2016年12月26日月曜日

「姜賢実先生の証(その1)」2016年12月25日PA本部教会から



姜賢実先生の証(その1)2016年12月25日

Sanctuary Church Sunday Service Dec 25, 2016






 
<前半26:40まで>

おようございます。皆様にお会い出来て嬉しいです。皆様にお会いしたいと待ち望んでいました。
ですので皆さんとお会い出来て今日はとても嬉しく思います。
このように今日、皆さんとお会い出来て感無量です。
私は皆さんに何を語れば良いのか判りませんが、私の考えでは
私は真実に生きなければならないという心を持って、どこから真実の声が聞こえるかという思いで常に探してきた多くの人の一人です。
そして私はキリスト教徒です。キリスト教徒ですからイエス様にまず会わないと行けない という思いを持って祈祷を沢山してきました。
それで、誰よりも先に再臨された主様に会わないといけないという思いを持っていたので 誰よりも先に南韓国でお父様に一番最初に出会えたと私は考えています。
それで今日皆様に挨拶の言葉を捧げようとするのは まず他のことではなく昔の話をしようと思います。
お父様と何年前に会ったかと言いますと、先程李牧師が紹介されたように65年前にお父様に会いました。お父様と一緒にこの一戦に立って全世界の人類を神様の前に導かないという行けないという思いを持ってお父様と一緒にみ旨の前に立ってきました。
 今までお父様と生活をしてみて何を感じたかと言いますと、お父様の背後には神様がおられる。神様は小さなことから大きなことまで神様がお父様に一緒におられ、そしてお父様は、本当に全ての人類を一つにするために苦労してこられた方であることを生活の中で沢山感じてきました。
 このように皆さんとお会い出来ましたので聖書の御言葉が思い出されます。何の聖書の言葉かといいますと ヨハネの福音書16章33節に何のみ言葉があるかといいますと、「お前たちは苦難を受ける時雄々しく有りなさい、迫害を受ける時雄々しくなりなさい」という聖句があります。それで皆さんが苦難と迫害を受けても立ち上がられたことを見るととても偉大に見えます。
 まず私たちは二代王であられる亨進様内外(ご夫婦)様とまたこのようにみ旨の為に立たれた皆さんに会いましたので どのような思いがしたかと言いますと、神様は必ずここを中心として驚くべき役事を展開して、どのような事が起きたかと言いますと、ここは山谷ですが山谷ではなく全てのアメリカと全ての世界をお父様の前に導く驚くべき奇跡がここで現れたということを信じるしかないですし、神様と霊界におられるお父様が、二代王であられる亨進様に心から浮かび上がる深い心情で本当にありがとうございますと感謝するのです。お父様が願われるみ旨を成就するために皆さんはどれ程どれ程苦労をしてく来られたでしょうかと私は頭を下げて感謝申し上げます。
平素 私はイエス様は真実をされる方なので、私もその真実を範を受けて真実の生活をしようと沢山の努力をしてきた人の一人ですが、
65年前にお父様に出会えて 今まで真に一つのみ旨を中心として私もお父様と一緒にこの道を歩み一緒にこの旨を成し一緒に全世界の人類を幸福に出来るこのみ旨をしなければならいという心情で出発したのですが、今や本当に歳をとりました。
実はここに来れる歳でも無かったのですが、亨進様が二代王が私に来なさいという言葉を聞いて、何も考えず、「はい行きます」と答えここに来ました。
ここでは本当に迫害も多く苦労をしている皆さんを私はよく知っています。
私自身、長老教から統一教に入る時 沢山の迫害を受けました。狂った人だという扱いを受けてきました。
本当は、私がお父様に行ったのは他でもなく伝道をするために私が来ました。再臨主を伝道するなんてどれ程笑わせる話でしょうか。しかし、私はお父様を伝導して神様が使うことが出来る人なら、伝道して神様と一緒に良い世界をつくろうという思いでここを訪ねてきました。
神様は歳もとり弱いですが弱いものを立てて強いものを恥ずかしくし、年取った者を通して若者を恥ずかしくすることも出来るので私は生きておられる神様を信じて、伝道しながらお父様の前に行こうと今日ここに来ました。
それで皆さんに一言言いたいのは開拓とは簡単なことではありません。開拓とはとても難しいことです。
 私も教会を4つ開拓しましたがとても辛い道を歩んできたのですが、今日ここにおられる皆さんもこの開拓の路上に召命されて今日二代王と一緒に罵られ迫害を受け苦労をしながらも、このみ旨を成功させるために驚くべき役事をしていると考えると真に偉大なる皆さんですし、皆さんを通じてこそ後悔のない驚くべきことが必ずおきると私は信じています。
 私が話そうとしたことをこの牧師(李相烈会長)が上手に話されました、要点をついて。それで色々と話す必要はないように思われますが、私は何を感じたかと言いますと、神様はそして霊界におられるお父様は二代王であられる亨進様、亨進内外(夫婦)様と一緒に御業をなしておられるのならここに新しい歴史の火が灯ると信じています。
 私が成そうと思ってはうまくいきませんが、ここに神様が共におられ霊界におられるお父様が一緒におられ、二代王であられ相続者であられ後継者であられる亨進様がこのような荒野のような荒れ地で苦労をされながら、またお父様のみ旨を成そうと命をかけておられるので、必ずやここを通してお父様が霊界で願っておられる神様が願われるその役事が必ず勝利し成就するであろうと信じてやみません。
 お父様が私が訪ねてお会いしたときにお父様がどのような御言葉を下さったかと言いますと、御言葉を語られる時とても大きな声で、本当に大きな声で言われたので、私は若かったので耳も遠くないのになぜあんなに大きな声で御言葉を語られるのか、それでお父様は一人二人を伝道するのはなく一つの国、二つの国を復帰するのではなく本当にお父様は霊界も含め今まで地上に生きている人はもちろん霊界にいる全ての人までも救出しなければならないという意味で、それ程までに大きな声で切迫感を持って語ってくださったことを今でも記憶しております。
 それで今、亨進様がここでされていることを、協会(家庭連合)が理解できないのです。
脅迫も沢山し本当に正気ではない狂った者がやっているように考えていますが、私はそのようには考えません。
何故かと言いますと本当に二代王として後継者として継承者として祝福をされる時、私達が知ることが出来ない大きな御意があることを知っています。
そうなのですが、今お母様がしておられることを見れば私はとても理解が出来ません。何故理解できないかと言いますと、お母様自身が本当にメシアの使命をし救世主の使命をし再臨主の使命をしていると言い、それだけでなく神様だと言われるので理解が全然出来ないのです。
 私がここに来たのは他でもなく、本当にお母様がされるその事が一つも消化できず、とても私が受け入れることが出来ないので、数日数夜痛哭し祈祷をしました。「どうすればいいですか」祈祷をしながら考えてみたのですが、どうみても神様が一緒にされるお父様が願われるこの道を行かなければならない この事を私がしないといけないという思いが心の中と頭の中で一杯になったので、私はお父様が願われ望まれる道を行くために実はここに来たのです。
 90歳を超える人が何を出来るかと思いますが、本当にここが深い森の中であっても祈祷を一生懸命して 早く神様がなそうとされたそのみ旨をお父様が先頭して 二代王亨進様を通してなそうとされるそのみ旨と世界を一日でも早く私も見ていかないといけないし、早く成さないといけないと心から胸の中から火が燃えるような思いで歳をとった者がここを訪ねました。
 今日皆様が一つになり上と下が一つとなるとき 神様が放って置かれず必ず訪ねてこられて成そうとされたみ旨を成就してくださることを私は100%信じて絶対的に信じて、その世界を心を一つにし思いを一つにし精誠を合わせて成し遂げますという心で一つになる時、必ずここに驚くべき役事が起きることを疑うことはありません。
 実はこちらの御言葉(サンクチュアリ)ことはよく知らず数人の話を聞いて心を決め、お母様のみ言葉ではこれは駄目だと思い、革命を起こそうという思いでここに来ましたので大目にみてくださり 助けて下さり 協助していただければ、ありがたく思い感謝致します。


お父様は実に伝道に狂った方です。
ですから今私たちも「ただの一人も救い残してはいけない」と伝道に狂って皆さんが一つになったとき、ここに多くの人が集まることができる道があることを私は信じます。


訳ファンクラブ 翻訳指導バナクル

2に続く

励ましのクリック聖霊感謝です。Sanctuary サンクチュアリ教会 真のお父様 文亨進 文鮮明 天一国 聖殿 イエス キリスト 再臨 メシア サンクチュアリ協会 サンクチュアリ 聖書にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村

聖酒送ります。戻る祝福を受け天の直接主管を受けましょう。お問合せホーム 
教会主催者fanclubcomm@gmail.com 電話050-7124-8027 www.sanctuaryjp.org
 代表:岩崎 tel 080-3697-2751 saki-6500@ksj.biglobe.ne.jp