2018年3月2日金曜日

ロイター通信ニュース「カップルはペンシルバニア教会の祝福式にAR-15アサルトライフルを持って行きます。」


私も何回もYOUTUBEにアカウント止められましたが、sanctuary教会自体が嫌悪団体になるとサンクチュアリ教会コンテンツ全部止められる?既にサンクチュアリをやめる人もポツポツ出てきました。家庭連合の時と違って迫害は発展だ!と思うのですが。

翻訳:機械翻訳とかなり適当修正訳 
写真はロイター

カップルはペンシルバニア教会の祝福式にAR-15アサルトライフルを持って行きます。

エドワード  ムニョス

【ニューファンドランド、ペンシルバニア(ロイター)】
映像はGlobalNewsから

水曜日、ペンシルバニア州の統一教会に、数百人の夫婦が彼らの結婚式を祝福し、そして最近のフロリダの学校で命を救った武器 "鉄の杖"を祝うためにAR-15ライフル銃を持って行きました。

白いドレスを着た女性たちと暗いスーツを着た男性たちは、フィラデルフィアから北約100マイル(160キロ)のポコノ山脈にある教会に向かって、銃を握って急ぎました。

多くの祝う者たちは王冠を身に着けており、その 王冠のいくつかは弾丸で出来ていました。


教会職員は武装とともに明るいピンクと白の服を着ていました。

教会のスポークスマンによると、父親であり教会の創設者であるサン・ミョンン・ムン牧師の死後、教会のリーダー、文亨進ことシーン・ムン牧師は約250人の夫婦を祝福したといいます。
教会のスポークスマンによると、この2月28日の結婚祝福式は、2月14日、フロリダ州パークランドでのAR-15による17人の学生と学校スタッフを虐殺事件のずっと前に計画されたとの事です。

ウオーレンポーパック学区のウェブサイトによると、教会近くの小学校の生徒たちは、儀式で銃を持っているカップルから離れるために、その日は別のところに行きました。

ペンシルベニア州ニューファンドランドのサンクチュアリ教会では、
文氏は声明文で、フロリダ州の学校スタッフは武装しているべきだった、全米で調査され、教員組合は批判されないといけないというドナルド・トランプ大統領の意見を述べました。


文氏は聖書の黙示録を引用して「私たち一人一人が、「鉄の杖」の力は、この世のサタン的王国の世界で行われたように武力や迫害をするのではなく、神の子どもたちを守るために使わないといけないと呼びかけました。

文氏の声明文で「もしも身をていして建物に飛び込んで生徒を守ったフットボールコーチに銃器を携帯することが許されていたならば、自分の命も含め多くの命が救われた可能性がある」と述べました。

3年前、ペンシルベニア州の学校区は、警察が使っていたAK-47(アサルトライフ)を使って、ペンシルバニア州の軍隊の兵舎を襲撃し山に逃げた生存者エリック・フリンの大規模な捜索により授業を中止したことがあります。
フリンは去る4月、2014年9月、ペンシルバニア州の兵士を殺害し別の人を傷つけたことにより、有罪判決を受けました。

エドゥアルド・ムノーズによる報告。

Blessing the AR-15という英語表現はAR-15を祝福する恐ろしい宗教団体というレッテル貼りの迫害の意味があります。(ファンクラブ談)




三代王権の天運天福が皆様とともにありますように。励ましのクリック聖霊感謝です。

祝福冠婚葬祭 当教会への連絡お問合せ154sanctuary@gmail.com

完成祝福の新しい聖酒送ります。生命の書入籍祝福を受け天の直接主管を受けましょう。

《 三代王権サンクチュアリー教会・ 隠れの里「こころのサンクチュアリー教会」 》