2016年1月16日土曜日

■2016年1月12日(火)韓国語말씀 ■『賛美の武士』6回シリーズの1と2

2016年1月12日火曜日
생추어리教會 韓國語説教 말씀
■「讚揚(찬양)의 武士(무사)들」
Samurai75.jpg


▼亨進任 말씀 1(韓國語 10分半)




アンニョンハシムニカ?食口の皆さん、アンニョンハセヨ。きょうは皆さんといっしょに礼拝を捧げて、再びアボニムに大きな栄光を拍手をお捧げします。アジュ。


さあ、きょうは、このたびの礼拝で驚くべき役事をみました。


事実、皆さんも知っているように、多くの芸術世界がサタンの主管圏の下にあります。その多くの芸術内容が、フリ-セックス文化、異邦神たちの文化、姦通の文化、ハリウッドの娼婦の文化と連結されています。若い人たちが観るKポップ、Jポップ、アメリアのポップ、そういう内容を観ても、フリ-セックス、姦通、男の友達が他の女と寝ている、そういうでたらめな内容を幼い人たちが、聞いて聞いて聞いてまた聞いて、歌って歌って歌ってまた歌いながら、頭の中が洗脳されながら、「ああ、これが一般のすべての人たちがしている内容なんだ」と。


皆さん知っているように、アボニムもいろいろな芸術の内容をお話しされましたが、アボニムがおられるから、すべての内容が絶対主体の前に主管されるのです。しかし、今は、アボニムを肉身の目で見ることのできないこの状況において、私たちは何をするにおいても御言葉に帰って行かなければなりません、御言葉に。


私たちは皆さんといっしょに多くの内容を勉強をしていますが、全世界を見ても、審判が来ることを正(まさ)に知ることができます。


全世界の経済システムが崩れています。資産管理専門家のトップ、ウォ-ル ストリ-ト ジャ-ナルの人たちが、今、出てきて、今年と2017年、初期か中ごろから途方もない経済の滅亡が来ると言っています。


こういう内容を社会学的に見ると、経済が崩れて仕事がなくなり、若い人といろいろな人と文化が一つに集まっている所に暴力犯罪と自殺率が爆発的に増えます。


私が先週、ある専門家であるデント博士を知ったのですが、その人がすべてのアメリカの経済バブル(信用膨張)崩壊を予言した経済学者です。すべての。100%当たりました。利子バブル、ボンド(債権)マ-ケットバブル、モ-ゲ-ジ(抵当貸し出し)バブル、住宅バブル、中国バブル、すべてのものを予言した(経済)専門科学者です。


この人を私がニュ-スで見たのですが、その人が出てきて、今年と2017年に私たちが一生の間に見ることのできなかった経済滅亡(崩壊)が来るということです。一生の間です。


1930年台にアメリカで一番大きな経済危機がありました。その時、自殺率が一番高かったのです。その時、暴力犯罪が爆発的に増えます。


今、「私たちが私たちの目で見るであろうという内容が、1920年30年の滅亡(経済崩壊)よりもより大きいだろう」とその専門家が言うのです。「だから資産管理をどうしなさい」とかのアドバイスをくれるのです。


これは一つの国(だけ)ではなく、これは世界がこの危機の中におちいるでしょう。今、トップの専門家たちが出てきて話しています。


今、この瞬間に、皆さん、ヨ-ロッパの状況を知っているいるでしょう?避難民とシリアから極端イスラム者たちを数十万人、ヨ-ロッパに受け入れています。


シャリ-ア法(イスラム法)を信じる戦える若い人たちを、ヨ-ロッパのすべての政府が入国させています。市民たちが嫌だと言っても。


皆さんも見たように、このたび新年にヨ-ロッパ、ノルウェ-、フィンランド、ハンガリ-、ドイツ、フランスでまた起きたでしょう?このシャリ-ア法を信じるテロ屋たちが、ヨ-ロッパの女性たちへ性暴行を始めています。ヨ-ロッパの女性たちが今、だんだん恐ろしくなって、自分の土地から自分の国から出ようとするのです。





▼亨進任 말씀 2


ヨーロッパのニュースを見ましたが、こんな手紙がありました。性暴行を犯した者が書いた手紙でした。「ヨーロッパの女達を食べたい…。胸を吸いたい…。」こんな風に書いてました。それから性暴行するのです。


ヨーロッパの警察達は、どうしようも出来ませんでした。何故なら「それは間違っている。」としてしまえば、「何だ!人種差別するのか!」と言って、狂った事を仕出かすからです。狂った政府。狂った共産団の政府たち。


市民達は関係なく…市民の安全とは関係なしに…。政治家たちの安全だけ守る偽り者たち。ヨーロッパは今、これまでに見たこともない文明圏に入って来ています。皆さんはイスラム教の歴史を今こそ学ばざるを得ません。キリスト教文明圏とイスラム教文明圏の歴史は完全に違います。天地の差です。同じ文明圏ではありません。


この愚かなアメリカ、西洋の教授たちが、フェミニズムを通して、男達を削って、削って…特にクリスチャンの男達を。クリスチャンの男達を無視して、攻撃して…50年の間に。アメリカの男達はあまりにもその攻撃が恐ろしくて、先週(フランスかドイツか)どこかの国で、女性が性暴行に遭い、大声で叫んでいるのに、男達は助けもしませんでした。何故かと言えば、助ける立場の人は白人で、犯罪者は白人ではないからです。


いつも言論界は、こんなイスラム教徒たちを保護します。白人のヨーロッパの男達も今や法的に考えるのでしょう。私がもしその人を助ければ、私の人生は滅びるだろうと。なので警察をさっさと呼んで、自分達はただ待つようになるのです。女性が性暴行に遭っているというのに…。わぁ偽り者たち…


政府を信じればこの様になります!政府は天使長の位置。政府が全ての事をすると、この様な状況になります。闘う事を知らない者だけ増えます。


「えっ、私がどうやって闘うの?どうせ政府がやってくれるんだから待て。警察が1、2時間したら来るし、女性が性暴行されてもそのままにして、警察を呼べばいい。」と、こうなってしまいます。


銀行家たちが支援した詐欺共産団、共産団フェミニズム!男達を攻撃する組織。特にクリスチャン文明圏。「あぁクリスチャン文明圏は悪かった、悪かった。中世期に他国を侵略して人を殺した。」こういうのをたくさん聞いたでしょ?皆さんも。韓国も西洋システムがみな入っているから。銀行のシステムも教育システムも全て。皆さんこの様なキリスト教を攻撃する文化を学んだでしょ?


今は歴史も学びません。嘘ばかり学びます。何故キリスト教徒たちは中世期に国を侵略して戦わねばならなかったか、分かりますか?本当の歴史が分かりますか?400年間、イスラム教の武士たちが、全ヨーロッパをつかんでいました。5つの都市のキリスト教中央都市の中で、3つの都市が下落しました。イスラム教によって。ポルトガル全体がイスラム教になってしまいました。スペインもすぐに下落してしまいました。イスラム教の刃の下に。ウィーンではイスラム教武士達が既に入っていました。そしてローマの門にイスラム教武士達がいました。それからそのイスラム教武士達がキリスト教徒たちを殺し、女性達を性の奴隷にしました。400年間、その様な攻撃を受けました。ヨーロッパが。400年間…。 十字軍戦争…。


こんな歴史は学ばないでしょ?イスラム教で1400年、奴隷売買の歴史があります。何故か。皆さんはシャリーア法を理解すれば、奴隷を持つ事は憲法なのです。特別に、国を侵略し、美しい女性、娘達を捕まえて生き奴隷にする。 ヨーロッパの美しく小柄な女性達は高く売れました。これが本当の歴史です。ところが私たちは何と聞きますか?「おーキリスト教なんて、こんな悪い文明が…」キリスト教文明圏とイスラム教文明圏は完全に違います。


キリスト文明圏400年間、攻撃され続けて、ほぼ滅びる寸前に、立ち上がって闘おうとする戦争と、何の理由もなく国を侵略し人を殺していく戦争とは天地の差があります。見分けられねばいけません。防御戦争と攻撃戦争とは完全に違います。


十字軍戦争を見てみると、防御戦争でした。400年間攻撃され続けて。、ヨーロッパの国が下落していく時、スペインは既に滅び、ポルトガルも滅び、ウィーンを脅迫し、ローマまでも滅びつつあり、仕方ない、戦わねばならない…。これが現実です。


それからおかしいですよ。シリアで今、数十万名のクリスチャン達が、イエス・キリストを信じる者、救いを受ける者たちが、この狂ったイスラムテロ屋たちから、(クリスチャンたちの)首を切られているでしょう。今…現在、今。中世期でもなく、今!それなのに何も一言も言わない、言論界に。UNは嘘のUN、サタンのUN!何も言わない!!






●参考


▼シャリーア


シャリーア(アラビア語)は、コーランと預言者ムハンマドの言行を法源とする法律。1000年以上の運用実績がある。イスラム法、イスラーム法、イスラーム聖法などとも呼ばれる。


イスラーム法においてイスラームからの離脱は死刑に処されるべき。イスラーム法上、ムスリム男性は啓典の民に属するユダヤ教徒・キリスト教徒女性と自由に結婚でき、女性は非ムスリムとの婚姻は決して許されず、発覚した場合、死刑である。奴隷制度自体を肯定。


▼ハリー・デント(Harry Dent)


「2014年が中国にとってデフォルトの年になる」


「米国の株式市場は暴落するだろう。今まで、うまく循環していた経済の中長期のサイクルは、別の景気減速が迫っていることを示しており、2014年初めから2015年初めの間に株式市場のクラッシュが加速化され、2015年、もしかすると2016年までそれは続く可能性がある」。


「人口統計学による最悪の経済動向は、2014年から2019年の間に襲ってくるだろう。米国経済は、2015年初めまでに大なり小なり、崩壊の憂き目にあうだろう。そして、2017初めから2019年初め、遅くとも2020年初めの間に、もう一度経済崩壊するだろう」。

励ましのクリックを頂ければ聖霊感謝です。
聖酒送ります。戻る祝福を受け幸せをつかんで下さい。お問合せホーム 
fanclubcomm@gmail.com  tel 電話050-7124-8027 www.sanctuaryjp.org