2017年12月28日木曜日

亨進様から家庭連合の皆さんへのメッセージ■キングスリポート12月26日(火)The King's Report 12/26/2017


亨進様から家庭連合の皆さんへのメッセージ

-該当箇所を家庭連合の知り合いにお渡し下さい。-


今日もキングのレポートにいらっしゃったことを歓迎します。
天一宮の今日の天気は、零下の温度を一日中維持します。
来週は天気がもっと寒くなると予想されます。
昨日の夜には小さなコミュニティクリスマスパーティーをしました。
もちろん、昨日はクリスマスではないことは知っていますが、いつでも私たちは、主のクリスマスを祝わなければなりません。


米国の国連補助金削減
米国で負担する国連補助金のうち、3千億程度を削減すると発表しました。
ヘイリー米国国連大使官は、今まで国連が長い間、あまりにも非効率的で肥大に運営されてきたと指摘しながら、運営費の削減を言いました。
米国は国連運営費の22%を負担しています。
そして、その運営費は、3.3ビリオンになるお金を国連に出していました。

米国は事実、国連にニューヨーク都市の中で土地を譲り、様々な便宜を国連に与えています。
しかし、国連は米国に反対する意見ばかり出して、米国が悪くて利己的な国であると、貶めることに余念がありませんでした。
米国22%、日本9.9%、ドイツ4%、100余個の国は0.01%の国連の運営費を出します。
これは実に不均衡を成している、国連運営費の負担金です。
もし友達の集りがあって、私だけが22%の集りの負担金を払わなければならないのに、全ての友達がみんな私を見て‘あなたはあまりにも利己的だ’と言うなら、これは話にならない集りです。
こんなに多い負担金の不均衡にもかかわらず、米国は、他の国々から多くの糾弾を受けてきました。
また、オバマ大統領は国連に何の声も出せず、どうすれば国連にさらに多く与えることができるかと、国連愛に首ったけで、本当に話にならない状況でした。
こうして米国が与えるべきものは全部与えたのに、全く待遇を受けないのなら、このように国連運営費の削減を言うのは当然のことだと思います。
家庭連合の皆さんに

昨日クイーンが私に‘3年前までもエボラとか9/11事態とか、こんな話を2代王様がお話すると、すべて嘘だと、陰謀論者、陰謀論者と言いながら、すべて嘘なのに、あんなものを亨進様は信じていると悪口を言ったのではないですか?たぶん、鉄の杖の摂理もそうでしょう。’ と私に話しました。
今は人々に不快な話ですが、3年経てば人々は、なぜ2代王様が鉄の杖についてお話されていたのかを、よく理解するはずです。
善良な市民の手に鉄の杖が握られることが、どれだけ重要なのかを、人々が分るようになるでしょう。
ヨーロッパも我々が来た翌月に、ヨーロッパ スイスで市民の銃器所有を祝う学術会をしたので、ヨーロッパでも市民の銃器所有を主唱する国々があちこちからたくさん出るはずです。
私のマイクロがミクロに影響を及ぼすようにです。
どれほど多くの人々がトランプを無視して、彼はそんなに長くない狂った道化師だと罵って、からかいましたか?
しかし彼は今、無念で貧しい人々を助け、引き上げています。
今回、トランプ大統領の国連運営費の削減の決定は、本当に良い卓越した選択です。
私たちが鉄の杖の牧会を始めることで、全世界に自国の主権がさらに広がって行くでしょう。
皆さん、これからヨーロッパとアジア、南米まで、市民たちが鉄の杖を所有する運動が起きて、主権を再び取り戻す運動が起こることでしょう。
郭グループや韓氏オモニのグループには、全く真実がありません。
最初から偽りで始まりました。
今や人々は、韓氏オモニの面前で、天正宮は真のお父様が信俊様に譲り渡したものだ、と話しています。
もちろん、韓氏オモニの頭に、その言葉が入りはしないでしょう。

今やほとんどの家庭連合の食口は、韓氏オモニを私がなぜ分立をするしかなかったかを理解します。
そして、静かに聖殿の食口になっています。
韓氏オモニが真のお父様のみ言と真のお父様の愛を選択せず、お金と組織を選択したことが赤裸々に暴かれたままを、全ての家庭連合の食口たちは目撃しました。
ところで、我々聖殿はどうですか?
私達の真のお父様の伝統を守り続け、食口たちとの懇談会、食口たちの財政報告など、継続して透明な体制で運営するようにしています。
最近メル・ギブソンは、英国のあるメディアとのインタビューで、ハリウッドは子供たちを殺して、その子供の血を飲むということを話しました。
この衝撃的な暴露は、児童性犯罪がハリウッドエリートの間で行われていると言いながら、ハリウッドの全てのスタジオは、無辜な子供たちの血で購入されたものだと言って、人々をさらに驚かせました。
ハリウッドのエリートたちはこのような事実を全部知っているし、もっと若くて、もっとひどい拷問で殺した子供の血を飲めば、さらに効能的だと信じていると言いました。
しかし私が見る時、人々が話していないのは、実はイギリスの皇室がこのような文化と、全て繋がっているということです。
メル・ギブソンは‘あなたたちが、私の話が信じ難いということをよく分かっています。しかし、私の話は事実です。彼らは子供を拷問し、恐怖に震えさせてから、子供たちを祭物として殺して食べます。ハリウッドのエリートたちはそうすることで、自分たちが何かとんでもない能力を受けると考えています'と言いました。
ほぼ30年間、ハリウッドの大スターとして生きてきたメル・ギブソンがこう言っても、人々は‘彼は気が狂った、彼は関心を引こうとあのようにしている'など非難をしながら彼の言葉を無視しますが、こうしたエリートたちの悪行についてのメル・ギブソンの発言は、氷山の一角に過ぎません。
このような悪行の暴露が重要な理由は、悪の皇室と邪悪な銀行家たちが皆、このような邪悪な儀式と児童性虐待と殺人で繋がっていて、自分たちの秘密を守ろうと互いに後ろを守ってあげるのです。  
彼は‘ほとんどの人たちは道徳という良心を持って生きますが、彼らはそうではありません。いや、彼らの良心はむしろ逆方向に作用するようです'と言いました。
ほとんどのハリウッド大スターたちも実は、このような文化と繋がっています。
私たちが彼らの政治観を見てもよく知ることができます。
彼らの政治観は、児童性暴力や虐待を後から支持し堕胎を支持するサタン政治主義を支持することで一色です。  
このようなサタン政治主義信奉者たちの神様への驕慢と傲慢は、傲慢が自分たちの目の前で崩壊しつつあるのです。
メル・ギブソンが完璧な人ではないということはよく知っています。
今まで沈黙をして抑圧された過去を捨てて、このように悪を暴露し、悪に対抗しなければなりません。
皆さん、メル・ギブソンがこうして暴露するのに、どうして米国のどのマスコミもこれを報道しないのですか? これだけ見ても、本当に衝撃的ではないですか!
この事実だけでも、米国のマスコミもこのような児童性虐待や暴力の協力者だということを見せてくれます。
メル・ギブソンは2006年に‘パッション'というキリストの十字架の道のりを映画化にしてから、ハリウッドから完全に除外されました。
メル・ギブソンは2010年に自分がハリウッドの児童性暴行の文化を暴露してから、自分の映画界での存在感だけでなく、自分の命と自分の家族の命までも脅かされ続けてきたと言いました。
しかし、自分はこの事実をもう一度言わざるを得ないと言いました。
ハリウッドでは生きている赤ん坊を‘最も価値のある貨幣'として物々交換をするとメル・ギブソンは言いながら、彼らは生きている赤ん坊をまるでダイヤモンドやキャビア等のように扱っていると言いました。

ハリウッドはアメリカ人たちの心をコントロールして、社会プログラムをする温床として使われているという事実を知らなければならないと、メル・ギブソンは暴露しました。
事実、このような陰気な超次元的な異端教の儀式は、秘密社会で何百年間行われてきました。
ハリウッドに集まった人たちは、有名税とお金を稼ぐために自分の魂を売る人たちなのです。
ますます悪の、悪の行動をしながらも、自分がますます悪のドロ沼に陥っても、それを自覚できないでいるのです。
天一国憲法が世の中に公布され、神様が描いたその理想世界が再び世に公布されることで、世の中の陰湿な悪はまともに立てる場所が無くなるのです。                                  
皆さん、皆さんが主と一緒にしなければ、皆さんは皇子皇女ではありません。
ただ、この放送を見るからと言って、自動的に皇子皇女になることではありません。
もし、この放送をご覧になる方の中で、真のお父様の権威圏に戻ってこないで、単にこの放送だけを見ながら自動的に、神様の王国の相続権を相続できると思っていたらいけません。
この相続権を受け継ぐためには、苦痛を甘受しなければなりません。
私たちは最善を尽くして真のお父様と反対方向に行くあなたを救おうとしたし、あなたは反対方向を選択しました。
今は状況をゆっくり見ながら、もう私が間違った選択をしたんだということを分るでしょう。
今でも真のお父様の権威圏に戻ることは遅くありません。
そして私は、皆さんが真のお父様の権威権に戻ってこなかったと言って、皆さんを嫌悪するのではありません。
しかし、一つ明らかなことは、あなたは最も大変な時期、真実を選択しなければならない時期に、真のお父様の愛を選択するより、組織を選択をしたという事実は変わりません。

いつでも真のお父様の前に戻って来ることはできます。
しかし、最も大変な時期に帰ってきた聖殿の食口たちのその資格とは異なるのです。
‘韓氏オモニが霊界に行かれたなら、(聖殿に)行かなければ'と言いながら、いくら多くの感情的な言い訳があったとしても、それは無駄です。
自分の罪状を告白しないで、真のお父様の前に戻ることはできないのです。
私の位置、私の立場、私の給料、私のコミュニティ、それらが真のお父様より、神様を愛し信じることよりもっと重要だったのです。
私が明確に信じることは、神の愛はその如何なる罪も払拭することができるという事実です。
しかし、真のお父様の前に来た時、謙遜して、自分が罪人であるという事実を告白してから来るべきなのです。
真のお父様の前に来て、私が昔はこういう位置にいた、というような話をするのは全く意味がありません。謙遜な位置に来なければならないのです。
私のこのような発言を聞きながら、本当に良心に引っ掛かり、このみ言が心に苦痛をもたらす方々がいるでしょう。
その方達に私は、あなたがやらなければならないことをあなたはもう知っている、と言いたいです。
神様を信じて、主の前に自分を完全に曝き出して、完全に服従をしなさい。
それがあなたがするべきことなのです。
権力、人々からの認定、お金、こんなものはハリウッドのエリートたちが追求するもののように通り過ぎるのです。
ただ神様だけが、解放と自由を我らに下さることができるのです。
神様に完全に追従し服従することができること、それだけが完全な自由を我々にもたらします。
そのほかのどんなものも、我々に自由と解放を持ってくることができません。
世俗的なすべてのものを投げ捨てて、縛られていた神様との関係を回復してください。
そして、皆さんより先に聖殿に来られた方たちに尊重を示してください。
もちろん、その方たちもみんな完璧な人たちではないです。私も知っています。
ある時は利己的で喧嘩もします。
しかし、最も難しい時期に、最も難しい決定をした方たちです。
皆さん、世の中にもメル・ギブソンのように、自分がこのような事実を暴露したら、絶対に二度とハリウッドで仕事できないということを知っていながらも、真実を暴露する人がいます。
しかながらです。世の中にはメル・ギブソンが真実を言うのを見ながら、この人を助けなければならない。ハリウッド(Hollywood)で働けなければ、ホーリーウッド(Holy wood)で働けばいい。私たちがホーリーウッド(敬虔な森)と働けばいい。私たちが一つになって働けばいいと言いながら、一緒にするのです。
真実なことを選択する人には、必ず共にする真実な人たちがいます。そして彼らが神様の王国を作っていくのです。
トランプ大統領はクリスマスイブを、全世界的に出て戦う数百人の軍人たちに感謝の意を伝えながら過ごしました。とても有難いことです。
最近の米国大統領の歩みでは見られない、素敵な当たり前な行動でした。
一般市民たちの(税金)削減と国連の無駄な費用を削減して…
トランプ大統領が望むことがまさに、国の綱紀を正すことなのです。
もちろんこうした民主主義は、大統領が変われば再び崩れます。
だから、天一国の憲法が地上に立てられなければならないというのです。
そうしてこそ、サタン政治主義が猛威を振うことができないのです。
この記事を読みながら、私は涙が出そうでした。
このようにまともな人が、米国の大統領になったという事実が、本当に感激的です。
トランプ大統領は初のクリスマスメッセージで、神様の祝福が皆様と共にされることを祈ります。私たちはこのメリークリスマスをイエス様と一緒にすることを願います。イザヤ書で言ったように、このキリストが来られたのはこの世の最も大きな祝福であり、主は平和の王子であり、我々のカウンセラーです。
この政府は、主のものです。
私はこのメッセージを聞いて、涙が出ました。
米国が再びキリスト・イエス様に戻っているという事実が、どんなに有難いことなのか。本当に驚くほど、感謝致します。
北朝鮮と中国
北朝鮮との戦争が目前に来たという、インフォウォーズのビデオです。
北朝鮮との関係は、今核戦争の一発一触の状況です。
国連は経済的な制裁を続けています。90%の貿易が制裁されています。
しかし、この経済制裁には、すべての石油供給源は制裁されていません。
米国の外相は最近、米国軍隊を訪問し、戦争に備えて万全の準備を尽しなさい言いました。
中国はまだ北朝鮮と続けて貿易をしています。
先月の11月二番目の週にも鉄、石炭を輸出しましたし、12月にも中国が北朝鮮に石油を輸出しています。
中国は税関を通して、北朝鮮に石油を輸出するのではありません。
中国と近い海上で、石油の空き缶を積んだ船が、石油を満載した中国船舶と会って、石油を北朝鮮の船に注ぎ込みます。
そうしながら関税では、中国が米国に、‘みろ、我々は北朝鮮に全く石油を与えていない'という戯言と嘘を言っています。
事実、中国が北朝鮮に石油をこのようにしてでも与えなければ、北朝鮮の爆発はほぼ決まったことです。
今、中国は北朝鮮をうまくなだめすかしているのです。
(ヘッドラインニュースです。)
* 多くの都市が、ホームレスたちに個人的な慈善事業、無料給食を禁じています。

* アイフォンXの購入について、市場ニーズが高くなくて、アイフォンの会社が動揺しているという記事

* 新しいイリノイ州の法では、ペットをまるで子供のように法で扱っています。
*今ご覧になる記事は、今回の税金減免で、多くの会社の雇用員たちがボーナスをもらうことになったことを書いたものです。AT&Tは200,000人のスタッフを増やすことになったし、ウェルズファーゴ銀行は最低賃金を1万5千ウォンに増やしました。
実は多くの会社は、トランプ大統領に反対しました。
このように大きい会社を先になだめて、‘トランプはそんなに悪くはないね'という同意を得る過程であると見ることができそうです。
世界の偽の王たちと対抗して、弛まぬ戦いをしているトランプ大統領のために祈ります。
(休憩時間)

仮想通貨、ビットコイン談義

今日のゲストはラヒーム・エル・スティブンスン氏です。
フィラデルフィア・ウェルズファーゴ銀行の副支店長を歴任し(12年くらいしましたね)、今はNRCという投資団体を作って、仕事をしながら都市の黒人社会を手伝い、様々な奉仕をしていらっしゃいます。
3人の子供と妻と暮らしています。
2代王様:今日の聖句はヘブル人への手紙2章です。
今日のヘブル書では、目覚めていなさいということを中心にみ言が出ました。
私は今日、ラヒ-ム氏に会って本当に嬉しいです。
特にクリスマスの翌日だからなのか、トランプ大統領が米国人たちにメリクリマスをもっと使おうと、誇りをもって使おうと督励するのも嬉しいです。
そのように私たちが目覚めているのは、本当に重要だと思います。
私たちが休憩時間に話したように、必ず目覚めていなければならない時間だと思います。

ラヒーム氏:2018年は、米国の減税や小中企業を所有することは、本当に市民たちに利益になる時期になるはずです。今行われる税金減免案には、事業を始めるのにも、とても良い環境が作られるでしょう。
2代王様:多くの若者たちは自分の自営業を始める時、誤ったことを重点に置くのが問題なのですが(ウェブサイトとかインテリアとか)、何を重点を置いて若者たちが事業を始めれば良いでしょうか?
ラヒーム氏:はい、私が思うには、若者たちは家を拠点にして事業を始めることが重要だと思います。そうすると、お金をたくさん節約することができます。
私は9年前、個人事業を始めた時、携帯電話一つで始めました。
そして助言者が重要です。どれだけ約束をよく守るのか、この人を私が育てる価値がある人なのか等、このような人性があるかないかを、助言者たちが見るので、正直な若者になるのが重要です。
私のある助言者は、このような話をしてくれました。
君が他の人が必要なものを充分に供給したら、君は君が必要なもの(お金)について、絶対に心配する必要がないだろうと言いました。
ですから、人々が助けたい人にならなければなりません。
実は、私はお金を稼ぎたいというより、私は人々を助けたいという心が先です。

2代王様:まず、人を後で助けてあげたい気持ちが先だというお話は、本当に貴重です。また、一人ではその如何なる個人事業もできない、必ず助言者が必要だという話も実に大事です。
(休憩時間)
(ヨナニム:速過ぎて翻訳できませんでした。最近の若者は、一個の給料を持って生活をしていくので、そのお金が入って来なくなったら、生活が苦しくなり、呆然とします。「金持ちの父、貧しい父」という本には、裕福に暮らすには少なくとも7つの異なった給料の通路が同時になければならないと言います。12年間、長く銀行で働きながら私も思いもしませんでしたが、経済が難しくなり、9年前に仕事をやめなければならない苦しい状況で、私も改めて自分の経済的な状況を振り返って見るようになって、再整備したということをラヒーム氏が話しました。)

2代王様:私はラヒーム氏のビットコインについての意見を聞きたいです。
その前にビットコインに対するヘルス・レインジャーマイク・アダ氏の意見をビデオで聞いてみましょう。

(映像)
私はクリプトカレンシー(仮想通貨)自体はいいものだと思います。そして見通しもいいです。
しかし、ビットコインの見通しは、良くありません。
ビットコインのバブルは大きく崩壊することと、私(アダム氏)は見ます。
今、ビットコインの価格を見ると、狂ったように価格が急騰し跳ね上がっています。
このように仮想のものが狂ったように価格が跳ね上がる時は、必ずバブルが上がるようになっています。
金は価格がどれだけ上がったり、下がったりしても、その価値を維持します。
しかし、ビットコインの場合は、バブルがはじけた瞬間、紙くずになって消えてしまいます。
ビットコインが他の仮想貨幣よりもっと優れている、という証拠はありません。
買うのはお金がたくさんかかりますが、売る時はそれだけの需要がありません。
ビットコインが値下がり始めて、売り出さなければならない時、供給があり過ぎて、売るのは難しいでしょう。 (映像終わり)

2代王様:ビットコインについて、どう思いますか?
ラヒーム氏:私は、ビットコインをネットワークの機会と見ません。
お金を借りて何かを投資するのはいつも無理が付いてきます。もし投資をするしても、投資金の一部分のみを投資するのはいいかもしれませんが、全体をビットコインに変えることは絶対にやってはいけないことだと思います。
2代王様:バブルというのは、どのように作られるのですか?

ラヒーム氏:私はサービス業をやっています。
ネットワークを作って上げながら、いろいろな会社と仕事をしています。
正しいネットワークが作られたら、その人たちがそのサービスを望むべきだし、好むべきです。
私は再度申し上げますが、ビットコインを事業の機会と見ていません。
しかし、ビットコインを、投資の概念で少しやって見るのは必ずしも悪くはありません。
今人気が上っているから、お金を少し稼ぐことができるかも知れません。
しかし、貨幣は何か実質的なもので、支えとなることができなければなりません。
2代王様:中央銀行が紙幣を発行し過ぎることで、事実紙幣はこれ以上実質的なものとして後押しになっていません。
以前は金や銀で変えられなければ、お金ではありませんでした。
紙幣がどのぐらい価値があると言いますが、実はそれだけの価値がないでしょう?
ラヒーム氏:はい、そのお言葉が正しいです。
私はある投資をするために試験を受けるというその概念自体も理解できません。(ビットコインの採掘をおっしゃっているようです。)
もう一度申し上げますが、みなさんの投資を、数ヵ所に多様にすることを必ずお勧めします。この言葉は重要です。
2代王様:もちろん本人が一つの仕事をよくやって、職業を持っているべきですが、一つの分野だけにお金を投資し、それに頼り切るのはいけない、という意味でおっしゃったことを知っています。
大学の風潮も、このような文化を作ることだと思います。
大学でこれを専攻すると、これで食べていけるだろうと思わせるのです。
ラヒーム氏:はい、私も大学を出ましたが、大学の講壇でビジネスを教えていた教授が一度も自営業をして見たこともない人でした。
むしろ40年間、ビジネスをしてきた私の父から学ぶことが最高でした。
私が申し上げたように、皆さんが旅行をしたければ、旅行会社に問い合わせしないで(一度もその地域に行って見なかったこともある)、旅行ツアーガイド(現地人)に問い合わせるのが最高の知恵であることを、事業でも忘れないと申し上げたいです。
そうしてこそ、最もよく、最も現実的で必要なものを教えてもらえるはずです。
2代王様:今日は一緒にしてくださったラヒム氏、ありがとうございます。

神様の王国が天で行われたように、地でも行われることをお祈りいたします。
アーメン アジュー

 チャット速報英韓訳からの翻訳:虹の王国宗族王 監修:ファンクラブ
 
励ましのクリック、感謝です。 
 当教会への連絡お問合せ
聖酒送ります。戻る祝福を受け天の直接主管を受けましょう。