2017年12月4日月曜日

韓国人の人種偏見と三代王権の国際結婚宣言■キングスリポート12月 1日(金)

チャット速報英韓訳からの翻訳:虹の王国宗族王 監修:ファンクラ

韓国人の人種偏見と三代王権の国際結婚宣言

キングのレポートへようこそ。
天一宮の今日の天気は晴れた天気になるでしょう。
インドネシアでの火山の爆発は、全世界の天候に影響を与えそうです。
火山の爆発は、全世界の気温をむしろ下げる役割をすると言っています。
火山の微細ホコリが大気の太陽の光を遮るようになって、むしろもっと寒い天気を作ると言いますね。


今日が聖句はミカ書5章2節です。
2 しかしベツレヘム・エフラタよ、あなたはユダの氏族のうちで小さい者だが、イスラエルを治める者があなたのうちからわたしのために出る。その出るのは昔から、いにしえの日からである。
3 それゆえ、産婦の産み落とす時まで、主は彼らを渡しおかれる。その後その兄弟たちの残れる者はイスラエルの子らのもとに帰る。

この一節は、かなり変わった一節です。
このミカ書の一節では、イェス様がベツレヘムで生まれたことを予言した一節です。
こうした啓示は的中したし、これは神様のみ言が人間の知識から出たのではなく、神様の導きにより現れたものだ、ということをもう一度教えてくれるのです。

昨日、私は、とても興味深い映像を見ました。
最も小さな政府を追求する人種は、白人男性たちだという統計だそうです。
統計では、50%ちょっと超える白人男性たちが、社会主義を望まない、大きな政府を望んでいないと答えたそうです。
その理由は、米国内での白人男性たちが最も多い税金を負担しているためです。

つまり、大きな政府が運営するためには、もっと多くの税金を納めなければならないことを知っているからです。
南米の人達やアジアの黒人の中で、多い数字は福祉を望むし、その福祉はもっと多くの税金を象徴します。
また、とても興味深い研究結果をもう一つ見ました。
米国の昼休みの人たちをよく見たら、同じ人種同士集まってご飯を食べるのを見たといいます。
黒人教会は黒人同士が、白人の教会は白人同士が集まって(もちろん例外はあるが)、礼拝に参加するそうです。
これは人間が、お互いに外形が似ている人と安らぎを感じるからだといいます。

また、イエス様をもっと白人のように包装をし始めたのは(種が中東人だったのにもかかわらず)、西欧の社会にキリスト教の伝播にとても役に立ったのも事実です。
私たちは人種を認識し、人種に対する偏見を持っているのは本当に残念ですが、うわべだけであっても、それが事実ではないと否定することができないのです。

もはや米国では、白人優越主義がひっくり返されて、かえって白人だという事実に罪悪感を持つよう助長しようとする動きが強まっています。
(黒人奴隷の歴史を、残忍で強欲な白人たちが助長したというのです。)
もちろん、奴隷の歴史は悪です。しかし、これが白人だけが黒人奴隷を持ったというふうには言えません。
中国も他の国を、韓国も中国の植民地でしたね。
アフリカの国も他のアフリカの国を踏み躙ったし、中東のカリフのオスマン帝国も、白人たちを性奴隷にして、獣よりもひどい扱いをしました。
したがって、白人だけが特権を持って黒人たちを抑圧したというのは間違いです。
興味深いのは、メシアが一つの人種の姿をして、特定の言語を使うのは、その人種とその文化に属する人たちにとっては、非常に重要な事になります。
そして、その文化に属していない人たちは、その来られたメシアを拒み否認します。


私が率直に言うと、韓国人たちは暗い皮膚を持った人種に大きな偏見を持っています。
黒人や東南アジア人たちに対する非常に強い偏見を持っています。
このような‘私が属したグループ'(in group)と私が属していないグループ(out group)の対する研究は、本当に興味深いです。
これは‘昼食時間効果'とも呼べますね(米国昼食時間に同じ人種ちが三々五々集まってご飯を食べる現象)。

ある米国の大学では、白人のその遺伝子を全部殺さなければならないというオピニオン記事を書いて、論争に巻き込まれました。
インフォウォーズではその大学に行って、その記事について、その大学の学生たちと広場論争をしました。
白人たちを人種差別するなという論争を、オーウェン氏がしました。
その論争で、ある黒人男性の方が‘この白人の黒人問題は、白人黒人が結婚して多くの子供を産めば、問題が解決できるだろう’と言いました。
よく聞いたことのある言葉でしょう。
我々の米国聖殿教会も、白人の新しいシックたちがたくさん入って来ますが、その方たちは私が東洋の韓国人牧師だといって、それを問題視しません。
私がどのような価値を教えて、どのような価値を守護しようとするのかが、もっと重要です。
私たちは世界を見回すと、様々な形態の政府があるように見えますが、結局は大きな政府を志向する形と小さな政府を志向する形の二つに分けられます。


すみません、今日私が少し風邪気味で、少し考えが遅くなりますね。
(ヨナニム:2代王様が少しお体がきついようですね(涙))
事実、社会主義は私たちが調べたように、1600年代に米国植民地領で既に失敗した制度です。
ただ、主だけがこの世界に繁栄を持って来ます。
主を基とするキリスト教の文化だけが、この地の人たちが自由と平等を享受できるようにします。


今日はサバイバル訓練をする予定です。
スーパーテントというシステムをやってみる予定です。
さっき私がオーウェン氏がその大学に行って大学広場論争をしている際、ある黒人男性の方が、白人と黒人が結婚して赤ちゃん産めば、全ての問題が解決されると言った、ということを話しました。
それは真のお父様の方式です。


そして3世からは、全ての人種と結婚をするよう祝福を下さいました。
私はその真のお父様のみ言を厳重に従うでしょう。
なぜなら、私の家庭は、天一国を象徴することを知っているので、私は全ての人種とうちの子たちが祝福を受けるのが正しいと思います。

私はもちろん、韓国の方たちを人種差別するつもりは絶対ありません、In group、私が属したグループだけを大事にして愛する文化は、天一国文化ではないと思います。
私がこれを今日お話しする理由は、私がこれを強調しないと‘昼食時間効果'のように、自分と同じ人種のみと祝福を受けようとするだろう、ということを知っているからです。
そういう面で韓国の人々は、もっと黒人と結婚すべきだという気がします。
実は韓国人たちは、白人たちと祝福を受けることを優先して、黒人たちと祝福を受けることは、リストで最も低い選択肢だということをよく知っています。
しかし、それは真のお父様のみ言ではありません。
ただ、私たちが慣れている(わざわざ人種差別をしようとしないということを、もちろん知っています)人たちと一緒に昼食をしようとしているのと、違わないのです。


私たちが祝福を考える時、同じ価値と同じ意を持った天一国の文化を、同じ主に仕えることの有無が重要視されなければならないのです。
人種が違う、これは最も重要なことではないというのです。
私はその論争で、その黒人が白人黒人が結婚して子供を産めばいいということを言った時に、全体の論争が急に静かになるのを見ました。

人間というのは実に不思議です。
人間はもちろん霊がりますが、肉身もあります。
肉身で、この地で歩きながら、この地で生きていきます。
そして、その神様の完全な例が主です。
そして、その主は私たちに、人間が最も理想的に生きるべき見本を、私たちに見せて下さいます。
したがって、イエス様は肉身を持って来られたし、真のお父様が肉身を持ってこの地に来られたのです。
この間見たように、人工知能アレクサはイエス様が虚構の人物だと言うのを見ると、後に天一国が創建され繁栄したならば、真のお父様も虚構の人物だったと言うようになるかも知れません。
私たちが主の文化の例を見て、彼に従わなければならないのです。
主は人種間の違いを見ませんでした。


違う人種は、違うIQがあるといいますね。
アメリカではこの頃、東洋人が白人よりもっと高い給料をもらっていると言います。
また、高いIQを東洋人が持っているそうですね。
人々はどうすればIQを高められるか、というのを研究してきましたが、特別な研究結果を出せませんでした。
そして、その人種のIQの壁を越えないでいました。
このようなin group、私が属したグループの正体性は強過ぎて、マイクロ進化(種の中での進化)の最も強いものの一つです。
そして、その壁を越えることの解決策として、真のお父様が出したのが正に、私たちが皆ご存知のように人種間の祝福です。
別の文化と異なる人種が結婚することで、私たちも知らずに、我々に入っている別の人種とのout groupの性向を破ることができるのです。


ティム本部長:真のお父様は私たちが我々の恩讐の国家と結婚をしなければならないともおっしゃいました。

本当にそうです。
イスラム教とキリスト教の葛藤も、どう解決することができるでしょうか?
イスラムは事実、自分たちの理想的な国家は、イスラムが政治的に掌握した国だと考えます。
それは神の王国の姿とは、かなり違う姿でしょう。
それで現実的に言うと、宗教的な統一は人種的な統一より難しいだろう、というのは事実です。
私は全ての宗教がみんな手を繋いで幸せに、こういう脳のない理想論は話にならないと思います。
私は真のお父様が、3世からは全ての人種と祝福を受けなければならないとおっしゃったことを、とても深刻に受け止めています。
人間の私が属したグループin groupの偏向性を破ることを願われる真のお父様のみ言を、我々の家庭で実現することがとても重要だと思います。
すべての人種を愛される真のお父様の理想が私の家庭で実現されることが、すべての人種を愛した真のお父様のみ言が象徴的に実現される姿に見せるのが重要だと信じます。アジュー!!


(ヨナニム:We are back!と、歌を歌っていらっしゃいますね。
私が双和湯(双和茶:韓国の代表的な漢方薬)を一つお持ちしました。^^ みんな心配されると思っておいしいとおっしゃってますね)

ヘッドライン記事です
*フィラデルフィアで、ある十代の少女がフェイスブックで1人の男性と会ってから、フィラデルフィア西部で変死体で発見されました。
犯人は23歳の黒人男性で、変死体を燃やし落ち葉で覆って死体を隠蔽しようとしました。
これは本当に悲しいことですね。
ソーシャルメディアは、このように子供たちに嘘をいいます。
嘘を広めます。
それで私は平和軍平和警察訓練を教えるのです。
ナイフの使い方を知っていたら、少なくともナイフを持ち歩いて、自分がナイフで刺される時、その犯人に抵抗でもして、逃げられる機会を増やせたのに… 本当に残念です。
この十代少女の変死体には、ナイフで50回刺された跡があって、さらにこの少女の両親を悲しませました。
もちろん、この十代少女がソーシャルメディアで会った人を、誰かも分からずに出かけ会うこと自体が良い選択ではなかったでしょう。
女性たちは本当に気をつけなければなりません。
ソーシャルメディアで甘い言葉で褒めてくれる男性に気をつけてください。
そんな男性たちはあなたに何かを狙う人です。
自由社会で、自分の資産を守る精神は、とても重要です。
なぜなら、自由理想社会では、すべての私有財産を自分が汗を流して稼いだお金で手に入れるようになるので、その私有財産を守る義務と責任があるというのです。
そして、その私有財産を守る一つの方法としてAR 13の長銃がありますが、その言葉は、私たちが他の形態の護身術や武器を使用してはいけないということではありません。


*別の記事です。
今の夏、ウォーターパークで施設を乗る時、目に水が入ったところ、急に目が燃えるように痛かったといいます。
病院に行って検査して見たら、目からマイクスプレディアという寄生虫が発見され、今も完全に治ってなく、目をたくさん使う職業を持っている被害者は、非常に困っているという記事です。
このような種類の記事は、人々が自然を恐れるようにすることに、その目的があります。
私と私の家庭は、湖の聖殿で毎年夏、子供たちと水遊びをしたけど、そのような事がありませんでした。


*カリフォルニアで女性が拉致されて、ズボンを除いたすべての服を脱がさせ、しばらく運転した後、道ばたに捨てたといいます。
雪と雨が降る状況で、彼女が救助されるまで多くの時間が所要されたにもかかわらず、彼女は生きて救助されました。

トランプへのハニートラップ
 
ラッセル・シモンズ有名プロデューサーが性的暴行強姦の容疑を受けています。
彼に容疑を提起した女性は、ラッセル・シモンズの性暴行の行動を詳しく供述しました。
ラッセル・シモンズはこのことで、自分の30年余りの仕事をやめて退社しました。


ラッセル・シモンズという有名なプロデューサーが、最近性暴行の疑いが明るみに出て、自分の席から下りるようになりました。

私がこのような左派たちの動きを見ると、性的暴行の容疑だけが浮上してきても、席を剥奪する姿を見ることができます。
このようなことトランプ大統領を狙ったものではないかと思います。

トランプ大統領もご存知のように、性的な嫌がらせがあったと何人かの女性たちが疑いを提起しましたが、実は、いかなる証拠もなかったし、また、告訴すると大騒ぎをしていた女性たちも、彼が大統領になるとすぐにみんな告訴を取り下げました。
ビル・クリントンが7件もの性的暴行裁判を合意で終えたのとは全く違った様相です。
もはやトランプ大統領も単に何人かの女性たちが、彼が自分たちを性的暴行したと言ったならば、トランプ大統領を性暴行犯に追い込んで、その位置から下すべきだと言うようです。
そのような左派たちの方向性が、目にはっきりと見えます。


もう12月だということが信じられないですね。 ^^
歳月が本当に速いですね。
私が席をちょっと外さなければなりません。
そうでなければティム本部長がヘッドラインニュースを終われないようです。
もし人工知能が政治家になったら、彼女は本当に公正で不正腐敗のない政治家になるでしょうか?(記事のタイトルです。)

ティム本部長の記事の報告です。
*スマートフォンの中毒は、脳のバランスを崩すといいます。
カリフォルニアで、ある不法移民者が人を銃で殺しました。
しかし、その人はそれがミスだったと言うと、彼は情状酌量され、刑を免れるようになったという記事です。
銃が人を殺したのであって、私が殺したのではありません、というカリフォルニアの論理がおそらく適用されそうです。 (ティム本部長のコメント)


*トランプ大統領は、英国のテロを入れた映像をツイッターをしたし、それを英国政府側では不快に思ったという記事もあります。


*ある大学では、白人が社会を抑圧する14つの方法というタイトルの記事が見えます。
その記事を一度読んでみましょうか。
白人の白人城!これは多文化で成されている米国文化を、14つの方法で抑圧すると、ある大学で討論が行われました。

ハリウッドは白人を主人公で使うし、ニュース討論も白人キャスターが多いし、白人が犯人なら黒人が犯人の時よりもっと寛大に言う傾向があると、カリフォルニアムン教授(白人)は言いました。
この記事は、我々が今日のキングのレポートを始める時に話したことと、脈絡が同じですね。
このような白人優越主義は話になりません。
なぜなら、他の人種も白人と同じく、人種差別主義と奴隷制をやってきたからです。
白人のせいで、白人たちがすべての問題を作った?それは話になる論理ではありません。
黒人もアジア人たちも、白人と同じような残忍な奴隷制を運営した歴史的な例は、とても多いです。


*ジョージ・ソロスのスパイの仕業が、ますます明らかになっています。
ハンガリーの情報局は、ジョージ・ソロスがどのような組織を持って国を滅ぼしているのか、新たな情報を発表しました。
ジョージ・ソロス側ではもちろん、これを否定しています。
ジョージ・ソロスはまず資本をその国に投資して滅ぼした後、社会主義政府と契約を結んでさらに大きな金持ちになります。
そんなことを多くの東部ヨーロッパにしました。
国が分裂すれば分裂するほど、社会助長者ジョージ・ソロスのような人には、ますます有利です。
人種葛藤と宗教葛藤があれば、その国は粉々になり、そのような国はさらに支配し易くなります。


*トランプ大統領は習近平主席に、北朝鮮の石油供給を中断することを促しました。
今回の7番目の大陸弾道ミサイル発射後に、トランプ大統領はこれ以上北朝鮮が挑発できないように、習近平主席にこのようなメッセージを伝えました。
トランプ大統領は、我々はもはや北朝鮮の90%の経済制裁を行なったと言いながら、このような状況でも北朝鮮は対話を断絶していると、そして核挑発を止めないと言いながら、トランプ大統領は習近平に北朝鮮の石油供給を中断することを促しました。

*オバマ前大統領が自分のアジア歴訪に出ました。
トランプ大統領が訪問してから間もなく、アジアの同じ国を訪問するオバマは、トランプの政策を霧散させて、権威を引き下げようとする意図ではないか、という話が多いです。
オバマは、習近平主席とインドの首相に会う予定です。
オバマは、フランスのパリで12月2日の演説を最後に、自分の日程を終えそうです。
ちょっと休憩を取って、今日のゲストと一緒にまた戻ります。


今日のゲストはドナルド・ミム牧師をお迎えしました。
多くの黒人都市を復帰するために、長い間仕事をしてきたし、本体論教育も受けたし、今はテキサスの我々聖殿の代表であるボブ・エクセラ氏と一緒に仕事をしています。
今はテキサスに住んでいます。
今日は音が響きますね。
マイクを調整をちょっとします。
今、テキサスは台風ハービーの後に、復旧作業が盛んでいます。
赤十字ピマなど多くの復旧作業の団体の助けで、少しずつ良くなっています。
私たちの教会の信徒の中でも多くの方、特に私の義母も家を今回の台風で失いました。
まだ台風で流された多くの残骸を、街から片付けられる人力や余裕がないのが今のヒューストンの実情です。
もちろん、ボランティア活動団体に感謝するのみです。
2代王様:ヒューストンの市長が今回の台風をきちんと準備することにおいて、かえって逆に話すことで、被害をもっと悪化したと聞きました。


ミム牧師:私の考えでは、私はそれでもよく準備したと思います。
もちろん準備ができなくて多くの被害を受けた人たちもいますが、それは誤解もあったと思います。
私は2006年から牧会をしています。もう10年目に入ります。
私の父と母は、私が6歳の時に両親が離婚をしました。
しかし、離婚したけど、夏休み期間にはお二人が会って、私たちが父と母と一緒にいられる機会をくださいました。
私には妹が一人いますが、その妹とも定期的にある教会に通いました。
本当にありがたく思います。
神様の賢明な助言のみ言を聞きながら、私が持つことができない、学ぶことができないものを学ぶようになりました。

2代王様:離婚家庭でもこのようなお父さんともお母さんとも時間を持つことができたのは、とても特別なケースです。

ミム氏:私の記憶で、私の父はいつも仕事を頑張ってる方でした。そして私の母や継母を絶対に無視しませんでした

2代王様:どのようにして本体論教育を受けるようになりましたか?
ミム氏:バブ エクセラ氏が導いてくれて来るようになりました。
彼は私のとても大切な友達になりました。
そして、彼が私に本体論教育の話をした時、神様の意なら喜んで行くと言いました。

2代王様:ミム牧師の牧会について聞きたいです。
実はこの世は、本当に頽落しました。
公立学校ではフリーセックスを教えるし、国連は性同意の年齢を10歳に引き下げようとしています。

ミム牧師:はい、これはあたかも我々が、サタンにドアを開いて置いて歓迎する姿と何が違いますか?
本体論に出席して、米国のキリスト教連合がしていることに感動しました。
一つになって、今の葛藤を解決する姿が、本当にありがたく感じました。
それで、祈祷午餐会にも出席をし、本体論教育にも出席するようになったのです。

2代王様:イギリスのガールスカウトでは、トランスジェンダーの男性が自分が女性だと言えば、ガールスカウトの女性たちと一緒にシャワーもするし、一緒にトイレも使うようにするのを、ルールで決めたという記事を読みました。


ミム牧師:私は主が、十字架に自分の肉身を犠牲にしながらされたことは、何が善であり、何が悪なのかの、その基準を見せてくださったと信じます。
もはや、我々がその基準を信じて(男性と女性が違うように造られたこと)、祈祷でこの国を復帰して回復させなければならないのです。
私はそれが文牧師が願ってたことだと信じます。


2代王様:今ミム牧師が、実は出勤中です。
今日短い時間でしたが、一緒にできて、本当に感謝の気持ちでした。
ミム牧師:私たちは現在ウェブサイトを構築中であります。フェイスブックには私のページがあります。
新しい誓いの教会です。
もし、ヒューストンに寄る事があったら、必ず寄ってくださったら有難いです。

(ヨナニム:若くて、とても信実な黒人牧師様でしたね^^)


2代王様:もうキングのレポートを終える時間が来ましたね。
今日も祝福に溢れた日になりますようお祈りします。
このような最後の日に、皆さんが祈祷室を作って、皆さんが祈祷でこの患難を乗り切るよう願います。
神様の姿を求め、神様との関係を求めてください。
サタンの絶望の誘惑が至るところに潜んでいることも忘れてはいけません。
祈祷する皆様になって下さい。
感謝、感謝いたします。
今日も遅い時間まで一緒にしてくださったすべての方々に感謝いたします。
アジュー

聖霊の役事のクリック、感謝です。 
 当教会への連絡お問合せ
聖酒送ります。戻る祝福を受け天の直接主管を受けましょう。