2016年10月21日金曜日

10月17~19日、韓国協会で劉正玉先生の原理本体論講義と山口聖殿の本体論講義


10月17~19日、韓国協会ソウル聖殿で劉正玉先生の原理本体論講義が行われました。
Rev. Jeong Ok Yu gave an OSDP workshop at the Seoul Sanctuary from Oct. 17 to 19.
<フェイスブックより。>

シャボン玉さんの原理本体論 『 原理の本体は絶対にお一人である』より、この日の講義のポイント


原理の本体は、絶対にお一人

原理の本体であられる神様は、本性相と本形状の二性性相の中和的主体である

絶対唯一であり、統一体として存在する。
また、本性相と本形状の属性である本陽性と本陰性の二性性相の中和的統一体としておられ、格位で見るとき、男性格主体であり、父という。
もし、原理の本体(性状、形状)を同質性で見ずに異質性で見たならば
二元論として、葛藤、対立、闘争が生じるようになる。

そうなれば、神様の創造理想である平和、統一、幸福の理想世界は成されない。
したがって原理の本体は絶対唯一のお一人である。
その一人のお方、様神は主体者として、真の父または父なる神である。

創1:27に、神のかたちに似せて人を創り、男と女とに創造したと記録している。
それで、父なる神がおられるので、母なる神様もいなければならず、
メシアも母メシアがいなければならず、
独生子がいるので独生女もいなければならないと主張する人もいる。

もし、彼らが主張する通り、本体が二人になれば大きな問題になる。
なぜか?原理の本体が二人になれば、平和、統一ではなく、
葛藤と対立、闘争になるからである。
このように、本体が葛藤と対立、闘争をすれば、現実の世界の問題は解決されず、
神の創造理想である天一国も実現されない。

したがって、真のお父様は、原理本体は絶対にお一人でなければならないと仰いました。
また、お父様が話された原理原本にも宇宙の創造は一つから全体へと記録しています。
数を数えるときも1から数えてるのであり、2から数えません。
したがって原理本体であられる神様は、絶対、唯一、不変、永遠の真の父である。
神様を天の父母様を言うことは、原理本体論で見たときに適切な表現ではない。

*劉正玉先生の原理本体論はYoutubeでも学べます。

原理本体論で独生女神学論に打ち勝ちましょう

1.原理本体論講義・劉会長(日本語訳音声強調版)



*こちらは韓国語日本語同じ音量版

*その他原理講義のYoutube

*山口聖殿の佐藤会長による原理本体論です。(御本人より掲載許可頂いています。)

今回この劉会長の講義に参加してこられました。原理本体論の核心の部分の講義です。

Hontairon11_SatoKen from HwajunSong on Vimeo.


(旧約聖書ー詩篇・119章9〜16篇ーより) http://sanctuary-y.org/
*「山口聖殿」佐藤会長の🔷今朝のみ言葉🔷から


今朝の聖句は、再びダビデの詩篇からの引用です。キリスト教徒にとってはとても有名な聖句で、神のみ言葉の大切さを教える内容です。
"若い人は、どのようにして自分の道を清く保つことができるのか?。み言葉に従ってそれを守るより他にはない。私は心を尽してあなたを尋ね求めます。"
素晴らしい内容です。
そういう思いを抱えながら、私達は原理に出会い、お父様に出会ってまいりました。
自分を預け信頼できるみ言葉と心情との出会いこそが、成約聖徒としての誇りであり自覚であったのです。
しかし真のお父様のご聖和以降、その信頼できるみ言葉に亀裂が走りました。天聖経の改竄と、八大教材教本の事実上の取り下げ、あるいは神様に対する呼称の変更や真のお母様であった韓鶴子女史の独生女宣言などの相次ぐ変革が公然と成される中で、守り従うべきみ言葉をどこに探すべきかの錯乱状態が続くようになってしまったのです。
しかしながら、真理は不変であり、原理は永遠です。
神様は、原理本体論として自らの姿を現され、三代王権としてその栄光と輝きを不動のものとされました。亨進様が荒野で沈黙を破られてより、閉ざされていた雲の間に真理の光がさし始めたのです。
"私をあなたの戒めから迷い出させないで下さい。私があなたに向かって罪を犯すことのないように、私は心の内にみ言葉を蓄えます。"
今週の月・火・水の三日間、原理本体論教育をお父様の指示で2008年から行ってきた劉正玉会長が、韓国のソウル聖殿で再び原理本体論教育ののろしを復活させました。
神様はハナニムアボジであり、独生女などの原理は有り得ず、亨進様こそ四位基台の理想の結実であり三大王権の完成を成すものである!との教育が成されたのです。
闇の主権と勢力がいかに強いものであったとしても、再臨の主によって明らかにされた原理は光を放ち、神様の血統による栄光は地獄の権勢を克服して行く時が来るのです。
"ほむべきかな主よ、あなたの原理を私に教えて下さい。私はあなたの原理のみ言葉を語ります。私はあなたの証しの道を喜びます。私はあなたの道に目を止め、あなたの定めを喜び、あなたのみ言葉を忘れません。"


三代王権 亨進様の愛と祝福が全世界に満ち溢れますように...。祈り!  アージュ‼︎




原理本体論はアボジの祝福、クリック!
聖酒送ります、戻る祝福を受けましょう。www.sanctuaryjp.org お問合せホーム fanclubcomm@gmail.com tel 電話050-7124-8027