2015年6月15日月曜日

2015年6月9日韓国語説教 「神の全身武具をまとい勝利せよ」抜粋要約版 文亨進

2015년 6월 9일 생츄어리 교회 설교말씀'하나님의 전신갑주 입고 승리하라

偶像崇拝、偶像崇拝です。全ての罪が現れるのです。そういう人をみれば、常に女性問題やお金の問題があります。そうでしょう?偶像崇拝をしていると、他のすべての法を破ることになるのです。そして、神に背いた者として、サタンに侍るようになるのです。

今ある女性問題やお金の問題よりもお母様と摂理と言いながらこの犯罪を犯し続ける光の天使長達に対する全身武具をまとい勝利しよう!!

<日本語字幕がつきました!>抜粋要約版は配布、要点整理用に使ってください。

今日は、「神の全身武具をまとい勝利せよ」という題名で、お話しようと思います。
エペソ人への手紙(エペソ書)で見てみましょう。

 11 悪魔の策略に対抗して立ちうるために、神の武具で身を固めなさい。
 18 絶えず祈りと願いをし、どんな時でも御霊によって祈り、そのために目をさましてうむことがなく、すべての聖徒のために祈りつづけなさい。
  アーメン。アージュ。
 
 皆さん、私たちは聖書を勉強しなくてはなりません。
原理を本当に理解したければ、お父様が聖書を学び理解されていたと同じくらい、私たちもそれを知らなくてはなりません。
お父様は草創期に聖書しかもっておられませんでした。
しかし、私たちは傲慢になってしまいました。
これを全ての統一教員たちは忘れてしまったのです。
聖書を完全に無視するサタンの文化。聖書を無視する文化は、お父様を無視する文化。
なぜか。聖書だけが、聖書だけがメシアが誰か教えてくれます。他の宗教や経典は教えてくれません。
他の宗教で、あなたも私も神であり、あなたも私も仏である、このような罠にはまる人がとても多いです。なぜならば、聖書の基礎を失ったからです。第一の戒めが“お前の神の前に、偶像に仕えてはならない”です。
私たちも自分を神様と考え、自分をそのように愛するならば、神様よりも自分を愛し、自分を偶像崇拝しているので、すでに神様から離れたというのです。

ルーシェルという名前は、光を持ってくる者という意味です。ルーシェルも光るのです。
それはサタンの光です。ルーシェルは黒くありません、光る存在です。光る存在。
私がその光とひとつとなったので、今や私は神である、そのようになるならば、すでに偶像崇拝に陥っているのです。自分を神様の上に上げているのです。自分の悟りや知識や権力、どんな内容であっても、自分をすでに神様の上においてしまっているのです。偶像崇拝です。そのような偶像崇拝に陥れば、全ての罪が現れてきます。サタンの最初の罪は何でしたか?偶像崇拝。誰を?自分を。自己偶像崇拝です。「私は神様と全宇宙を創造した。神様よりもよく知っている。事実、私がいなかったら、神様はこのようなことはできなかった。私が神である。」このようになるのです。一番初めの偶像崇拝の罪人は誰ですか?サタンです。
善悪を超越したのが誰か知っていますか?初めにそのように考えた者が誰か知っていますか?ルーシェルです、サタンです!


全ての偽りの王や王妃や愚かな者たちが、自分が善と悪を超越し、自分が法を作ることができると考えるとき、常に大虐殺と死の歴史が起こるしかないのです。暴君と苦痛の歴史が起こるしかないのです。なぜか。サタンの弟子になったからです。そのような罠の網の中に捕らえられることのないよう、祈っています。

 これは覚えておいてください、皆さん。サタンも光る存在だということ。それを忘れてはいけません。
聖書を見てください。ルーシェルがどんな存在かというと、輝きながら現れれる天使長だったというのです。それを忘れてはいけません。
エバはどうなりましたか?エバは、裸で走り回りながら、何かを捕まえ、遊び、泳ぐ、そのようなアダムを毎日見ていました。
その後、エバが反対側にふっと目をやると、ルーシェルは光輝いています。その光輝く存在が羽ばたくとき、空いっぱいに音楽がシャンシャンと鳴り響いています。
皆さんはどんな女性ですか?どんな花嫁ですか?
真なる女性は、そのようなキラキラ輝く偽のものを見ながら、「お前は私の心情、私の魂を満たすことはできない。いくらキラキラ輝いていても。この新郎は私の魂を満たすことができる。泥で遊んでいるこの新郎、パンタナールジャングルに行き、そこで暮らされるこの新郎、は私の魂を満たすことができる。サタンよ、退け!!」 

このような女性たちはどこにいますか?これが、本当の女性です。本当の女性。
お母様も最後の瞬間にキラキラ輝く、このような愚かなものに陥ってしまいました。キラキラ輝く、ラグジュアリーな王宮、ラグジュアリーな生活、このような愚かなものに陥ったのです。そして、その新郎を捨てるのです。
それはいらないと、私はその者から何も学んでいないと、私は自分で自ら学んだと、私はこの全てのラグジュアリーを作った人だ、私が新郎の問題を全て伏せた、実は私はメシアだ、救世主だ、私に敬拝しなさい!!これは、堕落です。堕落。愚かなエバと全く同じことをした愚かさ!
きらびやかな見かけだけをみて!本当に姿を見ずに、恨み、これは失敗です。お母様は天一国での権力はひとつもありません。私がその権限を除かなければなりませんでした。お母様は今やオンマとして生きなければなりません。お父様が立てられたカインとアベルの家に住まわれながら。ただのオンマとして生きなければなりません。
栄光を受けることはできません。真の天一国の女性の姿を、お父様の聖和の後に示さなければなりませんでした。愚かなエバと同じ愚かさではなく!!本当の女性の姿。

2013年6月まで、お母様が完成しなければならないと、お父様が仰いました。すでに、時は過ぎました。いくら完成したとしても、対象として完成するのであって、主体として完成するのではありません。お母様は対象です、お父様の対象。主体となることはできないのです
(写真をうつされる)
このようにお父様の玉座に座ることはできないのです!!
これは如何なる神聖冒涜より、ずっと大きな神聖冒涜です。
お父様の上に座ることができるという女史の堕落した心です。対象は主体の上に座ることはできません。
天使長たちと手を組み、お父様の天聖経を削除、80%編集、家庭盟誓、お父様が興南監獄で拷問を受け、体中から血を流されながら「遥かに輝く、栄えの光~」、それを全て削除しました。
天一国の魂を削除したのです。愚かなエバのように。キラキラ輝く、私が神だという偶像崇拝の罪の下で。そして、家庭盟誓も修正、祝福式まで編集、神様と永遠に約束する、その約束まで削除編集。誰がそれをするのかというのです。
神様がそれをされますか?お父様が数十年の間、実行されながら決められた契約を削除し編集すること、一存在だけがそれをするでしょう。それが誰か分かりますか、皆さん?サタン!!

そのような愚かな裏切りと反逆と神聖冒涜をしながら、きらびやかなスタジアム、キラキラとしたショーのように。そして、人々がその内容を霊的に良心的に感じることができずに生活する愚かさ!!
本当の信仰者、本当の神様の息子娘たちは、本当の花嫁たちは、そのような愚かなきらびやかなものを見ながらも、決して興奮したりしません。
どんなにキラキラ輝く内容のビデオを作り編集したとしても、偽りは偽りです。裏切りは裏切りです。失敗は失敗です。
光に集まる蛾のように、ルーシェルの光に落ちる、つまり悪魔の口に自ら入っていく愚かなハエや蛾のようになってしまったのです。自殺の道を行く蛾のようにです。

 お母様がアメリカに来られ、「息子たちの中で、孝進と興進を尊敬しなければならない。」と、言われました。お母様は堕落したことを知っておられるので、お父様が立てられた三代王権に反対し、お父様の命令に反逆されたので、かわいそうな私の甥姪たちを立てようとされているのです。
シックたちがみな、馬鹿だと思いますか?この異端称賛を正当化しながら、何も知らない子供たちを使い、、、。良い息子とは死んだ息子のことなのですか!?これは偽りです。
お母様はご存知です。三代王権をお父様がなぜ立てられたのか。そして、なぜこの夫婦を真の父母の代身者、相続者として立てられたのか。また、なぜ信俊を立てたのか。ご存知です。ですが、この堕落を正当化しなければならないので!間違ってはいけないので!お父様の神聖を冒涜し、お父様を削除し、お父様を踏みにじり、お父様の血と苦痛を無視する、その堕落を正当化しなければならないから! 

 この文でお父様が書かれました。「私の代身者、真の父母の代身者、相続者は文亨進である。その他の人は、異端者、爆破者である。」 これを書かれたとき、私たちは皆、郭グループが異端者、爆破者だと思いました。お父様はすでに、ご存知だったのですね。
全ての栄光を注がれた新婦の長であるお母様が、いつの日か最大の異端者、爆破者になられることを、すでにご存知だったのですね。
キラキラ輝く姿のハンサムなルーシェルに主管され、お父様を攻撃し、無視し、削除する歴史。
だから、お父様は「お前と離婚するぞ」と、何度もいわれたのですね。特に、最後の瞬間に。

今や、私も理解できます。このような状況の中で、私たちはどのような光を追い求めているのか、明確に知らなければなりません。偶像崇拝、サタンはそうやって愚か者たちを捕らえます。
美味しい餌、愚かな人間たちにとって最も効果があり、最も美味しい餌が何か。“お前も神である、お前もメシアである。お前も神になれる。お前も、、、。”
これは、歴史上、最も多く使われた餌です。偶像崇拝、偶像崇拝です。自分が神様になったと考えるならば、すでに偶像崇拝をしているのです。神様との約束、十戒をすでに破っているのです。
なので、全ての罪が現れるのです。そういう人をみれば、常に女性問題やお金の問題があります。そうでしょう?偶像崇拝をしていると、他のすべての法を破ることになるのです。そして、神に背いた者として、サタンに侍るようになるのです。サタンに侍らなければなりません。サタンの罠にはまったからです。サタンは数万年の歴史の中で、王や王妃、大統領、それが誰であろうと関係なく、この餌で多くの人間を捕って食べました。

 お母様も見てみてください。あの王宮ができた後、「私とお母さんの役事でこれを立てた、清平役事がどうとかこうとか、、、」。偽りです!!
お父様が承認されなかったら、それを立てれたと思いますか?お父様がお母様を愛されたので、「わかった。そんなに願うのなら、私が立ててあげるよ」といって承諾されたので、日本のシックたちが数万人と訪れ、世界のシックたちが訪れるようになったのです。
誰の役事、ホンお婆さんの役事?興進兄さんの役事?この方たちは私の親戚であり、兄弟ですが、神様ではありません。神様ではないのです!
お父様だけが神様です。お父様が承諾したために、そちらに力があったのであり、一人では何の力もありません。
なので、今、滅んでいます。お父様を裏切り、刀で刺したのです。サタンは常に同じ策略の道にいます。同じ方法です。

しかし、人々は数千万年と生きながら、これを学びません。偶像崇拝するなと、あなたは神様ではないのです!神様に栄光を返しなさい!!しかし、愚かな人間たちは常に自分の栄光を欲します。神様に栄光を返しなさいというのです!!

武士の精神がなければなりません。武士の精神。なので、文化はお父さんと息子、父子関係から降りてきます。
宇宙の根本は父子関係でした。お父さんと息子、お父さんが武士であったのならば、息子たちにどのように武士になったのか教えます。種だけが父子関係を通して降りてくるのではなく、種と文化が降りてくるのです。「お父様は、なぜ、けなされ、怒鳴られるのか、、、」。 武士であられるから!!武士でいらっしゃるから!!人間を満足させるための再臨主ではありません。

私たちがお父様に仕え、お父様を追及する戦いは、そのように恐ろしい戦いなのです。サタンが私たちを激しく攻撃するのです。サタンは私たちを攻撃しておいて、「なぜ、お前は敵を許し、愛さないのか」と、このように言うのです。「お父様が敵を愛せよと言ったではないか、なぜ、私たちを叩くのか、私たちだけがお前たちを叩けるのだ」と。愚か者たちが、、、。私たちは武士である。私たちはサタンを消し去る者たちである。お父様の能力で。なので、私たちはサタンを恐れない。
サタンも自分の権勢、悪霊たち、高い悪の天使たちを訓練しながら、権威を与え、その権威の下にいる、悪の主権者たちと霊人たちが、次に他の悪霊たちを組織化しながら、人を攻撃するのです。悪の軍隊の図が見えてきます。神様の側にいれば、保障があります、保障が。それは何か。この『もろもろの支配』、『権威』、『やみの世の主権者』、『悪の霊』と戦うようになります。
いつの日か。戦わなくてはならないでしょう。そして、武士の精神で歩まなければなりません。
神様は私たちに、
 14 すなわち、立って真理の帯を腰にしめ、正義の胸当てを胸に着け、
 15 平和の福音の備えを足にはき、
 16 その上に、信仰の盾を手に取りなさい。それをもって、悪しき者の放つ火の矢を消すことができるであろう。
 17 また、救いのかぶとをかぶり、御霊の剣、すなわち、神の言を取りなさい。
と仰いました。

御霊の剣、相手を殺す武器を持て。
女性時代は何ですか?真な新婦たちがでてくる時代です。その真なる新婦たちは神の全身武具をまとい、自分の真なるメシア、自分の新郎のために、死ぬことのできる武士たちです。それは真の女性時代です。
真の新郎を隠そうとせずに、誇らしく思う真の新婦たち、そのような女性時代が本物の女性時代です!
何の力で?自分の力で?いいえ、違います!お父様のために死ぬことのできる愛の力でです。
本物の女性、新婦となってください。本物の神様の息子になってください。今や、偽りは分離されます。

“真理”とは神様のみ言葉です。キリストは真理です。キリストは何ですか?“ロゴス”です。
自分は地獄にいって当然な者なのに、神様の愛のために、自分をその地獄から救ってくださる、私のお父様。この心があるならば、サタンと戦う最中にも心に平安があります。

『真理の帯』は最も重要なものです。
『真理の帯』は私たちの生殖器を保護します。神様の種を保護するのです。三代王権を保護します。
全身武具をまとう全ての武士たち、戦いでサタンは私を殺すことはできるが、神様の聖霊を殺すことはできません!神様とお父様は生きていらっしゃいます!アージュ!
一緒に天聖経146ページ(韓国語版)を読みましょう。

神様は真の愛の代表者を送りますが、その主流思想をメシア思想、救世主思想といいます。救世主は人間だけではなく、神様まで解放する人をいいます。悪を断じる人をいうのです。神様を解放して悪を決算するための総責任者が救世主です。

 お父様は、人間と神様を解放するだけの方ではなく、悪を断ずる方であられ、悪を決算するための総責任者であられました。お父様に大きな拍手を送りましょう。全ての栄光をお父様がお受けください。アージュ。

励ましのクリックを頂ければ聖霊感謝です。

聖酒送ります。戻る祝福を受け幸せをつかんで下さい。お問合せホーム 
fanclubcomm@gmail.com  tel 電話050-7124-8027 www.sanctuaryjp.org