2016年1月11日月曜日

2016年 1月5日 韓国語説教■「生きたみ言」▼亨進様のみ言 2( 12分)

2016年 1月5日 韓国語説教■「生きたみ言」▼亨進様のみ言 2( 12分)

それで私達は事実、家庭詐欺連合が完全に堕落したので、私達はキリスト教人逹よりももっとイエス様を愛さなければなりません。キリスト教人よりイエス様をもっと愛する人は、他の人を再臨イエス様に導くことができます。いや、キリスト教人よりイエス様を愛さなかったらキリスト教人と言うことができないでしょう。




▼亨進任 말씀 2(韓國語 12分)https://youtu.be/5ETLNGlGBi8


■「聖書は神のみ言葉」


クリスチャン、御父様は再臨のキリストとして来られクリスチャンたちキリスト教を完全に無くす為に来られましたか?原理では何と言っていますか?


キリスト教が主の基盤となり世界がクリスチャン文明圏、神様の文明圏になることができる役亊をしなければならなかったんです。クリスチャンたちが。メシアは新しい宗教、新しい内容を作るため、クリスチャンを無くす為来られた方ではありません。


クリスチャン文明圏。一人の男性に一人の女性、一人の男性に一人の女性。四位基台。これはクリスチャン文明圏でしょう。イスラム文明圏は違う。一人の男性に四人の女性。そうでしょう。この内容でクリスチャンは主に侍り仕え全世界を覆わなければなりませんでした。


事実メシアが来られながらキリスト教を無くす為に来られたのではありませんでした。そうです。キリスト教、宗教。キリスト教という宗教が。「宗教」が問題でしょう。キリスト教という宗教が問題ですが、キリスト教の信じる心、信仰、キリストの中に、クリスチャン、キリスト、私はイエス・キリストのもの、私はキリストに属する、キリストの愛、属する、キリストの中の私。このような内容が重要でしょう。狂ったかのように主を愛するように、クリスチャンたちがそのような信仰で御父様に侍っていたら全世界を覆っていたはずです。


それで私達は事実、家庭詐欺連合が完全に堕落したので、私達はキリスト教人逹よりももっとイエス様を愛さなければなりません。キリスト教人よりイエス様をもっと愛する人は、他の人を再臨イエス様に導くことができます。いや、キリスト教人よりイエス様を愛さなかったらキリスト教人と言うことができないでしょう。


イエス様を憎みイエス様を無視したらキリスト教人が「あっ、この人は異端だ。サタンだ」。と判断するでしょう。


ところで私達の家庭と私達の信仰を見て下さい。私達はイエス様を無視しています。同じ神様がイエス様の中に御父様の中にいらっしゃったのに。イエス様を無視したら神様を無視することになるのです。


ああ、私達は、イエス様この聖書の役亊を見ながらイエス様の愛の役亊を見たときに、私達も感動し感謝の気持ちを感じてその方、その神様に私は会っていたのです! その神様の血、再臨主を通して再臨のイエス様を通して私にその血を下さった。


皆さん、私達は2000年のキリスト教歴史の結実ですよ。結実!夢!夢!再臨のイエス様と歩むことのできる夢と共に私達が生きていたんです!


そのような部分で私達は聖書を理解しなければ、聖書を知らなければ、聖書を愛さなければなりません。そうしたら御父様のみ言葉を理解することができるし、又深く感じることができるのです。神様は今日、昨日、永遠に同じ方でいらっしゃいます。


神様のみ言葉は変わりません。ですから聖書で、原理は聖書の秘密と聖書の多くの理解できない内容を、その深い秘密を解いて、開いて、新しい目で「堕落」を見ることができるように「やっ!」とメガネをくれるんでしょう。「わ、堕落はそれだったのか!ああ!」そうでしょう。


だからこそ、聖書を捨てることができるって!それは違うでしょう!


聖書は神のみ言葉。み言葉。原理の中のみ言葉です、聖書は。捨ててはいけません。神のみ言葉は生きている人です!人です。これは人なんです。これは本ではありません。本じゃないんです、これは。聖書は本ではありません。聖書は人です。これは人ですよ。人。


私達は聖書と一緒にやり取りし、聞いて、尋ねて、触って、開けて見なければなりません。そうして関係が結ばれるんです、神様と。その関係が深まれば深まる程御父様とのみ言葉もより深まります。これが基本だからです。基本。そうでしょう。


だから私達は皆さんに何度も紹介しましたが、リマ、リマ、リマ。リマが何ですか?サタンと戦う時、ある環境、ある困難にぶつかっている時、それに挑んでいる時、神様がみ言葉を下さるでしょう。そうでしょう


その下さるみ言葉が皆さんの武器になります。武器。その武器が何ですか?古代ギリシャ語で「リマ、リマ、リマ」という意味です。剣です。剣。戦う武器。サタンに勝つことのできる武器ですよ。武器!


それで私達がもし辛いことがあったら、もうある内容で辛いことがあったら、そうしたらどうしなければなりませんか?そのリマ神のみ言葉を受けたかったらどうしたらいいですか?


神のみ言葉に行かなければなりません。神のみ言葉に返らなければなりません。ある難しいことにぶつかったら「神様、み言葉を下さい」。サッと開いて、サッと読んで見なさい。そこを。


「万軍の主、イスラエルの神は、こう仰せられる。私は鉄のくびきをこの全国民の首に置いて、バビロンの王ネブカデネザルに仕えさせる。彼らはこれに仕える。私は野の獣をも彼に与えたと言いなさい。(エレミア書28.14)」


ネブカデネザルに神はイスラエル民族を仕えさせ、その次にそいつらを滅亡されました。そうでしょう。見なさい。家庭連合がどうなるか。


バビロンの神学と宗教を信じたでしょう。韓氏オモニが、「自分が新しい神だ」。と。何、何だって。独生女?完全にバビロン神に。バビロンのサタンの神学です。


神は私達を励まして下さりながら、ネブカデネザル、バビロンにイスラエル民族が仕えるようになったけれど、そこで解放することのできる要素を神は準備されました。準備されたのです。このように多くの人が堕落して落ちてしまったけれど神は救援の役亊、生かすことのできる道を作って下さるのです。私達に語られます。


ところで私達は神のみ言葉に行かなければ、返らなければ、開いて行かなければ、行かなければなりません。関係があってこそ神のみ言葉を受けることができます。そうでしょう。問題はこれですよ。このようなことが問題です。


「ああ、神様、こんな問題があるんです」。ただ心の中で聞きます。「ああ、私はどうしたらいいですか?どうしたら」。こんな風に祈祷だけします。祈祷よりもっと深いのは何ですか?皆さん。祈祷は深い次元ではありません。祈祷よりもっとずっと深いのは何ですか?皆さん。


関係、関係。皆さん考えて見て下さい。子供、息子娘がいたらわかるでしょう。息子娘が、「お母さん、お母さん、これ下さい。下さい。お願いします」。これは深い関係じゃないでしょう。祈祷は深い関係じゃありません。だから御父様は「祈祷時代は終わった」。と言われたでしょう。報告の時代。神と共に生きる時代。関係の時代を御父様が開いて下さいました。それは祈祷よりもっと奥深い関係です。関係はもっと奥深いんです。


「神様、神様、お願いします。助けて下さい」。これはまだ浅い信仰です。そうでしょう。関係はもっと深くなければなりません。神様も楽しくなければなりません。神様も喜ばなければなりません。その関係を。


関係は神様の所に行って「御父様、その道、この道に導いて下さい」。関係。「御父様、私は今とても悩んでいます。こんな、あんな問題で。その人がどうした、あの女性がこうした、何だかんだ...」どんな事でも。


「御父様、私に知恵を下さい」。「導いて下さい」。「恩恵を与えて下さい」。「道を示して下さい」。と言ってみ言葉に行かなければなりません。


そうしたら皆さんに必ず必要なみ言葉が既に神によって準備されています。この中に。既に皆さんに必要なみ言葉が準備されているんです。


そのみ言葉を初めて読んだ時「これは何の話だろう。どんな意味なんだろう」と考えますが、皆さん、研究して下さい。


皆さん、バビロンの王ネブカデネザルが出て来たでしょう。それを研究して下さい。研究。「ああ、神様が私にその環境を見せて下さっているんだな」。「ああ、イスラエル民族はどんな風に生きたんだろう、その時」。「どんな予言者がいたんだろう、その時」。「どうやってイスラエル民族がそこから解放されたんだろう」。神は全て見せて下さいます。その中に。そうでしょう。これはみ言葉です。神のみ言葉。本ではありません。本ではないんです。人なんです。人。これは人なんですよ。人。人です。人。関係を結ばなけいといけません。関係。一緒に話をして、触ってあげて、愛してあげなければいけません。


励ましのクリックを頂ければ聖霊感謝です。
聖酒送ります。戻る祝福を受け幸せをつかんで下さい。お問合せホーム 
fanclubcomm@gmail.com  tel 電話050-7124-8027 www.sanctuaryjp.org 

☟亨進様にクリック!
お父様に戻る祝福、電話で可能です。《戻る祝福式の重要性》これを2016年2月13日までに受けなければ1世も2世も深刻な内容があります。クリックしてご覧ください
聖酒・聖水を実費にて郵送しております、お問合せ下さい。