2020年4月5日 三代王権サンクチャリ-教会「聖霊礼拝」 ヨハネの黙示録天宙の呪いの過越は康お母様に感謝すること



2020年4月5日

三代王権サンクチャリ-教会「聖霊礼拝」
ヨハネの黙示録天宙の呪いの過越は康お母様に感謝すること
音声テキスト画面礼拝VIDEO
三代王権サンクチュアリー教会
三代王権心の聖殿:三原

◆聖殿聖徒は選民、死を越えて康お母様とともに伝道する
先週の日曜、武漢コロナウイルス19により、これから数日で1万の人が亡くなるだろうと言いましたが、感染者は120万人を越え死者6万4千となってしまいました。


陽暦2020年4月1日ついに家庭連合はその教団の名前を天の父母様教団*に変えてしまいました。英語ではHeavenly Parents Churchです。
Parentsと複数形ですから、真の御父様がいわれる「天の父母Parent単数形、一神教」と明らかに違う「複数形、サタン神」であることがわかります。

このことにより、武漢コロナウイルス19により始まったヨハネの黙示録16章の審判、韓マザーの呪詛はますます深まり、そしていよいよヨハネの黙示録17章、18章、19章の預言が2020年から始まったと実感しました。

この家庭連合への審判の詳細は、、大いなるバビロン、ヨハネの黙示録の獣は清平・家庭連合を読んでください。

それで、今日取り上げたい聖句はヨハネの黙示録第19章です。

▼ヨハネの黙示録第19章

19:1この後、わたしは天の大群衆が大声で唱えるような声を聞いた、
「ハレルヤ、救と栄光と力とは、われらの神のものであり、
19:2そのさばきは、真実で正しい。神は、姦淫で地を汚した大淫婦をさばき、神の僕たちの血の報復を彼女になさったからである」。
19:3再び声があって、「ハレルヤ、彼女が焼かれる火の煙は、世々限りなく立ちのぼる」と言った。 
19:4すると、二十四人の長老と四つの生き物とがひれ伏し、御座にいます神を拝して言った、「アァメン、ハレルヤ」。 19:5その時、御座から声が出て言った、「すべての神の僕たちよ、神をおそれる者たちよ。小さき者も大いなる者も、共に、われらの神をさんびせよ」。
19:6わたしはまた、大群衆の声、多くの水の音、また激しい雷鳴のようなものを聞いた。それはこう言った、「ハレルヤ、全能者にして主なるわれらの神は、王なる支配者であられる。
19:7わたしたちは喜び楽しみ、神をあがめまつろう。小羊の婚姻の時がきて、花嫁はその用意をしたからである。
19:8彼女は、光り輝く、汚れのない麻布の衣を着ることを許された。
この麻布の衣は、聖徒たちの正しい行いである」。
19:9それから、御使はわたしに言った、「書きしるせ。小羊の婚宴に招かれた者は、さいわいである」。またわたしに言った、「これらは、神の真実の言葉である」。

今日、取り上げたヨハネの黙示録第19章の内容で申し上げたいことは、一言で言いますと
世界審判の呪いの災禍から逃れキリストのリバイバルを起こすためには、康お母様に感謝し、康お母様とともに主を讃美し、康お母様とともに主に栄光を捧げ伝道することによってなされる。そして世界は救われ復興する。その為にも早く康お母様の原殿を完成させなければならない。
ということです。

もちろん「康お母様を讃美し康お母様に栄光を捧げることなく」です。それは康お母様は望んでもおられないし、二代王も女性神格化するなと言っておられるからです。

20年4月1日韓国語説教より

とにかく、神様が驚くべき役事をしていらっしゃいます。 実際、このようなコロナウィルスの内容を通じて、世界的な審判が来ていますが、また同時に、多くの人が、お父様の三代王権とカインとアベルと聖殿が準備された5年の間に、私たちを冒涜し唾を吐いて罵って死ねと、そのように願ったのに、私達は何をしましたか? 私たちはお父様を掴んで一生懸命準備しました。どうして? 韓氏オモニの天宙的堕落によって審判が来るしかないからです。
皆さん、生涯でこんなに世界的な疾病パンデミックが起きたことはありません。 ほとんどないと思います。 そのような驚くべき世界的な審判です。そして、これが始まりです。 なぜなら経済的な審判も来るから。 様々な問題が起こります。 このような内容が起きているから。 政治的な争いがもっとひどくなります。

一番最初の女性エバの堕落により世界が地上地獄となり、その蕩減の内容を勝利すべき再臨主のエバの天宙的背信、裏切りが、武漢ウイルス・コロナ19から始まったヨハネの黙示録16章の7つの鉢の世界審判です。

この武漢ウイルスの災禍は今年に入り過去何度も伝えてきましたが、これはヨハネの黙示録16章最初の鉢、最初の災禍に過ぎないのです。
今後、この武漢ウイルスが発端となり、ヨハネの黙示録16章の記載から想起される世界経済恐慌、核爆発、武漢コロナ19より酷い疫病、そして戦闘機ミサイルが飛び交う世界ハルマゲドンの災禍を、世界は私たちは経験するようになるのかも知れません。

この7つの鉢の災禍については、ヨハネの黙示録16章の艱難辛苦を賛美で生き抜こう!をご覧下さい。

「私たちはそのような中にあっても、いやそのような時であるからこそ、伝道のチャンス、神様が下さった恵みである天一国憲法とみ言と真のお父様と三代王権を伝えなさい」と二代王様は言われます。 
このような人が実際に死んでいる疫病の中で、そして、それをきっかけとして始まる艱難辛苦の中で、私たちはどのようにして生き残りながらキリスト伝道を勝利することができるのでしょうか?

その生き残り勝利する秘訣は康賢實お母様であるというのです。
この世界審判、世界危機を呼んだ韓マザーの天宙的呪詛から逃れるためには、この呪詛は韓マザーの再臨主のエバの天宙的失敗により起きたのですから、再臨主のエバの天宙的勝利をされた康賢實お母様を心から真のお母様として受け入れ感謝するということなのです。もちろん女神として崇めることなく。 

▼ヨハネの黙示録19章
19:2そのさばきは、真実で正しい。神は、姦淫で地を汚した大淫婦をさばき、神の僕たちの血の報復を彼女になさったからである」。
19:3再び声があって、「ハレルヤ、彼女が焼かれる火の煙は、世々限りなく立ち のぼる」と言った。

韓マザーの呪詛は、世界審判を起こしながら、やがてヨハネの黙示録17章18章19章に書かれているように清平バビロン淫婦の滅亡、自分自身の滅亡を招いていきます。2020年4月1日、ついに天の父母様教団と名を変えたのですから、これは確定的です。
その清平バビロン淫婦への審判の詳細は、大いなるバビロン、ヨハネの黙示録の獣は清平・家庭連合を読んでください。

では、このヨハネの黙示録の審判を逃れ、過ぎ越す内容はなんでしょうか?
ヨハネの黙示録19章8節に
黙19:8彼女は、光り輝く、汚れのない麻布の衣を着ることを許された。この麻布の衣は、聖徒たちの正しい行いである

と書いてあるように
康お母様を真の完成期エバ、真の完成期真のお母様として、受け入れることにあるのです。
そして人々にこの世界審判、艱難辛苦を過ぎ越すその内容が、 ヨハネの黙示録19章8節なのです。
このヨハネの黙示録16章の七つの災禍は、そして自分自身をも滅ぼすこの呪いは、韓マザーの再臨主のエバの天宙的失敗により始まったのですから、康お母様の再臨主のエバの天宙的勝利によって逃れ、むしろ伝道を勝利することができるということなのです。

二代王様はこう言っておられます。

20年4月1日韓国語説教より

お父様が荒野で驚くべきヨハネ啓示録12章の役事をなさりながら、完成期の真のお母様、康賢實真のお母様を送ってくださいました。 私たちは驚くべき女性がいます。 お父様の権限権に。驚くべき真のお母様…。お父様を背信しない女性 、90歳まで主を追いかけて回りながら、み言を証しをするたびに証し、証し、真のお父様の名を高め、イエス様を高めて。
真のお母様、カン·ヒョンシル真のお母様。 そのような真のお母様に私たちは仕えることができるからどれ程感謝でしょうか。 そのような女性。娼婦ではなく、主に仕え、主のために死ぬことができる 殉教者。それが本当の女性のモデルなのです。 
韓氏オモニの快楽とパワーと金だけを好み、邪悪な自分を偶像崇拝にして自分が神になろうとする邪悪なサタン主義ではなく、キリストを保護して最後まで与えて死に、宣教活動だけでなく、殉教者になった方。 その方は私たちのお母様です。

康賢實真のお母様を女性神として崇めることは決してやってはいけません。
それは二代王様が崇拝してはいけないと言われたからだけではありません。康お母様はただお父様とイエス様を高めて来られた方であるからです。

しかし「そのような真のお母様に私たちは仕えることができるからどれ程感謝でしょうか。(二代王様)」、つまり康真のお母様を、真の御父母様、真のお母様として受け入れ侍り感謝すること、そのような康お母様と一緒にお父様とイエス様を賛美し高めながら伝道していくことが重要ということなのです。

ですから2020年の3月の二代王様の御言の重要なポイントは、真のご父母様記念館康真のお母様の原殿(ウォンジョン)を早く完成させるということにありました。
これは本神殿、至聖所にあたるのです。 
ですから二代王様は完成を急いでおられるです。
ですからこのヨハネの黙示録16章から19章最初の間に書いてある韓マザーの呪いから私たちを守るためにも、世界を守るためにも、この神殿建設、原殿(ウォンジョン)完成に精誠を込め参与する必要があるということなのです。 

そのような真のお母様に私たちは仕えることができるからどれ程感謝でしょうか。」、このように、康真のお母様を、真の御父母様、真のお母様として受け入れ侍り感謝すること、そのような康お母様と一緒にお父様とイエス様を賛美し高め伝道していくことが重要であると、実はヨハネの黙示録19章に書いてあります。

先ほど紹介したヨハネの黙示録19章の聖句をもう少し詳しく見てみます。

 

黙19:7わたしたちは喜び楽しみ、神をあがめまつろう。
小羊の婚姻の時がきて、花嫁はその用意をしたからである。
19:8彼女は、光り輝く、汚れのない麻布の衣を着ることを許された。
この麻布の衣は、聖徒たちの正しい行いである」。
19:9それから、御使はわたしに言った、「書きしるせ。小羊の婚宴に招かれた者は、さいわいである」。またわたしに言った、「これらは、神の真実の言葉である」。

大いなるバビロン、ヨハネの黙示録の獣は清平・家庭連合を書いた時の2017年9月7日は、2017年9月23日に真のお父様と康お母様が天宙完成聖婚をされることは完全に秘密にされていまた。
ところがこの時、解釈した通りヨハネの黙示録19:7 の婚姻、真のお父様と康母様と天宙完成聖婚式が行われました。

この時の解釈でヨハネの黙示録19:7~9を、
三原解釈 黙19:7わたしたちは喜び楽しみ、神をあがめまつろう。
2017年9月23日、小羊、ひつじ座に生まれた二代王が準備した婚姻の時がきて、花嫁(姜賢實先生)はその用意をしたからである。
19:8彼女は、光り輝く、汚れのない麻布の衣を着ることを許された。
この麻布の衣は、聖徒たちの正しい行いである」。
19:9それから、御使はわたしに言った、「書きしるせ。小羊の婚宴に招かれた者は、さいわいである」。またわたしに言った、「これらは、神の真実の言葉である」。

と解読していましたが、今は、このヨハネの黙示録19:8~9のことが重要だということを感じます。

まず、「19:8この麻布の衣は、聖徒たちの正しい行いである」
ですが、
麻布とは何でしょうか?これが聖徒たちの正しい行いであるとはどういうことでしょうか?

これは康お母様のように、「主を追いかけて回りながら、み言を証しをするたびに証し、証し、真のお父様の名を高め、イエス様を高めて。」「キリストを保護して最後まで与えて死に、宣教活動だけでなく、殉教者になった方。」 このようなキリストをまといしキリストのリバイバルを起こす者となりなさい、という事なのです。

そして、
黙19:9それから、御使はわたしに言った、「書きしるせ。小羊の婚宴に招かれた者は、さいわいである」。またわたしに言った、「これらは、神の真実の言葉である」。

この聖句から啓示を受け、完成祝福聖婚式の事前に、ヨハネの黙示録12章の祭事を行い「書きしるせ」と聖句に書いてありますので書いてきました。
またこの時、ヨハネの黙示録16章の審判がこれから起きることも理解したので、子羊の血を塗る過越の祭事も行ったのです。

「さいわい」であるのは、この小羊の婚宴、2017年9月23日に参加するという事だけでなく、今後、この小羊の婚宴、康お母様が再臨主と婚宴され真の母になられたことを受け入れる者はさいわいであるという事なのです。

ですから、私たちは、イエス様と真のお父様だけではなく康お母様も伝える者とならなければならないということなのです。
このような世界審判の中にあって、人々にこのヨハネの黙示録16章の災禍を過ぎ越すことができる内容は何でしょうか?それはそのように康お母様の勝利によってなされた子羊の血、生命の書の聖酒作られた羊の血、聖酒を伝え祝福まで導く内容を感謝して進めていくということなのです。


このような混乱がある時、実は同じ瞬間にものすごい収穫の機会が生まれるのです。 
だから、皆さんは勇敢でなければなりません! こんな時、康賢實(カン·ヒョンシル)真のお母様のように、殉教者の心で、死んでも福音を伝えながら死ぬ心。 

天一国憲法が驚くべき福音なのです。 
神様が世界的に良い土地を、そうでしょう。 良い土の、良い土地を準備していらっしゃって、そこで実がたくさん取れる収穫を準備されましたが、私たちは参加しない訳にはいきません。 今この時に、私たちは今勇敢でなければ勇敢であると言えないでしょう。 

このような時期に、我々は福音を伝播できます、そのような貴重な時間にすることができるのです。 私たちは準備された民族です。 私たちは選ばれた民族、私たちは良心ある民族、私たちは神様の民族です。 天一国の民族、神様の王国の民族

その恐れを振り払い、神様の大きい聖霊のパワー、皆さんの暮らしの中に溢れるように天一国憲法を持って殉教者のように死の道を歩む心で、嬉しい心で。
神様が既に全世界を揺るがして審判なさる時に、収穫の役事を準備なさった時に、「福音」「良い知らせ」「神様の王国」「天一国憲法」を分かち合える勇気を持つ天一国の民、宗族王と王妃になれる人々になろう。ア∼ジュ! 

私は福音を伝えて行く選民たちです。そのために死を恐れてはならないのです。
繰り返し繰り返しになりますが、そして冒頭に結論を先に述べたように、その死をその呪いを過ぎ越すことが出来る内容が、康お母様に対し、二代王様が言われるそのような真のお母様に私たちは仕えることができるからどれ程感謝でしょうか。」この感謝を持って福音を伝えて行くことなのです。
私たちは、人々にこのヨハネの黙示録16章の災禍を過ぎ越すことができる羊の血、聖酒を伝え祝福まで導く内容を感謝して進めていくということなのです。

◆ハルマゲドン世界戦争
世界的に緊張と混乱と人々が死んでいるし、コロナウイルス化学兵器が世界的に経済を崩して、今はものすごい戦いです。アメリカで。 
ここで、もし経済的な危機が起きてトランプ大統領がこれを、中国の奴らが払えと言わなければ大変なことになります。 中国のやつらが、こうして問題を作ったから、中国のやつらが、中国政府が全世界の人々数千万人を殺しました。 数百万人、数百万人、数百万人を殺したのだから、中国は金を払わなければなりません。 そうしながら中国(共産党)を滅亡させなければなりません。 そして中国に軍隊をなくさないといけない。 市民たちに銃器所有を与えて…。 米国憲法、天一国憲法を与え…。

実際に中国に対する非難はアメリカやイギリス世界中で起き始めています。しかし中国共産党が誠実に対応するとは思えません。すでにアメリカの責任であると言っています。イランなどこれに同調する国々もあります。ですからこの武漢ウイルスが契機となって、米国と中国が激しく戦い、ヨハネの黙示録16章の第2の鉢、第3の鉢に想像される経済混乱や第4の鉢,大爆発、第5の鉢,再度の疫病を経て第6,第7の鉢ハルマゲドンの戦いを起こしていく可能性が非常にあります。


韓国も4月15日の総選挙では文在寅政権与党が勝利し、左派政権として日本と米国と対立を深めながら、益々中国、北朝鮮のレッドチームの国となっていくでしょう。これも何度も申し上げていますが、総選挙の勝利により経済的破綻がむしろ北朝鮮を中心とした南北統一に突き進んでいくこととなり、左派による保守や国民への弾圧粛正が激しくなるとともに左派同士の抗争も激しくなり暗黒の韓国となっていくのではないでしょうか

今回の家庭連合が天の父母様教団と名を変えことは、この破滅を決定づけた感じます。

しかしこの艱難辛苦を乗り越えていく秘訣が、勝利の秘訣が先ほど申し上げた康お母様に関する内容なのです。

◆武漢ウイルスの恐ろしさ
①二度目流行る、その時が今よりもっと怖ろしい。
②男性が精子を作れなくしてしまう。
なぜ? 次にこいつ(武漢ウイルス)が来た時、次にこの問題がまた来るでしょう。 夏に少し良くなって二番目に爆発的にまた上がることがあります。 特に冬になったら こういう大きな状況が、 その時にまた来るかもしれません。もっとひどく。
スペイン風邪ウィルスの病気が全世界を覆って2千万人を殺した時、1918年に。
もちろん第1次大戦のために広がっていきましたが、それでもどうなりましたか?波が来ました。一段階は酷かったのです。 人々は隠れました。 その次に、また人々が出てきて再び活動しようとして、2次が出てきました。 その時一番多くの人が死にました。 コロナウイルスもおそらく似ているかもしれません。 1次は中間くらい酷くて、2次からもっと酷くなります。 全世界的に深く入り込んでいます。このコロナウイルスが、この中国のやつらが作った化学物質兵器が。

ところが、新しい研究が出ているのですが、この化学物質兵器が精子を殺すそうです。精子。 人間の精子を。これは若い人がかかっても死ななくても、若い人の陰囊、男たちの陰囊の中にある睾丸に、負傷を与えるのです。負傷を。人々が赤ちゃんを産めないように。 今こういう研究も出ています。

◆韓マザーの決定的背信と長老たちの裏切り
ヨハネの黙示録16章から19章の呪いの原点を見ていきます。この天宙的裏切により、経済が破壊され、多くの命が奪われ、家庭連合の人々は天の父母様教団となり霊界では最も低い宗教圏に落ちていくようになったのです。

天地人真の父母実体御言宣布天宙大会"の御言の中に、韓氏オモニのお母様が破った約束が全部出てきます。 それを全部暴露したではないか。 (王妃様「3時25分に」)

『 皆様!2010 年 天暦5 月8 日 午前2 時20 分と5 月15 日午前3 時25 分このように両日にかけてアメリカのラスベガスにおいて神様を中心とした天地人真の父母様の特別宣布が行われました。
ところがここでいう3 時25 分の3 数は初不得三の3 時代を代表するものでもあり、旧約、新約、成約の三時代を象徴する数です。そして25 分の25 数は100 の4 分の1 を象徴します。すでに真の父母様御夫妻は最終一体をなして、完成、完結、完了の基準で、全体、全般、全権、全能の時代を奉献宣布されたのです。』


3時25分に約束した内容をお父様が絶えず読んで読んで繰り返し繰り返し...韓氏オモニが韓氏オモニの約束を守るために。 
しかしお父様が離婚すると何回もそのような話をされたのです。 劉会長もそのような話を全て聞きました。 そのような邪悪なクーデター、サタン主義の内容を準備していました。 お父様は全て知っておられた。全て知っておられました。

ですから長老たちが神様を背信しました。 偶像崇拝、エジプト文化、サタン主義文化。 こいつらを見なさい、韓氏オモニがサタン主義の異端に満ちた、お父様を裏切って削除しても、この長老たちは、この周辺にいるやつらみんな背信したではないですか。 エゼキエル書のみ言の通りに!

家庭連合はついに、天の父母様教団と名を変えることにより偶像崇拝、サタン主義の異端に陥り、先に述べましたように、ヨハネの黙示録17章から19章の自らの呪いの中に真っ逆さまに落ちて行くことになったのです。2020年は彼らの滅びの始まりなのです。 
                                    

それでは、ヨハネの黙示録16章の7つの鉢の災禍から多くの人が逃れ、日本にキリストのリバイバルがヨハネの黙示録12章の天宙霊界圏の聖霊役事と康お母様の天使役事が、祈りを共にする人々にそして日本にありますよう聖霊役事祈祷会を始めたいと思います。

聖霊役事祈祷会


今、私は聖霊とともにあることを感じます。私自身祈れば聖霊の炎で手が包まれ熱くなるようになりました。康お母様と共に聖霊の御業が皆様に起きるよう主に賛美を捧げます。

ー信仰告白 ー <信仰告白問答>
キリストが熱い祈りを捧げたことが分かります。「父よ、みこころならば、どうぞ、この杯をわたしから取りのけてください」と跪いて泣きながら血にまみれて祈りました。血が毛穴から噴き出していました。床に染みを付けながら。十字架に付けられる前に最初に流した血です。十字架の前から血を流していました。

イエス様があなたの主であり救い主であることを信じますか?

はい、イエス様が私の主であり救い主であることを信じます。

イエス様はあなたの罪を背負いながらもあなたを救うために死に行かれたことを信じますか?

はい、イエス様は私の罪を背負いながらも私を救うために死に行かれたことを信じます。

イエス様はあなたを救うために聖霊とともに蘇られたことを信じますか?

そしてイエス様は聖霊とともに今まさに生きて働いておられると信じますか?

はい、イエス様は私を救うために聖霊とともに蘇られたことを信じます。イエス様は聖霊とともに今まさに生きて働いておられると信じます。

そのように信じる方は前に出てともに今した信仰告白を祈祷を持って捧げ聖霊の役事を受けましょう。


ーアノインティング心得 ー 
2018年10月7日英語説教より編集

キリストが熱い祈りを捧げたことが分かります。「父よ、みこころならば、どうぞ、この杯をわたしから取りのけてください」と跪いて泣きながら血にまみれて祈りました。血が毛穴から噴き出していました。床に染みを付けながら。十字架に付けられる前に最初に流した血です。十字架の前から血を流していました。

キリストにとって何が危機に瀕しているのか考えてみてください。処刑台の上に行こうとしている人です。いつでも屠り場に行く準備ができています。いつでも鞭でずたずたにされる準備ができており、十字架に投げつけられて血を流す準備ができています。彼はいつでも処刑台の上に行く覚悟ができている人です。

神様がアノインティングを与える時、あなたはもっと大きな責任を持つことになります。

神様があなたを高めている時に人に期待しないでください。

神様のために熱狂的になって、人をキリストにつなげようとしていても期待しないでください。人は様子眺めをするでしょう。腕組みをしながら「うまくいかないと思う」と言って。

それでもあなたは信じて祈り、地獄の軍隊に抵抗して立ち上がります。

何とか突破して神様が救出してくださり、強力な勝利を与えてくれるとすぐにみながやってきて、「やったー!最初から信じていました」と言うのです。「一瞬も疑わなかった」と。そして「小切手を切ってください」。

しかし失敗すれば、「前から分かっていたよ」「そうなると言ったじゃないか」と言います。

神様があなたを高める時、神様があなたを裁き主にして権威と力を与える時、あなたは弱くてはいけません。それはあなたのためだけではなく、神様の栄光のためです。

地の果てに行って福音を説き、鉄のつえの王国を黒人、白人、アジア人、全ての人にもたらす人たちです。そうして人々は抑圧と支配と権威、暗闇の世界の支配者、天にいる悪の諸霊から解放されるようになります。そして最後には王国が到来します。

この場に神様の霊をとても強く感じます。この場にアノインティングを感じます。神様は私たちにあらかじめ警告しています。

なぜならあなたが共同相続人として神様の王国に足を踏み入れる時、またサタンの勢力に抵抗する力強い柱として立つ時、彼らはあなたに反対します。

またあなたはいつも正しいわけではないかもしれません。しかし、自分の理解ではなく神様のみ言を求め、いつも自分の理解を当てにしないで神様を認めるなら、あなたの道を神様がまっすぐにしてくれます。

みなさんの中には途方もない経験をする人もいるでしょう。神様だけがご存知です。神様はあなたが経験しようとすることをご存知です。

<聖霊役事祈祷会後の簡単な証>

昨年2017年5月神様から賜った「我が息子イエスは今も私の聖霊とともにあり役事をしていることを知らせなさい。」というみ言を賜りました。

この啓示を受けてから私はずっと神様とお父様とイエス様の聖霊三位一体のことを祈ってきました。

そして昨年2017年9月23日、天宙完成真の父母完成祝福式の時、康お母様が真のお母様になられ、この三位一体も完成することを事前に悟り、このヨハネの黙示録12章の天と地が一つになるよう三位一体の聖霊の完成するよう儀式をもって祈りました。

そして今年同じ日の9月23日、同じヨハネの黙示録12章の日、その真のお父様とイエス様の三位一体の聖霊を賜りました。

このように二代王から聖霊を賜り聖霊役事、聖霊洗礼という形で、この御言を実践できるようになったことを嬉しく思います。

二代王の聖霊洗礼の時、人が倒れて横たわっていますが、ある女性は同じように横になって2時間ほど立てない状況でした。別に二代王のように頭を押したわけではありません。アーメンと頭に触れただけです。また体がチクチクと治療される感じがあったという証もありました。

2015年8月30日、韓氏オモニが天の父母様と言う霊と結婚することにより清平に閉じ込められていた、天使天軍の解放儀式を行いましたがその解放された天使達が、聖霊の僕として大いにこの聖霊の役事を助けいるのかも知れません。

私は聖霊役事の祈祷をすると両腕が、手のひらが聖霊の炎で燃えている感じになります。熱く手が燃えるようにジンジンと響きます。

毎日聖霊役事祈祷をしていますが、毎回そのように腕が聖霊で燃えます。

ですので、これからはイエス様の名で祈り、この聖殿として成功するためのお父様とイエス様の聖霊の炎が日本中に届き、キリストのリバイバルが起きることを願い、三代王権が成されることが成就されるよう毎日聖霊役事の祈りを捧げ、礼拝の後は聖霊役事祈祷会と聖霊洗礼を行いたいと思います。

<当教会が聖霊ペンテコステ聖殿教会である理由>

1.直接聖霊役事を受けたこと。実際体に入ってくるその聖霊を見たこと。

二代王の役事祈祷文:「お父様の大きな能力で、お父様の聖なる聖霊でお父様、この聖殿に現れて下さり、お父様の聖殿として祝福して下さり、役事してください。お父様の大いなる聖霊で成功の御手をお父様、役事して下さい。」

2.既に聖霊役事の証がある

①光が見えた。先祖の霊が自分に入ってきた。②ずっと涙が流れっぱなしだった。③親から自立するよう叱られたと感じた。

④ある婦人は床に倒れて霊動しながら、3時間あまり立ち上がることができなかった。

⑤自分の霊人体が急に大きくなった。⑥亡くなった両親の霊を感じた。⑦霊界から体を治療されているように感じた。⑧頭に力を感じた。⑨手がビリビリと来た。⑩腹痛が治ったなど。

もちろん、何も感じなかった人の方が多いですが。

3.聖霊役事を行う度、腕が聖霊の炎で満たされ燃えるように熱くなりジンジンする。

4.当教会は天宙霊界圏聖殿教会である。

2017年9月23日ヨハネの黙示録12章・完成祝福の内容を悟り祭事を行ったところ、

「何らかの理由で霊界が降りてきて、天宙霊界圏におおわれました。」2017年9月24日のお知らせと言って頂いたこと。

5.2017年5月神様の啓示を受け、神様とお父様とイエス様の聖霊三位一体のことを祈ってきたこと。

6.2015年8月30日清平で清平役事天使の解放と相続の儀式を行った。聖霊とともの清平役事を天使が行う聖殿教会なのかもしれません。

これからは

お父様の聖なる聖霊で、この聖殿に現れて下さる聖殿、

お父様の聖殿として祝福された聖殿、

お父様の大いなる聖霊で成功を役事して下さる聖殿

そのような聖霊役事を行う聖霊教会として皆様とともに日本にキリストのリバイバルを起こして行くイエス聖霊ペンテコステ聖殿教会でありたいと思います。

この聖殿教会は9.23ヨハネの黙示録12章天宙霊界圏とそのイエス様とお父様の聖霊とともにある希有な教会です。


この礼拝に参加している方、聖霊の役事を受けた方の中から是非、聖霊の役事を行える方が出てこられイエス様とお父様と二代王を証して行かれますよう祈願します。


* 参 考 *

<ヨハネの福音書に見る聖霊>

ヨハネの福音書、特に14~16章は、聖霊の章句とも呼ばれている。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

御霊:

1:32ヨハネはまたあかしをして言った、「わたしは、御霊がはとのように天から下って、彼の上にとどまるのを見た。1:33わたしはこの人を知らなかった。しかし、水でバプテスマを授けるようにと、わたしをおつかわしになったそのかたが、わたしに言われた、『ある人の上に、御霊が下ってとどまるのを見たら、その人こそは、御霊によってバプテスマを授けるかたである』。 1:34わたしはそれを見たので、このかたこそ神の子であると、あかしをしたのである」。


聖霊

3:34神がおつかわしになったかたは、神の言葉を語る。神は聖霊を限りなく賜うからである。 3:35父は御子を愛して、万物をその手にお与えになった。 3:36御子を信じる者は永遠の命をもつ。御子に従わない者は、命にあずかることがないばかりか、神の怒りがその上にとどまるのである」。


7:38わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その腹から生ける水が川となって流れ出るであろう」。 7:39これは、イエスを信じる人々が受けようとしている御霊をさして言われたのである。すなわち、イエスはまだ栄光を受けておられなかったので、御霊がまだ下っていなかったのである。

14:16わたしは父にお願いしよう。そうすれば、父は別に助け主を送って、いつまでもあなたがたと共におらせて下さるであろう。 14:17それは真理の御霊である。この世はそれを見ようともせず、知ろうともしないので、それを受けることができない。あなたがたはそれを知っている。なぜなら、それはあなたがたと共におり、またあなたがたのうちにいるからである。

14:25これらのことは、あなたがたと一緒にいた時、すでに語ったことである。 14:26しかし、助け主、すなわち、父がわたしの名によってつかわされる聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、またわたしが話しておいたことを、ことごとく思い起させるであろう。 14:27わたしは平安をあなたがたに残して行く。わたしの平安をあなたがたに与える。わたしが与えるのは、世が与えるようなものとは異なる。あなたがたは心を騒がせるな、またおじけるな。

15:26わたしが父のみもとからあなたがたにつかわそうとしている助け主、すなわち、父のみもとから来る真理の御霊が下る時、それはわたしについてあかしをするであろう。 15:27あなたがたも、初めからわたしと一緒にいたのであるから、あかしをするのである。


助け主:

16:7しかし、わたしはほんとうのことをあなたがたに言うが、わたしが去って行くことは、あなたがたの益になるのだ。わたしが去って行かなければ、あなたがたのところに助け主はこないであろう。もし行けば、それをあなたがたにつかわそう。 16:8それがきたら、罪と義とさばきとについて、世の人の目を開くであろう。 16:9罪についてと言ったのは、彼らがわたしを信じないからである。 16:10義についてと言ったのは、わたしが父のみもとに行き、あなたがたは、もはやわたしを見なくなるからである。 16:11さばきについてと言ったのは、この世の君がさばかれるからである。


16:12わたしには、あなたがたに言うべきことがまだ多くあるが、あなたがたは今はそれに堪えられない。 16:13けれども真理の御霊が来る時には、あなたがたをあらゆる真理に導いてくれるであろう。それは自分から語るのではなく、その聞くところを語り、きたるべき事をあなたがたに知らせるであろう。 16:14御霊はわたしに栄光を得させるであろう。わたしのものを受けて、それをあなたがたに知らせるからである。 16:15父がお持ちになっているものはみな、わたしのものである。御霊はわたしのものを受けて、それをあなたがたに知らせるのだと、わたしが言ったのは、そのためである。


20:21イエスはまた彼らに言われた、「安かれ。父がわたしをおつかわしになったように、わたしもまたあなたがたをつかわす」。20:22そう言って、彼らに息を吹きかけて仰せになった、「聖霊を受けよ。 20:23あなたがたがゆるす罪は、だれの罪でもゆるされ、あなたがたがゆるさずにおく罪は、そのまま残るであろう」

  __________________________
キリストのリバイバル、クリック感謝です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村 

本部公認の冠婚葬祭・二代王より聖霊を賜った聖霊教会《イエスお父様聖霊役事と清平天使役事を相続した、聖霊役事天使役事聖殿教会

0 件のコメント:

コメントを投稿