2015年3月23日月曜日

2015年3月15日 王は永遠に君臨する 文亨進



-->
亨進様 メッセージ "KING REIGNS FOREVER "  王は永遠に君臨する 3月15日 

-->
亨進様の礼拝のメッセージの要約です。(要約なので、その点、考慮して、読んでください)
詩篇99章
1
主は王となられた。もろもろの民はおののけ。主はケルビムの上に座せられる。地は震えよ。 
2
主はシオンにおられて大いなる神、主はもろもろの民の上に高くいらせられる。 
3
彼らはあなたの大いなる恐るべきみ名を/ほめたたえるであろう。主は聖でいらせられる。 
4
大能の王であり、公義を愛する者であるあなたは/堅く公平を立て、ヤコブの中に正と義とを行われた。 
5
われらの神、主をあがめ、その足台のもとで拝みまつれ。主は聖でいらせられる。 
6
その祭司の中にモーセとアロンとがあった。そのみ名を呼ぶ者の中にサムエルもあった。彼らが主に呼ばわると、主は答えられた。 
7
主は雲の柱のうちで彼らに語られた。彼らはそのあかしと、彼らに賜わった定めとを守った。 
8
われらの神、主よ、あなたは彼らに答えられた。あなたは彼らにゆるしを与えられた神であったが、悪を行う者には報復された。 
9
われらの神、主をあがめ、その聖なる山で拝みまつれ。われらの神、主は聖でいらせられるからである。
神様にすべてをゆだねていきなさい。(Let Him control your life).神様に、屈服しなければなりません。神様が、怒りをあらわされることがありますが、それを理解しないといけません。

神様は、怒りにまかせて、我を忘れて怒ることはありえません。その代りに、計算された,成熟した親の情をもって、神様を冒涜したり、神から、離ていく人々に対して、彼らが、戻っくるのを願う愛の怒りです。あなたがたは、神様のそのような怒りを理解しなければなりません。
我々は、歴史的な、祝福を預かりました。生きた再臨主から、祝福を受けました。それは、数千年の間、多くの信仰者達が、夢を見ながら求めつづけ、待ち望んできたものです。我々は、その特権と栄光を、生きたメシヤからいただきました。
最近、2009年に、最初に成された神様王冠式のビデオ入手しました。天使長達は、これをインターネットから消し去ろうと試みていました。その前に、今回手に入れることができた人が、送ってくれました。
ビデオ
the great coronation of the Authority of leberation of God , the king of kings
(真の父母様が、亨進様ご夫妻に対して戴冠式を行っているビデオを見せる。)

2009年の天正宮での、3度、神様王権即位式がおこなわれました。世界各国の代表からのいろんな王冠、種族を代表しての王冠が捧げられ、8大宗教を代表が、ギフトを捧げました。
私達夫婦は、御父母様の後を歩かせられて、王冠式では、お父様から、祝福をいただきました。このときに、お父様から、相続をうけました。このときの祝福は、過去の人類歴史のどんな祝福よりも、重要なものでした。お父様の祈祷を聞いてもらえればわかります。
お父様は、翌日も、再び、セレモニーをされました。それで終わらず、お父様は、また、その次の日も行なわれました。それで終わらず、そのあと今度は、アメリカに飛んで同じセレモニーを、マンハッタンセンターで行ないました。このときは、2つの大陸で、3つの違ったセレモニーをされました。お父様は、世界、天宙に対して、宣言する為に、何度も行なわれたのです。
天使長達にとっては、都合が悪いことなので、このビデオ、隠し、消し去ろうとしていました。神様は、いつも、サタン以上なのです。サタンがいくら隠そうとしても、現れてくるのです。
私は、今、自信をもって、神様から任命されたことを確信しています。その後、背後において、郭グループと、清平グループが、このセレモニーの正当性にチャレンジしていました。
その後、2010年に、お父様が宣言文をかかれました。
「万王の王はお一人の神様、真の父母様もお一人の父母、万世帯の民も一つの血統の国民であり、一つの天国の子女である。天宙平和統一本部も絶対唯一の本部だ。その代身者・相続者は文亨進である。その外の人は、異端者・爆破者である。以上の内容は、真の父母様の宣言文である 文鮮明印」
私自身が、相続したのではありません。私自身が、任命したのではありません。王の王である,お父様が成されました。お父様が、私を、代身者に、相続者に、任命しました。お父様は、名前だけでなく、印を入れられました。王の印です。
真の御父母様のなかに、神と人間の象徴的な関係があります。

メシアは、花嫁を得る為にきました。花嫁は、人類を代表しています。花嫁は、また、イエスの体を代表しています。花嫁は、花婿との結婚を迎えます。そこで、深い、親密な関係を築きます。神の責任分担は、すべて摂理の95%であり、人間は5%です。人々は、真の御父母様の関係を理解してません。
御父母様の夫婦の関係を、この世的な、人間的な、人道的な、フェミニスト的に見てはいけません。お父様とお母様の関係は、50-50ではありません!

お父様が、絶対的な権威を持っておられます。お父様は言われました、メシヤとして、お父様がもつ責任分担は、95%だと。摂理の、天一国の、すべてのものに対して、お母様は人間を代表します。信じる人々を代表し、責任分担は、5%です。

もし、あなたが原理を理解しているなら、わかでしょう。原理に忠実に、従えば理解できます。お父様と、お母様の関係をこのように考えなければなりません。そう考えれば、御父母様の関係をもっと正しく、理解できるでしょう.神様と人との関係です。花婿と花嫁。
最近の女性運動のような、フェミニズムのように考えてはだめです。本来の、天国の構造が、ここにあります。現実に直面してください。近頃の流行の妄想的なものでなく!我々は、順序(位置)をはっきりしなくてはなりません。
愛と価値においては平等です。そうです。真理です。
孫が、おじいさんのところに駆け寄り、ひげを思い切り引っ張っても、それは愛の表れであれば、おじいさんは許します。では、権威をもってやれば、、パンチが帰ってきます!愛においては、真の御父母様は平等です。しかし、権威においては、違う問題です。順序(位置)があります。
お父様が、なぜ、強く、堂々とされておられたか、神様の位置にたたれておられるからです。お父様は、天使長のことがよく、わかっておれれました。彼らが、何をするのか知っておられました。
真の御父母様の結婚は幸せな結婚ではありませんでした。喜びとか、幸せや、また、平和な気分を味わえるものではなかったのです。実際のそれは、ひどい苦しみが伴う、苦難であり、拷問ようなものであったのです。
あなたたちは、はじめて聞かされるのではないでしょうか。真の子女達は、みな知っています。それは、我々の中に、心理的な、精神的な傷を残しています。今日まで、引きずっています。
あなた方は、御父母様と一緒に暮らしてはきていません。あなた方が見た御父母様は、ステージの上に立つ御父母様であり、一緒に歌って、そして、お別れでしょう?あなた方は、その背後の事情、状況は知りませんでした。本当の、御父母様が、どんな思いでおられたのか、知らなかったでしょう?
私は、覚えています。まだ、少年で、5,6歳、いや、新しい家に移ったのが、8歳でしたか、イーストガーデンで、敬礼式に行こうとする時でした。私は、恐怖感を覚えました。何か、恐怖のようなものを感じたのです。
これは、小さな秘密です。しかし、天使長たちには、隠したいものなのです。天使長たちは、真実は表に出してほしくないのです。彼らは、もし、御父母様が、本当は、喜びに満ちた、幸せな、写真で見られる結婚でなく、苦悩、苦痛の結婚あることが、知れ渡れば、みんなが御父母様を信じなくなると考えているからです。

御父母様の間が、難しい、困難なときには、姉妹たちや、子供達は、泣いていました。それでも、公の場にでて、何もなかったように、すべてうまくいっているように振る舞い、はい、笑顔で写真を撮りましょう!としなければなりませんでした。
あなた方は、本当の姿は知りませんが、私達はしっています。あなた方は、知っているふりをしますが、本当は、知りません。

御父母様が苦難の時、私達(子女様達)は、よく、お母様のところにいって、お母様に言いました。お父様は、ひどすぎます! (He is TOO MUCH, TOO MUCH)お母様も、悲しみで、涙をながしておられました。私は、お母様、あなたはご苦労、苦悩の中のでおられたことをわかっています。
彼ら(天使長たち)は、お母様に取入り、あなたのための宮殿とかいいます。

彼らは、お母様を、持ち上げて、”あなたは、勝利者です。あなたの宮殿です!!”と語ります。あなたの先祖は、栄光なる先祖です、次から次に、さらにも、増して、語り続けました。我々は、見ていましたが、何もすることが出来ませんでした。天使長達の政治的なものも、関係していました。
私には、どんなに、苦労してきたとしても、5%の責任分担があります。お父様に従わなければなりません。
私は、天一国の最初の、最大の罪は、犯していません。お父様が、王冠セレモニーの前に、お前は、”PURE"かと聞かれました。お父様は、この位置につく者にか、絶対に必要な条件であると考えられていたからです。( Need Pure blood lineage)

お父様が、天一国の、最初で、もっとも大きな罪として立てた法です。純潔であることを守ることは、原理の中心であり、天宙創造の中心です。
彼らの結婚は、ひどく苦しめられたものです。これが,人々には理解できないことです。我々は、御父母様に、我々の模範として、理想の結婚(夫婦)で、おられることを望んでいます。我々は、当然のごとく、それを期待してきました。
しかし、御父母様の結婚の姿の真実がわかれば、どうしますか。この世の模範でなく、みんなに広めたくないものだとして、すぐに、恥だとおもいますか。もし、そう思うのであれば、あなたこそ恥です。
真の父母様の、本来の目的を理解するのならば、、ただの、理想家庭のカウンセラーでなく、我々の家庭の幸せ築くための助けでなく、10,000の十字架を背負い、過去の人類のすべての蕩減を乗り越えてこられなければならなかった御父母様なのです。
これは、天使長たちには、理解できないことだったのです。天使長は、お母様の結婚の秘密が、表にでないように、守り、そうする事で、お母様に、彼らが一番、本当に、お母様を愛しているのだと、思わせるようにしました。

イエス様の話をしましょう。イエス様がなくなられたとき、どれくらい恥辱(不名誉)を感じていましたか?

彼は、メシアであり、メシアの目的は、エルサレムにきて、王として君臨し、敵を打ち砕き、平和をもたらし、最後は、世界に平和を導くはずでした。もし、あなたが、3年間、イエス様に従った後、イエス様が十字架上で、罪人として亡くなられたなら、恥辱、恥ずかしいこと感じたのではないのですか?12人の弟子さえ、みんな、最後は、否定してしまいました。不名誉だと思い、それを受け入れなかったからです。
神様は、人気、評判などに動かれません、神様の意志で動かれます。神様はもっとも恥ずかしいことを救済の方法として使われます。

私は、お父様の6マリアを恥じません。私は、真の御父母様が、幸せな結婚でなかった事を恥じません。どうしてかわかりますか?イエス様が、私の為に十字架でなくなられたように、御父母様は、私たちの結婚の為に、十字架の苦しみの生活をされたからです。
祝福は勝利です。御父母様の、苦悩の結婚によって得られた、勝利なのです。天の勝利です。御父母様は、すべての人類の蕩減をはらい、神の血統を残されたのです。
天使長たちは、すべてを知っていたにもかかわらず、誰も、話さず、理解もしていませんでした。彼らに(天使長)は、真の意味の苦悩(suffering)が、わからないのです。
天使長は、必死になって、お母様をなんとかしたく、あなたは原罪なく生まれたのです、お父様はあるのですと語っていました。ある日、御父母様が、暖炉のまえで、座っておられて、話されておられました。お母様はお父様に、あなたも、原罪を持って生まれてきたのでしょうと言われました。(?)お父様は、ただ、唖然とされ、驚かれました。( JOE DROPPING )お父様は、お母様に,離婚するぞと、言われました。
天使長たちは、知れ渡るのをおそれ、ビデオ、記録、録音などをしないようにしてしまいました。

あなたたち(天使長)は、どうしましたか。お母様は、真の母の立場です。お母様の周りにいる人々には、責任があります。私は、お母様のお世話をしている姉妹たちに言いました。お母様が悲しまれ、泣かれているときは、同情して、お母様を犠牲者のように扱うのでなく、お母様は真の母であり、メシヤであるお父様のもとに戻らるれように助け、思い出させ、お母様に対して、ありがとうございます、このような苦悩、苦労の道をゆかていることを、感謝の言葉をかけなくてはなりません。

しかし、天使長は、かわいそうなお母様、犠牲になられているお母様を,かわいそうだ、といいながら、サポートします、助けますと、お父様から離れる方へと、惑わしました。
ある日、お母様との会議で、再び、お母様は、また、お父様は、原罪を持って生まれられ、私は無原罪で生まれたことについての話をされたので、私は、強く、懇願しました。お母様、その話は、止めてください。そんなことは、絶対に、言わないでください。

誰もお母様に言いません。 私だけが、お母様への挑戦者(Chalenger)でした。私は、絶対に、そんなことは、言わないでくださいと、懇願しました。
もし、お父様が、神様の血統を持たず、原罪を持って生まれた来られたなら、すべてのものは、意味が無いものになります。

お母様自体も、堕落の母になり、真の子女達、すべてが嘘になり、すべての祝福家庭も、、すべてがことが、価値がなくなります。!!ALL FAKE ALL BIG FAKE !! すべてが価値の無いもののなってしまいます!! We are ZERO We are NOTHING !!そのことに対しては、誰も、語る人はいなかったのです。私は、家族の中で、もっとも小さな子供であり、私が、お母様の対して、対抗(Challenge)していくことは、やりたくなかったことです。

こんなことは、楽しい事でも、やりたいことでもありません。お母様に説明しました。そのことを、語られることは、お母様、自らを冒涜していることになります!そのような状況のなかで、私は、彼らと,共に、生活しなければなりませんでした。それは、あなたたち(天使長)の王国でした。お母様には、秘密は必要でありません、お父様と共に、蕩減の道が、必要でした。幸せな結婚ではなく、真の父母としての、苦難の道であり、勝利の道です。
しかし、どこかの教授が、お母様に、それは”OK”ですよと認めました。
お父様が、苦難、苦悩、十字架の結婚を通過されたからこそ、サタンが讒訴できない基準を勝利し、我々は自由を得ました。
の宣言

私文亨進は、絶対的主体である真の父母様と王の王から相続者として王冠を受け継いだ者として、真のお母様を搾取と拘束から解放してさしあげる為、次のように宣言する。
天一国において、お持ちである真のお母様の全ての権威と権限は、彼女から剥奪され、解除される。そして、いかなる搾取者、神性を冒涜する者、偶像崇拝者、サタンは、真のお母様の後ろに隠れることはできず、王の王である真のお父様とお父様の伝統、経典、誓約、そして天一国の王国を侵害した邪悪な復讐心に燃える行動を、これ以上、正当化することはできないだろう。

I , Hyung Jin Moon , the crowned successor to the absolute subject of True Parents and the King of kings,in order to free True mother from her exploitation and boudage,hereby declare that all True Mother's authority and power are stripped away and removed from her in the kingdom of Cheon Il Guk , so that no exploiters, desecrators, idolators, or Satans can hide behind her anymore to justify their evil , sinful and vengeful assault on the king of Kings, True Father ,his traditions, Scripture, covenants and the kingdom of Cheon IL GuK.真のお母様は、王の王から任命を受けた彼女の息子たちと、真なるカインとアベルに戻らなければならない。そして彼らと共に定着時代を作り上げ、王の対象の位置に戻って、永遠に仕え、栄光を返さなければならない。霊界の先祖たちと地上世界の人々は、この宣言が実効を上げることができるよう、栄光ながらも強く行動に出ることを命令する。そして、王の王である真のお父様の直接主管と権能が地上に実現され、永遠に受け継がれる神の国が立てられ、治められるようにする。

True Mother must return to her sons, the Cain and Abel, appointed by King of King's , to establish the Age of settlement with them and return as the Object partner of the King ,Worshipping and Glorifying him forever .
The ancestors of Spirits world and the people of the Phyisical world are ordered into action to :fearfuly" and " Wonderfuly" effctuate this outcome so as to bring about the Direct Dominion and power of True Father, The King of king's ,to the Earth, to rule and reign and establish the Kingdom of God, which will last forever.



私には、権威があります。サタンの王国は崩れます。
お母様、もとってきてください。
そうすれば、お母様、真の孫様達とたちと、戯れ、共に暮らすことできます。
お母様の、残された人生を、お父様を慕い、敬い、栄光をささげて歩めます。
名誉ある人生をおくり、サタンから隔離され、自由になれます。
亨進様にクリック!
励ましのクリックを頂ければ聖霊感謝です。

聖酒送ります。戻る祝福を受け幸せをつかんで下さい。お問合せホーム 
fanclubcomm@gmail.com  tel 電話050-7124-8027 www.sanctuaryjp.org