2017年8月12日土曜日

「文総裁を捨てた。新婦、神様の女性に会えませんでした。」真のお父様の哀しみの蔚山アリラン

文総裁を捨てた。新婦、神様の女性に会えませんでした。
真のお父様の哀しみの蔚山アリラン

2010년 3월 7일 천복궁 2010年3月7日天福宮、お父様の蔚山アリラン

この真のお父様の歌、そしてそのあいだに聞こえるお父様の御言、今こうして聞き直してみると、2010年3月7日この時すでに真の父様が2012年9月3日1時54分に聖和されるという運命の道筋が出来てしまったのではと涙が溢れます。
お父様の声は、哀しみを堪えるあまりに声が高まっています。
そしてお父様の表情もとても物悲しい・・・
2009年には、今韓氏オモニが言われている「お父様は原罪をもって生まれ16歳の時に無原罪の資格を得た」という内容が出ています。
2009年のみ言を見れば、お父様に原罪があると幹部達が随分と騒いだことが分かります。
この時の韓氏オモニと幹部達の不信は、イエス様の十字架が決定的になったイスカリオテのユダの不信に匹敵する不信になったのかもしれません。
    *2009年み言詳細:http://h2fanclub.blogspot.jp/2016/07/blog-post_15.html

幾度かその定まった聖和の道を回避できる機会があったにも関わらず、韓氏オモニと幹部達は不信を続け、それでも2013年1月13日の基元節に韓氏オモニが最後まで勝利されると信じ託して行かれたのではないでしょうか。



このお父様の蔚山アリランは文総裁を捨てたんだね。新婦選びに失敗したんだね。にて転載紹介しましたが、この度、詳しく聞き直し、またある韓国の方から韓国語を頂くなどして歌とお父様のみ言になるべく合わせました。
イ インスさん訳では新婦選びに失敗したとなっていたところは「新婦、神様の女性に会えませんでした。新婦に会えなかったということだ」としました。
字幕は安永教会の二世に作っていただきました。ありがとうございます。

オレンジが歌手だけ紫がお父様と歌手、緑お父様だけです。

お父様:
효율이!「예.」결론이 그렇게 되었으면 노래로 세워가지고 복귀의 심정의 꽃을 키우는데 암모니아가 되고 비료라도 주고 가지 않으면 안 되잖아요?「예.」‘감사합니다.’ 저 허양한테 얘기 해.「밀어주셔서 감사합니다. (김효율)」그래. 박수해요! (박수)
그러면 선생님이 다 빨리 가기를 바라는  시간 되는데

孝律!"はい。"結論がそのようになったのなら歌を立てることをもって復帰の心情の花を育てるには、アンモニアとなって肥料でもあげて行かないとだめじゃないですか?「はい。ありがとうございます。」あの許嬢さんに話をして。「押してくださってありがとうございます。 (金孝律)」そう、拍手してください! (拍手)
それでは先生が早く行くことを望む時間になったのに

저런 사람이 전부 ‘문 총재 미쳤어? 그런 걸 만들어서 뭘 하려고 해?’ 나도 모릅니다. 염려되는 사람은 노래 듣지 말고 뛰쳐나가라구. 그러나…. 빨리 해라 야.
あんな人が、全部「文総裁が狂った?そのようなことをつくって何をしようとしている?」私も分かりません。
心配する人は歌を聞かないで出て行きなさい。 しかし…. 早く歌って

♪운무를 품에 안고      雲霧を胸に抱いて

    
お父様:뜻을 생가해봐요 さあ、意味をよく考えてみなさい。

    ♪사랑 찾는 무룡산아      愛を探す舞龍山(ムリョンサン)よ    
산딸기 머루 다래      野イチゴ 山ぶどう サルナシの実を
따다주던 손길      取ってくれたその手


お父様:에덴동산에서 하나님이 돌보는 거야.
エデンの園で神様が見守っているのだ。

♪앵두같은 입술에     さくらんぼのような 私の唇に  
이름 새겨놓고      その名を刻んでおいて
꿈을 찾아          夢を探して
떠난 사람아         去っていった人よ


お父様:둘이서 거닐던       二人で 散歩した
    태화 강변엔         太和の川辺には
    대나무 숲들은       竹林が
그대로인데         そのままあるのに
어느곳에 정을 두고      どこに情をおいてきて
♪나를 버렸나         私を捨てたのか


お父様: 문 총재를 버렸냐 이거야. 나를 버린 게…. 
文総裁を捨てたのか、これだ。私を捨てたのは・・・


♪나를 나를 버렸나     私を 私を 捨てたのか
돌아온단 약속에      帰ってくるというその約束に
청춘이 시든다       私の青春がしおれる                                                                            
청춘이 시든다      私の青春がしおれ、

お父様: 청춘이 90이 되었구료,호호호 
私の青春は90にもなった。ほうほうほう

             あー
까치들이 울어주니      カササギたちが泣いてくれるから
오시려나         君が 来るのか
아아아아           ああああ
울산 아리랑         蔚山アリラン


석양을 품에 안고       夕日を胸に抱いて
사랑 찾는 문수산아      愛を探す文殊山よ。
                              
お父様: 문수산 이예요      文殊山です。
   ♪산딸기 머루 다래      野イチゴ 山ぶどう サルナシの実を
따다주던 손길       取ってくれたその手
배꽃같은 가슴에      梨の花のような 私の胸に
그리움 물들이고        懐かしさだけを残して
꿈을 찾아           夢を探しに
떠난 사람아          去っていった人よ 

お父様:
이걸 부르면서 한 바탕 눈물을 지으며 울어도 해원 못 풉니다. 하나님의 아버지의 심정을 모르면.
これを歌いながら、ひとしきり涙を流し泣いても、解怨できません。
天のお父様の心情を知らなければ、

♪둘이서 거닐던        二人で 散歩した
정자 바닷가           亭子の海辺の
하얀 파도는          白い波は

お父様:그대로인데          ん~、そのままなのに
어느곳에 정을 두고       どこに情をおいてきて
나를 버렸나        私を捨てたのか  

신부. 하나님이 여자를 못 만났어. 신부를 못 만난 거야. 이놈의 자식들! 어디 가서 바람필 수 있어?
新婦、神様の女性に会えませんでした。新婦に会えなかったということだ。
この野郎ども! どこに行って浮気できるのか? 

돌아온다 약속에       帰ってくるというその約束に

お父様:문 총재 늙었습니다.    文総裁は老いてしまいました。
♪내 청춘이 시든다      私の青春がしおれる
아~            あ~

お父様:까치들이 기쁜 소식을 전하는…. 
    カササギは、カササギは嬉しい便りを伝える…

   ♪울어주니 오시려나     君が来るのか
아아아아            ああああ
♪울산 아리랑        蔚山アリラン


キリストの血統王権、真の父母・真のお父様と三代王権にクリック! 

聖酒送ります。戻る祝福を受け天の直接主管を受けましょう。