2016年9月13日火曜日

三日行事・祝福の聖約 2015年4月21日亨進様

三日行事・祝福の聖約 2015年4月21日亨進様


日本語訳:Cyber(サイバー)サンクチュアリ人協会(The Cyber Association of Sanctuarians) 公式サイトより。

The Covenant of the Blessing - April 21, 2015 - Rev. Hyung Jin Moon - Sanctuary Church Newfoundland PA from Sanctuary Church Newfoundland PA on Vimeo.

はじめに

今日は祝福の誓約についてお話ししたいと思います。
これから行うことは、今までまったくやったことのないことです。結婚の内幕について、今日は非常に明確にお話しします。
三日行事について公にお話しします。これは祝福の子女でも聞いたことがない儀式です。教会の中で育った私たちの多くは、三日行事がどのよう構成されているのか、何のことなのか聞いたことがありませんでした。教会で三日行事を経験した人たちも、ほとんど恥ずかしく思うようになってしまっています。これはこの時間でとても大切なことです。お父様が聖和され、聖霊が私たちと共にいます。私たちはノアの子供たちのようになってはいけません。彼らはノアの裸を見て恥ずかしく思いました。そして、ノアを覆おうとしました。教会はお父様のことを恥ずかしく思い、自分たちが行った儀式を恥ずかしく思っています。神様の子供が自分たちの父を恥ずかしく思わないことがとても大切です。それが神様の前で持つべき正しい姿勢だということがとても重要です。
そのため、今日は、三日行事のようなことについて明確に話す必要があります。実際に、三日行事について一つ一つのステップ、三日行事の意義についてお話しします。それから今日は食べ物についても話します。結婚の食べ物がとても大切なものだということを知っている人が何人いますか?食べ物はとても大切なものですよ。
それで、私たちは何の話をしますか?性です。性についてお話しします。なぜなら、キリストの体である教会で、そのキリストの体がですね、性行為の神聖さについて話さないからです。そうなのです。堕落した文化によって恥ずかしくなってしまい、そういうわけで堕落した文化が私たちの子供を教育しているのです。親の信仰的な家庭と説教壇こそが、結婚の神聖さと結婚における愛情行為の神聖さについて、私たちが教えることもできる場所であるべきです。
これはもちろん、原理の核心のようなものであり、お父様の教えの核心でもあります。何人の方が知っていますか?お父様は、孫がその場にいたとしても結婚の愛情行為についてとても率直にお話しされました。お父様は、まったく恥ずかしがられることはありませんでした。なぜなら、それは神様が準備された結婚の聖約であり、そのおかげで孫も生まれたからです。そのおかげで孫が生まれたのだと、わかっている人は何人いますか?
しかし、私たちはサタンの文化と堕落の文化に支配されるようになったために、恥じるようになってしまいました。そのために、私たちは教会で、結婚の聖約における性行為の神聖について話すことができないのです。そうですね?ですから今日、それらのことについて深く突っ込んでお話しします。
私たちは、血統と霊的位置、三日行事について初めて公に話します。何と名誉ある日でしょう!天使長たちは、もうこれを隠そうとすることはできません。何と素晴らしい・・・。祝福子女として通過する必要がないわけですが、私が人に教えるためにそれを勉強していたとき、祝福子女として理解しただけなのですが、それはとても強力であり、とても素晴らしいものに思えました。祝福子女としては、それに関与する必要はありませんが、三日行事を理解すると、それは驚くべき儀式であります。私は、三日行事のことを調べ、勉強して非常に感動しました。
私たちは、今日、バーベキューのレシピについて取り上げますが、それは皆さんが考えているものとは違います。そして、結婚における性行為の重要性について話します。皆さんの祝福にとってどれだけ重大なことでしょうか?そうですね?

三日行事について

三日行事について見ていきましょう。(スライドのスクリーンを指しながら)一緒にこれを読みましょう。
「堕落により、神の血統は失われサタンの主管するところとなった。人間は、父なる神と神の息子であるキリストに復帰されなければならない。メシヤは新郎であり、新婦に出会わなければならない。祝福を受けた夫婦はキリストと結婚した新婦の立場にある。特に妻は、キリストに対して堕落した女性、つまりエバの立場に立ち、夫は堕落した天使長の立場に立つ。キリストは、完成した男性、完成アダムの立場に立つ。
三日行事を通して、妻は、キリストの復帰された新婦として、キリストにおいて生まれ変わる。そして神の国の王女として夫に授けられる。夫は、神の息子、神の国の王子としてキリストにおいて生まれ変わる。これらの神聖な奉献の完了後、夫と妻は、神の国の王子と王女の立場に立ち、神の栄光を永遠にたたえる。」
アーメン。これに対して神様を賛美しましょう。
これは神様の王権への接ぎ木です。一世が祝福を受けた場合、三日行事を行う前に、40日間の聖別期間を持つことを勧めています。これは、断食のような象徴的な供え物です。私たちは、これによって清められるわけではありませんが、神様が私たちを準備できるようにします。この40日の期間について聖書のみ言を見てみましょう。
旧約時代の洪水審判のとき、40日40夜雨を降らせました。(創世記7:12)モーセはミデアンに逃れ、砂漠で40年過ごしました。(使徒行伝7:30)
シナイ山の40日40夜。(出エジプト24:18)
モーセのイスラエルのためのとりなし40日40夜。(申命記9:18,25)
律法が定めるむちうちの最大回数。(申命記25:3)
イスラエルのカナン偵察40日。(民数記13:25)
イスラエルの40年流浪。(申命記8:2-5)
サムソンの解放前の40年。(士師記13:1)
ゴリアテのサウルの兵に対する挑発40日。(サムエル記上17:16)
新約、イエス様は40日40夜の後誘惑を受けた。(マタイ4:2)
40日期間はサタン分立期間です。それは霊的な断食のような時間です。私たちは内的にサタンから分立されます。三日行事は、40日の純潔の期間が終わった後で始まります。40日のサタン分立を勝利した祈りを受けて、それから三日行事に入ります。そして、これを非常に詳細に説明したいと思います。なぜなら、儀式を行った人は覚えているでしょうが、祝福子女のように今までに聞いたことがない人にとっては、どのような聖約かを理解することが非常に強力な意味を持つからです。
三日間は、旧約、新約、そして成約を象徴しています。また、三日間は、蘇生、長成、完成の成長段階も象徴しています。アダムとエバは堕落して、完成することができず、神の理想の国を失いました。
それで、1日目に実際の儀式を始める前に準備があります。寝室を聖塩で聖別し、清めるために祈祷します。寝室の適切な場所に真の父母様のお写真を置き、聖燭に火を灯します。それから聖なる沐浴の儀式があります。夫と妻は入浴し、聖巾で体を清めます。聖巾は分けなければなりません。そして普通のタオルで体を拭きます。聖巾は三日間そのまま使います。この(聖巾式)の後、礼服を着て真の父母様に敬拝し、家庭盟誓を唱和します。これらはWebサイトに上げますのでダウンロードできます。それで神の国を建設するという誓いである、家庭盟誓を唱和できます。
さてここで、1日目にすごいことが起きます。夫は妻に敬拝します。知っていた人は何人いますか?初めて聞きましたか?オーケー。1日目に夫は妻に3回敬拝します。敬拝とは何ですか?敬拝とはこのように、膝を地面について(実際にやってみせながら)行います。3回の敬拝は、蘇生段階の中の異なる三つの成長段階を象徴しています。1日目に夫は妻に3回敬拝し、夫はこのような態度で、自分が堕落した天使長を表すことを理解します。夫は堕落した天使長であり、エバに対してへりくだらなければなりません。なぜなら、天使長はエデンの園でエバを誘惑し、完全にだまして、エバとアダムを僕として支配下に置いたからです。
これは、サタンとの結びつきを断ち切る道です。霊的な救済だけでなく、パウロが告白しているように、私たちは主の再臨のとき、体のあがなわれることを待ち望んでいます。神様は肉体、つまり復活した体を要求しなければならず、それは完全に清くなければならず、サタンから分別されなければなりません。
それで、夫は妻に3回敬拝しますが、これは天使長を象徴しています。妻は神様に夫が生まれ変わるように、天使長の支配から離れ、神様の息子として生まれ変わるように祈ります。妻は夫から3回の敬拝を受けた後、最初の段階で祈祷します。
そして、夫と妻は、妻が上の位置で性交します。初めて聞いたという人は何人いますか?なぜなら、堕落でエバはサタンの主管下に陥り、サタンの対象となり、サタンの僕となりましたので、サタンの下になりました。それで旧約における蘇生段階の復帰では、エバは犠牲者の立場ではなく、天使長より上の立場に立たなければなりません。そういうわけで、初日の行為では、堕落の過程の復帰を象徴するために妻が上の位置になるのです。
それが終わったら、服を着て、夫は妻に敬拝します。いいですか?最初の日は、天使長として夫は神様の子供に服従を示さなければなりません。すると人々がお父様は女性優越論者だと思うのです。(笑い)「何度も妻に礼をしなければならないとは、なんとバカな」と。
それで、妻は、蘇生段階、または、旧約時代を象徴する1日目の復帰の成功を感謝して神様に報告祈祷します。それで、すべての摂理が、六千年の聖書歴史のすべてが、皆さんの祝福、結婚において頂点を迎えるわけです。ただ男女が出会って、好きになって、いつまでも幸せに暮らす、というような話ではありません。
すべての摂理がこの最初の段階に凝縮されています。2日目は、1日目の繰り返しですが、今度はイエス様を殺害した天使長的な人々が払うべき蕩減を象徴する、また別の立場となり、新約時代を象徴します。
3日目は、男性と女性の本然の、完全で完成した復帰を象徴します。この日、夫は、堕落した男性の主管性を復帰して、真の父の道を象徴的に歩みます。
聖巾式を行い、礼服を着て、真の父母様に敬拝し、家庭盟誓を唱和します。しかし、三日目は、夫婦が向かい合って、お互いに3回敬拝し合います。それで夫は、真の男性が責任を受け入れ、罪を悔い改めて復帰されたことを神様に感謝して祈祷します。そのあと、妻は、男性が復帰されたことを神様に感謝して祈祷します。
その後、夫婦は性交しますが、三日目は、男性の復帰と主体の位置の復帰を象徴して、男性が上で行います。この後、三日間使用してきた聖巾を使って体を拭きますが、この聖巾は新しい先祖を表すため、家宝となります。私たちは、そのためこれが宝だと思うでしょう。しかし、これが皆さんの大元の先祖であり、何が受け継がれましたか?どうやってあなたが誕生することになったか、どのような聖約において生まれてきたのかが宝です。そうですね?
ですから、私たちはこれを男女の出会いという観点から見ることはできません。私たちは歴史的な状況を深く見つめなければなりません。子孫がその聖約によって、祝福によって、サタンを分立し新婦としてキリストと結婚して完全な神の主管を受けて、どのように影響を受けるかを。
夫婦は服を着て、妻が夫に敬拝します。そして、夫は、三日行事を完了できたことを感謝し、神様と妻と家族に対する絶対的な忠実、貞節と信仰をを誓って、祈祷します。
さて、二世としては行う必要のない内容ですが、これがどれだけ深い内容か分かりますか?その姿勢からどれだけ多くのことを学ぶことができるか、そして祝福が奥深さが分かるでしょう。
皆さんが40日聖別の後で、実際に三日行事を行うときに、勝利することができるよう、Webサイトや別のソーシャルメディアでダウンロードできるように、アップするようにします。
それから、身体的な理由などで連続した三日間の間に三日行事を完了できなかった場合は、可能なときにもう一度やってください。1日でやろうとはしないでください。必ず連続した三日間で行ってください。

聖書のみ言、愛と尊敬

聖書のみ言を見ましょう。これらの聖句を見て頭に来る人がいるでしょうが、これに取り組まなければなりません。これを無視することはできません。エペソ人への手紙5章21節から一緒に読んでみましょう。
エペソ人への手紙5章
21:キリストに対する恐れの心をもって、互に仕え合うべきである。
22:妻たる者よ。主に仕えるように自分の夫に仕えなさい。
23:キリストが教会のかしらであって、自らは、からだなる教会の救主であられるように、夫は妻のかしらである。
24:そして教会がキリストに仕えるように、妻もすべてのことにおいて、夫に仕えるべきである。
25:夫たる者よ。キリストが教会を愛してそのためにご自身をささげられたように、妻を愛しなさい。
26:キリストがそうなさったのは、水で洗うことにより、言葉によって、教会をきよめて聖なるものとするためであり、
27:また、しみも、しわも、そのたぐいのものがいっさいなく、清くて傷のない栄光の姿の教会を、ご自分に迎えるためである。
男性の皆さんが「やったー!仕えろ!」と言って大喜びする前に、聖句で何と言っているか見てください。
「キリストに対する恐れの心をもって、互に仕え合うべきである。」
これが鍵です。祝福、結婚で皆さんが求めないものは権力闘争ですね。権力闘争は結婚を破壊します。なぜなら、悪魔はそこに侵入し、あなたたちを分裂させます。ですから神様は仕組みを設けました。そういうわけで神様は、その意図されたもののために既に模範を与えています。
「妻たる者よ。主に仕えるように自分の夫に仕えなさい。」
「教会がキリストに仕えるように」
同時に、夫、私たちは「キリストが教会を愛するように」妻を愛さなければなりません。どれほど愛したのでしょうか?死ぬほど愛しました。死に至るほどの絶対的な犠牲のことを言っています。では、これを見てください。とても重要です。多くの夫が好きな言葉です。
「そして教会がキリストに仕えるように、妻もすべてのことにおいて、夫に仕えるべきである。」
「やったー!フットボールでもなんでも持ってきて」
そうではありません。聖句で何と言っているか見てください。どのようにして本物の男性になりますか?
「水で洗うことにより、言葉によって、きよめて聖なるものとする」必要があります。毎日み言を学んでいる男性は何人いますか?本物の男性は、み言を学んでいなければなりません。家庭の聖職者となるのです。み言を学んでいないなら、本物の男性ではありません。み言を学ばなければなりません。家の聖職者とならなければなりません。何と言っているか見ましょう。あなたは「言葉によって水で洗」わなければなりません。私たちは、み言で配偶者をきれいにすることになっています。これは非難のメッセージではありません。そうですね。み言でわかるように、男性は家庭の聖職者とならなければなりません。私たちは、単なる自分の意見や感情ではなくて、み言で妻と話し、み言で付き合わなければなりません。私たちが家庭を主導しなければなりません。そうですね?
ですからこれは祝福結婚で復帰された男性の重要な役割です。夫は聖職者となり、み言を学び、み言で配偶者を洗うのです。素晴らしいと思いませんか?素晴らしくないでしょうか?それが私たちがすべきことです。私たちは神のみ言で妻を愛するのです。ですから、私たちは聖書を勉強しなければなりません。原理を、天聖経を勉強しなければなりません。私たちは、み言を学ばなければなりません。そして、とりわけ妻を神のみ言で励まさなければなりません。妻に語るのは美しくロマンチックな言葉だけではありません。私たちの結婚は、男女が出会って愛し合うだけのものではありません。皆さん、それが結婚ではないのです。あなた自身のことではないのですか?そう、あなた自身のことではありません。結婚は神様のことなのです。しかし、自分のために結婚したいという人はどれくらいいますか?結婚は自分のためではないと言う説教者はたくさんいます。結婚は自分のためではありません。それは、神様との永遠の聖約です。
それで私たちは、家庭の聖職者となって、妻を水で洗う、つまり、み言で妻を励まし、み言で信徒を正すようにみ言で妻を正さなければなりません。また、神様のみ言で、妻を正し、励まし、何かをできるようにし、高め、力を与えなければなりません。それが重要です。
エペソ人への手紙5章
28:それと同じく、夫も自分の妻を、自分のからだのように愛さねばならない。自分の妻を愛する者は、自分自身を愛するのである。
29:自分自身を憎んだ者は、いまだかつて、ひとりもいない。かえって、キリストが教会になさったようにして、おのれを育て養うのが常である。
30:わたしたちは、キリストのからだの肢体なのである。
31:「それゆえに、人は父母を離れてその妻と結ばれ、ふたりの者は一体となるべきである」。
32:この奥義は大きい。それは、キリストと教会とをさしている。
33:いずれにしても、あなたがたは、それぞれ、自分の妻を自分自身のように愛しなさい。妻もまた夫を敬いなさい。
皆さん、結婚の重要な鍵があります。神様のみ言にその鍵があります。この最後の部分にあります。見てください。
夫のみなさん、私たちは、妻を愛さなければなりません。妻を愛することを勧めると書いてありますか?妻を愛することを希望すると書いてありますか?何と書いてありますか?妻を愛さなければなりません。これはアガペーの愛です。これは無条件の愛です。結婚したとき、自分の妻が愛せないときがあることにすぐに気付くでしょう。そう思う人は何人いますか?嘘をつかないで。嘘をつかないでください。すぐに悔い改めてください。今すぐその悪魔に勝たないといけませんね。
ときどき妻が愛せなくなることがありますが、無条件に妻を愛さなければなりません。(女性が)大喜びする前に、聖句の最後に何とありますか?
「妻もまた夫を敬いなさい。」です。
これはギリシャ語では「フォーベィ」であり、無条件の尊敬を意味しています。結婚して、夫が尊敬できないことがときどきあることを知っている人は何人いますか?あなたは「この男性を尊敬できない」と感じるのです。あなたが家でときどきある男性と顔を合わせますが、彼は夫であり、あなたから見てまったく尊敬できないのです。同じように、夫も女性と顔を合わせますが、それが妻であり、ときどきまったく愛せないのです。
さて、祝福を受ける前や、結婚前のカウンセリングでは普通、最初の部分しか聞きません。「男性は妻を無条件に愛さなければならない。そして、夫婦はお互いに無条件に愛し合わなければならない」とだけ聞きます。これについては、現在、たくさんの研究があり、エマーソン・アグリッチ(Emerson Eggerichs)師による素晴らしい教えがあります。師は、女性が尊敬できると感じるには愛が必要であり、尊いと感じるには愛が必要だということを証明する研究を発表しています。同意する女性は何人いますか?
女性が尊敬を必要としないという意味ではなく、第一の栄養源として愛が必要だということです。さて、もう一つの研究では、男性は愛はあまり必要でなく、尊敬を求めるということです。尊敬を求めます。ある調査では、男性が、人と関係を持ったまま軽蔑されるより、孤独でも軽蔑されないほうが良いか尋ねられました。どちらを選びますか?彼らは、むしろ孤独であることを選びました。男性は、愛されていると感じるよりも尊敬されていると感じる必要があるように造られています。皆さん、違いますか?
女性は、尊敬されるよりも愛される必要があり、男性は愛されるよりも尊敬される必要があります。ですから、皆さんの祝福、結婚では、このみ言にしがみつくことが非常に重要です。愛と尊敬。愛と尊敬がすべてです。私たちは、それを提案されているのではなく、神様によってそうすることを命じられています。

クレイジー・サイクル



つまりこういうことです。夫が下着姿のままポップコーンを食べながらテレビでフットボールの試合を見ていいるとき、彼はまったく尊敬できません。あなたは、「あのバカは何をやっているんだ。この家ではやることがたくさんあるのに。何をしているんだ?」と思うかもしれません。あなたは、この男性は尊敬できないと感じるかもしれませんが、神様のみ言は、無条件に尊敬しなければならないと命令しているのです。尊敬の念をもって夫に対するのです。「この役立たずのバカ、テレビを引き抜いて窓から捨てなさい!」と言って対するのではありません。そのような態度を取るべきではありません。妻があなたにがみがみ小言を言い続けて止まりません。そして、あなたがやるべきことをやっても、まだ続けています。おや、笑っている人が何人かいるようですね。あなたは無条件に妻を愛さなければなりません。大声で叫んでも、妻を変えることはできません。男性がしてはならないことは、妻を無視することです。無視すれば、妻は怒り狂って家を出ていくだけです。家を出て行ってしまうだけです。
これが結婚のクレイジー・サイクルです。私はヘル(地獄)・サイクルと呼んでいます。皆さんの祝福が天国を作ることもできれば、地獄を作ることもできるということを知っている人は何人いますか?私は、祝福を受けたのに結婚生活が地獄のようになってしまった人をたくさん知っています。なぜなら彼らはこのみ言を受けず、み言に従っていませんでした。神様は、私たちが結婚生活で成功するための、力に満ちたすばらしい結婚生活をするためのパターンを与えていますが、私たちは、み言に従わなければなりません。感覚や感情ではありません。

みなさん、これがヘル・サイクルです。ご覧のとおり、愛がないと、つまり妻が愛を感じないと彼女は尊敬なしに反応します。妻は自分が大事にされていると感じないと愛を感じません。妻は、無礼な行動を取ります。彼女は私たちを子供とみなしはじめ、しつけが必要だと思います。男性たち、笑っていますね。(笑)それで、信仰を持った男性で誰が子供のように扱われたいと思う人がいるでしょうか?誰が自分の妻にしつけられますか?誰かそうしたいですか?そのような男性が良いですか?信仰を持った男性は誰もそれが良いと思いません。私たちは、子供のように扱われたくありません。私たちは成熟した男性です。たとえときどきテレビでスポーツ観戦するとしても。
愛はすべての罪を補います。私たちが配偶者を愛すれば、すべての罪は補われます。これを見てください。愛がないと、妻は尊敬なく反応します。夫は尊敬されていないと感じ、愛なく反応します。夫は妻を無視するようになります。
「結婚生活を向上させる方法についての本の第三巻よ。ジミー、これを読まなきゃ。とても面白のよ。」(妻)
すると夫は、言います。
「オーケー、読むよ。コーヒーテーブルの上に置いておいて。テレビのそばのソファーの隣の。」
そして本は置いたままでテレビを見るだけです。そして妻がずっと自分のことを見ていることを知っています。「どうして本を読まないの?」という妻の裁きの思いが感じられます。これが三巻目の本ですよ。彼は本を読むつもりはありません。なぜなら前に二作読んだことがあり、読むたびにひどくなっていたからです。前の二回読んだ時も喧嘩になりました。こういう経験をしたことがある人はどれぐらいいますか?みんな嘘が下手ですね。(笑)

それでそのサイクルの中で、夫は、妻とこの本を無視しています。なぜなら夫は自分に対する非難を感じているからです。夫は愛情を表さない男性ですが、妻に仕えるために一生懸命働いており、家族のためにも苦労しています。そして、もし強盗が来たら、彼は死ぬまで戦うでしょう。自分の生命の危険を冒してまで、自分の妻を殺そうとしているその強盗を殺そうとするでしょう。そのことを忘れていたという女性は何人いますか?夫は現実の恐ろしい責任を持っています。もし強盗が家に来たら、夫は生命の危険を冒してあなたを守ります。それを知っていた人は何人いますか?ああそうですね。ここにいる女性たちは銃を持っていますよね。(笑)ほとんどの女性が銃を持っていますが、夫はその肩に重荷を負っています。夫が家にいないときは、今度はあなたがその重荷を負うことになります。もし、強盗が来たら、その男と闘わなければなりませんね。それはストレスの負担となります。夫には常にそれがあります。なぜなら、あなたを愛しているからであり、家族を大切にしているからです。彼がそれを考えていないように見えたとしても、彼は、常にあなたを守るために、内面にそのようなものを持っています。それは信仰的直観です。しかし、それはただ単に彼が積極的にそうしようとしているから出てくるものではありません。何故なら彼はあなたを愛しているからなのです。ですから、私たちは、それに対して彼を称賛すべきではないでしょうか?称賛すべきなのです。彼は、あなたのために自分の生命を賭けます。そのことを称賛し、彼を尊敬してください。
このサイクルでは、妻は愛がないために、尊敬なしに反応し、夫は愛なしに反応して、妻は尊敬なしに反応します。夫は愛なしに反応し、妻は尊敬なしに反応します。そしてこのサイクルが続き、結婚は破綻し、地獄の生活になります。私はそのような文字通りの地獄で生活している多くの結婚を見てきました。なぜなら彼らはこのサイクルを続けているからなのです。
それで、皆さんがこれから結婚生活を始めていくときに、このサイクルに従わないことが非常に重要です。そして、もしそうなったら、できるだけ早くやめてください。できるだけ早くそこから抜け出してください。これは結婚を破壊します。それはあなたを殺す、あなたを破壊する、サタンの第一の道具です。それが聖句にあることです。サタンはそうしたいのです。サタンは吠える獅子のようにあなたを殺そうと、破壊しようと、結婚の後をついてきます。

天国の「活性化サイクル」


こちらが天国の「活性化サイクル」です。妻が愛を感じれば、夫の愛で妻が尊敬する気になります。妻の尊敬で、夫は愛する気になります。夫の愛で妻が尊敬する気になり、妻の尊敬で夫は愛する気になります。これが「活性化サイクル」であり、天国サイクルです。これが、私たちが毎日の生活で続けたいサイクルです。覚えておかなければならないのは、愛と尊敬だけです。悪魔を倒すための5段階や5つの方法はありません。あなたには神様のみ言があります。(夫は)妻を愛しなさい、妻は夫を尊敬しなさい。それは文字通りまったく単純です。夫は無条件に妻を愛してください。妻は無条件に夫を尊敬してください。夫は妻が愛せなくても、愛してください。そうすれば妻を変えることができます。







活性化サイクル

特にお金がないときは、男性は尊敬を感じる必要があります。お金がないと、負け犬のように感じて、世界中の誰もが自分を非難するように感じます。そして、彼は、非難を受けたように感じて、死にかかっています。その男性は死にかかっています。そのときこそ、妻が夫を救いに来ることができるときです。あなたは夫の命を救うことができます。妻は、夫に「私はあなたのことを信じています。あなたは私の夫です。私たちはいくつもの困難や障害を共に経験しました。だから私たちはこの問題も切り抜けるでしょう。神様は万能ですから。」特にお金のないときはそうです。宮殿を追い出されたとき、私もお金がありませんでした。わかりますか?しかし、妻は私を信じました。彼女は私を信じてくれました。彼女は私に味方してくれました。
夫のみなさん、私たちは妻を愛することで彼女を変えるのです。別の男性を変えるように、妻を変えるのではありません。自分の息子を変えるように、妻を変えるのではありません。「もうまったく台無しだ」、「俺にそういうことをしないで」、「それはめちゃくちゃだ」と言ってはいけません。そのような方法では妻とうまくやっていくことはできません。それは、他の男性に対して行う方法です。愛情をもってやるのです。
バーベキューは好きですか?バーベキューが好きな人は?ばら肉でバーベキューするときはどうしますか?バーベキューソースを塗らなければなりません。鉄のブラシを使いますか?真鍮のブラシですか?柔らかいブラシですか?ただ塗るだけですか?それで、料理する時、早くやりますか?ゆっくりやりますか?男性は、私が言っていることが理解できますね。そのとき、バーベキューを本当に愛さなければなりません。ばら肉の料理の仕方が分かりますね。そうやってばら肉を料理しなければなりません。あなたの妻は、天からの最も素晴らしいばら肉です。そうですね。ですからゆっくり料理しなければなりません。ソースを塗らなければならないし。
妻は、夫を尊敬の念を持って変えるのです。女友達に話しかけるように夫のところに行って話さないでください。夫をひどく怒らせることになります。彼はあなたから逃げるでしょう。女友達にと話すように話さないでください。仲たがいの問題だとか、マリアはそれに行こうとしているとか、夫はそのようなことは聞きません。要点を言わなければなりません。いいですか、女性のみなさん。私はそれを尊敬に満ちたレシピと呼んでいます。レシピのリストを作るとき、それが15ページにもなることはないですね。誰かにレシピを説明するとき、15ページものレシピを渡したりしません。もちろん、マリアの問題だとかマーサの問題について話したりしません。レシピで使う材料について話します。また、ただ単に「そこに豆をいくつか入れて」と言うことはできません。どんな豆ですか?インゲンを使わなければならないですか?黒豆ですか?何を使わなければならないのでしょうか?具体的に言ってください。明確に。男性を、尊敬を持って変えようとするとき、レシピのことを考えてみてください。手短に、はっきり明確にしてください。そうすれば、彼はあなたが何のことを言っているのかわかり、 何なのか確認でき、赤いインゲン豆を買いに行くことができます。たくさんある豆の前で、「どの豆を買うんだ?」と言う必要がありません。赤いインゲン豆のところに行って、それを取って次の材料のところに行けます。そうですね?女性はなぜ笑っていますか?
これは私の妻の話ですが、彼女は私が何か変える必要があると考えて、私のところに来て、「明日の9時に、話せますか?10分ぐらいです」と言います。それで私は、「いいとも、明日の9時に話そう」と答えます。 そして私たちはそれに取り組みます。男性は、フットボールを見たり、ビデオゲームをしたり、何でもいいですがそうやって何かしているように見えても、実際は他のことを考えています。彼らは、何かやるべきことがあると、そのことを考えるのですが、そのことに戻る前に少しだけ脳を休ませようとします。どういうことでしょうか?マーク・ガンガー(Mark Gungor)師によれば、男性の頭にはたくさんの箱があって、最も重要な箱が「何もしない箱」なのだそうです。
「何しているの?」(妻)
「何も」(夫)
「何を考えているの?」(妻)
「何も」(夫)
男性には、「何もしない箱」があります。それを尊重しなければなりません。
「何をしているの?」(妻)
「何も」(夫)
「わかりました。それを尊重します」(妻)
彼は、「すごい!神をたたえよ!」となるでしょう。
それで、私の妻もこれを行っています。彼女は、私のところに来て「今、話す必要があります」とは言いません。私は何かしているところです。こういう経験がある男性は何人いますか?「今話があります」と。私は今Eメールに返事をしたり、何かやっているところなのです。私自身ゲームはしませんが、ゲームが好きな男性もいます。もしかしたら彼らは、一日中何かで頭がいっぱいになっていたので、頭を休ませているのかもしれません。ですから、ゲームをやらせてあげればいいのです。大きな問題ではありません。少しやらせてあげましょう。
彼らに、「あなた、明日話せますか?」「今夜9時に10分話せますか?」のように尋ねましょう。私の妻もそのようにやっています。彼女は私に敬意を示しているのです。そして、私と話すときは、時計を前において、タイマーを10分にセットします。すごいと思いませんか?それが良いと思う男性は何人いますか?10分だけだとか2時間だとか男性に約束することができません。なぜなら、彼はあなたを信用できないからです。そういう約束をしても信用できません。ですから、女性は、私の妻が行っているようにしてください。彼女は日付と時間を決めて、その問題に真剣であるように、私の時間に対しても真剣であることを示しています。
ヨナ様:「あなたは私に期待をしすぎています(笑)」
それが彼女がやっていることです。私は、自分の神の恵みを受けた妻が、そのようにしてくれて、私を尊重してくれることを本当に感謝しています。これは私たちができるとても小さなことですが、結果としてこれが尊敬のサイクルになります。
それは、妻を無条件に愛すること、家庭の聖職者となること、み言を学ぶこと、一家の指導者となり、また霊的な指導者にもなることです。神様のみ言で配偶者を守ります。神のみ言としての水で洗います。そして、もう一方で、妻は、無条件に夫を尊敬します。これは、第三波フェミニズムやフェミニストであふれかえったイデオロギーの世界では聞いたことのない内容です。聞いたことがありませんでしたが、聖書のみ言が、強固な結婚を成すための真の答えを示してくれています。もし従うのであれば、そこに答えがあります。

絶対「性」の価値

さて、三番目に話す必要があるのは結婚における、絶対「性」についてです。結婚において性行為は重要なものです。皆さんの子供は、結婚における性行為からもたらされると知っている人は何人いますか?あなたの子孫は、結婚における性行為から生まれます。しかし、私たちはサタン世界によって非常に条件付けられてしまったために、教会ですら結婚における性行為の神聖さについて話すことができません。このように私たちは、キリストの体として弱くなっています。結婚における性行為の重要性について、家族に指導することすらできません。
実は、それは最も素晴らしい賜物です。それは神様が私たちに下さった、最も切望され、最も尊い贈り物です。それはまた恩寵であって、受けて当然のものでもなく、自分で獲得したものでもありません。神様が、私たちを一つにするために、私たちの結婚に対して下さったものです。聖書には何とありますか?
「ふたりの者は一体となるべきである」
それは神様の神秘です。そこには力があります。天が与えた恩恵があります。あなたの絶対「性」生活は強くあるべきです。それは豊かであるべきです。そこには繁栄があるべきです。むなしくてはいけません。むなしいというのは何か間違っています。結婚において豊かさを築くためには、天国のサイクルを続けなければなりません。それは非常に重要ですが、過小評価されていると思います。絶対「性」生活がどれだけ重要でしょうか?
男性にとって、それが第一の場所であり、私たちが本当に愛されていると感じ、本当に受け入れられ、本当に抱擁される最も素晴らしい方法です。それは、神様の息子として生きていることを感じる、最も素晴らしい方法です。それは結婚になくてはならない力強いものです。しかし、同時に、お父様の「週に三回しなければなりません。それが法です。」というみ言を引用しようとする人がたくさんいましたが、神様は私たちを法から免除しています。絶対「性」を強制しようとしているのではありません。そうですね?私たちは、夫婦が一つになるときに、聖霊、神様が、臨在することができる明白な環境を作ろうとしているのです。夫婦が、一つの心、一つの心情、一つの体で一緒になるとき、そこには聖霊が、神様が臨在されるということを知っている人は何人いますか?そこでは、他の場所で出会うことのできないような聖霊に出会うことでしょう。完全に信頼して、愛と尊敬をもって自分の配偶者と一緒にいれば、絶対「性」生活は力強く、豊かになります。あなたがサタンを倒しに行こうという気にさせるだけの、これほど力強い天の恵みはありません。
女性のみなさん、男性がいやらしいと考えるのはやめてください。彼らはいやらしくありません。それだけ男性が女性を必要としているということです。いやらしいのではありません。神様がそのように男性を作ったのです。ですから、女性を追いかけることができます。狩ることができます(笑)。それはあなたを殺すためではなく、もてる物すべてであなたを愛するためです。絶対「性」生活は結婚に対する神様からの賜物であり、祝福後、三日行事後は、サタンはもう、あなたの結婚に対して何も言えません。あなたの愛の行為に対しても何も言えません。それは完全に分別されており、神様が臨在されるのです。ですから、絶対「性」生活は、キリストにおける一体を完全に表したものです。そして、喜びに満ちた絶対「性」生活と、皆さんの家庭で作られるロマンチックで肯定的なエネルギーは、自分の子孫に与える最高の贈り物になります。
それは最も素晴らしい賜物です。そして、力強い絶対「性」の結婚をすれば、自分の子供に最高の祝福を与えることになります。10代の若者の自殺や精神的な病気は、ほとんどの場合、親が機能不全になっていることに関係しているということを知っている人は何人いますか?しかし、力強く、神の恵みを受けた男女が一緒になって、非常に豊かな絶対「性」生活をして、力強く愛の行為のエネルギーと、言い表せないほどの喜びを生み出すなら、子供たちは再び祝福を受け、彼らも祝福を受けたくなるでしょう。子供たちは結婚したときに、自分たちの頭の中に模範となる姿を持つようになるでしょう。今週、このみ言を何回聞きましたか?私たちは勝利のために戦うのではなく、勝利から戦います。勝利から戦うのです。子供たちに、強力で絶対「性」の結婚をした、勝利した親がいれば、彼らは勝利から戦うことになります。あなたは既に彼らに力を与え、あなたの勝利がありますので、今度は彼らが祝福を受けて、サタンの攻撃を受けても、彼らは自分の勝利からではなく、親のあなたの勝利から戦うことができます。彼らはあなたの勝利から戦うのです。 ですから皆さんの結婚は強力なものです。ですからあなたの愛の行為は強力であり、子供たちに影響を与えるのです。それは、絶対に子供に影響を与えます。
私たちはいつも、おおっぴらに子供たちと絶対「性」について話します。なぜなら、私たちは性行為に関する進歩的な教育を望まないからです。私たちは、子供に親から学んで欲しいのです。結婚で神様が与えた下さった贈り物です。彼らがMTVやレディー・ガガや、そういったものから学ぶまで待ちたくありません。彼らがどこで学んでも、神様の下で指導したいのです。そして、この喜びに満ちた絶対「性」の結婚生活、それが作り出す力、喜び。夫が妻に愛を語り、妻の後を追い、驚くほどのエネルギーを生み出して、それが子供たちにも与えられ、強められます。そして今度は子供たちが祝福を受けていきます。
あなたの配偶者との個人的な関係を超えた影響があります。なぜなら、あなたは神様のみ言葉を本当に成就しようととしているからです。あなたが神様のみ言に従って立っているので、神様はあなたの一族を祝福するのです。それはみ言にあります。神様はあなたの子孫を祝福しています。そして子供も祝福されます。
オンマ、少しだけ何か話したいですか?

妍雅様から:

ありがとうございます。もう一度夫に拍手をしましょう。ありがとうございます。夫の期待通りにやれるか分かりません。それは考えたり祈ったりする必要があります。
クレイジー・サイクルについて簡単に要点を話したいと思います。愛がないと、妻は尊敬なく反応し、尊敬がないと、夫は愛なく反応します。このクレイジー・サイクルです。
女性はいちゃつくことがありますが、それは気にかけているからです。男性は理解できないでしょうが、気にかけているからいちゃつきます。気にかけていなかったら、いちゃついたりしません。ほとんどの女性がそれに同意してくれると思います。ですから、男性は、妻がいちゃつくときは、彼女が愛を必要としている合図だと理解してください。それはとても大切な合図です。しかし、一方で男性は、女性がそうするとき軽蔑のサインだと感じます。「妻は私が嫌なのか」、「自分を信頼してないからそうするんだ」、「私のことを子供みたいに思っているんだ」、のように。私たちは、男性がどこから来ていて、女性がどこから来ているか理解する必要があります。
夫が言っていたことは本当です。私は夫にアポイントを取ります。そして彼は10分と言ったのですが実際は30分話します。夫は10分に減らさないといけないと言いたかったようですね。そうなんでしょう?私は自分のiPhoneでスケジュールリストに登録します。そして、タイマーを30分にセットしてスタートを押します。そして、30分以内に終わるようにするのです。そのように取り組んでいます。
亨進様:「いつも時間通りに終わります。」
夫とやっているもう一つのことがあります。私たちは家族のことだけでなく、教会のことも一緒にやっています。この人と面会の約束をして、とか、これをやらなければ、といったように。私は、実は夫にEメールを送ります。夫は目の前にいて何かやっているのですが、リストを作ってそれをメールします。それで、やがて彼はその仕事について答えます。そのようにする理由は、それがより効率的であるのと、感情的に入り込まなくて良いからです。
「どうしてもっとこの人を気にかけてあげられないの?」、「この人は病院に行っていないし」、「これは緊急なのにどうして他のことができないの?」といったように、入り込む必要がありません。そして、ただその仕事に取り掛かります。要点を言うのが尊敬のレシピとなります。先ほど話したところですね。
男性たちは、妻のことで直したいと思うことがあるでしょう。そしてあまり愛せないようなことが。しかし、それをバーベキューの中に入れてください。バンズにはさんで、サンドイッチにしなければなりません。妻を準備させなければなりません。バンズは柔らかくないといけませんし、バターを塗ったらいいですね。調味料も少し。(笑)
私たちはたくさんのことを話しました。私たちの祝福は・・・。祝福で最も重要な点は・・・私たちは神様につかまって神様を中心としなければなりません。葛藤する時はいつでもみ言に帰ってください。み言にあったように、私たちは夫を無条件に尊敬しなければなりません。そして、夫は妻を無条件に愛さなければなりません。
「ハンサムなあなた、あなたがまとめる番です。」
<亨進様に交代される>
ありがとう、オンマ。これから聖酒式を始めます。出席者は聖酒を準備してください。
もう一つの大切なことは、夫婦が一緒に祈ることです。一緒に祈ってください。止まってしまったり、うまく行かないとき、男性たち、私たちは家庭の聖職者なのですから、妻のところに行って「このことを祈りましょう」と言うのです。切り抜けられないようなとき、思いが通じないようなとき、言うことが理解できないとき、そのことを祈りましょう。一緒に祈りましょう。神様を迎えてください。これが神様の聖約です。そうですね?これは神様の結婚です。妻を導いて祈りましょう。妻と立って祈れば、途方もない転換を経験します。途方もない霊的な転換です。ですから、生活の中で祈ることがとても重要です。
<聖酒式の準備に入る>
 イエス・キリストをまとうアボジの教会を一緒に作りましょう!クリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村 聖酒送ります、戻る祝福を受けましょう。www.sanctuaryjp.org お問合せホーム fanclubcomm@gmail.com tel 090-8054-0383