2015年3月23日月曜日

2015年2月8日 天の宣布 文亨進

Declaration of Heaven天の宣布 2015-02-08



文亨進




私 は大家族の家の、一番下の息子です。私は一番下の男の子の立場で育ってきたので、先頭に立ちみんなを引き連れ「戦おう」というのには全く慣れていません。 末っ子なので何かを宣言したこともありません。なぜなら、お兄さん達の前でそのようなことをしたら、たたかれる事がお決まりだったからです。



ですから、自然に身についた性格は、みんなと明るく、大笑いしながら、楽しく過ごすことでした。しかし、私の人生において、神様が強制的に私をここまで引っ張ってこられた状況と、立ち向かわなければならなくなりました。



振り返ってみれば、人前で話を切り出すのほはばかって、不便に思っていたし、私がいただいた使命に対して、それを完全に私のものとして、受け止めることができなかったのです。



真の父母様が2つの大陸で、3回にわたって私を後継者として戴冠式をしてくださった時にも、とても落ち着かなくて儀式が終わるとすぐに私は王冠を外してしまいました。



私は無意識に、私の兄弟達に「見てみろ、私がお父様が選んだ後継者だ。」と威張っているように見えては絶対にいけないと気を使っていたのかもしれません。そのような理由で、3回の戴冠式の時に、舞台裏に行って席に座る瞬間に王冠を外してしまいました。



誰でも一生のうち一回は、夢にも勝てるとは思えないゴリアテと対決しなければならない時がくるのです。現実では、立ち向かうことさえ恐ろしく、向かい合ったら頭の中でいくら計算しても、確実に負けるとわかっている戦いと思える、そんな状況ですね。



とても深刻で、夜も眠ることが出来ず、何度もじっくり考えてお祈りを捧げました。これは私にとって、簡単ではない決断でした。



そうするうちに、今週のある日真のお父様が私に臨まれた事を強く感じました。「私がおまえにくだした位置を恐れてはならない。おまえに与えた後継者という位置は、おまえ自身がお前に与えたのではなく、私がおまえに与えたのである。」と仰ったのです。



また、「おまえがおまえの相続権を宣布する時は、おまえは私がおまえに与えた任務を、完全に受け入れた立場に立つのである。」とも仰いました。



私は他の人の悪口をいったりするのを、楽しんだりはしません。しかし、今のような時期に、このような責任を持っている私は、悪の勢力に立ち向かって、戦わなければならないんです。



なぜなら、この戦いは私自身の戦いではないからです。後継者としての責任は、私が私自身に与えたのではないからです。その後継者としての責任はお父様が下さったものだからです。



これは、私だけのことではなく、これから神様が使われる多くの人々にとっても重要な問題でした。私はこの難しい時期に、この戦いの為にお祈りし、精誠を尽くしていただいている全世界の食口に、心より感謝しています。



真の父母様が2010年7月10日に宣布した自筆の文章には、「私の後継者である文亨進以外の後継者を宣布する者は異端者であり、破壊者である。」と書かれています。



(お父様がこの宣言文を書かれるビデオを見ながら説明される)



この宣布の後すぐ、お父様は訓読会をする部屋へ行かれて、ピーターキム氏を通してこれをみんなに発表させられました。そして、この宣布が世界の教会に知らされたのです。



私は今日、「異端者であり、破壊者である」という言葉を使います。なぜなら、その言葉を使われたのは私ではなく、メシヤであるお父様ご本人だからです。



この宣布文が、現在の非正統の教会を示しているとは、誰が想像していたことでしょうか。みんなその時は、この異端者、破壊者という言葉は郭グループを指していると思っていたのです。



今、彼らがもし彼ら自身の位置を守り、手当と年金、そして一年5億ウオンの給料にこだわっているとすれば、彼らは、神様の王国が物質的なものに先立って、霊的な基台の上に立てられているという事実を全くわかっていないのでしょう。



彼らの宗教指導者としての権威は、外的な職位から来るのではなく、霊的な権威から来るという事実を忘れたのでしょうか。見た目には貧しい牧師であるようになりすまして、裏では教会から年金と5億ウオンの給料を盗むようにもらっているんですよ。



私は彼らがいくら給料をもらっているか全部知っています。なぜなら、私が承認して彼らに月給を与えていたからです。



私は今日、発表しなければならない宣布文を準備しました。今その時が来たのです。私はこの話にもならない天使長である人たちに言いたいです。あなた方には、今まで正しい道を選ぶことが出来る限りない機会がありました。正しい人間として立ち、地位を明け渡す機会がです。



教会の方向が、自分自身の主を裏切る道に行くのなら、それを正すそのような機会があなた方には限りなくあったはずです。しかし、あなた方は回りの人たちの顔色を伺う方を選び、彼らの行く道に従いました。



私はその道に従いませんでした。なぜなら、霊的な権限は、全く価値のない法的位置は年金から来るのではないことを私は知っていたからです。



あなた方は、これ以上公的資金を盗んで、自分のポケットに入れることはできないでしょう。なぜなら、今教会内の資金が枯渇しつつある状況を私は良く知っているからです。それは、あなた方がしていたことが邪悪なことであったからです。



それで、私は今日このことをしなければなりません。



解任令の宣言文



天一国の王の王であるメシヤによって後継者に指名された文亨進の名によって次の内容を宣布する。





(亨進様は、韓国のリーダー達の解任を発表される。その後カメラをにらみつけるようにして次のように語った。)





あなた方は、あの日その病室に一緒にいました。名前がこのリストにある大部分の人々は、あの日その病室に一緒にいました。あの日、私達の主を守って差し上げる選択の機会があなた方にはありました。



「それはだめです」と言える機会があなた方にはありました。しかし、臆病なあなた方は沈黙していました。お父様の最後の時にお父様を守る為に立ち上がったのは、私と国進兄さんとパクポーヒー氏しかいませんでした。



あなた方は、あなた方の地位と政治的な利益を計算していました。その受難と試験の場で、あなた方はお父様の為に一言も言いませんでした。



あなた方がどれほど長い間、真のお父様に従ってきたかとういことは重要ではありません。「50年間お父様に従ってきました。」という言葉も何の意味もありません。



最後のその瞬間が重要です。あなた方は私が何を言っているか分かっていますね。あなた方がこの映像を見ている、まさにこの瞬間に聖霊が霊的にあなた方に有罪判決を下していることを感じていることでしょう。



怖気づいて震えながら、ただの一言も言えなかったあなた方!あなた方の万王の王の為に、何一つ弁護しなかったあなた方!



これで韓国教会はこの異端から開放されました。



(続いて亨進様は日本のリーダーの解任を発表される)



これで日本教会はこの異端から解放されました。日本教会は万王の王である真のお父様を冒涜する異端集団に一銭も献金してはいけません。もしそれでも献金するなら、それは皆さん自身の先祖から呪いを呼ぶことになるでしょう。



(さらに亨進様はアメリカのリーダーの解任を発表される)



これでアメリカ教会は、この異端から解放されました。



(さらに亨進様は、全ての大陸会長、国家指導者達の解任を発表される)



真のお父様の後継者であり相続者である文亨進の権限で、万王のみ旨にさからい、真のお母様を搾取して、神様を冒涜し、破壊的な異端行為を行うリーダー達から、真のお母様を解放する為に、全ての摂理機関のリーダー達の辞任を命ずる。



理事会はその全ての資産を清算して、40数年間、世界教会の為に援助してくれた日本の教会の食口達の為に、主な資産を確保すること。



その過程において、自分の利益の為にお金を盗み取ろうとするなら、神様の呪いがあなたと共にあるでしょう。



正しく公正なことをしてください。これ以上しがみついて、食口達の血を吸う指導者たちのグループが、教会の資産に欲心を起こさないようにしてください。



そしてその資産は、我々と我々の国の為に、苦労の道を歩んできた日本の食口に返してあげてください。



食口達は自分達の地方、国家レベルの代表者を選ぶことが出来るし、また選ばれた代表者は、天宙平和統一聖殿の本部に直接出席して、正統な後継者である文亨進世界会長に直接報告することを命ずる。韓国のリーダーを通さずに、直接報告することを命ずる。



代表者は韓国人である必要はない。アフリカ大陸の代表者ならアフリカ人を選んでください。ロシヤの代表者ならロシヤ人がいいです。



新たに選ばれた代表者は、現在、世界平和統一聖殿で使っている献金と資産の透明な管理システムで献金と資産を管理することを誓う必要があるし、1年に2回、食口達に国家レベルと地方教会レベルで、献金内容とその使い方を正確に報告することを命ずる。



教会の中の全てのリーダー、牧師、正職員、臨時職員の給与と教会の収入は公的に公開する。以上の内容を1年に2回食口達に公的に報告する。



皆さん、これはまだ始まりにすぎません。



私は今、一般の食口ではなく、教会のリーダー、特に韓国のリーター達にに言いたいことがあります。



あなた方がしたことは、私にたくさんの怒りと苦痛を与えてくれました。しかし、ここでは私のことは重要ではありません。本当に重要なことは、あなた方の永遠の命がかかっているということです。



あなた方は、「私は主に出会ったから、この教会に入ってきた。私はメシヤに会ったから、約50年の間彼と共にあった」と言いました。あなた方は、主のそばであなた方が受けることの出来る、全ての恵みと祝福を受け取ったんです。



あなた方は教会の先輩として、教会で受けることの出来る全ての尊敬と栄光と食口達の愛を全て受けました。



あなた方は主に対して、あがなうことができない途方もない罪を犯してしまいました。50年間主に従ってきたとしても、最後の瞬間にサタンの誘惑に対して、自分の主の為に戦わなければ、何の意味もありません。



あなた方はそれでも男ですか。私はあなた方の魂を思うと、とても悲しく感じます。なぜなら、神様があなた方を罰する必要もないからです。あなた方の先祖たちが降りてきて、あなた方を罰するからです。



あなた方は、地上で主と共に歩んだあなた方の地位を羨む、あなた方の先祖の怒りが恐ろしくないですか。主を冒涜して不名誉を抱かせることによって、家門の名前に泥を塗ったあなた方に向けた、先祖の怒りが感じられませんか。



あなた方の先祖は、あなた方がしたことをすべて見ていたんです。あなたの沈黙をです。その最後の瞬間におじけづいて、沈黙したその口をです。あなた方は私を訪ねてきて、泣いて懇願し、「私はガンと闘病しているんだ」と言った時、私があなたに何を話したかを覚えていますか。



私はあなたに、「それはただ、あなたが経験する苦痛の始まりに過ぎない」と言ったのを覚えていますか。



いくら私を訪ねてきて、「自分の子供が死にそうです」と泣きながら頼んでも、それは何の意味もないのです。食口達に霊界について教えながら、あなたがやっていることは出来ないのです。



しかし今週、神様が私の心情に、とても強く働きかけました。あなた方は、本当に消すことが出来ない罪を、あなたの主と天一国と摂理歴史と、先祖に対して犯してしまいました。



ところが今週、お父様が私に来られて、なんと仰ったか分かりますか。「それでも私は彼らをまだ愛している。彼らがいくら愚かでも、私は彼らを愛している」と仰いました。最も邪悪な罪も、神様の恩恵であがなってくださるのです。



これがまさに、私達が経験しているこのことを通して、真のお父様が教えて下さろうとする教訓です。主の恩恵は、あなた方が主に対して犯した最悪の罪もあがなってくださるということです。



しかし、あなた方自身が、あなた方自身の犯した罪を深く悔い改めなかったら、主は許してくださることが出来ないのです。



あなた方がこの映像を見ているこの瞬間、聖霊があなた方に有罪判決を下していることをあなた方は感じているでしょう。この映像を見ている今、あなた方は自分の目から流れる涙を止めることができないでしょう。



「今やめたら、私達の年金や給料はどうなってしまうのだろう」という心配をしているでしょう。どうか、そんな情けない計算はしないでください。



この映像を見ながら、もし聖霊が臨んであなた方を目覚めさせようとするなら受け入れてください。今すぐひざまずいて悔い改めなさい。真のお父様に差し上げる悔い改めの条件として、教会の地位を下りなさい。



私が今誰に話しているか、あなた方にはわかるでしょう。あなた方の中には、心がとてもかたくなで、この映像を見ても私をあざ笑う人もいるかもしれません。私もそれをよくわかっています。



しかし、霊界でお父様に会えば、あなた方は今のように笑うことが出来るでしょうか。



あなた方はお父様の訓読会を覚えていますか。お父様が霊的な力を解かれた時、どれほど恐ろしかったかを覚えていますか。あなた方はそれを忘れようと努力して、あなた方がした悪行を正当化しようと思っているのでしょう。



入教して初めてでも、正しい選択をする、真正な信仰者になりなさい。自分の罪を信仰を持って告白することが出来る者になりなさいと言うのです。お金の為にこだわっている、今のあなた方の非正統な地位から下りなさい。



罪を悔い改めなさい。ただ主だけがあなた方を引き上げることが出来ます。私を訪ねてきてガンがあると訴えたあなた方、今一体どうするつもりですか。



お父様が仰ったことを聞いていなかったのですか。主を裏切れば直ちに霊界に連れて行くこともできるんですよ。主を裏切って不名誉な行為をすれば、あなた方の後代までも呪いをうけるでしょう。



本当にあなた方はあなた方の子孫が呪いを受けることを望むのですか。お父様を冒涜したユダの子孫として、後ろ指を指されることを、あなた方の子孫に願うのですか。

それがあなた方がいっていた名誉ですか。



むしろ英雄になることを選択してはいかがですか。これ以上自分を正当化しないで、これ以上卑怯にふるまわないで、正しい選択をしてください。もう一度信仰者の姿に帰ってきてください。



自分の地位を捨てて、こちらへ来てください。私があなた方と一緒に悔い改めて、泣きながらお祈りします。私があなた方と共に霊的な条件も立てます。



「生きようとするものは死に、死のうとするものは生きる」とお父様が何回言われたでしょうか。あなた方韓国のリーダー達は、お父様の最側近であるという、他の誰よりも大きな特権を受けたにもかかわらず、最も大きな罪を犯しました。



最終的には、食口たちがあなた方を、その地位から引きずりおろすでしょう。もうすぐ、あなた方の不正腐敗は世の中に現されるでしょう。



清平で起こっていることを、今目撃しているではないですか。韓国政府によって監査を受けています。刑事訴訟が行われていることもご存知ですか。



霊界と原理を教えるのが、あなた方の仕事ではなかったですか。神様が恐ろしくないのですか。



今 は決定の時です。悔い改めて、今この瞬間にもあなた方を見守っている主に帰ってくることを願います。そうすれば、主はあなた方を救い出してくださるだろう し、あなた方に新しい希望を下さるでしょう。主があなた方のかたくなになった心を開いて、新しい熱い聖霊であふれた心をくださるでしょう。



そうすれば、あなた方の証が、主の栄光を知らしめるのに使われるでしょう。そして、その証は世界を感動させるでしょう。それはあなた方が正しい選択をしたからです。



ペテロはイエス様にお仕えしたのに、最後の瞬間に主を否定してしまいました。しかし、ペテロは今あなた方がしていない、驚くべき選択をしました。イエス様の復活の後に悔い改めたのです。



そして、自分の持っている全てのものを捨てました。自分の年金も給料も全て捨てたのです。それから、彼は世の中に出て福音を伝えました。そんなペテロの業績は、主に従う全ての信仰者の鏡となりました。



あなた方の罪が満天下に現われるこの時に、あなた方は何を選択しますか。あなたはユダのように隠れますか。ユダは最後にどうなったんですか。彼は魂を悪魔に生け捕られて、首を吊って死にました。



それとも、悔い改めたペテロのような選択をなさいますか。彼は悔い改めて、神様に自分の罪を許してくださいと祈りました。そして、自分の生涯を神様に完全に捧げました。



もうあなた方の周囲の人たちの機嫌を伺うことはやめてください。神様にあなた方の生涯を捧げてください。あなた方の生涯を再び主に捧げてください。



あなた方が受けた全て資産を、支援してくれた日本の食口達に返してあげてはどうですか。あなた達によって数百億の借金をしている日本の食口たちにですね。



あなた方が犯した罪を認めて、神様の前に出るのはどうですか。あなた方がしっかり握り締めている、情けない権力の綱を、離してしまいなさい。それは神様の国では何も役に立たないものです。



主の前に帰ってきてください。主はあなた方の罪もきれいに洗ってくださるのです。血にまみれたその手も、雪のように白く洗ってくださるのです。しかし、先にあなた方が主を受け入れなければなりません。



これ以上、あなた方は主に対する冒涜を正当化してはいけません。心を引き締めてお父様に「私の心の中に入ってきてください」としがみつきなさい。それはあなた方にかかっています。



私はあなた方の為に祈ります。あなた方がここに来れば、私はあなた方の手をとって一緒にお祈りします。



神様は、あなた方のしたことが、想像もできないほど苦痛を伴うことであったとしても、今でもあなた方を愛しています。



今年はお父様聖和3周年になる年です。あなた方に向かってくる先祖の怒りは、さらに高まるでしょう。一生に一度、正しい選択をしてください。全ての教会があなた方を見ています。


励ましのクリックを頂ければ聖霊感謝です。
聖酒送ります。戻る祝福を受け幸せをつかんで下さい。お問合せホーム 
fanclubcomm@gmail.com  tel 電話050-7124-8027 www.sanctuaryjp.org