2015年8月5日水曜日

「轉禍爲福(てんかいふく)の契機」 李相烈韓国会長




■「轉禍爲福(てんかいふく)の契機」李相烈韓国会長
(韓國語・4分間)
時:2015年8月2日
場:日曜集会
所:ソウル聖殿


私の頭の中は今、複雑です。なぜなら、
全国から私に文字メッセージが来るのは、
ほんとうに昼も夜もありません。


そしたら一つ一つ対応をしてあげないと
いけません。


きのうも二人の宣教師がつながれて、
その方たちがじきに祝福を受けるでしょう。
(真の御父様の権限圏に帰る祝福)


ですから、ここにおられる方たちも
だれが伝道されましたか?


アボニムがされました。
私がここに来られた人たちを
伝道はしませんでした。


しかし、全国で祝福を受けた人は、
220家庭にほとんどなるでしょう。


それで、こんなに今、だれが、
アボニムの聖霊役事によって、
今、私たちがその聖霊役事に合わせて、
私たちは今、何をしていますか?
助けてさしあげているのです。


私が今、
そのようにしているのではなくて、
きょう、文亨進ニム世界会長が
下さった御言葉のように、
今、私たちは(聖霊役事を)助けて
さしあげているのです。


私が中心になって
役事をしているのではなくて。
しかし、私たちがそれを
錯覚したらだめだというのです。


私がアボニムのその精誠によって、
今、私が行っている。
私が呼ばれて、その道具として
使われている…という心を
私たちが持たなければなりません。


そして、私たちが8月30日に、
40数名、アメリカに行かれるので、
私たち全体がいっしょに行く思いで、
多くの精誠を尽くして下されば感謝です。


そして、私たち食口が
前回、協会から公文が出てから、
ここで宣教師の集まりを持ったときに、
60数名の宣教師たちが来られて、その日、
教育もして、団合(=団結)大会をしました。


しかし、それが大変良かったです。
そのような時間を通じて、
宣教師たちが心がすくんていたのが、
むしろ轉禍爲福(てんかいふく)の
契機を作りました。


轉禍爲福(전화위복・てんかいふく):災いが転じて福になること


それで8月7日、このたびソウル市内に
食堂を借りきって全国から210名ぐらい
を越える集まりを持とうと計画しています。


それで、その時までに、
私たち周辺にいっしょに行ける人に、
今、話しておいて、その日、
参席できるようにしておいて下さい。


その日は2万ウォンぐらいになる食事を
接待するでしょう。


今、真の御父様聖和三周年を前にして、
その日参席できない人がより多いと思います。


それで聖和三周年を兼ねて、
記念講演会もいっしょにする
そういう時間を作ろうと
今、計画して進行していることを
了解して下さるようお願いします。

励ましのクリックを頂ければ聖霊感謝です。

聖酒送ります。戻る祝福を受け幸せをつかんで下さい。お問合せホーム 
fanclubcomm@gmail.com  tel 電話050-7124-8027 www.sanctuaryjp.org