2015年7月11日土曜日

2015年7月8日 韓国語説教 『神を捨てた悪しき時代』 全文


今回は今までにまして大変重要な証言を語ってくださいました。

2015년 7월 8일  '주님을 저버린 악한 시대'

<抜粋>
お父様を安楽死させようとするとき、「お願いです。お母様、こんなことをしたら、あなたはメシアの殺人者となってしまいます!」と言い、お母様から平手打ちを受けても、それでもその意志を貫きとおしました。
お母様が私と国進兄さんに向かって、最後に一言言えといったので、私たちは確固な口調でいいました。
「お母様、そのようにされたら殺人者となります。50年間培われた全ての内容は消え、歴史はお母様を殺人者と記憶します。」 
このような警告を3年前にしたときも、お母様は笑いました。
「清平がどんなに大きな霊的力をもっていると思っているの?お父様が霊界でどんなに気分よくいらっしゃるか。天宙天地人真のお母様がここにいらっしゃるのに、なぜ韓国によくないことが起こるというの。真のお母様の運がここにあるのに。」 このような傲慢な女性を私は見ました。
「真のお母様がここにいらっしゃるのに、なぜ韓国によくないことが起こるというのか。」 
3年後にお父様が審判を始められるでしょう。
私は3年前にお母様に直接そう警告しました。
皆が私を見て、親不孝者だと口を揃えて陰口をたたいているときに、、、。
そして(今年)1月に“沈黙を破って”という説教を境に、全世界のシックたちが目覚め始めた、その時にもいいました。
この政治屋たちがお父様が任命された真のご父母様の代身者相続者を冒涜しているとき、皆さんがじっと耳を傾けているとき、6ヶ月前、私がなんと言いましたか?
「今年はお父様の聖和三周年である。お父様は3年だけ待たれると仰った。」といいました。
皆が笑い、頂上におられるお母様も笑いました。
また、6ヶ月前、私はこういいました。
「清平が閉鎖されるでしょう。」 皆さん、ご覧になったでしょう?英語の礼拝でいいました。

2015年7月8日 主を捨てた悪しき時代
<全文>

 シックの皆さん、こんにちは。皆さんと共に礼拝を捧げることができ嬉しいです。
今日は“神を捨てた悪の時代”という題名でお話したいと思います。

箴言22章3節を見てみましょう。 短いですが、とても奥深い内容です。

『賢い者は災いを見て自ら避け、思慮のない者は進んでいって、罰を受ける。』 アージュ。

ここに、『賢い者は災いを見て自ら避け』と、あるように、知恵深く賢い人は、暗雲が押し寄せるとき、それを感知することができます。しかし、続いて、『思慮のない者は進んでいって、罰を受ける』とあるように、暗雲が押し寄せていることに気づかず、全てうまくいくだろうという愚かな考えで、それによる罰を受けるようになります。ここで言う罰とは、ある行動による結果の罰を意味します。

今のこの時代を一度考えてみてください。私たちが今当面している内容の全てには、内的なものと外的なものがあります。摂理の中心で起きている内的な内容は、外的、すなわち世界にも影響を及ぼしています。

お母様がされていることに、今や多くの人々が悟ってきています。

天聖経80%改竄、天一国国歌削除、家庭盟誓の修正、メシアがくださった聖婚問答も無くなりました。唯一神から、今や天の父母様、つまり、ヒンズー教のような二神教となり、憲法から原理を削除し、また、メシアの対象から主体になろうとする堕落行為。ご自分が三代を通して、神様から原罪の無い血統を得たという、三代を通したキリスト教の家庭なので、自分も原罪を清算され、私は原罪なく誕生したという異端の言葉。韓氏の氏族をメシアの血統よりも高めようとする、、、これはどういった行為ですか?

これを、3年前に皆さんに言ったとしても、誰一人私を信じる人はいなかったでしょう。なので、私たちは荒野に出て行きました。
お母様が私に「私が誰だと思う?」と尋ねられ、私は「お母様は勝利されたメシアの対象、真のお母様です。」と言いました。すると、お母様は「いいえ、私はメシアであり、神である」と仰いました。なので、「お母様、そのように仰ると、滅びの道を行きます。天の審判を受けるようになります。お父様は3年だけ待たれます。」と、私は言いました。皆さんが、私を見ながら親不孝だとあざ笑いながら言っていたその時にです。沈黙で一貫し、荒野に出て行きました。

また、私たちはこのような写真をいたるところで見ました。(写真)漢南洞の応接間などで。お父様が聖和された後、すぐ、真のご父母様の写真を下ろし、お母様が一人でいらっしゃる「私が神である」という、非常に恐ろしい審判を呼ぶ写真を掛けたのです。

応接間だけでなく、外でも、お父様の揮毫を下ろし、その写真を掛けました。漢南洞に住んでいる人は皆知っている事実です。口にしなかっただけです。

3年前に目撃しました。お母様の状態を知ることができます。

私たちは韓国の病院にいるときから、大変な戦いをして来ました。
お父様を安楽死させようとするとき、「お願いです。お母様、こんなことをしたら、あなたはメシアの殺人者となってしまいます!」と言い、お母様から平手打ちを受けても、それでもその意志を貫きとおしました。私は36家庭を呼んでほしいといい、彼らに説得を続けました
そして、最終的に、お母様は朴ポーヒー、李ジェソク、金ヨンヒ、ヤン・チャンシク、ソク・チュノ、金ヒョユル、金ヒョナムを呼ばれ、彼ら一人一人に尋ねました。私が、お父様を解放してあげたいと、このチューブなどを全て取り除きたいと、唇の色が変わってきていると、、。
お父様から家、土地などの財産を受け、一生楽に暮らすことのできるそのような恩恵と、シックたちからの尊敬を存分に受けた彼らですが、その中で誰一人として、最後の瞬間にお父様を守ろうとする人はいませんでした。
その日、朴ポーヒーだけ、「お母様、メシアが生きていらっしゃるということは祝福だと思います」と反対をしました。私がそれを認めます。他の間違いはたくさんしましたが、朴ポーヒーはその日その瞬間に反対する言葉を言いました。
しかし、その他の者たちはぐうの音もでず、自分のメシアがベッドに横たわっていらっしゃる時、私が全世界のシックたちに、お父様のために精誠を尽くしてほしいと公文を送り、全シックたちが断食、敬拝、祈祷の精誠の中にいるとき、お父様を安楽死させようとする、この狂った行動。
誰一人として、一言も発しませんでした。皆さん、これは詐欺です。
「お父様はじきにお亡くなりになる。お母様を怒らせてはいけない。自分の財産を守らなくては。」 このような詐欺師を初めて見ました!
彼ら詐欺師が皆さんの前に出て、あれしろこれしろと、、、。皆さんはそのような詐欺師よりも、より多くの権限を持っているのです。分かりますか?

一生の間、楽することのできる経済的恩恵を受け、シックたちから栄光を受けながら、最後の瞬間お父様を守らず、自分の首を守ることを選んだのです。

お母様が私と国進兄さんに向かって、最後に一言言えといったので、私たちは確固な口調でいいました。「お母様、そのようにされたら殺人者となります。50年間培われた全ての内容は消え、歴史はお母様を殺人者と記憶します。」 
その時、彼らはお母様を利用しながら、真のご父母様の後継者代身者相続者、そしてお父様が任命された真の血統、一つとなったカインとアベルを追い出すことができる機会をそこで見たわけです。
そして、その後、詐欺行為を続け、3年後どうですか?教会は滅んでいっているのです。

皆さん、詐欺に従い詐欺で生きるならば、滅びるのです。

このような警告を3年前にしたときも、お母様は笑いました。「清平がどんなに大きな霊的力をもっていると思っているの?お父様が霊界でどんなに気分よくいらっしゃるか。天宙天地人真のお母様がここにいらっしゃるのに、なぜ韓国によくないことが起こるというの。真のお母様の運がここにあるのに。」 このような傲慢な女性を私は見ました。
お父様からの全ての天運に乗り、お父様メシアの全ての勝利に乗ってきたにもかかわらず、それを全て一人でしたと考える、これは錯覚です。

私たちはこれを3年前に知っていました。私たちは政治家ではなく、正直な男であり息子たちだからです。財産、お金、権力よりも私の信念、お父様を捨てないこと、これが大事だからです!全てを失い、荒野に入っていきました。王宮は単なる建物です。その内容が悪であるならば、その建物も悪です。物を神として侍ってはいけません。

 「真のお母様がここにいらっしゃるのに、なぜ韓国によくないことが起こるというのか。」 3年後にお父様が審判を始められるでしょう。私は3年前にお母様に直接そう警告しました。皆が私を見て、親不孝者だと口を揃えて陰口をたたいているときに、、、。

そして(今年)1月に“沈黙を破って”という説教を境に、全世界のシックたちが目覚め始めた、その時にもいいました。私の説教にでてきます。皆が私たちをあざ笑っていたとき、偽りの指導者たち、いえ、政治屋です、彼らは。この政治屋たちがお父様が任命された真のご父母様の代身者相続者を冒涜しているとき、皆さんがじっと耳を傾けているとき、6ヶ月前、私がなんと言いましたか?「今年はお父様の聖和三周年である。お父様は3年だけ待たれると仰った。」といいました。皆が笑い、頂上におられるお母様も笑いました。

また、6ヶ月前、私はこういいました。「清平が閉鎖されるでしょう。」 皆さん、ご覧になったでしょう?英語の礼拝でいいました。誰が知っていたでしょうか。

6ヵ月後にMERSが韓国に入ってきて、韓国国内で感染が広がり、33名死亡する被害により清平は閉鎖されました。これ以上修練会はできません。皆さんは神様を無視しますか?お父様が誰だと思い無視するのですか?私がこれをどうやって知りますか?MERSがくるということを。お父様がでたらめだと思いますか?ご自分の代身者、相続者を選ばれたとき、でたらめで選ばれたと思いますか?私がなぜこれを知るのかというのです。韓国でこのように多くの人々が感染病で亡くなったのはたぶん初めてではないですか?牛などの動物が死んだことはあったみたいですが、韓国でこのように多くの人々が感染病で亡くなったのは自分の人生で初めてのことだと妻がいっています。


皆さんは、権力を追い求める愚か者となってはいけません。真理を追い求める者とならなければなりません。権力と人気とトレンドを追い求める者は、愚かな者です。それは、多数が絶壁から飛び降りるとき、自分も一緒に飛び降りるということです。韓国の人々は特にこのような性格が強いです。トレンドにとらわれがちです。皆さんはそのような社会で小さいときから学んできたため、特に気をつけなければなりません。これは皆さんの大きな弱点です。真理を追い求めず、多数に従うのです

もちろん、皆さんだけではなく、全世界的に政府の策略によってそのように変わりつつあります。真理を追い求めず、自分の考えではなく、多数に従えという教育を多く受けています。ロシアやアメリカ、アメリカもだんだんとその思想が強くなっています。ヨーロッパも完全にそのような思想がはびこっています。韓国、日本、中国は言うまでもありません。東洋の人々はトレンドに本当に弱いです。小さいときからそのように訓練されているからです。なので、悪の方向に導いている指導者に多数が従っていくならば、自分もそれについていくのです。「ここから離れたら、仕事を失うかもしれない。仕方が無い、、、。」 常に正当化です。真理を追い求めず、楽を求めます。これは韓国人だけの問題ではなく、人間の問題です。

 今年は、何の年ですか?毎月私が強調してきましたね。「シュミータ」、皆さん覚えていらっしゃいますね?韓国語で安息年、ギリシア語でシュミータ。それは、7年毎に神様が選民に命令されます。その選民は休まなければなりません。農作業をしてはいけません。安息年のその年には、土地を休ませ、神様を賛美しなければなりません。また、自分の負債に対して恩赦を受ける年です。しかしそれは、神様にきちんと従っていたらの話です。しかし、神様から離れると、歴史的な審判が起きます。神様を信じなければなりません。アッシリア民族がセネカレブ王を通じてエルサレムを滅ぼしたとき、それもシュミッタ、安息年でした。イスラエル民族の歴史をみると、7年毎のパターンを見ることができます。しかし、不思議なことに世界の歴史を見ても、シュミッタ、安息年に歴史が大きく変わっています。これはアメリカのシックたちには数千回と話した内容です。韓国のシックたちには具体的には話していませんが。今から、20世紀の歴史をさっと見てみましょう。
 1917年、1930年、1938、1945、1973、1980、1987、2001、2008、2015、この全ての年はシュミッタの年です。世界に影響を与える変化がなぜこの年に起こるのでしょうか。一度見てみましょう。


1917年 第1次世界大戦終戦を機にアメリカが強大国として浮上する。
共産国家であるソビエトユニオンも同時に浮上。
ドイツは戦争で勝利する。
ロシア独裁政治時代の幕が下りる
オーストリアンハンガリー王国時代の幕が下りる
トルコオスマン帝国時代の幕が下りる


見てください。1917年、世界の強大パワーに変化がありました。オーストリアンハンガリー王国時代が滅び、またトルコオスマン帝国時代も滅び、そして新しい国アメリカが上がってきました。世界に大きな変化があったわけです。


1930年 アメリカ経済大恐慌
1938年 ドイツナチ党がユダヤ人企業を攻撃。クリスタルナフト、または“割れたガラスの夜”と呼ばれるユダヤ人たちの会堂を攻撃する事件が起こる


第2次世界大戦の始まりです。そして、1945年、どうなりましたか?世界の歴史が変わります。


1945年 ドイツナチ党が敗戦。
日本に原子爆弾が落ちることによって第2次世界大戦が終結する。
 そして、原子爆弾時代が開かれる


第2次世界大戦が終わると同時に、原子爆弾時代の始まりです。


1945年 アメリカ合衆国、軍事最強国となる。
アメリカドルが国際世界の標準貨幣と指定される。
アメリカが世界一の富裕国として位置づけられる
韓国、日帝統治下から独立


45年にアメリカが強大国になります。アメリカのドルも国際的に最も高く位置づけられます。世界がアメリカ中心に回っています。韓国歴史でも45年、シュミッタの年に独立します。


1973年 アメリカ最高裁、堕胎合法化宣言


生きている赤子を殺すことを合法化します。


1973年 アメリカの経済パワーを誇示するためのアメリカ(双子)世界貿易センター建 設完工、また、アメリカが参加した戦争で初めて、ベトナム戦争で負ける。
ニクソン大統領がアメリカの金塊基準を廃止する。
アメリカドルの価値の低下は避けられなくなる


73年、赤子を殺す法を作ったその年に、アメリカは初めて戦争で負けます。2015年の現在までにアメリカは4000万の赤子を殺しました。それは、バビロン王国でも、バアル神、モラク神、バアラムイシュタール、これらの神が赤子を殺したと聖書にでています。アメリカは4000万の赤子を殺したのです。聖書に出てくる審判を受けたどの国よりも、より多くの赤子を殺しました。アメリカもとてつもない罪深い国となってしまいました。そして、その同じ年に、今までずっと勝ってきた戦争で、神様から離れたため、初めて負けるのです。
 
1980年 アメリカ最高裁はアメリカの公立学校で十戒をポストすることを不法とする。
アメリカの公立学校から“神”は完全に消える 


「あ~、私たちは全ての人々を気分よくしなければ、神を中心とした国とするわけにはいかない」と、80年からこのようになりました。


1980年 アメリカ債権市場、大崩落


そして、その7年後のシュミッタの年に 


1987年10月19日 ニューヨーク証券市場大崩落“暗黒の月曜日”と呼ばれる、アメリカ証券街歴史上最も大きな証券崩落と記録される。


 国の富裕と祝福は神様から来るのです。神様を離れる瞬間から滅びが始まります。強大国であるアメリカをみてもそうです。皆、堕胎の合法化や十戒のポスティングの不法、それらと経済は関係ないと考えます。人々は経済的な祝福を神様が下さるということを忘れてしまうのです。特に、自分が金持ちになると。神様を無視し、自分が全て成したと考えるため、十戒を無くしても関係ない、堕胎も女性の権利だと言い、正当化するのです。4000万の赤子の命を消したその歴史の後でです。4000万の赤子の中で、世界を変えることのできる逸材がいたかもしれないのです。その後、経済的に一段ずつ後段していきます。シュミッタのその意味は“揺らす”という意味です。そして、もう一つ、“脱落”という意味もあります。2001年、その年もシュミッタの年です。どうなりましたか?


2001年 アメリカの経済パワーの象徴であった世界貿易センタービルディングが破壊される。一週間後、アメリカのウォールストリート街はユダヤ教安息年史上、最も下降価の証券相場を記録する 


ウォールストリート、世界経済の中心が崩れます。


2008年 アメリカのウォールストリートはずっと下落傾向の苦戦を強いられている。今やアメリカは世界で最も国債が多い国となった


1917年から2008年までを見れば、100年の内に世界で最も強大な国が、世界で最も借金の多い国となりました。神様から離れ続けた結果です。
 
2015年 アメリカ最高裁が同性愛者の結婚を合法化する
今年10月、中国のユアン貨が世界国際通貨機構(IMF)によって世界基軸通貨の中の一つとして浮上することが予測される 


もしも、中国のユアン貨が世界基軸通貨の中の一つとなるならば、アメリカのドルの価値は下がります。そして、暴君中国が世界の強大国になります。また、倫理的にも2015年、今年、どうなりましたか?アメリカ最高裁が同性愛者の結婚を合法化する! お父様がアメリカに対して何と仰いましたか?このような日が来れば、滅びるだろうと仰いました。全ての祝福は神様から来るということを忘れ、傲慢に陥り、、、愚か者たち、、、ローマと同じことをしているのです!
ローマもその時代でトップのテクノロジーを誇っていました。現代化の中で格好のいいトレンドも持っていました。しかし、滅亡、、、。ギリシアも同じです、滅亡、、、。バビロン王国、滅亡、中国唐時代、滅亡。全て滅んでいったのです。人間はほんとうに愚かです。神様を無視し、自分の富と祝福は自分が成したものだと思うのです。アメリカも今やそのようです。

しかし、おかしなことです、、。アメリカ最高裁が同性愛者の結婚を合法化したことに対して、異端と化した韓お母さんの教会から、これは間違っている、正しくないという声明が、一つも出てきません!神様から完全に離れました。「そんなことをいったら、皆が私たちを叩くだろう、私たちは現代化したのだから」と、人気を追い求め、、、これは偽りです。人気とトレンドに従うために、原理の最も中心部分を隠しています。お父様を神聖冒涜することを大丈夫だと正当化する、異端爆破者の教会となってしまったからです。サタンの道をすでに歩いているからです。

キリスト教会の全てが、同性愛者の結婚の合法化は問題だといっているにもかかわらず、なぜ、天宙天地真のお母様の教会が沈黙を貫いているのですか?
今まで家庭連合が常に問題視してきた一般のキリスト教会が、神の側に立ち、問題を指摘しているというのにです!!偽りの家庭連合が完全に異邦神と化してしまいました。
人気あるものを吸収しようとしています。良し悪しの基準が無くなってしまいました。なぜか?
お母様自体が堕落したからです。
また、そこにいる全ての愚か者たちがそれを正当化するために忙しいのです。それを見て、賛美するのです。トレンドと迫害を恐れて、、、。
非を非といえず、是を非とし、非を是とするのです。お父様から離れたからです。私の言うことが合っていますか?間違っていますか?皆さんの目の前で起こっていることです。お父様から離れたら、サタンへと行くのです。

 ビジネスインサイダーという、アメリカで最も権威のあるビジネス雑誌の中の一つです。それによると、「アメリカの債権市場は現在史上最悪の事態に備えて現金を蓄積中である。」 また、前アメリカ中央情報部によると、「アメリカ合衆国の全電気施設設備は敵の攻撃時、無防備状態である」。また、CBSワシントンという韓国のKBSのような放送局で、下院国際委員会会長が「アメリカは現在、国家歴史上、最悪の危機数値に置かれている」 と言っています。なぜ、この内容全てが、聖書に出てくる安息年、シュミータ、神様から離れたら審判を受ける、その年に現れるのでしょうか。安息年に、アメリカの国民が傲慢に陥り、悔い改めず、神様に帰ることをしないで、より神様から離れていったからです。バビロンやギリシア文化、ローマと同じように。皆、シュミータ、安息年にです。
 また、安息年には、次のことも起こります。

2014年ー2015年、4つの月(テトラド)
*血色の月 : 2014年4月15日 ー 過ぎ越しの祭り
*血色の月 : 2014年10月8日 ー 仮庵の祭
*日食    : 2015年3月20日 ー モーセの聖幕献堂式
*血色の月 : 2015年4月4日 ー  過ぎ越しの祭り
*血色の月 : 2015年9月28日 - 仮庵の祭

シュミータ、安息年のこの年の、神様が下さった過ぎ越しの祭り、仮庵の祭、モーセの聖幕献堂式、過ぎ越しの祭り、仮庵の祭のまさにその日に、嘘のように血色の月(Blood Moon)が現れました。聖書にこのような予言があります。末世に月が血になり、日食、太陽が黒くなるであろう。末世、審判の前に。なぜこれが全て、安息年、シュミータ、お父様の聖和3周年の年に、私がお母様に言ったその通りに起こっているのでしょうか。

MERSによって清平が閉鎖されたようにです。皆さんはお父様を畏れないのです。お父様は神様の体、メシア、神様であることを皆さんは無視しています。これがいたずらだと思いますか?始まりに過ぎません。

一体誰が数ヶ月の内に世界の教会に審判が来ると言っていましたか?皆さんは私をあざ笑っていました。
3年前に、このままだと世界に審判が来るといったのは、幹部の詐欺師たちでしたか?カインとアベルでした。お父様が選ばれたカインとアベル。お父様が選ばれた真のご父母様の代身者相続者、私たちだけがお母様に警告をしました。

一銭も盗むことなく、一銭たりとも自分の財産として持っていくことはしませんでした。全てを捨て、皆さんの罵倒と非難を全て受けながら、、。お父様が愚かだと思いますか?死んだと思いますか?幹部の詐欺師たちのようにです。冒頭の聖句にありましたね。『賢い者は災いを見て自ら避け、思慮のない者は進んでいって、罰を受ける。』 これからは皆さんの責任です。私は私のするべきことをしました。十分な警告をしました。頂上から末端の皆さんまでです。


 シュミータの年を見てみると、シュミータは9月から9月までです。今年は2014年の9月から2015年、9月までの一年です。これはローマの暦ではなく、ギリシアの陰暦の暦を使います。なので、9月から9月までです。シュミータ、安息年の初期をみれば、常に安息年後期に起こる内容の縮小版を見ることができます。例を上げれば、シュミータ、安息年の初期に、もしも経済が少し揺れたなら、シュミータ最後の期間には、爆発的に落ちます。では、みてみましょう。2014年、9月、どうだったのか。

 2014年、9月25日 : 安息年の初めの日
 -証券市場の不況
 -アメリカ、第1のエボラ感染者発生
 -マグニチュード6.2の地震がアラスカ州を強打

初期には常に小さな規模で起こり、末期には強度を増して起こります。そして、それはアメリカだけではありません。なぜならば、お母様は世界次元の女性であったからです。その女性がお父様を裏切ったからです。この背信は世界に影響を及ぼします!個人の失敗ではないのです!私たちは3年前に警告したのです!

 2014年、安息年の初期
 -2014年、安息年第1週、アメリカがロシアに核武器最大保有国の位置を奪われる
 -アメリカ合衆国が中国合衆国に世界経済大国の第1人者の位置を奪われる
 -アメリカ最高裁、同性愛者の結婚を合法化することを案件として定める

アメリカは今や強大国ではありません。どのような国が上がってきていますか?中国とロシア。中国とロシアは神様を中心とした国ですか?いいえ、暴君、権力中心、権力ある人が神となる、そのような愚かな国です。共産主義のサタン世界です。それらが今や世界をつかんでいます。
その中で韓国はどうしていますか?「ああ、今やアメリカは滅びそうだから、中国に乗り換えよう」 まるで売春婦のようです。権力に従って、「アメリカはダメそうだ、中国はお金がたくさんありそう、じゃあ、そっちについて行こう。」 韓国政府もだんだんと共産化しています。皆さんのほうがその状況を知っているでしょう。説明する必要ありませんね。神様から離れていっています。これらは皆、初期に起こったことです。
その後どうなりましたか?初期には案件として定められた同性愛者の結婚が、末期になった現在、合法化されました。神様から完全に離れました。創造原理を完全に否定することです。同性愛の合法化、男同士、女同士、皆、拍手をしなければなりません、、、。それに合意しなければ、差別する者、偏見を持つ者だと言います。
しかし、おかしいです。全てのキリスト教会が、町にある小さな教会ですら、これは間違っていると、国が審判を受けると指摘をしているにもかかわらず、メシアに従っていた家庭連合がなぜ沈黙で一貫しているのですか?町の路地にある10名の信徒しかいない小さな教会ですら、間違っていると声を出しているというのにです。
堕落論にでてくる、中心的な内容ではないですか!?お父様を売ったからです。全ての基準を売ったからです。お父様を削除したので、全てを正当化するのです。キリスト教は今や霊的に遥かに高い位置にいます。一般シックたちは今やキリスト教会に通うほうが遥かに高い基準を保つことができるのです。異邦神、家庭連合の偽りたちに従うよりは、、。原理をゴミ箱にすてた偽者たちです。
町の路地にあるキリスト教会がよりお父様に忠実です。主、キリストを中心とし、神様の基準を守っているのです。それを知らず神の基準を失った愚か者がそのようなキリスト教徒を馬鹿にしています。一体誰が異邦神に仕えましたか?一体誰が権力に仕え、メシアを削除したのかというのです。

 ヨハネの黙示録ではどういっていますか?2章です。『12:ペルガモにある教会の御使に、こう書きおくりなさい。「鋭いもろ刃のつるぎを持っているかたが、次のように言われる。13:わたしはあなたの住んでいる所を知っている。そこにはサタンの座がある。』 これは、イエス様が天からペルガモ教会を見られ叱責されているところですが、何と仰いましたか?そこにはサタンの座があると言いました。ペルガモの都市にサタンの座があると言われました。その当時、ペルガモの都市にはどんな権力の座があったのか知っていますか?19世紀に考古学者がペルガモの都市があったところを調査していました。その結果、ある内容を発見しました。その後、そこで部分的に発見した全てを集めて、ヨーロッパに送りました。その内容を全て総合した結果、これが出てきました。(写真)

今はヨーロッパにあります。この祭壇が。これが何かというとと、ギリシア神話に出てくるゼウスの神殿です。イエス様が来られる200年前に、エンティオクスというセルシード、ギリシア王国の王がエルサレムに攻め入り、神様の聖殿に入り、そこにゼウス神を奉りました。

聖書をみると、ゼウス神であれ、バアル神であれ、モラク神であれ、これらの神は全て顔が仮面で覆われています。誰の仮面ですか?サタンの仮面です。なぜならこれら全ての神はどうしましたか?第一に、「堕胎しろ、赤子を殺し、私に捧げろ」。第2に、「同性愛を許す、私が新しい律法を作るので、お前たちは性を思いのままに楽しむことができる」。ゼウス神話をみてください。思いのままに性的快楽を楽しむ内容が出てきます。何人もの女性、また動物と一緒に、、、。神様の律法から完全に離れた内容です。そして、これが主流となり、全ての市民たちがその神に侍り、性的な堕落に陥りました。その後、国は滅びました。


この権力の座、神殿がペルガモから出てきました。聖書ではこれをサタンの座だと言ったわけです。この座はヨーロッパにあるといいましたが、どの国にあると思いますか?ドイツにあります。ドイツのベルリンにあります。これは、ヌーレンベルグ博物館のウェブサイトです。そこにどう出ているでしょうか?読んでみましょう。

「ツェッペリン草原に1934年から37年まで建てられたツェッペリン野外広場とツェッペリン広場はエルバート・スピア氏の計画の下、設計された建物である。古代ペルガモ祭壇をモデルとして建てられたこの建物は、その長さだけでも300メートルにもなる。10万名が一度に雲集することのできる規模である。」 エルバート・スピア設計士、彼はヒトラーの設計士です。その人がある日博物館を歩いていました。ヒトラーのために大きな舞台を作らなくてはならなかったのです。ある博物館にあるこのサタンの座をみながら、ああ、ここから権力の気が出ていると、これをモデルにして、ヒトラーの権力の座を作ろうと考えたわけです。そして、その座の上でヒトラーは世界大戦を始めたのです。また、その座上で、ヒトラーはユダヤ民族、神様の選民を殺そうと宣言し、共産主義を取り入れようとしました。サタンはヒトラーという人物を使い、自分の権力の座をもう一度手に入れたのです。そして、その人物を使い神の選民を攻撃し始めました。

 キリスト教の根があるアメリカ。ダンベリーを除外すると、宗教自由の信条の下、メシアの命を保護することのできた自由の国でした。ですが、今やアメリカは完全に神様から離れてしまいました。十戒を不法化し、堕胎を合法化、また同性愛を合法化しました。だれが、アメリカをここまでの国にしたのでしょうか?非常にカリスマのある操り人形、どんな操り人形を使って、このような滅びの決定をさせたのでしょうか。
オバマ大統領、皆さん知っていますね?カリスマがあり、高級品を身につけ、スリムで、格好のいい、、、。神様から離れるように導いた大統領です。2008年、オバマは大統領になろういうとき、その年に壇上を造りました。
2008年はシュミータの年であり、アメリカの経済基盤が崩れているときでした。その年に、オバマは大統領に当選しました。そのとき、どのような壇上で全世界に声明を発表したでしょうか。そのときの様子を、ニューヨークポストには、“O”MY GODと、この“O”はObamaのOです。また、その下には、民主党がオバマにために神殿を建てたとあります。新聞にまで出ました。見てみましょう。
オバマが世界の注目を集めたその壇上です。(写真)


これは、どの神殿をモデルとしたものでしょうか?見えますか?
聖書に出てくる、サタンの座、ペルガモ神殿をモデルとした壇上から、世界強大国の操り人形大統領が出て、世界の注目を集め、数年後には同性愛の合法化にまでこの国を導き、これからは暴君時代、世界の暴君たちが世界を支配しようとする、そのような時代となりました。サタンの座であるペルガモ神殿をモデルとした、その壇上でそれらを成したのです。

ヒトラーのときに、その壇上で神の選民であるユダヤ民族を迫害する歴史を始めたように、今や同性愛が合法化されたので、これからはキリスト教徒たちを迫害し始めます。すべての教会が閉鎖されるかもしれません。それを恐れるがために、真理を追い求めない偽りの家庭連合のような教会が沈黙を保っています。人気、トレンドに従おう、静かにしていよう、、と。そして、その後それらはどこに行きますか?合法化されたので、同性愛者の結婚を祝福しなければならない教会だというようになるのです。主を捨てたら、全てを失うようになるのです。初めて同性愛を認めた大統領と賛美されています。この人は、ヒトラーのように、サタンの座をモデルとしたその壇上で、神様から離れる法を作り、これからは神様の選民、特にキリスト教徒たちを迫害し始めるでしょう。キリスト教徒が家庭連合よりも遥かに高い位置にいることを今や誰もが見ることができます。そして、これからは彼らが私たちの兄弟姉妹です。その迫害をうける民族をこれからは私たちが守らなければなりません。共に迫害を受けながら、、、。ドイツでユダヤ人が死んでいくとき、キリスト教徒たちが立ち上がり、これではいけないと叫んだように。

成約時代のキリスト教徒たちが、新約時代のキリスト教徒たちを兄弟として守ってあげなければなりません。共に戦わなければなりません。このような時代に、神様の結婚、男女の結婚を守っているこの時に、世界の罵倒と非難を受けるこのときに、家庭連合はなぜ黙っているのですか。皆さん、見えませんか?見えてきませんか!?そんなに目が遠いのですか!?誰がお父様から離れたのか、とても簡単なのです。人気と名声と権力を追求する偽りです。皆さんが、それらについていくのならば、皆さんも地獄に行くのです。私は十分に警告をしました。

 イザヤ書5章では、何と言っているでしょう。『20:わざわいなるかな、彼らは悪を呼んで善と言い、善を呼んで悪と言い、暗きを光とし、光を暗しとし、苦きを甘しとし、甘きを苦しとする。』 今はこのような時代です。
韓国にも同性愛者の結婚などすぐに来ます。韓国の大学生の80%が同性愛者の結婚を支持しています。韓国も完全に滅びの道を行っています。誰もそれを正そうとしません。キリスト教徒たちがそれをしています。悪を善を言い、神様のアダムとエバのモデル、男と女、主体と対象、、。悪、男同士、女同士、動物と人間、これが良いことだと言い、、、。暗きを光とし、光を暗しとし、、、。今は末世です。末世にはどうなりますか?悪を善と言い、善を悪と言います。
真のご父母様の後継者代身者はお父様から離れてはいけない、お父様の伝統を守らなくてはならない、お父様が見せたくれた内容で社会を変えなくてはならないと言っているのですが、皆、私を悪だと見ています。そして、お母様はお父様を削除し続けているにもかかわらず、それを善だと言うのです。それは内的なものであり、外的な世界でも全く同じ内容が現れています。神様の祝福までも滅ぼそうとしています。お母様はそのような堕落をされました。お母様はその祝福までも変え、サタンに売ったのです。お父様が下さった祝福から離れたのです!そして、それが今や世界に現れているではないですか。3年前に警告したその通りにです。暗きを光とし、光を暗しとし、、、。末世には暗きものはより暗くなり、光はより光を増すようになります。中間、隠れることのできる灰色の部分は無くなり、白か黒、どちらかになるのです。偽のキリスト教徒、偽の統一教員たちは全て明らかになります。正午定着時代、影の無い時代です。あなたが何を信じるのか、全て明らかになります。お父様に従い本物を信じるのか、それとも愚かな権力に従い組織を信じるのか、全て明らかになるのです。隠れることのできるグレイゾーンは無くなり、白か、黒か、お父様を守る者、お父様を神聖冒涜する者、白黒に分かれます。これ以上隠れることはできません。皆さん、お父様を愛していると言うことはできません。今や見えます、見えるのです。これからは偽者でいることはできません。それが末世です。このビデオ、アメリカのシックたちと見ましたが、一緒に見てみましょう。

 (ビデオ)(ヨナ様の通訳)「政府が同性愛を奨励するのは正しいことなのか?
結婚とは一人の男性と一人の女性がするものだと決まっているのでしょうか?
なぜ、政府は一男性とー女性の結婚を公的に奨励するのでしょうか?

それは単に二人の男女が愛しあっているという理由だけではありません。それは、私たち社会の連続性と安定性を保証するためなのです。」 愛のためではありません!男女の結婚は愛のためだけではないのです。(ビデオ)

「一双の男女の結婚をこのような観点で理解するには、社会科学的な観点でみる必要があります。ですが、多少狭く感じるこの結婚の定義には、皆が納得できる理由があるのでしょうか?それとも、時が満ち、政府から同性愛者の結婚という修正拡大された定義を受け入れるのが正しいことなのでしょうか?
市民たちの行動パターンを前提に、政府がすることができる対策方法は3つに限られます。政府は市民の行動パターンを奨励することができ、許可することができ、禁止することができます。例を上げれば、政府は市民に警察職を奨励することができ、多数の職業を許可することができ、麻薬の取引を法で禁止することができます。なぜなら、麻薬の取引は社会に害を与えるためです。それに比べて、警察職は私たちの社会に得となるのです。
それと同じく、政府は普通結婚(ナチュラルメリッジ)を奨励し、多くの関係形態を黙認許可する反面、近親相姦と小児性倒錯愛を法で禁止しています。なぜなら、近親相姦と小児性倒錯愛は社会に害を与えるためです。その反面、普通結婚は私たちの社会に得となるのです。
その理由はこうです。
第1に、普通結婚は子供を産むことができます。また、出産の奨励を通して社会の高齢化を防ぎ、社会全体に安定と連続性を保障してくれます。
第2に、子供を育てるのに最も安定した環境です。普通結婚の家庭で育った子供たちの自殺率は、そうでない子供たちに比べ、6倍低く、婚外子を産む確率も半分に減ります。高校の卒業率も遥かに高いです。
第3に、女性を保護してくれます。普通結婚は、献身的な男女関係、結婚を通して、女性が妊娠によって自分の職を放棄、または延期することになっても、経済に及ぶ被害を防ぎます。
第4に、関係において献身的な男性を育てます。普通結婚をした男性は職に就くことを願い、犯罪に手を染める確率も少なく、刑務所に行く確率も低いです。結婚した男性が、暴力団に属する確率も少ないです。
第5に、総合的に見れば、普通結婚は、市民の税金が使われる犯罪や福祉を減らすことに寄与します。普通結婚の家庭で育った子供たちが貧困を経験する率は、そうでない子供たちに比べて、7倍も低いです。犯罪率は半分も減り、学業成就率はそうでない子供たちに比べ、著しく高いです。成人になった後も、肉身的に、心理的に健康である確率が遥かに高いです。普通結婚は社会に連続性と安定性を提供します。社会構成員全てに利益となります。結婚していない人にまで、利益をもたらします。

では、同性愛結婚を見てみましょう。社会にどのような利益をもたらすでしょうか。同性愛結婚は、社会全体で見たときに、何の利益ももたらしません。事実、全体に害を与えます。結婚の定義を同性愛結婚の基盤に変えるということは、結婚構造の基盤、それ自体を揺るがすことになります。普通結婚は次世代を良い市民として育てることを主なる目的としています。ですが、同性愛結婚は市民たちにセックスパートナー関係を奨励する形となってしまいます。私たちは統計学的に、普通結婚が子供たちに最も良い家庭環境を提供するという事実を知っています。私たちがこの結婚構造基盤を揺るがすと、最も大きな被害を受けるのは未来の子供たちでしょう。全ての子供たちが、お父さんお母さんを持つことができることが、正しいことではないでしょうか?では、子供を産まない普通結婚をどう考えればいいのでしょうか?その結婚は例外となります。子供を産むことのできる結婚は、男女、普通結婚しかありません。

同性愛結婚が奨励されるのを見ると、公立学校で同性愛教育を必須科目として採択し、父母と学校の同性愛教材の間で衝突が起き、ある生徒の父は学校の新しい同性愛の教材との葛藤で、裁判にまでなりました。ある人は幼稚園で新同性愛教材の朗読を拒否することで、即逮捕されました。市民の事業と税金は同性愛の関係及び結婚を支持するのに使われます。
また、政府はあなたの信仰をも脅かすかもしれません。
“法廷公判、事業主は事業で自らの信仰の色を出すことを法で禁ずる。” 
“某キリスト教写真家が同性愛結婚の写真をとるのを拒否したという理由で訴えられる。” 
言論の自由は消えたようです。
“某スポーツアナウンサーは、自分のツイッターで普通結婚を支持するという文を書いたという理由で首になる。”
“某ビジネスコンサルタントは、同性愛結婚反対の本を書いたという理由で首になる。”
“宗教の自由もまた政府の規制の下におかれる。”
“某学生が同性愛結婚反対の意見をだしたところ、退学処分となった。”
“同性愛結婚の下、某カトリック慈善団体は養子サービスを強制中断される。”」

 皆さん、これが現代化です。これらは韓国へもすぐに手を伸ばすでしょう。続き、、。(ビデオ)
「政府は、同性愛結婚を奨励しなければならない、説得力ある理由をただの一つも持っていません。0%です。それに比べ、私たち社会は普通結婚を奨励しなければならない理由を全てもっています。
ですが、平等という観点ではどうでしょう?法はすでに社会構成員皆を平等に扱っています。全市民は自分が願う異性と結婚することができます。
ですが、それが平等だということができますか?はい、法は全市民の前に平等です。
ですが、全市民の行動を平等に扱いません。

同性愛結婚と普通結婚は異なる結論をもたらす異なる行動です。なので、法はこの2つに対して異なった扱いをする正当性があります。

ですが、これは同性愛結婚に対する差別ではないですか?いいえ、これは行動に差別を与えるのであって、その人自身を差別するのではありません。

例を上げれば、あなたが警察になろうとする考えが全くないのに、政府が警察職を公益のために奨励しているとしましょう。この場合、あなたは政府から差別を受けていますか?いいえ。ですが、政府の警察職の奨励によって私たちは皆、利益を得ています。

同じ脈絡で、政府が普通結婚を支持奨励しているからといって、同性愛者たちが差別を受けているわけではないのです。事実、普通結婚が支持奨励されるとき、社会全体はその恵沢を受けます。
ですが、同性愛に対する寛容問題はどうでしょう?はい、同意します。同性愛結婚支持者たちはもう少し寛容になる必要があります。オバマ政府の関係者、“社会は同性愛者たちにとって、否定的影響を与える私的な見解を持っていはいけない。”
 私たち社会は同性愛結婚に対してすでに寛容です。同性愛者たちは政府の同性愛結婚の合法化なしでも、死が互いを分かつまで献身的な関係を築くことができます。
ですが、政府は一人の男性と一人の女性の結婚だけを支持し、奨励しなければなりません。なぜならば、その結合だけが文明社会の根幹となるためです。これは偏見ではありません。これは社会科学です。」

 アージュ。
これを全て翻訳するのに妻が苦労しましたね(笑)?
このような時代に私たちは住んでいます。このような時代に、誰がお父様をきっちりつかんで生きているのか、そして、誰がトレンドに従って生きているのか、明確に現れます。死んだ後、お父様に何というつもりですか?天聖経157ページ、一緒に読みましょう。


 救世主は堕落によってもたらされた神様の恨みを解くために生涯を捧げ犠牲の道を開拓して来られた方です。栄光としてだけおられる方ではありません。常に神様の心情と共に慟哭し、サタンを屈服させるために気が気でならない方です。
 
 再臨主はサタンを屈服させる方です。
お父様はサタンを屈服させたので、これからはサタンは神様の子女たちの前に敬拝しなければなりません。それを成すためには、私たちがサタンとなってはいけません!
私たちはサタンに勝たなければなりません。
この説教を聞き、ここに座っているみなさんは知っているはずです。
お父様がどなたかを知り、逆さ十字架に掛けられ死んだとしても、私たちはお父様が下さった真理を守らなければならず、お父様を追及しなければなりません。
そうする者だけが、お父様と共に生き、お父様に全ての栄光を返すことのできる孝子孝女、キリストの花嫁、神様の息子娘となることができるということを明確に知って、全ての栄光をお父様に返しながら、三代王権の勝利を通して、皆さん、お父様に大きな激励の拍手を送ります。
アージュ。
社会のトレンドにしたがって行く、売春婦とならないでください。お父様を守る者とならなければなりません。


励ましのクリックを頂ければ聖霊感謝です。

聖酒送ります。戻る祝福を受け幸せをつかんで下さい。お問合せホーム 
fanclubcomm@gmail.com  tel 電話050-7124-8027 www.sanctuaryjp.org