2016年9月7日水曜日

更新【王の王に拝する王権の伝統】 亨進様_8月31日韓国語説教<神様の王国の救世主>より

王の王に拝する王権の伝統

神様の王国の救世主

英語の礼拝よりももっと具体的に何故王冠を付けた正装で敬拝をしたのか教えて下さいました。

■「하나님 王國의 救世主」2016年8月31日水曜日


▼亨進様のみ言葉5 「死人に葬らせて」(韓国語 15分)
https://youtu.be/S0RgHu8WUzU 翻訳 by シャボン玉


この王国を立てる内容で「私に従って来たければ、休む場所がない」と言いました。
二番目の人が来て、また「私もイエス様に従って行きたいです。」
「イエス様に従って行きたいのだが、まず先に父親の葬式をするのをお許しください。」自分の父親が死んだようです。この2番目の人の話が有名でしょう?
ユダヤ民族にとってその時代、自分の親が亡くなれば、儀式もしなければならず、祈祷もしなければならず、聖和式のようなものをユダヤ式にしなければならないでしょう?とてもとても重要なのです。これは。モーセの法にもみな出てきます。ですからここの内容で「これをまず整理してから行きます。」と言ったのですが、イエス様はどのようにおっしゃいましたか? 「死人に葬らせて、お前は行って神の王国を宣べ伝えなさい。」(笑)


皆さんは韓国人ですから、韓国人はユダヤ民族のような考え方があるので、皆さん考えてみてください。皆さんは親の葬式に行かなければならないのに、道端にいる師匠が「ああ、死んだ者はそのように(死人に任せて)お前は出て行って神の王国について述べ伝えて、非難冒涜されて憎悪されろ。」そうなれば、皆さんどうされますか?ん?


韓国で、葬式があるのに「なんだ、なんという!あいつはなんだ!父親の葬式に来ない!?」「何?乞食、道端をうろついている人、サンダルだけ履いて歩きまわっている人についていき、何?神の王国?気狂いじみたことを言って。完全に狂ってしまった。」このような罵倒を浴びると皆さん、実感するでしょう?
韓国の立場から見ても、韓国人もユダヤ民族のようにそのようなことをとても重んじて厳しく言うでしょう?そうではないですか?
今回も、お父様の聖和式でも、最初人々は「あああ〜いやいやいや〜本来、聖和式は韓国の伝統では息子として出てきて父親に敬拝しなければなりません。」それは儒教思想から出てきたのでしょう?ところで何がより重要ですか?儒教思想ですか?でなければ、お父様の王家がお父様にすべてのものを敬拝させることのどちらがより重要ですか?


孔子はメシアではありません。孔子は中国人です。韓国人は儒教を重んじて従いますが、中国人のお尻に従っているのです。(笑)中国人の尻の穴の前で敬拝しているのです。皆さんはそうは思わないでしょうが、それが現実です。中国人の尻の穴を見ながら敬拝しているのです。 (笑)


お父様の聖和式で、お父様が立てられた王家、しかし、私はただの息子ではないでしょう?お父様が立てられた王家でしょう。王家。王権!その王権までも万王の王の前に敬拝させなければならないのです。次の世代はどうなりますか?
3代王、4代王、10代王、100代王、その王たちが高慢な者になってしまってはいけません!この者たちが持っている王権が再臨主から来たことを知って、その王冠がその世代ごとに、再臨主・万王の王に敬拝しなければなりません。再臨主がより高いですか?王冠がより高いですか?ではその王冠が、その王権と王冠が再臨主に敬拝しなければなりません。
何故?再臨主の精子と血筋を通してその王権を立てたから。その話を聞いて韓国聖殿食口たちが理解するようになったのです。皆さんはこのような考えはしないでしょうが、次の世代を育てる、3代王信俊(シンジュン)を育てる責任として、私はこのような考えをしなくてはなりません。


そうして三番目の人が来て、「主に従いたいのですが、まず家族に別れを告げさせてください。」つまり、家族に去ると先に知らせてから従います。このように言うのです。最後の人が。


最初の人が個人(次元)、2番目の人がやや家族(葬式問題)、3番目の人が完全に家族(家族に別れの挨拶)。家族がだんだん浮き上がってくるのです。これは。三人。蘇生期、長成期、完成期。旧約、新約、成約と見ることができるでしょう?
しかしその家庭も家庭自体が重要ではないでしょう?サタンを中心とした家庭であればどうなりますか?家庭が一つになって天の前に正しく立つことができる理由は、自分のゆえではないでしょう。ただ一つの内容のゆえに、一つの内容、それはまさに主です。主!お父様です。その理由のゆえに家庭が正しく立てるのです。


今回も日本の青年たちがここに来たのですが、様々な討論をしました。様々な討論をしたのですが、ここ、ここ。(画面参照)肉的救いと霊的救い。私たちはイエス様を信じて、キリストを信じて行ったときに、キリストを通してキリストの完璧な生と善なる生を通して私たちは神の前に行くことができるでしょう?
その蕩減路程のために行くことができるのです。ですが、私たちは霊的救いのみ与ることができました。クリスチャンの信仰で。ですから、イエス様は「再び来る」「地上天国、実体的王国を造る」と言われました。
ところで、肉的救いは何か?肉的救いは何か?肉的救い。救いに与ったのなら、どこで救われたということでしょう?どこで?ある悪なる内容であったのに救われた、その悪なる内容とは何ですか?え?何ですか?サタン?サタン圏?サタンの血統だと言ったでしょう。サタンの血統。サタンの血統。サタンの血統とはどういう意味ですか?聖書でサタンは世界の何ですか?世界の王。世界の王です。世界の全ての王たちが侍る王です。簡単に言えば偽りの王の王です。 そうでしょう?


では私たちが祝福を受け三日行事を通して血統転換されたとき、それはどのような意味がありますか?何ですか?血統、王家を出発しながら、新しい血統、新しい何ですか?王家に入るのです。これを理解できますか?血統は何と繋がっていますか?王家。血統が何と連結されていますか?王と連結されています。サタンの血統から抜け出て救いを受けたとき、サタンの血筋、血統から王、王権、王家へと出て行くのです


私たちは偽りの王家にいました。もちろん、偽りの王家でも奴隷でした。奴隷。そうでしょう?そして血統転換、新しい血統を受けながら、何処に行きますか?神様の血筋、血統、何ですか?王家!王家!血統の問題と血筋の問題は王権の王たちの戦いです。皆さんこのように考えなかったでしょう?王たちの戦いです。


すべての王国が何処から来ますか?王から来ます。王。王は何処から?王の精子から出てきます。精子。王の精子から出てきます。精子は何処から出てきますか?生殖器、睾丸、それを英国王室では何と呼んでいるか知っていますか? Family Jewels。その家庭の宝石だというのです。汚れた肌色の臭い(笑)毛の生えた(笑)睾丸ではなく、精子が出てくるところなのです。そこから王家が出てくるのです。そこから王国が出てくるのです。理解できますか?そして、そこから何が出てきますか?血統。血筋。そうではないですか?


霊肉の救いを受けた時、私たちはサタンの肉的な王家から抜け出して、神様の肉的な王家に入るようになります。このようには考えなかったでしょう?すべての血統と血筋が王に連結されています。神様が送られた王!そのため私たちは何ですか?王家の精神がなければなりません。


亨進様のみ言葉6 「お金とは何か?」(韓国語 13分)https://youtu.be/oDmXb8nccyY 翻訳 by シャボン玉



青年たちにも私は尋ねました。「お金とは何か?」今回中高生たちが多かったです。日本からも来て。大学生まで。尋ねてみました。 「お金とは何か?」彼らは「これ。紙幣。この財布にあるお金。」または「通帳、銀行の通帳にあるお金。」ん?そのような内容を聞いて「あ〜君はとてもとてもお利口な奴隷だね〜。お利口な奴隷。よく洗脳された奴隷だね。」


どんな王家でも、自分の子供たちにお金とは紙幣だとは教えず、通帳にある数字がお金だとは教えません。それは僕(しもべ)に教えてあげることなのです。本当のお金とは、真の資産は紙幣ではありません。それは本当のお金ではありません。紙幣は何ですか?紙!紙はお金ではありません。非常に簡単でしょう?ここがイギリスでもオランダの王家でも、ある世界あるどんな王家でも、自分の子供たちに「資産は紙である」と教えるところは一家庭もありません。では何故皆さんはそれを皆学びましたか?良い奴隷だから。良い奴隷。言うことをよく聞く奴隷。


皆さんには王家の精神がありません。 王家を見てみると、日本の皇室、英国王室、オランダ王室を見れば、彼らは何を集めますか?紙を集めますか?彼らは何を集めますか?彼らは?紙幣?通帳のお金?そのようなものは集めません。何を集めますか?何ですか?金、銀、土地、そしてネットワーク。関係。よく守るでしょう。関係。これが本当の資産です。これが何ですか?王家の精神、王家の精神。
一般市民が洗脳された奴隷になってしまいました。何故?サタン王家に入ったならば、皆さんは奴隷です。肉的救いを受けてその王家を去って神の王家に入ってきたならば、天一国市民は何ですか?王と王妃。すべての王が持っている所有権があります。所有権、銃器所有など、すべてあります。王にある所有権と銃器所有などの権利があれば、王の精神も持ち合わせていなければならないのです。王の精神。皆さんの子供たちに王の精神を植え付けてあげなければなりません!奴隷精神を植え付けてはいけません!


本当の資産、本当の富が何か?紙幣ではないのです。紙幣を介してより多くの紙幣を集める
のではないのです。紙幣を介して何を集める?土地!何を集める?金(きん)!何を集める?銀!何を集める? ネットワーク!関係!


ここにお母さん方が多いでしょう?王家の精神!韓国の愚かな先生と日本の愚かな先生が皆さんを洗脳した嘘ではなくて!ん?王家の精神がなければなりません。そうでないですか?ん?


イエス様が「地上に宝を積まずに天に宝を積みなさい」
このすべての祝福の内容はどこから来ますか?私たちの王の王から来ます。ですからこの関係は最も重要なのです。何故?皆さんはどのように王家に、自分たちが王と王妃になったのかをどのように説明しますか?王の王なしに。その関係なしには皆さんは何ですか?普通の人でしょう。ん?その関係のゆえに私たちは天一国の民となり、天一国の王と王妃になれるのです。
その関係を抜きにして、その宝を抜きにしたら皆さんは何でもありません。何でもありません!ほこりの塊の糞でしかありません。その関係の宝のために、私は天一国の民、王と王妃になってしまったのです。王の所有権、王の権利、王の銃器所有権を授かりました。え?そうでしょう?今ようやく理解できるでしょう?


何故この天にある宝が私たちの中心であるのか、またそれを通して、何故私たちは王家の精神が必要なのか、皆さんの子供たちを育てるときに、嘘の奴隷の教育をしないでください!「子供たちに資産は紙幣である。給料である。」違います!それはお金のない人たちが言うのです。多くの資産を持っている人たちは、金持ちはそうは思いません。何故皆さんはこのような教育を受けないのですか?何故?天使長が皆さんを育てたから。天使長が自分の富を保護し、皆さんを貧乏にしておきたいから。何故?貧乏ならば、より簡単に皆さんに賄賂を使って買ってしまうことができるから。王の王が立てられた王権は、三代王権は市民たちを王と王妃にする責任があります!


ですから、私は皆さんにこのようなエリートだけが知っている秘密を言うのです。皆さんの子供たちにも。何故?その子供たちを天一国の王と王妃たちにしなければならないから。所有権!王の権利と王の銃器所有、すべての権利。それを主管できる王と王妃にならなければなりません。そして資産が何であるのか、縦的資産、横的資産を主管できる人にならなければなりません。それをどのようにするのか?(それには)王家の精神がなければなりません。皆さん。皆さんは何故貧しいのですか?嘘を聞くから!洗脳する先生と愚かな公教育の愚か者の話を聞くから。 (笑)特に青年たちは「お金がない。お金がない。」(笑)お金が何ですか!?これが問題です。


ドナルド・トランプも金持ちでしょう?すごい金持ちでしょう?ドナルド・トランプもこのように言います。不渡りを何度も出したそうです。ところが「倒産しても私は金持ちだ」このように言います。不渡りを出しても再び自分が成功できるという自信があるそうです。何故?資産が何であるのかを知っているから!ん?


世界の王家と金持ちは皆知っています。そのようなことは一般の人々に言いません。皆さんは普通の人に育てるのではなく、皆さんは天一国の王と王妃、王家の精神を育てなければならない人たちです。そうではないですか?そのために王家の精神が必要なのです。王家の精神!皆さん、愚かな奴隷の訓練で、公教育で奴隷の訓練、修練を通して、洗脳教育を通して何が一番重要だと話しますか? 「ああ〜勉強が一番〜勉強することが重要〜(笑)勉強がよくできることが重要〜試験に受かることが重要〜」それと「良い大学に行くことが重要〜。」


皆さん、大学のシステムが何か知っていますか?何か知っていますか?財閥が入るシステムです。それしかありません。金持ちを作る所ではありません。サラリーマンを作るシステムです。それしかありません!そしてこのような洗脳教育を通して、この愚かな韓国の母親が、日本の母親が、「ああ〜これだけ考えて。これだけ。」「ああ〜試験で良い点数をとらなければならない。ああ〜何をしなければならない。良い大学に入らなければならない」と言いながら、それが終わった後、子供は何もできません。財閥に入れなければ、どうしますか、何もできずマクドナルドで働かなければなりません。何故?本当の資産が何であるのか学ばなかったので。
自分たちで考えて「資産は勉強がよくできることだ。試験で良い点数をとって〜」やれやれ、なんということでしょう。どんな王家でもそのようなことを子供たちに教えません。
皆さんは成長した後、何と言いますか?皆言います。「関係だ。」と言います。(笑)皆そのように言います。ですから勉強を終えて40代、50代になれば、なんと言いますか?「全て関係だよな」そうではないですか?どこで勉強をしたのか、それはただ関係を作るためのものです。


大学は財閥の従業員のパイプラインでしかありません。財閥をどう倒して財閥をどう落とすかは学びません!財閥に対抗するにはどうすればいいのか学びません。大学では。何故?大学はお金を何処から貰いますか?学生たちからではありません。一番多額のお金を受け取るのは誰からですか?財閥!皆さんは現実の世界を知りません。現実の世界。奴隷たちです!ん?神の王家に入ったので王家の精神を持たなければなりません。詐欺の愚かな内容を聞いたとき、「それは違う!」と分析できなければなりません。え?そうではないですか?


富とお金、ヤクザ、チンピラと天使長。ヤクザ、チンピラと天使長は同じです。皆さん、韓国と日本の政府がヤクザと違うところがどこにありますか?無理やり選択権なしに強引に皆さんが汗を流して働いたお金を奪っていくではないですか。あなたの選択権なしに!それは何だと言いますか?所得税、それだけではありません。所得税、事業税、そして土地税、相続税、え?皆さんが汗を流して集めた資産を盗んでいく者はヤクザと何処が違うでしょうか?それは政府です。政府!天使長。天一国ではそれは王にはできません。そのように王に接することはできません。そうではないですか?


▼亨進任말씀7 「天一國憲法에서 所得稅 없어요」(韓國語 16分) 

天一国憲法には、ですから所得税がありません。禁罰金!禁止、禁止、禁止!不法!何故?どうして王に、王の所得に税金をかけられますか?所得税などど、どうしてそうできます?そうでしょ、そうじゃないですか?聖書のみ言通り、「汗で育ててきたものが、育ててきた果実が自分のものだ」とあります。そのような内容がでてくるでしょ。聖書に。汗水流して収穫した果実、宝物、穀物は、そのような原則があります。汗にまみれたその所得、汗水流して得た勝利圏は、王達のものです。そしてその勝利圏を市民達が、天使長の嘘がこれです。「あ~、市民達が税金を納めないと、私達の福祉もなくなり、かわいそうな人々も助けられません~」。これは、政治屋たちが言う嘘です。自分達がその税金を奪って、多額の月給をもらいたいから!


統計を見てみましょう。統計を。米国なに?福祉財団1940年、1940年から大々的に始まりましたが、その前を見てください。ニューヨーク市には、1万個以上の、ああ、全国的にだ、ニューヨーク市は約千個以上、全国的には1万個以上の!福祉財団がありました。政府が福祉財団をもっていなくても。なぜ?宗教が福祉財団を運営していたからです。天主教、基督教、改新教、長老教、みんなやっていました。自身のお金で!そして、自分達が助ける人に直接会ってするのです。主をわかるようにして、そうでなければ自分の人生を発展させて責任性を身につけさせながらしました。その人も、貧しい所から抜け出す可能性がずっと高いでしょ。


今はどうでしょ?別の市民たちに強制的に税金として金を奪い、次に政府の職員と政治屋に多額の月給を与え、その次に少しだけ、パンくず(Bread crumb)を少しずつ、少しずつ、少し、少しやりながら、テレビもそのわずかずつのパンくずを与えるのを撮影して、「あ~私達の政府はどんなに善いことをするのでしょう。」こんな嘘、偽善宣伝です!皆さんはとても良い奴隷です。本当の世界を知りません。詐欺です、これは。詐欺、詐欺、詐欺!市民達に自分のお金があれば、資産があるなら、自分の家庭のためだけに使いません。何故か?市民達は、自分の家庭だけで暮らしているのではありません。コミュニティと暮らします。一人で島に、たった一人で暮らす人は一人もいません。ほとんどが。人々はいつもコミュニティの中で暮らします。コミュニティ~!そうでしょ、そうじゃないですか?だから自分に多くの資産があれば、自分の家庭のために、自分の家庭のためだけには絶対に使いません。必ずコミュニティも助けます。さあ、それは統計です。それは現実です。

しかし、天使長はなんと言いますか?「いや、いや、いや、そのようにしたら、欲心の故に、市民達は自分のお金を使わず、自分の家庭のためだけに使い、それは欲心だ。」だから強制的にみなさんの税金を奪い「私達はより良い福祉をします。」と言いますが、政治屋たちの月給!政府の福祉財団の職員の月給!社会保障制度(social security)、社会保障制度、それから何?健康保険、職員達だけに与えるためにしています、これは。その次にこのバンくずを少しずつ少しずつ与えて、その少しずつ与えた内容をカメラで撮影してKBSで「あ~私達の政府はなんて素晴らしいんでしょう~!」。これは偽善宣伝です。偽善宣伝。国民年金制度、これも嘘です、嘘!


市民達が、自分の社会と自分のコミュニティーに何が一番必要なのか、市民達が知っています。何故?市民達がそこに住んでいるから!政治屋達がそこには住んでいません。ソウルの愚か者は、麗水のことまで、市民達がどんな暮らしをしてるかなんて知りません、知りません、知るわけがない、あの愚かな政治屋達が。誰が麗水の貧しい人々かを富む人々がわかりますか?そこに住む人々!そうでしょ、そうではないですか?それでは麗水に暮らしている人々が、税、所得税などがなければ、麗水の人々が自分たちだけ、自分の家庭のためだけにお金を使うことはないのです。自分のコミュニティーの発展のために使います!福祉財団が数十個できるはずです。数百個!長老教、浸礼教、などなど全てに作られるはずです。財団を。ところで、パンくずはただ降ってくるのではなく、責任をもって助けを受けた時、責任性をもち、私も責任をもって発展しながら助けを受け、そしてある日助けを受けない責任?能力まで開発した後に、私も勝利できるように。このようにやってあげます、宗教のプログラムは。市民のプログラムは。考えもなく市民たちは、ただお金をあげたりしないでしょ。人々に。その人を育てながら、責任性を植えつけて投資するでしょ。


自由と責任。市民たちは、自由と責任がある時、どんな天使長やどんな政府より、千倍、万倍良く、自分たちの貧しい人、病いの人、目が見えない人、障害者たちを世話してあげられます。どんな政府の職員よりも。どんな、エアコンのきいた部屋で楽に座ってインターネットポルノばかり見ている愚かな政府の職員より、市民たちがずーっと良くできます。なぜ?かわいそうな人々を直接知っているから。私の言う事があってますか?あってませんか?考えてみてください。統計も見ると、米国は政府の嘘、あ?詐欺天使長の言葉を「わー、政府がなければいい事は一つもないよ。福祉もないよ。」 嘘だ!福祉財団は以前1万個以上!福祉を受けることがとても簡単でした、米国で。一番簡単でした。こちらの財団がダメなら他の財団に行くとか簡単に。


例えば、米国でも貧しい、何?ニューヨーク市でフードキッチン、宗教がフードキッチンをすると、それが何かというと、ご飯を食べさせてあげるのです、貧しい人に。無料給食などをします。カトリックもプロテスタントもします。そういうのがたくさんたくさんあります。米国では教会がします。教会を中心として。貧しい人なら、ニューヨークでお腹が空いたなんてことはありえません。ありえません。こちらに行って朝食を食べ、そっちに行って昼食を食べ、あちらに行って夕食を食べ、そこは誰が始めましたか?政府が始めましたか?いいや!市民たちがしました、市民たちが。


ところが、ところが、今はどうでしょ?政府はそれを、市民達がいい食事を準備したものを、自分が全てしたように言いたいがため、そこを一箇所ずつ一箇所ずつ全て掌握しているのです。自分たちがその賞賛を受けるように。これは100%天使長ですか、そうでなければ神側ですか?何をしてる? これが現実です、皆さん。市民たちが自由と責任がある時、誰よりも自分の両親、子、甥姪、自分の障害者たち、誰よりもよく世話します、そして市民たちが、心情と愛がより大きいですか、そうでなければ政府のつめたいビルがより大きいですか?え? そうでしょう!!政府の冷たいビルには何もないから。天使長の嘘しかないから。血が通い心情あふれる市民たちが自由と責任をもつ時、どんなものより政府より、良くやるのです。


ソ連でも一番、ソ連がロシアだった時、ソ連が共産主義だった時、一番の物理学者、核物理学者(Nuclear physicist)達が、みんな集まって「我々は世界的な自動車を創る。」と言いました。何故?その愚かな思想、嘘の中に、優秀な人々がみんな集まると、ある天才たちがみんな集まると、「誰よりも良い物品を創る。愚かな自由のある市民たちがいいものを作れるはずがない。」このような思想ですから、共産主義は。そうしたところ、ソ連で最高の一番優秀な、難しい数学も全部解ける物理学者や核物理学者が集まり、自動車を作って、世界的な自動車を作って、どんな自動車を作ったかご存知ですか?どんな自動車を作りましたか?こいつらは。ユーゴという大失敗の自動車でした。市場に出しても人々は買いません。ポンコツを作りました。エンジンを後ろにつけ、エンジンを何か変なシステムを通して、とても危険に作りました。一度ぶつけると爆発して、ヒュー。この核物理学者どもめ。


またこの天才たちが高慢であるだけで、優秀ではありません。人々の人生を助けてあげられるものを作りません。誰が人の人生を助ける人?市民たち!自分の市民、住んでる人々が、地域の人々を助けるものを一番よくつくります。みなさんのi-フォンがどこから出ましたか?市民が作りました、市民。スティーブ・ジョブズという市民が。政府の要員ではありません。そうでしょ?アップルの電話。市民が作りました。そうでしょ、そうじゃないですか?え?そのi-フォンを作った後、サムソンが完全に財閥たちが、完全にそれをコピーして、コピーしましたが誰が最初に開発しましたか?スマートフォン?市民!皆さんの電子レンジは誰が開発しましたか?市民!皆さんの洗濯機は誰が開発しましたか?市民。皆さんの電気、電気?灯り、誰が作りましたか?市民!政府が一つも作りませんでした、ただの一つも。自動車、だれが作りましたか?市民!そうでしょ、そうじゃないですか?まだ何がありますか?飛行機、飛行機を作った人は誰?ライト兄弟、市民たち!テレビ、テレビを作った人は誰?市民!!


あ、人々が自由と責任を持つ時、世界が発展します。天使長がこれを奪っていって自分がもっと良くできるという時、地獄に行きます、地獄に。今はその闘いです、皆さん。ヒラリーとトランプはマクロで、韓氏お母さんの家庭連合とお父様の後継者とカインとアベル。この戦いが天地の戦いです、天地の戦い。お父様は完成、完結、完了、勝利!勝利!なさった再臨主様で、後代までカインとアベルをお育てになり、カインアベルがお父様を売らず、カインとアベルがお父様を背信せず、削除せず、全ての悪口、嘲笑、憎しみ、憎悪を受けてもお父様を尊びお守りしたので、神様の天一国の憲法が出て、天一国が現れるしかありません、アジュー!天国が来るしかありません、サタン圏が敗れるしかありません。何故?ミクロ(microcosm)で既に敗れたから。さあ、天聖経202ページ、お父様がどのようなみ言を語られましたか?


天聖経202ページ
 皆さんの願いとは何ですか?天国の人とか、天国の子女になりたいのです。それが願いでしょう?天国の民、天国の子女にさえなれば、天国は自然に生まれるのです。
(文鮮明先生み言撰集 161巻222項、1987年2月15日)


アジュー!皆さん見てください、見てください、見てください。天国の民、天国の子女にされなれば、天国は自然に生まれるのです。皆さん、王家の精神がそれ程重要です!天国の民、天国の子女になるなら、皆さん、奴隷精神から抜け出さねば!王家の精神、王家の精神がなければ。その時天国は自然に、天一国が自然に来ることを信じます!アジュー!アジュー!アジュー! あー私はこれで終わります。さあ、賛美なさる方々は出てきて神様の王国のために賛美しながら、全ての栄光と私達の万王の王を尊びながら、王家の精神で頌栄と愛を捧げる時間になります。アジュー!アジュー!アジュー!


王の王に拝する王家の伝統にクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村

聖酒送ります、戻る祝福を受けましょう。www.sanctuaryjp.org お問合せホーム fanclubcomm@gmail.com tel 電話050-7124-8027