2016年10月11日火曜日

月の女神崇拝カルト悪魔崇拝の道を行く家庭連合

月の女神崇拝・悪魔崇拝の道を行く家庭連合
月と太陽の、主体と対象の位置を交代させ主体となった月を崇拝する家庭連合



2016年10月5日・日韓リーダー集会から ■写真:シャボン玉のブログ

亨進様の説教に月の女神崇拝と家庭連合の関連性の言及がありました。
こちらはもちろん、女神崇拝です。カトリックの聖母信仰ですが、カトリックでは主流になっています。彼らは女神を崇拝しています。聖書にはありません。マリアを原罪のない女神として崇めています。彼らは天の女王と呼んでいます。神様の母と呼んでいます。マリアのイコノグラフィーを見てください。ほとんどのものが月の円盤に乗っています。おかしくはないですか?
それはパウロが非難していたものです。彼は町でダイアナのカルトを非難していました。ダイアナのカルトには、神殿娼婦がいました。ダイアナとアフロディーテ、ヴィーナスに対する崇拝です。神殿に少女がいました。ちょうどヒンズー教のイェレマの女神でやっていたように。彼らは幼い少女を売っていました。司祭に娘を渡して、売春婦にさせるのですから、親は狂っています。5人の男性にレイプされて、売春婦になっていました。それで司祭に捧げるのだというのです。これはパウロが避難していたカルトです。彼はダイアナのカルトを非難していました。それなのにカトリックはイコノグラフィーで月の女神を表して、ダイアナのカルトを取り入れているのです。ですからカトリックは神様を崇拝していません。偽りの神を崇拝しています。偶像はだめです。一つ目の戒めです。私(神)以外の偶像をもってはならない。他の形で崇拝してはいけません。皇太后を崇めるのは偶像崇拝です。そしてもちろん、どこにつながるかといえば、家庭詐欺連合につながります。彼女(韓オモニ)がもう間もなく、月(の円盤)を身に着けていても驚かないでしょう。
今家庭連合がいかにフリーメーソン、悪魔崇拝と同じ道を行っているかを紹介します。ちゃぬの裏韓国日記を参考にしています
フクロウもフリーメーソン(イルミナティ)のシンボルです。韓オモニはフクロウが大好きで清平でもグッズが売っていました。天正宮にも飾ってありました。
■フリーメーソンのシンボル『オベリスク』
・2014年8月12日(真のお父様2周年(三回忌)追悼行事)
アボニム2周年(三回忌)では追悼行事の祭壇にオベリスクとともにフリーメーソンの聖書が設置されていました・・・。
・そしてついに巨大なオベリスクが建てられる予定。2016年8月(韓国・清平に建設する「天地鮮鶴苑」完成予定図公表)
そしてまたバフォメットです。しかし、今度はフリーメイソンの柱の間にいます。ヤギの神、バフォメットがフリーメイソンの柱の間にいます。彼らがどれだけ密接につながっているかわかります。こういったカルトの組織はつながっているのです。
悪魔崇拝のシンボルを取り入れ信徒奴隷化を狙う家庭連合・・・クリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村
聖酒送ります、戻る祝福を受けましょう。www.sanctuaryjp.org お問合せホーム fanclubcomm@gmail.com tel 電話050-7124-8027