2015年10月7日水曜日

現体制の家庭連合が主張する非原理的教育教材その4

家庭連合(協会)のパワーポイント資料より
真の母とは何か。


2. 真の母とは:
独生女として来られ 完成された 実体聖神 および 聖霊。
                                             
この実体聖神 および 聖霊という用語に対する解説と


1.真の母とは:人類で最初の真の女性、独生女として 真の母。
                
この独生女真の母という用語に対する解説を1.2.の解釈でまとめて 家庭連合(協会)側が説明する見解と 真のお父様のみ言葉、統一原理、原理本体論が説明する見解の両方を説明いたします。




2. 真の母とは:
独生女として来られ 完成された 実体聖神 および 聖霊


家庭連合(協会)側が説明する見解


1-1.jpg


2. 真の母とは:
独生女として来られ 完成された 実体聖神 および 聖霊


家庭連合(協会)側の公式見解


国際家庭婦人33日任地教育教材(日本語)61ページ
1-2.jpg


2. 真の母とは:
独生女として来られ 完成された 実体聖神 および 聖霊


家庭連合(協会)側の公式見解


天地人真の父母様 聖婚式を金婚式において、神様は実体新婦を迎え 結婚すると 真の御父母様生涯路程の講師教育教材’ 152ページ 国際家庭婦人33日任地教育教材68ページに明記されている


103.jpg1-4.jpg




牧会者能力強化プログラム必修課程


1-5.jpg
真の御父母様生涯路程の講師教育教材’     国際家庭婦人33日任地教育教材(日本語)


祝福の段階である
1.教会祝福  2.国家祝福  3.世界祝福
 4.天宙祝福 5.基元節 入籍祝福  6.4次元祝福
7 真のお母様が地上におられるから可能であると、全ての祝福の段階が 真のお父様を除いたまま、真のお母様が地上におられるから可能であると明記されている。




2. 真の母とは:
独生女として来られ 完成された 実体聖神 および 聖霊


家庭連合(協会)側の公式見解


   「基元節」の意義 -基元節とは?-
① 神様の実体であられる真のお父様(文鮮明師)と神様の妻である
真のお母様(韓鶴子女史)が第三次「真の父母様聖婚式」を挙行する日。


▶ 天一国基元節戴冠式(2013年、1月13日)を期して
  韓鶴子女史が神様の夫人の位置に就かれたと 主張する。


▶ (2013年1月13日基元節における)神様御聖婚時には
  真のお母様は、神様の夫人・実体聖神完成・父母神となる。


全ての祝福の段階が
  真のお父様を除いたまま、真のお母様が地上におられるから可能である


 ゆえに 単独で 原罪清算する祝福の役事を
 実行できる。




2. 真の母とは:
独生女として来られ 完成された 実体聖神 および 聖霊


統一原理が説明する見解


まず、実体聖神,実体聖霊という言葉自体、原理講論にも 真のお父様在命時にも存在しない用語である。
1-6.jpg
原理講論の新生論にあるように
天が選んで生んだ独り子はイエスの新婦として子羊の宴を催す独り娘が必要であったが子羊の宴を成せず、聖霊の役事で霊的救いのみを果たした状態で霊界に行ったため、再臨のメシアは当然、子羊の宴を通して肉的救いを行なわなければならないと原理では明らかにしている。実体の真の父母の時代には、‘祝福を受けて生まれ変わる’を行ってきた事実を知っており、聖霊を通してではなく真の父と真の母様による真の父母の祝福を通してきた。
ゆえに お母様単独で 原罪清算する祝福の役事は不可能である。




1. 真の母とは:
     人類で最初の真の女性、独生女として 真の母
家庭連合(協会)側が説明する見解


▶独生女は、神の摂理の目的であり、摂理の中心であり、6000年間の歴史は神が神の夫人として独生女韓鶴子女史を探すためにあった。
歴史の結論、独生女 韓鶴子総裁。


▶誰にも教育されず 自分で「独生女」となった韓鶴子女史。


▶天一国基元節戴冠式(2013年、1月13日)を期して韓鶴子女史が神様の夫人の位置に就かれたと 主張する。
  
▶ 基元節の神様御聖婚時には 神の夫人・実体母神・実体聖神完成・父母神となったゆえ


真の母は歴史の結論である独生女であり、神様の夫人であり 単独で 原罪清算する祝福の役事を実行できる実体聖神となった 真の母。




1.真の母とは:
    人類で最初の真の女性、独生女として 真の母。


統一原理が説明する見解


独生女という用語は どこまでも独り子の対象であり、独り子を前提とした枠の中でのみ成立する。


神の摂理の目的であり、摂理の中心であり、
6000年間の歴史の結論、独生子(独り子) 文鮮明総裁の対象としての独生女(独り娘)が 真の母である。


真の母は実体的な
            真の父、つまりメシアの夫人である。
励ましのクリックを頂ければ聖霊感謝です。

聖酒送ります。戻る祝福を受け幸せをつかんで下さい。お問合せホーム 
fanclubcomm@gmail.com  tel 電話050-7124-8027 www.sanctuaryjp.org