2018年7月6日金曜日

A&Eの聖殿カルト批判は天の祝福■英語説教5月27日、6月10日、17日、24日の4回分


A&Eの聖殿カルト批判は天の祝福

英語説教5月27日、6月10日、17日、24日の4回分

5月末からはA&Eの聖殿カルト批判がむしろ真お父様とイエス様による福音となり保守派キリストたちが目覚める記念すべき6月となりました。
その一連のお父様とイエス様の聖霊の奇跡の軌跡をサンクチュアリNEWSさんの英語説教翻訳から、5月27日、6月10日、6月17日、6月24日の4回分を一本に転載させていただきます。4回分ですが分量は3時間の韓国語説教位なので、集中すれば読めると思います。


5月27日英語説教

翻訳:BAMBOOS
A&Eはカルトと極端な信仰についての番組を放送しようとしています。トレーラー(予告編)の映像を見てみましょう。
A E YouTube YouTube
ところで私たちについては、トレーラーにほとんど入れられていませんでした。ほんの少しだけでした。しかし、このインターネット時代において、主流メディアの左翼の話は、操作できないということを悟らなければなりません。彼らが私たちについての番組を放送すれば、認知度が上がり、人々は自分でウェブサイトを見たり本を読んだりして、私たちが何を信じているか、何を教えて何の話をしているのかが分かるようになります。ユーチューブのチャンネルやそのほか何ででも、自分で判断することができます。
それも私たちのユーチューブ利用を禁止するのを止めてくれれば、の話ですが。ライブ放送が遮断され続けています。
しかしもう一度言いますが、今はインターネット時代であり、時代が違います。話を操作できません。若者は公立学校教育で、マルクス主義や文化マルクス主義へと洗脳され、まだそういう状況にある人も多くいますが、今ではミレニアル世代より若い世代の若者はもっと検索するようになっています。例えばCNNも見ず、MSNBCも見ません。おそらくA&Eも見ないでしょう。
インターネットでもっと若い世代の異なる考え方を見ています。放浪するミレニアルを見て、ローラ・サザンやスティーブン・クラウダ―を見ています。別のものをたくさん見ています。CNNやMSNBCではないのです。このA&Eの視聴者はおそらく40代か30代以下でしょうか。若者は見ていないでしょう。これが出るまで聞いたことがありませんでした。しかしA&Eはディズニーの傘下にある大企業です。また私たちのことを1つのコーナー全体で取り上げようとしています。
私たちはリベラルメディアがどんなことをするのか知っていますし、すべてプロパガンダであり、DNC(民主党全国委員会)のための組織であり、ジョージ・ソロスや大手製薬企業を含む多国籍企業の資金を受けていると分かっています。
私が受けたインタビューではエリザベス・バーガスが司会ですが、有名なニュース記者だそうです。私は聞いたことがありませんでした。ここにやってきたのですが、彼女は何というか、ある種の白人の特権的な振る舞いの資格が自分にはあるというような感じで、親切なふりをしようとしつつも、言うことはことごとく私をうろたえさせ、真のお父様の業績を傷つけようとするものでした。次から次へと質問を繰り出して、私をうろたえさせようとするのです。
彼らが編集してつなぎ合わせ、できるだけ悪く見せようとするということは分かり切っています。好戦的な過激派であり、地元警察は脅威を抱くべきでありFBIの監視リストに載るべきだ、といったようなことです。すごく大げさにしようとしています。
明らかに、キングスレポートを見て日曜礼拝を見ていれば、少なくとも基本的なレベルのことは理解できます。リベラル派の機関、マルクス主義者の機関がどのように運営しているのかを。私たちはいつもそれを詳細に細かく分析し、分解しています。特に学校で教化されて思考停止になった若者のために。サンクチュアリの若者はすべてが思考停止ではありません。年齢にしては目覚めている人がとても多いです。相当進んでいます。中にはユーチューブ動画を始めている人もいて、自由と主権のコミュニティの中でかなり有名になっています。しかし他方ではまったく思考停止な人たちもいます。またリベラルの教化の影響がかなり残っています。そこから解放され始めてはいますが・・・(音声中断)。
以前約束したように外に出てしまう前に・・・。私たちはこの悪魔たちと長い付き合いがあり、馬鹿ではありません。このワシントン・タイムズ・・・ポスト(ママ)の敵と、ずっと前にやり合っています。メディアがどう動くか分かっています。彼らが100万ドルの機材を持ってきて、数十万ドルのカメラなどを持って来た時、私たちもすべてを録画していました。
ですから自分たちが何を言ったのか完全に分かっています。それを記録してあります。もちろん、これが出る前に言いましたが彼らがやる前に公開します。比較できます。彼らがどれだけカットして編集してつなぎ合わせ、歪曲しているのか、言おうとしていることをどのように損なわせようとしているかが分かります。前もって見ることができ、友達などに共有できれば、彼らのやろうとしていることが(聞き取れず)と分かります。
彼らが仕掛けを動かす場合、特定の目的と議題があります。私たちについての彼らの主要な問題は、私たちが武装解除を求めないことです。全体主義、共産主義、マルクス主義にとって、世界的歴史的に最大の障害が市民の武装です。彼らはそれを非常に恐れています。というのも私たちが訓練を行い、他のコミュニティに訓練して武装することを勧め、憲法上の修正第2条の権利と人権を行使して、独裁的な国の奴隷とならないよう勧めているからです。
世界中でそのような人が増えれば、中央集権の国家、ジョージ・ソロス、ビルダーバーググループと、邪悪な本物の悪魔主義者は何もできなくなっていきます。普通の市民が自分を守り独裁者と戦う能力を持つ時、彼らはこの世界を支配できません。それは絶対に重要なことです。そういうわけでリベラルメディアは私たちを嫌います。
彼らは私たちを狂っていると考えています。なぜなら私たちが特に聖句から教え、聖書から教えているからです。また他の福音派のクリスチャンの世界を見てもいかなるミニストリーよりも明確に、王国がどのようなものであり、どのようなものとなり、キリストの共同相続人とはどういう意味であり、王国の装備品を持つということが何を意味するのか、力と愛と健全な心を持つことがどういうことであるのか、神を愛し隣人を愛するという神様の命令を成就することがどういうことなのか、箴言20章にあるようにシープドッグとなるというのはどういうことか、ライオンのように正しく大胆であるとはどういうことか、を教えているからです。ライオンのように王国の中でいかなるものとも戦い、強くあって王国を守ることができます。
約束通りです。これからメモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)を迎えようとしていますが、まずこのビデオを公開しますので、インタビューの内容をご覧ください。エリザベス・バーガスとのインタビューですが、お楽しみがあります。彼らが放送したら比較してください。ウェブ(インターネット)に出ますのでボタンをクリックするだけです。どんなごまかしをやるか確認してください。どうやってマルクス主義に話を転換しようとするか。どんな中傷をするか。
繰り返しますが今はインターネット時代です。彼らの力は自分たちが考えているよりもはるかに小さいのです。全体主義者の愚かさは、いつも自分たちが実力よりももっと強力だと考えるところです。道徳的に優れた立場を失い、体制の基礎となっているのは根本的に不道徳と窃盗と武力の行使と人を支配することです。彼らの体制は根本的に悪です。
ところが神様の王国と天一国は、ワシントンポストでさえ認めざるを得ないものです。ワシントンポストの引用ですが、「ショーン・ムーンの、天一国の憲法はパワフルな文書だ」と。それがワシントンポストです。自慢するわけではありませんが、最大の敵であるワシントンポストが認めざるを得ないのです。パワフルな文書だと。彼らはそのような国を支配するのに、本当に苦労することになります。もちろんそれが世界に広がります。以上で話は終わりです。A&Eとのインタビューを見ましょう。

A&Eによるインタビューから抜粋
インタビュアー(エリザベス・バーガス):するとキリストの王国が・・・キリストが地上に再臨する時にはこのように、すべての信者がアサルトライフルで武装して何らかの王冠を、例えばあなたの弾丸の王冠のようなものを着けるということですか。
二代王:それは非中央集権化された武力行使の支配ということです。
インタビュアー:非中央集権化された武力行使の支配とは何ですか。なんだか派手な言い方ですね。
二代王:例えば通常は別の政治体制で行われる武力の行使がありますが・・・中央集権の連邦政府やその機関がそういった武力を独占します。例えば、北朝鮮のような共産主義国の市民は武器を手に入れることはできません。ラテンアメリカのもっと社会主義的な国では、民衆は武装解除されています。それはもちろん非常に危険なことです。というのも支配階級が軍隊を使い、国から給料をもらっている人を使うことができれば、また他に武器と支配権を持っている者がいない場合に搾取的で非道徳的なやり方で支配しようとするなら、国民から税金として盗み、人々が所有する土地や資産を没収し、正当な請求なく不道徳に人身売買を行い・・・。
インタビュアー:それでアサルトライフルを持つべきだと・・・。
二代王:建国の父がやっていたことをやるべきだということです。イギリスを撃退しました。建国の父が現代でいうアサルトライフル、当時のマスケット銃を持っていなければ、そのような能力を持つことはなかったでしょう。決して抵抗することはなく、物理的に反撃する武力を持つことはなかったでしょう。
いいえ、アメリカでは誰もアサルトライフルを手に取るよう訴えていません。最後の手段としてということです。
461
インタビュアー:あなたの信者がアサルトライフルを手に取って使用する場合、最後の手段とはどういうことですか。
二代王:それは一般的に大局的に見て人が手に入れられるということです。王と王妃と王権とエリートが、自分を守るための手段に手が届くというような。
インタビュアー:するとライフルを使いなさいとは言っていないわけですね。ライフルを持ちなさいということで。
二代王:最後の保険として持つということです。イギリスが支配しようとして非常に圧政的な税制や関税などを実施しようとした時に、建国の父が直面したのと同じように。政府が間違った方向に行く時と同じです。例えば中国で毛沢東は、すべての政治的権力は銃身によるものだと言いました。ですから社会主義者と共産主義者は、自分たちの体制にとって銃と武器を規制することが必要であることを良く分かっています。
インタビュアー:おそらく説教に銃を取り入れている牧師であなただけでしょう。
二代王:チャック・ボルデンのことを調べるべきです。
インタビュアー:・・・「自分のアサルトウェポンを持ってきなさい。それを祝福します」と。それで合っていますか。
二代王:いいえ、私たちは物を祝福していません。なぜならそれを単に装備品とみなしているからです。
インタビュアー:なぜ全員が持ってきてあのように見せることを求めたのですか。
二代王:それが主権の象徴だからです。私たちの立場を象徴するものです。私たちは強力な帝国や王国の奴隷ではないのだという。
インタビュアー:誰が奴隷だと考えるのですか。
二代王:例えて言っていることです。この世の人々は支配階級やエリート政治家の奴隷ではありません。この世の人々は神様の似姿に造られていますので、主権を持ち自分の身を守る権利を持っています。領土を持つ権利を持っています。官僚や政治家に支配されない権利を持っています。それはもっと大きなメッセージであり観点だと考えます。象徴的で代表的なものです。
インタビュアー:あなたは牧師というより革命のようなことを話しました。
二代王:自分のことをイエス様だと言うつもりはありませんが、イエス様もそう言われています。イエス様が行かれるところではどこでも、既存のこの世の王国に取って代わる王国について説いていました。私の父もいつもそうしていたと思います。
インタビュアー:今日の日曜礼拝であなたは動画を見せていました。ハリウッド映画ではなく、セキュリティカメラの映像でした。人が自分の家で襲われて、侵入者に刺されていました。聴衆には子供たちもいましたが、なぜあのような映像を見せたのですか。
二代王:あなたも見たように、私は親たちにあからさまな場面があるということを前もって話しました。
インタビュアー:そうですが、ある親が拒絶しようとする子供に見る必要があると言っていたのを見ました。
二代王:それは彼らの選択です。
インタビュアー:なぜあのような暴力を見せるのでしょうか。
二代王:非常に重要な教育です。自己防衛を学ぼうとするなら重要なことです。武術をやっているなら、また武力を使用することについて学んだことがあるのであれば、そのようなことを学び理解し、知識を持つことが絶対的に重要なことです。なぜなら知識が不足していると恐怖につながるからです。そういったことを理解し、人が直面する脅威を理解することでより正しい戦略で武装することになります。
インタビュアー:それを見せて怖がらせようというつもりですか。
二代王:いいえ。誰も恐怖に暮らすことはありません。聖書には、神様は恐れの霊ではなく、力と愛と健全な心を与えるとあります。あなたは車の保険や家の保険、火災保険に入っているでしょう。命が守られる保険にも間違いなく入るべきだということです。また家族のためにも。絶対に重要なことです。
インタビュアー:するとそのような保険にあなたも入っているのだと。武装して格闘技を行うことで。
二代王:あなたのことです。全くその通りです。あなたのことです。なぜならあなたは王族だからです。奴隷ではありません。ある体制の下にいる存在ではありません。王族であり、王の血統です。ですから自分を守らなければなりません。子供を守らなければなりません。なぜならまた別の犠牲者になってはいけないからです。神様の目には王子と王女であり、王と王妃だからです。とても尊い人なのです。
(A&E エリザベス・バーガスによる二代王インタビュー続き)
バーガス:南部貧困法律センターはあなたたちのことをカルトと呼ぶだけでなく、統一教会についてもサンクチュアリ教会についても多くの場合、人種差別的であり、同性愛嫌悪であり、反ユダヤ主義だと非難しています。
二代王:見て分かるように私たちの集まりには少数派の人種がたくさんいます。確かに南部貧困法律センターはおそらく非常に悪名高く、Pragerもそのビデオを公開しており、Fox Newsでもやりましたし、保守派は彼らがソロスのような革命家から資金を受けていると暴露しています。彼らはヘイト監視リストにトランプ大統領を載せています。ショーン・ハニティ、「ジャッジ」ピロなどほとんどすべての保守派をリストに入れています。私は実のところ、いっしょにしてもらってとてもうれしいのですが、もちろんそこには狂ったような人も載せられています。それでも政治的に意図してやっているものだと理解しています。保守派にはそのリストに載せられている人が多く、アン・コールター、マイロ・ヤノプルス・・・。
バーガス:あなたは同性愛を罪だと考えていますか。
二代王:聖書は非常に明確です。罪であるばかりか神様の前では嫌悪されるものです。神様はとても耐えがたいことだと見なしています。神様がその子に思いとどまらせるよう忠告していることです。
バーガス:同性愛が嫌悪の対象だと言うのは、同性愛嫌悪であるように聞こえると思はないのですか。
二代王:それは私が言っているのではなく、聖書が言っていることです。結局自分たちの考えは神様より上にはないということです。神様が宇宙の創造主であるなら、その存在の理由がファインチューンの議論を調べてみれば分かります。(聞き取れず)、ウィリアム・レイン・クレイグなど、著名な思想家が行っている様々な議論を調べてみれば、有神論的世界観の揺るぎない主張があります。科学を調べてみても、宇宙の不変の状況、二重スリット実験、観察が現実にいかに影響を及ぼすかなどを見てみると、またミチオ・カクのような著名な物理学者・・・
バーガス:同性愛を嫌悪の対象とすることとどういう関係が・・・。
二代王:宇宙を創造した知的存在があると信じるなら、その見方は私たちの見方の上にあります。
バーガス:聖書は人間が書いたものです。神が書いたのではありません。
二代王:私たちは人間だけが書いたものだとは信じていません。神様によって人現に明かされただけのことです。知的なデザイナーによって。
バーガス:聖書には異なる訳本が数多くあります。
二代王:そうです。翻訳があります。
バーガス:捨てられた訳本もあります。
二代王;あなたが言っているのは外典のことです。
バーガス:グノーシスの聖書もあれば、福音の聖書もありますし・・・
二代王:グノーシスというのは外典のことでしょう。それは正典ではない文書ということです。イエスのコミュニティと関係ないコミュニティから出たものです。初期の学者の時代の。
バーガス:あなたとこれについて議論をしたいのはやまやまなのですが・・・
二代王:私たちはキリスト教に対して全く標準的だと思います。聖書が優先されるということで・・・
バーガス:ほとんどのクリスチャンは同性愛が嫌悪の対象だと考えていません。
二代王:聖書を信じているのであればそう考えます。当然です。カトリック教会であっても。
バーガス:あなたは完全に文字通りの解釈を信じるのですか。
二代王:いいえ。文字通りというわけではありません。イエス様ご自身でさえ象徴と例えを使ったと言っておられます。しかし、特定の振る舞いについて話しておられることは違います。
バーガス:お父さんの死後、支配をめぐって大変な争いがあったようです。家族が完全にいわば派閥に分かれてしまったようですが。
二代王:神学的なことだけではなく、それは明らかにたくさんの資産と何十億ドルという大金に人々の関心が向けられていました。私たちの関心はそれではなく、父に対して正直で忠実であることにありました。
バーガス:あなたはお父さんに真に従う者であり、統一教会の真の相続者なのですか。
二代王:そうです。父が私のことをそのように決めたということです。私ではありません。私が自分で決めたのではありません。私が相続者になると決めたのは父でした。
バーガス:お父さんとはどうやって意思疎通するのですか。
二代王;みことばを通して。祈りを通してです。
バーガス:あなたはお父さんの指示に従ってこの教会を率いています。その指示をどうやって受けるのですか。
二代王:クリスチャンなら誰でも聖霊と交わりを持つでしょうが、それと同じように啓示を通して、時間を通して、またみことばの学習を通して、また心の中で促される小さな声を通してです。また夢や幻もあります。クリスチャンは、特に福音派では神様との直接的な関係をよく理解していると思います。父がやってきて私たちに指示を与えることができるというのは、私たちにとっておかしなことではありません。
バーガス:するとあなたは、今でもお父さんから啓示や幻を受けるのですか。
二代王:その通りです。夢や幻、また直感を与えてくれます。するとわたしはそれをみことばで確かめるのです。それは別の霊や別の存在が啓示を与える可能性があるからです。聖書でも警告しています。心の中の直感をみことばによって確認します。それは重要なことです。
バーガス:祭壇にあるお父さんの写真にはあなたのお母さんではなく別の女性が写っています。彼女は誰ですか。
二代王:彼女は最初の弟子です。カン真のお母様です。韓国で最初に父の弟子となった人です。20代の初めに入信し現在92歳です。私の母が父と祝福を受ける前においても父に対して忠実な信者でした。父が亡くなった後、分裂が起こり、資産が奪われ色々なことが起きて、トップの指導者の中で初期の頃からの忠実な信者であった彼女だけが私に味方してくれ、「私は裏切ることができない。お父様は明確に相続者を任命したのだから彼を支持する」と言ってくれました。
バーガス:彼女は現在あなたのお父さんと霊的に結婚しているのですか。
二代王:そうです。母の韓は、自らの行動によって父と離婚しました。生前の父が韓国の別の場所にいる時に、父に隠れて別の神と結婚式を挙げることさえしました。彼女が霊的に離婚し離れたために、草創期からの弟子の中で唯一の代表が、父が指定した王権を支持し、それから聖なる母、つまり真の母の位置に上げられました。
バーガス:すると現在は彼女が真の母で、その前まではあなたの母が長い間真の母でしたが。そうなるべきだという幻のようなものをお父さんから受けたのですか。この霊的な結婚が行われるべきだと。
二代王:それは明白だと思います。祈りと瞑想の中でそのような指示が。というのも私たちは、神様は生きた神様だと信じていますので、肉体が終わりを迎えた後終わってしまうことはありません。メシアは地上における神様の実体だと考えていますので、その中に神様が臨在しています。そして存続します。彼女はその位置に上げられており、後継者であり相続者である私から見ても、全く明白だと思います。私の実の母に起きた状況を考えてみれば。
(インタビュー終わり)
あれがインタビューです。本当のインタビューです。みなさんが最初に見ました。彼女をやり込めたと思います。あの後で思ったのは、彼女は自分がとても頭が良いと思っていますが、多くの点で実に無学だということです。小学生か何かだろうかと思う程でした。これが本物のインタビューです。これからインターネットにアップされます。それで彼らがどうやって編集するか見ていてください。彼らの番組がどのようなものになるか、それとなく想像できるでしょう。元ムーニーに話を聞き、不満を持った若者などに話を聞くでしょう。無神論以外何も信じていないような。リベラル教育の相対主義の番組のようなものが出来上がるでしょう。
彼女があのような様々な質問で私を打ち負かそうとしていたのが分かるでしょう。彼女はとても無礼です。必ず話を遮ります。エリザベス・バーガスです。A&Eで明日のメモリアルデーからシリーズが始まります。ユーチューブに「A&Eカルトと極端な信仰:暴露」とでもして別に動画を出しましょう。そうすれば人々が私たちのウェブサイトを見つけ、インタビューが実際どういうものであったのか分かります。文脈が分かります。なぜなら彼らは全て文脈を抜きにしてしまうからです。カットして混ぜ合わせ、スパイスを効かせて私たちがおかしいように思わせます。彼らがやる前に公開すれば文脈が分かるのです。
これがインターネットのすごいところです。左翼が全体主義者、共産主義者のプロパガンダを行っていると暴露されます。彼らは親切なふりをしようとしますが、背後ではボロボロにしてやろうとたくらんでいます。しかし結局は彼らが破綻します。なぜなら何度もやってそれを頼りにしてきたからです。それがインターネットのせいでできなくなっています。
そのために、検閲を行いインターネットから保守派の声を遮断しようとしています。なぜ私たちを煩わせるのでしょうか。とても小さなインターネットチャンネルなのに。どうしたというのでしょうか。もう2回も別々のチャンネルで私たちを禁止しました。生中継ができなくなっています。それほどまでに恐れているのです。それは左翼が私たちに恐れをなしているからです。
私たちが説いていることは何百万もの人が耳にするほどに注目を集めつつあります。鉄のつえと王冠は非常にパワーを与えるメッセージです。リベラルは密かにメッセージを気に入っていると思います。「そうだ。自分も王になりたい」と。しかし、「いや、すべて分権化されて他の全ても王なんていやだ」となります。権力に対する内なる渇望のようなものがあります。彼らは権力のカルトだからです。
実際力強いメッセージを送っているのですが、それは同時にエンパワーメントにつながり、謙遜につながり、幻想のないライフスタイルにつながり、人々が武力行使の支配権を持ち、王と王妃となることもできるのだと理解することにつながります。それほどまでに力を与えるメッセージです。
ですから彼らもそれに密かに魅力を感じて私に引き付けられ、いたるところにポスターを張っています。何故かは分かりませんがどういうわけか魅力を感じています。しかし右派は私たちのことを見ています。動きはもっと遅いですが彼らは見ています。「ワシントンポストがこういうことをやっているのか。ワシントンポストがどういうものか分かっている。敵対機関の一部だ。民主党のプロパガンダ機関であることは分かっている。CIAとアマゾンが6000億ドルの契約をしたことも知っている。それは本当にくだらないことだ。プロパガンダ機関だということは分かっている。それで彼らがそのことで何か言っているが、それが過激だとは思わないし、狂っているとも思わない」というように。
リベラルはみな狂っているとコメントしています。彼らのウェブサイトのあるコメントで「次のNRA会長が誰になるか今分かった」というものがありました。私がNRAの次期会長になると言っています。彼らは震え上がっています。私たちは自分の口で言っているだけではありません。歴史的に社会学的に話しているだけでなく、聖書の観点から話をしているのです。
私たちは強力な聖書的なメッセージを伝えており、それは主権を示し、王の権利を示しているものです。それは人に与えられているものであり、キリストが共に世界を支配するというものです。またそれは全体主義の支配ではありません。私たちはこれについてラリー・プラット氏のショーで話しますが、6月2日になる予定です。
今保守系のメディアはラリー・プラット氏を通して・・・彼はまさに洗礼ヨハネ的な人物です。GCNというラジオ局。全米2500万人が聞いています。今や何百万もの保守派の人たちとリバタリアンが鉄のつえと王冠のメッセージに触れようとしています。そして聖書的観点から理解します。そのため彼らは震え上がるのです。結局これは励ましを与えるメッセージというだけでなく、聖書的なものなのです。聖書的であるため無視できません。聖書に対して真摯な福音派の保守派であれば無視できません。それを調べてみようとせざるを得ません。
そして最終的には今が終わりの時だと分かります。すると見つけ出そうとします。「イエスはいつ来るのか」「彼の王国はいつ来るのか」と言いながら。しかし、彼らの前で発表しようとする人はみな中央集権化されたものを思い描くのです。教皇はカトリック教会が地上の天国となるのだと言います。私たちは分かっています。彼らがやっていることは・・・全体主義と小児性愛カルト・・・バチカン銀行も持っていて、社会主義者や共産主義者の国と全く変わりません。キリスト教の言葉と自分は清いと主張する司祭の投資以外は。そのような体制が共産主義や政治的サタン主義と同じ統治につながるということを私たちは知っています。
自らが再臨主であると主張し、王権を樹立した方につながっている所はこの地上に1ヶ所しかありません。そして天一国憲法で提示していることを調べてみれば・・・ワシントンポストであっても「強力な文書」だと認めたのです。それが引用です。その引用をどんどん使いましょう。「天一国憲法は強力な文書だ」:ワシントンポスト。私たちにくれたものです。そんなものをただでくれたことはありませんでした。
記事では、普通なら除外されるような人の話が追加されました。ニュージャージーのある男の場合は「その人たちはおかしい・・・」といったような話です。左翼でしょう。それからオクラホマのある男性は電話でこう言っています。「君たちのやっていることが気に入ったよ。どうすれば参加できる?」と。またブリティッシュコロンビアの人が電話してきて「ショーン牧師が大好きだ。彼は偉大だ」と。普通ワシントンポストは除外してしまいます。肯定的な評価は取り去るのです。否定的な評価だけを入れます。
長いコメントのリストを見てください。(普通なら)「彼らは狂っている」「カルトだ」「過激派だ」「FBIは監視すべきだ」といったものだけを追加するでしょう。実際には他の意見も加えています。本当にもっと肯定的なものもあります。3分の2は肯定的です。完全に肯定的だということです。中立的ですらなく完全に肯定的なものです。「私も運動に参加したい」「ショーン牧師が好きです」など。
あの男がどうしてしまったのか知りませんが、もしかしたら聖霊の影響かもしれません。神に栄光を。頭のおかしいカルトがいるのだと思ってここにやって来てみれば・・・彼が何と言ったでしょうか。サンクチュアリの人に会って、「本当に素晴らしい人たちで良き隣人のようだ」と言ってショックを受けていました。私たちがAK-47を持って「うわー」とやっていると思っていたわけです。しかしここにやってきて、どんな霊が乗り移ったのか知りませんが神様の霊なのでしょう。
彼らがあのように誉め言葉を書くとは信じられないことです。とはいえA&Eはこれをやろうとしています。ですから文脈を理解することが重要です。彼らは捻じ曲げて編集しようとし、私たちが嘘をついているように見せようとしますが、全てを見て全ての文脈を見て、インタビュー全体を見ていたら・・・。そして世界中の人もインタビュー全体を見ることになります。これが私たちのチャンネルに出れば、あるいは停止させようとしてもティム・エルダーのチャンネルや他の誰かのチャンネルに出ます。私たちが出せば人々は実際のインタビューを見ることができます。おかしくなってしまったものではなく全ての文脈を見ることができます。
これが刺激的なのは、同時に左翼が震え上がって私たちについてもっと宣伝すると、王国のメッセージがもっと広まるのを助けることになるだけだということです。今度は保守派が真剣に私たちが教えていることを見ざるを得なくなります。聖書的な一節を真剣に見ざるを得ません。またそれは自分で見ることができます。
私はその聖句を1つもごまかして作ってはいません。みなさん私のことを確認してみてください。それらの聖句は1つもでっち上げたものはありません。自分で調べてみれば私たちの言っていることが神様の王国を唯一説明しているのだということが分かります。それは全体主義でなく、独裁的でなく、かつては善であったのが今は悪になったどんでん返しの神ではありません。他の共産主義の独裁者のように支配することはありません。神様がされることは分かりませんが、分かっているのは私たちが神様の手の中にあるということだけです。私が言えるのはそれだけです。公表しました。みなさんが最初です。シェアしてください。

6月10日英語説教

翻訳:BAMBOOS
メジャーな保守派のドキュメンタリー制作チームからも連絡がありました。ケビン・ミラー氏の制作会社です。ベン・スタインと有名なドキュメンタリーを制作しました。彼らが手掛けたもので「ヘル・バウンド(地獄行き)」というものがあり、様々なクリスチャン教派に地獄に対する見方について話を聞いています。その保守派の人物が私たちに連絡してきて、ドキュメンタリーをやりたいということです。そういうことが続いています。
Millerprケビン・ミラー
ところでワシントン・ポストのおかげで、C-SPAN(訳注:アメリカの政治専門チャンネル)が連絡してきて、ワシントン・ポストの著者であるトム・ダンケルと、C―SPANで1時間の詳細なインタビューを求めてきました。それはみなさんたちのことについてです。本当にせわしなく展開しています。
2000px-Logo_of_C-SPAN.svg
なぜこのようなことが起こるのでしょうか。これは大切な歴史的教訓です。なぜこのような恵みが起こるのでしょうか。お父様が与えた遺産をすべて奪った家庭詐欺連合のことを考えてみてください。彼らはお金と資産を追いかけ、恥ずべきことにお父様を冒涜しました。彼らはお金こそが本当の力だと思っていました。それで何が起きたかと言えば、崩壊しただけです。経済的には破滅です。
韓マザーは今、訓母(フンモ)を清平に呼び戻しました。彼女が戻って抗争と殺人と騒乱が起こり、彼女をクビにさせた人々全員に血の復讐をしています。文字通り「ゲーム・オブ・スローンズ(訳注:アメリカのテレビドラマ)」のように、大粛清と裏切り、シーザーやネロのようなことが家庭詐欺連合で起こっています。
あの女性は馬鹿ではありません。一度ひどい目にあったので再びそうなることはないでしょう。鄭元周(チョン・ウォンジュ)、金錫柄(キム・ソッピョン)といった奴らのことをも、残念ながら私の兄弟姉妹の一部のことも知っています。その人たちが彼女を清平から追い出したからです。
全てが失敗に終わって韓マザーが彼女を呼び戻しました。そして帰って来て抗争と復讐を行っています。彼女は馬鹿ではありませんので自分を裏切った人を全員だけでなく、韓氏自身も破滅させるでしょう。
彼女が権力を再び手に入れ清平を支配し、韓氏はぼけてしまったので入院させなければならないと言い出したとしても、ここの誰も驚かないでしょう。お父様に対して長い間そうしようとしていました。韓氏がこの忌まわしい道をたどるというのは非常に悲しい事です。だからこそ私たちは6日月間毎日、大声を上げてどうかこのような道に行かないでくれと請い願いました。それは破滅へと繋がるからです。
キリストに背を向けこの世の快楽を求め、わずかな喜びと贅沢を楽しみ、残り5年かそこらの間何億ドルもの財産を使い、今やすべて干上がってしまっています。もう入ってこないのです。
このようなことを仕組むことなどできません。私たちは荒野の中に来てそこには熊や鹿のフンしかなく、リビングで天一国国歌を歌っていましたが、5年のうちに神様は福音と、王冠と鉄のつえを世界中に広めました。
家庭詐欺連合は、Vice(訳注:アメリカHBOのドキュメンタリーシリーズ番組)が自分たちのドキュメンタリーを作りに来てくれたらと願うことでしょう。ワシントン・ポストが自分たちのドキュメンタリーを報道してくれたらと願うことでしょう。デンマークの国営放送がドキュメンタリーを・・・。まあ言いたいことは分かってくれたと思います。
彼らはそのためにお金を払うと言うでしょう。私たちは1セントも払っていません。自分で飛行機に乗って私たちに会いに来る必要があります。私たちの方から行くことはありません。何千ドル(何十万円)と払って制作チームを飛行機で連れて来なければならないのです。数十万ドル(数千万円)を負担しなければならない可能性もあるでしょう。私たちは10セントも払っていません。⒌セントも。1セントも。水しかあげていません。死なせたくありませんので水分は補給してあげます。ところで水道水ですよ。400ドルもするようなフランスやヒマラヤの水ではありません(笑)。
天聖経137を読みましょう。最初に見せたいのは非常に素晴らしいものだからです。
天聖経137(英語)
「神様にとって悔しいことは何でしょうか。 偽りの血筋を受け継いだことです。偽りの血統を皆さんは受け継ぎました。起源はサタンです。サタンという存在は、被造物をすべて滅ぼすことを願っています。そのような宇宙、そのような所有権、そのような血筋が皆さんにつながっているのです。」
お父様はここでサタンついて話しています。明らかに逆の、裏側のことであり、そのため私たちにはキリストの血統が必要です。このみ言を読んだときに幻のようなものが見えました。ディスカバリーチャンネルでやっている遺伝子の番組のような感じです。そこでカメラがズームしていきます(口で効果音を真似しながら)。細胞の構造を超えて行き、二重らせんが現れます。そのようなものを見ました。そうDNAです。
信じられないほどの混乱の中から、神様の言葉によって組織された構造、神様の言葉の力が宇宙を組織して形作り、その無秩序の中から神様が信じられないような秩序をもたらします。そして分割され分散された物の中からそれが何であっても、そこから構造を作り出し情報をもたらします。
神様の言葉の力。非常に強力なものです。サタンはアダムとエバを取って、自分の血統を注ぎます。お父様はここで血統について、またそれがいかにして「滅ぼすこと」につながっているか、そして神様の秩序ある世界と被造物を破壊しているかについて語っています。
それはまるで、人間の中をズームして行き全ての細胞や赤血球、ヘモグロビン、そしてDNA,デオキシリボ核酸が画面に現れるようです。
これらは全て情報です。その血統の本質、性質、直感、欲望、情熱、感情、意志は皆さんに影響を及ぼします。
例えば科学でも、ある人たちの体質にはアルコールに対する生物学的遺伝的なものが現実にあるということが分かっています。ある種の精神異常などが次の世代に引き継がれる可能性があるということがあります。次の世代は一口もアルコールを飲みませんが、その体質、情報は受け継がれていることが露わになります。おかしな事ですか。けれども本当の事です。
科学ではそのように確認されています。しかし私たちが堕落の血統だとしたらどうでしょうか。聖書では、自分の父すなわち悪魔から出てきた者だと言っています。キリストを知らない者だと。それで何が起こるかと言えば、私たちは殺人者の本能を受け継ぐのだということです。強姦犯の本能を受け継ぎ、強盗の本能を受け継いでいます。もちろんサタンがそうだからです。
聖書には、いつでも盗み、傷つけ、破壊する準備のできた吠える獅子のようだとあります。だから私たちはそのような情報、体質、本能を持っています。それは私たちの血の中にあり、血とは単なる赤い物ではなく、本物の情報であり、コンピュータープログラムのようなものが世代間で受け継がれて行くのです。ディスクやCDのようにして書き換えられ、コピーされて行きます。情報は時がたつにつれて弱くなりますが伝わっていきます。作り直すことはできません。
サタンの血統の中に、そのような全ての傾向や本能的な思考、意志、感情、嫉妬といった全てのパターンがあります。まるでひどい情報をダウンロードしているようなものです。
だからと言って決して確信を見いだすことができないということではありません。しかしすでに、このように「滅ぼすこと」を願う血統を持っています。暴力の血統、無秩序の血統、破壊の血統がみなさんの中にあるのです。体全体がまるで、リュックに途方もない情報を入れて運んでいるように、何兆もの細胞でその情報を持ち歩いています。
悪い事に、そのような情報を持ち歩きながらそれに気づいておらず、そのようなパターンに滑り込んでしまい、自分の父すなわち悪魔のようになってしまいます。そのため私たちはその血統から分かれる必要があり、真の血統を受ける必要があります。ダウンロードされて全てを滅ぼしてしまうというような、本能的な悪の歴史を持つ全てから離れた血統を受ける必要があります。歴史はこれまでずっと情報につながったものです。それが私たち自身の中の現実となっています。
そのため私たちはキリストの前に来る必要があり、自分の罪を悔い改める必要があり、祭壇の前で「私を許してください」「私を作り変えてください」と言う必要があります。そうして血を取り除き新しい血、新しい血統を得ることができます。自分はこういう家系だという話ではなくて実は情報のことなのです。強力な情報です。私たちは自分たちの中に神様の本能を持つ必要があります。神様の性質の本能、神様の義と憐れみと愛の本能を。
ウィリアム・レイン・クレイグがイスラム教徒の男性と討論をしていて、素晴らしい事を言っていました。イスラム教の神というものを考えてみると、それは最も偉大な神様とか最高にもっともらしく偉大な神様、全てを愛する神様ではなく、信者だけを愛し不信仰者を憎み、不信仰者に文字通り暴力を用いて戦いを挑めと言う神なのです。
アッラーは不信仰者を憎み、信じない人を憎みます。しかしキリスト教の神は違います。たとえ神様があなたの中に罪を認めたとしても、あなたが堕落し、神様の恩寵から離脱することを選択し、神様に反逆して悪に染まったとしても、あなたが犯した罪を神様が憎むのは明白ですが、人々を愛しています。そのため神様はクリスチャンに隣人を愛しなさい、人を愛しなさいと命じています。
それが愛のゆえに福音を伝え、キリストについて人に話をする目的の全てです。ある教会や宗教に改宗させようとしているのではありません。私たちは彼らに神様との関係を持って欲しいと思っています。本当に気にしているのは彼らの永遠の生命のことです。本当に気にしているのは彼らの魂のことです。それがどこへ向かい、神様から離れてしまうのかどうかということです。全ては愛に基づいています。ですから平和警察・平和軍の訓練もそれに基づいていなければならず、征服に基づくものではあり得ません。シャリア法に基づくものではあり得ません。世界を支配して性奴隷を持ち、妻を殴ることができるというような。デイビッド・ウッドがそれについてのビデオを全て出しています。
愛に基づいていなければなりません。神様を愛し隣人を愛するというイエス・キリストの愛の倫理に。しかしこれらは互いに矛盾することではありません。イエス様は神様を愛し隣人を愛するという倫理を持っていましたが、剣によって、とも言いました。鞭も作りました。とげの付いた九尾の鞭を。攻撃用の鞭のようなものです。イエスはアサルト・ウェポンを使ったということです(笑)。
こちらを見てください。その全ての血統は主権と所有権にもつながっています。血統というだけでなく情報と体質、本能とパターンをサタンから受け継いでいます。逆に私たちは神様の血統を神様から受け継いでいます。
この血統は所有権、主権の権利とつながりがあります。み言の中でサタンが正当な王ではないことが分かります。正当な王座を持っていません。王座を簒奪(さんだつ)しており、自らを神様の上に置こうとしています。いうまでもなく偽りの王、地上の闇の王子となっています。これは所有権とつながっていることです。
神様はご自身の血統を注入した時、アダムとエバに所有権を与えました。彼らは神様が王国、主管する全世界を受け渡す子供です。
ですから情報だけではなく所有権もあります。これは理解すれば途方もないことだと分かります。というのも私たちは、血統に流れる所有権があるのだと確信をもって理解しなければならないからです。その所有権には主権の力と権利があります。また将来、王国において、それらは憲法で成文化されます。私たちの神聖な権利とのつながり。それは神聖な血統につながるものであり、全能の神につながるものです。
過去においては、過去の王と王妃のみが神聖な権利を享受しました。しかし王国では、王国の国民である、神様の王国の王と王妃がそのような神聖な権利を持ちます。それらはキリストとのつながりに由来するものであり、私たちが神様の王族、主権、王族の血統、王家の中に立つ時に持つ所有権に由来するものです。
今日の内容では、そのような背景を念頭においてください。
今日はルカ7章です。22節から28節までです。
22:答えて言われた、「行って、あなたがたが見聞きしたことを、ヨハネに報告しなさい。盲人は見え、足なえは歩き、重い皮膚病にかかった人はきよまり、耳しいは聞え、死人は生きかえり、貧しい人々は福音を聞かされている。23:わたしにつまずかない者は、さいわいである」。
福音が説かれるところでは癒しの力があるのが分かります。タイム誌の表紙でトランプ大統領が王冠を被っている写真が出たのを見たでしょうか。トランプ大統領が鏡を見ている姿です。選挙で選ばれていない支配者であるかのように嘲笑しているのは明らかですが、トランプは選挙で選ばれています。
TIME cover depicts Trump dressed as a king   Google 検索.pngTIME誌2018年6月18日号

鏡に映ったトランプが王の服を着て王冠を被っています。アレックス・ジョーンズがコメントしていましたが、彼もトランプが王だと認めざるを得ませんでした。国民を制圧しているとか、違法に武力でその地位を獲得したというような悪い意味でではありません。自分で気づいているかどうかにかかわらず、サタンの体制を粉砕するという点で王のような役割を果たしています。世界中の共産主義体制を粉砕しています。老いぼれて悪魔的な選挙で選ばれていないEUの官僚が、人類の上にそれを敷こうとしています。
アングロサクソンが世界に対して文字通り、中国の共産主義者、バチカン、イスラム過激派と同盟を組んでいます。黙示録の4騎士のために。その4つの色はそれぞれ現在の世界における共産主義グループの主要な勢力ブロックを表しています。彼らは本物です。現実に存在しています。今実際、彼らが国民に回答しなければならないという話が高まってきています。
福音が説かれるところには癒しがあります。「盲人は見え、足なえは歩き」ということです。人々が現実に目覚める時にこのようなことが起きます。その現実とは、全体主義が支配し、政府は神様ではなく、政府は問題を解決できずに実際は貧困を悪化させ、病気を悪化させ、医療保険を悪化させ、足を踏み入れる全てのことを悪化させており、政府の働きは鈍く劣った製品を国民作り出しているということです。
政府が独占し、まるで北朝鮮のように仲間内で共有する時に特に被害を受けるのは国民です。そして完全に成長がなくなり、スタグフレーションが起きて社会が文字通り死んでしまいます。
しかし自由がある場所であれば、自由市場ができる可能性があり、繁栄があるということが科学的に分かっています。人々がお互い協力し合うことで自由によって解決策を見つけ出します。
人々がiPhoneやiPad、コンピューター、技術といったソリューションを作り出すようになります。しかし、「わたしにつまずかない者は、さいわいである」という言葉を見てください。
キリストのメッセージが伝えられる場所であればどこでも、その文化が伝わるところであればどこでも、その王国が実現する場所であればどこでも、自由と責任がある場所ならどこでも、そこでは繁栄があるということが科学的に分かっています。また人々にはそれが分かります。
トランプはこのようなタイプの自由と責任のメッセージを広めています。必ずしも福音から行う必要はなくても、自由と責任のメッセージを推進しています。お互いに対処する自由で責任ある国にしよう。EUやブリュッセルのような中央集権の官僚主義から自由になるよう世界でナショナリズムの高まりを支持しよう。これらの国々で貿易させて活気にあふれさせて成功させ、貧困や直面するあらゆる危機に打ち勝つための独自の体制を作り上げよう。お互いに助け合えばそれができるのだと。私たちに他の国から常に規制をかけて、何ができて何ができないか指図するような、狂った包括的な組織と狂った政府の世界機構ではできないのだと。彼が福音を伝えているかどうかは関係なく、自由と責任のメッセージを推進しています。それは当然ながら最初から神様の贈り物です。
トランプがそれを推進すると何が起こるのでしょうか。官僚たちは全員腹を立てます。EUの人たちを見てみれば腹を立てているのです。トランプ王のせいで(笑)。トランプ王がG7に現れました。そこで彼は「NO」「NO」「NO」「NO」「NO」と言い、彼らは「しかし」「しかし」「しかし」「しかし」・・・。
腹を立て「私たちの制度を支持しないとはどういうことだ!」「金融資本家が人々の生活を支配することを支持しないとはどういうことだ!」「崩壊させて第三世界の国にしてしまい、自分たちが強奪できるようにすることを支持ないとはどういうことだ!」と。
彼らはそれから武力衝突に引き込み、紛争から抜け出さなければならなくなるとさらに強奪しようとし、その後再建します。そのようなシステムにはうんざりしています。今世界がそのようなシステムに関与しているのです。トランプは「NO」と言い、私たちに関税をかけているから君たちにも関税をかけると言っています。親切な態度はとり続けるし、電話も掛けるが関税をかけるならこちらもかけると。彼らは腹を立てていますが、責任を持たなければなりません。
真の福音が説かれる所ではどこでも。もちろん自由と責任は人間に与えられた神様の贈り物です。福音が説かれる時には腹を立てる人が非常にたくさんいます。というのも彼らは、人々を独裁的に支配したいという自己中心的な悪い欲望を持っていて、それが役に立たなくなり止められてしまうということが分かるからです。そのような今持っている欲望を得ることがもっと困難になると分かっています。ほとんど実存的な危機にあります。
(途中省略)
驚くべきことに、ワシントン・ポストが私たちに大きな衝撃を与えるとすぐに・・・。あの写真を見てください。ウェブサイトではもっと大きな物でした。空が大きく写っていて。雑誌の物はこれだけですが、空の部分をトリミングする必要がありました。インターネットに出ているのを見てください。大きな空が写っています。文字通り二代王をそこに載せました。AR-15を持って山の王様という感じで世界の上に立っています。彼らはそう表現していたのです。
imrs
そしてその直後にタイムが王冠を被ったトランプ大統領の写真を出しました。世界の王として。そして私たちも同じメッセージを教えていました。もちろんここで私たちがやっているのは内的なものですが。トランプ大統領が世界レベルで政治的に推進していることの本当の聖書的な基礎です。ずっとこういうことがあるのは、驚くほどのことです。
オバマは皇帝と呼ばれていました。もちろん皇帝オバマは中央集権政府でした。トランプ大統領はまるでヨーロッパの王のようなローブを着ています。チンギス・カンのような服は着せませんでした。彼らはヒトラーの姿は何度も使っています。しかし王の服を着せて王冠を被らせました。明らかにキリスト教の王様というような印象を与えています。左翼でもどういうわけか心の中で分かっているのです。この王が制度を変えているのだと気づいています。彼らの王国、王権、主権と世界に対する支配、人類に対する支配にとっての存立危機です。それを憎み、震え上がっています。
24:ヨハネの使が行ってしまうと、イエスはヨハネのことを群衆に語りはじめられた、「あなたがたは、何を見に荒野に出てきたのか。風に揺らぐ葦であるか。 25:では、何を見に出てきたのか。柔らかい着物をまとった人か。きらびやかに着かざって、ぜいたくに暮している人々なら、宮殿にいる。 26:では、何を見に出てきたのか。預言者か。そうだ、あなたがたに言うが、預言者以上の者である。27:『見よ、わたしは使をあなたの先につかわし、あなたの前に、道を整えさせるであろう』と書いてあるのは、この人のことである。
お父様がこう語られたことを思い出してください。クリスチャンが(再臨)主を受け入れていたら7年以内に世界が復帰されただろうと。キリスト教が真のお父様を受け入れていれば、非常に短い期間で世界が根本的に変わっていただろうということです。
今、聖霊の力、天国の真のお父様の力、そして真の母の力を目の当たりにしています。ダラスへの長旅から帰ってきたところですが、素晴らしい心情を持っておられます。少し疲れていますが、92歳ですからみなさん理解してくれると思います。
重要な点は、全ての勝利がまとまって、霊的な奇跡が起こっているということです。そしてこのように世界的な注目を集めたこともそうですが、左翼が震え上がるだけではありません。クリスチャン、キリスト教会の保守派の銃コミュニティーの指導者たち、そしてラリー・プラット氏という真の洗礼ヨハネ的人物。彼は文字通り銃ロビー界の王様です。GCMの彼の番組に招いてくれただけでなく、「Rod Of Iron Kingdom」の本に「卓越した作品」として推薦の言葉を書いてくれました。重要なことは、このような洗礼ヨハネ的人物がお父様の王権を支持し、協力するために現れ始めているということです。
トランプは知りもしないでしょうが、トランプとの面会にだんだん近づいているのは明らかです。みんながインフォウォーズのために、アレックス・ジョーンズのために韓国や日本の兄弟姉妹でさえ祈っているということを思い出してください。それは彼が私たちを避けているからです。カイン・アベルから逃げています。お父様の王権から逃げ続けています。私たちのことを取り上げたくないのです。神様の御手により、このように注目を集めているのにそれでも私たちのことを取り上げようとしませんでした。全くおかしなことです。なぜなら私たちは彼らを称賛しているからです。私たちは彼らのやってきた事全てに感謝したいからです。彼らはただ逃げています。それで先週・・・。
(話の途中で推薦文が届く)これがラリー・プラット氏の推薦文です。「憲法修正第2条に対する卓越した弁証であり、修正2条、自己防衛、政府の力の制限について話す場合に犯すことのある大きな間違いについて対処するための手引書である。この本を強く推薦したい。Gun Owners America 名誉理事、ラリー・プラット」
想像できますか。例えばお父様の自叙伝にそのような物があることを。彼は敬虔な福音派のクリスチャンです。コース博士とのインタビューを見て驚いた人はどれくらいいたでしょうか。本当のクリスチャンであり強い信仰を持っています。「悪魔が」と言っていました。アレックス・ジョーンズを見ているようでした。
ところがインフォウォーズは今私たちにつながりを持つようになっています。あるイベントを彼らとやろうとしています。ワシントンDC支局長が先週も番組に参加し、また参加する予定です。今関係が深まりつつあります。
私たちだけではできなかったでしょう。ローデスが非常に一生懸命に努力していたとしても。しかし聖霊が全てを一つに合わせて神様の摂理が前進させられるようにしました。この人たちは洗礼ヨハネ的人物です。それを目の前で私たちとつながるところを目撃しています。どうすればこのようなとんでもないことを説明できるでしょうか。あらゆるかけらが全て1つに集まってくるのをどうすれば説明できるでしょうか。この時に動いている神様の御手と聖霊の力なしには説明できません。
ですからこのような洗礼ヨハネ的人物は非常に重要です。キリストが言っていることを見てください。
28:あなたがたに言っておく。女の産んだ者の中で、ヨハネより大きい人物はいない。
現在の洗礼ヨハネは、保守派の福音派クリスチャンです。それが今、真のお父様の王権と共に立ち上がろうとしています。私たちには何もなく、全ての基盤を奪われてしまっているとしても。それでもお父様が作られた心情の基盤と投入されたものは、彼らの魂に消すことのできない印をつけ、この三大王権の中に名残とその成果と力が継続されていることを感じさせることができるのです。そしてもう一度そこにつながろうとしています。
彼は「君のお母さんに話してワシントン・タイムズを取り戻せるようにやってみるよ」と言っていました(笑)。それから「取り戻せなければ新しいものを始めればいい」と。
重要なことはこのような洗礼ヨハネ的人物が現れて証しし、王国の聖書的な基盤について同意するということです。私たちは神様の王国について話しています。これがクリスチャンにとって重要なテーマであることが分かるでしょう。キリストによれば、聖句によれば、それがどのようなものであって聖句でどのように定義されているか、ということを話しているのは私たちだけなのです。そういった気まずくなるような聖句は、社会主義者のキリスト教会では決して触れません。鉄のつえにも。私たちだけがそれに触れて話をしています。そしてクリスチャンの共同体が私たちを支持し、私たちに参加し、ラリー・プラット氏が推薦文で書いているようなことを言っています。それは本当に信じられないことです。
しかし、イエス様は言います。
しかし、神の国で最も小さい者も、彼よりは大きい。
なぜでしょうか。それは神の国で最も小さい者は王だからです。少なくとも王国では王なのです。洗礼ヨハネよりも大きいのです。なぜならキリスト教を中心としており、憲法を守り神様を愛し隣人を愛しており、そして王だからです。市民であるだけでなく王でもあります。王国で最も小さい者も王であり王としての権利を持ちます。
私たちはこれを乗り越えなければなりません。サタンの王国が私たちに与えている罪悪感を克服しなければなりません。ローラ王、ピエール王、ジム王と呼ぶときに「奇妙な感じだ」と感じています。私たちをそのように奇妙に感じさせているものを克服しなければなりません。
それが普通で自然にならなければならないのです。私も分かったことですが、自分が王として立ち上がらなければ、誰も王として擁護する人はいないということです。自分で立ち上がり、自分で信じなければ・・・。神様は誰もあなたに代わってやってくれる人はいないと言っておられるからです。
子供たちとこれについて話したことがあります。「君たちも王権を確立するのに協力しなければならない」と。子供たちは「亨進ニム」と言ってくるからです。すると私は「私は二代王だ」と。傲慢な態度を取ろうというのではありませんが、君たちにも王になってほしいのだと。お互いを王様、王妃と呼ぶのを奇妙に感じるような罪悪感を克服しなければならないのだと。特に祝福家庭なのですから。
これはサタンが自分の支配の名残として私たちに付けた、自分を愚かだと思わせる要素なので克服しなければなりません。真に自由になるためには君主や王の奴隷や召使のようであってはなりません。自分自身が主権を持った王として立たなければなりません。王の王とその憲法、またその国と共に神様を愛し隣人を愛するために立ち上がれば、地上に平和が訪れます。
しかしそのばかげた罪悪感の感情を克服しなければなりません。人々は私たちが奇妙だと思わせようとしますが、それは自然な事になるべきです。共同体としてそれが奇妙だと考えて、王権と王、王とのつながりを受け入れるのに苦労するのか、それを真剣に捉えて自分たちの言っていることを本当に信じ、明言していることを信じ、それを文化の一部にするのかのどちらかです。ですから私たちにとっては奇妙ではありません。
ヒロミ王妃、ロウ王、アデリア王妃。奇妙なことではありません。しかし問題は私たちが自分たちを導く聖霊やお父様に後れを取っているということです。私たちに王国を示し、憲法を示し、聖句を全て示されても、私たちはまだお父様より20年遅れています。お父様はいつも自分より20年遅れていると言われました。私はここでみなさんの熱意をかき立て聖霊の火を入れようとするのです。これを克服しなければなりません。
(省略)
この人がイタリアの中心人物です。トランプ大統領のように文字通り「イタリアを再び偉大に」と言っています。共産主義のEUと世界政府から離れようとしています。革命が広がっています。本当に大きな事です。
italia politics.png
バチカンがそこに乗っかっていることを考えてみてください。彼らはフランシス教皇の言うことを聞きません。偽予言者の反キリストです。あの馬鹿者の話は聞いていません。自分たちの心の中の良心と神様のみ言に耳を傾けています。その声が、文化を守るために自由になり、責任を持ち、説明責任を果たそうと叫んでいます。イタリアは今全国的な革命の中にあり、「イタリアを再び偉大に」というものが現れています。
神様の働きです。大きな霊的戦いがあります。それは私たちが話す間に今も続いています。血肉に対する戦いではなくこの世の闇の権威と力と支配者に対する闘いです。そして上層部にいる霊的に邪悪なものが今見えるようになっています。目が見えなかった人々が今見えるようになっています。自分のことを弱いと思い眠っていましたが今目覚めています。人々には分かります。
そしてこの新しい動きにつながろうとしているのは興味深いことです。彼らは民主主義に何が起きたか分かっています。ヨーロッパでは民主主義がほとんど失われました。アメリカは民主主義をほとんど失い、自由を失いかけていました。ヒラリー・クリントンの下で、ほとんど失ってしまうところでした。
今人々は、自分たちの体制がもう一度取り戻せると分かっています。一流の専門家は今後10年から20年の内にヨーロッパとアメリカ全土で内戦が起きるとほぼ請け合っています。しかし重要な事は、体制が自分たちを裏切っており、内側から乗っ取られていると人々が感じることができるということです。何か別の事が起き、変化が起きると分かっています。そしてそれが自分たちの統治を助け、今自由が手をすり抜けていくのを目撃する中で直面したばかりのものと同じ罠と患難から守ってくれるのだと。
トランプによって一時的な救済を感じていますが、それで終わりだとは思っていません。なぜなら彼が任期を終えれば、左翼の気違いがやってきてハリウッドスターを大統領にしようとして、ヒラリー・クリントンよりも悪くなるかもしれません。そして内戦が起こります。脅威は常にあります。今ほとんど自由を失いかけていた人々が、今再びそれを取り戻しました。
ビルダーバーグ・グループが追い打ちをかけようとする直前で反撃したのです。彼らは手を伸ばし、首を捕まえて戦っている所です。まだ大きな戦いが待っていることを知っています。しかし真の平和を心に持つということを知っています。
あのビデオで言っていたように、平和はキリストによって来ます。そしてキリストの王国が来るとき、平和が来ます。精神の平和。心情の平和。そして世界の平和です。なぜなら王国の基盤は神様を愛し隣人を愛するところにあるからです。またそれは主権であり、悪、つまりオオカミや悪いライオンに立ち向かって武装するものです。
それはあの強力な箴言28章にある王国です。そこでは「悪しき者は追う人もないのに逃げる、正しい人はししのように勇ましい。」としています。なぜ悪しき者は追う人もないのに逃げるのでしょうか。誰も追いかけていないのに。誰も刀を持って追いかけてこないのに。なぜ逃げるのでしょうか。それは人々が牧羊犬となるだけでなくライオンとなり、神様の王国でユダの獅子と共に立つからです。
箴言28の文化、箴言28の現実、箴言28の王国では、正しい人たちが強力でありライオンのように勇ましいのです。すると悪なる者たちは逃げていきます。追いかけなくても逃げ出し始め、陰に隠れてしまします。それは時が来たことが分かるからです。
素晴らしい事です。今ヨーロッパ、アメリカ。次がどこになるかは分かりません。しかしこの狂った患難の時代の中で私たちには分かります。見てください。ヨーロッパが来て、フランスが来て、デンマークが来週来ます。それから誰が来るのか分かりませんが、あらゆる事が続けて起きています。しかし彼らは興味を持っています。なぜなら神様が福音をもっと多くの心と精神に届けようと何か準備されているからです。もっと多くの男女の心に火を付けようとして。
彼らは自由を求めて叫んでおり、全体主義の奴隷制の下で生きるべきではないのだと分かっています。EU,中国の選挙で選ばれていない官僚、そしてあらゆる狂った独裁者と悪魔たちが人類を支配しています。彼らは知っています。赤い血の通った脈を打つハートを持つ全ての男性と女性は知っています。なぜなら神様の法が彼らの心に書いてあるからです。
そして自分たちが奴隷となるべきではないと分かっています。習近平の下で生きるべきではないと知っています。自由になるべきであると知っています。そしてイエス・キリストと再臨主の名前を恐れることを知っています。彼らはその王国を恐れています。その文化を恐れています。その方を恐れています。なぜならその方が平和の根であり、王国の文化の根であり、私たちの父である根であり、保護してその子供たちを育ててくれ、そのために私たちはいつもオオカミや悪人、悪いライオンに対して勝利することができるからです。みなさん時が来ました。
これはブレード・ショーに行った時の写真で素晴らしい時を過ごしました。このブレード・ショーでの違いが何かということです。ブレード・ショーは素晴らしく、自己防衛者にたくさん会いました。しかし、憲法に基づくキリスト教の強い根がありません。それがブレード・ショーで感じた唯一のマイナス面でした。
素晴らしい作品と多くの自己防衛者。良い人もたくさんいます。しかし文化全体ではどうでしょうか。文化は重要です。例えばNRAショーでは何十万人という人が一堂に会して、武器を身に着ける自由を祝っています。銃というこの地球上で最も強力な技術を持ち歩くということです。普通の人が偽の王や偽の独裁者に勝つことのできる武器を持ち歩くことができます。私たちはそれを一緒に祝います。
アメリカでそれはどこから来たものかと言えば、憲法を書いた建国の父から来ました。しかしそれはまたどこから来たのでしょうか。建国の父は神様から来たものだと言っています。ですからNRAショーで感じた武器を携帯する自由に対する感謝の気持ちは、憲法を書いた建国の父から来ているのであり、彼らはみなクリスチャンでした。そして憲法の中でこれは神様から来たものだと言っています。ですからNRAショーでこういった人たちに会い、本当に神様に対する感謝の気持ちを抱くのです。
ブレード・ショーではイスラム教スタイルの剣もあれば仏教スタイルの剣もあります。非常に相対主義的で多文化主義的です。また技術的に最高に強力なものでもありません。4インチ(約10センチメートル)の刃物で悪の独裁を打倒することはありません。
しかしアメリカの建国の父が定めた武器を携帯する力、それは政府を本当に倒すことのできる力です。また国民がその力を持ちます。ですからNRAショーに行くと何十万の人がいて、自分たちが謳歌できる素晴らしい自由を感じるのです。そしてそれがどこから来るかと言えば憲法であり、建国の父であり、神様から来ているのです。彼らはそれを認識しています。
自分を守る人間の権利は神様から来ています。ですから天一国憲法は非常に強力なものなのです。それは世界レベルのものであり、全世界の人々が武器を携帯する権利を持つということです。自分を守る権利を持ちます。なぜならその権利は神様から来ているからです。
NRAショーはミクロ世界のようなものです。来年4月にインディアナポリスで体験するでしょう。想像して見てください。お父様が語られたようにベーリング海峡を通ってケープタウンまで行き、南アフリカから中国、韓国まで車で行くことを。どこに行っても自己防衛者であり、神様を愛し隣人を愛する文化であり、中国にもサハラ砂漠にも運転していくことができます。アマゾンのジャングルも行くことができます。ロシアのシベリアにも。
そしてどこに行っても人々には主権があり、武器を携帯する権利があります。そしてその権利は憲法から来るものであり、神様から与えられたものであると知るようになります。人間の権利は神様から与えられるものだとはっきりと書いてあります。そのショーに行けばミクロ世界のように感じて理解できます。世界がそのようであることを想像して見てください。
どんなに悪かったとしても、ビルダーバーグ・グループや、これらの独裁政権の独裁者、支配欲に駆られた異常者が成功する道はなくなります。馬鹿なことをやろうとすれば善人が即座に倒します。そのような政治的なサタン主義のウィルスから国を守ります。
ブレード・ショーとNRAショーでは非常に対照的だと感じたのはそういうことです。なぜNRAショーと鉄のつえの文化がより一層アベル型であるのかということです。ですから刃物や素手の戦いより強いというのは当然ですが、それが主体の立場だということです。最も強力な技であるから主体なのです。
自由に訓練することができるのは、紙に書かれた憲法から来ているだけでなく、全能の神様から来るものであり、鉄のつえによる統治から来るものです。それは聖句によれば善良な仲間の王国の面倒を見る、つまり守るということを示しています。そしてその人たちは悪に立ち向かうことができます。訓練を受け、神様から装備品

6月17日「鉄のつえの王国18」英語説教

翻訳:Harry
王国の福音になぜこれほどこだわるかというと、イエス様自身がご自身の福音をそう呼ばれたからです。福音を説明する過程で「それは王国だ」といわれたからです。
別の世界が来るといわれました。それは他の惑星が・・とか、そのようなものではありません。別の体制、全く新しい別の新しい王国の新しい時代が来るといわれました。
ローマの覇権のもとでのあらゆる抑圧、中央政府から受けるすべての圧政が終わるということです。これは人類堕落の後、サタンの後をついていった結果、繰り返し、繰り返し抑圧を受け、マフィア・カルテルによる覇権の奴隷であり続けるしかなかった。それは人種、信条、肌の色を問いません。中央権力を打ち立てるために何でも利用してきたのです。あらゆるものを捻じ曲げてきた。
マタイ9章35節には、
イエスは、すべての町々村々を巡り歩いて、諸会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、あらゆる病気、あらゆるわずらいをおいやしになった。 とあります。
マタイ24章14節では、
そしてこの御国の福音は、すべての民に対してあかしをするために、全世界に宣べ伝えられるであろう。そしてそれから最後が来るのである。
驚いたことに韓国のキリスト教が「ヨハネの黙示録」について、2017年暮れから2018年にかけて一連のシリーズを制作しました。「新天地」などの新興宗教に対抗するためにです。まあ(新天地)にしても社会主義的な者ですが―、とにかく残念なことに、これらの新しい宗教運動はすべて社会主義的で、われわれのことをWAKO(ブランチダビディアン)と結びつけようとする者たちもいますが、ここでは一切、社会主義的な内容を教えていないのです。
すべての人が私有財産を持ち、まったく社会主義的集団居住地など、社会主義的理想郷を作る気などありません。この偽(いつわり)の理想郷をみてみなさい。いつでも救済のシステム、その生活の場として共産主義を押し付けるのです。それは地上地獄を造ることです。地上地獄!
だから真のお父様は、再臨主として、共産主義、社会主義中央集権体制を激しく非難されたのです。
汝矣島(ヨイド)大会43周年記念(番組)を観た人はいますか?
お父様が火のように激烈に説教されていたでしょう。(その大会に)何人集まりましたか?43年前、汝矣島の広場に120万人が集まったのです。私も(番組を)観ましたが、お父様ははっきりといっておられました。
「共産主義はサタン、悪魔の哲学です!」
私の説教が過激だという人がいますが、お父様がそうでした。私はただその伝統に沿っているだけです。邪悪な体制に対しては火のように激しく糾弾されました。
その体制の中でお父様は成長されたからです。そこで迫害を受け、投獄され、5才の子供が殺され、人民に対する教訓だと言って街中で吊るされる、そのようなことをすべて目撃してこられたからです。直接体験されたのです。
だからあれほどまでに社会主義共産主義体制を糾弾され、百万ドル単位のお金を相次いで投入してワシントンタイムズを創刊され、自由と主権を基盤とする政治団体を造られたのでした。反対する側に立って闘い、共産主義社会主義とその悪にNOを突き付けるために闘われたというのです。
イエス様がいわれた来るべき王国について―希望と喜びをもたらす良きおとずれ、福音を説かれたのです。ローマ皇帝の覇権の下で暮らす、すべての人々にそれを説いたのです。
マタイ25:34、
そのとき、王は右にいる人々に言うであろう、『わたしの父に祝福された人たちよ、さあ、世の初めからあなたがたのために用意されている御国を受けつぎなさい。
ここでも、イエス様は御自身の福音が御国(王国)の福音だと言われています。ここを避けて通ることができません。あまりにも明確です。
キリストが福音を王国の福音だと定義されたのです。次に王国がどのようなものかを明かされました。それは詩編2章8、9節に描かれるものです。
わたしに求めよ、わたしはもろもろの国を嗣業としておまえに与え、地のはてまでもおまえの所有として与える。おまえは鉄のつえをもって彼らを打ち破り、陶工の作る器物のように彼らを打ち砕くであろう
ここでもまた、私有財産の重要性が込められています。それは自由な市場、自由な取引には欠かせないものです。自分の所有が何か、明確に知ることなしには他の人々と、実際的に売買することができません。どういう利益を得るのかはっきりとわからなければウィン-ウィンの活動が成立しません。すべてが共有物であり自分のものが何なのか決めることができなければ、物々交換もできません。経済が崩壊することはいうまでもありません。
ここ(詩編の聖句)は私有財産のことをいっているのです。もちろんこれは社会主義共産主義政府の禁止するものです。「よくも厚かましくも自分の土地だといえるものだ。これはガイアの女神であり・・・(笑)、」だけど(政府は)それを所有している。
女性嫌悪の神学といえば・・・ガイア(ギリシア神話に登場する女神、地母神であり、大地の象徴とされる)を政府が所有しているではないか。私を女性嫌悪と呼んでいるが、これこそ女性蔑視ではないか。
ガイア理論、これもバカげた理論です。
とにかく、私有財産こそ自由な人々の、中央の支柱、柱の柱だということです。詩編2章にある通りです。その9節、
「おまえは鉄のつえをもって彼らを打ち破り、陶工の作る器物のように彼らを打ち砕くであろう」
ここからも鉄のつえの威力が分かります。凄い威力を持っている。「陶工の作る器物のように彼らを打ち砕く」
(鉄のつえの王国の本のカバー写真を指して)ここに、陶工の器物があるのが分かりますか。
打ち砕かれたかけらです。これは実際の陶器です。ある式典で砕きました。
830851892fb.jpg
黙示録2章27節、
「彼は鉄のつえをもって、ちょうど土の器を砕くように、彼らを治めるであろう。それは、わたし自身が父から権威を受けて治めるのと同様である。」
箴言28章1節、
「悪しき者は追う人もないのに逃げる、正しい人はししのように勇ましい」
皆さん、神様は私たちのことを「牧羊犬」以上の表現で呼ばれます。神の傍に立つライオンだというのです。ユダ族の獅子。
また、ここ(黙示録2章27節)では、
彼は鉄のつえをもって、ちょうど土の器を砕くように、彼らを治めるであろう。それは、わたし自身が父から権威を受けて治めるのと同様である。
つまり、この「鉄のつえの権威」、「土地と私有財産を所有する権威」、これは神さまから来るものだということが分かります。神様から来るのです。政府から来るのではなく、政府も官僚、役人も奪うことができない、テッド・ターナーやビル・ゲイツ、モンサントも奪うことができない、ジョージ・ソロスであろうと、アマゾンであろうと誰にも奪えません。それが誰であろうと奪うことは許されません。知的精神、全宇宙を想像された知的設計者(インテリジェント・デザイナー)である神様から与えられたものだからです。私たちに、素晴らしい人間としての権利を与えられました。
「父からの権威を受けて(黙2:27)」とあるのです。
天の父は、善なるお父様です、みなさん。良いお父さんだというのです。
次に黙示録12章5節、
女は男の子を産んだが、彼は鉄のつえをもってすべての国民を治めるべき者である。この子は、神のみもとに、その御座のところに、引き上げられた
これはキングズレポートでも話しましたが、韓国CBS、韓国のキリスト教放送局です。韓国最大の福音派キリスト教放送局です。素晴らしいことに、韓国の福音派キリスト教は非常に活発です。情熱もある。本当に短い間に大きく拡大していますし、信仰も深い。彼らが黙示録についてシリーズ番組を制作したのです。これが素晴らしいものでした。
黙示録の構成、交差配列を読み解いています。交差配列というのはA→B、B→Aのパターンです。これはヘブライ語の詩的散文に決まって見られるのです。もちろん宗教聖典にも見られます。なぜこういうことが発達したかというと記憶しやすいようにするための工夫でした。(文字ではなく)口頭で伝えていくものでしたから。
神は→偉大だ。(A→B)良きお方こそ→神様だ。(B→A)というものです。
すなわち、A→B、B→A構成です。これで神様を理解できるようにするのです。
このA→B、B→Aパターンを、つなぐとABBAアラム語でアバ、すなわち父を意味します。イエス様は、「アバ(父よ)」と呼びかけました。面白いことに、ABBAは父を表すと同時に、またABBAの交差配列をも象徴する。
まさに黙示録がこの構成になっています。1章と22章(最終章)と鏡で映したようなペアの関係になっていて、2章と21章、3章と20章、4章と19章・・・こういうふうに鏡面関係でペアになっています。それが真ん中の章が残るまで続くのです。
それが第12章。
だからこの12章というのは鍵の鍵となる章であり、極めて重要な内容が書かれているのです。それは何か。
「また、大いなるしるしが天に現れた。ひとりの女が太陽を着て、足の下に月を踏み、その頭に十二の星の冠をかぶっていた」で始まる一連の内容です。
太陽(サン)を着て、月(ムーン)を足元にする。12の星の冠をかぶり、そしてどうしますか?  女は男の子を産みます。鉄のつえをもってすべての国民を治める男です。これが中心部分なのです。この女性が誰かもう知っていますね。
興味深いことに、いま韓国キリスト教界でも、この交差配列講義の中で-これは1950年代に西洋の神学者によって発見されたのですが―彼らはこの12章の女性を何と呼んでいると思いますか。
普通は「信仰の女」、「真実の女性」だとか、「黙示録12章の女」と呼んでいるのですが、韓国のキリスト教とは、これをスライドの中で「黙示録12章の女」のことを「真の母」と呼んでいるのです。「真の母」といっている。こんなことは韓国キリスト教界で私は初めて見ました。
「黙示録12章の女」のことを「真の母」と呼んでいる。
信じられないようなことです。彼らがお父様の用いられた用語でこの鍵になる女性を呼んでいる!
交差配列の中で中心に位置する12章の女性です。その中心に位置する女性は太陽(サン)と月(ムーン)でおおわれているというのです。これは霊的なお父様、サン・ミョン・ムーンを表しています。
しかも3章、7章では、生ける神の印を持って、日の出る方(東)から上って来るのを見た、といっている。
神の印は東から来ると。天使がアバ(父)に印章を東から運ぶ。またこの女性は太陽(サン)と月(ムーン)で覆われる。そして男の子を産んで、その子は鉄のつえで諸国を支配する。
そしてお父様が再臨主を宣言された、その唯一の王権から、またそこに、去年9月に実体化した真の母。それらが完成した後で「鉄のつえ」の証があり、それが今世界中に広まったのです。こんなことが起こりうるでしょうか!普通じゃない。  (拍手)
誰が仕組んだのでしょうか。すべてが神のみ手の内にあるというのです。
中には私が「自分は神だ」と教えているという人もいますが、私は自分が神だなどとは言っていません。私はメシアだとも言っていません。真のお父様がメシアであり、私は相続者、後継者です。ボビーは、地元で「ショーン牧師は自分が神だと言っている」などと言いふらしています。ボビーそれは違う、いってみれば私は「教皇」のようなものだといえる。もちろん、カトリック教会の教皇とは対極にいます。彼は「ニセ預言者」です。(笑)共産主義を教えるうえに、世界政府、そして貧しい人々から「気候変動」をネタに炭素税を取ろうとしている。バカげています。それにイエス様をジハーディストと同じように言っています。
頭は正常ですか?
ヨーロッパ人に移民と溶け合えといっています。ジハーディスト(聖戦主義者)が調べられることなくなだれ込んでいるというのに!空前の出来事です。(現ローマ法王は)信じがたいほどの左翼共産主義に染まった指導者です。100%です、100%。
しかもバチカン銀行はロスチャイルドの銀行に間違いなく組み込まれています。(四騎士の)白い馬だというのです。反キリストの王冠と弓矢(ロスチャイルド家の家紋)。サタンは神様とその民の真似をします。だから王冠。黙示録14章にあるとおり、王冠の正面にはお父様の名が入っています。
彼らに正統性がありません。ロスチャイルドに正統性がありません。全世界の通貨発行を支配しています、詐欺と紙のお金、紙幣によって。
ポール・ウィリアムズ博士 と、ハワード・ブラウン牧師による本、The Killing of Uncle Samをお勧めします。今日ここにも彼の友人でスタンフォード大学の教授がいます。ウィリアムズ博士は、ニューヨークタイムズ紙でベストセラーに挙げられた本の著者です。
この本は、キケロからフリーメイソン、ロスチャイルド銀行カルテルとの結びつき、1812年のワーテルローの戦伊など、多岐にわたり、アメリカ最初の国家銀行の75%の支配権をロスチャイルドに奪われた経緯が書かれています。1800年代の1812年にはもうすでにロスチャイルドが奪い去っていたのです。いかに素早いやり口であるか。こうしてアメリカの通貨発行権を支配したのです。そして税金奴隷、税金プランテーションに仕立て上げたのです。結局イギリス王室が支配権を奪い返したということです。この本の購読を進めます。
もう何年も前、世界はどうやって動いているのか自分の中で問い始めました。政府、銀行制度はどうなっているのか。
その答えは私が望んだものではありませんでした。舞台裏から動かす指導者たちは、必ずしも私たちが望んでいるような利他主義的な人々とは限らないのです。むしろ強欲で野心的、そして破壊的です。
この本「キリング・オブ・アンクルサム」は、人類がどのようにして、ここに行き着いたのかその旅路を探りたい、またこれをどう変えるかという願望から生まれました。歴史を変えるには、人々の行動を知るだけでは不十分で、その動機を知らねばなりません。
人々を助けるため世界中を飛び回って、悪戦苦闘した末に、権力の地位にある人びとがいかに冷酷であるか知りました。
一体どうして、ただお金のためだけに、自分の国と国民を売り渡すことができるのか。本当に、お金に対する欲望が、すべての悪の根源です。
プライドと貪欲、権力が人を想像もできない行為に駆り立てます。
政治家はある約束をしますが、その行動は全く逆であるということです。まるで自分の魂を高い所にいる何者かに売り渡したようです。
法律で定められた民間銀行がなぜ何のチェックも受けないのか。バーナード・マドフの自転車操業が史上最大級の詐欺事件と呼ばれるのか。
しかし実際は違うのです。犯罪の中の犯罪は、実は法制化された世界の中央銀行制度なのです。そこに政治家が助力することで銀行は無からお金を生み出すのです。そして何十億という人々から略奪する。
私たちの唯一の慰めは、一人残らず、全能の神の前に立つとき、その審判の日に自分の人生の行いに責任を取る日が来るということです。そこに弁護士もなく、嘘もつくことができません。素晴らしい外見も役に立たない。そこに在るのは、彼らと、彼らの人生の記録だけです。
私は南アフリカ出身です。いつも何かが間違っていると思ってきました。ただそれを突き止めることができませんでした。しかし、陰謀団のやり口は、人と人を対向させ闘わせるということを発見しました。そして闘わせている間に、彼らの富を奪うのです。
石油やダイヤモンドなどの資源を巡って国家間で戦争や大量虐殺などが起きました。この本の中には1千にものぼる脚注で十分に事実を裏付けています。過去200年、一貫して貫いてきたものが貪欲と強欲、すなわちお金への愛着であるということが、この本の中で明らかにされています。
この本にはかつての大統領、首相、市長、その他の指導者が、一般の人々に警告を発している引用が散りばめられています。そのほとんどは、しかしながら大衆によって無視されてきました。自分が見たいものを知らない限り、それを見ることはできないものです。
セシル・ローズから今日に至るまで、ほとんど何も変わっていません。多くの人がこの問題を明らかにしよう、なんとかしようとしましたが、沈黙を強いられてきました。
しかし今や人々が立ち上がり、「もう十分だ」と声を上げ、超えさせてはならない一線を画する時が来ました。
もう私たちはこれまでのように見過ごさない、立ち上がって真実を明らかにし、正々堂々と主張し、改革するのです。
私たちは強くこれを望んでいるので、たとえそれが死をもたすことになったとしても気に留めません。建国の父は・・独立宣言に署名した56人は、国のため自由のためにすべてを失うことも厭いませんでした。そして多くの人は実際に失いました。
建国の父への敬意から、私たちの世代が立ち上がらなければなりません。そして、いまがその時です。
Dr.ロドニー・Mハワード・ブラウン。フロリダ州タンパ。
翻訳:Harry


6月24日日曜英語礼拝

2018年6月24日 日曜英語礼拝

翻訳:BAMBOOS
今日はルカ9章です。聖書があれば9章を開いて1節からいきます。興味深いことにこの章は別の章とつながりがありますので、それを教えます。今日は伝統的なスタイルに戻って本を使います。インターネットやコンピューターの前に本という物がありました(笑)。ルカ9章を一緒に読みましょう。
1:祖れからイエスは十二弟子を呼び集めて、彼らにすべての悪霊を制し、病気をいやす力と権威とをお授けになった。2:また神の国を宣べ伝え、かつ病気をなおすためにつかわして3:言われた、「旅のために何も携えるな。つえも袋もパンも銭も持たず、また下着も二枚は持つな。4:また、どこかの家にはいったら、そこに留まっておれ。そしてそこから出かけることにしなさい。5:ダれもあなたがたを迎えるものがいなかったら、その町を出て行くとき、彼らに対する抗議のしるしに、足からちりを払い落しなさい」。6:弟子たちは出て行って、村々を巡り歩き、いたる所で福音を宣べ伝え、また病気をいやした。
ここではキリストが弟子たちを訓練し、悪魔に対抗する力と権威を注入してあげています。王妃は姉妹たちと「祈る妻の力」(The Power of Praying Wife)という本について良い勉強をしています。つまり夫のために祈り、夫の勝利を祈り、その反対に夫は妻のために祈ります。祈る夫の力。
もちろんそこで学んでいることの1つは、家庭における神聖な秩序という点で問題に直面する女性が多いということです。自分たちが夫より上でありたいと思い、自分がボスになりたいということです。社会学とフェミニズムではそれを権力闘争と教えています。権力の問題であって、夫はあなたを抑圧しようとしているのだと教えていました。女性にとって結婚は死を意味するのだと。自分の夢と志と展望を実現することはできないのだと。死だ!死だ!と。そのように教えています。
結婚して祝福を受けようとする時、洗脳されているので何故自分の気持ちが信じられないほど惨めであるか分かりません。それは神聖な秩序に従っていないためです。
夫は家庭の長となります。家庭の王となることになっています。同時に、キリストが教会を愛するように妻を愛すべきです。テモテ第1には最も犠牲となるのだとあります。家族を養わない夫は異教徒よりも悪いとしています。ですから男性の責任は大きいです。私たちは、神様が責任として与えた王としての責務を尊重しなければなりません。
そのクラスの中で話し合っていたのですが、本にはこう書かれていました。「妻たち、神様はあなたに夫を支配して超える権威を与えてはいません。聖書ではそれはあなたの権威ではありません。それは家庭で破壊と大きな混乱をもたらすことになります。そうすれば完全に自己陶酔的で独善的になってしまうでしょう。全てのことで1日中自己憐憫にもがくことになります。家庭は100パーセントみじめなものになります」と。
しかし、神様は妻に子供を育てる時の子供に対する権威は与えています。また神様が他に与えているのは、悪魔とサタンに対する権威です。サタンに対する権威を持っているのですが、サタンが自分の心に働いていることが分かっていません。サタンが心の中に侵入してあなたを夫と権力闘争するように仕向けて、家族を破壊しようとしていることを知りません。なぜならあなたの頭にはそれが価値あるものだと植え付けられているからです。
神聖な秩序における神聖な価値ではなく、ただの権力、お金、資産といったものを入れられています。それらが重要ではないのに。結婚は自分ではなく神様が重要です。神様に喜びをもたらすということです。強力なSWATチーム(訳注:アメリカ合衆国の警察に設置されている特殊部隊および同種の部隊)のような家族の骨組みを養うということです。そこには秩序もありますが権力もあります。夫が王であり王妃を勇気づけます。子供を訓練し家庭での聖職者としての務めを果たします。家族のために祈り、み言と霊的戦いにおいて家族を主導します。それが男性としての責任です。それを実行すれば妻はあなたを尊敬します。
しかしもちろん、ポルノや女性のポルノであるドラマの危険性があり、間違った感覚を与えます。何が魅力的か、何を求めるべきかということについて堕落した観念を植え付けます。男性にとってはポルノのようなみだらな物です。女性にとってはロマンス、三角関係、密通といったドラマのことです。それが人生を台無しにしてしまいます。彼らはそのために対価を払う必要がありません。彼らがやっているのはあなたからお金を巻き上げることです。彼らはみなさんの子供の人生をだめにしたことに対して対価を払う必要はありません。グロリア・スタイネムや愚かなマルクス主義の教授を喜ばすことになるからです。
神様は権威を授けましたがここに問題があります。サタンに対する力と権威を与えました。「すべての悪霊を制し、病気をいやす」と言われました。神様は途方もない権威を与えたのです。もちろん聖書の中でも、コリントの手紙の中でパウロは、天使までも支配するのだと話しています。非常に強力な霊的存在です。またルカ22章では王座に着かなければならないと話しています。そして国を裁くのだと。
このような神聖な秩序が行われず、夫が家庭の聖職者となれない場合、自分の責任を全うしない場合・・・。私たちが完璧で欠点がないということではありません。しかし、役割と責任を明確に理解するということです。なぜなら役割と責任を明確に理解すれば、理解しない場合よりもあなたの立場が遥かに成功するからです。自分の役割と責任が分かってないのであれば、3日目から戦うようなものです。2日目かもしれませんが。
役割と責任を理解していないからです。社会にくだらないことを頭に植え付けられながら、これを理解しようとしています。社会があなたを洗脳して家庭を破壊させようとしている中で、それを理解しようとしています。それがプロセインの教育システムと中央集権的な教育の目的だからです。キリストから500年さかのぼり、プラトンがそのことと共和制について書きました。子供の親に対する愛着心を分離しなければならず、そうすれば国の道具になることができると。それがプラトンです。何千年も前からこれが分かっていました。
ですからあなたから子供を、妻から夫を、女性から男性を引き離すように設計されているのです。SWATチームではなくお互いを敵と見なすようにするために引き離すことを意図されています。SWATチームとして働く場合やチームとして敵と戦う時には力が出ます。なぜならチームワークによる力の増幅があるからです。すると今度はとても悪い人たち、とても悪いチームに対処できます。というのもあなたはチームとして働いており、彼らはそれを望んでいないからです。
彼らはあなたにSWATチームや特別任務チームのことを理解させたくありません。そのような観念を持って欲しくないのです。高度な技術を持って欲しくありません。お互いに相乗的に協力する方法を知って欲しくありません。個人の栄光ではなくチームの栄光を求めるようになって欲しくありません。彼らが望むのは、分かれて分断され、箸や歯磨き粉、靴下のようなつまらないことで口論することです。離婚の原因が馬鹿げたものだということを理解しているでしょうか。
重要な点は神様が私たちに神聖な権威を与えているということです。家族となった時、祝福を受けた時、SWATチームだということを理解しなければなりません。部隊のようなものです。チームリーダーが必要です。ヘッドコーチが必要です。男性はヘッドコーチとなるようになっています。チームリーダーとなるべきです。戦って勝つ方法を知っているべきです。家族が勝てるように励まします。
ビデオ26:14
見てください。全国の人たちからメールが届いています。この数日に届いたものです。何百万という保守派もあの番組(A&E)を見たということは分かっています。保守派ということは偏桃体の機能が正常ですからプレデターかどうかは見れば分かります。少し見て評価すれば分かります。「それが流行?それなら私もついて行く」と言うリベラルとは違います。持ち帰って少し調べたり、その人が大丈夫か調べたりして少し周辺を探るのです。
名前を出してしまわないようにゆっくりメールを読んでみます。
「今あなたの教会についてのA&Eのシリーズを見ている所です。あなたとご家族にご加護がありますように。アメリカの権利と価値を尊重するクリスチャンは誰でも尊重します。そういった物が失われています。善き戦いを続けてください。神様の祝福がありますように。この神聖な教会に気づかせてくれてありがとうございます」
「この団体のことをたった今知りとても恐縮で光栄に思います。A&Eで見たドキュメンタリーのおかげです。みなさんはあらゆる点で正しいです。・・・」
私は真のお父様が再臨のイエス様だと言いましたので、彼も同意しているのだろうと思います。
「・・・つまりこの世の全ての善人はサタンとその悪の軍勢に対して、悪が使おうとしているのと同じだけの勢力と力で戦わなければならないでしょう。何年も前にこのような考えに至りました」
「A&Eでみなさんのエピソードを見たところです。ショーン牧師、あなたは私に語りかけました。私はこれに参加できたらと思うのですが、それは私に語り掛けるのに十分なものがあるからです。あなたの教会に電話しようとしました。ニューヨークに住んでいますが、この冒涜的な州から引っ越してこの神様の信徒に参加したいです。メールで返信をください。あなたの信仰を愛しています」
「教会についてドキュメンタリーを見たところですが、メンバーになりたいと思います。ウィスコンシン州ミルウォーキーの近くに教会があるか教えてもらえますか」
「私と婚約者はみなさんの教会にとても関心を持っています。私たちは20年以上一緒で、トランプ以降共和党です。A&Eの『カルトと過激な信仰』に出るまでみなさんの活動を知らなかったのが残念です。私はカトリックの学校に行っていたので今でもカトリックの価値観を信じています。また武器を身に着ける権利を信じています。それは自己防衛です。番組の最中、彼と私はリベラルでスノーフレークな司会よりもみなさんの活動に同意しました。自己防衛を教えているのは素晴らしい事だと思います。私も学びたいです。シャリア法実践者は生まれた時からアメリカ人を憎み、アメリカ人を殺すように教えられています。あなたの教えは現代において現実に必要とされています。近くに住んでいて教会に参加できたら良いのにと思います。自分のできることなら何でも教会を支援しなければならないと感じています。みなさんがカルトであるということに賛成できません。みなさんは子供を虐待していません。神様の祝福がありますように。神様がアメリカとあなたの教会を祝福してくださるように」
「A&Eの番組を見て、サンクチュアリ教会の立場は聖書において正当なものだと感じました。A&Eはシリーズの報道全体でとても中傷的です。私はサンクチュアリ教会にとても興味を持ち、また自分の信仰の中心が同じであることにとても興味を持ちました。ノースカロライナに住んでいますがどうすればメンバーになれるでしょうか。炎のつえについて、また聖書との関連についてもっと情報を送ってください」
「君たちは全く素晴らしい。アメリカは健在だし、あなたを支持する。君たちのAOと近ければ良かったのだが」
「どうすれば教会のメンバーになれますか。教会のある所に住んでいませんが文先生の教えを信じています。文先生とその運動についてはたくさん聞いたことがあります。素晴らしい成果を上げていると思います。彼のミニストリーを支援したいと思います。何をしたらいいか教えてください。ありがとうございます」
「あなたの教会についてのA&Eの番組を見たところです。今どの教会のメンバーでもありません。みなさんが不当な非難を浴びているということは分かりますが、私にとって番組は目を見張るものでした。真実の価値観によってこの世界の悪から自分たちと家族を守ろうというあなたの考えに敬服します。今までの人生でいくつかの教会に行ったことがありますが、居心地の良さを感じたことはありませんでした。彼らは私たちが彼らの望むような人になることだけを期待していて、私が彼らのためにできることだけでは価値がないように思えました。私の考えではあなたの教会ではメンバーが自然と生活を楽しんでいます。信じられないかもしれませんが、あなたの目には安心して接触できるような情熱がうかがえました。詳しい情報を送ってください」

カトリック教会にはなぜ九尾の鞭を持ったイエス様の絵がないのか

ここで注目して欲しい事があります。「すべての悪霊を制し、病気をいやす力と権威とをお授けになった」とあります。そして「神の国を宣べ伝え」ました。見てください。「旅のために何も携えるな」とあります。「つえも袋もパンも銭も持たず、また下着も二枚は持つな」と。まさにこのルカ9章の聖句は銃支持派が知っている有名な聖句とつながりがあります。それはルカ22章です。35節から何と言われているか見てください。
35:そして彼らに言われた、「わたしが財布も袋もくつも持たせずにあなたがたをつかわしたとき、何かこまったことがあったか」。彼らは、「いいえ、何もありませんでした」と答えた。36:そこで言われた、「しかし今は、財布のあるものは、それを持って行け。袋も同様に持って行け。また、つるぎのない者は、自分の上着を売って、それを買うがよい。
これらの2つの聖句につながりがあることが分かります。ルカ9章では弟子たちを訓練する中で信仰を持って福音を伝えに行きなさいと言っています。何も持ってはいけないと言って。しかしその後、もう一度その事を取り上げてルカ22章では、ルカ9章で言っていたのと全く同じ事について、「しかし今は、財布のあるものは、それを持って行け。袋も同様に持って行け。また、つるぎのない者は、自分の上着を売って、それを買うがよい」と言っています。(続けて以下の聖句を読む)
あなたがたに言うが、『彼は罪人のひとりに数えられた』としるしてあることは、わたしの身に成しとげられねばならない。そうだ、わたしに係わることは成就している。
イエス様は十字架に向けて準備されています。私はもう行くのだと。今度は自分の身を守らなければならないというのです。私の保護がある時は、訓練としてあなたたちを遣わしたのだと。安全だと分かっていたので送りましたが、今は十字架に備えなければならず、今度は剣を持たなければならないということです。
剣はナイフとは違います。マカイラ(ギリシャ語)という両刃の軍隊の武器です。槍と並んでローマの戦士の主要な武器でした。またこの人たちは市民です。イエス様に従う市民でした。中には娘の治癒を求めた将軍もいたことがマタイなどの他の聖句にあります。イエス様を認め、治療者だと分かっている人たちがいました。しかし、使徒たちは一般人です。漁師や取税人などであり軍人ではありません。しかし、ルカ22章ではもう私は行く、殺されるのだと、今から自分の身を守ることができないといけないのだと言います。
剃刀を持ちなさいとは言いませんでした。小さなナイフを持ちなさいとは言いませんでした。ナイフはマカイラとは言葉が違います。剣を持てと言われたのでありそれはまさに軍用の武器のことです。それはCQB(Close Quarters Battle:近接戦闘)のための近接戦闘用武器です。
頭のおかしい左翼にはルカ9章のことを指摘したがる人がいます。おやおや、イエス様は22章で何を求めたでしょうか。ルカ9章のことを22章で言っています。どうなったか分かるでしょうか。22章では9章で起きたことを求めています。あの時はイエス様の保護がありました。今度は社会の安全のために責任を持つべきだ、武装すべきだと言っています。ルカ9章で言っていたことを22章で話しています。そういうつながりがあると分かります。
38:弟子たちが言った、「主よ、ごらんなさい、ここにつるぎが二振りございます」。イエスは言われた、「それでよい」。39: イエスは出て、いつものようにオリブ山に行かれると、弟子たちも従って行った。
ここでマタイ5章に行きます。山上の垂訓はみんな知っているでしょう。興味深い内容がありますのでここではギリシャ語で見てみます。3節からです。
3:「こころの貧しい人たちは、さいわいである、天国は彼らのものである。
トゥーコイとは貧困を意味し、物質的に貧しいことですが大変欠乏しているという意味です。次にヌーマチは息を意味しています。ギリシャ語のヌーマチの語源です。ここで「こころの貧しい」とは「息の貧しい」または「意志の貧しい」と解釈できます。文脈によってヌーマチは様々に解釈できます。背景を見ると興味深いのです。
共産主義体制で見てみましょう。疲れ切った人たちは誰でしょうか。息が切れ、貧しく、生命力と精神力に乏しいのは誰でしょうか。意志が挫かれている人はだれでしょうか。精神が挫かれている人は誰でしょうか。その通り、市民です。
民主党を見ると復讐心にさいなまされています。何のためかと言えば意志を挫くためです。罪悪感と恥ずかしさを抱かせ、あなたは偏屈な人種差別主義者だと言います。同性愛嫌悪だと。そうやってあなたを挫こうとしています。彼らが嫌うのは自信を持った人たちです。というのも、どんなばかばかしいレッテルを貼ったとしても、「ばか野郎。私があなたの権利を取り上げるつもりはない。あなたこそ私の権利を奪おうとしている。だが私は推進し続けるのだ」と言います。彼らは、あなたを破滅させ、あなたを挫き、あなたの精神を挫くことにワクワクしているというのです。
彼らはあなたに神様を信じさせたくありません。超越した力の源のようなものを信じさせたくありません。「我々の委員会を通過しなければ次の段階の力に到達はできない」とでもいうように。彼らが最も嫌うことは、あなたが創造主と話ができるということです。「お前のような奴隷が創造主と話ができると考えるとは何事だ」と。「我々はホルスやラー、バフォメット、またそういったあらゆる悪魔と話をするのだ」と。
彼らのような政治的サタン主義者は何をするのでしょうか。あなたの精神を挫くのだということが分かります。あなたを貧困にします。喜びや聖霊の力を持てなくします。ですから私たちが賛美の歌を歌う時、あなたの精神は高揚して神様の力が血管を流れるのを感じます。わたしはもう奴隷ではない。全能の神の子供だと。
1:02:05
4節にいきましょう。
4:悲しんでいる人たちは、さいわいである、彼らは慰められるであろう。5:柔和な人たちは、さいわいである、彼らは地を受けつぐであろう。
この柔和という言葉は誤って解釈されることが多いです。
(解説の文を読んで)
「この翻訳の難しい語源プラウスは、『柔和』以上の意味があります。聖書での柔和さは弱さではなく、むしろ神様の支配の下でその力を発揮することを意味します」
彼らが考える柔和はこういうものです。「そうですとも。ヒラリー・クリントン様」「そうですとも。ローゼンスタイン様、オバマ様」こういったカルトのようなものです。彼らはそれが柔和の意味だと考えています。
(もう一度繰り返して)「この翻訳の難しい語源プラウスは、『柔和』以上の意味があります。聖書での柔和さは弱さではなく、むしろ神様の支配の下でその力を発揮することを意味します」
ですから神様の力、権威を発揮するのですがそれは神様の下でそうするということです。私たちは神様の上に王座を置こうとはしません。
「あなたのお父さんはどういう人だと思っていますか?」
「彼は再臨のイエスです」
「分かりました。では彼の息子であるあなたは何になるというのですか」
「私は後継者、相続者として任命されています」
私のことを弾丸の王冠の教皇と呼ぶ人もいますが(笑)。カトリックの人は理解できるかもしれません(笑)。
柔和さは弱さではありません。ここは、キリスト教徒を弱くし本当に関わりから孤立させるために社会主義の教義を教えるような、連邦政府やそのプログラムに買収された社会主義者、共産主義者の教会ではありません。弱いという意味ではありません。イエス様は弱くありませんでした。両替商を追い出しました。先に刃の付いた九尾の鞭を作り、両替商を鞭打ちました。分かりますか。イエス様は攻撃用の武器を作りました。先に破片や歯の付いた九尾の鞭です。カトリック教会にはなぜ九尾の鞭を持ったイエス様の絵がないのでしょうか。イエス様が武器を製造したのです。それで打たれたいと思う人は誰もいないことを請け合います。彼らはその話をしたくありません。

来年の行事-天にいる真のお父様は何かを準備しています

銃所有者は実際のところ、憲法修正第2条を実践することで正義を追い求めようとしています。ところが、正義を追い求めようとしているのに犯罪を自分たちのせいにされています。また彼らがアメリカで最も法を順守する人たちであるというのに。

この国で最も迫害され悪者扱いされているのがクリスチャンの団体です。銃所有者に会えば分かります。白人もいればアジア人もいますが関係ありません。仲間意識と敬意があります。また正義を守ろうという共通の目的があります。そして善良な人たちが悪に対してNOと言えるようにしています。
それでどうなっていると思いますか。左翼は分かっています。この迫害された正義の人たちが声を上げることもできずにいることを。また神様がなぜこのような根っからの守護者に神聖な性質を与えたのかを彼らが理解できずにいるのを。彼らが完璧だという意味ではありません。全員が恩寵によって救いを受ける罪人です。
彼らは今、ニューファンドランドの小さな教会の話を耳にしています。「過激なカルト信仰」そう、そのカルトが鉄のつえについての聖書解釈を行っています。またなぜ王国のクリスチャンが世の初めに剥奪された力を持つのかということについて。
彼らはそれを恐れています。なぜなら単にアメリカの憲法上の事だからというだけでなく、聖書的な事だからです。
9.23の行事の後起こっているということが分かります。黙示録12章の真の母の勝利です。聖書には戦争だと書いてあります。黙示録の17から19にはバビロンの淫婦が出てきます。邪悪な女性もいれば真の女性もいて、それが12章に出て来る女性です。彼女はキリストのために立ち上がる女性です。自分を荒野に追い込んだ赤い竜と戦う女性です。12の星の王冠を被る女性です。太陽と月をまとう女性です。
彼女が産んだ男の子が鉄のつえで国を治めるのです。それがお父様の王権であり、黙示録14章には額にその父の名前を持つとあります。そのため彼らは私が自分を神だと教えていると主張します。そうではありません。黙示録14章を見れば非常に明白です。私は未(ひつじ)年ですが、シオンの山にいる小羊の額には父の名前があるのだと書いてあります。父の名前があります。父の王権の血統です。それがキリストの王権として続いていきます。
私は自分が神だとは言っていません。彼らはそれを全く見せたくありません。あなたに黙示録を勉強して欲しくないのです。神様は信じられないようなことを本当にたくさん準備しています。
来年の祝福は大変なことになるでしょう。グレッグはその計画に取り組もうとして頭を抱えていることでしょう。しかし神様は強力な事を準備しています。とても強力な事を。
今私たちはそのことについてまだ祈っていますが、神様はビジョンを示しています。インスピレーションを注ぎ、啓示を注いでいます。
祝福結婚式の夜となるかもしれません。美しい聖なるハリウッド的な赤いカーペットとガウンと王冠。もうすぐ黄金のライフルがいくつかできると思います。王冠に合います。世界のパパラッチとマスコミが来ます。鋼鉄の標的のゾンビ射撃まで準備するかもしれません。走り回りながらゾンビの的を撃ちます。
そして聖霊が注がれて共産主義指導者も的にするかもしれません。毛沢東、スターリン、ヒトラー、1度に全員を撃ちます。大きな陶器師の器に水を入れて粉々に撃ち砕くと、自由の水が流れ出すのです。テッド・ニュージェント(訳注:ロック・ギタリストでNRA幹部)の愛国的なロックミュージックを流します。
何かが起きるのが目に見えるようです。マスコミは「毛沢東とスターリンとヒトラーを的にして撃っている!みんな大好きなスターなのに!」と言うでしょう(笑)。彼らをとても怒らせることになるでしょう。
黙示録の獣を置くかもしれません。ライオンの頭に熊の手を持ったモンスターのような。それは聖書的で霊的な真実を、私たちが霊的な戦いをしているのだということを教えてくれるでしょう。この鉄のつえは霊的な王国を守っています。しかしまた、そういった鋼鉄の標的、毛沢東、スターリン、ヒトラー、ポル・ポトの標的も愛国者たちと共に撃ちます。
それもまた、鉄のつえがある理由であり、そういった悪に立ち向かうためのものです。愛国者の家族がやってくればバーベキューをして、素晴らしいごちそうやスモークジャーキーを出します。鹿猟師も呼んで食事や音楽を楽しみ、神様を称え賛美する晩となります。
鋼鉄の標的を撃って自由の鐘を鳴らします。バラで飾ったライオンウォーク(訳注:ファッションショーの舞台のキャットウォークをもじったもの)でハイヒールを履き、AR-15を携えて王冠を被った魅力的な王妃と王。ハリウッドはおしまいです。サタンの王国はおしまいです。
だんだん大きくなっているということが分かるでしょうか。だんだんと。AR-15の所有者がみな自分のAR-15を荷物に入れてこの郡にやってきます。そしてここで物を買うようになり、経済基盤を活性化してここの経済を発展させれば、銃のディズニーランドのようになります。ペンシルベニアを再び自由の地として有名にします。また私たちは鉄のつえについて悪びれることはありません。私はそのイベントで祈るでしょう。キングモビールを乗り回して祈りを捧げます。
天にいる真のお父様は何かを準備しています。ですから準備しなければなりません。私たちのことではありません。福音を説いて魂を解放することです。人々を解放します。
11:わたしのために人々があなたがたをののしり、また迫害し、あなたがたに対し偽って様々の悪口を言う時には、あなたがたは、さいわいである。
お父様はいつもこのことを話しておられました。祝祭と合わせた祝福。また狩猟、釣り、競技、スポーツ、素晴らしい食事と音楽の文化。それを共産主義者で左翼のハリウッドに送ります。しかし神様の王国を中心としています。真の権威、しかし道徳、善、正義。
私たちが完璧で罪がないということではありません。しかし私たちはコンパスを持っています。来年の行事にはすべての左翼マスコミがやって来るでしょう。彼らはどうするでしょうか。彼らがドローンを飛ばして撮影する時、500名とか1000名の人が毛沢東とスターリンとヒトラーを的に射撃します(笑)。黙示録の獣を射撃します。多分ゾンビのような、ジョージ・ソロスのような感じです。本物のジョージ・ソロスは法に反しますのでできません。
そして最後に水の入った巨大な陶器師の器が出てきます。そして鉄のつえが解き放たれるのです。私たちはタキシードとドレスを着て。大変です。早く銃を金色にしないと。合わせないといけませんので(笑)。器は鉄のつえで粉々になって命の水があふれ出します。スローモーションのようになると良いですが。テッド・ニュージェントのBGM。
ラリー・プラット氏も支持します。特殊部隊のティーガンも支持します。本当にすごい人が支持するでしょう。保守派の銃所有者が支持するでしょう。レバレンド・ムーンがこの王国を見ていると私は信じます。神様が何をされるか私にはわかりません。とにかく私たちのために続けて祈ってください。神様は私たちをとても速いスピードで導いています。どのように始まるのか分かりません。しかし何かが起こるということは分かります。
お祈りします。
主よ、この信じられないほど素晴らしい日を感謝します。あなたが私たちの霊に力を、地上に対する権威を与えてくださることを感謝します。自分の栄光のためでなく、無益な栄光のためでなく、あなたと共に治め、鉄のつえと主権の王冠で王国を守り導きます。神様の王国の憲法は世界中に広められ、このような全体主義の道徳ぶった社会正義の、偽の美徳を示す寄生者は悪魔であるという実体が永遠に暴露されて分かるようになるでしょう。彼らは自らの栄光と権力のために抑圧し、支配し、窒息させ、文明を破壊することを望んでいます。
お父様、新しい人々が立ち上がっており、あなたを中心としてあなたの主管の下で、私たちは柔和という言葉を弱さ(音声途切れのため補完)ではなく、あなたの権威と主管の下での強さとみなし、神様の王国を守る準備があります。あなたの文明を築き、世界の隅々にまで広めるために。それがそのようなものとして説かれる時、終わりが来るのです。すべての讃美と栄光とこの報告祈祷を自らの名とあなたの尊い名で捧げます。アーメン、アージュ。
______________________________________
三代王権の天運天福が皆様とともにありますように。励ましのクリック聖霊感謝です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村 
遺伝罪恨霊解怨、傍系解怨については、感謝できる方のみお問い合わせ下さい。