2015年12月6日日曜日

「栄光の冕旒冠」 (栄光の王冠) 詩 朗誦 : 文亨進師





「栄光の冕旒冠」 (栄光の王冠) 詩 朗誦 : 文亨進師

チャレンジ 感動 小さな一歩から

『私が人を疑う時、私は苦痛を感じます。
私が人を審判する時、私は耐えることができません。
私が人を憎悪する時、私は存在の価値をなくします。
しかし、もし私が信じれば、私はだまされます。
もし私が愛すれば私は裏切りにあいます。
こよい手の中にしずむ私の頭は、
苦悩と悲しみに震えています。
私が間違っているのですか?
そうです。私が間違っているのです。
たとえ裏切りに会ったとしても、なおまた許さなければなりません。
あなたを憎悪する者にもかんぜん 愛を与えなければなりません。


(お父様の祈祷)
「愛せない群れを愛し、神の心情をだれも知ることができませんでした。
この私は知ったために悲しみを覚悟し、死を覚悟し、40年の峠を越えてきた苦難の道を天の心情を慰めることのできるみちであるために、どんな道だとしても、どんな死の道だとしても、越えなければならないと決意した決心を中心として… 」


涙を拭いほほ笑みで迎えねばなりません。
騙すことしか知らない者らを
うれいて 悔いることのないものらを
おお、主よ! 愛するという痛みを
私のこの手を見てください。
この私の胸に主の手を、置いてみてください。
私の胸はそんな、苦悩のなかで破裂しそうです。
しかし、逆らう者を私が愛した時、私は勝利を手にしたのです。
もし、あなたも、私のように愛するならば、
私はあなたに「栄光の冕旒冠」を捧げましょう』



2002年 国際詩人協会 最優秀作
お父様が16歳になられた1935年に書かれた祈祷文の詩。
この祈祷の詩が紹介された本の中でお父様は「16歳になった歳の復活祭の聖日の朝にイエス様が現れた。
この日から私は神様の御旨を成就させるために天の命ずるままに御旨の道を歩んできた」
とあいさつの言葉を残されている。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
亨進様にクリック!
fanclubcomm@gmail.com



隠れの里「こころのサンクチュアリー教会」はサンクチュアリ教会世界宣教本部公認教会です。

脱会しないとサンクチュアリ会員になれないという誤解も生まれています。この教会は家庭連合所属でも安心して入会できる教会、韓お母さまが正しく亨進様に戻ることを願う、そのような方のための教会です。もちろん脱会者大歓迎です。
三代王権サンクチュアリー教会と隠れの里「こころのサンクチュアリー教会」入会申込書
お気軽にお声をかけてください