2017年2月26日日曜日

(THAAD・バチカンと手を組む中国臓器移植ビジネスの実体)2月22日 韓国語■(King's Report)  第二部 国際NEWS全文

(THAAD・バチカンと手を組む中国臓器移植ビジネスの実体)

韓国語王妃と宣教長官の報告(King's Report)

2017年2月22日水曜 第二部 国際NEWS全文



 亨進二代王:皆さんも天一国国民のみならず天一国氏族の王と王妃として立ち上がりサタン勢力を破壊することができる天一国王国を導くことができる神様主義と頭翼思想のアベルUN平和軍警察となり、新しい歴史と新しい文明圏、新しい水平線に出て行くことができる天一民族とならせたまえ。

2月25日も韓国聖殿は韓米同盟統一旗デモに参加しました!


中国の属国になりたくない!
属国になったらどういうことになるのか。
亨進様は中国の臓器移植でその恐ろしさを教えて下さいました。バチカンも同じになってしまっているのです。
王妃はTHAADを通し露骨に韓国支配をする中国に付いて報告を下さいました。
聖殿聖徒が戦う相手はこのよう人間を家畜としか思わない悪魔崇拝者たちなのです。日本にも中国に日本を売って人を支配したい連中は沢山います。
彼ら崇拝する中共の実体をこのティムエルダー部長の報告を通して知って下さい。。
クリックすればエルダーさんから始まります。

1:25:47 
翻訳ミニオン

亨進様:さあ、では、世界本部長のティム・エルダー本部長と天一国王妃、眞の母である王妃の報告に入ります。アジュ
ティム・エルダー本部長:誰が先にしますか? 今、言い争っています。(笑)
(ティム・エルダー本部長、早く(報告)してください。)
分かりました。私が先にします。
今日は私が皆さんに少し恐ろしい内容になるかもしれない主題を持って報告申し上げます。 それは何かというと中国の臓器移植です。 臓器移植観光と言う言葉まで出るほどにたくさんこれが成されているのに、その中国が長い間臓器移植でかなり商売をして来ました。ところで、それが長い間それが死刑囚の臓器を移植しているのではないか? という疑惑を受けて来て、中国の話しでは 2015年以後にはそのような事はしていないと言うのですが、 それを信じることができません。 今もこれは実は現在進行形です。
   <参考>


アメリカではこれを告発する映画まで去年に出ました。 映画題目は 「bleeding edge」ですから、「血が流れる刃」または「血が出る刃」「血を埋めた刃」このような感じで翻訳することが出来るのですが、その良心囚・・・良心囚を詳しく説明すると、法輪巧やまた地下キリスト教徒達を逮捕して監獄に入れて、そして例えば、韓国から人が渡って来て、私は肝臓が悪いので肝移植が必要である。 腎臓移植が必要である。そしたら、その監獄にいる人の肝臓をとって、腎臓をとって、移植してくれるというこのような内容を告発する映画です。 この映画主人公はアメリカ人、西洋人なのですが、ただ自分が心臓移植が必要であると、アメリカよりはるかに安いと中国へ行って移植を受けたのに、後で分かってみたらそれが多分自発的な寄贈によって行われた移植ではなくて、死刑囚やそれとも良心囚の善良な人の臓器を中国当局が強制的にとって移植をして、お金をもらったというそのような状況ではないのか?と疑惑を持つようになり、真実を探そうとさまざまな活動をする内容が映画のシナリオになっています。この映画はおそらく韓国では上映されないでしょうが、インターネットを検索すれば出てきます。少しお金を出せば皆さんもそれを見る事ができます。

そして問題は、今月初旬にバチカンで臓器売買反対会議が開かれました。 ところで、問題はそこに中国に臓器寄贈移植委員会委員長が招待にあずかりました。 ある人が言いました。 「これはまるで、麻薬退治会議に麻薬犯を招待することと同じだ」と。これはとんでもないことです。 どうしてバチカンがこれを許諾したのか? 推測がいろいろあります。
   
ところで、この会議に関するハンギョレ新聞の記事を皆さんと一緒に読みながら少しいろいろ考えたいと思います。これはハンギョレオンラインサイトに出た記事です。 ハンギョレの北京特派員が書いた記事なのですが、これを見ながら問題点をいくつか指摘したいと思います
死刑囚臓器摘出疑惑を受けてある中国が不法臓器移植に徹底的な管理で臓器寄贈を活性化させて 5年の内にアメリカより多くの寄贈を記録するという目標を提示した。
ですから中国は、私たちは過去にはちょっと間違ったかも知れませんが、今は違います。 そして私たちがこれからはアメリカよりも多くの臓器を移植すると言っていますが、分かりません。
7日バチカンで開幕した臓器売買反対会議に参加したファン・グゼプ(潔夫)中国臓器寄贈・移植委員回委員長
この人が麻薬退治会議に参加した麻薬犯です。 ですから、この人が悪いことをすべてしているのです。なのにそこに出たのです。なぜそうなのか?


去年中国で 4080件の臓器寄贈があり、これは前年対比 50% 増加したと明らかにした。 約一年で50% 増加したそうです。 衛生部副部長出身である黄委員長はこの日イタリア駐在中国大使館で外信記者に会って、中国の臓器寄贈者が 5年の内にアメリカより多くなると楽観しながら、「しかし中国は助けが必要である。 これがまさに私たちがバチカンへ来た理由で、私たちが学ばなければならない、中国にどのような事が起こっているのか全世界に知らせなければならない」と言った。
1:32:10


皆さん、自分が死んだ時、アメリカもそうですが、 運転兔許証を受ける時「あなたが交通事故で死んだ場合、それとも他の理由で死んだ場合、臓器を寄贈しますか?」 という質問を受けます。
その時「はい」と答えれば、それは後で死んだ時に病院でするのですが、 アメリカにはそのようなシステムがあります。 中国はまったくそのようなシステムがありません。 それにもかかわらず 4080件の臓器寄贈が成り立ったと言うことは、一般市民がそれを自発的にしたと言うことは非常に非常に疑わしいです。 皆さんどのように考えられますか? アメリカはキリスト教の文化背景があるのでこのような事があるのであって、その無神論の国で共産主義国で果してそうでしょうか? 分かりません。
黄委員長はこの日、中国が長い期間、不法臓器摘出及び売買疑惑を受けて来たという点を意識したように
当然意識するでしょう?事実なのですから、
臓器移植分野で中国の発展が遅くて多くの課題があるという点を認めた。 そうしながら、彼は不法取り引きのため数十人を逮捕した。
数十人!?数十人は何でもないです。
18箇所の医療機関が閉鎖されたと、18箇所も小さな数字です。
「2015年 1月1日から中国国民の自発的な寄贈が臓器移植の唯一の合法的な方法になった」と自信を持った。
これは、明らかな嘘です。 しかしハンギョレ新聞ではそのまま出していますね。
では、その次の文章です。
しかしローマ教皇科学アカデミーが主催した今回の会議に中国が参加するようになったことを置いて、バチカンが中国に兔罪符を与えたと言う批判も提起されると香港明報が報道した。
その通りです! これは、批判が出るしかないです。 なぜでしょうか? 皆さん、中国にあるカトリックは他の国のカトリックとは完全に違います。 韓国もアメリカもそうなのですが、カトリックのすべての司教はバチカンで任命します。 当たり前でしょ? 韓国政府が韓国カトリックの司教を任命することができますか? 全くできません。 今回は枢機卿を誰々がする。 韓国政府ができますか? 考えることもできないでしょう?
しかし中国は違います。 中国は中国の中にあるカトリックの司教は全て中国政府が任命します。 バチカンで任命することはできません。 これはいつからそうなのかと言えば、1949年共産党が政権を取った時からそうです。 バチカンはずっとこれに不満を持って来ました。しかし、こんな犯罪者をバチカン会議に参加させて、ここに言うように兔罪符を与える対価で、これからどうなるか私たちが様子を見なければなりません。万が一、これから中国が、それでは中国の司教もバチカンで任命させてくれる。万が一、そのようになれば確実にこれは取り引きが成り立ったのです。
それで、バチカンが中国の臓器移植に対して兔罪符を与えた対価でこれからそのようになるという疑惑が今出ているのです。


アメリカに本部を置いた ‘強制臓器摘出に反対する医師たち’(DAFOH)という団体がある。 その団体のトストントレー執行委院長は中国の制度改革は透明性が不足なので、今回会議が中国に書面証拠を提出して独立的調査を許容するように促さなければならないと主張した。
透明性が全くないですね。 もし事実であるならその証拠をつけなさいというんですよ。 あなたたちがきれいであるならば証拠をつけなさいという事です。


会議が中国の国際的宣伝舞台になっていると、その通りです。
中国の参加を取り消させなければならないという声も出ている。 中国高位当局者が教皇庁主催行事に参加したことは初めてで
そのような問題があるので、今まではしませんでした。 ところが、急に招待をしました。初めて招待をしたのです。


最近、近付いている中国とバチカンの関係を象徴する事だと見る視覚もある。
これは中国してバチカンがますますもう近くなっていますね。 なぜでしょうか?
その専門家は中国が (亨進様:同じサタンの勢力だから!) はい。専門家は中国が組織的に
死刑囚の臓器を摘出しているとイギリスのガーディアンが報道しました。ですから、去年中国当局が公式発表した合法臓器移植は1万件でしたが、病院蝕合資料では 6万から 10万件が臓器移植手術がなされたとみられます。ですから、公式的には私たちが移植を 1万件したと言いますが、多くの病院があります。 多くの病院があります。そのような病院の資料を抜けば最小で6万件、多ければ 10万件の臓器移植手術が成されたと見られます。では、その臓器がどこから来たのかと言う事です。明確に中国は今も、2015年 1月 1日以後にはしていないと言っていますが、このような方法で一般国民が仲介していると言いますが、 6万から 10万の臓器がどこから来たのですか?
中国は死刑囚が多いことも事実です。 中国は他のすべての国を合せたよりも、もっと多くの人を死刑執行しています。 このようなこともあります。 しかし、そのように多い死刑囚でも6万から 10万の臓器は出てきません。 それでは何か? これは良心囚です。 これは法輪孔で地下キリスト教徒、ですから、非公式のキリスト教徒です。
中国では最近、習近平主席もそうでした。 宗教団体は共産党の指導を受けなければならない。ですから、神様を信じる前に共産党を信じなければならないのです。 それが、中国の宗教団体に対する公式的な立場です。 宗教団体は認めるが共産党を信じなければならない。神様を信じないで共産党を信じなさい。では、中国にはそれに反対してそうすると言わない地下クリスチャンが多いのです。 そして捕まります。 そして、捕まれば臓器が不法摘出されます。それを告発したのが先ほど申し上げた映画 ‘bleeding edge’ です。
ところで、黄委員長は関連疑惑を否認しながら、不法臓器移植を決して見てくれない。 こんなに真っ赤な嘘をついています。 しかし中国は 13億人口の大きな国なので、明らかに法に違反する者がいると私は信じる” 抜け道があります。 彼は 2005年衛生部副部長時代、中国が死刑囚の臓器を利用していると認めた事があり、2011年には移植手術の 90%が死刑囚の臓器を利用したのだと明らかにした事があると香港明報が伝えた。


  <参考>


中国は恐ろしい国です。 私も個人的にうちの先輩食口の中に肝臓移植を中国に行ってされた方がいらっしゃることを知っています。 私が二名知っています。 その肝臓が、皆さんのあなたの体の中にある肝臓があなたを讒訴しないように気を付けてください。 その肝臓が誰から来たのか、どのような人から来たのか、どれほど恨の多い肝臓なのか、それを皆さんは考えなくてはなりません。 私たちは人間であるので生命を延長したいですよね。 腎臓が故障して、肝臓が故障して、死にそうなら移植をして、できれば安い中国に行ってしてたいのが人間です。 しかし皆さん考えてください。 皆さんの生命を延長するために他の人が死んで行くならできますか? (亨進様:殺人になります ) だめです。 私たちは他の人のために死なないといけないのに、私たちが生きるために他の人を殺してはいけません。(エルダー本部長の報告終わり)
(亨進様)
中国のやつらと勢力が、カトリックは白い服だけ着て凄いPRの 内容だけ見て、その中に同じ性暴行のやつら、同じ児童性暴行の内容が世界的に現われるようになりました。 まったく同じ勢力!中央政府! 中央教育! 中央銀行! 中央内容! まったく同じシステムです。
宗教でも! 政治システムでも! 無神論の中国のやつらでも! 中国に本当の宗教の自由があるのではなく、共産主義の宗教です。 さまざまな方式の共産主義宗教! 神様を信じないで共産党を信じなければならない偽りの内容! そんな現実とそんな事実の前に、皆さんはどれほどサタン主義が危険で恐ろしいかティム・エルダー本部長の報告をききながら理解しました。  
ここだけが! ギングスレポートだけが皆さんに正確な情報と内容を与えています。
KBS, MBCの詐欺野郎。 財閥のマスコミ! 中央政府を保護して支持する神様の王権と王国と天一国憲法と違うサタン主義の内容です。
はっきり言えば白人たちの中にダボスグループ、ビルドボグループとバチカンも入っているでしょ。 中央政府、中央銀行、中央宗教などサウジのワッハーブ派に、二番目にグループにサウジワッハーブ派が全中東をほとんど掴んだでしょ。
今や。あいつらがイスラム爆弾テロと言いながら、宗教的な政治、寡頭政治、サタン主義、共産主義等。三番目は東洋にいる赤い竜、サタン中国があります。 韓国のすべての貿易も中国が掌握し、韓国のすべての内容を中国がますます掌握したので、これからはドナルド・トランプを通してアメリカの製造業が強化されているので、アメリカがますますアメリカの石油を採掘しているので、皆さんが中国の物を買わずにアメリカの物を買うことも中国と戦うことです。 そうですか?そうじゃないですか?
イーマートの商品の多くは中国産でしょう? そうでしょう? イーマートのそのような内容が。 できれば国産品を買って、 できればこれからはアメリカの製造業が強化されてもっと安価な商品が出でくるから、アメリカで造ったものを買うことは、中国勢力の独占を破ることができる内容ですが、すべての市民が悟らなければなりません。 このような深刻なサタン主義の国が全韓国と韓国を掌握したくて、もちろん脅迫しているがもちろん政治家たちが買ってしまったが、韓国を属国に中国の属国としたいのが事実です。 さあ、次の報告で私たちの天一国王妃に行きましょう。

李ヨナ天一国王妃 翻訳:JONGJONG
 
ティム本部長が読まれた記事がとても衝撃的なのですが。キリスト教を土台として建てられた国と無神論を土台として建てられた国が、これほどに政策においてあちこちと違いがあるのかもう一度考えさせられます。韓国には…私はサードを見て、韓流コンテンツの中国輸出激減という記事を読んでみようと思います。


 サード配置のせいで韓国内でもサードを配置するという決定がなされたかと思うと、また、たくさんの反対意見が出され、これを繰り返していたというのが事実です。先月も訪韓した中国外交部でも局副部長(そんなに高くない地位の人)が韓国の外交部に延期要請を拒否し、一方的に入国して勝手な言動で、韓国市民にも多くの反感をかいました。その時にした話の中で、すでに知られていますが、ロッテとサムソンの企業人たちが集まった席で、小国が大国に対抗して大丈夫なのかと言いながら韓国の評判を貶めました。お前たちの政府がサードを配置すれば国交断絶水準のとてつもない苦痛を与えると半脅迫的に韓国に言ってきました。だから、今や二代王様がお話しされたように国交断絶とは戦争直前の二国間の摩擦であることを見せてくれています。


 KBCニュースは先月このような状況を置いて、中国との摩擦はサード以外の違う理由でもいつでも起きると言いました。そして、今や輸出市場の多様化を通して中国の影響力を削いでいかなければならないと言いました。韓国はだんだん中国の影響が大きくなり、アメリカとの貿易よりも中国との貿易がさらに増えてきたというのが事実です。
 しかし、今、韓国も中国への輸出をやめなければならないというのが世論のようです。


この記事は、水原市民新聞というところが書いたのですが、サードの報復、韓流コンテンツ中国輸出激減という記事です。一度読んでみましょう。
 中国の放送事業全般を管理している国家機構、光電総局を中心に韓国事業体の中国内放送コンテンツ市場進出制限(限韓令)が強化されていると言える。これは韓国のサード配置が既成事実化されたことに対する報復措置とみなすことができると現地言論「民プラス」が報道した。


 北朝鮮が弾道ミサイルの発射試験をすることで韓国内でもサード配置をしなければいけない。そして、マティス国防長官が訪韓し、サード配置がだんだん確定化される雰囲気です。なので、今や限韓令の具体的な内容を見てみましょう。


 中略… 中国のある媒体には特別な出処がなく限韓令の制限を受けるというドラマ53本、韓国芸能人42名の名簿が掲示されてもいる。11月になれば中国産スマートフォンの広告モデルが契約期間満了前に韓国芸能人(ソンジュンギ、ジョンジヒョン)から中華圏芸能人に交代することになっている。同じ月に中国の媒体は一斉に限韓令の全面アップグレードという題目で光電総局の指針を報道した。
 中略…また、去年下半期、光電総局が審議不決とし、契約や放送が取り消されたプログラムは10余編と推定され、正確な被害金額は算定することが難しいと報告した。
このようなことを見れば、ただ私たちが多くの韓国芸能人たちも中国に進出し、中国に韓流熱風だとよく言っていましたが、このように政府当局が前に出て規制、だから、ただ見るなというのではなく、これは良くないという程度ではなく禁止し、大型契約を取り消し、ブラックリストにあがるということです。この芸能人たちが来ることができなくなり、このように文化交流も遮断されます。また、今このようなサード配置を面白いと考えるのは、ある調査によると、限韓令を中国人たち約80%以上が支持しているということです。


中国は、国民をこのように監視し、国民たちを監視するレベルが違います。フェイスブックで中国当局に反対する記事に対してただ、いいね!を押すだけで監視対象になるという話もありました。このようなことを見ると、言論の自由とか、市場経済体制を持っていながら、富が入ってきて、さっきもお話にありましたが、カトリックやダボスのような国際経済協力機構などへ行き、自分の政治、国際基盤も広げていますが、中ではこのように人々をもっと監視し、制裁を与え、このような締め付けがなされていることをみると、言論の自由というのはないと思えます。そして、市民たちもこのような自分個人の考えを言うことができないそのような国です。

なので、私たちが、中国を考えるとき、(音が途切れる)何々たちが行って、お金を儲け、経済市場がこのようになっていますが、私たち聖殿食口がプレーンカード、バナー、垂れ幕に書いたように、ずっと王様が解説してくださったように無神論の国家、思想が韓国にやってきます。それはどれほど危険でまた、お父様が警告されたことかもう一度考えてみなければならない問題だと思います。

1:53:43
クリックすれば王のコメントから始まります。


亨進二代王 1:53:44~ 翻訳:ファンクラブ

中央の内容がサタンが集まるようになります。 中国は完全にサタン主義の国として児童性暴行人間の内臓を引きずり出し臓器販売、実質的人間農業を行う税金による人間農場だけでなく絶対的人間農業を行うのです。こいつらはサタンの奴らです。このような悪いサタンたちが皆さんの主人となろうとしているのです。このようなやつの奴隷娼婦となろうとする背信者たちを見るときに韓国には未来が無いように見えましたが、ただひたすらに保守派だけではなく保守派に方向を提示し聖殿食口達、天一国憲法、お父様の相続者・後継者・代身者二代王、三代王権、カインとアベルとお父様の聖霊の役事が動いているので世界的革命が起きているのです。アメリカ革命ブレグジット革命、フランス5月のフレグジット革命、ドイツのメルケル詐欺魔女を追い出す革命を起こしているのです。ハンガリース、ウェーデン、オーストリアまでその多くの所有権革命を韓国に今や連結させたのはお父様の聖霊の役事でした。


日本(に対して)、
グローバリストのやつら世界政府、世界共産主義政府を作ろうとするダボスグループ、ビルバーダーグループ、バチカン教皇、ジョージ・ソロス悪いサタン達、このような悪いサタンたちが全世界をヒラリー魔女を通して掌握しようとしていたのですが世界的次元において、お父様の相続者後継者代身者二代王、カインとアベル、三代王権が直接立ち上がり戦いながらヒラリー魔女を引きずり降ろしました。
ドナルドトランプが出てくる前から中央政府の内容を暴露し911テロ事件を暴露し911,ドナルドトランプが出る前に大統領を探していました。
そのような驚くべきミクロコスモスとマクロコスモスの驚くべき役事として、お父様の聖霊の役事が起きながらこのような世界的な革命が起きたのですが、今からは韓国と日本と台湾とフィリピンとすべての東洋の国たちが立ち上がって自分の国の国旗と星条旗とドナルドトランプを、ドナルドトランプの写真を掲げて国の自由と所有権と、中国が悪いサタンであること明確に発表しなければなりません。


皆さんが戦わなければ立ち上がらなければ、このような国々はサタン主義の勢力が世界共産主義政府が市民たちに人間農場を行おうとするサタンのやつらが世界を掌握しようとしているのですが、市民達は立ち上がり神様の王国、聖霊の役事に乗って、この市民たちは完璧ではないが罪人であったとしても、神様の驚くべき愛と神様の驚くべき慈悲と神様の恩賜を通して、罪人であっても救いの役事を受ける国民として、そのような悪い奴らに打ち勝つことができる人々にならなければなりません。
皆さんの力ではなく皆さんの能力ではなく、神様の権能と能力によってこの世界的革命が東洋まで現れて、三代王権と摂理的ミクロコスモスとマクロコスモス、世界的ドナルドトランプと一緒に動いて、サタン主義ビルバーダーグループ、ダボスグループ、ジョージソロス教皇の奴ら中国の奴らサウジワビ児童性暴力するサタン達勢力に打ち勝つことができる力であるキリスト教文明圏、再臨主のキリストの血統、王権と天一国憲法が全世界を覆うであろう。 アージュ アージュ アージュ
  
このような驚くべき終末の時代に、眠れない時代 皆さんは生きているのです。今や皆さんは今後95%、5%の最後の責任分担を成さなければ皆さんの国がサタン主義に飲まれてしまいます。皆さんは歴史の反逆者になりながら、国を売る娼婦となり(そのため)中国の勢力サタンの勢力が強くなり起き上がっていたのですが、神様主義、頭翼思想とで正確に政治の方向を示す、サタン主義サタン勢力を打ち壊すことが出来る内容を持っている聖殿食口たちが今や世界的中心的人物になったのです。
ですから皆さんは天一国国民だけではなく天一国氏族の王として、王家の摂理を通して、今からは皆さんも氏族の王冠を準備してインターネット放送とインターネットに出て、二代王とお父様の継承者・相続者・代身者、三代王権と二代王、カインとアベルと一緒に戦場に出てお父様の聖霊の役事の炎でこの世界、サタン世界サタンの勢力に聖霊の炎で焼き尽くして神様主義と神様の永遠な天一国、神様の王国がこの地に、天になされる如くこの地にも成されるであろう!と言うことができる国民と氏族の王達が現れなければなりません。


早く皆さんも王冠を準備して天の権勢と権能をもってすべての国の国民を導くことができる氏族の王と王妃となりインターネット世界、戦場で声を高く上げ、サタン主義を打破できるミクロコスモスとマクロコスモスお父様の驚くべき聖霊の役事を通して準備された人物と連結され保守派、国の方向を示し、お父様の権限圏にある聖霊の役事と、炎が生きている中心人物となって、皆さんの栄光の為に皆さんが優秀だからではなくお父様の驚くべき愛が偉大なので、私達が死んでお父様の栄光と慈悲をお返しすることができる天一国国民氏族の王達が、お父様の三代王権と王権と一緒に天一国を迎える聖徒として私達のキリスト教の兄弟姉妹を救いながら彼らがサタン勢力を追い出すことができる国々となることを願います。アージュ アージュ アージュ
2017年2月22日水曜日天基8年1月26日の放送で、皆さんは全ての摂理的内容を聞きなら教育を受けています。
今からは天一国時代と最後の者が最初となる役事の前に再臨主と、再臨主が立てられた精子と血統と王権!お父様の相続者・後継者・代身者二代王、三代王権・カインとアベルと一緒にいるので、皆さんも天一国国民のみならず天一国氏族の王と王妃として立ち上がりサタン勢力を破壊することができる天一国王国を導くことができる神様主義と頭翼思想のアベルUN平和軍警察となり、新しい歴史と新しい文明圏、新しい水平線に出て行くことができる天一民族とならせたまえ。
お父様に全ての賛美を捧げていきます。


お父様に全ての栄光をお返ししながらお父様に讃美と節義と感謝を捧げます。
アージュ アージュ アージュ


神様王権樹立勝利億マンセ!
万王の王、天地人真のご父母様三代王権億マンセ!

天一国創建 億マンセ! アジュ! アジュ! アジュ!

励ましのクリック聖霊感謝です。Sanctuary サンクチュアリ教会 真のお父様 文亨進 文鮮明 天一国 聖殿 イエス キリスト 再臨 メシア サンクチュアリ協会 サンクチュアリ 聖書にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村
聖酒送ります。戻る祝福を受け天の直接主管を受けましょう。お問合せホーム 
教会主催者三原:fanclubcomm@gmail.com 電話050-7124-8027 www.sanctuaryjp.org