2016年5月1日日曜日

神になりたい堕落が作る王国■韓国語説教「逆さ王国」より16-4/27


神になりたい堕落が作る王国■逆さ王国「거꾸로 王國」 韓國語禮拜 前半 2016年4月27日水曜日

英語全文はこちら→逆さの王国■4月24日亨進様英語礼拝<全文>
韓国語の方がより深いような気がしますが比較してみてください。


2016년 4월 27일 생추어리 교회 설교 말씀'거꾸로 왕국' from Sanctuary Church Newfoundland PA on Vimeo.

(韓國語 1時間28分の内の32分)


日本語翻訳文 ソウル日本聖殿翻訳チーム<誤解している人がいますが無報酬ボランティアです。翻訳ボランティア募集中です。希望者は当ブログまで連絡下さい。>


▼亨進님 말씀 1


安寧(アンニョン)ハシムニカ?。食口の皆さん。皆さん、ともに礼拝再び捧げる時間になりました。我主(ア-ジュ-)。オンマは座って。今日(きょう)は、「逆さ王国」、「逆さ王国」。「逆さ王国」に対して一度勉強します。


さて、きょう、聖書持って来られた方は、エクストラポイント(追加点数)をもらって下さい。聖書を調べて、マタイ18章に入りましょう。第18章。1節から始めて。ここでイエスは言われた王国に対する内容について調べてみましょう。いっしょに最初から読みましょう。


マタイ18章です。(1節から9節)


そのとき、弟子たちがイエスのもとにきて言った、「いったい、天国ではだれがいちばん偉いのですか」。 すると、イエスは幼な子を呼び寄せ、彼らのまん中に立たせて言われた、 「よく聞きなさい。心をいれかえて幼な子のようにならなければ、天国にはいることはできないであろう。 この幼な子のように自分を低くする者が、天国でいちばん偉いのである。


また、だれでも、このようなひとりの幼な子を、わたしの名のゆえに受けいれる者は、わたしを受けいれるのである。 しかし、わたしを信ずるこれらの小さい者のひとりをつまずかせる者は、大きなひきうすを首にかけられて海の深みに沈められる方が、その人の益になる。


この世は、罪の誘惑があるから、わざわいである。罪の誘惑は必ず来る。しかし、それをきたらせる人は、わざわいである。 もしあなたの片手または片足が、罪を犯させるなら、それを切って捨てなさい。両手、両足がそろったままで、永遠の火に投げ込まれるよりは、片手、片足になって命に入る方がよい。 もしあなたの片目が罪を犯させるなら、それを抜き出して捨てなさい。両眼がそろったままで地獄の火に投げ入れられるよりは、片目になって命に入る方がよい。


마태복음 18장 [개역개정]  


그 때에 제자들이 예수께 나아와 이르되 천국에서는 누가 크니이까
예수께서 한 어린 아이를 불러 그들 가운데 세우시고
이르시되 진실로 너희에게 이르노니 너희가 돌이켜 어린 아이들과 같이 되지 아니하면 결단코 천국에 들어가지 못하리라
그러므로 누구든지 이 어린 아이와 같이 자기를 낮추는 사람이 천국에서 큰 자니라


또 누구든지 내 이름으로 이런 어린 아이 하나를 영접하면 곧 나를 영접함이니
누구든지 나를 믿는 이 작은 자 중 하나를 실족하게 하면 차라리 연자 맷돌이 그 목에 달려서 깊은 바다에 빠뜨려지는 것이 나으니라


실족하게 하는 일들이 있음으로 말미암아 세상에 화가 있도다 실족하게 하는 일이 없을 수는 없으나 실족하게 하는 그 사람에게는 화가 있도다
만일 네 손이나 네 발이 너를 범죄하게 하거든 찍어 내버리라 장애인이나 다리 저는 자로 영생에 들어가는 것이 두 손과 두 발을 가지고 영원한 불에 던져지는 것보다 나으니라
만일 네 눈이 너를 범죄하게 하거든 빼어 내버리라 한 눈으로 영생에 들어가는 것이 두 눈을 가지고 지옥 불에 던져지는 것보다 나으니라


我主(ア-ジュ)。さて、このマタイ18章、より近づいて見てみましょう。


イエスニムはここで、弟子たちに尋ねながら、イエスに、「天国では、誰が一番大きいですか?誰が一番偉大ですか?」このような意味でしょう。天国、神の王国で誰が一番に偉大ですか?と聞いてきた。


イエスニムは答えられたのは、幼い子供を呼んで、それらの間に立たせられ。さてここで、この子供を呼ばれて、その子をすべての人々の中に立てられました。そして言われ、「本当にあなたがたに言うが、心を入れかえて子供たちのようにならなければ、決して天国に入いることができないであろう」。


私たちは、元来、このような内容をみると、ああ、私は子供のように純粋でなければならない。このようになってしまう。そうでしょう?私は子供のように純粋な人ならなければなら良いと思うようになります。


ここでは、この二つの単語が非常に重要です。イエスニムは呼んでこの子を立てたのですが、この子がイエスニムの言葉とイエスニムの命令をどのようにしましたよ?服従です、服従。呼んで立てたけれども、子供が逃げません。否定しません。そうでしょう?不平不満は言いません。イエスニムの言葉を聞いて、その間、人々の間に立ちます。


さて、今、私たちは、このような神の王国の内容を見てみると、私たちは本来、個人的な例え話と見ます。ああ、私は純粋な人にならなければならないんだな。


実際には、より深い内容で、天一国憲法が地に来たのだから。天一国憲法の目で、個人の次元でではなく国の次元、王国の次元の立場から見るようになれば、その子供、イエスが立てられた子供は、誰と見ることができますか?


その幼い子供が天国、天一国の一番偉大な、大きな人だと言われているのに。この子が金持ちの家から来たのか?乞食の家から来たのか?それは出て(=書かれて)いません。そうでしょう?


しかし、この子を呼んながらこの子を立てながら、この子が一番大きい人である、この子供。天一国では誰が、天一国市民が何ですか?神の息子、娘たちでしょう?やさしく言えば、市民が、神の立場から見れば市民が誰ですか?子供です。そうでしょう?市民が子供です、神の立場から見れば。神の立場から見れば、市民が子供の立場のアダムエバ、と息子や娘たちの立場で、女子が娘たち、男子たちが息子たちの立場で見て、市民が天一国憲法の中で暮らします。


天一国憲法は、市民を囲んで市民を保護します。そうでしょう?それとともに、市民がイエスニムの言葉と、天一国憲法の法、神の法と憲法に服従し憲法を保護し支持し愛する子供たちです。イエスニムを愛する者、そうでしょう?従順な子供のように。その子供たちがイエスニムが下さった憲法を保護し、愛さなければなり。服従するべきです。そうでしょう?自己を低くする者が、天国で大きな者である。


人類の歴史上で力がある人々の問題が何ですか?自己が何ですか?自己が神になってしまうこと。そうでしょう?自己が神になろうとしている。エジプトのパロ王たちも、アッシリヤの王たちも、ローマ王たちも、ギリシャの王たちも、ギリシャの王たちも、韓国の王たちも、中国の王たちも、日本の王たちも、アフリカの王たちも、すべて神になろうとした。それとともに、神になろうとしながら、自分を低くすることができないだけでなく、すべての市民を僕(しもべ)にしてしまう。そうでしょう?


すべての人類の歴史のストーリーと話は、暴君たちと、神になったとする悪なる王の下で暮らす歴史です。堕落以後。そうでしょう?堕落以後、サタンはヘワ(エバ)に教えました。神のようになる。善悪の知識の食べれば死ぬことはない神のようになるであろう。ヘワ(エバ)は神になりたかった。韓氏オモニの堕落も神になりたい堕落です。まったく同じです、ヘワ(エバ)と。バビロンの淫女(いんじょ)の堕落。神々の戸を開け、人々が自分が神になることができるとしている堕落。それは神の王国と天国を連れて来る(=もたらす)ことができず、サタンの王国だけを連れて来る(=もたらす)ことができます。


▼亨進님 말씀 2


ですからイエスニムは、子供のように。市民は神の息子、娘です。市民は何を愛さなければなりませんか。神をもちろん愛し、憲法を愛する市民は神を愛します。なぜ?憲法は、天一国憲法は神が人類に与えられた契約です。その憲法とイエスニムは言って下さった憲法を愛する子供たちが天国で一番大きい。一番大きい。


「だれでも私を信じるこれらの小さな者」。見てください。この子はどんな子供(のことを言う)ではありません。イエスニムを信じる者、キリストを信じる子供。他の宗教を信じる子供ではなく、あれこれの哲学を信じる子供ではなく、ゲームや韓国ドラマだけ見て子供ではなく、キリストを信じる者。キリストの前に従順で、従順な者。この者は神の王国に一番大きな者です。


例えば、天一国の王国では、その多くの市民のうち、小さな子供が憲法をそのように愛して、そのように覚えて、その微妙な内容を理解して、そのような子供が悟って感動を受けるじゃないですか。自由と責任がなぜ重要なのか。


一番神を愛する人、神を信じる子供、神の前に従順な子供。神の憲法と契約と国を保護する子供。この子供は天一国の王国にて、「これらの小さい者のひとりを誰でもつまずかせる者は、むしろ大きなひきうすを首にかけられて海の深みに沈められる方が、その人の益になる」。


誰でもその子供を、その神を信じる子供を、天一国憲法を信じる子供を、一人でもつまずかせるなら、その人が首に大きな石臼(いしうす)を結び、海に落とし入れることがより良いのです。ここから続きますよ、続きます。再び、「つまずきをきたらせる者は、わざわいである」。「つまずきは避けられない。だが、つまずきをもたらす者はわざわいである」。つまずき(韓國語は「失足」)が何ですか?つまずくとは足をひっかけることでしょう。倒れさせることでしょう?


その次に8節で、「もしあなたの手やあなたの足はあなたに罪を犯さすなら、刺して出してしまいなさい」。切って捨てなさい。切って捨てなさいという意味でしょう? 「障害者や片足で永遠の命に入ることが、両手と両足を持って永遠の火に投げ入れられるよりまさる(장애인이나 다리 저는 자로 영생에 들어가는 것이 두 손과 두 발을 가지고 영원한 불에 던져지는 것보다 나으니라)」ということですね?そうでしょう?


「もしあなたの目があなたを犯罪を犯させるなら、目を抜いて捨てなさい」。さて、このような句節が有名な句節でしょう?皆さんもこれを聞きましたね?このような句節が有名でしょう?


このようなことを見て人々は本来いつも個人的に見ます、個人的に。しかし、イエスニムが個人的な王国について言われたことはありません。神の国、王国、国の次元で言われます。理解しますか?イエスニムは国の次元で語られているのですが、人が個人的な次元の解釈します。そうでしょう?


ですから、私たちは国の次元で見なければなりません。国次元で。イエスは国に対して、王国についてお話しされるので、国の次元で見なければなりません。そうでしょう。それを理解されますね?


さあ、このすべての「つまずき」が出てくる内容に、「つまずき」、「つまずき」、「つまずきをもたらす者はわざわいである」、そして、「手や足があなたに犯罪を犯させるなら切って捨てなさい」。実際には、聖書原語ではすべての単語(赤い文字で表示されている「つまずき」「犯罪」)は同じです。韓国の翻訳で異なりますが、「つまずき」も出てきて、「犯罪させる」という言葉もでます。その感じが完全に違います。「つまずき」と「犯罪させる」は。




ところで、古代ギリシャ語を見ると同じ言葉です。その言葉は、スカンダリツォ(skandalizo)という意味です。ここでギリシャ語で見れば、ポインタ、ポインタ。スカンダリツォ、これはギリシャ語で。これは「つまずかせる」という意味もあり、また、根本的な意味が、まさにここにあります。ここで。「罠(わな)に…」、「罠にはまらせること」。あー、「罠にはまらせること」。「つまずき」と韓国語、韓国人が翻訳しましたが、それは原語と少し違います。つまずかさせることと、罠にはまらせること、少し違うでしょう?いたずらでつまずかせることができるでしょう?そうでしょう?ところでいたずらで罠にはめますか?自分の友人を?違うでしょう?罠にはめて、その人を滅亡させたいという内容です、そうでしょう?


「つまずき」も良い翻訳ではなく、「犯罪させる」も良い翻訳ではなく、「罠にはまらせる」、これは良い翻訳です。だから、その立場から、これを読むようになれば、「誰でも私を信じるこの小さい者のいずれかを罠にはめるなら、むしろ石臼(いしうす)をその首にかけて深い海に落とすのが良い」。あー、今これが理解できますね?


イエスニムを愛して、イエスの契約とイエスの御言葉とイエスニムを信じて愛する市民を、市民を一人でも罠にはまらせるなら、むしろ、石臼をその首にかけて深い海に落とすのが良いであろう。ここで「つまずかせることがあるゆえに」、その部分に、また、私たちは「罠にはめる」ことがあるゆえに、などなどなど。 「罠にはめる、その者にはわざわいがある」。そうでしょう?善良なイエスを愛する市民を罠にはまらせる者にはわざわいがあるだろう。


「もしあなたの手やあなたの足が罠にかけるようにするなら、切って私の捨てなさい」。今、理解できるでしょう?より明快でしょう、そう翻訳すると? 「もしあなたの目があなたを罠にはまらせるようにするなら、目を抜きなさい」。


さて、これを個人的に解釈しなければなりませんか?国の次元で解釈しなければなりませんか?え?どっちの次元?イエスニムは、個人的に言われていますか。それとも、国に対して言われているのですか、今? ハロー?国。国、国次元。韓国では、神の王国について言われたから、国家次元で言われたから。ですから、国次元で、市民を罠にはめる野郎たちが誰か、国の次元で?


▼亨進님 말씀 3




先週に見たでしょう?大きなお金を掌握する中央銀行家、世界銀行家、二つ三つの大きな家庭があるでしょう?その者たちが天使長的なマモンの構造を使用します。この様な巨大銀行家がいつも社会主義、共産主義、フェミニズム、 寡頭政治、この全ての哲学、イデオロギーを支持しながら社会主義、共産主義、寡頭政治は何を作りますか? いつも大きな政府を作ります、いつも。いつも大きな政府を作ります。


それなので、世界中央銀行家の立場から大きな国を掴(つか)みたければ、数千万人の市民達を顧客にして、よく仕えるよりも大きな政府を一つ作って、その政府だけ掌握すれば、無理やり市民達を自分の物品、僕(しもべ)として作る事が出来ます。
そして大きな政府を作ってその政府を掌握し、巨大中央銀行の顧客にし、その次にどうしますか?大きな財閥を支持し、財閥が大きな政府を何故好むのか?財閥が大きな政府と一つになって、多くの法、新しい法、難しい法、新しい法、難しい法、新しい法、難しい法を作りながら自分の競争者達が競争出来ないように作ります。何故?自分達が独裁者だから。


そして言論を通して虚偽(きょぎ)宣伝しながら、美しい広告を作って、おーこんなに多くのお金を借りた~、うちを買った~、こんな広告を作って、銀行家達が市民達の税金を大きな政府に税金を税収する事が出来ます。皆さんが税金を払う毎に銀行に税収する事を知っていますか?銀行に税収する事を知っていますか?
サタン世界にいる全ての国、特にUNが今、全ての世界を一つの政府に作って、サタンの行為を…。皆さんは政府に税金を払っていると思っていますが、政府は借金があります。借金。誰に借金がありますか?世界銀行家たちに…。あー…。では皆さんの税金は銀行の何ですか?収入です。この現実世界を知りません。この現実世界…。


無知な大衆たちが、考えなしに一生懸命働きながら、一生懸命暮らしていると言ってますが、結局僕(しもべ)になってしまいました…。皆さんが作ったお金が税金として政府に行くと思っていますが、政府は皆さんのお金を受け取っていません。政府は借金を返さなければいけません。その借金は銀行で借りたお金です。利子と共に。あー、それで皆さんのお金と税金は政府に行くのではない。政府はただ、市民に嘘ついたのでしょう。本当はお金がどこに行くのですか?世界銀行家たちに…。
その様なシステムで、全世界の人たちを自分の収入の動物に作ってしまいました。イエス二ムが何と話されましたか?「神様とマモンの両方に仕えることは出来ない」。師匠二人に仕えることは出来ない。そうでしょう?
誰が市民たち、…キリストに使え、憲法を愛する市民をわなに掛けるようにしますか?サタンを信じる世界の血を吸う世界銀行家…悪いやつら、サタンの血統。こいつらは韓氏オモニと同じ血統でしょう。何故?アボニムは韓氏オモニが堕落した時、失敗したらアボニムはイギリスの王妃の血統と結婚しなければならないと話されました。天聖経を見てください。
イギリスの王妃の血統がロスチャイルドの血統と同じです。ロスチャイルドは王家になってしまいました。ロスチャイルドの奴らは世界銀行家の王です。不思議でしょ?皆さん、アボニムがこの様なみ言葉を話された時、韓氏オモニが失敗したら何故イギリスの王の血統と結婚されなければならないのか(分からなかったでしょう)何故?一番悪なるサタンの血統を探されていました。そのサタンの血統を滅亡させる為に…。神様の種。神様の種は一番悪なるサタンの血まで滅亡させる事が出来るから。
その内容でもって、この者らは社会主義、 寡頭政治、 共産主義などの意を立てて、市民達、 「わたしを信ずるこれらの小さい者(市民)のひとりをつまずかせる者は、大きなひきうすを首にかけられて海の深みに沈められる方が、その人の益になる。」
その位、イエス二ムが愛する市民たち、息子娘達を虚偽宣伝、社会政治、大学システムを通して社会主義、共産主義、大学システム、 延世、ソウル大学は皆、西洋が建てました、 皆さん。今、西洋の大学はキリスト教だと言いますが、今は全て共産主義です。社会主義、共産主義です、思想が。大部分、90パーセント以上。若い賢い子供達を社会主義、共産主義、寡頭政治が良いとしてエリート、財閥世界に導くシステムです。


詐欺です。市民達を保護するシステムではありません。教授たちが市民を保護していません!教授たちが社会主義、共産主義を保護しています。自分を支援する銀行家達を保護しています。大学が現代時代の詐欺になってしまいました。子供達を洗脳させる社会主義洗脳システムになってしまいました。大部分、西洋の大学を出た子供達は80パーセント以上が統計を見ると、社会主義が正しいと言います。おかしいですね。何故?


大学教授たちを見ると、一般の市民と比べて5倍、600パーセント以上が無神論者です。そして600パーセント以上が社会主義を信じる者たちです。政治観が。完全に洗脳システムになってしまいました。ソウル、延世全て、西洋のシステムです。そこで教育を受けるのじゃなくて、洗脳を受けます。自由と責任について学びます?お金を儲ける事を学びません。事業をどうやってするのか学びません。洗脳を受けます。何の洗脳?社会主義、政治主義… これはサタンが好む世界だから。サタンが好む若者を作るから。

励ましのクリックを頂ければ聖霊感謝です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村
聖酒送ります、戻る祝福を受けましょう。お問合せホーム fanclubcomm@gmail.com.. Tel 電話:050-7124-8027 www.sanctuaryjp.org