2016年2月5日金曜日

■天福宮が泣いた日



主人、真のお父様の相続者が追い出されたその時、天福宮は泣いた。
とあるサンクチュアリアンの悲しい思い出









2013年3月は天福宮内が大改造された月でした。

一枚目は2月17日で、まだ統一教、統一マークがあります。




そのほかは2013時3月22日 天福宮の看板取り替え工事の写真。
ちょうど工事に遭遇し、瞬間的に、何故かこのことは記録しなくては、と撮りました。

この時、ただ、なぜか悲しく、複雑な心境だったのを覚えています。

看板を取り替え、さらに内部もいろいろなことが変わり、黒い天聖経を購入しようと出版社に問い合わせたら、売ってはいけないと言われているから売れません、と断られました。


その後、数々のなんだか分からない疑問、感覚、教会、礼拝に行っても何もない、神様が感じられない空っぽの感覚、今、全て繋がりました。

世界会長室と書かれた札が取り外された時も胸が痛みました。


2月13日を目前に一人でも多くの祝福家庭、二世が救われますよう、ただひたすらに祈ります。


励ましのクリックを頂ければ聖霊感謝です。


聖酒送ります。戻る祝福を受け幸せをつかんで下さい。お問合せホーム 
fanclubcomm@gmail.com    tel 電話050-7124-8027   www.sanctuaryjp.org