2015年7月19日日曜日

「清州教会の食口の皆様へ」清州教会への3通の手紙

日本の食口の皆様へ


世界平和統一聖殿韓国会長 李相烈(イ-サンヨル)


(2015年)7月になって、日本の食口の皆様より韓国にいる私に対して、「世界平和統一聖殿」の立場や「真のお父様の権限圏に帰る祝福式」についてのお問い合わせが多数ありました。私としては。亨進ニムの御言葉と心情をできるだけ多く語って差し上げたいのですが、通訳を通じて話しているのでじゅうぶんではありません。よって、「文亨進様といっしょに真の御父様に帰ろう」という素晴らしい名前を持つ貴ブログに、最近2015年の6月に清州(チョンジュ)教会の中心食口として所属されていた下記の方が清州教会の食口たちに出した手紙を紹介しますので、よくお読みになってから当聖殿に対するご理解をして下さるようお願い申し上げます。なお、日本から韓国ソウルでの祝福式に参席される方のために、この文書の一番末尾に日本語の通じる電話番号をお知らせしますので、韓国語のわからない方、特に祝福式についての時間や場所の確認についてはその番号にお問い合わせ下さい。





<今の統一教会を去るに当たり>


日本宣教師 うえのむつみ


サモニム、ㅇㅇㅇオンニ、ㅇㅇㅇオンニ…うえのむつみです。本当ならお会いして直接お伝えし、ご挨拶もしなければと思うのですが、そう出来ないことをお許しください。


お父様が聖和されてから、私の唯一の希望はお母様であり、100%信じて疑うことなど考えてみたこともありませんでした。疑うことは無条件、罪であり、お母様に対して何か一言でも言う人がいれば、本当にどうしてそのような考えが出来るのかと、サタンにそそのかされた可哀想な人であると思っていました。


お父様、聖和以降、改正された多くの事柄もお母様ゆえに信じ、何の疑いや違和感も感じず過ごしてきました。真の父母経が出たらすぐに購入しなければと待ち焦がれてきました。


ただ、一つの疑問は後継者といわれた亨進ニムが、今どこで何をされており、どうしてお母様の側にいらっしゃらないのかという事でした。前の教会のモクサニムに聞いてもアメリカで牧会をされているという程度しか知ることが出来ず、私はアメリカの摂理が重要なのだなと単純にそのように思っていました。


ところが、基元節、聖和記念日にも姿を見せられないのはどうしても理解ができませんでした。ありえないことです。それで、亨進ニムがどうしていらっしゃるのか知りたくて、インターネットで探すようになり、そして見つけました。


亨進ニムの説教を通して、私の知らなかった出来事を知るようになり、衝撃と葛藤、どうして教会はいろいろな重要な事を隠していたのだろうかという疑問の中、何か月もの間、毎日真実を求めて祈祷し尋ね求めました。


誰にも相談することは出来ませんでした。過去の私がそうであったように、皆私がどうかしてしまったと思うであろうし、私自身100%の確信がないのに、亨進ニムの説教を聞いてみてくださいとは言えなかったからです。そして誰かの言葉をこれ以上信じることが出来なかったからです。私は誰の(亨進ニムを支持する人、批判する人)言葉も信じず、ただお父様のみ言の中からその答えを探そうと決心し、寝る時間も食べる時間も惜しんで、み言を読み続けました。八大教材教本、原理本体論、統一世界、本郷人、過去の訓読会のみ言等を集中的に探しました。読めば読むほど疑う余地のない事実であると分かってきました。


これは大変な事になってしまったと思いました。サタンは最後の最後まで!!!!!…という思いに尽きます。唖然とします。今はお父様の遺言、残していかれたものを守りたい一心です。


最初は私の思いを隠して教会に通い続けることも考えましたが、これ以上は難しいです。ただ、亨進ニムの説教を聞いてみてくださいと今は言うことができます。それが事実であり、真実であるということを今や私が確信するに至ったからです。


一年にも満たない短い期間でしたが、お世話になりました。教会のみなさんには良くして頂いて感謝しています。教区長様、院長様にもよろしくお伝えください。オンニ達ありがとうございました。残念ですが、私は私の本心に従っていきます。理解して頂けるとありがたいです。




<清州教会の食口の皆様にご挨拶申し上げます。>


クォンヨンピル


クォンヨンピルです。私は長い間、大変悩んでおりました。真のお父様 聖和後の統一教会(家庭連合)は、すっかり変わりました。お父様が代わりに、相続人後継者として立てられた文亨進世界会長と財団を担当しておられた文國進理事長が突然解任されて追い出されて行くように韓国を離れました。私は新たに母の時代を標榜した教会でお父様の跡がだんだん消えていくのを切ない気持ちで見つめていました。


真のお父様が一字も直すなと厳命した天聖経のほとんどの内容が変更、削除、編集され、全く別の天聖経が出版されて訓読教材となりました。真のお父様の生涯を表現すると言われた天一国歌「栄光の賜物」が消え、新たに作られた国歌を歌うようになり、祝福の資格条件と聖婚問答がほとんど削除され、唯一神である神の名称が正体の分からない天の父母様に変更され、お父様が堕落の血統になって、お母様が突然6000年間天が準備してきた独生女として登場するなど、受容することができない事実を目撃し、信仰的に多く迷いました。


そんなある日、文亨進世界会長のサンクチュアリ教会のみ言葉を聞いて、統一教会がお父様から離れ去っているという事実を確実に悟りました。


病床にいる真のお父様の快癒をすべての食口が切実に祈っている時に、教会指導層では、安楽死が提起されたという驚くべき事実を知った後、私はこれ以上、清平と協会の指導者とお母様に従うことはできないという結論を下しました。


父の教えが徐々に消去され、お母様に置き換えられた現実においてはお父様が生涯をかけて成就された勝利の偉業が大きく損なわれています。文亨進様はメシアを裏切り背く教会は、天の保護権が離れ去ると警告されました。


私は統一教会が真のお父様が立てられた伝統と方向に戻ってくることができるよう渾身の努力をされる代身者、相続者である文亨進様の旨に従うことに致しました。


この時点で、皆様にはっきりと残しておくべき言葉があります。私が統一教会を去るのではありません。統一教会がお父様を離れました。お母様がメシアである真のお父様を去りました。私はお父様から離れません。


私の言葉を受け入れることができない食口の皆さんもおられるでしょうが事実です。簡単に来ないでありましょうが、お母様が悔い改めて文亨進様を後継者と認める日、統一教会がお父様が残されたみ旨を再び取り戻す日、その日が来ることを祈ります。






<統一教会の食口の皆様へ>


권영필(クォンヨンピル)


清州教会の권영필です。先日私が教会のカカオトークルームに挙げた内容について、多くの食口が混乱したということを聞きました。ある人は、教会を去るなら静かに去るべきだ。なぜ、そのような内容を教会のカカオに挙げて食口たちを混乱させるのかという非難の声も聞きました。


しかし、私は静かに去ることはできません。もし私の個人的な事情で教会を去るのなら、静かに去るでしょうが、真のお父様の生涯の業績と勝利の遺産が否定され、埋葬される事実を知っているため、ただ静かに去るということはできません。食口の皆さんに私のこのような気持をご理解していただきたく思います。


私は、78年に統一教会に入教しました。清州教会の食口になったのは92年です。入教から数えると私の信仰歴は37年です。また、清州教会の祝福家庭として24年間歩みました。復帰されてから人生のほとんどを統一教会人として生きてきたと言っても過言ではありません。今まで教会にまじめに通い、十分の一献金もきちんと行い、教会でのいろいろな責任分担を損得を考えることなくこなしてきました。


自慢するためにこのようなことをお話ししているのではありません。このようにやってこれたのも真の御父母様にお会いしたからこそです。全ての祝福家庭がそうだと思いますが、難しい責任分担を遂行するとき、足らない自分であるけれども、感謝の気持でそれを果たしてきました。


そういう意味でも、私は統一教会の主人の一人だと自負しています。ですから、統一教会の問題について、誰かの許可を得なくても私の判断でその問題を提起することができるし、信仰の問題においても、私の信仰と原理観を自由に主張することができる資格が、私にはあると思っています。それは、いち統一教会人としての私の権利です。


また、私は国際家庭、特に日本婦人食口の方々のご苦労と絶対従順の信仰を見てきました。世界で生活水準が最も高い日本のインテリの女性たちが、祝福を受けて、何の関係もない韓国に無条件にお嫁に来て、とても大変な中にありながらも、教会で奉仕と伝導活動を一生懸命される姿を見てきました。


日本食口は、結婚相手となる新郎のために韓国に来たのではなく、お父様のみ言葉に従順に従って来た方々であると思っています。偉大な信仰です。韓国で信仰のない夫に出会い、新婦としてのもてなしなど、これっぽちも受けること無く、貧しく苦労のなかにあっても、一家庭の主婦としてお父様のみ旨のために全てを捧げています。


このような、事実を全てご存じのお父様は、心を痛められ、苦労の中にありながらも祝福を守り通し、全人生を献身として捧げる日本食口たちに、霊界に行ったら代わりにお父様が責任を持つというみ言葉を語られました。ある日本人は、そのお父様のみ言葉だけを希望に過ごしていると話していました。


統一教会はこのような食口たちの犠牲の上に築かれました。お父様は蕩減の供え物になったその方々を通して摂理を進めてこられました。そして、勝利されました。ご自身の使命を完成、完了され、勝利の祈祷を捧げられ聖和されました。


食口の皆さん!お父様が聖和されることにより、消えて無くなったと思いますか?お父様はご自身が霊界に行ったら、とてつもなく大きな役事が起るだろうという、み言葉を語られたことを忘れましたか?もう一度聞きます。お父様は消えて無くなりましたか?違います。メシヤは死んで無くなったのではありません。メシヤが肉身を脱げばもっと大きな聖霊の役事が起ります。


統一教会は真のお父様の聖和以後、お父様のとてつもない聖霊の役事と共に飛躍的な発展がなされなければならなかったのです。お父様は聖和後、自信の聖霊の役事が大きく起るだろうと何度か予告されました。しかし、教会は、お父様を土の中に深く埋めてしまいました。そして、お母様の時代を宣布しました。お父様が、土の中に埋められてしまうと同時に、お父様のみ旨とみ言葉も埋めてしまった教会で、どうしてお父様の聖霊の役事が起るでしょうか?


統一教会は、摂理的にキリスト教を統一して、世界平和を成就し、個人的には為に生きる生き方を通して霊肉を完成する宗教です。しかし、現在の統一教会は、先祖解放教会に変わってしまいました。先祖解放は120代から210代に、そして210代が終わったので4筋の210代、今度はまた420代に延長されました。終りのない延長です。お父様は120代までやれば、残りはお父様が責任を持ってくださるとはっきりおっしゃいました。お父様は2008年に金孝南(キムヒョナム)に清平の使命は終わったので整理するようにとのみ言葉を語られましたが、聞き入れませんでした。


お父様が何十回も訓読され、決定された天聖経のみ言葉を乱切りにするように編集、削除、修正し、全く別の経典を作り、日本に住む日本食口たちに、一冊140万円(1400万ウオン)で購入するように指示しています。お金で先祖解放をさせ、お金でみ言葉を買えということです。献金が信仰のめやすになってしまいました。日本では毎月、けたはずれな献金の目標が掲げられ、食口たちは目標を達成するために、家や土地を抵当に入れ、親戚や知人にお金を借りに回っています。日本の指導者は献金目標を勝利しろと催促しています。これは、勝利と言えるでしょうか?指導者たちにとっては、限界を通り越して苦痛を味わっている食口たちの立場は重要ではありません。蕩減時代が終わって解放、釈放時代が宣布されましたが、食口たちは終りのない蕩減時代を歩んでいます。


私の目には、このような間違ったことが、とてもはっきりと見えるのですが、皆さんの目には、本当に見えませんか?それとも、わざと、見ないようにしているのですか?


しっかりと、直視しなければいけません。統一教会は、真のお父様のみ旨とは全く関係のない方向に行っています。教会はお父様を削除しています。教会はお父様の聖和以後、お母様の時代を宣布しました。お父様を土の中に深く埋めてしまいました。漢南洞(ハンナムドン)では真の御父母様のお写真が全て撤去されました。そこには基元節の女王様のお写真が掛けられました。


お母様はメシヤですか?お母様は真のお父様の新婦です。それ以上でも以下でもありません。お父様がメシヤとして勝利された基台の上に、真のお母様を迎えることができ、真の家庭を築かれたのです。お母様はお父様の絶対対象です。お母様が主体になることはできません。真の御父母様の中で主体が二人になることはできません。お母様が主体になればお父様は否定されることになるのです。ある食口は、お母様は完成されたエバだから、サタンが入るはずがないと言います。お父様の霊はお母様と共にいらっしゃると言います。それは、盲目の信仰でしかありません。


事実は違います。お父様は、お母様の完成は2013年6月16日だと語られました。お父様の聖和後、お母様はエバとして完成しなければならない責任が残っていたのです。しかし、お父様の絶対対象の位置から離れてしまいました。自らが女メシヤになってしまったのです。


今、統一教会はどこに向かっていますか?真のお父様の聖霊が去った教会は、腐って皮だけ残った死んだ教会です。食口の皆さん何を考えていますか?現在の教会の状況が皆さんを混乱させますか?頭が痛いから、目も、耳もふさいで、もくもくと教会に従えばいいだろう。もし、教会が間違っていたとしても、私たちのあやまちじゃないから、お父様は責任をとってくださるだろう。このように思いますか?とんでもない話です。


協会には貪欲で、媚びへつらう指導者しかいません。協会の幹部たちはお父様を削除し、お母様が、ご自信を独生女いわゆる女メシヤになるように誘惑し、お母様を真のお母様の位置から離脱するように仕向けた、邪悪な天使長なのです。お父様は今、このような人たちと、共にいらっしゃると思いますか?


そのように信じたければどうぞ信じてください。彼らはあなた方の指導者となり、航路を背信の方向に導いているとしたら、あなた方は、当然、背信の方向に従って行くことになります。セオル号惨事は、間違った船長の言葉を無条件に信じて、従った純粋な学生たちの悲惨な結末をはっきりと見せてくれた事件です。間違った指導の言葉に従っていけば、絶対に救いを受けることはできません。


お父様を捨てた統一教会には、お父様がいらっしゃることはできません。お父様は果たして、どこにいらっしゃるでしょうか?お父様はご自身が立てられた、代身者相続者と共にいらっしゃいます。このことは、とてもあたりまえの事実です。協会では、お父様が立てられた、代身者相続者を変えようとしています。真の御父母様の宣布文では代身者相続者を否定する者は異端者爆破者であるとはっきり語られました。あなた方はこのことを忘れましたか?


そうだとすれば誰が異端者爆破者でしょうか?文亨進様でしょうか?そうでなければ、彼を批判してる現在の清平、協会の指導者でしょうか?あなたはいったい誰に従っていますか?現在の皆さんの指導者が信仰的にも道徳的にも模範になる人であると信じるなら、文亨進様を批難し、私を悪く言い、彼らに従ってください。そうすれば、皆さんは、代身者相続者とは全然関係のない人になります。お父様は滅亡の方向に向かっているあなたを呼び止めることはできますが、あなたのとった行動に責任を持つことはできません。


私は真の御父母様の宣布文に従ってお父様の代身者相続者に最後まで侍るつもりです。真の御父母様の遺言であるとも言える宣布文を否定し廃棄する集団を何と呼べばいいですか?文亨進様は熱いか冷たいかはっきりさせなければいけないとおっしゃり、協会に従うのか、文亨進様に従うのか、選択を迫られました。


イエス様が十字架につかれるとき、皆がイエス様を否定するその場の雰囲気に従いました。皆、イエス様を捨てました。兄弟も弟子も追従者も皆がイエス様を否定し、イエス様から去ってしまいました。


真のお父様は今十字架についておられます。統一教会から捨てられました。そんなわけ無いと言うのなら、あなたは盲か、つんぼでしょう。あるいは、知っているけど黙っているとしたら、あなたはキリストの敵になるでしょう。どうして私のような不足な者が、このようなことを言わなければならないのでしょうか?


          2015年6月5日







●ソウル聖殿よりお知らせ


서울성전에서는「참 아버님의 權限圏(권한권)에 돌아오는 祝福式(축복식)」을 주말 오후에 아래 주소에서 거행하고 있습니다.
ソウル聖殿では、「真のお父様の権限圏に帰る祝福式」を毎週金曜日から月曜日まで下記住所にて挙行しています。韓国語のわからない方は予約されれば通訳をご用意できます。この韓国で行われる祝福式への献金は感謝献金のみで金額は自由です。


서울市 구로구 구로동 544-1 엘림빌딩 5층 502호
서울市 九老区 九老洞 544-1 エリムビル 5階 502号


電話: 韓國02-6406-1008


▼相談
▽韓國語
010-2320-5488
▽日本語・英語
010-2276-7963
Eメ-ル:tongilgyo@gmail.com

励ましのクリックを頂ければ聖霊感謝です。

聖酒送ります。戻る祝福を受け幸せをつかんで下さい。お問合せホーム 
fanclubcomm@gmail.com  tel 電話050-7124-8027 www.sanctuaryjp.org