2016年3月13日日曜日

パウロ書簡■’16年3月9日【真実となるようにしなさい。】二代王より

パウロ書簡【真実となるようにしなさい。】二代王

2016年3月9日생추어리敎會말씀
■「眞實(진실)되게 하라」日本語訳より  訳by韓国協会日本聖殿翻訳チーム



アンニョンハシムニカ?食口の皆さん。讃揚(さんよう=歌の賛美)から始めるかどうしようか(と)…、きょう、考えている最中です。


きょうはこんなに天気がこれ以上いいことはありません。ここ荒野に風が通過し、全聖殿に清い空気が入ってきて、(ビデオをみている)皆さん(は)、この味がわかりません。


ほんとうに気が高まる自然の薬水(やくすい)、薬の空気。ああ。


じゃあ、きょうは私たちは今週末に西洋圏食口たちと、使徒パウロの書信を読みました。一つの書信ではなくて、使徒パウロの全体書信を見ながら、この内容は何だったのか?


特別に初期キリスト教にて、天主教(カトリック)がありませんでした。宗教ではありませんでした。初期に信じていた者たちは、イエスニムを信じて、新しい王国を創られるというイエスニムを信じて、ある宗教、ある新しい信仰よりも、王国を立てられる方に侍っていました。だから、この王国は地上にある王国になるべきだから、政治世界も含まれているものでした。


多くの初めの使徒たちと初めの弟子たちが、イエスニムと共に歩んで行きながら、ローマ王帝国が滅亡され、新しい王国が興(おこ)って、イエスニムと共にその王国を引導しよう(みちびこう)という考えをしながら、イエスニムと共に歩んで行くようになりました。


今、300年後に、天主教がコンスタンティヌス王と国の宗教となっていって、その後にキリスト教宗教が立ったことを見ることができます。次の週にこれについて集中的に勉強しますが…。


今週は私たちは使徒の書信を読んでみます。非常に透明な内容です。エペソ書、ガラテア書、テサロニケ書、すべての書信がパウロの手紙、各々の教会に送った手紙でした。


saintpaul.jpg


この手紙を通じながら、各々の教会が問題のある内容を直していました、使徒パウロが。ある教会では異端の内容があり、ある内容では性的、悪い行為が起こり、ある内容では財政透明ができないから、財政問題があり、そのような内容で、パウロは各々の教会の問題を見ながら手紙を書いたのです。


これはなぜ重要なのかというと、初期キリスト教はこれを隠さなかったのです。自己の教会の中に起こった問題を隠すよりも、使徒パウロがその内容を直すことを透明に全世界に向かって見せてくれました。


それこそ、天国が来ても完璧な人たちがそこに集まるのではなくて、完全になれない人たちが集まっていても、ハナニムの目的とハナニムの摂理の為に、完全になれない人を完全に(なるように)使われたのです。理解できますね?それこそ、初期に信じていた人が透明に世界に向かって、私たちも問題があって、その問題をハナニムが聖霊で、また御言葉で直して下さることを見せてくれます。


これが本当に重要です。地上天国を建設する目的があるなら、私たちは人間たちの罠(わな)にはまってしまうこともありえます。


どういう意味かと言うと、私たちは理想世界を追求し、理想世界の為に戦うから、天一国王国の為に戦いながら、それを建てようとするから、私たちは、理想的にだけ考えて、私たち教会の中にある問題ともめ事やけんかを隠すことができることです。


それこそ、それが外に出れば私たちが恥ずかしくなるように…、そうでしょう!このような不透明な、内容を作ることができるのです。


しかし、考えてみましょう、皆さん。もしそのような文化があれば、人たちが集まる時、いろいろな性格といろいろな歴史(を持った人)と過去がある人たちが集まる時、もめ事やけんかが起こらざるをえません。事実、それは自然なものです。


しかし、一般の人たち、他の人たちが私たちの教会を見ながらもめ事をするのをみながら、あるいは敵たちが私たちともめ事をするのをみながら、私たちは恥ずかしいから隠さないといけない、
と考えながら、サタンの罠(わな)にはまります。


なぜか?それを見せないようにしながら、しかし、後ろで闘っていながら、しかし、前に出て来る時に友達のように仲が良いふりをしなければならないから、偽りの文化になります、偽りの文化。


偽りの文化になりながら、お互い後ろで刀で刺して、前で笑いながら、そしたらそのような文化になります。もしそのような文化が、いろいろ各々聖殿に入って来たら、それよりも悪いサタンはありません。そしたら、ゆっくりゆっくりその中にいる人たちがうそつきになります。継続、うそを継続覆(おお)って隠さないといけないから。

だから皆さん、私たちは使徒パウロの書信を見てみたら、その内容を透明に見渡すことができます。私たちもこれをすることが大変重要です。例えば、アメリカで大きな行事をしたでしょう?私たちが。2100名祝福式を越えて、ほとんど2200名家庭たちですから各家庭ごとに3.3人平均ですからほとんど1万人祝福を受けました。


●参考

パウロ書簡とは、パウロが執筆したと聖書中に書かれてある文書。
具体的には以下の13書簡をさす。
ローマの信徒への手紙
コリントの信徒への手紙一
コリントの信徒への手紙二
ガラテヤの信徒への手紙
エフェソの信徒への手紙
フィリピの信徒への手紙
コロサイの信徒への手紙
テサロニケの信徒への手紙一
テサロニケの信徒への手紙二
テモテへの手紙一
テモテへの手紙二
テトスへの手紙

フィレモンへの手紙

励ましのクリックを頂ければ聖霊感謝です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村

聖酒送ります、戻る祝福を受けましょう。お問合せホーム fanclubcomm@gmail.com.. Tel 電話:050-7124-8027 www.sanctuaryjp.org