2021年4月15日木曜日

三代王権復帰摂理 ◆S講師


この映像、講義はブログ現在 過去 未来の愚直さんことS講師による講義です。

是非ご覧下さい。

以下に、ご本人に、この講義についてのコメントを頂きましたので合わせて一読頂ければと思います。

三代王権復帰摂理

 S講師


講義の挨拶:

真のお父様は、イエスの十字架の道を生きて乗り超えることにより、

有史以来だれ一人として歩んだことのない蒼茫たる世界をさまよい歩きつつ、

全ての人類が従うべき道をただ一人孤独に開拓してこられました。


その路程は誰も歩んだことのない、

未開の道として私たちは認識してきました。

しかし韓氏オモニムの裏切りにより、

真のお父様はイエスと同じ十字架につくこととなり、

無念のうちに聖和されることとなってしまうことで、

真のお父様の路程はまさしく、イエスの生涯そのものとなり、

イエスの路程をその如くに踏襲する結果となってしまいました。


全ての洗礼ヨハネ使命者が摂理に失敗し、

神が2000年の歳月をかけて用意した選民と中心宗教が失敗したものを、

真のお父様自身が祭物となって蕩減復帰し、

サタンとの戦いに勝利した結果、

真のお父様は私たちに人類史上初の祝福を与えてくださり、

地上に再び神様をお迎えすることができました。


しかし摂理の最終版、韓氏オモニムと、真の家庭、

信じていた最側近の人たちの裏切りにより、

真のお父様はイエス様と同じように無念のうちに十字架についてしまいました。

しかしイエスが3日の後に霊的に復活し、

新しい聖徒を集め、キリスト教を出発したように、

真の後継者、文亨進様と文國進様のアベルカインの一体化と、真の家庭の復帰により、

新たな民、聖殿聖徒を招集することで、

ここに新たな歴史が始まったのです。


ここではイエスの路程と真のお父様の路程を比較し

その相似性を確認することにより、

確かに真のお父様の歩まれた路程はイエス路程そのものであったことを確認していきます。

同時にアブラハムが摂理に失敗した時、

アブラハムの使命がイサク、ヤコブへと受け継がれ、

三代でヤコブが人類史上初めてサタンに勝利したように、

真のお父様の使命も二代王、三代王へと受け継がれ、

三代をもって完成するためには、

我々は何を信じ、何を勝利しなければいけないのかについて考察していきます。


摂理は繰り返され、歴史も繰り返されます。

同じ失敗を二度と繰り返さないために、

我々は歴史を学ぶ必要があり、

歴史から教訓を得なければいけません

この『三大王権復帰摂理』が、

私たちの信仰に少しでも役立つことを願ってやみません。


2021年4月14 

0 件のコメント:

コメントを投稿