2016年9月4日日曜日

「地球を主管するサタン」■韓国語礼拝 8月22日


地球を支配するサタン▽ 「地球를 主管하는 사탄」

■2016年8月22日韓國語禮拜 亨進님 말씀より。


エリートクラブ。財閥クラブ。そしてその財閥クラブに入ると悪い事をしなければなりません。何故?その財閥クラブで悪い事をさせれば、お前はふざけるなら、その情報が流されます。
だんだんお互いに隠して隠して隠して…秘密、秘密、秘密…ここ家庭詐欺連合の者ども。責任者達は酒場に通い。女たち。そして新しい子にそんなことをさせて「ああ。構わない。酒を飲んでも…」としながら酒場。隠して隠して…「文句言うな。ふざけるな。ふざけると写真があるぞ。」このようになってしまいます。
皆さんはそんな恐ろしい内容の上に据えています。韓国で。そういう社会から神様の国が来ることはありません。そういうシステムの中で王と王妃は出て来れません!

翻訳 by カーネーション
(韓國語 23分) https://youtu.be/cyVzHuzFQcM

▼亨進ニムの御言葉2

スイス人の男性は家に銃を持っています。スイス人。軍隊に行った後、銃を家に持って帰らないといけません。それは良いシステムですよ。韓国も天一国的にいくには、韓国男性は軍隊に行った後、その銃を家に持って帰れば、泥棒はぐうの音も出せません。悪い者達。

とにかくそういう統計を見てみると、ここニューファンドランドとペンシルバニアではほとんど、一番安全な部分があります。犯罪率がほとんどないです。みんな銃を保持しているので。ここにいる女性達も無視できません。女性達も自分のバックにでもポケットにでも銃があります。映画館で愚かなイスラムテロリストが映画館に来て「ワー!」と撃つことはできません。ここは。ヨーロッパのようにできません。ヨーロッパのように皆な市民は奴隷になってしまったので、銃を撃つ力がありません。
だから映画館に行くとイスラムテロの者が、不法的に銃を撃ってみんな「バンバンバン!」と殺すことができます。フランスでも何か月前、映画館、ミュージカルするホールで数十名を殺したいうことです。3,4時間の間に。3,4時間の間、何をしていましたか!市民は。何もせずに、伏せているだけでした。完全に動物になってしまいました。これは。闘うことができません。銃に対して分からず銃を保持できないので。
考えてみてください。それを一度ここでやってみてください。ここでやってみれば。ここでやってみれば、すぐに男たち女たちが自分の銃を出して撃ちます。そいつを。ここではカリフォルニア、サンバナディノで1か月前にイスラムテロが起きました。また。そいつはカリフォルニアは完全に共産党なので銃器の所有を取り除きました。取り除きました。市民達から。
ですからこの者はいつもそちらの方に行きます。シカゴやニューヨーク、銃所有のない所に行きます。臆病で愚かな詐欺達は。そこに行って18名殺したか?そうでした。あるパーティに行って自分の同い年達、毎日毎日いつも見て一緒に働いている人が集まるパーティで、イスラムテロの者が来て大きな銃で「バンバンバン!」と18名殺しました。何か月前、カリフォルニアで。
そしてどうしたかというと。警察の銃がありますね、警察が来たとたん、この者が警察にも銃を撃ちました。ですが警察は一人も死にませんでした。一人も死なず、この者達が直ちに殺しました。それはどういうことかと言うと、犯罪者は良い人達が銃丸にただ撃たれるのではなく、じっとしているのではなく、自分の銃を出して撃つと悪い者はこれを撃つことができません。とても怖くて。当てることができません。
そしてその間に悪い者は降参して死にます。悪者にとって一番危ないものは市民です。実は。そして全世界を見てください。全世界はサタン圏なので市民に対して王権の力を与えません。考えてみてください。すべての王達、現在サタン世界の王も、ある儀式をする時、ここに剣を据えて現れます。あるイギリスのここにズラッと出てきて、そういう儀式もありますね。行ったり来たりする時も、自分のボディガードもみんな銃を身に着けています。大統領もみんな。
それでは二つの法があるということです。エリート、財閥、政治家の行う法があり、それは何か、銃所有があり得るということです。自分のボディガードも銃を持てるいうことです。そして市民達の法は別の法。それは何か。あり得ない、自分たちが自分の家庭と身を保護することができない法。
さあ私達は、歴史的に見てみると奴隷をどのように定義しますか?歴史的に見てみると。奴隷はいったん権利がありません。権利。そうでしょう。権利がありません。権利。さらに次には所有権がありません。土地を買うことができません。奴隷たちは。権利はなくて所有権はなくて、さらに何ですか?銃所有、武器を持つことができません。
皆さんはアジア圏から来たので、韓国を考えて見てください。それでは奴隷を歴史的に定義すると、所有権の禁止、銃器の所有禁止、二つ一番重要な事、権利もなくて、考えてみてください。一般の韓国を見てください。現代社会だと考えますね。では何故?エリートだけ所有権があって、銃所有があります。何故、市民には所有権と銃所有がありませんか?
何故?エリート達から見ると財閥から見てみると、市民は自分の奴隷です。これ見てください。ハーバード、延世大、ソウル大、延世…さらにいますね…。これはどこですか?こういう所はパイプラインだけです。パイプラインだけです。どのように?財閥の会社で働くパイプライン達。それ、それだけです。そこに入って、入ってみると財閥達が運営する所に入れる可能性が高くなるパイプライン。
そして財閥達の好みの子を引き抜くことのできるパイプライン。そこに入ってみてどのように財閥達と競争するのか教えません。どのように財閥をなくすかは教えません。それを通しながら財閥達は何が好きなのかだけを習って、財閥の中の職員になるための教育ですよ。それは本当の大学ではありません。
ですからこの頃、そういう大学に行ってものすごい借金、ハーバードは2億の借金ができます。4年大学。え?ものすごい借金だけ増えて卒業する時、今はハーバードの大学生は80%、ハーバード大学を卒業した子達、職業を探せません。2億の借金だけ残って。詐欺に遭いました。完全に詐欺に遭いました。最も上手な子達は財閥の会社が持っていきます。
ですから分かりやすく言うと、その大学のシステムは財閥の独占者たちがスカウトするためのパイプラインです。それだけです。市民達に力を与えることとは絶対に違います。これは。市民達にどのように自由と責任あるよう生きるのか、ひとつも教えません。どのように財閥システムの中で良い職員となれるのか、これだけを教えます。
それは王と王妃の立場ではありません。市民を市民達を奴隷と見る立場です。それは。そうしながらそれは天使長的な内容ですか?あるいは神的な内容ですか?それは。100%天使長ですよ。神の立場から人間はどんな天使長よりも偉大なのです。力は弱くても。力で価値が出るものではないでしょう。
神様から息子、娘、息子として娘として!植えつけてくださるアダムとエバたち、その血統とその精子から出た息子、血、妻、それが貴いのです。天使長はアダムとエバよりも、持っている力がものすごい強いでしょう。事実は。神様と共に創造もして、そういう者ですから。ですが近頃、人間は継続して天使長の力を集めようとしています。
MIT、皆さんMITご存知ですね?MIT(マサチューセッツ工科大学)マサチューセッツにあります。マサチューセッツ。ここから非常にITで最高のアメリカ、全世界的に今や誇りを受けるものですが、そいつらのロボットのプログラムがあります。ロボット。AIと言って。どう言いますか?人工知能?そうですか?人工知能。
AIそういう分野があります。そういうロボット作りながらロボットをプログラムしながら、こいつらは問題を解決できる機能を埋め込みます。話し聞いたことありますね?これ?実は、政府たちが天使長の政府たちはいつもこれを好みます。何故?こういう危険で恐ろしいロボットが出てくると、それを戦争に使用できるからです。
自分が望むことを得るために、こういうロボットを作ろうとしていますが、とにかくこのロボットがどれほど賢いかと言うと、今や問題を解決します。このロボットは。二度、MIT。Maximum Security(最も警戒の厳しい)ものすごいシステムを構築しながら、ここにある一つの門、さらに一つの門…この人にロボットが抜け出せないように。ありますね。
非常に、ある監獄のように。壮絶なる。コンピューターを使用してこのロボットが絶対に出て来ることが出来ないように。作ります。近頃、映画に出てくるように。「ピピピ…」とすると目の瞳を見せて入らなければならず、「ピリッピリッ」と入らなければならず、「ピッピッピッ…」と入って、こんな風にそうでしょう?こういうとても抜け出すのが大変な部分がありますね。
このロボットは問題を解決する機能を組み込んで、2度ほど出てきました。そこに。パスワード、暗証番号。その暗証番号を全部計算してそこから抜け出す全てのものハッキング、ハッキング分かりますね?ハッキング…。それを自分の機能で「プルルル…ジージージー…」とハッキングしながらMITから2度、抜け出しました。こいつらが。このロボットはどの門も開けられて今は階段も登れて全部できます。
そうしながらどうなったかと言うと、ビデオが出ました。警察が出てきてこの者は道端に出て行ってバッテリーが無くなって道端で死にました。こいつが。ははは。ですから次に問題を解決した時はバッテリー、バッテリーをいくつか持ってくるでしょう。こいつが。ははは。この間は死んだので。バッテリーのせいで。バッテリーの問題のせいで。解決法。問題解決法。
これは問題ですよ。問題。この者達がとても賢くなるので、賢くなればなるほどこのようになってしまいます。では世界では色々な問題がある。戦争問題。こういうそういう問題、何々問題。こういう問題ほどどのように解決するか?ロボットは良心がありませんね。解決機能がありますね。それではこの問題を起こすバイロスは何か?人です。本人が判断する時、人の価値が見えないので。人。それではこの解決法は何か?人を無くすこと。バイロスを無くすこと。このようになるしかありません。
ですからこのAIテクノロジーを見ても、だんだんだんだん、深く深く、テクノロジーを通しながらサタンの心がだんだん見えてくるのです。ですから未来ではテクノロジーを通しながら、皆さんはもっと健康になります。200年生きられます。何々…病が全部ガンまでも全部死にました。信じてはいけません!小さなマイクロチップを埋め込めば便利になるでしょう。
皆さんデータが全部詰まっていて、そのまま「ピッ!」と読むと全部出てきて医師も皆さんも確認出来て、健康診断も出来て…。健康診断も出来てこのように。「おう。皆さんは薬を飲んだのか飲んでいないのか、それを確認もできて皆さんは便利でしょう。皆さんは200年もっと良く暮らせて…」このように。病もなく…その内容を詰め込むと人を換えることが始まります。
メンサ、メンサ(高知能指数者の集まる非営利団体)ここは、ここはIQ190を超える人がメンサに入ります。それは何ですか?天才達が入る、天才と言いますがこいつらは愚かな者どもです。このメンサ組織に入るのに去年、一年の集まり忘年会。去年この者が集まってどんな講義をしたか知っていますか?
医師が出てきて、テクノロジー、バイオテクノロジーの医師が出てきて「皆さんの協力が必要です。皆さんはIQがとても高いので何々…」と言って「私達は今小さなマイクロチップを開発しています。それは人のために健康のために毎日…」いつもこのように売っています。ですが「このマイクロチップを通しながら遺伝子までも換えることができます。」と言いました。
それではそれが遺伝子操作された人になります。皆さんもトウモロコシこういう物、気をつけなければなりません。豆とこういう物。遺伝子操作された豆でネズミに実験をしましたが6倍のガンの確立がグンと上りました。そして3代そのネズミは子を産んで、また子を産んだら次は子を産めません。これを英語でステラライゼイション(Steralization、不妊にする)、精子を殺すのです。
ですから何故、スーパーエリート達はこうするのか?人口が増えることはいつも悪いことだと言いました。この人達は。この教育センター。ハーバードを出たこの愚かな者、いつも出てきて「おう。人々は子を産んではいけません。おう。アフリカで大きな問題になります。子を産むので。」人口がとても増えていってキャラバン(隊商)こういう問題など。このように出てきます。常に。
この人達が地球が自分のものだと考えています。サタンたちです。こいつらは。自分のものだと考えて一般の人々は、ただ食べて便をして使えない馬鹿のように考えます。ですから自分の内容をみんな食べてしまうと考えます。ですから皆さんはこの映画見ましたね?Ant(アント)というアリ、ディズニーからそれ出てますね。アントライフ?昔、昔に出ました。これは。
アリも出てきてコウロギも出てきて、コウロギは悪者。ヤクザたち。見ましたね?その若い人。コウロギも出てヤクザ達。ヤクザ。アリが集めたものをみんな盗んでいきます。そいつらがすなわち、そのスーパーエリート達です。人をアリだと見ています。アリ。それは天使長の立場ですか?それは神様の立場ですか?これは問題です。
そうしながらそういう財閥大学に入ると、ハーバード、エール、プリンストン、韓国はソウル、高麗大、延世。イエジンのように良い子も出てくることもありますが、大部分のことですが、大部分はどのように教育するかと言うと、君たちは分かりやすく言うと「エリート社会に入らなければいけない。成功したいなら…」と言いながらどんな教育?
「ああ。人口数がとても増えて…高くなる…私達はどのようにしながら…人々をどのようにコントロールできるか?」こういう風には言いませんが、そういうメッセージを継続して送ります。「私達が一番教育を受けた者が世界を指導しないといけない。」こんな高慢さがあります。その学校には。そうですか?違いますか?延世大よりも千倍は強いでしょう。それは。
そういう部分を見ながら、これは完全にサタンを育てる所だ、と見ることができます。人々に力を与える人は出てこなくて、どのようにこの小さなグループのエリートが全ての国を主管できるのか、クラブに入ります。クラブ。エリートクラブ。財閥クラブ。そしてその財閥クラブに入ると悪い事をしなければなりません。何故?その財閥クラブで悪い事をさせれば、お前はふざけるなら、その情報が流されます。
その情報をマスコミに流すことができるがどうするか、こんなシステム。そうしながら行けば行くほど、そのクラブの中に行けば行くほど秘密、さらに多い秘密。さらに多い秘密…さらに多い悪なる仕業。さらに多い悪なる仕業…守らなければならず、守らなければならず…ここ韓国協会のその者ども。酒場に通う愚かな者のように。
だんだんお互いに隠して隠して隠して…秘密、秘密、秘密…ここ家庭詐欺連合の者ども。責任者達は酒場に通い。女たち。そして新しい子にそんなことをさせて「ああ。構わない。酒を飲んでも…」としながら酒場。隠して隠して…「文句言うな。ふざけるな。ふざけると写真があるぞ。」このようになってしまいます。
皆さんはそんな恐ろしい内容の上に据えています。韓国で。そういう社会から神様の国が来ることはありません。そういうシステムの中で王と王妃は出て来れません!

家庭連合エリートクラブは反キリスト!クリック

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村
聖酒送ります、戻る祝福を受けましょう。www.sanctuaryjp.org お問合せホーム fanclubcomm@gmail.com 050-7124-8027