2020年11月22日日曜日

'20年11月18日水曜礼拝<前編>所有権とトランプ民兵◆神様の愛を見捨てた忌まわしきエルサレム◆文亨進二代王

所有権とトランプ民兵

2020年11月18日水曜礼拝<前編>

神様の愛を見捨てた忌まわしきエルサレム 

文亨進二代王

 

左派がもっとも嫌う言葉、所有権 

1部 16:48  翻訳fanclub

はは、それでは、エゼキエル16章を見てみましょう。

エゼキエル16章

16:1主の言葉が再びわたしに臨んだ、 16:2「人の子よ、エルサレムにその憎むべき事どもを示して、 16:3言え。主なる神はエルサレムにこう言われる、あなたの起り、あなたの生れはカナンびとの地である。あなたの父はアモリびと、あなたの母はヘテびとである。 


16:20あなたはまた、あなたがわたしに産んだむすこ、娘たちをとって、その像に供え、彼らに食わせた。このようなあなたの姦淫は小さい事であろうか。 16:21あなたはわたしの子どもを殺し、火の中を通らせて彼らにささげた。 16:22あなたがそのすべての憎むべきことや姦淫を行うに当って、あなたが衣もなく、裸で、血の中にころがりまわっていた自分の若き日のことを思わなかった。

16:23あなたがもろもろの悪を行った後、(あなたはわざわいだ、わざわいだと、主なる神は言われる) 16:24あなたは自分のために高楼を建て、広場、広場に台を造り、 16:25ちまた、ちまたのつじに台を造って、あなたの美しさを汚し、すべてかたわらを通る者に身をまかせて、大いに姦淫を行っている。


さぁ、ストップ。

ここで神様はエルサレムを見ながら、 カナンびと、アモリびと、ヘテ(ヒッタイト)びと、これら民族からエルサレムを約束されたのです。 

そうしながら神様を中心としてエルサレムは福を受けるようになり、そしてこの世に美しく華やかになっていったのですが、どのようになったのでしょうか?異邦神たちに侍るようになりました。異邦神たち。


そうしながら22節ですか、25節までですか、兎に角、神様の子供達、息子娘たちを 異邦神たちに捧げるようになりました。どのようにするかと言うと火を通して殺すのです。 全ての異邦神たちに、最後の目的は子供たちです子供たち。 子供達を捕まえて食べること。 

どうして?子供達は純粋で従順です。そればかりではなく、全ての市民の中で、子供達が一番清らかな市民だからです。子供は罪がない市民たちです。無罪の市民。

 

ところで、その異邦神たちは、その罪の無い一般の市民たちを殺させ、堕胎させ、バアル神の炎を通すようにして、そうすればその文化文明圏はどうなりますか?サタンのように殺人者の文化になってしまいます。 


神様がモーセに対して約束の地を約束された時、カナンびと、アモリびと、ヘテ(ヒッタイト)びと、 ペリシテひと、といった様々な民族がいましたが、その王たちは、ただイスラエル民族たちが来たので、領土を渡すと言ったのではありません。


イスラエル民族たちは、その地を神様が約束された時は入って行ってヨシュアとカレブ時代の時に、全ての王たちと、その民族たちを消してしまわなければなりませんでした。その言葉の意味は戦争し戦いなさいということです。

そのサタン主義の民族達は、ただ自動的に、自分の地をあげたのではありません。

その民族達と戦場で戦わなければなりませんでした。


キリスト教テレビと一般社会主義の牧師たちは、そのような歴史的な事を話せば、ただ「私たちの人生に何か困難があった時、約束された地のように、私たちはその困難を過ごしながら勝たなければならない。」このように解釈しています。 


実体的に集まることができる、実体的にモーセを中心として、その32の王家たちと、その文化文明圏と戦争し戦わなければなりませんでした。剣で。


自分たちがその土地を所有していると考えていますが、そこに神様が約束されたイスラエル民族が突然現れて「これは私達の土地だ。」であると。

カナンびと、ヘテ(ヒッタイト)びと、 ペリシテひと、アモリびと、この民族たちがイスラエル民族が現れながら、そのような事を言うのを聞くので、当惑しながらイスラエル民族を追い出そうとしました。殺そうとしたのです。 


色々とモーセの時代に、神様が約束の地に対して約束されたことは、それはとても恐ろしい言葉です。 


ただ乳と蜜の流れる土地について話すのでは無く、その約束の地をイスラエル民族が所有する、そしてそこからエルサレムも祝福された。その内容は恐ろしい言葉なのです。その言葉は、簡単に言えば、その国々に戦争を布告することなのです。

それが神様の民族の現実なのです。



神様が所有権を約束された時、それは、その民族達が気分が良くなる言葉ではなく、恐ろしい言葉です、恐ろしい意味です 。


それだから中央政府サタン主義の奴らが、もっとも嫌いな言葉は所有権です、所有権。


神様が、イスラエル民族に対して、その土地を所有することができると約束された。そいつらの立場では「私たちはお前の神を信じない。お前たちの神がそのように言ったとしても関係ない 。ここは我々の土地である。」このように言いながら。


そうしながら、そのように話をしながら「ここは神様が、ヤハウェの神が約束された地だ、出て行け。」このように言いながら実体的な戦争が起きるのです。 


所有権の話は、とても恐ろしい内容です。 

全世界が、天一国憲法で全世界が覆われ、全世界が天一国憲法の下にあるであろう、そのような内容の話をする時、恐ろしい内容なのです。

全ての世界の中央政府たちが最も恐れる言葉なのです。


どうして?自分の天使長システムが無くなってしまうからです。

それだから神様の鉄の杖王国の最も恐ろしい象徴的物事が王冠と鉄の杖、鉄の杖の王国。

サタンが最も一番嫌いなものが王冠、神様の民族の王冠を最も嫌うのです。 

 1部 32:55 

 2部 0:01概略訳fanclub

この捕食動物たちは、もっと若い赤ちゃんまで性暴行するそのような文化文明圏を作ってしまいます。


サタンUNは国際的共産主義の国々を保護するだけでなく、真っ赤なサタン主義文化を人々の目の前に全世界的に敷きたいのだ。 狂ったやつら。


一般の人たちは、そういうことを想像することもできない。一般の人達はサタン主義の奴らではないから。

しかしサタン主義の奴らが最も望み願う文化です。 

全ての強いアルファ男性たちを殺してベータ男性だけを作って、ベータ男性は自分をもっとも面倒見が良いと、嘘を売って、その次にその文化文明鍵を全て捕まえて食べます。 


男の子は戦いを学ばなければ成りません。戦いを学んでこそ他の人を守ることができます。激しい武道訓練をしてこそ、激しい警察訓練をしてこそ、激しい軍訓練をしてこそ、その男は他の人々を保護できるのです。

 

天一国では若者たちは幼いときから警察訓練、軍訓練だけでなく、結婚訓練もします。未来の結婚のために、それはとても重要な科目です。授業です。


恐怖を通じて、サタンは女性を捕まえ食べます。左傾化。女性はすでに弱いので、その弱いことを拡大しながら、続けて弱いことが良いことであると、ずっと話して一番平易な道を行くようにして、そのようにすれば女性達は100%社会主義になってしまいます。

平和軍警察訓練を通して、うちの女性たちは、顔もパンパン殴られて、首もカーっと締められて、女性達は怖いことを全て経験するようになる。


そのようにして女性たちも恐怖と戦う訓練をするようになります。

そして言い訳をする習慣を殺すのです。辛いことを不便なことを好むように。好きになるように。


私達はここでは雪が降れば「やったー雪が降る!」と言いながら冷水訓練をします。

凍った池の氷に穴を開け、その穴に入り冷水訓練をします。それがどれほど楽しく 体にどれほど良いでしょうか。 


左派、共産主義はコロナウイルスを使って詐欺をしている

翻訳fanclub

このコロナの内容は、熱も出て頭痛と筋肉痛そのような症状になるのですが、全身がだるくなります。

ところで99.9%皆回復するそうです。これは風邪よりも弱いのです。統計的に見れば。インフルエンザよりも弱いのです。 


それでも、こいつらはマスコミ言論を通じて、恐怖、恐怖、恐怖を与えます 。 これは何か感染すれば皆死ぬ、そのような恐怖を植え付けてしまったということです。

ですから世界的に共産主義システムを敷いたということなのです。


一般の市民たちは政府と詐欺虚偽宣伝を盲目信仰します。ブラインドフェイス。

一般の市民活動は異端似非宗教に浸かっているのです。 

言論の教育プログラム、政府似非宗教、そうして一般の市民たち完全に盲目信仰するのです。政府似非宗教。

インフルエンザよりも弱いのです。 

トランプはあれこれとワクチンを受けたので三日で出てきたではないですか。 

だから免疫システムが重要です。


ところで全世界の経済を閉じるほどの疾病ではありません、これは完全に。話になりません、これは。

インフルエンザは毎年米国だけで4万名以上を殺します。インフルエンザ、風邪が4万名以上を殺します、米国では。

このコロナはインフルエンザよりも人を殺しません。


ところがマスコミ言論では「ああコロナウイルス、コロナウイルス。マスク、マスクつけなければ悪い人だ。他の人のことを考えない」 、これは完全に盲目信仰です。 本当に。


そのような内容として、 一般市民達が、どれほど自分たちが そのような宗教に入ってるかを知らないではないですか。 

自分達は自由があると考えるのですが、自分が無神論者で、自分が神様を信じない、神様はいないと考えるから、このように狂った奴らです。狂った女たちです。

同時にそのような狂った内容を信じて、我知らず宗教似非政府宗教に入っているのです。自分も分からず。

左派は完全に宗教となってしまったのです、これは。


いや、ニューサム、このカリフォルニア州知事、この詐欺野郎ニューサム州知事が、収穫感謝祭(サンクスギヴィングデイ)に集まってはいけないとしました。

カリフォルニアで、コロナ故に。コロナ故に感謝祭とクリスマスはやってはいけないとしました。

「なぜなら感謝祭の時、クリスマスの時、人々が集まって暖かい雰囲気とお互いに愛する、愛深い雰囲気となること、これは悪であるから、人は孤独でなければならない。分離されなければならない。クリスマス、収穫感謝祭は一人で過ごさなければならない。」と 


イエス様のご生誕日は、もちろん12月23日、12月25日ではありませんが、それでも大部分のクリスチャンたちが、その時クリスマスを祝いながら贈り物を分かち合い主を思う、こうではないですか?

それは駄目だと言うのです。

一緒に集まって、そのようなことをするのは危険であると、おじいさん、おばあさんが死んでしまうと。コロナのせいで。 

インフルエンザよりも、もっと弱い風邪の故に集まることはできないのです。


そしてこのニューサム詐欺師は、そのように言いながら、そのまさに次の日に、市民が何をインターネットカメラで、どのような場面を捉えたかと言うと、そいつが自分の家族と収穫感謝祭をしていたのです。まさに次の日に。

そうして、それが見つかったのですが、

 「いや、あなたは今法を作ったのではないのですか?どうして州知事がその法律を作った次の日に、 自分が一般の市民たちには集まることが出来ないとしながら、どうして12名も集まったのか?」 

このように市民たちが言ったところ、ニューサム州知事が何と言ったか知っていますか?

 「あなたたちのために行ったのだ。」

このように言うのです、こいつは。

市民たちのためにしたそうだ。どのような集まりが不法であるか、見せるために自分がしたと言うのです。 

真っ赤な狂った奴らではありませんか?これは?


これはいつも共産主義はこのようにします。法律が二つあります。どれほど詐欺野郎であるか。


いや、正に前日に、自分がカリフォルニア州の人々に「集まることが出来ない」と言っておきながら、正に次の日12名自分たちが集まっているのです。秘密的に。

ところが市民たちのカメラに捉えられてしまったのです。 


それだから、自分が見つかったので言ったことが「私は市民のためにしたのだ。皆様に見せるために、12名が集まることが、どれほど危険であるか見せるためにしたのだ。」と、このような狂った人のように言うのです。

そして次の日に、そのような言い訳をして、また法律を作りました。また市民たちが食べることができない法律を。 


こいつはどれほど狂った詐欺師サイコではありませんか?これは?サイコです。サイコ。

 

中央政府天使長政治サタン主義は、サイコたちが力を得るようになります。

それだからこいつらは狂ったように社会主義、共産主義を作ろうとするのです。 

自分たちが法律を作って(自分達は)違反することができる。 

どれほど驚く内容であるか。呆れた。 


それだからこの左派詐欺の奴らは、自分たちを善人のように装いますが「自分たちは市民たちのために、市民の面倒を見ます。あれこれの内容を無料で提供します。」

このように言いながら、 その異端似非宗教、政府宗教を引っ張ってくるのです。無償で与えながら。

ところがその無償が無料ではありません。一般の市民たちから盗んだ内容なのです、強制で。 


それだから、そういう奴らが一番最も怖がる内容が所有権、この王冠と鉄の杖です。鉄の杖。

考えてみてください韓国市民たち、一般の人たちに鉄の杖があったならば。


今ドイツでは大きなデモが起きていますね、ドイツで。そしてクリスチアヌス・シーバーガ会長が、そのビデオを上げたのですが、ドイツの警察達は、そんなに寒い天候の時に人々が集まったのに、完全に水を撒くのです。 バー、シャーと市民たちに対して。

市民たちは集まることだけができるのであって・・・。


米国トランプ民兵たちの力
翻訳fanclub

銃器所有と鉄の杖は政府を覆すことができるパワーです。それは共産主義の奴らが最も一番嫌いなことです。自分たちを覆すことができるパワー。 

政府の人員たちが市民たちを怖がってこそ、市民たちに自由があるのです。

市民たちが政府の人員ちを怖がれば、暴君の世界なのです。

 

それだから、この鉄の杖所有と銃器所有がどれ程重要であるか、人々は分かりません。

それは単にデモするパワーではなく、 その政府を覆すことができる力です。 


米国市民、トランプ大統領が「さあ、こいつらは大きな詐欺をやっている、集まれ!そしてこいつらを全て捕まえろ!」このように話しさえすれば、100万名が銃器を持ってワシントン DC に降りてくる愛国者達が、突然現れるのです。 その命令さえすれば。


トランプ大統領は最も大きな民兵隊、オースキーパー(Oath keeper:誓いの番人)と言う誓いを守る者、組織の名前はオースキーパー(Oath keeper:誓いの番人)、オース(oath)とは盟誓という意味、キーパー(keeper)は守る者という意味です。 


この人達は誰かと言えば、参戦勇士達です、この組織は。 

皆、銃器所有をしている人たちです。

ところで、この人たちは 米国を守るという誓いを立てます、軍人になる時、警察官になる時。そして敵を、外部にいる敵、そして内部にいる敵と戦うという誓いを立てるのです。それは米国にある一番大きな民兵隊です。全て元警察官、元軍人です。

この民兵隊は数日前に出てきて「バイデンは詐欺によって勝っても、我々はバイデンを認めない。バイデンがどのような法を作ろうと、我々は認めない。として従わない。」と言うのです。


ですから、この人たちは、トランプが「捕まえろ!」その言葉さえ下せば、出れば、この人たちは銃器を持ってワシントン DC まで行って、そいつらを皆捕まえて行きます。 そのように恐ろしい民兵隊なのです。

 

簡単に言うならば、 トランプはこの中央政府がこのような詐欺をしながら、バイデンを立てた、我々は戦う。内戦をする。」と言えば、数百万人が集まってくるのです。全ての民兵隊が皆、行くのです。

トランプはジョージ・ワシントンのように、 悪い英国、 政治サタン主義を思い出したように、この中にいるサタン主義、共産主義たちを皆、捕まえるのです。 


そしてトランプ大統領は、まだ実体的な大統領なので、それはコマンドチーフ、 総司令官なのです。トランプが命令すれば総司令官の命令なのです、これは。

それであれば軍隊は従わなければなりません。軍隊では約70%から80%がトランプに票を入れました。 そうですから反対する人もいるでしょうが、大部分の軍人がトランプ大統領の命令に従うことでしょう。

それほど恐ろしいパワーなのです、これ(民兵隊)は。 


朴正煕大統領も韓国において、共産党の奴らが大きくなっている時、奴らを全て削除したではないですか。全て捕まえて行ったではないですか。大学から、言論から政府まで。

なぜなら共産主義思想は癌です、癌。特に内部から上がってくればパンと体を殺してしまいます。除去しなければその全体の体が死んでしまう。

なぜなら共産主義は政治的なイデオロギーだけではなく、サタン主義だからです、実体的なサタン主義。サタンの国を作ってしまいます。 サタンの文化、 子供を殺す文化、 子供を食べる文化、 子供達を性暴行しなければならない文化。 これは共産主義の連結圏です、根。


そのスーパーエリートたちがお互いにコントロールすることができるパワーが何かと言えば堕落、児童性暴行、セックスパーティー。 お互いに悪いことをするところを撮って、約束を守るのです。お互いに保管しようと。抜け出すことができない約束。


それをお父様がすべて明らかにされたのです。堕落は事故ではありません事故ではありません。性、性倫理、性倫理。

全てのサタン主義の内容は、

白馬、中央銀行スーパーエリート、カトリック偽の聖職者指導層、 

赤馬、中国千万名軍隊。聖書に出てきます。千万名軍隊の赤い馬

黒馬、ディープステイト、CIA、英国のMI6、イスラエルのモサドなどその様な組織。

そのような組織は誰を助けますか?白馬、 赤馬、緑馬は誰ですが緑馬はイスラムジハードの奴らを。


この全ての悪いチンピラの奴らはお互いが指示し連結している部分は何ですか? 児童性売買。

中国は東洋圏にある、タイ、ベトナム、カンボジア、 韓国、日本、 全ての連結圏があります 。東洋圏に子供たちを拉致監禁性売買する(連結圏)、中国を中心として。タイには中国の奴らが入っています。


ロスチャイルドの奴らは欧州を中心として。ロンドン英国偽の サタン主義王家。 ヨーロッパのスーパーエリートたちは皆連結しています。

カトリックは自分の子供達、カトリックの子供達を捕まえて食べるのです。

ハーベストは何ですか? 子供たちをハーベストすること、収穫する。


何故?サタンに侍るから。自分たちが神であるから。

2部1:01:35


本部公認サンクチュアリ教会『三代王権天一聖殿』・二代王より聖霊を賜った聖霊教会《電話で戻る祝福可能です。イエスお父様聖霊役事と清平天使役事を相続し聖霊役事天使役事を行っています。 





0 件のコメント:

コメントを投稿