2017年1月21日土曜日

王の報告(King's Report) 2017年1月16,17,19、20日(4回分)

王の報告(King's Report)

2017年1月16,17,19、20日(4回分)

毎回Follow My Heartさんが一部を日本語訳してくださっており、数回分をまとめて転載させて頂いています。


<1月16日の king’s Reportについて>

 相対主義の愛は偶像崇拝引いてはサタンを愛することまで求めます。本当に愛するとは神様が愛するものを愛し、神様を苦しめることを嫌うことができる愛です。


<1月17日の king’s Reportについて>

 市街戦 Civil War 市民達がグローバリスト、世界共産主義と戦ってるという内容です。トランプ大統領就任式のテロが市民ジャーナリスト、ジェームズ オキーフらにより暴露されました。



<1月19日の king’s Reportについて>

 トランプはいろいろな問題があっても神が選んだ、サタングローバリズム世界共産主義と戦う大統領です。今、アメリカは神の前に悔い改め神を立てるときです。


<1月20日の king’s Reportについて>

ワシントンDCントンDCもイルミナティ(バフォメット悪魔崇拝)によりつくられ、ビルダーバーグクラブが世界共産主義中央集権の拠点であるという内容です。

1/____________________________________________

1月16日 王の報告(The King's Report) 亨進様 日本語部分訳

セクション 1
今日の聖書 ピリピ人への手紙 1章3節ー11節
1:3 わたしはあなたがたを思うたびごとに、わたしの神に感謝し、 1:4 あなたがた一同のために祈るとき、いつも喜びをもって祈り、 1:5 あなたがたが最初の日から今日に至るまで、福音にあずかっていることを感謝している。 1:6 そして、あなたがたのうちに良いわざを始められたかたが、キリスト・イエスの日までにそれを完成して下さるにちがいないと、確信している。 1:7 わたしが、あなたがた一同のために、そう考えるのは当然である。それは、わたしが獄に捕われている時にも、福音を弁明し立証する時にも、あなたがたをみな、共に恵みにあずかる者として、わたしの心に深く留めているからである。 1:8 わたしがキリスト・イエスの熱愛をもって、どんなに深くあなたがた一同を思っていることか、それを証明して下さるかたは神である。 1:9 わたしはこう祈る。あなたがたの愛が、深い知識において、するどい感覚において、いよいよ増し加わり、 1:10 それによって、あなたがたが、何が重要であるかを判別することができ、キリストの日に備えて、純真で責められるところのないものとなり、 1:11 イエス・キリストによる義の実に満たされて、神の栄光とほまれとをあらわすに至るように。
なんと美しい聖句でしょうか。パウロがピリピ人の教会への祈りです。彼は非常に強い言明をしています。彼は9、10節で、”あなたがたの愛が、深い知識において、するどい感覚において、いよいよ増し加わり、それによって、あなたがたが、何が重要であるかを判別することができ”
愛は知識と識別で満ちています。愛は知識と識別で満ちなければなりません。相対主義者は、愛について、愛は境界がないとか、愛は人種がないとか、、言って推奨していますが、
彼ら自身が、人種差別者なのです。
世俗の文化、または相対主義文化では、あるものすべてを愛さなくてはなりません、と言う概念なのです。
しかし、聖書で言う愛(真の愛)は違います。聖書の語る愛は、愛は深い知識で満ちていることと、識別で満ちていることなのです。
愛は、善と悪とを見分けることができるのです。愛は、何が正しくて、何が間違っているを識別するのです。そして、愛には中心があります。
イエス様は、愛の中心は、最初の二つの戒め、”心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。”あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。”といわれました。そして、愛には、中心点があるのです。神様と中心とするのです。それとキリストです。神様とキリストを中心とする為に、識別があり、知識があるのです。
愛は、無知ではだめなのです。無知なタイプの愛は存在しません。愛が、主体を持つので、神様に対する私たちの愛は、神を傷つけるようなことを憎むことを許されます。
私たちは、愛の対象なので、不義を憎むようになるのです。愛は正義だからです。不正にあえば、私たちは、痛みを感じるのです。 愛は知識と分別も持っているのです。
相対主義者は、いつも、なんでも相対化をしたがります。彼らは、我々を主体の神から離そうとします。彼らは中心を取り除こうとするのです。人にだけに、集中してたり、動物だけに、何かだけに集中しようとします。
それで、中心をもたなければ、愛が識別できないものに、なってしまいます。愛が無知になるのです。中心点を持たないので、何が正しく、何が間違っているのか、区別できなくなるのです。
もし、あなたが、本当に女性を愛していれば、あなたは、強姦を憎まなければなりません。
女性を傷つけるもの、乱暴、強姦するものを憎まなければなりません。
もし、あなたが、本当に子供達を愛しているなら、児童性愛者、子供を食い物にするもの等を憎まなければなりません。
私たちの愛には、識別があり、知識があります。これを理解することは簡単です。
相対主義では、哲学的に、愛の言葉の意味に一慣性がありません。西洋社会で、育てば、愛という言葉、すなわち相対主義者の愛、それは、皆さんの頭に即、思い浮かぶものが、彼らが、すでに植えつけているもの、世俗の価値の愛であり、ハリウッドとかで見られる相対的な愛なのです。
もし、あなたが神様を知り、愛していれば、神様に対する邪悪なものを憎むでしょう。神様が罪を持った我々に、罪から離れるように、罪を憎むようにしむくのです。しかし、それは、義務からでなく、恐れからでもなく、真の愛によって転じていくのです。
神様が創造した本来の私たちに引き戻してくれるのです
パウロは、ピリピ人とピリピの教会の為に祈りました。彼らが多くの知識と分別を感じることのできる真の愛をもてるように祈ったのです。


2/______________________________________

<1月17日王の報告> 大統領就任式を妨害する”DISRUPTJ20”へのジェームズオキーフのおとり捜査

今日の王の報告(1月17日)は”Civil War"についてでした。
アメリカは、今”Civil War"の状態であると語られました。その最前線で活躍する若者達の紹介でした。
亨進様がいつも賞賛される現代の愛国者保守系活動家ジャーナリストのジェームズ オキーフとその若い仲間達、かなりの危険を顧みず、最前線で、サタンの組織に潜入、生ビデオを含め証拠を手に入れて、FBI、警察に通報して未然に防いでいます。
今朝の王の報告で、トランプ大統領就任式を妨害する計画を暴いたビデオが紹介されました。彼らは秘密裏に接触しビデオの証拠をとり、FBIに通報したようです。生の現場で、トランプの就任式を守るために闘う勇士たちですね。亨進様、絶賛の最前線の神側の戦士達
ジェームズ オキーフ Project Viritas ホームページ
DISRUPTJ20(テロリスト、グローバリストの組織が主導)と称する就任式妨害計画の一環
このビデオは特にDC ANTI-FASCIST COALITIONの計画をおとり捜査
ミーティイグにもおとり参加しすべてを録画、実際に計画がかなり進んでいた!
トランプ大統領就任式会場の換気システムにガスを注入し、スプリンクラー等に酪酸などを入れて、就任式を妨害しようとした実際の計画をおとり捜査で暴き、ビデオの証拠をFBIに報告、
ワシントン市のメトロ鉄道を止めて、就任式当日の市内の混乱を計画、就任式を取りやめにさせる計画、DISRUPTJ20の一環 (ほとんどがボランティアで集まっている)
これも、オキーフ達はFBIに証拠ビデオ、メール等とともに報告して止めています。


3/____________________________________

1月19日 王の報告(The King's Report) 亨進様 日本語部分訳

セクション 1
今日のリマ(聖句) ヤコブ 4章 7節ー10節
4:7 そういうわけだから、神に従いなさい。そして、悪魔に立ちむかいなさい。そうすれば、彼はあなたがたから逃げ去るであろう。 4:8 神に近づきなさい。そうすれば、神はあなたがたに近づいて下さるであろう。罪人どもよ、手をきよめよ。二心の者どもよ、心を清くせよ。 4:9 苦しめ、悲しめ、泣け。あなたがたの笑いを悲しみに、喜びを憂いに変えよ。 4:10 主のみまえにへりくだれ。そうすれば、主は、あなたがたを高くして下さるであろう。
今日のリマのこの聖句は、とても重要なものです。特にアメリカのとっては重要です。明日は、45代アメリカ合衆国トランプ大統領の就任式が行なわれます。
ビィクトル ユーゴーは"Adversity makes men, and prosperity makes monsters." (.困難は人物をつくり、繁栄は怪物をつくる。)と言いました。トランプ大統領の計画はアメリカに大きな繁栄をもたらすことです。税金を減らすこと、オバマケアーの廃止、今GMにやっているようにアメリカ国内に仕事をもたらすようにと、大企業を動かすことや、他の多くの事が起きています。そのおかげで、アメリカの、消費者信頼感が増し、市場信頼感も増してしいるのです。国際的なグローバル支配エリートクラスが創ったすべてのものを,トランプ大統領は、覆し、消し去ろうとしています、
しかし、繁栄が怪物をつくるのであれば、アメリカは、とても大きな困難、テロリストの攻撃とか、明日の就任式に左翼の共産主義者たちが、就任式会場に酪酸をまこうとしたり、暴動を起こそうとしたりすることに向き合うことになるでしょう。私たちには、将来。たくさんの課題があります。
だから、アメリカは、神様に従わなければなりません。そしてあなた達は、トランプは神様から送られた大きな祝福であることを覚えておかなくてはなりません。でも、、彼はメシヤ(救世主)ではありません。彼は神でもありません。彼は、シリウス王であり、ダビデ王です。神様が邪悪なものに罰を与える為に使う人物なのです。
神が選んだドナルド トランプを歓迎する人々、すべてのトランプ支持者は、神の意思に従う責任があります。悪魔に抵抗しなければなりません、聖書では、悪魔が私たちから出て行くことを約束しています。
神の近づくくために必要なことは、私たちの国は血みどろの罪人になったことや、オバマが6以上の戦争を始めて、世界中で何千何万もの人を殺した戦争屋になったことを認めることです。私たちは、罪がない者ではありません。この国は、集団として、殺人者に仕立て、スパイし、暗殺、乗っ取りなどの邪悪なことをした天使長的リーダーを選んできました。
私たちには、2重人格者としての心を浄化する方法は、一つの道しかありません。
アメリカは、2重人格者なのです。アメリカは繁栄を求めていますが、それと同時に、アメリカは分かれています。トランプの勝利を求める人々と、アメリカをキューバや北朝鮮のようなところに変えようとする共産主義者や社会主義者を求める人々です。
私たちの国は汚れた罪人です。一つの道しかありません。二つでなく、三つでなく、四つでもなく、一つの道だけです。イエス キリストは正しいのです。彼は、彼の道が、真実と命へ繫がる道であると言いました。
心を清めず、共産主義と主権との相反するものを持つ2重人格を取り除き、神さまが私たちに与えた道、主権への道を受けとらなければなりません。
重要なのは、神の意思です。神の王国は、改正プロセスは存在しないのです。それは、邪悪な人々は人類に与えられた神様のギフトを変えることはできないのです。どんなに共産主義者が国を奪ったとしても、国を破壊しようとしたとしても、神様から与えられたギフト、三大祝福、"生めよ、増えよ、万物を主管せよ”は残りるのです。
それは人々の意思ではなく、神様の意思なのです。
今、アメリカは罪を悔い改め、心を清め、2重人格の心を取り除き、笑う者たちに朝の喜びを取り戻し、神様の側で、謙虚にならなければなりません。
聖書は、そうなれば、彼はあなた達を高めるでろう、と言っています。
私たちが偉大な勝利をえたとしても、謙虚であいるようにしなさい。、勝利の中でも傲慢とならず、謙虚でいなさい。まだ、やるべきことが私たちの先にあります。
ドナルドトランプ自身、神に従い、神の王国のほうへ、彼を導いて、神のほうへ歩くように、
天一国憲法は、永遠に、天使長から、すべての人類を守りるのです。
超越の事実、”繁栄は怪物をつくる"は、神様の自然なる権利として永遠に守られます。


4/___________________________________

1月20日 王の報告(The King's Report) の内容から

今日は王の報告(The King's Report)の日本語訳でなく、亨進様が語られた内容から、書きます。
今日のテーマが、ワシントンDCがサタンが造り上げた街であること。悪のエリート達が中央集権の政治を強化したい為に造りました。アメリカ憲法では違法であり、アメリカ建国の父、ジョージ ワシントンも反対していたことも語られました。本来は、ニューヨークにあるべきものが、悪なる者たちが権力を集中させるために、違法でありながらも、造り上げたのがワシントンDCということです。
今日の王の報告の中で、このビルダーバーグクラブ のことが語られましたが、過去も亨進様の礼拝の説教では、たびたび登場する闇のエリート達の闇の会議
ビルダーバーグとは、世界のエリート達、王侯貴族、政財官トップらが集結したクラブをいいます。最初の会議が開かれた場所が、オランダ・オーステルベークの「ビルダーバーグ・ホテル」で開催されたところから命名されました。
この会議は1954年から毎年一回、欧米各国の王族や政府高官、財界の大物などを集めて、完全非公開で行われていて、世界情勢に多大な影響を与えています。なぜ「陰のサミット」などと呼ばれ、常に陰謀論とともに語られるのかと言えば、この会議が恐ろしいほど排他的かつ極秘裏に行われているからです。
亨進様が呼ぶ闇のエリート集団、特定の「エリート・グローバリスト」のみが参加する会議なのです。
ところで、お父様が世界神霊キリスト統一教会を創立されたのが1954年5月1日、そして、その過ぐあとを追うように、5月29-31日に最初の会議です。前にも書いたCERN(666のロゴを持つ科学研究所組織)の創立もこの年、、サタンがどれだけお父様の出現を恐れて、対抗の組織をつくりあげていったようです。
そして、昨年の会議は、ドイツのドレスデンで開かれましたが、この内容を取り上げているグログがありましたので、そこから引用させてもらいます。
紙幣の不思議2のブログより
エリート・グローバリスト=1% 自分達が特別な存在だと勘違いしたバカの集まりで、世界をどう破滅の道に導くかを決める会議。CFR、CSISなどは、手先機関に過ぎない。
IT企業からの多くの参加者も注目される。2014年からIT技術革新や人工知能研究が重要議題となっており、その傾向は今年も続いている。なかでも、人工知能企業のグーグル・ディープマインド、オープンAI、世界最大級のビジネス特化型ソーシャル・ネットワーキング・サービスのLinkedin、CIA支援を受けている政府省庁や法執行機関にデータ分析を提供しているビッグデータ企業のPalantir Technologies、Facebook、PayPalなどの創立者やCEOの参加が予定されている。
米国大統領選を巡り、ビルダバーグはヒラリー・クリントンを支持している。「エリート・グローバリスト」層の脅威となっているトランプ氏を大統領にしない対策を検討すると思われる。
99%が反グローバル主義を掲げて繋がりつつある今、これをどう防ぐかが、NWOを成功させる為のカギになる。警察国家化は、NWOに取って非常に重要なプロジェクト。
引用終わり
サタンのマーク(逆五芒星)とワシントンの街の構造
今日の王の報告のなかで、語られた逆五芒星のマーク、この逆五芒星は地とつながることで悪魔を降臨させ魔の力を得ることができると言われています。だから悪魔崇拝者は逆五芒星をシンボルマークにして崇拝しているのです。さらに逆五芒星は悪魔(バフォメット)と組み合わされます。バフォメットは別名で「悪魔の山羊」です。これも、亨進様の礼拝でよく出てくるものです。
亨進様も、説明されましたが、悪魔崇拝のシンボルとされている逆五芒星が、米大統領官邸ホワイトハウスに描かれています。上から見ると見事な逆五芒星で、しかもホワイトハウスは地獄を指す位置にあるのです。ホワイトハウスは一番したの尖った先の位置にあります。
ワシの頭上には13個の星がユダヤのシンボルである六芒星を作っています。足には13枚の葉と13個の実をつけたオリーブが握られていて、もう一方には13本の矢が握られています。
ピラミッドの上に書かれている「13」文字のラテン語"ANNUIT COEPTIS"は「神は我々の企てを支持した」という意味です。下に書かれているラテン語"NOVUS ORDO SECLORUM"は英語で"NEW WORLD ORDER"、『新世界秩序』という意味です。
ワシントンDCの町も悪魔的デザインでつくられています。


励ましのクリック聖霊感謝です。Sanctuary サンクチュアリ教会 真のお父様 文亨進 文鮮明 天一国 聖殿 イエス キリスト 再臨 メシア サンクチュアリ協会 サンクチュアリ 聖書にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村

聖酒送ります。戻る祝福を受け天の直接主管を受けましょう。お問合せホーム 
教会主催者、三原fanclubcomm@gmail.com 電話050-7124-8027 www.sanctuaryjp.org