2016年2月8日月曜日

「実はお父様の前に悔い改めなければならないことがあります。」第49回 真の神の日 


49th True God's Day Midnight Service


皆さん、神様を讃美しましょう。
実はお父様の前に悔い改めなければならないことがあります。
今日の式典においてそれぞれの敬拝を受けるとき(私たちは)
適切なふさわしい席(御父母様の席)に着いている必要がありました。
しかし一瞬、人間的思いにとらわれてしまいました。
正直に申し上げます。
私は(座らず)横に立ってしまいました。
そこにたたずみながら、お父様はこれらの敬拝を受けることができていないことに気が付きました。
その理由は再臨復活の原理からも明らかです。


そこで私たちは祈り畏れて、「私達は大きな過ちを犯したかもしれない」と妻に伝えました。
(13日の)祝福式の後、40日断食条件を立てなければならないなどと考えました。その間、霊的危機に陥りました。
ほんの少し前のことです。


お父様は「お前はまだ不足な者だが、登壇してその席に座り、敬拝を受けなさい」とおっしゃいました。
私の人間的弱さから生じた失敗でした。

もう式は終わってしまいましたがお父様は再度道を開いて下さり、(父母さまの)席に座るように命じられました。


それは何故かと言うと、父母さまの席を空席のままにしておくとそれをサタンが奪うことをご存じだったからです。
皆さんもそうする(堂々と着席する)ことが私の性格上難しいことであることをご存知のことと思います。
しかし自分のことを思うのではなく、お父様が私に託された王権のこと、地上の真の父母の代身者であるという事実を優先して考えるべきでした。

お父様の御前に私の弱さを心の底から悔い改めます。
世界中の兄弟姉妹の皆様の前に深く悔い改めます
今後は(王としての)位置に立つことに一切ためらいを持たないことを強く決意します。
以上です。 
訳by Oceanus
励ましのクリックを頂ければ聖霊感謝です。
聖酒送ります。戻る祝福を受け幸せをつかんで下さい。お問合せホーム 
fanclubcomm@gmail.com    tel 電話050-7124-8027   www.sanctuaryjp.org