2016年4月2日土曜日

アメリカ:天国への前兆■パンザー米国会長16-3/30



America: Forerunner to Kingdom of Heaven
リチャードパンザー米国会長’16年-3月30日
-
He shall rule them with a rod of iron... And he hath on his vesture and on his thigh a name written, King of Kings, and Lord of Lords. Rev. 19: 13-16




彼は鉄のつえをもって諸国民を治め、、、、その着物にも、そのももにも、「王の王、主の主」という名がしるされていた。(黙示録19:15-16)
I cannot afford to leave the world as it is, destined to more suffering. I must leave behind a world that is being resurrected.
God's Will and the World, p.362
私はこの世界を、より大きな苦しみの中にあるままにしておくことはできない。私は復活した世界をこの世に残さなければならない。(この訳は実際のみ旨と世界の言葉とはすこし雰囲気が違うかもしれません。日本語版のこの個所を探すのが大変なので英語から直接日本語に訳しました。)
After an overview of "The 3 Generations Kingship," the 3.5 years after the passing of the Lord of the 2nd Advent, that Hyung Jin Nim asked me to present, in Sunday's sermon on "The Kingdom of Righteousness" he discussed how God prepared America in so many ways as a forerunner of the Kingdom of Heaven.

再臨主が聖和されてから3年半がたち、三代王権のまとめのあと、亨進様は私に、日曜礼拝の時に、「正義の王国」について話すように頼みました。亨進様は、神様がアメリカをいろいろな面で天国の先駆者としてどのように準備してきたかを話しました。
Its constitution provided for more freedoms than almost nation in the world, with limits on the power of government, with unprecedented freedom to raise your family, start a business and worship God as you wished. Instead of making 30 cents an hour, as many did in your home country, you could make 30 or 40 or 400 times that amount.  
アメリカ憲法は、世界のほとんどの国よりも多くの自由を保障しています。それは、政府の権力を制限し、家庭を築くことや、事業を起こすことや、人々が人々の願い通りに神様を礼拝すること対して前例のない自由を与えています。多くの貧しい国で人々が時給30円で働く代わりに、アメリカでは、その30倍、40倍、あるいは400倍ものお金を稼ぐことができます。
          America was at top of the growth stage, 
  but with a potential to fall.

The original sin of America was that of slavery. Because of slavery, the need for amendments to fix that made the way for other amendments for unconstitutional powers like the federal income tax, federal reserve system, etc., with poisonous consequences of uncontrolled debt spending and growing influence of big banks.
アメリカは今、長成期完成級の位置にあります。そこでは失敗する可能性があります。アメリカの原罪は奴隷制度です。奴隷制の故に憲法を修正する必要がありました。その修正が、連邦所得税や連邦準備制度などの憲法に反するような他の修正に道をつけました。その結果、国に制御不能の借金ができ、大銀行の影響が大きくなるという、悪い結末を迎えました。
     Government increasingly promises cradle to grave support, with strings attached that drag down your spirit and lineage, making it increasingly unlikely that your family and community will be able to fulfill the 3 Blessings.  In contrast, in the Constitution of CIG, slavery is not allowed and neither are amendments to the national constitution, preventing God's laws from being changed and the national government from grabbing more and more powers, while offering socialist entitlements in return for loss of freedom that would corrupt succeeding generations.
政府は、ゆりかごから墓場までの保障を徐々に充実させて、人々の精神と血統を弱らせることによって、家族や地域社会が徐々に三大祝福を成就しにくいように導いています。それに対して、天一国憲法では、奴隷制は禁止され、国の憲法の修正を禁止することによって、神様の法律が変えられることを防止し、政府がより多くの権力を得ていくことを否定しています。また、自由を制限することによって社会主義者たちに社会保障を与えることは、次の世代をだめにすることになります。
       Every generation has to learn freedom and responsibility. Practicing the virtues of honesty, morality, keeping your promises and contracts, serving your customers will lead to success. There are no federalized standing armies. Having a "Peace Police" means YOU and I take care of our families and neighbors.
全ての世代は自由と責任を学ばなければなりません。誠実さや高い道徳性の美徳を実践し、約束や契約を守り、お客に尽くすことが、あなたを成功に導きます。連邦政府は軍隊を持ちません。「平和警察」とはあなたと私が家族や近所の人の世話をすることです。
      Jesus spoke about the upside-down kingdom. Loving your enemy makes no sense in a socialist system, which is based on envy, class hatred and the class warfare that Marx called for. In a free enterprise system you have competition, which brings out the strongest and the best in you. In a truly free market, you love your opponents and competitors because they force you to make better products to serve your customers better. In a socialist system, government connections are more important than providing good service.
イエス様は、常識を超えた王国について話されました。 敵を愛するという言葉は、社会主義の社会では全く意味のない言葉です。 そこは、マルクスによれば、ねたみや階級間の恨みや階級闘争を土台としている社会です。 自由社会では、あなたの最も得意なものを引き出す競争があります。 本当の自由市場では、あなたは競争相手を愛します。 なぜなら、競争相手は、あなたがお客さんにより良く奉仕するために、あなたにより良い製品を作らせるからです。社会主義制度では、政府との関係をつくることが、良いサービスを供給するより重要なことです。
      True Father took Mother to the top of the growth stage. Perfection required free will to choose between good and evil. Someone cannot do it on your behalf.
For the first time she had to make a key providential decision by herself, to choose between good and evil. Will she choose worship of herself or worship of God?

お父様はお母様を長成期完成級まで導きました。完成期に入るには、自由意思で善悪を選択する必要があります。誰かはそれができませんでした。その時、お母様ははじめて、善悪を選択するという、とても重要な摂理的な決断を彼女自身でしなければなりませんでした。お母様は自己崇拝の道を選びましたか、それとも神様を敬拝する道を選びましたか。
She had to use her free will, thinking "even though I can have all this power and authority, because of my love for the Messiah and his lineage" I will offer that desire up. Most mothers cannot understand how strong is the temptation of elite power. Just as Satan tempted Jesus in the desert after his 40 day fast, "I will give you all the kingdoms of this world if you will bow down to me!"
       
Mother screamed, "I have ABSOLUTE POWER!" Everyone on the second floor in the palace could hear. Which covenant do you choose? One decision determines everything...
お母様はお母様ご自身の自由意志によって、それを決めなければなりませんでした。「たとえ、私がこの全ての力と権力を持てるとしても、私はメシアとメシアの血統を愛するので、私はその思いをあきらめる。」と思わなければなりませんでした。ほとんどの母親は、選ばれたものの権力欲がどれだけ強いかを知りません。サタンがイエス様を、40日断食のあと砂漠で「もしあなたが私を拝むなら、私はこの世の全ての王国をあなたにあげよう。」と誘惑したように。

お母様は天正宮で、天正宮の2階にいる全ての人が聞こえる大きな声で「私は絶対的な権力を持っている」と叫ばれました。どちらを選ぶのか、一つの決定が全てを決めるのです。

訳Byメイプル

励ましのクリックを頂ければ聖霊感謝です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村
聖酒送ります、戻る祝福を受けましょう。お問合せホーム fanclubcomm@gmail.com.. Tel 電話:050-7124-8027 www.sanctuaryjp.org