2017年1月20日金曜日

子宮共産主義と戦うトランプと三代王権 2017年1月15日礼拝 文亨進師


子宮共産主義と戦うトランプと三代王権
2017年1月15日礼拝 文亨進師

《内容紹介、表題代は管理人》

神の精子によって罪が清められるのに子宮による罪の贖罪という神学はグローバリズム世界共産主義となり人々を奴隷化する、今この子宮共産主義に、ミクロでは三代王権がマクロではトランプが戦っており、今本当に大切なときなので祈りが必要です。そのような本来韓氏オモニがなすべき母の役割を統一教会のマザーテレサ、姜賢實先生がこのペンシルベニアに来て聖霊の役事をされているのです。

サンクチュアリ NEWSからの全文転載です。いつも有難うございます。(姜先生の訳は当ブログから)



姜夫人をすぐにお呼びしたいと思いますが、彼女は毎日の放送にも参加しています。そのような神様の王国の愛国者が共におられることは、私たちにとって本当に大きな祝福です。
彼女は90歳ですがすべてを捨てなければなりませんでした。彼女は世界中の教会から尊敬と栄誉を受けており、文字通り世界の教会のマザー・テレサのような人物です。彼女は歴史上の人物であり、お父様の自叙伝にも出てくる人物で、お父様も文字通り統一教会の母と呼ばれました。彼女と一緒に過ごせることは本当に素晴らしいことであり、90代の彼女はお父様を思い出させてくれます。昨日も朝食、昼食、夕食と一緒に過ごしましたし、訓読会も毎朝やっています。
私たちは夕食後に聖歌を歌っていました。昼食の時もそうです。彼女は韓国で昔歌っていた古い讃美歌を歌ってくれました。彼女は素晴らしい歌声の持ち主です。彼女はとても愛らしい方で、私の子供たちは彼女のところに行ってみんなハグしたりキスしたりしています。それで私は、「姜さん、この若い男たちはみんなあなたにキスしていますよ」と言うのです(笑)。90歳の女性にはふさわしくありませんね(笑)。こんなふうに冗談を言ったりしています。
彼女は家族の一員、おばあさんなのです。それで彼らは、おばあさん、姜おばあさんと呼んでいます。そして彼女の部屋に毎日別のチームが泊まるようにしています。私たちはお父様が90代の時のことを見ていましたので、そのようなことを実践するのはとても重要であり、愛と心情を深めるのに重要なことなのです。今の子供たちは人々を尊敬することだけでなく世話をすることも学ぶことがありません。そのようなことを学ばないのでエピジェネティクスが働かず、自分たちもいつか年を取って、自分が年老いた家族をこのように扱えば、自分にもやがてそれが起こるのだということが分かりません。
お父様に2年間お仕えしましたが、それは本当にとても大きな祝福でした。 韓お母様はいつも私に、「あなたはどうしておじいさんみたいなことが好きなの」と、言っていました。なぜなら私が、お茶を飲んだり、座って瞑想したり、書道をしたり、アジアのひげを生やしたおじいさんがやるようなことをやっていたからです。
しかし、そこにはすべての世界があります。彼女が昔の学校の歌を歌うのを見て一緒に過ごし、彼女の情熱を実感します。彼女は90歳でもキリストに燃えており、神様に燃えているのです。それは本当に信じられないようなことです。彼女が歌っているのを見て、ただ大きく息をつきました。それを理解すれば彼女が歌っているその言葉には美しさがあるのです。「天国の門であなたを待つ」というような歌だったと思います。彼女の好きな曲の1つですね。私は聞いたことがなかったのですがとても素晴らしいものです。それはまるで時代を超えて過去にさかのぼらせてくれるようです。まるで2人しかいない昔の小さな段ボール小屋に座っているかのようです。もちろんそこからお父様は最終的に世界に基盤を広げました。姜夫人が一緒にいてくださるのは素晴らしい祝福です。
彼女に多くのことを話しました。年を取った方というのは本当に何が起きているのかを知りたいのです。彼らは何が起きているか話して欲しいのですが、(話しても)大差ないと言って誰も話しません。彼らも同じ人間ですから、あなたの生活で何が起きているのか、子供たちに何が起きているのか、すべてを詳細に知りたいと思っています。
金曜日にブルーストーン農場に行って豚をつぶしたのですが、信八が豚をやって他の子供たちも手伝いました。そのように金曜日にしたことを話したのです。それから平和警察、平和市民軍とブラジリアン柔術の訓練について話しました。妻や女性たちを参加させたことや・・・。彼女たちは弱そうに見えても死ぬほど危険です。どんどん危険になっています。それで姜夫人に「あなたも来ないといけない。そしてトレーニングを見て若者のエネルギーを受け取らなければなりません」と言うと、彼女は「オーケー、行きましょう」と言いました。その後、私が動画中継の時に運動のことや、ブラジリアン柔術のことも話すので、彼女は「私はもっと運動しなければなりません」と言ったのです。
私たちは彼女のためにパレスにリフトを設置していて、彼女はそれに乗り降りして使ってきました。彼女がリフトに乗るときはいつも「姜さん、飛んでいますよ」と言っていました。昨夜のことですが私たちが運動の話をしていると、彼女は運動しないといけないと言って階段を登ると言い出しました。そして昨日は階段の上まで上がったのです。彼女は聖霊に満たされてどんどん強くなっています。そして今夜も(リフトは)いらないと言って、杖だけでゆっくりと下まで降りたのでした。大きな拍手を送りましょう。彼女は若い人たちが訓練するのを見てやる気を起こし、エネルギーをもらって自分を押し出して挑戦したのです。
彼女を呼びましょう。素晴らしい祝福です。ステージに連れてきてあげてください。皆さん気づいていると思いますが、彼女は毎日の放送で聖書からみ言を語っています。彼女は毎日、聖句に基づいて教えているのです。初期の教会とはそのようなものだったのです。今はまったく聖書のことがわからない天使長に乗っ取られてしまっています。彼らはそのような文化全体を変えているのです。お父様は絶えず聖書のことを説教されておられました。しかし、様々な層でフィルターされてしまってまったくの異端になり、聖書の勉強が取り除かれてしまいました。
しかし、彼女を見て、実際の歴史を見るならば、彼女は最初の弟子たちの1人であり、彼女がソウル、釜山、大邱、大田、チョンジュ、といった韓国のすべての主要な都市で開拓伝道したのです。他に誰もいないときに彼女が開拓しました。彼女は「あなたは4年間良くやって来ました」と言います。なぜなら彼女は自分の人生で何度も開拓をしてきたので、それがどれほど大変なことが分かっているからです。彼女は本当に生きた伝説であり、神様の愛の生きた証です。彼女は一世の中の真の女性、真のキリストの花嫁の証です。私は、あなたは韓お母様ができなかったことを補っているのだと言いました。あなたは他の一世が、先輩食口も悔い改めて真のお父様の権威に帰ることができるようにそのための門を開いているのだ、と。それは非常に重要です。彼女は本当に教会のマザー・テレサなので、世界のメンバーに大きな影響を持っていました。それでは愛すべき姜夫人を迎えましょう。
今日お話しします聖書の話はイザヤ書41章からです。


41:1海沿いの国々よ、静かにして、わたしに聞け。
もろもろの民よ、力を新たにし、近づいて語れ。
われわれは共にさばきの座に近づこう。
41:2だれが東から人を起したか。
彼はその行く所で勝利をもって迎えられ、
もろもろの国を征服し、もろもろの王を足の下に踏みつけ、
そのつるぎをもって彼らをちりのようにし、
その弓をもって吹き去られる、わらのようにする。
41:25わたしはひとりを起して北からこさせ、
わが名を呼ぶ者を東からこさせる。
彼はもろもろのつかさを踏みつけて
しっくいのようにし、陶器師が粘土を踏むようにする。
 
今日のみ言葉のポイントは何かと言いますと昔イザヤが霊的に何を見たかと言いますと 東方で大きな人を呼び起こし 義をおこすだろうと言うそのような驚くべき預言がイザヤの時代に既にされていたということです。
 それで韓国では韓国に再臨主が現れるという予言をする人がたくさんいました。 もちろんイザヤもこの言葉を言いましたが朴トンギ派というそこでも主が来られる処は 東方で人を呼び起こし役事をされるという内容がありました。
 それでお父様は 私に何と申されたかと言いますと この東方で義人達が出てきて善なる人達が出てきて、また東方で新しい歴史をされる再臨のイエス様が来られるというこの内容を歴史に残しなさいとお父様は私に語って下さいました。


その時はいつであったかと言いますと1954年、私たち世界基督教統一神霊協会という看板をつけたその時でした。
その時はイルシン教ともいいチュンサン教(甑山敎:1905からの新興宗教)とも言うそこで人が多くの集まって立ち上がり 学校に行って証もし 村にも行き色々な所に入ってどのようなこと言ったかと言いますとイエス様が韓国に再臨されるので 何をしなさいと言ったかと言いますと 韓国の地に再臨主が来られるので準備をしなさいと急いだのです。 彼らは言いました、イエス様は韓国が地に来られるので この吉報をこのニュースを消息を伝えなければならないと(言って)尋ねてきた人たちがいました。
 その時は看板を立ててから数日が経っていませんでしたそれでその人達は来てとても喜んであたしたちも韓国の地に主が来られると言っているのですがこの統一協会でも主が韓国に来られる言っているので真に御意であるようだし意味が同じことであると、とても喜んで数日間お父様と 食事をともにしながらそこで言葉を交わしました。
 他の国では韓国の地で 東方に再臨主が来るという国がなかったその時に再臨主はすでに来られたのでその消息を持ってきたと言ってお父様にお会いすることができるようになったのです。
 それでそこに金ドウサ(金道士:道教の修行者)という方が何と証言したかと言いますと、私がここに来て見てみると本当に文鮮明先生は再臨主として来られた方であり世界の全ての政治歴史を知っておられ 文化を知っておられ聖書をもっと知っておられる方のでこの方が再臨主であると証言したのです。
 それでお父様は私を、その時はいつだったかと言いますと 陰暦では4月初旬 仏教では釈迦が生まれたその日です。 その日彼らは大きな祭事をしないといけない大祭をすると言いました。それでお父様は 私を彼らと(一緒に)大祭をするように送られました。
 それで私達統一協会とは長い間多くの関係を持ってきました 。更には彼らが開催する大祭の時、韓国人の使命という言葉を持って彼らに語ったことがあります。
 その時その教授が どれほど嬉しがって喜んだのか その教授が準備した食事をそのまま私に下さりながら 本当に良いことをたくさんすると言いながら本当に韓国の地に東方に主が 来られます。多分私が考えるには その主というのは自分(教授)のこと指して言っているのかもしれません。
 それで その方々も喜ばれお父様も本当に喜ばれながら 韓国の地に主が来られるということ東方に主が現れるというこれを予言し語る そのような集団が現れたと言って 大変嬉しがり喜んだのです。
 それで私はその後も 彼らと関係を持っ 受け授けてきたのですが本当に多くの人が統一協会で言っている原理のみ言葉は 統一協会で受けているこの指示の言葉は 過ぎ去ってしまう嘘ではなく 実際に神様が教えてくださる内容であるといいながら 喜んだその時がありました。
 韓国では彼らだけではなく 祈祷もたくさんして精誠も尽くして一生懸命信じた彼らの中では韓国の地に主が来られると証す人が非常にたくさんいました。
 それで私達の教会には多くの人が出てきて礼拝に参加するようになり、さらには 本当に再臨主が 韓国の地に来られるのでこの統一協会でこの消息を伝えているので この言葉は神様の御意であり 神様が願がわれる願いである、 神様が霊界で役事されてる内容であると噂が非常に沢山たちました。
 それで多くの人たちその時に 自分の教会を止めて 自分の仏教団もやめて仏教徒もたくさん来ました 儒教徒もたくさん来ました。たくさんの人が訪ねてきてお父様を嬉しくしお父様を喜ばせる役事があったのです。
 イザヤも東方で主が現れると東方に法師が現れる 東方に真人が現れると証言したのです。今日ここにおられる皆さんは本当に幸福な方々です。 なぜならば神様がまさにその如く教えてくださったこの再臨主をまさに正しく皆さんが探すことができで会うことができて、また私たちは父子の関係父女の関係を結ぶことができる 貴重な場に処しているということをもっと感謝しながら これからは皆さんは 本当に今まで一生懸命してきましたが、今後ももっと力に力を尽くし一生懸命に一生懸命を尽くし精誠に精誠を尽くして 本当に神様が喜ばれる 真のお父様が霊界で願われるそのことを 今日皆さん達が責任を持って果たしていく行くことができる今日皆さんとなられることを懇切にお願いいたします。


ありがとうございます。


韓国語翻訳:ファンクラブ 助言:シャボン玉

(姜先生に対して)すばらしい愛国者です。彼女は本当に素晴らしいです。ありがとうございました。彼女は本当に素晴らしい神の国の愛国者です。
彼女はとてもたくさんの攻撃を受けてきました。なぜなら彼女が教会のマザー・テレサだからです。
彼女は韓お母様が異端であると公言したのです。
支配層のすべての人が彼女を中傷しようとしていますができません。そうしようとしてもできないのです。なぜなら彼女こそ信仰そのものだと言えるからです。彼女が最初の弟子であり、すべての人の先輩なのです。西洋の人たちは36家庭が最も先輩だと考えています。彼女は彼らよりも先輩なのです。それほど彼女は先輩の中の先輩なのです。人々は彼女が、お父様の摂理歴史の中でも、すべての世界的な運動の中でもどれほどの重要人物であるか分かっていません。
姜夫人がおられることは本当に大きな祝福です。私たちがいつもやってきたことの1つは、韓お母様が表明される多くのことについてでした。それが起こるのを見ることはもちろん苦痛でした。それが出てくるたびに心が落ち込みます。彼女は本当に悲しんでいます。しかし同時に彼女は神様のみ言を知っています。キリストとの関係性を持っているのです。それで彼女は、お母様が自分は原罪なく生まれ、メシアであり、再臨主である、そしてお父様には原罪があったと語った時にそれが理解できなかったと言っています。それが彼女に大きな苦痛をもたらしたことがわかります。それは神様にも、誰でも心を持つ者には苦痛です。


今日話していたように、初期の教会とどれほど似ていることでしょうか。彼女はもちろん初期の頃からいます。しかし、イエス様が亡くなられた直後の初代教会のことです。今朝、事務所で話しましたね。しかし、異端が起こりました。マグダラのマリアの異端が起こりました。この話をするつもりではありませんでしたが、神様がそれを私の心の前面に置いたようです。マグダラのマリアはマグダラの町の出身です。それはローマの異教徒の町でした。そして彼女は司祭の娘でした。そのローマの女神のカルトは、いつも血の犠牲や小児性愛と関連していました。
ローマの文化です。哲学者や教師が生徒とセックスをするのが当たり前だったのです。女性を汚れたものと見なしていたので同性愛です。若い少年をより好んでいました。これがローマの文化の一部だったのです。現代の世界で見てみると、グローバリズムや中央集権主義者、政治的な悪魔崇拝者は、このようなローマの文化に戻そうとしています。その理由は、多神教に戻してその崇拝を支配の手段にし、セックスを支配の手段にするということです。若者の歯車を壊して本当のエピジェネティクスを解放できないようにし、彼らを破壊してしまいます。そうして彼が正常な人生を送ることができないように、悪に立ち向かうことができないようにするのです。
そしてあらゆるタイプの文化、あらゆる異端の神々、女神たちがローマの時代には健在でした。前に話したようにそれらの異端の神々は様々な犠牲を要求しました。ある者は血の生贄、またある者は飲み物の供え物、また別のものは性的な供え物を要求しました。以前話したと思います。勉強したと思いますが、あらゆる文明に女神のカルトがありました。そのほとんどすべてが多産の神に結び付けられます。それはつまり売春婦の女神です。なぜなら彼女は神々の神殿で誰とでも寝るからです。それは売春を高めることであり、誰とでも寝る女神を高めることです。アフロディーテは様々な神と寝たことで有名です。売春婦です。その売春婦の文化を高めているというのです。
アルテミスは永遠の処女とされています。勉強したことを覚えていますか。彼女は猟師たちと寝て月の女神として慰めを与えているのに永遠の処女だとされています。猟をしていると降りて来て無意識のうちに眠りに落ちて目覚めるとアルテミスが彼らを襲おうとしているというのです。それでも彼女は永遠の処女だというのですからそれは妄想の世界だと言えます。永遠の処女などというものはありません。このような女神の文化は常に女性の収益化につながるのです。それは神殿娼婦と関係します。ヒンズー教ではヤマラの女神があります。アフロディーテ崇拝を見ても、バビロンのイシュタル崇拝を見てもそうです。それは性的放縦の讃美なのです。司祭がお金を持ってくるよう、売春婦を連れてくるように言うのです。ですから女性の収益化、売春の神聖化などによってそれが女性の奴隷化につながります。
初代教会でこのようなことが起きていました。私たちは皆、マグダラのマリアについて論争があることを知っています。彼女は売春婦と呼ばれていました。ヒストリーチャンネルやディスカバリーチャンネル、ナショナルジオグラフィックチャンネルを見れば、「彼女は女性の社会進出を教えていた。気難しい老人や彼らの階級組織ではなくその時代の女性のためのメッセージを説いていた」といった話を見ることができます。マグダラのマリアは売春婦になっていたので悪口を言うとすれば彼女は淫売だというわけです。そのような議論を聞いたことがあるでしょう。
初代教会の神父たちが彼女を売春婦として非難したのは、彼女が肉体的な売春婦だからという理由ではなく、彼女がある教えを始めたからだったのです。そういうわけで初代教会の神父たちは、それは異端だと言って彼女に反対するようになりました。彼女は異教徒の家庭、異教徒の町の出身というような背景を持っていました。そして彼女が実際にイエス様の妻であったのかどうかという論争もあります。様々な外典のようなものがあります。しかし彼女が亡くなった後、少なくとも彼女は違った教えを説いていたとする学者がいるのです。
例えば彼女は自分が月の女神であり、太陽神の女性的神格であると教えていたというのです。イエス様は太陽神の象徴であり、太陽が沈んでまた上るようにイエス様も亡くなってから再び復活したのだ、といったようなキリスト教的な多神教の教えです。そして彼女が母の女神であり、キリストの妻であるというのです。しかし彼女は神性を主張していました。イエス様と歩んだ弟子たちは次のように言っていました。「待て、待て。これはとんでもないことだ。あなたは自分がイエスだとか神であるとか言うことはできない。あなたはキリストの弟子なのだ」と。自分が神だということはできません。ですから弟子たちはそのような異端を止めるために戦わなければなりませんでした。なぜならそれはイエス様の本当の教えを反映していなかったからです。
同じことが起こっていることがわかります。韓お母様が行ったことはまったく同じことなのです。イエス様が亡くなった後になって初めて異端が現れはじめました。彼女はそれを秘密にしていました。韓お母様もマグダラのマリアと同じです。異端が出てきたのはお父様の聖和以後のことでした。そのとき私たちが「これは支持できない。まったく非聖書的だ。異端だ」と言っても誰も信じませんでした。
なぜ私たちがあれほど厳しく訴えなければならなかったのかという疑問があったのです。韓お母様をバビロンの淫婦と呼んでいました。なぜそのようにしなければならないのでしょうか。キリストは新郎として来られ、すべての新婦たちを彼の下に集めるためにここに来るということを理解することが重要です。主体であるキリストが女性であるなら、そもそもこれらのすべての新婦に対して新郎でなければならないので、彼女はレズビアンということになります。それは重大な問題です。そしてそれは、男性と女性に対する神様の本来の意図と大きく矛盾することになります。
神様が肉体に宿るという点において、彼は男性であり神様の種を持っているのです。それで、1人の夫、1人の男性、1人のキリストと関係することで、キリストの新婦である女性は汚れのない清い存在になることができるのです。彼女たちは清くなって神様が意図された関係の一部になります。
ところがそのキリストが女性であるならば、彼女はすべての男性の種を受けて彼女の胎によって彼らを清めなければならず、それで二世の子供を持つということになります。その場合、彼女は売春婦であるということになります。世界中の男性のすべてのサタンの種が彼女のところ集められ彼女の子宮に入るということは、文字通り売春婦になるということです。
ですからキリストは神様の種を持ってこなければならないのです。なぜなら神様の種はサタンの子宮を清めることができるからです。神様の種は、新しい文明、新しい人々を生み出すことができます。初代教会に同じ異端があるのが分かります。それは普及したものの滅ぼされました。今日、國進兄さんが言っていましたが、最初はペテロがキリストの霊的継承を与えていました。「この岩の上に教会を作ろう」ということです。キリストを中心とした運動、エクレシアの集まり。それはペテロの上に作られます。彼はキリストの弟子であってキリストの息子ではありませんでした。ですから霊的な救いしか受けることができませんし、霊的な王国が訪れるということです。なぜなら、実際の王の血統がなかったからです。
それに対して再臨主には、王権があり、三代王権があり、後継者がいます。そして、彼がすべての相続と教会の祝福を与えた弟子は、「私は弟子であるだけでなく息子でもある」という意味においてペテロとは違います。本当の血統なのです。皆さんご存知のように私は自分で望んだりお父様に頼んだりしたことはありません。お父様が私の血統を通して王権が伝わることを決定されました。1983年にはお父様の後継者が、当時は天法と呼んでいましたが、天一国憲法を発表するということが預言されていました。
このようなミクロ世界のレベルでのことがあるように、マクロ世界のレベルでも解き放たれていることがあります。2年前に沈黙を破った時のことを覚えているでしょうか。オルタナティブ・メディアのことを取り上げただけでも、会話の中で持ち出してもまったく頭がおかしいとみなされていました。2年前、9・11のことを取り上げてもキチガイだと言われました。今でこそチエニムのミスコリア時代の友達の韓国人女性も「9.11のことは知っています」と言っています。信じられないほど変わったのです。
ここにリチャード・ゲイジ博士を呼んで9.11についての証拠について話してもらったことを覚えていますか。みんな私たちのことを頭がおかしいと思いました。気が狂っていると。2年経って9・11の真実を知らないほうが、頭がおかしいということになっています。「あなたはCNNでも見ていたのか」と言われます(笑)。まったく違う世界になっています。一緒にいた人たちは2年前どれだけバカにされたか覚えているでしょう。
オルタナティブ・メディアの話をすれば、「ははは。スノープス(Snopes)ではこう言っていたよ」と。そうです。信頼できる(皮肉を込めて)スノープスです。性的な問題のある男性と女性がやっています。猫と一緒に取った写真を見たでしょう。その二人が「偽ニュース」の権威だというのです。カリフォルニア出身の左翼の共産主義者です。彼らが真実の権威だと。
二年前は疑問に思っただけで頭がおかしいとみなされました。世界の意識に霊的な津波のような非常に巨大な変化がありました。ここに来てから3、4年話してきたので私たちにとっては当たり前のようなことです。しかし、振り返ってみてより大きな観点で見てみると、今真実が現れて信じられないようなことになっています。9・11のことを知っていると言ってもおかしくはありません。それが今は多数になっています。ドナルド・トランプは機密情報を公開すると言っていました。すでに機密情報の一部は公開されています。サウジアラビアが関わっていることを示すものです。あなたはもうキチガイではありません。
CNNは偏っているから見るなと言っても狂人ではありません。ブライトバートやインフォウォーズ、ドラッジ・レポートを読んでも狂人ではありません。2年前は、アレックス・ジョーンズやブライトバートやドラッジの名前さえ挙げることができませんでした。嫌がらせされ、笑われ、嘲られました。リベラルの共産主義者が笑いながら「狂っている」と言うのです。「精神病だ」と。逆に彼らが精神病だったのです。大転換がありました。
オルタナティブ・メディアに何かが起きたことがわかります。霊的な力が注入されているのです。彼らはまったく信頼されていませんでした。ミクロとマクロで変動がありました。私たちがミクロの摂理のレベルで前進し始めると、マクロもそれに従って王権の権威が立ち上がったのです。オルタナティブ・メディアの権威が生まれました。私たちが9.11の話をするとすぐに、まさにその数カ月後にはドナルド・トランプが9・11の話をし始めたのです。数か月後に彼が出てきて立候補を表明しました。
すべての主流メディアは笑いながら「ドナルド・トランプなんて嘘でしょう。彼が大統領になれるはずがない」と言っていました。編集したビデオを見たのを覚えているでしょうか。すべての人が笑いながら彼は大統領になれないと言っていました。「彼は黒人が嫌いだ。彼はヒスパニックが嫌いだ。人種差別主義者だ。女嫌いだ」と。同じことを私も言われました。「あなたは自分の母親が嫌いなのだ」、「女嫌いだ」、「陰謀論者だ。9・11の話は信じられない」、「自分の信用を落としているだけだ」と。何度このようなことを聞いたことでしょうか。
私たちは相対主義について、政治的悪魔崇拝の霊的な思想についても話していました。國進兄さんは自由社会セミナーで小児性愛について取り上げました。そして先祖解怨式の後、それが爆発し始めたのです。スピリットクッキングのことや、ヒラリーが出産予定日直前でも赤ちゃんを殺すことを容認するという話が出たのです。巨大な大転換、革命が起きたのです。マクロ世界の外部のレベルだけではなく、内部の革命も起こりつつありました。摂理的な霊的エネルギーをマクロ世界につぎ込んでいるのです。なぜならすべてがほとんどパターンに従うからです。私たちが前進すれば、ドナルド・トランプが現れ、9・11のことを語れば9・11のことが現れ、ペンシルベニアが中心だと言えばそのようになります。ミクロとマイクロですべてが協調して起こるのです。
私たちは韓お母様の異端に対して立ち上がらなければなりませんでした。女性の指導者たちも没落しています。ヒラリー・クリントンは衰退しはじめています。メルケルも衰退しはじめています。韓国の大統領も衰退しつつあります。そしてアベル型の女性、神様を中心とした女性が生まれています。例えばマリーヌ・ル・ペンです。フランスのドナルド・トランプのような人物です。彼女はおそらく春に次の大統領になるでしょう。
私たちが進むにつれ、このように信じられないような歴史の類似性が起こります。姜夫人が前進すれば、アベル型のクリスチャンの女性がどんどん前進してきて神様の霊に触れ、「政治的な悪魔崇拝に対して立ち上がろう。このカルトを、グローバリズムに向かうこの列車を止めなければならない」と、言うようになります。
以前バージルの素晴らしい記事を取り上げましたが、それは共産主義のカルトのことです。それはグローバリズムのカルトを暴露したものでした。彼らが夢見るこのユートピアでエリートの司祭が支配するのです。世界のすべての市民に喜びと幸せを作ると言いながらあなたを統制し、あなたの起業家精神と創造性を破壊するのです。そしてあなたを公立学校の中で教義に封じ込め、知的にも低下させて2足す2は8だと教えます。そしてあなたを国の子供にするのです。
「幸せな子供たち。あなたのお父さんの天使長を誇りに思わないの?彼はあなたを愛していますよ。そこにいなさい。そうすればあなたを置き換えます。女性をセックス・ドールに置き換えます」と。土曜日にそれを生放送で取り上げました。女性をセックス・ドールに置き換えるというのです。非常にリアルにできていて仮想現実とも組み合わせることができます。ニュース放送でその記事を取り上げました。
これがその産物です。これがサタンの偽りの文化です。サタンは私達から神様の誓約に基づいた強力な結婚と結婚の力を結集した中での性を奪いたいのです。サタンは、偽りのみすぼらしく弱い仮想現実のポルノの文化と、フェミニストのレズビアンのマスターベーション文化を求め、お互いにじゃれ合ってパワーが得られるなどと言いますが、それはまったく偽りの文化なのです。それは偽りの文明であり、哀れで弱く愚かな、非人間的文化です。そこでは性と結婚の誓いの本質が開花することはできません。とにかくその内容を土曜日に取り上げましたが、もし見ていたら私はすごい剣幕だったと思います。キングズ・レポートでは何が起こるか予想できません(笑)。
ミクロとマクロが非常に力強く動いていることが分かります。今週伝えたか分かりませんが、ロボット、ドローンを解き放ったことについてです。今週カリフォルニアで軍がドローンの群れを解き放ちました。103体のドローンが飛行機から放たれました。それぞれが人工知能を持っていてお互いを一つの群れとして認識します。これが従来の戦争を変えるものであるとかそういう話です。
しかし、それがどれほど危険なことが分かりますか。武装化された機械の群れを飛び回らせるというのは狂っています。それはまったく危険なことです。コンピューターにどれほど多くのエラーがあるか知っているでしょうか。今この標的があるとして、バカなコンピューターがおかしくなってある場所の人々を一掃してしまっても、それはシステムエラーとかコンピューターのエラーなので人に責任はないということになります。そのような致死的な武装化されたロボットを狂った人が作っているというのです。
他のすべての連邦政府の官僚と同じように、他の政治的悪魔崇拝の天使長的な官僚と同じように責任を免れるのです。今週話したEPA(環境保護局)と同じです。彼らは3つの州とアメリカインディアンの居留地を通る川と言う川を汚染しています。一方、オハイオかどこかのある人物を捜査しました。彼は自分の土地に池を作っていたのです。それで何百万ドルもの罰金が科されました。その人を水質保護法に違反した罪で告発したのです。その溶接工の人は家畜のためか何かで小さな池を作っただけなのに追求を受けたのです。そして何百万ドルもの罰金を科したのですが、その一方で彼らは複数の州を流れる川を汚染しています。それでも誰も罪に問われません。なぜなら彼らは文字通りこの地上の獣だからです。彼らは法を超える存在です。
ですからその政府の位置は私たちのお父様のためのものでなく、天使長のためのものだということです。本来は人間であるアダムとエバの主人となるのではなく、彼らに仕えるはずでした。これは根本的な違いです。非常に多くの政府運営の教会では天使長拠りの内容を説いています。なぜなら彼ら自身も政府の助成金を受け取っているからです。そういうわけでキリスト教はまったく無能になってしまいました。自分たちの前にいる本当の獣に対して口を開くことができないのです。
その獣というのは、天使長であり政治的な悪魔崇拝であり、そのすべての運動を支配しており、性的な黒魔術のようなことをやってそのようなことを現実の世界に持ち込むのです。キリスト教世界はそれについて話すことすらできません。法王は気候変動のでっち上げを支持しています。人々に二酸化炭素排出の税金を課す国連の方針を支持しているのです。
彼らはフィアット・クライスラーを罰しようとしています。フィアット・クライスラーは、トランプによってミネアポリスに20億ドル規模の雇用を戻そうとしています。そしてEPAは今、彼らが二酸化炭素排出基準に違反していると言って追求しようとしているのです。正に目の前で戦いが起きているのです。戦いは終わったと思っていましたがそうではありません。まだ戦いが起きています。
トランプの就任まで5日しかありませんがそれは始まりに過ぎません。トランプのために祈ることは必要不可欠です。私たちはもちろんその日に集まります。そこで霊的に参加してトランプとその家族、そして彼の政権のために祈るのです。上院の公聴会で明らかになっていますが正直に言ってトランプ政権には懸念事項もいくつかあります。ロシアが大きな脅威だと言っている人物もいました。ロシアはアメリカと戦争しないように、第三次世界大戦を引き起こさないように努めており、GDPはイタリアと同じぐらいで繁栄を求めており、70年間全体主義体制にあったので人々に豊かさを経験させたいと思っており、戦争したいとは思っていないというのに。
神様はキリスト後、世界の国々を再配置しました。お父様が何度もお話しされたようにイエス様の祝福は東洋に行くはずでした。しかし、人々の失敗のために東洋には行かずにローマ帝国を支配して最終的に西洋に行き、西洋のキリスト教が世界中で支配的になったのです。
同じようにお父様は東洋、特に環太平洋と父の国である韓国を祝福されました。しかしお父様の聖和後、背信が起きたのです。韓お母様は、自分がいるので韓国はもっと繁栄すると言っていたにも関わらず、まったく駄目になってきています。ここまで不安定になったことはありませんでした。韓国にいる人と話してみれば、政治的に非常に不安定になっているというのです。彼らはまだ朴氏を排除しようとしていますが、数百万人のデモやそういった運動を率いているのでは誰でしょうか。それは共産主義者なのです。いずれの党からも、もっとこの国を官僚的にして社会主義的な構想に向けて進めようとしています。中国は人工的に造られた偽のモデルであるというのに、中国を新たなモデルにしようというのです。
そのような理由から彼らは西洋を破壊する必要があるのです。過激なジハーディストで満たしたいのです。彼らは株式市場や金利を操って破壊する必要があるのです。アメリカが成功すれば主権国家の成功を示すことになるのでアメリカを倒す必要があるのです。人々に自由と責任を与えれば、アジア人であろうと黒人であろうとベトナム人であろうとカンボジア人であろうと、白人でもラテン系でも関係ありません。神様が与えた自由と責任を持てば成功するのです。そして素晴らしいものを作り、革新的なものを作り、本当に道徳的になるのです。なぜなら自由と責任においては人々を良く扱って、自分の評価に注意しなければならないからです。成功するには人に奉仕しなければなりません。
もしアメリカが成功し、西洋が成功すれば、彼らの偽のシステムが悪いと分かります。中国の共産主義が悪く見えるのです。支配系統の検閲が市民としての評価を与え、スマートフォンのアバターが市民としての自分を表して、ポイントシステムで連邦政府の天使長について良いことを言えばポイントがもらえてもっと融資ももらえるようになり、もっと借金の奴隷になっていく。そういうことです。彼らの悪口を言えば検閲されて警官があなたの家まで来て消え去ることになるかもしれません。それが支配系統の体制であり、完全にサタン的な政治体制なのです。
教会が始めたのもこれです。地上を支配するための主要な手段としてサタンが政治を利用するのです。政治を支配できれば法律を支配でき、経済も支配することができるのです。政治を支配すれば宗教に対して非営利団体の非課税法のようなものを適用できます。彼らを政治的なことから遮断できるのです。政治を手に入れます。政治家を買収して支配できるのです。サタンはこれが分かっています。しかし神様を信じる人々は分かっていないのです。
私たちはやがて虐殺されるのに天使長を信じて何も知らずに群れる羊のようなものだったのです。「私はジョージ・ソロスだ。私のことを信じなさい。おいで小さな子供たち」と、いうようなことです。すると、「私の羊飼いがジョージ・ソロスは良い人だと言っていたし、あなたは女性を愛する人だと言っていたからついていきます」と。このようにして狂ったことになったのです。私たちは羊のように殺されたのです。そして私たちはキリストの体となることができず、政治のことを話すことができないのです。それが、サタンが自由に君臨する理由なのです。
ですから神の王国が来るとき、それは霊的な王国だけでなくサタンを主管する王国です。経済的にだけでなく、霊的にだけでなく、宗教的にだけでなく、政治的にサタンを主管するのです。世界の政治的悪魔崇拝を主管します。私たちが彼を主管するのです。そして天一国憲法は天使長に対する主管を成文化したものです。神様は生めよ、増えよ、被造物を主管せよという祝福を与えましたが、それは被造物を支配して主権を握るということなのです。
私たちはこの文化に洗脳されてきました。それは、「レズビアンになりなさい。フェミニストになりなさい。ローンをしなさい。私有財産を持つな。銃は悪いものだから買うな」と言う文化です。私たちはこのようにして連邦政府を信頼し、EPAを信頼し、すべての規制、すべての官僚、EUの選出議員を信頼するように教化されてきたのです。「いい子だから彼らを信頼しなさい」と。そして悪いことはすべてロシアのせいだと言うのです。「ロシアがハッキングした。彼らが問題だから第三次世界大戦を起こそう。彼らと核戦争をしよう」と。
今、神様を信じる人たちが目覚めようとしています。なぜならキリストの体(である人々)が聖霊によって喚起されているからです。マクロの世界で何かが起こっています。ミクロがマクロを動かそうとしています。原理で言う時代的な恵沢です。その時代に降りてくる霊が人々を目覚めさせ協助しているのです。自分たちが何をしているか分かっていてもいなくても、彼らの良心が自由、主権、責任を切望しています。それは「1984」のディストピアのビッグ・ブラザーのようなこのグローバリズムのカルトとは違ったものです。
そして私たちはまさにその戦線にあります。なぜなら私たちは何が起こるか分からないからです。私たちは最初から自分たちの生命が危ないことを知っています。トランプは最初から自分の命が危ないことを知っていました。彼らはその人物の人格を暗殺しようとするだけでなく、評判を殺してしまうだけでなく、文字通り命を奪って殺そうとするのです。もちろん私達の家族や子供にも脅迫がありました。三代王を誘拐するとかそのようなことが。しかし同時にドナルド・トランプはこの炎を通り抜けなければならないでしょう。私たちはソロスとその悪人たちが今週計画していると知っています。政治的悪魔崇拝者たちが政治的に組織しており、彼の資金援助は3300万ドルになると思います。それで様々な暴動グループが、トランプがホワイトハウスに入れないように妨害しようとしています。
平和的な政権移行について話していたのは彼らでした。ヒラリー陣営は、「ヒラリーが勝ったら選挙結果に異議を申し立てるとは、民主主義をないがしろにしている」と言って攻撃していました。そして負けた者たちが今、「私たちは選挙結果に異議を申し立てる」と言っているのです。彼らは頭がおかしい人たちです。狂っています。カルトの世界では筋が通っている必要はありません。ただ「人種差別主義者だ」と叫んで文句を言いたいだけなのです。自分たちと違う意見だからこの大学の学内から追放する、と叫ぶだけです。狂っています。これが愚民化社会の典型です。このような政治的悪魔崇拝の悪を支援しなければなりませんでした。その頂点には、地球上でもっとも邪悪な悪魔たちがいます。この世で最も下劣でむかつく恐ろしく不愉快で邪悪な存在。小児性愛カルト、子供の生贄、カニバリズム、どんなものでもそうです。
ジミー・サビルの事件を見てください。イギリスの君主政治を見てください。彼らは聖書で言っている歴史的な問題、最悪のことをやっています。彼らが最もやっているのです。このような悪の勢力がありますが、ドナルド・トランプはその炎の中をくぐり抜けなければなりません。木曜日に2つの行事があり、金曜日に就任式があります。そこにいるかどうかに関わらず、私たちは全世界と共にあり、神様が与えて下さる時代の恵沢、時代の霊と共にあらなければなりません。なぜならミクロ世界のレベルでキリストの血統の摂理が異端に対して立ち上がったからです。
まったく同じことが起きていることが分かります。カイン・アベル。お父様の相続者、後継者、代身者。本体。私たちが作った天一国憲法。主権、それは自由と責任です。韓お母様が作った憲法は180度反対です。しかしそれはこのグローバリズムのカルトとまったく同じなのです。私が木曜日ぐらいに取り上げた、バージルの「グローバリズムのカルト」という記事を読めば、家庭詐欺連合の天一国憲法のビジョンはそれとまったく同じだということがわかります。彼らはユートピアと信じていますが、それは未来のディストピアであり、そこには支配階級の司祭が文明のトップに君臨しています。そして、彼らは法律を作ることができ、すべての市民の上に君臨することができます。触れることのできない階級です。そしてこのような超エリートたちが夢中になるグローバリズムのカルトは、まさに韓お母様とその偽りの天使長の詐欺師たちが夢中になっているものなのです。
彼らは同じ異端の政治的悪魔崇拝カルトに入っているのです。そしてその戦いは本当のものなのです。ですからオンラインでその人たちと討論するとその感情が現実的なものになります。彼らの力を取り去っているようなものです。彼らはその力を切望しています。彼らはすべての人に対して略奪者クラスになりたいのです。「お前みたいな下っ端が、どうやってその力を奪おうというのか!」というように怒り狂うのです。彼らは自分たちがすべてを支配する霊的な地獄の王国を信じているからです。
なぜなら戦いは血肉に対するものではなく、もろもろの支配と権威とやみの世の主権者に対するものだからです。聖書にあるようにそれは来たるべき王国を掛けた霊的な戦いなのです。そしてそれが政治を通して明らかになるのです。ですから私たちが良き戦いを戦う前線に関わることが必要不可欠なのです。私たちは口を開き、ラッパを吹き鳴らさなければなりません。人々が立ち上がり、口を開いて、ラッパを吹き鳴らさなければ、神様の王国がたとえ現れたくても、実体的な代表者が立ち上がらずに霊界が再びふさがれてしまうのです。
私達はトランプのために祈らなければなりません。今大変なときです。SOS出てきてください。あと5日です。時間がありません。戦争です。最前線にいるのです。戦場です。目の前で起こっています。壮大で伝説的な戦いです。バカなビデオゲームに夢中になって傍観者になってはいけません。これは現実のことです。目の前で起きている本当の歴史なのです。摂理は動いています。サイドラインで見るだけの人になりますか。それともサタンと戦う戦場に赴きますか。未来と神様の王国のために実際に違いを生み出す人になりますか。
皆立ち上がってください。しかが谷川を慕いあえぐように。私たちには神様が必要です。この国があなたの下に帰ってきますように。イエス様の名において。真のお父様の名において。その栄光と力強い王国が来ますように。しかが谷川を慕いあえぐように私たちはあなたを求め、あなたの御国がきますように。三代王権の名においてお祈りします。アージュ。アーメン。アージュ。
翻訳:BAMBOOS

励ましのクリック聖霊感謝です。Sanctuary サンクチュアリ教会 真のお父様 文亨進 文鮮明 天一国 聖殿 イエス キリスト 再臨 メシア サンクチュアリ協会 サンクチュアリ 聖書にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村

聖酒送ります。戻る祝福を受け天の直接主管を受けましょう。お問合せホーム 
教会主催者、三原fanclubcomm@gmail.com 電話050-7124-8027 www.sanctuaryjp.org