2016年9月1日木曜日

16年8月22日韓国礼拝におけるエルダー世界本部長 報告

2016年8月22日韓国礼拝におけるエルダー世界本部長 報告 14分半
■2016年8月22日 月曜日 韓国語礼拝 https://youtu.be/LpGHNMe6Q



昨日、王がお話されたように、聖日礼拝の時に様々な報告がありました。その中で、李会長も報告され、アメリカ、ヨーロッパ、そして日本の江利川会長も報告されました。
それで私は李会長以外のお三方の報告を皆さんに簡略にご報告したいと思います。


先に、昨日、リチャード・パンサーアメリカ協会長が報告された内容です。アメリカは今、
50州中で24州に30箇所、統一聖殿が立てられています。ご覧のように、ここ、ペンシルベニアの周辺だけでなく、西海岸、南部、フロリダ、カナダのケベックにもあります。このように増え続けています。


そして、昨日、メリーランドに住んでいらっしゃる、ある食口がとても感動的な証をされました。その証の内容を皆さんにお伝えします。アンドレア・フィスター という女性ですが、本来、この方はメキシコ出身です。入教してだいぶ経つのですが、長い間、ニューヨークでスペイン語圏の人たちを対象に牧会をしていました。ニューヨークには中南米から移民してきた人が多いため、スペイン語を話す人が多いです。この方も本来、メキシコ人なので、スペイン語圏の人たちに牧会をしていました。そして、この方が入教された当時、7日修錬を受けながら、イエス様の夢を見たそうです。夢の中でイエス様が3回も真のお父様を示しながら、『この人に従いなさい。この人がメシアだ。この人に従いなさい。』このように3回夢でお話しされたそうです。


不思議なことに3ヶ月前に同じような夢を見ました。その夢について詳しく話されたので、
お伝え致します。夢の中で、聖日礼拝に参加するために教会に行きました。ドアを開けてみると、そこには5名しか座っていませんでした。それでこの方は「おかしい。そんなはずはないのに、これは私が場所を間違って来たのでは」と思い、出たそうです。そして道を歩いていくと江利川会長に出会いました。この方は元々、江利川会長と面識があったそうです。ニューヨークにいるときに江利川会長によくお会いして一緒に活動もされたそうです。


そして江利川会長が夢の中で、「私と一緒に行きましょう。神様の国が行っているところにあなたを案内してあげよう」と言うのでついていったそうです。それである建物につくと、「2階に上がりなさい。」と江利川会長が話されたそうです。2階に上がってみると、王がそこに座っていらしたそうです。それで入っていくと王が「よく来た。」と言われたそうです。それで、この方は王に「どうして私をご存知なのですか?」と尋ねると、お前がニューヨークにいるときに、そのように多くの素晴らしいことをしたではないか。その全てのことを神様が覚えていないとでも思うのか。神様は私たちが良いことをすれば、永遠に覚えていてくださる。絶対にお忘れにならない。


夢の中で見たら、王の横にはまさにお父様がいらしたそうです。そしてお父様がお話しされたそうです。「この人についていきなさい。これは私が最も信じる息子である。」そう言われたのです。そして、また少しして「この人についていきなさい。これは私が最も信じる息子である。」そして3回目。「私の言葉が聞こえないのか。」お父様がそう言われたそうです。「私の言葉が聞こえないのか。」「この人についていきなさい。これは私が最も信じる息子である。」そう言われました。それで王が「神様の国を見せてあげよう」と言われました。そしてそこにあるドアを開けてその後ろにある様子を見せてくださったのですが、そこには数百万の人たちが集まっていたそうです。


そして、この方に「あなたは今や神様の国に来た。よく来た。」このように言われました。
このような夢を見た、フィスター勸士と呼びますね。(フィスター勸士は)すでにサンクチュアリに繋がっている姉妹と連絡を取り、サンクチュアリについて知るようになったのですが、この方は実に素晴らしい方です。ご自分はメリーランド、ワシントン近郊に住んでいるのですが、メキシコには自分の霊の姉妹27名で構成された教会があります。そしてスカイプを通して2週間に一度説教をしています。


それで、しょっちゅうそこから連絡が来るのだそうです。「今は教会がこのような状況になったので、私たちは何処に行かなければなりませんか?誰に従っていかなければなりませんか?」ひんぱんに問い合わせがきても、今まではそれに対してはっきりと答えられず悩んでいたのですが、昨日、初めてご主人と(ここに)来られました。そして「今ようやく、正しい場所に訪ねて来ました。」このように証されました。(拍手)


皆さん、未だ、家庭連合に残っている人たちの話を聞くと、よく言う言葉があります。
「今はもうお父様はいらっしゃないから」(一同笑い)サンクチュアリでは聞かれない言葉です。サンクチュアリ人がそのようなことを言うのを一度も聞いたことはありません。
しかし、彼らはそうです。「今はもうお父様はいらっしゃないから」
ところで、お父様はいらっしゃらないのですか?いらっしゃいますか?(いらっしゃいます!)そうでしょう?このようにお父様は今、より多くの活動をされておられます。
今、世界の多くの人の心の中で今、役事をされています。


さきほど李会長がお話されたように、2年前にここで初めて祝福式をした時に50名がここに集まりました。昨日、この礼拝堂に座席がいくつあるか数えてみたら、430席ありました。そして80~90%ほとんど埋まっていました。これは良いといえば良いのですが、私には悩みです。2年でこのように50名から400名ほどにまで増えました。今後どうなりますか?500名、千名来るようになる日が明らかに来る、それほど遠くないと思うと、そのように多くの人たちをどのように収容したらいいだろうか、私には悩みです。(一同笑い)楽しい悩みですか?(はい)皆さんには楽しいでしょう。(笑)私には頭が痛い悩みです。(笑)このこじんまりとしたニューファンドランドが今後、大変なことになります。聖霊の津波が来る事は明らかです。大変です。(良い現象ではないですか?)ええ。良い現象です。ですからどうか助けてください。(一同笑い)


では次にヨーロッパについてです。ヨーロッパは17カ国に統一聖殿があるそうです。私は金曜日の基元節の時、16カ国と話しましたが、終わった後に抗議が入りました。エストニアから「私たちを何故抜かしたのですか?」(笑)えぇ、大変なことをしました。こうなんですよ。(笑)私が考えているよりも、いつも多いのです。それで李会長も40カ国と話されたのですが、それを41と修正いたします。エストニアの方々、申し訳ありませんでした。(拍手)


昨日、クリスチャン・シーバーガー大陸会長が報告された内容は、ヨーロッパは民俗も多く言語も多いです。何故そうなったのかというと、競争だけして来たからそうでしょう。ですから今も歴史的な葛藤がたくさん残っています。サンクチュアリに来る人たち同士でもそのようなものがあります。ロシアも統一聖殿の組織が2つあり、互いに「自分たちが優れている、向こうは間違いだ。」と話しており、モルドバという小さな国でも、実はそこは家庭連合にいながら、食口が家庭連合指導部を告発して警察に拘束されるそのような事件がありました。最近は告発した内容を’取り消したようですが、そのようなこともあります。


ところで、私たち宣教本部ではそれについて一切干渉しません。「こっちが合っている、こちらが間違っている」とそのようなことは一切言いません。何故ならば、現地状況は現地が一番良く知っています。どの指導者が素晴らしいのか、どの指導者が間違っているのか、食口たちが一番良く知っているでしょう。ですからより良い指導者に行けばよいのです。では、悪い指導者の場合、誰かがついていけば指導者でしょう?従っていく人がいなければ指導者ではありません。ただ一人残るのです。ですから時間が少しかかるでしょうが、時間をかけて神様の導きによってそのような問題が自然に解決できることを私たちは待っています。


ヨーロッパで一番大きい統一聖殿はロンドンにありますが、そこには37名が集まるのだそうです。そしてやはりイギリス人は紳士なので家庭連合とも対話をしながら発展しているそうです。ヨーロッパは昔、アフリカに多くの植民地を置いていたので、フランスの統一聖殿食口たちは、アフリカのブローコンに連絡をし、そこの伝道活動をしているそうです。イギリスでもそうです。ヨーロッパを通してアフリカまで真のお父様の聖霊の役事が成されています。写真を見せてくれましたね。これは聖地です。モルドバの聖地のようです。これはモルドバで7日修錬をした様子であり、これは祝福式です。


……
(13:20~32:19)の、日本報告は江利川会長の報告の通訳なのでご本人の報告を載せます。
……


これで終わりです。ありがとうございました。


今やこのように、お父様は韓国、日本、全世界で役事をしていらっしゃいます。今後ますますお父様の多くの役事があることでしょう。


実は2日前にある人からこんなことを尋ねられました。「今回は何人くらい参席するのでしょうか?」考えてみたら、私はそれについて確認していませんでした。ただ、行事の準備だけして、動員については全く気を使いませんでした。「わからない。1名来るか、百名来るか、千名来るか全く分からない。」と言いました。ところがふたを開けてみたら、ここがほとんど90%埋まりました。アイゴ。お父様、大したものです。(笑)ありがとうございました。(拍手)

翻訳byシャボン玉

エルダー部長ご報告ありがとうございましたクリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村 聖酒送ります、戻る祝福を受けましょう。www.sanctuaryjp.org お問合せホーム fanclubcomm@gmail.com 050-7124-8027