2016年4月16日土曜日

震度7.0の中から■熊本安永教会

この文章(震度7.0の中から)の掲載の5時間後、更に強い本震が起き回復したライフラインがまた寸断されました。サンクチュアリアン家庭達が寄り添いプロパンガス、近所の湧水、車からの電気で協力しあいながら頑張っています。二代王の祈りも頂いてると聞いております。祈りの協助をお願いします。


震度7.0の中から

  • 2016/04/15 サンクチュアリ熊本安永家庭教会
生き残りなさい!!
2代王様のみ言が身体中を包む!!
不思議な感覚、
キリストこそ平和だとはこういうことなのか!!
心が澄んでいる。
確かに周りは尋常ではない状態である。
が、しかし、動揺がこない。
怖さが全くないわけではないが、
心が平静である。


寺中聖殿はすごかった。
震源地そのもの、
まともに地震を食らって、
揺れに揺れた。
縦揺れ、横揺れ、同時に来た。
ローリングされる感覚。
家が歪んでしまったようだった。
しかし、揺れが収まって、周りを見回すと、
皿が3~4枚落ちて割れてはいた。
玄関の植木鉢が1個、無残な姿を晒してはいた。
祭壇のロウソクも飛んではいた。
しかし、それだけである。


この聖殿はすごい。
神様そのものだと思った。
地震から私たちを守った。
食口たちから、どんどん情報が入る。
皆無事である。
一人、古川さんが、
落ちてきた時計で頭を切って病院へ行った。
縫合処置で帰宅。
軽傷であった。
車中で夜を明かした食口が多かった。
親戚の家に家族ごと避難した人もいた。
ある家庭教会には、
11名の食口が集まって、
共に夜を過ごした。
余震も強烈なのがきた。


エルダーさん始め、
多くの方々から激励のメール、
電話が入って、心から感謝した。
サンクチュアリのメンバー、
家庭連合のメンバーからも、
続々と安否確認の連絡がきた。
その対応に追われるほどであった。


守られている。
この一言に尽きる。
ともかく、守られている。
また続々と自衛隊の災害派遣の車両が走り回る。
他県からも警察官がやって来る。
消防隊員、続々と人々が押しかける中に
とりわけ、眼を引いたのが、ボランティアの人々。
生き生きと、てきぱきと働いている。
声のかけ方が違う。情がある。
人助け、困った人のため、
取るものもとりあえず駆けつける人々。


確かに、家庭連合は失敗した。
この国は天の審判を受けなければならない。
しかし、この人々はどうだ。
困っている人のために駆けつけてくる。
まだまだ日本の人は捨てたものではない。
この人々の中から
天のために立ちあがる人が出てくる。
これが希望だ。
2代王の教えを知らずとも
近い行動をする人がいる。
天はこういう人々を見せてくれた。
行動がより原理的な人、
ここからまた立ちあがる!!


【寺中聖殿】



【食口・緒方家】




日を追うごとに、被害の実態が明らかになってきました。
これからが、闘いの正念場です。

義援金を送ってあげたいとの 御声を聞くようになりました。
皆様のお心遣いに感謝します。

下記の口座に御送りくだされば幸いです。

郵貯
記号 17750
番号 2876831

井上キイ子

ご支援ありがとうございます❗️

安永家庭教会 井上秀幸
お見舞いと励ましのクリックをお願いします。にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へwww.sanctuaryjp.org この件やその他のお問合せ→お問合せホーム fanclubcomm@gmail.com tel 050-7124-8027