2016年9月20日火曜日

「家庭連合、韓オモニに原罪が有ることを認め証明」

家庭連合、韓オモニに原罪が有ることを認め証明



1.家庭連合の堕落論の根幹
(2)「霊的堕落」と「肉的堕落」の違いを明確化すべき
______________________________________

 堕落論における「霊的堕落」の問題も、「肉的堕落」の問題も、共に同じ「夫婦関係」に他ならないと考えている人がいますが、それは間違いです。
 ~ 省略 ~
また、生理学的に見ても、夫婦関係は「血統的」につながりません。このことは、科学的であり、普遍的な真理です。真のお父様ご自身も、その点について「夫婦関係は血統的につながりません」と明言しておられ、それは生理学的な観点からみて真理です。

家庭連合が「夫婦関係における血統的つながり」を否定することにより原理講論の堕落論を根本的に否定してることは前回家庭連合、堕落を容認!? ■ 夫婦関係の血縁・血統的つながりと霊的堕落による血統関係を否定にて述べたが、家庭連合の子宮神学はこの「夫婦関係における血統的つながり」を否定する堕落論を中心として構築されている。家庭連合の神学を理解する上で基礎となる重要なポイントである。

教会成長研究院の論はボジのマルスムを駆使して詭弁に走っており難解であるが、
端的に要約するとエバとの性行為が相手男性の血統を庶子・実子に産みかえるという愛と生命と血統の決定権がエバ(子宮)にあるとした子宮崇拝の子宮神学である。

そしてこの子宮神学は全ての責任をアダムに押しつける。
以降の論を読んで頂ければいかに子宮神学であるかも理解頂けると思う。

教会成長研究院http://trueparents.jp/?page_id=1863(5)「真の母」は「独生女」として予定され、生まれてこられる

______________________________________ 
~省略~
ここで、よく考察しておかなければならないことは、真のお父様が「夫婦関係は血統的につながりません」と明言しておられるように、エデンの園で〝霊的堕落〟をした時点での堕落エバは、天使長と「偽りの夫婦関係」を結んだ立場であることから、サタンと血統的につながっていません。

~省略~
  image002
さて、前述したように、真のお父様は、人間始祖アダムとエバがサタン側へ血統転換したのは、肉的堕落のときであると語っておられます。それを図式化したものが、右の図です。
 霊的堕落をした堕落エバを通じて、アダムが堕落することによって、アダムは堕落した天使長の息子(庶子)の立場に落ちてしまいました。

~省略~

 真のお父様は、次のように語っておられます。

 「長子(アダム)が庶子のようになりました。血筋が変わりました。本然的な愛を通して神様の血統を受け継ぐべきでしたが、堕落することによって他(サタン)の血筋を受け継ぎました。だからといって、神様は捨てることができません。これは、庶子のようです。野生のオリーブの木です」(八大教材・教本『天聖經』186ページ)
 この御言で語っている「庶子」とは、堕落した天使長の息子の立場に立った堕落アダムのことであり、それは堕落したエバ(妾のような立場)を通じてサタン側へと血統転換したために、「庶子」となったのです。
 そのサタンの「庶子」の立場となった堕落アダムの汚れた「子種」が、堕落エバの胎内にまかれて、こうして「サタンの血統」である人類が繁殖するようになったのです。
 このような過程を経て、サタンは堕落した人類に対して「偽りの神」の立場に立つようになり、堕落アダムと堕落エバは、サタンの子女の立場となって、サタン(偽りの神)とはジェネレーションが異なるようになりました。

それは堕落したエバ(妾のような立場)を通じてサタン側へと血統転換したために、「庶子」となったのです。
 そのサタンの「庶子」の立場となった堕落アダムの汚れた「子種」が、堕落エバの胎内にまかれて、こうして「サタンの血統」である人類が繁殖するようになったのです。

つまり
①ルーシェルとエバの霊的堕落は単にエバがルーシェルの妾になったに過ぎず
②エバとアダムの肉的堕落はその妾のエバによって庶子の立場にアダムがなり汚れた精子を待つようになったことであり、
③その汚れた精子を妾のエバの体内にまくことによってサタンの血統が繁殖した。
という堕落論が、家庭連合の堕落論である。

これは妾と関係を持ったアダムの責任は重大であり、堕落エバによって庶子となり(その精子をまいてはいけなかったのに)その汚れた庶子の精子をまいたアダムが原罪の重大な張本人であるという、完全にアダムにルーシェルとエバの原罪の責任のほとんどを押しつける堕落論である。
まるで堕落エバ本人が考え出したのではないかと勘ぐりたくなるほどの見事な責任転嫁の堕落論である。

もう一度、家庭連合の悪魔サタンと女性との霊的関係における見解を見てみる。

会成長研究院http://trueparents.jp/?page_id=1881

______________________________________

(4)神学的難題に解答を与える「愛と生命と血統」の概念のすぐ下、トマス・アクイナスの記述より。


悪魔がいくら精液を盗んで孕ましたところで、生まれてくるその子供はどこまでも人間(アダムとエバ)の子孫なのであって、悪魔と血統的にはつながっておらず、悪魔の子孫とは言えないからです。

このように家庭連合は悪魔という霊的存在との性的結合による血統的つながりをまったく認めない。

天使長の精子によって人間の卵子が受精することはない。
悪魔サタンの精子が人間の子宮にどのようにまかれても卵子が受精することもない、ましてや子供という生命が生まれることはないというのが家庭連合の霊的堕落の理解である。

つまり堕落したエバは天使長の精子・霊を受け継いでいないのだから、当然堕落したエバと堕落したアダムとの間に天使長の精子・霊による天使長の子供は生まれないというのである。
このように家庭連合は、天使長との夫婦行為は血統的につながらがらない罪であり神の血統に影響を与える原罪ではない、霊的堕落の罪の本質ではないと説明する。

では何が家庭連合の言う血統的罪にいたる原罪になったか。
天使長と性的関係を持ってエバは偽りの生命・天使長の妾の立場になった。
その堕落エバとアダムが性的関係をもってアダムは偽りの生命・庶子に生みかえられた。
それにもかかわらずその汚れた庶子の精子をエバにまいて庶子の子を産ませた。
こうしてサタンの「偽りの愛」を「偽りの血統」として植え広げたことが原罪とであるというのである。

このように家庭連合の堕落論には天使の精子どころか夜の神様の精子さえもない。
愛と生命と血統は子宮によって生まれるという子宮崇拝の子宮神学である。

このように原理講論の堕落論を根本的に破壊する子宮神学であり、この子宮神学は見事な堕落エバの責任転嫁論による独生女論を生みだすことになる。

2.韓オモニの無原罪論により、むしろ韓氏オモニに原罪があることを証明する家庭連合

会成長研究院http://trueparents.jp/?page_id=1881

______________________________________

(7)「堕落圏」の概念には、2種類の違った概念がある


~省略~

 すでに「補足説明・その1」において、「堕落圏」というときに、その「堕落圏」という概念には、①「霊的堕落のみの罪」が問われている「堕落圏」と、②「霊的堕落と肉的堕落の両方の罪」が問われている「堕落圏」という、違った二種類の「堕落圏」の概念があるという点について説明しました。
①「新郎であられる主がこの地上で捜される新婦は、堕落圏内で探す新婦ではありません。堕落しない純粋な血統を持って誕生した方を捜すのです」とあり、
~省略~
②「アダムが責任を果たすことができなかったために堕落したので、その責任を完成した基準に立つには、エバを堕落圏から復帰して再創造し善の娘として立ったという基準に立てなければなりません」 
この①と②の御言は、一見すると、“矛盾”した内容であるように感じられますが、そこに矛盾はありません。
すなわち、①の御言の「堕落圏内で探す新婦ではありません堕落しない純粋な血統を持って誕生した方を捜す」とあるのは、「肉的堕落の罪」が問われていない圏内、すなわち「霊的堕落のみのときの救いの摂理圏」にいる女性であるため、その女性には「原罪」がなく、まだサタンの血統にもつながっていない女性という意味において、「堕落圏内で探す新婦ではない」と語っておられるのです。
~省略~
一方、②の御言の「エバを堕落圏から復帰して再創造し善の娘として立ったという基準に立てなければなりません」というのは、霊的堕落をすることによって、堕落した天使長の「堕落圏」(霊的堕落のみの時)に落ちている堕落エバ、そういう意味での「堕落圏」という意味になります。
結局のところ、「堕落圏」という場合、その「堕落圏」には、①「霊的堕落の罪」だけが問われている「堕落圏」と、②「霊的堕落と肉的堕落の罪」の両方の罪が問われている「堕落圏」との2種類があるということです。
以上の内容を整理してみると、男性の場合、天から遣わされる「メシヤ」だけが、唯一、a.「霊的堕落の罪」も「肉的堕落の罪」も問われていない無原罪の立場で生まれてくるかたであり、それ以外の全ての男性は、b.「霊的堕落の罪」と「肉的堕落の罪」、すなわち両方の罪である“原罪”を持った立場での「堕落圏」で生まれていることになります。

 それに対して、女性の場合、神様の予定によって、アダム(メシヤ)の近しい所において、①「霊的堕落の罪」だけが問われている女性として、3人までで勝利できるよう予定(準備)されて生まれてくるのであり、その場合、その立場は「霊的堕落の罪」はあるため、やはり「堕落圏」にいる女性という概念となります。
 しかしながら、「肉的堕落の罪」が問われていない圏内にいるという意味では、その新婦となる女性は「根」が違う女性であり、「堕落圏内で探す新婦ではない」ということにもなります。その女性こそが「独生女」に他なりません。

~省略~
ここで留意すべき重要なことは、何度も述べてきたように、たとえ「独生女」として神様に予定されて生まれてきた女性であったとしても、その女性は「霊的堕落のみの時」の“罪責”は持っており、それゆえ、霊的堕落のみの時の「堕落圏」に生まれておられるために、当然ながら、真のお父様は「渋柿の根」「堕落した血統を受け継いで生まれた」と表現されることもあるという点です。

要するに家庭連合は、韓オモニは「霊的堕落のみの時」の“罪責”は持っているが、「肉的堕落の罪」は無いお方なので原罪の無い独生女、無原罪の独生女だということである。
つまり
『「悪魔がいくら精液を盗んで孕ましたところで、生まれてくるその子供はどこまでも人間(アダムとエバ)の子孫なのであって、悪魔と血統的にはつながっておらず、悪魔の子孫とは言えないから」原罪ではない。原罪では無く“罪責”である。そのような「霊的堕落の罪」だけが問われているのであって、肉的には胎中からサタンの血統にない無原罪として生まれた方である。』
という主張なのだ。


これは先に説明したように家庭連合は『サタンと女性の夫婦関係も人間男女の夫婦関係も「夫婦関係における血統的つながり」を否定し、夫婦関係によって霊的堕落、肉的堕落するのではなくエバが霊的堕落によってルーシェルの妾になったことが霊的堕落の罪であり、そのエバと肉的性関係を持って庶子になって汚れた精子を妾となったエバの体内にまいたことが肉的堕落だ。霊的堕落はエバが妾になっただけであり原罪というほどの血統的責任性は無い。その原罪の血統的責任は肉的堕落は妾となったエバに庶子の精子をまいたアダムにある』という、アダムに対する一方的責任転嫁論から来ている。

これが男性であるメシア軽視論、イエス・キリスト、再臨主軽視論につながっていく。

これは明らかにイエス様の十字架による霊的救いの軽視でもある。
原理講論「メシアの降臨とその再臨の目的」の否定でもある。
イエス様の十字架により霊的救いを受け、再臨主は残された肉的救いのために再臨される。
霊的救いの土台の上に肉的救いが成り立つ。

アボジの
①「新郎であられる主がこの地上で捜される新婦は、堕落圏内で探す新婦ではありません。堕落しない純粋な血統を持って誕生した方を捜すのです。」
とは家庭連合が言う
『「肉的堕落の罪」が問われていない圏内、すなわち「霊的堕落のみのときの救いの摂理圏」にいる女性』
ではなく、原理講論「メシアの降臨とその再臨の目的」に記述してある
イエス様の勝利圏による霊的救いを完成した「堕落しない純粋な血統を持って誕生した方を捜す」という意味なのであり、肉的堕落の罪が残っている堕落圏のエバなのである。

ところが家庭連合のこの説明は、アダムとエバの主体と対象の位置を逆転させたように、原理の内容を鏡のように逆転させて原理の内容を破壊するその手段のごとく、メシアの相対となるエバは
肉的救いがなされており肉的原罪が無く、サタンの妾という霊的な問題だけが残っているという霊的救いと肉的救いを逆転させている。

しかもこのサタンの妾という状態は罪ではあるが血統をむすばない夫婦関係なので血統に関係するという意味では原罪では無いという見解である。

このように家庭連合は、韓オモニはサタンと性関係を結び妾になった罪をもって生まれたが霊的にも肉体的もサタンとの血統的・血縁的むすびつきの無い、そのような原罪の無い独生女であると言っているのである。

では家庭連合も明言している韓オモニがもって生まれたサタンと性関係を結び妾になった罪とは、本当にサタンとの血統的・血縁的むすびつきが無いのであろうか?

もう一度お父様が聖和される直前に「私は路上で殺されていたからだ。」とそれまで秘密にしておられたマルスムを見てみよう。
昼の神は女である。女が神の弟の腹の上のまたがり、彼を堕落させたのだ。その過程において、彼女は下になり、神の弟を自分の上に乗せ、そして彼女は種を受けた。

2012年1月11日江原道のホバン室内競技場
______________________________________
「エデンの園である一人の女性がルーシェルの上にまたがりました。彼らの関係は数日ではなく、8週間以上 続きました。そのようにして彼女は、サタンの種を受けるようになったのです。」
                          2012.6.25 訓読会

天使とのエバの性的堕落は物語でも観念でも神学でも無い精子と卵子を結合させる実体である。
先にエバの子宮にまかれたのはルーシェルの精子である。これが堕落の根源である。

1.夫婦関係の血統的つながりを否定する反社会的倫理観
2.サタンとの性的堕落によるサタンとの血統的つながりを否定し堕落論を否定
の二つに分けて論じたように霊的堕落はサタンとの血統的・血縁的むすびつく堕落なのである。

この論文から引用する。

エバの罪はルーシェルの精子・種を子宮に受け入れ、そのエバの卵子はルーシェルの種と受精させてしまったことにある。霊的堕落とはこのように具体的なのである。
それを肉体を持つアダムと具体的に性関係を結ぶことによりそのルーシェルの種を受け継いだ卵子が細胞分裂を起こしルーシェルの子として生まれたのである。
ルーシェルはこうして肉体を持つ自分の子を持つことになったのであり、原理講論の「サタンの悪の血統を繁殖するようになった」という記述や、イエス様のまむしの子らよという叱責はまさにこのことを指しているのである。

本来は完成したアダムは夜の神様の体となり、エバは夜の神様の花嫁となり、夜の神様との結婚という夫婦関係を結び夜の神様の精子による真の父母にアダムとエバがなるのが夜の神様の父母思想だったのである

家庭連合の夫婦関係の理解は、夫婦の関係における血統的霊的価値を否定し、天使との性的堕落を血統関係を否定する反社会的唯物論的神学である。
このような神学が夜の神様の精子、私は夜の神様の種から来たというマルスムを理解できるはずもない。

以上の通り、家庭連合の言う原罪の無い独生女論を否定することができる。
むしろこの家庭連合の独生女論は韓オモニは原罪を持って生まれたということを自ら告白しそれを証明論証している論文として貴重である。
それにしても期せずして今回の堕落論に関する二つの論文を通し家庭連合の神学がこれほどまでに原理講論の本質を徹底的に否定するまさに分派そのものに成り下がった事を改めて思い知ることとなった。心から残念無念である。

家庭連合自ら韓オモニの有原罪を証明!しかしなんという分派になったのだろう酷すぎる!クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村
 聖酒送ります、戻る祝福を受けましょう。www.sanctuaryjp.org お問合せホーム fanclubcomm@gmail.com tel 電話050-7124-8027