団体の創始者でもあります。
マットエンデス牧師さんです。
マット牧師は本来コロラドにお住いでしたが、ポコノ、ペンシルベニアでフリーダムキャンプを担当し、こっちへ引っ越しされる事になりました。

マット牧師:私は18歳で主に迎接され、それ以来、継続して主のために仕事をしています。
私の牧師の哲学は牧師というものはどこでも牧師だと思っています。
ただ教会の建物の中でだけでなく、どこにいても牧師は神様のみ言葉を愛し、そのような生を生きなければならないと思います。


二代王様:フリーダム・キャンプについて一度話してくださいますか?

マット牧師様:はい、フリーダムキャンプをしながら私はイエス様に仕えて牧会をしていると思います。
フリーダムキャンプはとても広い土地を持っている有力者が参戦勇士のためにその土地を寄贈し、彼らが戦場で戦った後、彼らが治癒を受けることができるように依頼しました。それでその土地を私が受け持つことになりました。

昨年は40人あまりの参戦勇士が狩りや釣りなどのキャンプのプログラムに参加し、今年は約70人余りが今までのキャンププログラムに参加しています。 参戦勇士たちは戦場から日常に戻った後、様々な精神的な辛さを経験します。 特に自殺衝動とかそうでなければれ外傷後トラマ症候群とか 多くの困難を経験します。 ところでそれをどこにも訴える所がないです。
その方々に最も重要なことは、再び生きていかなければならない人生の目標です。 私はそんな方々を助けています。 私たちのキャンプではそんなことをします。

二代王様:マット牧師は狩りの専門家でもいらっしゃいませんか

マット牧師:はい、実は私は最近アフリカに19回目の狩りに行って来ました。 サファリ狩りなんですけど、 今回は私の子供二人と一緒に行きました。 これはジャニー狩猟という私の団体を通じて行ってきました。 スペイン、ロシア、アフリカ、カナダなど、狩りができる全世界のところに行きます。

私は狩りを通じて自然の摂理を学んで神様の偉大さを感じることができると信じています。 狩猟に対する誤解が多いことは分かっています。だからこそ多くの人が狩猟を通して神様を学んで直接経験することを願っています。

二代王様:現代社会では自然が何かの女神の乳房のように、私たちに牛乳を飲ませて供給してくれて感謝しなければならないという式の異端思想がとても広く普及しているのですけど、そうでないですね。神様の主権と神様の栄光を自然で経験することです。自然で狩りをするということは、また事実、準備をきちんとしなければ命を脅かされるではないですか!

マット牧師:はいそうです。 それが事実です。 最近十代たちはゲームをすること以外は知っていることがありません。 若者たちは自然を楽しむ方法がわかりません。

それで私が大きく関心を傾けている分野は、若者に釣りやサバイバルで火のつけ方など、自然の中で生き残れる方法を教えるプログラムを作ろうと思います。

二代王様:本当に励みになります。 神様は人間を創りながら王と祭司長の役割をすることを命じられたのです。 現在の教会を見るとベーターの男性たちと女性たちの教会になりました。
世界監理教団は同性愛者を指導者として入れることを宣言しました。 これは教会が世の中の塩の姿ではなく、世俗化する姿を見せています。

マット牧師:私は今、ショーン牧師の本を読んでいますが、本当にいい本だと思いました。 私も今、本を執筆しています。これは現代社会で男性が男性らしくないのは社会で操作的に投入されたアイデアです。 私が強い男性だからといって私の妻に悪く対したり、暴力を加えたりするのではありません。

2代王様:若い男性を女性化させて子供たちをドライクイーン(女装男子)と図書館での時間を持つようにするのは本当に狂った事です。

マット牧師:はい、それで私はこのような左派の文化に対抗するために他の文化を提示します。 実は今このような左派の文化は父なる神の文化に反対する文化です。

二代王様:はいそうです。 私の父はこのような左派文化を政治サタン主義だと教えました。
このような政治サタン主義を支持する人々は結局は言わないのですがサタン信奉主義者だというのです。 ここペンシルベニア州では2020年の選挙の結果を決定する最も重要な州になるでしょう。

マット牧師:今現在米国の政治は分裂しており、私は私の人生でこのように大統領が窮地に追い込まれ、逼迫を受けるのを見たことがありません。

二代王様:今日、一緒にしてくださったマット牧師、誠にありがとうございました。 このように私たちの自由を守護するために、戦争で戦った参戦勇士の面倒を見てくださるマット牧師のためにお祈りをお願いします。

(マット牧師と朝食会?・祈祷会もある予定です。)

時事リポート

キングスレポートに戻って来ました。

◆今ご覧になっている写真は今週の日曜の香港デモの姿です。 今回の香港デモをめぐってそのデモの数字がはっきりしていませんが、その数字が300,000人(中国共産党集計)から2,000,000人(自由支持者たち)と差があります。

香港の人口が7,000,000人であることを思えば、本当に驚くべき数字です。ほとんど3分の1の香港の人口が出たのです。 今香港の知事はいつもいい仮面をかぶって中国の北京を支持してきたのですが、今香港のデモが起こり、完全に香港事態が収拾されず、香港州知事はそのコントロールを失ってしまいました。

中国は自分が共産主義を行いながら、自由市場経済ができる経済の安定と富強を全面に出しましたが、全世界で見せた結果が香港だという事実に本当に恥ずかしいことでしょう。

今回のG20首脳会談でトランプ大統領が香港の事態について言及をする予定だとポンペオ外務長官は言いました。 それは習近平の神経をかなり刺激すると思います。

1989年に中国の学生たちが自由を渇望してデモを行った際、一夜に役10,000人をタンクでひき殺し、銃殺することでそのことを解決しました。

しかし香港の事態はどうやって中国で解決しようとするのでしょうか。 今度トランプが香港事態について言及すると言っただけでも習近平は”それは内部の問題だ"と強い反感を示しました。 興味深いのは今まで台湾に、おまえも香港のように1国2政府の体系を持てばいいと説得としたのです。

今現在、香港の事態は台湾による強硬な中国外相の決定が正しい決定であったことを証明することになりました。 中国を共産主義ではなく権威主義の国と言う人々がいることは嘘です。 中国は赤い共産主義の国です。

香港の自由が次第に手の平の間から離れるのを見て、台湾の若者の間で中国に対する反感がますます強まっています。

台湾は来年大統領選挙が行われる予定ですが、今回の香港事態は台湾の大統領選挙に"反中国政府"が誕生することを予告しています。

しかし残念ながら香港のこのような"鉄の杖のないデモ"は中国政府の強力な軍隊の前ではあまり効力がないものと思われます。

◆イギリスの消息です。このたびの英国首相としてブルース・ジョンソンが最も有力な候補に挙げられています。

英国の統計を見てもボールズ  ジョンソンが圧倒的に高いですね。

2016年にブレグジットがなされた時、彼はブレグジットを主導した人の一人です。
しかし、彼は歴代的にほとんど英国を欧州連合に売り渡すメイ首相のブレグジットの変形提案を支持したりもしました。 彼は同性愛を支持します。
また彼はオックスフォード大学を出るなどエリートコースを歩んで政界に入ってきた人です。 今英国の保守党は分裂する一歩手前です。
こうした保守党の糾合とともにブレグジットを10月まで成功的にやりこなす人を保守党は探していてボールズ・ジョンソンを掲げています。

神の王国の摂理が今後進むために欧州連合が崩れる過程は本当に重要です。 したがって欧州連合に直接的に打撃を与える英国のブレグジットは非常に重要な課題となるでしょう。

(休み時間)

キングスレポートに戻ってきました。
◆アメリカ連邦政府移民局はアメリカ政府の福祉政策に対し、経済的に依存しながら移民しようとする人々をより一層規制するという執行案を出しました。
米メキシコ国境にあまりにも多くの難民が押し寄せるので、フロリダにその難民をバスで移送し、書類処理する方法も提示したのですが、それをフロリダは反対しました。トランプ大統領に反対することについて許可をもらいました。

◆ペンシルベニア州ではフィラデルフィアが聖域都市(難民を受け入れ彼らが住めるようにしてあげる都市ですが、その都市の福祉資金を難民に使い、結局はその都市はますます貧しくなり民生がめちゃくちゃになる) に指定されてますよね。

難民たちを書類処理のために、設けられた臨時滞在所に勤務する公務員が伝染病に無防備にさらされているという健康赤信号です。

◆ FBIがインフォウオーズのアレックスジョーンズにインフォウオーズサーバーに児童ポルノを植えて彼を完全に放送界から処理させるという情報を与えました。

その過程は、もしインフォウォーズの職員たちがメールを開いた時、この児童ポルノをミスで開ければ5年の懲役に処されます。 それは罠ですよね。
いや、ただメールを開けても懲役5年に処されるとは本当に私たちの歩みに気をつけて営利しなければならないと考えます。

◆フオックス・ニュース社にはバニー・サンダーソン(社会主義者)がトランプ大統領に9%勝っているという世論調査を発表しました。

トランプ大統領は2回目の任期をめぐって自分の大統領2020年の大統領選挙キャンペーンの出発をもうすぐする予定です。
トランプが再選をしないという予想もあったのですが、トランプが再び出馬するという事実が本当に幸いだと思いました。その日付が6月18日の予定になっていますね。

しかし、その世論調査は4月に集計されたものでモラーレポートが出る前だったのです。

2020年の大統領選挙に向けて民主党候補らは、大学登録金の無償支援を公約に掲げました。

大学授業料が無償で支援されれば大学の卒業証書というのはその価値が紙くずよりも劣るものになるでしょう。

特にこのような公約はハーバード大学教授に歴任しマサチューセッツ上院議員のエリザベス・ウォーレン氏によって言われています。

このような大学登録金の無償支援が民主党で提起される理由はまさに若者の票心を狙う言葉です。米国内で大学生たちは授業料を払うためにただ学資金を政府だけに借りるのではなく銀行や私立機関から借ります。

そのように借金が山ほど増えます。 こんな政治家たちは国債というのは存在しないように言います。 そして無償でこれもあれもすべてしてあげると言います。えっと、その言葉の意味は自分が政治家である時に国が亡びなければ関係ないということでしょうね。

◆何十万人がパラグアイで電力なしで今週末を迎えました。

今回の電力遮断はパラグアイ、アルゼンチンなど色々な南米の国々に影響しました。 ところでこれは南米諸国にとって史上初めての事なのでとても当惑すると言いました。
今回の電力の遮断がロシアの介入だ、どうだ と分析する人もいるのですが、確かなことは私たちがこのような電力が供給されない状況に対処しなければならないという事実です。 米国の2個の州(コロラドとワシントン州)でマリファナの使用を許可しながら(医学用マリフアナの使用許可)十代の中でも家でマリファナ植物を育てることが広がっています。

今日もキングスレポートと一緒にしてくださってありがとうございます。
神の王国が天で行われたように地でも行われるその日まで。キングスレポートは続きます。

__________________________
キリストのリバイバル、クリック感謝です。
《聖霊役事は贖罪精誠が重要です。感謝できる方のみお問い合わせ下さい。

2019年6月18日火曜日

天宙歴史的ゲッセマネの園の摂理です。聖殿聖徒のゲッセマネの蕩減の祈りをお願いします。

天宙歴史的ゲッセマネの園の摂理です。聖殿聖徒のゲッセマネの蕩減の祈りをお願いします。
リチャード・パンザー米国聖殿総会長より連絡がありました。

『親愛なる兄弟姉妹、昨日(月曜)二代王から話がありましたように、今週の火曜日と水曜日に王は家庭連合との訴訟のために証言(供述:デポジション)をしなければなりません。
皆様の祈りの協助を切望します。
サタンは、キリストの血統を破壊し、正当なイエスの相続人を沈黙させようとしています。
二代王は、イエスが弟子たちに彼と一緒に祈るように言われたことと同じ、これがゲッセマネの園の祈りであると言われました。
二代王はこの2日間を「ゲッセマネの園の状況」とさえ呼ばれました。
私たちの役割は、強く明確に必要な精誠を王に捧げることです。
リレー祈祷は午前9時(日本時間:18日火曜22時)始まり、午後6時(日本時間:19日水曜07:00)まで続きます。
来られない場合は、家や職場での祈りや断食を検討してください。 ゲッセマネの園のように、私たちは眠りに落ちたイエスの弟子のようにならないで、むしろこの重要な時、私たちの渾身の精誠を捧げましょう。』

このような切実な文章が米国から飛んできて驚いています。
今日いよいよ切実なサタンとの戦いが始まります。
_______________________________

二代王:世の中で悪いことをしている実際の勢力は結局このような悪鬼やサタンの霊の操縦を受けている人たちです。
子供を強姦し 人々の命を破壊し、首を切って殺したりするアイシスや、戦争を自分の利益として起こす銀行家など、彼らは誰の指し図を受けていますか 彼らは結局、悪鬼とサタンの操縦を受けているのではないですか!
ですから私たちの戦いはただ世の中の権力家に向けた戦いではなく、結局私たちの戦いは霊的な闘いなのです。
__________________________________

家庭連合との戦いも同じです。家庭連合の背景は霊界がなんで有るか知っている皆様です。
そのようなサタン、悪鬼との戦いなのです。
ですから祈りや精誠条件が必要なのです。

この今日火曜と明日水曜の二日間(日本は18日火曜13:00からの48時間)が重要です。更にはリレー祈祷時間(18日22:00~19日07:00)は重要です。
家庭連合はありとあらゆる冒涜をもって二代王が悪であるかを言い再臨主の後継者でない、相続者でないと貶めてくるでしょう。
眠りこけて主を十字架に送る弟子になるか、それともキリストの血統と王権を供に立てるものになるのか、
私達はこの期間共に熱く祈り心より精誠をこめる主とともに勝利するものとなれることを信じてやみません。
みなさまと共にゲッセマネの篤く熱い祈りと精誠を捧げ二代王とともに勝利したいと思います。
よろしくお願い致します。


この裁判の状況は以下をご参考ください。
今度は韓鶴子総裁に対するデポジションがあったので、次に二代王にたいする家庭連側からのデポジションということですが、かなり強烈に攻めてきているようです。
何度も言いますが篤く熱いゲッセマネの祈りと精誠、よろしくお願い致します。

- 再掲載 -
防御と創建キャンペーン:
統一マーク訴訟、後継者訴訟雑誌報道より


私達聖殿信徒はこの防御、統一マーク訴訟がどうなっているのか、心配をしていました。PA本部聖殿側からはうまく行っているという話だけで、この内容を訴訟中なのですからPA本部側から知ることなど出来ません。
ところでこの統一マーク防御のための記事が韓国サンデイジャーナルという雑誌に早速2月28日Web上でその記事がありました。
聖殿の皆様がどれほど心を尽くして防御と創建キャンペーンに取り組んで精誠を捧げておられるか知っていますので、皆様の励みになるよう、その記事を紹介します。

文鮮明男文亨進母を相手に骨肉の争い訟の顛末
「母は、後継者の資格は無い、私が指導者だ」
翻訳:ファンクラブ

 文鮮明総裁によって統一教の後継者に指名された7男の文亨進(ムン·ヒョンジン)氏が、統一教の首長である母親の韓鶴子氏に対し、「母は首長資格がない。 私が後継者」として電撃的に訴訟を起こしたことが本紙の取材で確認された。「母親と側近が後継者の座を横取りした」という主張だ。 
文氏は昨年7月末、韓鶴子側が商標権侵害訴訟を提起すると、反訴を提起しながらカウンターパンチを撃ったのに続き、母親の権威を全面的に否定する直撃弾を飛ばして逆襲を開始したわけだ。特に、商標権侵害訴訟でも、文氏側が韓鶴子の強い反発にもかかわらず、先月末に裁判所から韓氏に対するデポジション(証言録取)命令を受けたことで、韓氏は身動きも取れず米国に呼ばれ、尋問を受けなければならない羽目になった。
韓鶴子の側近たちは、文氏に「韓氏の生存期間のみ沈黙すれば、死亡後に後継者を保障する」と提案したが、文氏はこれを拒否したことが明らかになった。 統一教の覇権をめぐって展開されている母親と息子との激しい骨肉の争い訴訟の顛末を調べた。

半自動小銃を持って合同結婚式を行うことで世界的な論議を呼んだ統一教の創始者、故文鮮明(ムン·ソンミョン)総裁の7男、文亨進(ムン·ヒョンジン)氏。 文氏は2010年に文総裁によって統一教の後継者に指名されたが、20129月に文総裁に死亡した直後、母親の韓鶴子(ハン·ハクチャ)氏が事実上、統一教のトップになり、文氏は米国に追い出させ、ついに米国総会長の座まで剥奪された。 臥薪嘗胆であった文亨進氏が今度は自分の母親の韓鶴子氏を相手に剣を抜いた。 「母親は統一教の後継者資格がない」とし、権威を全面否定する直撃弾を放ったのだ。
私は後継者「私を解任したのは無効」
文氏は今年222日、ニューヨーク南部連邦法院に韓鶴子、世界基督教統一神霊協会、世界平和統一家庭連合、金孝律(キム・ヒョヨル)、朱東文(チュ·ドンムン)、梁昌植(ヤン·チャンシク)、金基勲(キム・ギフン)、外国人幹部4人を相手取って訴訟を起こしていたことが確認された。
原告は文亨進氏個人1人であり、文氏の教会などは含まれてなかった。
文氏は、母親の韓鶴子氏の名前を「被告名簿1番」に挙げ、母親との統一教後継者争奪戦に突入したのだ。 世界基督教統一神霊協会と世界平和統一家庭連合は統一教の核心的な2つの団体であり、韓鶴子氏と残りの8人の個人はこれらの団体の理事を務めていると文氏は主張した。 文氏がニューヨーク南部連邦法院に訴訟を起こしたのは、裁判所管轄地域内に統一教の米国本部があり、文鮮明総裁と韓鶴子氏の住居地もニューヨークにあるためだと説明した。
文氏は訴状で、「統一教の唯一の指導者、文鮮明総裁が2009年に私を後継者に指名し、2010年には文書をもってこれを宣布した。 その後、統一教の後継者としての役割を果たしたが、201293日に父が死去した後、母の韓鶴子が一部の側近らと一緒に統一教を掌握し、私を後継者の座から追い出した。 自分だけが唯一の統一教の指導者であり、韓鶴子氏は何の資格もない。」とし、連邦裁判所が「文亨進氏が統一教の後継者であり、唯一の指導者であることを確認してほしい」と要請した。
特に文氏は「韓鶴子氏、世界平和統一家庭連合が2009年、私を家庭連合のエージェントに指名し、文鮮明総裁が201065日、文書としてこれを承認した。 したがって何の権限もない韓鶴子氏が私を解任したのは無効」と主張した。 

文氏は「韓氏のほか、4人の韓国人と4人の外国人など、統一教で主導的な役割を果たす幹部たちがあらゆる不正を犯し、巨額の賃金と補償の恵沢を受けたことにより、統一教に害を与えた」とし、「彼らに組織的不正腐敗嫌疑'RICO'を犯した」と主張した。 彼らが、電信換詐欺やマネーロンダリングなど、米国の金融制度を脅かす様々な犯罪行為をしたというのが、7男の文亨進氏の主張だ。
判決を通じて指導者であることを確認させようとする意図
文氏は訴状で「私は2012916日に米国に追われ、2013223日に米総会長職から追放されたのに続き、2013710日に米国総会の理事でも強圧的に辞任させられた」と主張、自分が母親である韓鶴子から大きな被害を受けたと強調した。
文氏は、自分が20151月から韓鶴子の側近の不正を暴露しようとすると、彼らが自分を懐柔したと主張した。 韓氏の側近は「韓鶴子氏が死ぬまで沈黙を守ってほしい。 韓鶴子氏が死亡すればすべての権利を回復する」と提案したというのだ。 文氏はこの提案を受け入れず、暴露を止めなかったため、結局、15226日に世界平和統一家庭連合理事からも追放されたと主張した。
文氏は34ページに及ぶ長文の訴訟状で裁判所に、これらの10余りの容疑に対する判断を要請したが、最も重要なのは裁判所が「文亨進だけが統一教の唯一の後継者であり指導者」という事実を確認してほしいということだ。 また、韓鶴子の力の源泉になっている天一国憲法を無効化させることだ。 文氏は「天一国憲法は統一教指導者の文亨進が承認しなかったため、法的に無効であることを裁判所が確認してほしい」と要請した。
文氏は、韓鶴子と側近の統一教財産権の侵害、自分に対する誹謗なども訴訟理由として挙げたが、最も重要なのは、米裁判所を通じて自分が統一教の指導者であることを確認してもらうということだ。 もし、このような判決が下されれば、韓鶴子は統一教の首長から退くことはもちろん、事実上すべてを失うことになるため、今回の裁判は双方が命をかけた総力戦を繰り広げるものとみられる。 大変退屈な法廷争いが予想され、想像もできないほどの莫大な弁護士費用支出は火を見るよりも明らかだ。
特に、この訴訟で文氏は韓氏が米国永住権者だと主張した。 すでに本紙は、FBI秘密文書などを通じて、文鮮明総裁が1970年代に米国永住権を取得したと報じた。 文氏の訴訟状が本紙報道の正確性を改めて立証したのだ。 文氏は訴訟状で、「韓氏が韓国国籍者として京畿道加平郡雪岳面ミサリ路324-275番地に居住するが、米ニューヨーク·アーヴィントンにある50イーストサニーサイドレーンに定期的に居住している」と主張した。

1972年から文鮮明総裁が逝去した2012年まで事実上ニューヨークに居住しており、米国永住権を持っており、201811月にニューヨークで統一教集会を主導したことを明らかにした。 文氏が韓氏の米国内住所地に提示したのは、ニューヨーク·テリータウンであり、統一教で「イーストガーデン」、「東宮」と呼ばれているところである。 韓氏がニューヨークに居住し、ニューヨークで自分に対する敵対的、不法行為をするため、ニューヨーク南部連邦法院に裁判管轄権があるということだ。
昨年の韓鶴子氏の先制攻撃、コブ取りがコブを付けることに。

文氏は、母親が掌握した統一教から訴訟を起こされたが、直接母親を相手に先に訴訟を起こしたのは今回が初めてだ。 すなわち、守勢的立場から攻勢的立場に転換したのだ。 このように文氏が電撃的に母親を相手に訴訟を起こしたのは、昨年、統一教が文氏を相手取って提起した商標権侵害訴訟と無関係ではないと分析される。
文亨進氏は今年222日、韓鶴子夫人と統一教の主要幹部らを相手取って民事訴訟を起こし、統一教の唯一の後継者であることを確認するよう求めた。

昨年730日、統一教が文氏と文氏の教会を相手に統一教「12門」のロゴを盗用したとしてペンシルべニア中部連絡法院に商標権侵害訴訟を提起すると、文氏は昨年926日、統一教側のとんでもない言いがかりであると、反訴を起こした。


このように双方の主張が対立すると、連邦裁判所は「ディスカバリー命令(証拠開示手続き)」を下した。 ディスカバリー(証拠開示)とは、民事訴訟の当事者たちが自分の主張を立証するために互いに相手を直接調査する手続きだ。 商標権侵害訴訟は、韓鶴子氏側が先に提起したが、すぐにこのディスカバリー(証拠開示)の手続きが進められると、文氏が勝機を掴んだことにより、このような自信をもとに文氏が母親を相手に電撃訴訟を起こしたものと分析される。
商標権侵害訴訟で統一教氏側が最も恐れるのは、現在、事実上「統一教の首長」という韓鶴子に対するデポジション(証言録取)だ。 デポジション(証言録取)はディスカバリー手続き(証拠開示手続き)の一つで、双方の弁護士が、それぞれこの事件に関連した相手の人物はもちろん、第3者まで直接尋問する手続きだ。
文氏が韓鶴子に対するデポジション(証言録取)を要求したことで、状況が逆転したのだ。 文氏が統一教側のアキレス腱に食い下がったのだ。 韓鶴子側は、「統一教の名前で訴訟を起こしたので、韓氏がデポジション(証言録取)の対象になる恐れはない」と判断したが、裁判所が文氏に軍配を上げたのだ。
当初、裁判所は430日までにデポジション(証言録取)をすべて終えるよう命令した。 このため、文氏側は韓鶴子に対するデポジション(証言録取)を粘り強く要求したが、韓氏側はこれを受け入れなかった。 韓氏側は、「この訴訟の原告は統一教なので、韓氏は関係ない。 韓氏は、統一教のマネージャーでも、ディレクターでも、オフィサーでもなく、統一教の精神的な指導者なので、デポジション(証言録取)の対象にはならない」と主張した。
統一教で神的な存在として仰がれる韓氏が、デポジション(証言録取)を受ける日には権威に大きな傷を負うことになるので必死にデポジション(証言録取)阻止に打って出たのだ。
統一教側は「文氏側がビデオ・デポジション(証言を実施して、この動画を公開することもありえる」と主張した。 実際のビデオデポジション(ビデオ証言録取)は、デポジション速記録とは異なり、生々しい肉声が込められた動画であるため、波及効果が多く、刑事問題につながる場合も多発しており、弱点が多いほどビデオ・デポジション(ビデオ証言録取)を避けようとする傾向が強い。
「韓鶴子氏、デポジションだけは駄目だ」必死の阻止
一方、文氏は「韓氏は統一教のマネージング・エージェントなので訴訟当事者」であると主張し、執拗に母、韓氏に対するデポジション(証言録取)を要求した。
文氏側は、統一教側が韓氏に対するデポジション(証言録取)要求を受け入れなかったため、昨年1218日、韓鶴子氏に対するデポジション命令を下すことを連邦裁判所に要請した。 これによって、裁判部は今年117日、両側の弁護人と会議を開いて、韓氏のデポジションの有無を検討し、文氏側の要求を受け入れた。 統一教側の足元に火がついたのだ。

統一教が文宣明牧師の7男の文亨進氏が率いる教会を相手取って提起した商標権侵害訴訟と関連し、今年117日に連邦裁判所が韓鶴子氏に対してデポジションを実施するよう命じたことが確認された。

連邦裁判所の裁判部は118日、「連邦民事訴訟法第26条及び第30条に基づき、韓鶴子氏に対するデポジションを命じる。 韓氏に対するデポジション(証言録取)はニューヨークの原告側、すなわち統一教側の弁護士の事務室で実施せよ。双方は直ちにデポジション(証言録取)の日程について協議し、デポジション(証言録取)を指示せよ」と、命じたのだ。

韓氏側の立場では青天の霹靂のような知らせだった。 デポジション(証言録取)が自分の弁護士事務所だとしても、デポジション(証言録取)は大打撃である。 いわゆる統一教で「至尊」と崇めている韓鶴子氏が米国裁判所の命令に従って息子側の弁護士に審問を受けるというのは想像できないことであった。 息子が勝機を掴んだわけだ。
連邦裁判所がこのような命令を下すと、文氏側は「早急にデポジション(証言録取)をするように」と要求する一方、韓氏側はデポジション(証言録取)を阻止または延期させるため必死になっている。 

文氏側は、連邦裁判所の命令4日後の122日、韓氏側にデポジション日付の通知を要求し、130日にも韓氏の弁護人に電話による通話でデポジション(証言録取)の可能日について連絡するよう要請したが、韓氏側は「来週に日付を与える」と答えた。 文氏側は22日と6日にもデポジション(証言録取)の日付を要求したが、返答を得られず、27日に韓氏側の弁護士は「韓鶴子氏のデポジション(証言録取)はディスカバリー(証拠開示)の最後に可能」とし、正確な日付は知らせなかった。 このため、文氏側は今年28日、裁判所に「韓鶴子氏のデポジション(証言録取)の日付を裁判所が強制的に指定してほしい」と要求した。

文氏側はこの要請書で「原告側が韓鶴子氏に対するデポジション(証言録取)を430日のディスカバリー(証拠開示)締切日まで延ばすことを要求しているが、これは118日の連邦裁判所の命令に反したものだ。 連邦裁判所の命令にもかかわらず、韓氏が協力せず、あらゆる方法を動員して延期しようとしている。 したがって連邦裁判所が、韓氏がニューヨークで少なくとも2日連続デポジション(証言録取)を受け、3時間ずつ少なくとも3回尋問できるようにしてほしい。 311日に始まる週か、318日から始まる週、415日から始まる週など3つの日程の中で一日をデポジション(証言録取)として決めてほしい」と、要求した。 

ディスカバリー完了日まで2ヵ月ほど残っている点を勘案すれば、連邦裁判所は遅くとも来週には結論を下すものと見られる。 韓鶴子氏が、息子のデポジション(証言録取)を受けるのか受けないのかの分水嶺に置かれたのである。まさにこうした絶体絶命の瞬間に息子がニューヨーク南部連邦法院に「自分が統一教の後継者」であることを認めてほしいという訴訟を提起したのだ。

韓鶴子氏、統一教掌握7年らいの最大危機に遭遇
韓鶴子氏がもしデポジション(証言録取)を回避しようとするならば、商標権侵害訴訟を諦めるしかない。 この場合、商標権侵害訴訟で敗訴するか、少なくとも文氏側と合意して訴訟を終結させなければならない。 しかし、文氏が簡単に合意しないことは自明なことだ。 商標権侵害訴訟は大きな訴訟ではないように見えるが、統一教の後継者が、自分たちが異端に抱いている息子に敗北するのなら、韓氏の権威が一瞬にして崩れる恐れがある。 

また、文氏がニューヨーク南部連邦法院に訴訟を起こしたのも、韓氏側が商標権侵害訴訟と関連して合意を要請すれば、南部裁判所訴訟、すなわち後継者認定要請訴訟でも譲歩を要求するためとみられる。
韓氏がこのような合意を避けるためには、息子のデポジション(証言録取)を受けるしかない。 

生半可に訴訟を起こし大けがをする危機に直面している。 文氏もデポジション(証言録取)を受けるが、持ち物が多い韓氏側に不利にならざるを得ない。 韓氏が統一教を掌握してから7年ぶりに、権威に大きな傷を負う危機に直面したわけだ。

ー 以上です。皆様の精誠、心より感謝します。ありがとうございます。ー

__________________________

キリストのリバイバル、クリック感謝です。
《聖霊役事は贖罪精誠が重要です。感謝できる方のみお問い合わせ下さい。